黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
適当にあしらう事(8番目のカフェテリアガール 東京なごやかプロジェクト)
さて、また学校でしょうもないことしかしてない黒紗夢です
はっきり言えば、何もしていないに等しいです
色々と教授に言われてやろうとはしているんですが、如何せんやる気が0という素晴らしくダメな感じを送っているのでやばいです

ということで、今日も学校へ行かなければならなかったので、しぶしぶ行ってきました
とりあえず、研究室へ行く前に学食で昼飯を食べてダラダラしてました
更にいうと、明日までに提出しなければならないTAの勤務報告書を書いて出しに行ったついでに図書館へ寄って来ました
大学の図書館と言うと結構大きなイメージなんですが、あんまり本が揃っていないような気がしてなりません
実際3F分の図書があるので相当大きいとは思うんですが、自分が知りたい情報の技術書がなかったり、古かったりしてほとんど参考になりません
そういう最新技術は本ではなく、ネットの海に落ちている方がやはり多いですよね……
何のために行ったのか分からないレベルの図書館で、色々見て回ったらふと、最近話題の星の王子さまを見つけました
何で話題なのかはよく分かりません
でも、私の中ではホットワードになっていました
なので、見つけてしまったものはしょうがない
読むしかないですよね
ひたすら読んでました
とは言え、元々星の王子さまはそんなに内容が多くないので30分程度で読み終わってしまいましたがね
いやはや、こう自分が成人してから読むと結構面白いですね
内容が内容だけになかなか考えさせられるものがあります
見えないものが大切というのは、本当にこの本を見ていると感じ取れます
全く関係ないですが、私の中高の教育理念に
「見えるものの奥にある、見えないものを見つめよう」
というのがあるんですが、まぁ、特に関係ないです

閑話休題

子供から見るとこういう大人が本当に多いんだろうなーと思います
やはり、星の王子さまは子供だけでなく大人も見た方が良い本でしょう
これで立ち返って良い方向に向かえば、見えないものも見えてくるのかもしれません
私には見えてるものすら見えていないので、人生真っ暗お先真っ暗です

そして、研究室に戻ってからは何か相方ではないけれども、相方のような奴が色々といじっていて面白いものを見つけていました
RedballTrackerという、最早私たちの研究の目標地点であろうものが既にサンプルで用意されていました
どういうことなの……
これを解析すれば、終わりとちゃうん?状態です
きっと青春が聞こえる……
私に青春はなかったので、特に聞こえて来ませんが、時の音は聞こえてきたかもしれません
どうにかして、これをいじれれば楽なんですけどねー
何とかしたいです

で、かなり遅くまで研究室にいたせいで特に町田に寄ることなく帰宅
苦痛を胸に、今日もLoLの闇へと潜っていく……


ラノベレビュー
8番目のカフェテリアガール 東京なごやかプロジェクト
スーパーダッシュ文庫より
著者:石原宙 イラスト:029

極度の味噌アレルギーで東京に逃避行する高校2年の米田シロ。ある日、妹のなごのがシロを連れ戻そうと上京してくるが、突如目の前でシロの働く学食「満天」が爆発する。日本最大を誇るその学食では8つの食堂が覇を競い、日夜です・ゲームが繰り広げられているのだった。愛する店長代理の天のため、過激なバトルを生き残ろうと必至なシロに感化されたなごのは店に協力することに。ダメ食堂「満天」。その立て直しはなごのの手に託された。名古屋系痛快学食バトルラブコメ、堂々開店!

最近、見開き1ページで小さな起承転結を付けて、オチをつけながらもストーリー全体を描いていくという手法が多くなってきていて、これも前半はそのような感じになっています
ただ、如何せんつまらない
後半の普通のストーリーの部分があるところからは面白くなってくるんですが、いちいちオチをつけようとしているせいで少し無理矢理感が出ており、つまらないです
設定は無茶苦茶でも、なかなかにヒロインであったり主人公の背景は整っているんですが、毎回毎回そのオチはいらないだろと思ってしまうので、どうしても前半は勿体無い感じになります
後半からは少しずつヒロイン達にスポットライトが当たって面白くなるんですが、それまでは耐えるしかありません
文章は一人称視点で、キャラの表情がとても豊かに描かれています
一人ひとりのヒロイン達の表情や動きが丁寧に描かれているので、想像がしやすく可愛い掛け合いが多いので読んでいて楽しくなります
ストーリー運びもバトルであったり、キャラたちの葛藤であったりもわかりやすく描写されていて分かりやすいです
とは言え、後半のオチとよくわからない最後の掛け合いが本当にゴミです
後半のオチはある意味で言えば、最後の掛け合いの犠牲者なのでしょう
一番最後の無駄な部分さえ省けば結構良いラノベかな?というので終わったかもしれません
完全に最後は厨二病にかかった作者のオナニー以上の何物でもないレベルでお粗末です
こういうギャグバトル、そして仮にもラブコメと付いているようなラノベで、しかも最後で、こんなくだらない掛け合いをする必要があったのか?それをこの巻に描く必要があったのか?
甚だ疑問です
正直、これさえなければ結構良い評価を付けても良かったんですが、すべてを台無しにしてくれました
勿体無いラノベです
本当に勿体無いです
頭がおかしいです

一言:天使はどこにでもいるけど、可愛い
総評 45/100
スポンサーサイト
何も見ていない(嘘つき天使は死にました!2)
さて、学校へ行っても大した研究をしていない黒紗夢です
というか、結局何をしたの?と聞かれると、グリマスやってただけだよとしか答えられない程度に何もやっていません
このままでいいのでしょうか……
なかなかどういう風tにしようかというのが定まりません
もっと論文を見ないといけなさそうです

ということで、とりあえずTAの為に学校へ行ってきました
今日のTAは採点いっぱいあるから間に合うかな―という状態でしたが、ほとんど適当に採点してました
途中でその授業の先生から「今日、全員分の点数付けてね^^」的な事を言われて、焦ってました
点数は合っているとは思いますが、途中式はほとんど見ていないのでもう2進数を10進数にわざわざ変換して2進数にまた戻すみたいなカスみたいな計算をしている奴でも○にしてしまいました
おかげで、皆高得点です
ただ一人、再履修なのかな?の奴だけ酷い点数でしたが……
こいつこの授業また落ちるんじゃないかな、なんて不安になってしまいます
結構ごくごく簡単な2進数の計算と回路図問題なので、間違えることは少ないんですけどね
計算ミスは案外多かったです
何故か乗算や減算は正解してるのに、単純な10進数を2進数に変換するのを間違えてる人がいたりと面白かったです
まぁ、焦りまくっていたせいで、生徒の何人かには私が採点しているところを見られてめっちゃ点数とかを見られましたが気にしたら負けでしょう
とは言え、急いだおかげで大分仕事は片付きました
なんといっても今日はその課題すらありませんからね!
それでも授業外手当があるので嬉しい限りです

そして、研究室に戻ってPC周りの整理
さっさと帰ろうと思ったんですが、友人がTAの採点がどうたらとかいうので仕方なく自分のPCのセッティングをしてました
研究内容とかは特に見ていません
何かもうこれ出来ない気がしてるので、死にたいです
明日は受験生の子達に見せなければいけないので、下手にソースもいじれませんからね……

で、適当に整理してから町田
今日遂にプレイヤーポイントが4000を超えました
いやー…嬉しいdせうね
100回までには超えたいなーと思っていたのですが、プレイ回数95回目でなんとか4000超えました
やはりHOTな隠し曲を出してやると一気に80とか90ポイント入るので美味しいです
大分満足しました
とは言え、未だに5代ですらSを取れてるのがないので、そういう詰める作業もそろそろしないとなのかななんて思っています
ただ、やはりというか何というかドラマニは難しい上に、ダークでやってるのでもっとしっかり丁寧にやらないといけません
Sを積める作業をすれば、もうちょっと上手くなるんでしょう
あとは左足と右足を別々に移動出来る能力ですね
それが本当に難しいです
今まで意識をしていなかった体の動きなので、結構難しいです

満足して帰宅してからは絵の練習
果たして後2ヶ月で間に合うのかどうか……


ラノベレビュー
嘘つき天使は死にました!2
スーパーダッシュ文庫より
著者:葉巡明治 イラスト:しらび

やっとタイトル通りとなった第2巻ですが、かなりストーリーが詰め込まれていて、何だかわからなくなっています
主軸としては新キャラが出て来て、それに伴う刺客との闘いや、主人公の葛藤などが描かれています
ヒロイン達が可愛いのは相変わらずなんですが、序盤からいきなりそんな無茶な展開でいいのかよというので突っ走ってるのでどこから突っ込めばいいのか分かりません
その後もかなり多くの突っ込みどころがあり、天使設定が霞む程度にご都合主義かもしれません
後半もある意味主人公が覚醒するんですが、それについても特に何の背景もなく実践をこなしていくので、最初から最後までひたすら勢いでいっているような印象です
もうちょっと丁寧に描けばストーリーとしては面白いと思うんですが、あまり深く考えずに読み進めれば楽しいのかもしれません
ただ、やはり引っかかりが多いのも本当で、天使以上にただの人間が超人設定だったりする気がします
ヒロインとかも可愛いんですけど、勿体無いですね
一巻が面白かった分、残念です

一言:天使と一緒に暮らしたい
総評 62/100
迷って結局出ない(エンドアステリズム)
さて、またLoL生活に戻っていった黒紗夢です
昨日はほぼ夜遅くというか、朝までこの大空に、翼をひろげてFDをやっていたので起きる時間が大分遅くなりました

ということで、今日はほとんど何もやっていません
アニメを消化したり、ラノベを消化したりしていたら時間が消えました
ラノベが想像以上の量で相当時間をもらいました
まさかこんなに長いとはね…

閑話休題

先輩から手伝ってと言われた評価実験を少しやっていました
来年自分もこういうのをやるのかーと考えると、正直萎えます
なんでこんなのやらないといけないんでしょうね…
いや、自分がこの研究室を希望したからというのは分かっていますが、面白味のある研究は少ないです
面白いやつは既にやる人決まってますしね!
小説のシステム何ていうのもあるんですが、それはもう教授が諦めているやつなので正直出来ないような気がします
そのシステムも大分面倒臭いんですけどね……

で、LoLを少しやってました
ランクでは相変わらずチョガス
やっぱチョガスmidは最高です
よっぽど他のlaneが負けてない限り、勝てますからね
超育っていけば、1:3でも勝てる場面がある素晴らしさ
結構味方依存のChampionなんですが、一度育った上に死んでいなければ体力が滅茶苦茶高くて火力が出るというふざけたChampionになりますからね
Sup出来る?みたいな事を言われてTaric使いましたが、味方がゴミすぎて負けるという最悪な自体も起こりました
本当にもう魔境ではこんなことをやってはいけませんね
払拭しようともう一戦やろうとしましたが、mid取られたので速攻ドッジして終了
mid以外にかちはない


ラノベレビュー
エンドアステリズム
スーパーダッシュ文庫より
第11回SD文庫小説新人賞<優秀賞>
著者:下村智恵理 イラスト:黒銀

潤相五雁は全てを投げ出して家を出た。ただなんとなく、しかし招かれるかのように。たどり着いた場所で、五雁は金髪の少女・七星茉莉衣と出会う。彼女はあらかじめすべてを知り、出会いは必然だったかのように彼を持っていた。それと同時に、東京に突如として現れた巨大な黒い機械の獣。五雁たちを招き寄せた<リジェンタイル>という存在が、対抗しうる唯一の手段で、この宇宙と世界と人類を守るための最後の希望だった。全てをも晴らす世界の中心、不確かな意識に眠る確かな中心を、茉莉衣は見せてくれると言う。記憶に無い過去、ともに戦う仲間たち、はじめて知る恋の味、それらは果たして本物なのか、嘘なのか。

物凄く読みにくいです
専門用語などを考慮せずに読んでいても、非常に読みづらいです
元々大量に専門用語を用いて場を凌いでいる感は否めません
しかも、突っ込みどころ満載で、インデックス並に知識が違うわけではありませんが、その専門用語を実際に使うとなるとかなり違和感もあります
専門用語の説明も結構ダラダラと専門用語で書かれているので、読み進めるのが遅くなります
前半部分までは割と苦痛かもしれません
大分そういうのがスルー出来るようになってきて、ストーリー展開が一山越えたあたりからやっと面白くなります
面白くなっても、そのままあぁ、そういう終わり方なんだという感じです
結局主題はそこだったんだという、壮大なようでいて実は違う部分に重きを置いている感じです
主人公の過去や他のキャラの過去を織り交ぜて進んでいくのは面白かったですが……
文章は三人称視点のような一人称視点で、主人公の独白が非常に多いです
主人公が何を考えて、どう行動するのかというのが詳細に描かれています
場面描写も主観で淡々と描かれていて、結構想像はしやすいです
ただ、やはり読みづらい
結構SD文庫は人を選ぶかもしれません
こういう厨二病全開で専門用語の意味も気にしない人にはオススメかもしれません

一言:え、必要だったの?それ
総評 58/100
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。