黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
trollでも上手い人は上手い(光媒の花)
さて、junglerを探していたら韓国で相当なtrollをしてる人がいて驚いている黒紗夢です
まさかSorakajungleとはね……
全く考えもしませんでした
しかも、SorakajungleでD1に行ったと言うんですから驚きです
CCなんてほとんどないですし、火力もないのに全LaneのSupportとしてかなり活躍するという事なのでしょう
やりたいですが、つまらなそうなので私はやりませんけどね!

ということで、今日はLoLで凄い知らせを見ながらも実はまだやっていなかった百花繚乱エリクシルをやっていました
いやはや、AXL信者だとかいいながら最新作はやっていませんでしたからね
とんだ怠慢です
しかし、今回は結構SD絵が多いようでいて、動きが少ないのが少し残念かなと思いました
私はSD絵が大好きなので、もうそれ中心でもいいんじゃないかレベルで好きなんですが、そこそこ用意はされていますが動きがなくてちょっと残念的な感じでした
というか、今回は攻略キャラ5人でサブキャラがいないんですよね
ロリの子も重要なイベントがあるのにも関わらず、立ち絵すらないというメインキャラ以外は捨て置くレベルの残念さです
楽しめたからいいんですけどね!
今回は珍しくというか、久しぶりにAXLで死にそうな√を見たような気がします
昔のAXLはBADENDがあって、それはそれで凄く好きでそういうのが最近では一切なくなってしまったが為に、少しがっかりしていたんですが、今回は一本√ながらもちょっとしたシリアスがあって良かったです
しかし、EDはこれでいいのか?というような感じのキャラもいて、新作は評価が割れるような気がします
ハッピーエンドのような、そうでもないような……といったところでしょう
一応皆幸せいっぱいで終わらせているのでいいのかな?
唯一残念なところは貧乳キャラがいないということ
まぁ、その理由が割と大半を占めていてので発売日購入に踏み切らなかったというのもあります
いつもならば、対照的なキャラがいるはずなのに、今回は何ということでしょう
非常に残念です
ストーリーも一人を除いて大体同じような感じです
ほのぼのとした世界って感じです
ある意味では良い時代の良い田舎町なのかもしれません


で、夜にはLoL
三連休くんがLoLを始めているということでスペクトをしてみると、初心者らしく結構楽しい動きを見せてくれました
やはり周りも頭のおかしい奴が多く、MFでAPとかそういうのがざらでした
楽しいですね
私もサブ垢で参戦したんですが、簡単に勝ててしまいます
一つ残念なのが、私もサブ垢なので大したChampionが使えないということ
無料ChampionとFiddくらいしか使えません
完全にAI以下です
素晴らしい戦いでした……


ラノベレビュー
光媒の花
集英社文庫より
著者:道尾秀介 カバー:片岡忠彦

一匹の白い蝶がそっと見守るのは、光と影に満ちた人間の世界――。認知症の母とひっそり暮らす男の、遠い夏の秘密。幼い兄妹が、小さな手で犯した闇夜の罪。心通わせた少女のため、少年が口にした淡い約束……。心の奥に押し込めた、冷たい哀しみの風景を、やがて暖かな光が包み込んでいく。すべてが繋がり合うような、儚くも美しい世界を描いた全6章の連作群像劇。

章ごと主人公が変わっていきますが、毎回しっかりと繋がっているのがなかなか面白いです
第3章まではなかなかに暗かったり、レイプだの殺人だのとミステリー要素満載なのですが、後半からはガラッと雰囲気が変わります
登場する人物達は共通でも、その過去編であったり、その後のストーリーだったりと時系列はバラバラですが、意外と人間関係が繋がっているのを読んでいると惹きこまれていきます
救いがない始まりとは別にそれぞれがそれぞれのものを抱えたまま少し面白い終わり方をしているので読み応えがあります
一面ではとても救いがなく、酷い終わり方をするものも多いですが、主人公とは別のその別の人の歩みというのが見れるのが醍醐味かもしれません
前半と後半の別々の味わいがあるのが、楽しいです

一言:未来は分からない
総評 82/100
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。