黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
調子がいいのはゲームだけ(猫耳天使と恋するリンゴ)
さて、ひたすらLoLをやっていた黒紗夢です
昨日からLoLのチームに入ったし、rankも勝ったしこれは調子がいいのでは?という感じでLoLを起きてからすぐに起動してやっていました
完全に死亡フラグな気がしますが、そんなことはないです

ということで、今日はSoloQrankやってました
今日は昨日溜められたおかげで早速昇格戦だったんですが、簡単にS3に戻りました
今まで下がったのは何だったのかというレベルで圧勝しました
まぁ、前やった時はrankやらないとDivision下がるよって言われて仕方なくやっている状態で、その時はもうほとんどLoLをやっていませんでしたからね……
今日は結構色々なRoleになりましたが、ADC以外なら割と安定してきた気がします
唯一MidはChampionの数が足りなすぎて、選べるChampionが少ないのが問題ですけどね……
なにせPreS4になってから全く見なくなったKennenくらいしか上手く使いこなせる奴がいません
それでも別に弱くはないと思っているのでそれはいいんですが、他人が全く使ってないとやっぱり今の環境に適合してないのかなーなんて思います
そもそも今はKassやFizz、OriなどのChampionの方が蹂躙してますからね
Kennenは集団戦をきちんとやれば強いのに……
Fizzのcounterでもあるので、まだまだやれるChampionだとは思ってます
Tier2はあるんじゃないでしょうかね……
Shyvanaは何もしなくても勝てるのがやばいです
こいつは本当に強すぎてやばいです
硬い上に火力出すので、意味が分かりません
下手な私でも勝てるんですから、相当でしょう
あと、このPreS4からのSupportitemのおかげでMalpSupがmana消費をそこまで気にせずに攻撃出来るようになったのが嬉しいですね
結局今回はSupportがかなりお金を稼げるので、Malpが育っていけば集団戦も強いし、Laneもハラスが出来るという素晴らしさ
TankySupportがこのSeason鉄板ですが、Malpももう少し脚光を浴びてもいいかもしれません
LeonaやTaricがBanされたら……ですが

しかし、LoLやっている最中に咲の再放送ニコ生を見ていましたが、見直してても面白いですね
キャラの噛ませ犬的な発言だったり、オカルトなんて信じません!なノリは後々を知っていると楽しいです
こういうのを見なおして見るのはいいですね
時間があれば、他のアニメも見直したいんですが、なかなか機会に恵まれないというか研究をやらないといけない立場でアニメ見放題というのは流石に……
LoLをずっとやってるのに何を言ってるんだという感じですけどね!

そろそろ、ノエインのBDBOXが欲しいです



ラノベレビュー
猫耳天使と恋するリンゴ
MF文庫Jより
著者:花間燈 イラスト:榎本ひな

高校2年生の一樹が食べた林檎は、どんな願いも叶える『天界の林檎』だった。林檎を食べたことで悪魔に命を狙われることになった一樹は、天界から舞い降りた天使・ミントと協力して『林檎の片割れ』を創作することに鳴る。悪魔の襲撃、天界の林檎に隠された秘密。次々に迫り来る苦難を乗り越えながら、片割れを手に入れるために奔走する一樹。そんな中、幼なじみの雪姫が急に積極的になってしまって……!?
恋するリンゴ達と猫耳天使が織りなすラブコメディ。ふんわりまどろむ極上の果実を召し上がれ。


なかなかに伏線が面白いラブコメでした
天界から降りてきたミントと急に性格が変わってしまった雪姫とのとてもおもしろく、リンゴの代償がストーリーの積極性や天界に良い色合いを演出していて楽しかったです
登場人物がかなり少なく、リンゴのせいで巻き込まれる主人公やヒロインの展開がとても丁寧に描かれており、それぞれの表情や仕草、行動や思いも分かりやすく表現されているので分かりやすいです
この事件の間の主人公の気持ちやヒロインの気持ちというのはある意味ではすれ違いながらもデートを重ねていって、想いを募らせていくのは王道的でもあり、しっかりと一人のヒロインを見据えているのでハーレム系や鈍感系のものとは全く違う楽しさを味わえます
ヒロインと主人公のつながりもはっきりとしており、ヒロインの魅力は顔だけというのとは違い、どうやって出会いどういう子なのか、というしっかりとしたヒロインの魅力を惹き出すエピソードも含まれているので感情移入しやすくて良いです
文章は一人称視点で、独白が多いです
主人公達の過去や今の心情やもどかしさというのが真に迫る思いが込められており、非常に親しみを持てます
意外なところでの伏線やすっきりとした解決策は良かったです
この後をにおわせるようなラストで、少し冗長的でこれで綺麗に終わったほうが良かったななんて思いましたが、平和的な未来を願いたいストーリーです

一言:天使もヒロインも可愛い
総評 86/100
スポンサーサイト
気まずいところからは全力で(ゴールデンタイム5 ONRYOの夏 日本の夏)
さて、電車の乗り換え時に急いで逃げた黒紗夢です
まさかエスカレーターに乗ろうとしたら目の前に教授がいるだなんて夢にも思わないですよね……
もちろん急いで逃げました
多分見つかっていないと信じていますが、もし少しでも私の足が早かったらと思うと安心しました

ということで、今日は普通に研究室へ行ってTAをしようとしていたんですが、ぎりぎりの時間に行ったのにもかかわらず教授とニアミスしたという謎の現象が起きました
いつもならば結構教授は行く時間は昼ごろのなんですけどね……
仕方なく別のところに乗り換えて行きました
TAは今回はもう授業中に教授が乗りに乗ってしまうので1時間半ほぼ暇になるので、ラノベを読むという暴挙に出ています
他の先生も大半が寝ていたり別のものを見ていたりと、何もしていませんからね……
なので、私もラノベを綺麗に一冊読み終えて満足しています
今日の範囲は、今までMoodleを使っていたのをやめて、新しいところで採点が出来るようになったので教える範囲も少なくて良かったです
まぁ、相変わらず全く出来ない人達もちらほらいましたが……
初期化の値が分からなかったり、授業で何をすればいいのかが分からなかったりとやばいです
というか、授業でファイルをダウンロードして解凍して、その解凍したファイルを使ってやるというのを覚えていないのはもはや何かを患っているのかと思ってしまいます
この子達卒業出来るのかな……

帰宅してからは、JCGを見たりLoLをしたりと完全にLoL漬け
昨日Shyvanaを購入出来てしまったので、完全にLoLを楽しんでいます
しかし、Shyvanaミラーでまさか火力積みよりも防具積みの方が強いというのには驚きました
完全にやっちまった感が強いです
試合には勝てましたが、まだまだShyvanaは人のを見るのと自分でやるのとでは全然違いますね
集団戦でもPushでも強いのは間違いないですが、意外とつらいものがあります
まだ買ったばかりですが、少しは考えないといけなさそうです
最近TopのChampionばかり購入していますが、私が一番苦手なLaneはTopなので、強いChampionを買ってもっと練習がしたいです



ラノベレビュー
ゴールデンタイム5 ONRYOの夏 日本の夏
電撃文庫より
著者:竹宮ゆゆこ イラスト:駒都えーじ

今回は香子とのイチャラブがメインかと思いきや、なかなかにさらなる波乱が待ち受けていそうな展開になりました
あまり香子との甘酸っぱい青春の1ページというのもだけではなく、それ以外での人間関係、特にリンダにまつわるものがとても多くてとても面白いです
リンダだけではなく、やなっさんや千波ちゃんも少し恋愛模様に絡んでいき、お互いがお互いに微妙に気まずくなっていくというの結構生々しく見ていてもどかしい気持ちでいっぱいになります
そんなもどかしさをどうにかしたいという行動を万里は積極的に取っていくんですが、相変わらず流されに流されて突拍子もない事をするという、毎回絶壁から飛び降りるかの如く、自分の環境をおいやってから行動をするというようなことが多い気がします
それが物語の引張や並を揺れ動かしているんですが、やはりもやもやする気持ちが見ていると多くあります
万里や香子よりもリンダや千波の方が良く出来な人間で、好感が持てます
というよりも、人間臭さを感じるのがこの2人と二次元くんくらいで、万里や香子というのはどこか何かが抜けているので、そこがこのストーリーのネックになっているかもしれません
それが面白いと言えば面白いんでしょうが、魅力がどんどん薄れていきます
先が読めないので楽しいんですけどね

一言:千波は良い奴
総評 73/100
開放感はまだないはず(ドラゴンライズ4 長剣士と竜の嘘)
さて、完全にLoLに復帰しているレベルの黒紗夢です
研究が終わるまではLoLやその他ゲームを集中してやらないように心がけていたんですが、最近は何故か、というかこの前のプロトタイプ発表会で何故かそのまま乗りきれてしまった為に、遊んでもまだ大丈夫かーなんて思っています
全くもって完成していないので、相当やばいはずなんですけどね……

ということで、今日はLoLをやりながら配信を見ていました
韓国の大会で既にもうPreS4の大会があるというどんだけ早いんだ状態です
まだほぼ全員が手探り状態のPreS4ですが、やはりプロの試合でもかなりminionが湧くまでの1:30くらいの行動がなかなかおもしろいです
赤Trinketと黄Trinketでお互いに置いたり消したりする作業が前よりも激しくなっているので、前までのS3のひたすらWardを置いて……というのがなくなっています
あっても、すぐに消されるので場所を考えないといけなさそうですね
結構面白いです
まぁ、正直Proの試合は5v5のteam戦なので、私のようにSoloQとかをやってる人にはあまり関係がないんですけどね
SoloQじゃ絶対あんなのは無理です
というか、5v5でやった時もそんな事はせずに普通に自分たちの赤と青を守るだけなので、本当に別のゲームを見ている感じです

しかし、最近漫画を買いすぎているような気がします
ラノベはもう買うのが生きがいなので、買わざるをえないんですが4コマなんかはつい何故か買ってしまいます
ご注文はうさぎですか?にしろ、スイートマジックシンドロームにしろ、どんどん買っていってる気がします
まぁ、元々CUTEGの絵がかなり好きなので、スイートマジックシンドロームはCUTEGの絵だ!という事で買ってしまいましたが……
何だかんだでCUTEGは本を出していて驚きます
この前も全力乙女もそうですし、結構人気なのかな?なんて思います
個人的には色々出る分にはすごく嬉しいんですが買うものが増えるとますます本棚の幅がなくなってしまいます
もう新しい本棚を購入しないと本格的にまずいですからね……
多分ラノベで1000冊超えたと思うので、ひとり暮らししたら蔵書だけで相当な幅を取る気がします

研究……?
あぁ、P4U2は全然やれていませんね……


ラノベレビュー
ドラゴンライズ4 長剣士と竜の嘘
ガガガ文庫より
著者:水市恵 イラスト:029

遂に竜王が復活してしまい、ノラやフレイク達がどうやって討伐するのかという王道的な最終局面です
このストーリーは一貫してフレイクが高位竜だというのを隠したまま竜討伐を行っていますが、今回は遂にノラと合流したことでそれが分かってしまいます
そこでノラがどう考えて、何を思うのかというのはなかなかに面白いです
ノラの心情は回を重ねていくうちに様々に揺れ動いていき、当初見せていた強気な竜全滅をさせたいという希望は持ち合わせたまま、討伐していき他の人達と関わっていくうちに浮き沈みがかなり頻繁になるのでそれに触れて考えるとかなり面白いかもしれません
フレイクは割とバレバレなものに対しても実直に素直に行動する単細胞な気質があるので、見ていてもどかしくもあり微笑ましくもあります
また、カーネスはまだ6歳にしてもこの怒涛の展開の中で成長していく姿は頼もしくもあり、本当にいい子なんだなと思わされます
このシリーズは竜討伐がメインというよりも、竜と人間との未来を描いているようなものなので、そこを考えていくと楽しいかもしれません
綺麗に王道的にまっすぐ進んでくれたので良かったです
今後この3人がどういう関係になっていくかというのは、想像すると楽しいですね

一言:アイがかわいい
総評 83/100
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。