黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
行きたくないのに、やる(男子高校生のハレルヤ!4)
さて、しぶしぶ学校へと行ってきた黒紗夢です
いつもなら絶対に行かない曜日なんですが、TAとなると休むわけには行かないので、面倒臭くても行かなければなりません
もうちょっと金曜日とかにしてくれたらもっと私は楽ができたんですけどね……

ということで、今日は朝少しだけ早めに起きて遊んでからの学校
授業は非常に面倒でした
去年やったっけ?みたいな状態で、授業を聞いていくうちに、あぁ、そういえばやったな……みたいな感じになっていました
生徒には優しく、TAには厳しいこの授業
内容は割と簡単な部類には入るんですが、如何せんTAに解答らしい解答が配られないので何が分からないやこここれで合ってますか?と聞かれても、どう答えていいものやら難しいことが多いです
しかも、UNIXなので操作の仕方とかは全く分かりません
Linux環境でなんて授業でしかやったことないので、わかるわけないんですよね……
結構助教の先生達はどうもこういう環境下で作業をしているおかげでわかるみたいですが、私のようなHello Worldしかわからないような人間には難しいです
一応大まかな生徒の分担はされているのでそこさえ見ればいいというので楽といえば楽なんですが、自分の担当の子が手を上げませんように的な事を祈りながら3時間過ごしています
今年からは生徒数が多くなって1教室では収まらないレベルになっている上に、授業自体も若干趣向を変えるようでほんとうにもうあと数回乗りきれるのかが分かりません
生徒の信頼がガタ落ちになりますね……
しかも、これで給料が楽な授業の半分なんですから、世の中溜まったものではありません
楽にお金が稼ぎたいです……
来年から、どうなることやら……

閑話休題

授業が終わってから、M1の奴とずっとしゃべっていたらいつの間にか時間が大幅に過ぎていてゲーセンにもアニメイトにもよらずに帰宅
本当ならば色々買いたいものがあったんですが、仕方ないです

そして、LoLはちょっとJaxを触ってみたくなってひたすらJaxを使っていました
全然勝てません
本来ならば強いはずなんですが、どうも私の使い方が下手で結構負けました
Garenには何故か勝てたんですが、それでも私が思い描くような動きはできていないのでダメです
私はTOPが一番苦手なので練習しないといけないんですよね
多分一番ましなのがjungleで次にSupportといった感じです
どちらもCarry型ではないので、他人任せなきらいはあります
それでも、大体jungleやると勝てるんですけどね……
私がTOPへ行って私がCarryした記憶はほとんどありません
もっと練習量を増やさないとか、完全にTopを諦めて得意なLaneをもっとうまくなった方が堅実なのかもしれません
Goldへの道は遠いです……



ラノベレビュー
男子高校生のハレルヤ!4
GA文庫より
著者:一之瀬六樹 イラスト:ありえこ

良い感じに終わったな―と思ったら、最後に最後でかなり冗長なものが出てきてすごく勿体無かったです
最後の謎のものさえなければ、結構面白いです
今回はソラが遂に帰国をして、主人公達の環境をかき回していきます
結構ぶっ飛んでいる設定ですが、なかなかに主人公や吾郎達の心境や心理を的確についてきてかなりのクセモノと言った感じです
ストーリーも主人公が女装をしている意味や、この学校の共学化についての考えや目標などを考えさせられて、自分たちがどう進めばいいのかという葛藤に苛まれます
また、割とバレバレであった吾郎の正体や主人公たちの想いがどういう形で結末を迎えるのかというのが描かれているのでそこも注目かもしれません
ただある意味ではハーレム系のストーリーなので有耶無耶になって、気が付いたらソラも前半と後半とのギャップに驚かされますが、そこはご愛嬌といったところです
女装物としてのストーリーは平凡ですが、かなりの超展開が多いものだったので楽しみがいがありました
最後のよくわからないのがなければ……
まだ続く……のかな?
これで終わりでいいと思うんですけど、よく分かりません

一言:吾郎ちゃんかわいい
総評 76/100
スポンサーサイト
ロケテに行くお金がない(彼と人喰いの日常4)
さて、P4Uのまさかの続編に驚いている黒紗夢です
急にここにきて新作のロケですからね
Xrdが終わったらすぐにP4Uと新作が目白押しです
どちらが先に正式稼働になるのかは分かりませんが、多分P4Uが先でしょう
そう考えると、やはり楽しみで仕方がないです

ということで、今日は朝から羨ましいなぁと思いながらひたすらTwitterのタイムラインを追っていました
LoLは残念ながら昼くらいまでは何のバグかは分かりませんが、試合が出来ないという致命的な事になっていたので出来ませんでした
リコネクト画面が1時間以上ずっと続いていましたからね
そんなのまともに出来るわけがありません
ひたすら試合前はチャットが続いていました
おかげでアニメを消化しながらP4U続編の新情報を見れたのでいいんですけどね
しかし、今回の変更はかなり多いらしく、ほぼ全キャラが通常タイプとシャドウタイプの2つが選べるようです
タイプ別……
あれ……
MELTY BLOOD……
まぁ、気にしたら負けです

で、色々と今回の情報をほーちゃんがまとめているのでそこをググれば色々な今回の変更点を知ることが出来ます

P4Cロケテ情報まとめ

でググればいいと思います
全キャラかなり変わっているらしく、コンボルートもかなり変わるようです
B二連牙が浮かなかったり、空中二連牙ってなんだよってレベルです
早く自分で触りたいです
正直、他人のロケテ情報を参考にしても自分のやりたい事というのはほとんど得られませんから、自分で触らない限り全体的なシステム面しか知ることが出来ません
特に、キャラが弱くなっただの強くなっただのというのは、一番信用出来ません
本当にね、私は他人を信じて使ったキャラが尽く、尽くだったので誰が強い弱いとかは無視します
ただ、それでもシャドウ直斗は使ってみようかななんて思っています
折角のロケテなんで正式稼働からは違うキャラを使うかもしれませんが、シャドウ直斗なら色々と夢が広がりそうだなと情報を見ていて思ったので、次もしロケテがあれば試したいと思います
ハードルが出来なくなっていたりとかなり制限はされているみたいですけどね
きっと何かあるんじゃないかなって期待してます

そして、朝から不調だったLoLのメンテが終わった後にひたすら対戦
味方がBrandAnnieでBotDUOするよとか言ってきて、完全にはてな状態だったんですが、何故か勝ってました
不思議ですね
両方共スタンを持っているからかななんて思いましたが、相手のAsheもzephyrを積んでいたりと結構謎なことをしていたので、なるべくしてなったという事でしょう
しかし、未だにjunglerを探しているんですが、面白いのがなかなか見つかりません
Sionjungleが結構面白いかな?なんて思いました
実践ではまだ使っていませんが、悪くないような気がします

しかし、1時過ぎに寝よう!と思ったら1時間半くらい眠れずにずっとベッドの中にいました
結局起きてPCをつけるという愚行をしてました
まぁ、小説書いたりそういうのをしたんでいいんですけどね……


ラノベレビュー
彼と人喰いの日常4
GA文庫より
著者:火海坂猫 イラスト:春日歩

この終わり方だと少し残念に思ってしまうような最終回でした
なかなかにハッピーエンドと言えばハッピーエンドなんですが、おやっ?と少し思ってしまいます
黒衣は賢しいのですが、目的というか最後は結構ご都合主義的なものに感じてしまいます
今までの関係からは確かにこういう終わり方がベストであり、面白いのですが少し物足りなさもあります
今回のボスである帝もこんな簡単なトリックで終わってしまうものなのかという肩透かし感があり、巻数が少ないので仕方ないものの、もう少し重み付けがあるともっとこの物語に入り込めたかななんて言う思いがあります
ストーリーとしては結構面白いものなんですが、その分、残念さが最終巻では出ています
ラブコメに寄り、シリアスに寄り、また別の主人公の独白に寄りと多くを混ぜていて全てをまかないきれずに中途半端さが際立ったように思います
その前までのシリアスが面白かった分、このハッピーエンドは人を選ぶかもしれません
ただ、後日談が別の所であるらしく、それを見ればやっぱり良かったなと思う可能性は高いストーリーです

一言:何だかんだで黒衣かわいい
総評 65/100
色々ダメな気がする(ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか3)
さて、LoLの今週の無料Championが良いのが多くて嬉しい黒紗夢です
リサンドラやヘイマーは使ったことはないけれども、使ったら面白そうだなというのでちょうど良かったです
とは言え、大して強いChampionではないのでやっても仕方ないのかもしれません
SummonersLiftもやるかどうかは謎ですしね!

ということで、今日はChampion嬉しいなーと思いながらも面接
なんでか分からないけど受かってしまったところです
いきなり個人面接でビビりながらも、待合室ではずっと同じ就活生とくっちゃべってました
周りも同じゲーム業界志望でなかなか楽しめました
しかも、わざわざ北海道から来たというのは驚きです
もう旅費だけで20万以上かかっているとか……
そりゃ、流石にかかりますよね
私にはとても真似はできません

そして、面接
もうひたすらに格ゲーの話をpushしまくっていたら
「もう格ゲーの話はいいです」
的な事を言われました
いや、面接官さんも結構格ゲーの話をしてきたから、答えたんですけどね
どうもやり過ぎた感が出ましたね
その後に言われたESについてのは適当に答えて反応悪かったので、あぁ、終わったなという感じです
仕方ないですね
そんなもんです

帰宅してからは、グリマスでSRミキが低確率ドロップで手に入るということでマラソンしてました
スパドリ30本+半分回復のスパドリ5本も費やしました
どんだけ費やしたんでしょう
それでなんとかエンドレスに到達したんですが、よく考えたらイベントはまだまだあるからこんな事やっても意味が無いなぁとマラソンし終えた後に気づきました
完全なるアホです
なんでこんな事に30分以上やってたんでしょう
ひたすらクリックしすぎて右手が痛くなりましたよ
あほです

その後溝の口へ行ってBBCP
大会は普通に負けて、アルカナやってました
私はまだ全然触れていないので、上手い人のを参考にしてました
南さんもいて色々と聞けたのでまともにアルカナはやりたいと思います
とりあえずなずなは難しいけど、キャラとしては弱くなさそうなのでキャラ選択は間違えていないと信じています
可愛いですしね
ただ、どうもちょっと動きは違うらしいのでそこを覚えておきたいです
誰か私にアルカナの家庭用貸してくれる人いませんかね(チラッ


ラノベレビュー
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか3
GA文庫より
著者:大盛藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト

今回で第一部が終わりらしく、なかなかに面白かったです
最後の方は熱いですし、男としては結構主人公の気持ちに共感できる部分が多いのでなかなかに感情移入が出来ます
やはりRPGの世界といえどもこういう王道的な激情と場面展開は良いものです
ベルとアイズが今回かなり接近して色々と話しをしたり特訓をしたりとお互いを意識するようになるんですが、まだまだラブには程遠いでしょう
ですが、いい前進をしているので非常に見ていて楽しいです
周りの神様であったり、他のヒロインもちょいちょい出て来てモテモテだなぁなんて思いますが、ベルはそういう性格の持ち主でもあるのですんなり見ていられます
一番の山場であるミノタウロスとの戦闘は熱くて興奮して臨場感に溢れていました
いやはや、今までで一番良かったかもしれません
タイトルは少しアホっぽいですが、内容は本当に面白いです

一言:こんな神様が欲しい
総評 87/100
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。