黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
期待のPreSeason開始(冴えない彼女の育て方5)
さて、遂に待ちに待ったLoLPreSeasonを始めた黒紗夢です
いやはや、最近はほとんどLoLをやっていなかったんですが、PreS4が始まるというおかげでこれはやるしかないな!という状態にまでなっています
理由としては単純で、前回のPreS3がとんでもなくクソゲーだったから今回もそういうクソゲーにならないかなーと思っているからです

ということで、今日は夜からのLoLを楽しみにしつつ学校へ行ってきました
研究室に行こうとしたんですが、よくよく考えるとあまり教授に会わない方がいいのかな?ということでぎりぎりの時間になって行きました
そこでは結局会わなかったんですが、そもそも私がTAをする授業自体が教授の科目なので授業中にちょっと……と呼ばれるはめになりました
とは言え授業中だった為にそこまで言われなかったのが安心です
そもそも私は元々学会に出ることが出来ない予定なので大丈夫といえば大丈夫なんですが、それでも無理矢理出されそうになるのを考えるとどうしても腰が引けてしまいます
何だかんだ言って私は一度も学会には出ていませんからね……
私が関わっていた研究は学会発表されたんですが、私が直接行ったわけではないので私個人は関係ないです
なので、院生としてどうなの?と言われるとぐうの音も出ないんですが、まぁ、将来は特にプログラマーとして働くわけではないので関係ないです
仮に転職する時が来てもSE系はやりたくないですね……
最近少しだけですがプログラミングも悪くはないのかな?なんて思ってはいるんですが、自分の想像力と自分のプログラミングスキルの差が激しすぎるせいでどうも現実に落としこむことが出来ません
なので、やはりそういうのはちゃんとスキルを持っている人がやるべきなんでしょうね
簡単な1行にすら一日かけてしまうような私にはとてもとても……
とか言いつつ、多分趣味でちょっとしたサイトは作るつもりなので、それは頑張りたいとは思っていますが……

閑話休題

TAでは相変わらず問題児が最後まで残っていました
普段は温厚で怒らない先生ですら、割とキレ気味だったという衝撃の生徒です
今まで結構先生達を拒否して自分でやります!的な事を言っていたわりには、一切何も理解が出来ていなかったようでかなり丁寧に説明をしても疑問符をあげていました
その温厚な先生は「彼のためにも1年生からやり直したほうがいいよ」とまで言わしめるとは……やばいです
構造体はおろか、変数の取り方も分かっていませんでしたから相当です
まぁ、私も実はあんまりポインタについてはわからないんですけどね!
C#にポインタなんてないんや……
あっても使わないんや……
mallocとかcallocとか、おまじないレベルでしか分かりません
一応どれをどうやって確保すればいいのかという程度には分かりますが、事細かに説明してと言われると無理です
卒業すら怪しい人間に、別言語の細かいところなんて分かる訳ありませんね、はい
ちゃんとその場その場で生徒が導き出せるヒントさえ言えれば問題ないですから、大丈夫でしょう

で、家に帰ってからはアニメを見つつLoL待機
今回のPreS4は大幅にjungleやitemが変わるので、どうなるのか楽しみでした
Wardの仕様も大幅に変更されたせいで、なかなかに難しいなというものが多いです
とは言え、今日だけではどこがどう強くなったのかとかは全然分かりませんでした
しいて言うならば、相変わらずワニが強すぎてキレそうでした
なんで火力積みのRivenよりもTankBuildしかしていないReneの方が火力が高いんでしょうね……
本当に謎です
早くnerfしろ



ラノベレビュー
冴えない彼女の育て方5
ファンタジア文庫より
著者:丸戸史明 イラスト:深崎暮人

遂に倫也が誰かを選ぶ、かと思いきや全くそんなことはありませんでした
やはりハーレムラブコメといいますか、逃げ方がなかなかに上手いです
今回は詩羽先輩のシナリオが完成して、やっとゲームの完成の目処が立つかと思いきやシナリオの最後が初稿と第二稿とどちらが良いかを選ぶことによって、ゲームのひいてはヒロインたちの好感度も変わるような状況に主人公は追い詰められます
とは言え、そこでライバルからの宣告と、そしてある重大な欠点を見つけてしまっててんやわんやするという感じでかなりストーリーが複雑に練りこまれていて読んでいてとても楽しいです
今回の中心人物は詩羽先輩で、過去と現在で詩羽先輩が主人公をどう思っているのかどう思われているのかというのがかなり細かく描かれています
お互いの意識の齟齬や積極性は見ていて面白く、しかも、最近どんどん調子に乗ってきている加藤が割と辛口な言動と行動をかましてくるので、それが更にストーリーの盛り上がりに拍車をかけています
結局はヘタレ主人公っぷりを発揮しますが、それでも良い感じの展開でした
しかも、読者にまで意外と精神攻撃をしてくるというね……
今回完全に空気だったエリリは次回メインになるそうなので、負け犬は果たしてどうなるんでしょうかね

一言:加藤が可愛くなってる
総評 88/100
スポンサーサイト
遂に待ちに待ったゲームの前哨戦(対魔導学園35試験小隊 3.錬金術師二人)
さて、P4U2のロケテストに大分喜んでいる黒紗夢です
私は結構P4Uから離れてしまっているので、全然もう出来ないような気がするんですが心機一転して新しく2が出るというのはやはり楽しみになりますよね
今までロケテには一度も足を運んでいなかったので、どういうものになっているのかは分かりませんが、まともになっていたら良いなーなんて思います

ということで、今日はP4U2のロケテ!……なんて思いましたが、勿論そんな事は簡単に運びません
木曜日は悲しみのバイトというね……まぁ、お金がかなり大量に入るので絶対に休みませんがかなり心が揺れました
何だかんだでP4U2の情報を集めていたら時間ギリギリになってしまってまともに研究室で研究が出来ませんでした
来週までにまたプログラムを見せないといけないんですが、本当に大丈夫なんでしょうかね……?
謎です
で、仕方なくTA
今日からはプログラムの穴を埋めるだけの簡単なプログラミングの授業なので簡単に終わるかなーなんて思っていましたが、結局遅くまで一人の生徒がいて若干イラっとしていました
何というか、その子は頑ななまでに人に教えてもらおうとしない奴なんですよね
別にそれで自分が時間いっぱいまでやるのはいいんですが、時間を過ぎても全然終わらずにもう少し待ってください的な横柄な態度でいるのが許せません
だったらもっと素直に教えてもらえよと思うんですが、人に聞くのが嫌なんでしょうかね
少し前も終わってから、どうだった?と聞いても全然分からなかったですよ……みたいな事を言うんです
だったらもっと早く言えよと
こっちがどっか分からない事ある?とか聞いても、もう少し考えてみますとか延々と言い続けてそれで終わるのは正直迷惑なんですよね……
何の為にこっちはいると思っているんだ状態です
まぁ、全部が全部流暢に答えられるわけではありませんが、流石に、ね
今回の範囲くらいは大体教えられます
やめていただきたい
女の子とかは、普通にVisual Studio初めて使うので、使い方が分かりませんという子もいましたからね
前期一体何の授業この子は取っていたんだろうか状態です
まぁ、その後はきっちり出来ていたので問題ないんですが、本当にこういう本当に初歩の初歩の質問でも喜んでいくので時間すぎるくらいなら呼べよってキレながら思いました

なので、結局終わったのが授業終了後かなり経ってしまったせいであまり町田にいられませんでした
とりあえずラノベを買うためにアニメイトへ寄って、そのままタイトー
結構久しぶりに会う人が多くて嬉しかったです
いやはや、やはりP4U2のおかげでまた周りとこうやって格ゲーが出来るのを考えると嬉しいです
私は正直ブレイブルーは向かないゲームなので、P4U2で何とかしたいものです
まぁ、今日は本当に2,3クレしか出来ずに大したことは出来なかったので明日からきっちり調べようと思いますけどね
順平がかならいダサくて面白そうでした
こんなにダサいキャラは初めてな気がします
でも、面白そう

帰宅してからは、JCGがやっていたのでふと見てみました
かなり壊れていました
SupportBlizがかなり上手くてほとんどGrabを成功させてDravenをかなり育てさせていたんですが、その間にMidとTopはボロボロの状態
それでも、9:10くらいで、Dravenが10killというとんでもない数値になっていました
Dravenが育ちすぎているせいで、誰も止められずに結局そのままDraven側が勝つという最早ADC一人だけの試合でした
いくらMidとTopが育っていても、育ち過ぎたADCには勝てないということですね……
非常に面白い試合でした
まぁ、私には無理でしょうけどね!

明日は早起きして調べてみようと思います
起きれるのかは分かりませんが



ラノベレビュー
対魔導学園35試験小隊 3.錬金術師二人
ファンタジア文庫より
著者:柳実冬貴 イラスト:切符

今回のメインは斑鳩で、斑鳩の過去にまつわる事件が引き起こされます
斑鳩が過去を清算する為に、異端審問会すらなかなか入ることはないボーダーと呼ばれるスラム街へと赴き、そこで斑鳩は自分の過去に関係する因縁の決着をつけようと躍起になります
なかなかに凄惨な過去を持っていて、少し重いですが、やはり脳天気なのか何なのかは分かりませんがこの落ちこぼれ小隊のメンバーは例え絶望的な状況だとしても、仲間を信じて前向きに行こうという明るい思考を持っている人間が多くてとても読んでいて結束力に感嘆を覚えます
元々つながりがメンバーの中でも濃い主人公とうさぎと斑鳩との距離を感じつつも、それでも小隊の仲間になろうとする他のメンバーや小隊の性質のようなものがどんどん自分を侵食していく彼らを見ているととても良い関係で面白いです
ラストはやはりというか何というか割と残酷な運命を辿ってしまいますし、大人たちの裏での駆け引きがかなり行われているのでそれも目が離せません
意外と広い視野で複雑に絡み合っているストーリーなので先がどうなるのか、まだまだ分からなくて楽しみです

一言:何だかんだで仲良しこよし
総評 73/100
新規勢は良い狩場(おまえをオタクにしてやるから俺をリア充にしてくれ!8)
さて、歯医者に行くためだけに学校をサボった黒紗夢です
正確にはサボったというわけではなく、元々私が行く日という事を記入していないのでサボりもなにもないんですが、研究をしなければいけない今日このごろにおいてはあるまじき行いかもしれません
ものべのが発売されたら研究なんてそっちのけでしょうしね……

ということで、今日は定期健診で歯医者に行ってきたんですが予約したのは4時半過ぎ
もう完全にやる気が無いですね
家ではAndroid勢のおかげで簡単に勝てるようになったガルロワをひたすらポチポチする作業です
イベントがないと平和ですが、イベントの為に色々とアイテムを貯めないといけないので毎日やらないと辛いです
そして、歯医者に行ったらいつもやってくれる美人なお姉さんが別の人でおばさんで結構ショックでした
しかも臭いがね……
いつもの人だったら嬉しかったというのに……
しかも、親知らずのところが少し腫れていたために、歯を綺麗にする時に少し痛かったんですよね
それをババアにやられてると考えるともうね……お姉さんならまだそういうプレイと割り切れたんですが、残念です

そして、どうやらBBCPの発売記念?でアークが社内大会というのをニコ生で放送していたのでそれを見て盛り上がっていました
いやー……ああいう社内でわいわい格ゲーやるのは楽しそうですね
しかも、優勝者がやるのは自粛しようと言っていたらしいカグラのAHをきっちり最後に決めて優勝をするというなかなかに面白い結末でした
最初はミラーがどこにあるのか分からずに公式から追い出されて絶望をしていましたが、開発者達が新キャラの新しいコンボをしっかりやりながら騒いでいたのは、見ていて楽しそうでした
どの追加キャラも一癖も二癖もあるキャラっぽくて楽しみです
が、正直一番使いたいココノエはDLC確定なのが残念なところです
課金はあまりしない人間なので、ココノエを使いたいけれども使えないという感じになっています
まぁ、一応アンケートサイトで2,000円分くらいは架空のお金があるのでそれを使ってもいいんですけどね
それをずっと使わずに多分3,4年は過ぎているので使わないとななんて思っています

そのニコ生が終わってからはLoL
今日やっていて思ったのはやはり、SupportはObjectが割られたらもうBotにいる必要性がないなというのを実感しました
結構1つ目のタワーが割れた後も残るSupportが多いんですが、そうすると完全にジリ貧なんですよね
今日もかなりLane戦では負けていて、相手がかなり有利だったんですが、相手はひたすらkillを狙うだけで全然タワーを折らなかったんですよね
なので、相手が帰った瞬間にタワーを急いで割って、自分だけMidへ行ってひたすらPushしてMidを割るという作業をするだけで一気に形成が逆転しました
実質SupportがMidに行けば1v3の状況が作れるので相手が攻めてくれば殺せるし、タワーも相手が来なければ確実に壊せます
なので、killを狙うよりもひたすらObjectを狙うことだけに専念をすれば結構金差も埋まるという事です
LoLは奥が深いです

しかし、フルブーストでエピオン解禁と聞いて結構期待していたんですが、想像以上に弱いみたいですね
NEXT時代はかなり強かった記憶があるんですが、今回は3000コスのくせして火力がほとんどでない上にカット耐性がほぼないという非常に終わってるような感じがします
普通に格闘入れても200減らないのかな?
結構しっかり入れないとダメなようで、なんで格闘専用機で火力が出ないのか意味が分かりません
ただでさえ、リボーンズとかいう格闘機殺しの機体がいるのにも関わらず、近づいても火力が出ないとか使い意味がないような気がしてなりません
家庭用になるまでには強くなっていて欲しいですね……
とは言え、私がただエピオンに乗りたいというわけではなく、エピオンが強ければ私がスローネに乗れるなという思いがあるだけです
スローネを使いたい……


ラノベレビュー
おまえをオタクにしてやるから俺をリア充にしてくれ!8
ファンタジア文庫より
著者:村上凛 イラスト:ぽんかん⑧

どんどんとストーリーが複雑になっていっており、ややこしい感じになっています
前回から展開される告白イベントからお互いの気持ちや行動が今回一気に大胆になっていきます
前回は主人公が男を魅せてくれましたが、今回はその結果を受け取った主人公に対するアプローチとしてムラサキさんだけではなく、小豆もかなり積極的になってきており、かなりのハーレム状態となっています
そして、肝心の桃はと言えば、今回もかなり複雑な感情が渦巻いており、一筋縄ではいかない感じがしています
周りの積極性に対する焦りや、主人公のちょっとした言動、そして自分自身の感情と行動に対して色々な含みを持っている感じですごく青春臭い事がかなり行われます
もう佳境に入っており、もう少しで決着をつけるというところでラストの展開が次へと引っ張っていっています
5巻あたりからなかなかに恋愛模様が面白くなってきているので、このまま最後まで突っ走って欲しいですね
楽しみです

一言:ハーレムのような一途な恋
総評 83/100
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。