黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
完全に包囲されている(瞳のさがしもの)
さて、かなり研究室で息苦しい思いをした黒紗夢です
今日は自分の研究をごまかしながら副査の人のところでまた色々教えてもらえばいいだろうなーとか思っていたんですが、全然そんなことにはなりませんでした
しかも、一緒に来るはずの相方は大分後に来たので私一人が晒されるというひどい目に会いました

ということで、今日は元々副査の教授にある程度の進捗を見せないといけない日だったので見せられる形を見せに行ったんですが、なんとVS10を入れていないという素晴らしい具合になってしまった為私のPCでやることにしました
そしたら、何故かうちの教授がこちらの研究室にいて、他のB4を見ているのかと思いきや私のところに来て絶望感を味わいました
ちょうど私の机は誕生日席みたいなポジションにあるので、左右に教授がいて私が挟まれる形になりました
完全に恐怖です
ただでさえ一人の教授と向き合うのにもなかなかの精神力を削がれるのに2人に囲まれるのは相当やばかったです
発表会じゃないんだから……という状態です
まぁ、何とか乗り切りましたけどね!
その間に、お互いの研究室を行き来したり、別の部屋に行ったりとかなりの移動もありました
私の研究がロボットという事もあってロボットのドールハウスのようなものを作る必要があるという事で色々話し合っていました
主に教授同士の意見が飛び交っていましたがね!
私はひたすら左右を見てハイハイ言うbotになっていました
気まずすぎる……

そして、乗りきれた解放感からグダグダしてました
とりあえず取れるものと今すぐ変更出来るものはやるかーという感じで適当にやってました
来週も見せるのに既にゴールしたかのような堕落っぷりです
まぁ、一応形にはなっているのであとはどうやって組み合わせるかが問題です
とか思っていたら、実際に値を増やしたりプログラムを変更したらうまくマッチング出来なくて、あれ?これ本末転倒じゃね?みたいな状態になっていました
またうまくプログラムを変更しないといけないのを考えるとだるいですね……

で、久しぶりに町田タイトーで音ゲー
流石にもうBBCPはゲーセンでやれないというか、ココノエを使っている時点で完全に家庭用勢になってしまっているので音ゲーしかやるものがありません
3Fに行ってみたら新しい音ゲーが入っていました
そういえば、タイトーから出るグルーヴコースターとかいうのが出てました
どう見てもクソゲーにしか見えないんですがとりあえず1クレやりました
やっぱりクソゲーでした
今更こんなショボイのが参戦しても……という感じです
昔のサンボルとDIVAが混ざったようなもので、ボタンは2つに8方向のみという簡単すぎる音ゲーです
特に爽快感もないですし、目が回るだけであんまり楽しいとは言えないかもしれません
これならまだmaimaiの方が断然楽しいです
何故今更こんなものが……
しかも、これの影響でサンボルとギタドラが背中合わせになっているという意味の分からない構図になっていました
折角いい環境だったのに、ゴミのような環境に逆戻りです
完全にただ筐体を置いただけで、音の反響とか聞こえ具合を一切考慮していないという誰も得をしない配置です
毎回思うのは、タイトーには音ゲーコーナーの店員はいないんじゃ?と思ってます
というか、いないんでしょう
まぁ、ギタドラなんてインカム的には雀の涙みたいなものなので迫害されても仕方ないかもしれませんけどね……
残念です



ノベルレビュー
瞳のさがしもの
メディアワークス文庫より
著者:入間人間 イラスト:

「あ?」 僕の乗っているバスが、交通事故に巻き込まれた。隕石が落ちてきたような、とても大きな音がした。それと同時に、僕の隣に偶然座っていた、とてもかわいい女の子と、激しくぶつかり合う。事故にあったことを準じに理解できず、僕の頭の中は真っ白になっていた。唯一記憶しているのは、その衝撃によって、自分の『右目』を失ってしまったこと。そして、隣に座っていたかわいい女の子と、ファーストキスを交わしたこと――。

今回の短編集もなかなかにエグい話が多いです
結構オチというか誰を向いているのかということが分かるようなストーリー展開もありますが、ほとんどのものが退廃的でろくなことが起こりません
全5編のストーリーに置いて全てが「ひとみ」が関係しており、自分の見ている瞳がどういう動きをしていたりや相手の瞳についてだったりと、何かしらの因縁があります
狂気に満ちた主人公が多く、何を覗いているのかどう壊れているのかが克明に描かれており、猟奇的な描写も多くなっています
割と想像するとショッキングでグロテスクなものが多いので読むときには覚悟が必要かもしれません
それでも、この狂った世界でも少しは面白いものがいくつかあるのでそこに希望を見出してみると狂った中の幸せが見つかるかもしれません
それが良いのか悪いのかは別として、最後には希望があるのかもしれません
かなり色々な感情が渦巻く短編集でした

一言:私も瞳が可愛い人が好みです
総評 75/100
スポンサーサイト
遂にこの時が来てしまった(時間のおとしもの)
さて、遂に受かってしまった黒紗夢です
正直全く予想外もいい所で、今回も落ちるだろうなぁと思っていたんですが、まさかの当選通知が来てしましました
そうです
コミケです
コミケに受かってしまいました

ということで、今日は学校では3,4,5限とTAをやっていましたが、コミケ通知でそれどころではない状態でした
3限の授業はひたすら演習問題を解かせるだけで、質問があればその子に教えに行くという感じでした
本来の先生が休みで、代わりの先生は全然授業内容を把握していなかったので、私がひたすらあちこちへと回っていました
お陰で大分仕事をしていたような気がします
内容は2進数と10進数の問題と回路図の問題だったので、何も難しいことはありませんでしたけどね
これでしかも、時間外手当ももらえるとか言われたらもう嬉しくて仕方がありません
まぁ、いくら貰えると言っても6月の後半なので、今すぐ欲しい私にとってはとても苦しいです……

閑話休題

4,5限のTAは友人が変わってと言ってきたので、変わりました
去年もやったので特に難しいこともなく、淡々とやっていました
しかし、去年とは本当に様変わりしていました
私語禁止になってしまい、周りとの話し合いもできなくなってしまったせいで、かなり教室が静かに淡々と皆授業を受けていました
去年までは軽くならば話し合いもOKで、Skypeで答えを教え合っている生徒たちもいましたからね
ある意味では去年までが無法地帯過ぎたという言い方もありますが、今年はもうガチガチの授業という感じです
しかも、何やら先生がチェックを付けていて教えあいや別の作業をしていたら減点というのを本当に実行していました
女の人は怖いですね……
可愛い先生なのに……
まぁ、もう私には関係ないので別にいいんですけどね!
ちゃんと手を挙げる子は普通に教えてました
というか、こういう時は女の子の方が積極的ですよね
割と軽いノリで私は行ったので、結構私を見てから質問する子がちょいちょいいました
嬉しいことです

そのTAの間にコミケのメールが来てしまったので、思わず叫びそうになりました
というか、割と声にならない声を出してました
他の先生にどうしたの?大丈夫?とか言われる程度に危なかったです
嬉しいような嬉しくないような、そんな感じです
正直絵なんてもういっさい描いていませんし、本の内容とかも特に決めていません
そんなので果たして大丈夫なのか?というレベルです
間に合うのでしょうか
もうあと2ヶ月しかありません
間に合いませんね
どうしましょう
どうすればいいんでしょうか、不思議です

そして、終わってからは軽くゲーセンへ行って、みそさんにアルカナ教えてもらってました
でも、正直全然まだ分かりません
もっと数こなさないとなー
その後、今日のメインであるレミニセンスを祖父で購入してから帰宅

あとはもうひたすらレミニセンスをやる作業です
体験版までは面白かったので、続きが気になるところです


ラノベレビュー
時間のおとしもの
メディアワークス文庫より
著者:入間人間 イラスト:

『時間』は気まぐれな性格で、ふとしたときに『奇跡』を運んでくれる。『携帯電波』『未来を待った男』『ベストオーダー』ほか、書き下ろし短編『時間のおとしもの』を含む、時間に囚われた人間たちの、淡く切ない短篇集。

一番最初の『携帯電波』はなかなかに辛かったです
というか、救いがあるのかないのか分からない、結構入間人間らしい狂った短編でした
少女が台所で見つけた携帯電話を使ったら、次々と自分が入れ替わっていくという、面白そうでもあり体験すると恐怖であろうもので、途中は読んでいるのが辛くなります
未来を待った男は、なかなかに面白かったです
時間を使ったこういう展開はなかなかに惹きこまれます
最初にミスリードをさせられて、最後のネタばらしでやられたという感じでした
何故男がタイムトラベラーを呼んで過去に戻りたいのか、という理由が、なかなかに素敵です
ベストオーダーは、他の並行世界の自分が現れる、というもので、これはなんとも言えない気持ちになります
そんなのでいいのか状態ですが、主人公が主人公だから仕方ないのかもしれません
結末は、神のみぞ知るという事でしょうかね
時間のおとしものは、切ない感じです
過去病弱だった女の子と会話した話、自分が今どうなっているのかという話、そして不思議な少女。色々なものが組み合わさって、時間は過ぎていって現実は止まらない、ほろ苦くも不思議な感じのする短編です

全体を通して、色々な色と感情を魅せてくれえるので、こういう短編は面白いですね
それぞれがそれぞれの色を持って全部違う時間に関することなので、楽しいです
また、入間人間の他作品からの出演もあるので、そういうのも少しだけニヤッとするかもしれません
個人的には、未来を待った男が一番良いかなとは思いますが、時間のおとしもののような切ない話も好きだったりします

一言:時間は止まらない
総評 76/100
追われてもやらない(質屋「六文屋」の訳アリな訪問客)
さて、ESに追われながらもLoLをやっていた黒紗夢です
明日までだから考えるだけでいいやとか思いながらダラダラとやっていたら結局半分くらい考えつきませんでしたからね……
明日3時間で全部書けば問題ないよね!とか思いながら諦めました

ということで、デスクトップ周りをひたすら整理する作業をしていました
32bitから64bitに移行したのでダメなものあるかなーと思ったんですが、今のところありません
IE10のマウスジェスチャがちょっとお気に入りを隠すときに絶対バグるくらいですかね
それさえ直ればいいんですが、面倒なので放置することにしました
そして中途半端にデスクトップを綺麗にしてから、LoLのテスト配信をしていました
Twitchは結構良い感じですね
配信環境でSkypeのマイクとLoLの音を切り分けられないのが残念です
サウンドカードを分ければいいみたいですが、持っていないので分けられないんですよね
まぁ、ソロキューの時はただ配信するだけで大丈夫かもしれませんが……
ふと思ったのはLoLの配信してどうするんだろう?という事です
ニコ生も考えたんですが、プレミアムにならないと放送出来ないらしいのでちょっと面倒なんですよね
わざわざプレミアムになる価値があるのかどうか……

で、ひたすらESの内容を考えていたんですが、あまりいいのが思い浮かばずにうんうん唸ってました
まぁ、新PCが来るまでの間に見られなかったアニメを見ながらやっていたせいなのかもしれませんが……
明日は面接もあるので、結構時間がギリギリなんですよね
間に合うのかな……


ラノベレビュー
質屋「六文屋」の訳アリな訪問客
メディアワークス文庫より
著者:吉川美樹 イラスト:古夏からす

紅茶の香り漂う老舗質店「六文屋」を尋ねるのは、なぜだか訳アリなお客さんばかり。悩める人々を迎え入れる店主・片倉十士は、質入れ品に隠された微かな意図”サイン”を発見するのが趣味なのです。普段は、訪問客に紅茶を振る舞う店員の少女に振り回されてばかりですが……。
店主の華麗な目利きと少女のテキトー推理で、質入れ品の甘くほろ苦い過去が明らかに――。
――そこに潜む謎、買い取ります。


よくある推理モノの決め台詞や決まり事みたいな典型が多いですが、実は推理が違っていたり微妙にずれていたりと人間らしさもあふれているストーリーです
二人の関係だったり訪れてくる人の人間関係はなかなか面白いです
文章は一人称視点なんですが、全部依頼主からの視点で語られます
なので、主役となる十士とミカは相手側からの印象でそれぞれ見ていくので、同じ人でも受ける印象が違うのがなかなか良い見方だなと思いました
正直、客側から見ると本当に十士の語りはうざいですが、事件を解決していくのはなるほどなぁと思います
ミカの秘密は衝撃的でしたが……なかなか読んでいて楽しいです

一言:まさかミカがとか考えると辛い
総評 77/100
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。