黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
凍える月
さて、今相当発狂しそうな黒紗夢です
おいコーがやばいです
何ていうか、うん、本当にやばい
思わずおおおおおおおおおおおおおおいいいいいいいいいいいって感じになりました
脳内が大混線してます
脳がやばい
第二部になってから、おいコーはどんどん変わりますね
主に暗い方向に…
早く…見たい…
これは…本当にやばい…
何ていうか、なんでこう物語の中でも上手くいかないんでしょうかね
困りますね
うん、これは困るよね…
うおお…

閑話休題

今日は、私の研究室の教授の還暦祝いが行われました
今までその会場はOBOG総会で使用していた場所なんですが、実は地下が存在していた上に、かなり広かったです
地上階は狭いのに、地下は広い…
まるで下水道のようですね
…言い方が悪い気がするので、大空洞や地下組織と言った方がいいですか、それもダメですか
まぁ、私は受付係だったので、ぼーっと式が始まってもしばらくは受付で待機
いやー…何というか、やはり研究室のOBOGの方々と少し話したんですが、面白い人ばかりですね
私もこういうふうになりたいものです
というか、こういういい人達が一流企業へ行って、いいものを残せるんでしょうね
ゲーム会社の人とも少しお話をすることが出来ました
…何というか、現実を知りましたね
ここに記載していいのかが分からないので、詳しい内容は割愛させて頂きますが、想像以上の場所のようです
特に私はプランナーを志望していたんですが…うん…なるほどね…やばいね…
あとは、会社によって相当格差があるようです
SEGA、バンナム、KONAMIと色々な人がいたんですが、全然内部は違いますね
いやー…怖いよー…
でも、仕方のない事よね…
働きたくないでござる
まじで、身内で起業するまであるんだよね、ほんと
儲けなくてもいいから、ある程度稼げて適当にやれればそれでいいです
適当っていうのは、曖昧な適当ではなく、ちゃんと運営出来る意味での適当です
ただ、経済経営の知り合いがいないので、自分で学ぶしかないんですが、そのへんはまぁ、なんとか外部に依頼するしかないでしょう
まずは何を目指すかを院へ行って本気で考えたほうがいいかもしれません

そして、自分だけプレゼントを用意してごまをすっておく
その後は、渋谷タイトーに行ったんですが、誰もおらずにαへ

そこでも誰もいない
…あれ…どういうことなの…
色々、まーりゃんの調べ物をしたんですが、帰ってからもっと色々探すべきもの、主に起き攻めについて調べてない事に気が付いた
起き攻め超重要なのに、なんで忘れてたんだろ…
まーりゃんは初見殺しが多すぎるから、それがワンチャンあるんですよね
それさえしっかりやれば、絶対最初だけなら殺しきれる自信はある
とはいえ、まーりゃん起き攻めを3回する必要があるわけですから殺しきれるとは言いがたいですが、まぁ、たぶんまーりゃん使いが少ないのでなんとか立ち回りでカバー出来るようにしたいですね
誰もいなくて、小川さんだけいたから調べ物の手伝いして終了
結局対戦してないね、今日…
まぁ、いいか…

明日は、何しようかしら
スポンサーサイト
消せない告白
さて、アクアパッツァが面白くなってきた黒紗夢です
なんか、Fateとデジャヴな感じがしなくもないですが、やはり新キャラを使うと気分が一転して楽しいですね
Fateは桜は最弱だったけど、トウカは既に最強だから、まーりゃんを使っても強いまま!安心!

利点は、端に追いやると滅茶苦茶強い事
欠点は、離れるとトウカ単体でしか近づけない事

ま、もっと煮詰めよう
自分には、皐月よりまーりゃんの方が合っていて、使ってて楽しいからやっとアクアパッツァを続けていけるって思った
皐月はどうも性に合わなかったけれども、まーりゃんは使えば使うだけ可愛くなってくし、自分のスタイルにあってる気がするから嬉しい

閑話休題

というわけで、今日は美容院へいって、Blackyがαに行くっていうから、αへ
何故かいろんな人がいた
っていうか、じょぬさんとかシンさんがいたのにびっくり
どういうことなの…
なんか、安定して勝てない
それがまーりゃん
いや、私の実力が安定しないというのが多いんですが、まだまだ煮詰めるところがおおすぎますね
でも、今日はいろいろな人が来てたから、色々な人と対戦…出来てねーよ!
みんなやっぱり身内戦というか、ガチバトルをなさるので、見てるだけで他の関わりのない人と多くやってました
まぁ、それでも良い収穫はできたけど
環戦は、皐月よりもまーりゃんの方が断然やりやすい
これでもう、環は辛く無くなった
いや、辛いものは辛いけど、圧倒的に負けるということはない
まーりゃんでひたすら固めれば強い
斜め上に飛び道具が飛ぶって素晴らしい
初見殺しがあるから、赤はなんとか取れる気になってきた
結局、私はその場だけで甘い妄想に浸ってしまうんですよね!
これをどうにかしないと本番じゃ勝てませんてね…


しかし、Blackyとバイトの連絡をしたのはいいけれども、よくよく考えると俺あんまり闘劇出れない事になるね!
赤を一瞬で取って、青を一瞬で取れば平気か
余裕だった


ラノベレビューがメインだけど、村山由佳の作品が大好きだから、また今日も紹介
今回はおいコーSS3巻を読み終えました
いやー…やっぱりこの作品を見ていると、恋愛は難しいんだなーって思います
フィクションだろっていうことを思う人は多いのかもしれませんが、フィクションだからこそ、相手の気持ちや主人公の気持ちが描写されるわけで、自分で体験出来ない事、経験できないなんて事を少しでも吸収は出来ると思うんですよね
おいコーの第一部は勝利とかれんの山あり谷ありの恋愛模様だったんですが、第二部はそれに加えて他人との関わり合いや他の人の恋愛も少し絡んでくるので、とても複雑になっていきます
複雑といっても、話自体は一巻毎に一辺倒なのでわかりやすいんですけどね
結構考えさせられますね
でも、私はこういう本を恋愛のバイブルにしてもいいんじゃないのかな、なんて思います
ほんとこの人の書く小説はすごい
苦くて、辛(から)くて、それでも何か心にストンと落ちるものがあります
私は残念な事にまともな恋愛…もっと言うならば、本当の恋愛というものをしたことがないので、こういう恋愛の知識というものはフィクションに頼るしかないんですよね
本当の恋愛というものがなんなのかは分かりませんが、少なくても情熱的であったり、情緒的であるような、他人への想いというものを持ち合わせたことがないです
星の巡りが悪かったんでしょうね
そういう意味では、本当にこういう小説は好きです
というか、村山由佳の作品大体全部が好きです
こんな若い人の甘酸っぱいものだけではなく、大人の相手を色々変えたり、歳の差だったり訳ありな恋愛模様もたくさん書いています
一つ一つがいいなって思える作品です
ほんと、読んで良かったな、と思える作品です
皆さんも是非読んでみてください
明日の約束
さて、久しぶりにおいコーを読みなおした黒紗夢です
やはり、おいコーは最高ですね
一番好きな小説です
集英社文庫とジャンプJBookから出ています
これを読むと本当にラノベ(笑)って感じになりますね
恋愛小説ですが、本当に色々な人に勧めたい
もう結構な巻数が出ていますが、いつ読んでも透明感があって素晴らしい
第2部を入れて現在15巻かな
昔は、読む度に悶絶していたし、所謂萌え文化というものに触発されていなかったので、ヤンデレだとかメンヘラだとかそういう言葉自体知らなかったので、読んでいてとても新鮮でした
今は心が濁りきってしまっているので、そういうのがふっとした拍子に表れてしまいます
のめり込むとしっかりと物語の中に入り込んでそんな事を思う一分の隙もないわけですが、振り返ってみると、そういう場面が多々あったりします
おいコーは是非色々な人に読んで欲しい
もう今持っている本が人に貸して雨に濡らされたせいで汚くなってるから、誰にでも貸せる
読んでみたい人は私に言ってくだされば貸します
いい本ですよ
最近の性行為はすぐするものだと勘違いをしている思考を、これを読んで考えなおして欲しいものです
純愛ですね
かれんが愛おしく感じる
年上で唯一大好きなヒロイン
5歳も年上だし、20代半ばだけど全然ババァなんて言葉を出せないし、素敵な人
とりあえず、読め
うん、今までのラノベとか一切合切読まなくていいから、これは読め
いや、とある飛空士シリーズも素晴らしいんですが、私の中でのNO1小説です

閑話休題

7月最後の研究室
遂に、私のプログラミングが始動致しました
OpenCVについてやります
プログラミングなんて出来ないお…なんていって逃げていましたが、遂にこれをやるとなると大変そうですね
まぁ、なんとかやりますが
今日は、最後の音声認識調整
最後と言っても、また不具合が出れば直すんですがメインでやるのは最後です
というか、もう現段階で使うであろう言葉の調整は全て終わった上に、もしかしたら8月の終わりに新しい音声認識ソフトが来るというなかなか素晴らしい待遇
…あれ…私の苦労はいずこへ…?

アクアパッツァ
リアンノン戦が少し辛い事に気が付いた
遠くに飛ばされると、皐月に比べて物凄く辛い
但し、端においやれば物凄く強い
要するに、強い部分はより強化されて、弱い部分は更に弱体化した感じ
遠距離の時のまーりゃんのタイミングがなかなか難しい

そして、日曜日にやっと予選出れると思ったら、ちょっとしたイベントがあった…
途中で抜けだそうかな…マジで…
閃きは突然である(初体験にオススメな彼女)
さて、自分の時が少しずつ動き始めた黒紗夢です
こういう表現をするのはどうかとは思いますが、やはり状況というのは連鎖をするのかもしれませんね
どうでもいいことですが、アニメを見ながら日記を書いているせいで、ここ数日の文章がゴミな気がしてなりません

閑話休題

フィットネスを始めてから…というのは関係あるのかないのかわかりませんが、先日から少しだけ真面目に研究を始めたら意外とすんなりいきました
というか、何故か分かりませんが、行き詰まった時には日をまたぐとすんなりいくことが多いです
不思議ですね
まぁ、まだまだ誰でも出来るようなことをやっているので簡単なんですけどね
プログラミングってどうやるんですかね(^p^)

そして、フィットネスセンターではボクササイズをやってみました
先週やっているのを見て、面白そうだなーって思ったんで参加してみました

めっちゃ疲れました

あれ、意外ときついんですね
汗だくになりました
これで少しボクシングが…なんて思ったけど、所詮はエクササイズのボクシングなんであんまり意味はないのかもしれませんがね
ジャブ、ストレート、フックを習いました
正直、今までジャブとストレートの違いを知らなかったので、やっとどういうものかを知ることが出来ました
あと、グローブをつけるとほとんど拳に痛みがないんですね
軍手とグローブをつければ思いっきり殴っても大して痛くない、というのが判明しました
まぁ、そりゃ拳を保護するためのものだから当たり前か…
ボクシングはやりたくないけど、ボクササイズは面白い
毎週やるまである
疲れて、終わった後の倦怠感が半端じゃないから、あんまりやりたくないんですけど、心情的にはやりたいというね
もう少し体力があれば、この心理に追いつくのかもしれません
筋力アップの筋トレをしてるから持久がつくのか分からないんですけどね!

そして、疲れてアクアパッツァ
大分まーりゃん慣れた
皐月より隙がなくてやばい
これはウメハラじゃないけど、2ラウンド目の戦い方は大分変えていった方がいいのかもしれない
早くS+に戻りたい…

あ、院試の勉強始めたんですが、分からなすぎてやばいです
3行の逆行列の算出方法すら忘れてて、きっと私は池沼なんだろうなと思いました
…本格的にやばいでござる…

ラノベレビュー
初体験にオススメな彼女
MF文庫Jより
著者:あさのハジメ イラスト:高苗京鈴

「マスター。私と一緒に、初体験をしてください」高校デビューをするつもりの主人公、桜鉄之介は入学式の日に空から降ってきた女の子にそんなことを言われた。その子の正体は、鉄之介の妹のあるみ。天才科学者である姉からの入学プレゼントとして、あるみがこれから色々な初体験をサポートしていくことに……。しかし、鉄之介がなりたい高校デビューとは少しだけ違い……入学日早々から思わぬ初体験が……!
キスから始まったっていいじゃない、わかりやすいくらいの青春学園ラブコメディ!
大切なものは、何ですか――。


この人の描くキャラは運がいいというか、描写がいいというか、なかなかに挿絵が素晴らしいですね
設定は完全なるラノベ展開なので、特にないです
キャラクターが可愛い
描写もわかりやすいですし、テンプレ中のテンプレな上に会話や体の表現でわかりやすく性格を描写しているので、可愛くて可愛くてね
まよチキ!はスバル以外はあんまり良いとは思わなかったんですが、これでは結構可愛い子が多そうです
貧乳的な意味と妹的な意味で
文章は一人称
主人公はネガティブシンキングとか言いつつも、熱血のよくあるテンプレ行動
なんていうか、そんなんでいいの?ってレベルだけど、勢いがあるからいいのかもしれません

総評 72/100
面倒くさい事態(おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!)
さて、何かもう色々、主に雑務が嫌になってきた黒紗夢です
面倒くさいから、真面目にやらなくてもいいか…

閑話休題

フィットネスセンターへ行こうとしたんですが、いつの間にか時間が経っていていけませんでした
三日坊主どころか一日で終了してしまった…
まぁ、明日は絶対に行くんですけどね
というわけで、主に今日はひたすら研究をやってました
結構簡単なようでいて、とても簡単な作業
音声認識のチューニングなんですが、穴を掘って埋める作業をしてました

最初

漢数字で数字表記って何か嫌じゃね?

全部算用数字に変えちゃえ!

→マイクに向かって「じゅういち」

→結果「10 1」
. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : それじゃあ、101じゃねーか…
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

というわけで、慌てて漢数字に戻す作業
算用数字にしてもいいんですが、そうすると
1~1億までの数値を自分で入力しなければならないというとんでもない数になりますからね
いやー…漢数字万々歳ですね
位毎に設定すればいいだけですからね
そうやって色々とチューニングしていたらいつの間にか7時
因みに、5時くらいから私一人で作業をしていました
研究室に一人です
意外と寂しいものです
まぁ、ロボットちゃんがいましたけど
写真を久しぶりにあげましょう
これが私の研究机です

研究机



隣にいる2体のロボットは、研究に関わっているロボットです
いやー…痛々しい机ですね
私の自室より痛いです
因みに、これをオープンキャンパスの時に公開しています
私はいってないんですが、これを見た親御さんは

母親「私の息子も机にフィギュアを飾っているんですが、この研究室を見て普通だという事がわかって安心しました。息子の趣味に引かなくてもいいんですね」

( ^ω^)…
いえ、この研究室が特殊なだけであって、普通はドン引きだと思います、はい
補足ですが、うちの研究室には大抵一つの机に一体フィギュアがおいてあります
基地外ですね
教授の部屋にも一体います
教授はあんまり理解をせずに置いています
結構酷いところですよね
写真の右上にある雑誌は私のではありません
何故かこの机に放置されています
先代のものですね
正直、いらない…

アクアパッツァ
KOOLになれ!黒紗夢クロッサム!って感じで最初はイラ壁していたんですが、冷静になろう冷静になろうと努力をしてみたら、案外簡単な結果をもたらしました
今まで圧勝していた、このみ使いに最近負けまくっていて、今日冷静になろうとしたらまた勝てるようになりました
なんか、無理に攻め過ぎていたみたいですね
あと、まーりゃんを皐月のように使いすぎていました
確かに私は無意識的にそうしていたようです
ソドム先生の言葉は正しかった…っ!
ただ、でもやっぱりまだ切符は遠い
初見殺しが出来るから、遠征でワンチャンあるくらい
まーりゃんは端で爆発的に強くなるから、それで端から逃がさないようにしないとね

ラノベレビュー
おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!
ファンタジア文庫より
著者:村上凛 イラスト:あなぽん

暗黒時代の中学から脱却するために、高校では隠れオタクとして過ごそうとする主人公、柏田直輝。しかし、そんな新たな青春の謳歌をしようとした途端、同じクラスの見た目がギャルでスイーツ(笑)だけど、可愛い美少女恋ヶ崎桃にバレてしまう。そして、秘密をばらさない代わりに提示された要求は……なんと、自分をオタクにしろという事だった! 訳がわからない直輝だが、秘密を握られている限り極力協力をしていく羽目になって……。真反対の二人が織りなす、オタクと見た目スイーツ(笑)のクロス学園青春物語!
人間の本質は、見た目ですか――。


最近のラノベは、続編も完全に念頭に入れてフラグを全く回収しないものが多いですね
設定はありそうでないけど、やっぱりラノベらしい設定
キャラは滅茶苦茶可愛い
っていうか、あなぽんの絵が可愛すぎてやばい
量産型の絵ではあるけれども、可愛いしぷくっとした頬が可愛いし、八重歯が何より良いね
性格的にも、しっかりと徐々に関わっていくうちに可愛い事がわかるけど、他のヒロインがまだいまいちわからないというか全く出てこないので、桃しかわかりません
でも、可愛い
主人公は私が大嫌いなタイプですが、同族嫌悪かもしれません
ただ、嫌いな性格と言っても文章的にはとても良くて、くだらない独白は少ないように思えます
心情的なものはくだらないんですが、文章としては読んでいて不快にはなりません
文章は一人称
結構ちまちまパロディネタが出てきますが、オタ設定なので仕方ないです
でも、変なものとかはないですし、文法も嫌いじゃないです

そして、何よりも挿絵が可愛い
それだけでこのラノベは満足出来る
そんなレベル
結構私の的中剣だったりします

総評 84/100(絵が可愛い)
鼻毛が出ている(ふらぐ・ぶれいかぁ ~フラグが立ったら折りましょう~)
さて、最近全然冷静になれない黒紗夢です
どうも他愛もないことであったまってしまうんですよね
これをどうにかしないといけないんですが、なかなか難しい
自分が短気だということを自覚はしているんですが、自覚しているからといって治るわけではないですからね
何というか、どうやってそれを早く発散させて元の状態に戻すのかというのが課題です
…|ι´Д`|っ < むりぽ

閑話休題

学校に行こうと思っていたら、行けなかった
よくあることです
行かなきゃいけない日だった気もするけど、きっと気のせいでしょう
面倒になったけれども、ラノベは買いたいなーと思ったので渋谷へ
アニメイトを覗いたら、たまたま村山由佳の新刊が出ていたので買いました
久しぶりですよ
一番好きな作家なんですが、最近全く買ってなかったんですよね
で、丁度集英社文庫の方で第4弾まで出てたのを初めて知ったっていうね
もう5巻までジャンプの方では出てるんですが、あっちは大きいから買うのを躊躇われるんですよね
しかし、きっかけは些細なものでしたが、ここまで村山由佳を好きになれたのは驚きですね
おいコーを紹介してくれた奴よりもう読んでるんじゃないかな
いやー…ほんとなんでこういう作品が好きなのに、ゴミのようなラノベしか読んでないんでしょうね
不思議ですね
もっと普通の小説そろそろ読むべきかね
といぅか、よくよく考えるとレ・ミゼラブルとかそういう本の方が好きなのが多いんだよね
うん、ファウストとかそういう普通の小説も読もうかな
ラノベだけ家にたまりすぎてる
そして、最近また糞な作品ばっかり引いてるから続編以外やめた方がいいかもしれない

で、アクアパッツァ
もう嫌だ、主に自分が
自分の行動を押し付けようとして、失敗してあったまって、同じミスを繰り返して、ガチャで技が出なくて切れての繰り返し
ひたすら負の連鎖
負けたら、あったかくなるし、熱くなりすぎて画面を見なくてまた負けて、まじスパイラル
死にたくなるね
この状況を打開しないと本当にまずい

某人:黒紗夢さん、最近相当弱くなったよね

俺:(^p^)

もうほんとやばいだろ…
闘劇とか赤とかそんなレベルの話じゃないね
エンジョイ勢(笑)って誤魔化していくしかないのかね…

ラノベレビュー
ふらぐ・ぶれいかぁ ~フラグが立ったら折りましょう~
電撃文庫より
著者:黒宮龍之介 イラスト:はりかも

十文字学園には”伝説の木”がある。そんな夢みたいな話があるわけがないと思っていたが、本当にその木は不思議な力を持っており、その木の下で告白したカップルは必ず結ばれるという。そして、その木を巡って二つの組織が争っていた。一つはそのフラグを破壊する「アルテミス」。もう一つはそのフラグを守る「アポロン」。リア充爆発しろ!と思っている方と非モテ僻むなよと思っている、そんな組織の争い。そんな中に主人公は身を投じる羽目となり、各組織の美少女達と……。
恋愛フラグを争う、少女達の恋とバトルのドタバタラブストーリー!
運命は、享受するものですか――。


やはり私は、独白の多いラノベが嫌いなようです
設定は普通のご都合主義ラノベ
キャラクターは、テンプレすぎる上に私がそこまで好きではないキャラなんですよね
強気、勝気な貧乳ツンデレお嬢様と、おしとやかで腹黒い巨乳なお嬢様
…わかりやすいね
とはいえ、描写は結構わかりやすいので簡単です
文章は一人称で、どうも主人公は好きになれません
性格は一貫性があるきがするのに、何故かそういう気がしない
不思議です
まぁ、でっていうラノベ

総評 60/100
先にすべきこと
さて、もう闘劇が絶望的なんだなと感じた黒紗夢です
アシストをまーりゃんに変更したんですが、いつも勝てている相手にすらたまに負ける始末で結構終わっています
相手が凄く上手い相手ならまだ納得は出来るんですが、格下相手におもいっきり負けますからね
もうほんとゴミだよね
これで闘劇で青だの赤だの言ってる時点で終わってるわ
素直にエンジョイ勢(笑)でごまかして適当にやるのが一番なのかな
完全に無理ゲーだろもうまじで

閑話休題

某人:2,3時にフィットネスいこうぜ!

俺:おういえ

3時過ぎに学校到着

某人:まだー

俺:今、更衣室出る

あ、因みにこの某人は研究室にいました
俺はフィットネスに直行しました
この差ですね
研究室に寄る人間と寄らない人間
ハンパじゃない差ですね、はい
で、軽く筋トレをっしていたんですよ
そこまでは良かったんです
個人的に1時間筋トレしまくって、その後何故かパワーヨガをやりました
意外ときついというか、私は体が硬いので痛かったです
後で聞いた話だと、そんなに無理をしてやるものではないんですが、私は結構無理矢理膝などを重ねてやっていたので辛かったです
ああいうのは楽そうに見えて柔らかくないときついもんですね
男性というよりもやはり女性がやるべきものなんでしょう
筋肉はつかないらしいですしね
そこで終わればよかったんですよ、えぇ
それで終われば特に何もなく終了

が、しかし

目の前には部活のコーチが

( ^,_ゝ^)ニコッ

デスヨネー

その後1時間以上コーチにしごかれてました
途中でばてました
無理です
普段運動してない人間が、初日から飛ばすとか不可能です
まず、よく分からないバランス取りの上で運動をさせられて、安定は出来ないわ、安定状態にもっていったらそこから姿勢を変えたり脚の位置を変えたりとかバランス感覚の無い私はズタボロにされました
ステップ台を使った前後左右半回転の動きももう筋トレした後の疲れきった脚を行使して限界ラヴァーズでした
その後はジャンプ練
いやー…ひと通りのメニューをこなしましたが、これをずっとやり続ければそりゃ体の作りは変わりますよね
これを1年の頃にやっていれば、もしかしたら…
今の1年生は既にやっているみたいでえらいですね
尊敬出来るレベル
というか、まじであのバランスボールの上で安定するとか相当凄いだろ、まじで
これだから元体操部だったり元新体操部は…
合宿でこのメニューをやったら間違いなく4年は全員脱落する
1年生と3年生は生き残って、4年が死ぬ
間違いない
今のうちに鍛えておかないと、殺される
恥ずかしいことは出来ないね!
やってよかった今日の筋トレ
研究を少しやるはずがひとかすりもせずに3時間程フィットネスをやるあたり、色々な意味でヤル気を感じますよね

アクアパッツァとか…もうどうでもいいや…
先に進むための方法(異国迷路のクロワーゼ Le cahier d' Yune)
さて、思ったほどバイトで稼げなくて焦っている黒紗夢です
予定よりもたぶん5000円くらい低い
BDを2枚買うだけで終わってしまう
本当はチョンのイベントとか行きたくないけど、行かざるを得ないのかもしれないな…

閑話休題

遂にBlackyが青切符を取ってくれました
嬉しいことです
これでますます俺も青切符を取らなければならないことになりました
いや、いけないわけではないけど、やっぱり取らないとだよねっていう
まーりゃんをもっとガチでやってBlackyに追いつけるようにしないとね
とは言え、お金がないのも事実だから、如何に勝って如何に格下相手でも学べるのかどうかを真剣に考えないとやばいですね
今の実力じゃ難しいけど、やっぱり闘劇出たいよねー

ネタがないので、アニメの話でも
まぁ、タイトルにも書いてあったりするんですが、クロワーゼのラノベ版を読んだんですよね
まさかあそこまでネタバレが書かれているとは…
何というか、漫画は一切読んでないで、アニメが最初だったんですが、ただひたすらにネタバレが書いてあるんですよね
しかも、ほぼアニメをダイジェストで書いてあるレベル
いや、いいんですけどね!
いいんですけど…もうアニメオリジナルではないのなら、全てこのままネタバレの通りにいくと考えると…
本当にクロワーゼは薄い本を厚くする内容ばかりですよね
相当書きやすいと思います
股間が熱くなるな…

BLOODCも1話で切ってしまったんですが、ちょっとだけまた見なおそうかなと思いました
何て言ったって、水島監督ですからきっと面白くなるんでしょう
1話は気にしたら負けレベルですね

今のところのベスト5
うたの☆プリンスさまっ♪、うさぎドロップ、輪るピングドラム、ロウきゅーぶ!、異国迷路のクロワーゼ
まぁ、まだダンタリアンの書架は2話を見てないんですけどね
バイトのせいで見る時間がないんですよ、えぇ
今週はちゃんと見なければ…


ラノベレビュー
異国迷路のクロワーゼ Le cahier d' Yune
ファンタジア文庫より
著者:萩原麻里 イラスト:武田日向

19世紀末フランス・パリ。そこにある小さな商店街「ロアの歩廊」の一角にある鉄工芸品店「ロアの看板店」で働く日本の愛らしい少女・湯音。奉仕をするために日本からやってきた湯音は、文化の違いに戸惑いながらも懸命に主人である少年・クロード、そしてその祖父のオスカーの為に働いている。そんな湯音は未だにフランス語に不慣れで、文字を書いたりするのが苦手である。そんな湯音を見たクロードは一冊の日記帳を贈る。そうして、毎日の出来事を少しずつ綴っていき、湯音の成長と、そして湯音の優しい出来事が溢れ出していく。
異国文化のシンフォニエッタストーリー。
二人の心は、通い合っていますか――。


湯音が可愛い
もうそれだけですよね
薄い本が厚くなる内容ばかりですし、見ていてあぁ、湯音ちゃんやばいなーなんて思ってます
文章は丁寧なので、アニメを見ていれば大体同じようなんだなと感じ取ることが出来ます
情景もなかなか鮮明に想起出来るので、とても読みやすかったです
文章は3人称
とても丁寧な作りなので、難しかったり、反対に優しすぎたりすることのない構成となっています
湯音ちゃんが可愛い

総評 76/100
新しい場所は何処かな(お前のご奉仕はその程度か?)
さて、初めてさいたまスーパーアリーナに行ってきた黒紗夢です
いやー…あそこは滅茶苦茶広いですね
けやきひろばって、花粉症の人が可哀想すぎてやばいですね
けやきの木だらけじゃないですか
私は花粉症ではないんですが、もしも花粉症の人がいたらアリーナに行けないですよね…

閑話休題

今まで武道館だとか横浜アリーナくらいしか行ってませんでしたが、スーパーアリーナの大きさは想像以上でしたね
大きすぎる…
そして、淡々と考え事をしながら作業
頭の中で色々考えていたんですが、トウカまーりゃんって最強じゃね?って結論になりました
妄想の上で、ですがね
早く実践で試してみたいです
明日もまだバイトだから大会にも行けないのが悔しい
たぶん、今大会出ればわからん殺し出来る気がするんだ
本当に何故今日明日バイト入れたし俺…
むしろ、何故昨日まーりゃん解禁されてしまったし…
まぁ、わからん殺しはまだ出来るだろうから、もっと煮詰めたほうがいいよね
しかし、Blackyが赤を取ったらしい
身内で取る人がいると、若干焦るよね
自分も早く取らないとって思ってしまう
身内が取ってくれるのは嬉しいけど、自分も取らないとどんどん離される一方だからね
いや、元々自分が弱いのがいけないんだけどね!
私も早く赤が欲しいです
出来れば、青が欲しいです

最近、自分の身の回りを考えてみると、本人は全く切羽詰っていないのに、現実問題として切羽詰っているんですよね
闘劇、院試、研究、部活、シナリオ
方向性がすべからく違うというのがなかなかに終わっているところですね
もうちょっと方向が似ていたらいいんですが、全てが全て違うというのは、完全な下手な横好き状態になってしまいそうで怖いですね
…真面目にやろう

ラノベレビュー
お前のご奉仕はその程度か?
GA文庫より
著者:森田季節 イラスト:尾崎弘宜

ハイキングをしていたら、見知らぬ美少女に出会った主人公、朝霧良太。そんな美少女、冬倉詩憐と出会った場所は、日本から独立した吸血鬼の帝国だった?! そうして吸血鬼の少女、詩憐に噛まれた良太はミニオン(候補)として一生ご奉仕をしなければいけない羽目に……?! 帝国で唯一の日本人として、周りの女の子から血を狙われて……。吸血鬼の少女とその従僕の少年が巡る、ボーイ・ミーツ・ヴァンパイア・ラブコメディ!
本当にあなたの心にあるものはなんですか――。



絵は素晴らしく可愛かった
設定は、何というか無理やりというか何というか、ありきたりのをどうやって無理矢理話にぶち込もうかという感じで強引でした
キャラクターは、本当に作家の趣味が満載というか、素晴らしく極端なタイプが多かったんですが、そういうのは好きです
可愛い子は多いし、テンプレ通りよりも更にヤンデレが酷くなっていたりとしたんですが、キャラ自体は良かったです
主人公は、よく分からん
心情の変化が激しくて、どう扱ったらいいのか少し悩みました
が、悪くはないです
文章は一人称だったような、三人称だったような、マゼマゼでした
わかりやすい構成ですが、たまに分かりづらくなります
まぁ、ラノベらしいラノベ展開ですよ
最後の方はど根性で何か解決しちゃうみたいな、覚醒しちゃうみたいな、そんなノリ

総評 70/100
何でも人任せ(僕の妹は漢字が読める)
さて、最近少しだけ生活リズムが早くなっている黒紗夢です
朝起きるのが普通になってきました
いつもなら昼に起きて、朝寝るという生活だったのが、いつの間にか夜最低でも2時に寝て、朝10時に起きるという感じです

閑話休題

今日は11時に研究室集合
時間厳守
…のはずが、結局11時に集合しても開始時間は12時くらい
まぁ、色々設定があったのでね
海外のロボットでメインはC++なので、C#の構造がなかなか分からなかったんですが、今回の講義で大分分かるようになりました
私の担当分野ではないんですけどね!
しかし、私の担当分野は何?って言われると、困るんですけどね…
音声認識は確かに担当といえば、担当ですが大した変更はしてないし…
これから一応画像認識があるので、それをやるとは思うんですがね

で、何の関連性もありませんが、何故か今日だけでドクターペッパーを4缶程飲みました
まじで金のムダですね
この4缶分をアクアパッツァにつぎ込めばもうちょっとまーりゃんを使えたのに…
研究室に飾られています
主な理由としては、オープンキャンパスの為に何か飾ろう!
って事で、何故かドクターペッパーの缶を並べました
私の研究机には、Rewriteのクリアファイル、化物語の小説、月間ジャンプ?、月間マガジン?、おりこマギカがあります
あと、愛しい対象の護り方のサイン色紙と、ミクの小さいやつもありました
…相当痛い机ですね
間違いなく、自宅のPC机より痛いです
私のPC机は、ミクの小さなオルゴール、ミクの置き時計、ミクのフィギュアがあるのみです
要するにミクのみ
というか、何度か写真にあげてますよね
字面にすると普通に痛いですが、時計は意外と普通だったりします
…まぁ、PCの隣にはエロゲが積まれてますけどね

閑話休題

まーりゃんが解禁されたので、まーりゃん使い始めました
したらばではめっちゃ叩かれていますが、正直私はアシストをまーりゃんにしようと思います
普通に強いだろ、こいつ
なんでネガキャンされているのかよくわかりません
まぁ、周りが使ってくれない方がありがたいんですけどね
絶対初見じゃ避けられない2択があるので、間違いなくそれを闘劇予選でやれば勝てる
あとは環で本当に使えるのかを検証さえすれば、皐月から完全にまーりゃんに移行しようと思います
このキャラ回転効率良すぎだろ…


ラノベレビュー
僕の妹は漢字が読める
HJ文庫より
著者:かじいたかし イラスト:皆村春樹

正統派小説家を目指す高校生、イモセ・ギンは、尊敬する作家がいた。オオダイラ・ガイという現代日本文学を代表する作家で、最新作は「きらりん!おぱんちゅ おそらいろ」だ。そんな尊敬する人に会えるというので、兄思いのツンデレの妹クロハと毒舌系クールな妹ミルを連れて、邸宅へ向かっていった。しかし、家に行ったら全員不思議な現象に巻き込まれてしまい――。
現代文学を綴る、未来のファンタジーシスターラブコメディ!
文章の想いを感じますか――。


設定は、まさにタイトルに騙された!という感じでした
かなり設定は変わっていて、なるほど、その発想はなかったという感じです
ただ、それ以外がちり紙以下なんですけどね
キャラクターはテンプレートな上にわざわざ小説の中で説明しちゃってる時点でこれは……という感じなんですが、まぁ、確かに可愛くはあります
が、妙な部分もある上に、ただ単に特徴を書いたからと言って、そのキャラクターの特徴をつかめるわけではなく、文章や相手の状況や仕種によってキャラへの思い入れというものが出来るわけで、そういう点はあまりないのでそこまで可愛いとのめり込むことは出来ませんでした
どちらかと言えば、主人公の無駄な独白が多い分、むかつきました
挿絵は可愛いんですけどね
文章は一人称
あまりにも幼稚というか、流石にそれは舐めすぎじゃね?っていうのが散見されました
主人公は池沼とちゃうんかという感じもあります
設定を守ろうとするのはいいんですが、行き過ぎてる感があるんですよね
努力をしないというか、真性のバカというか…折角面白い設定から始まったのにそれを全く活かしてないんですよね
やっぱり、HJ文庫はハズレが多いのかもしれん

総評 38/100
お気に入りのもの(とある飛空士への夜想曲 上)
さて、このシリーズが大好きな黒紗夢です
王道な展開プラスプラトニックな展開がとても好きです
まぁ、映画はどうなるのかはわかりませんが、小説のほうは本当に面白いです
誰にでも勧めたい、むしろ、読んで欲しい

閑話休題

散髪をしようと思いましたが、結局散髪をせずにそのまま学校
フィットネスセンターの登録をして、フィットネスセンターで遊んでました
意外と遊べるというか面白そうなので、週に2回くらいは通いたいなー
これで無料っていうんだからびっくりですよね
あと、ボクササイズというのが面白そうでした
誘われたんですが、遠慮してやらなかったんですが、見ていて結構面白そうで来週はやりたいです
ボクシングをやりたいわけではないんですが、ミット打ちで適当にやるっていうのがいい運動になり、かつ楽しめるという一石二鳥なエクササイズ
無料だしね!
何故、ここにもっと早く気付かなかったのか…
因みに、私は太りにくい体質でした
一応脂肪分よりも筋肉量の方が多く、全体的に標準よりは軽く痩せ型ではあるんですが、太りにくいというので安心です
…あれ…?
でも、この腹に付いてる肉は一体なんだ…?
体水分も何故か脚の方が多かった
あれ、走るの嫌いなんだけどな、よくわかんないや
栄養はタンパク質が足りないってさ!
最近の食生活を振り返ってみると

朝:メロンパン
昼:なしorカップ麺or冷麦
夜:ラーメン

…あれ…?
肉も魚も食べてないよ…?
そりゃ、栄養足りてないよね!
他の鉄分とかの栄養素も出てきてくれたら嬉しかったけど、流石にそこまではわからないらしい
骨量は普通だったから、一応カルシウムは足りてるみたいですがね
姿勢バランスはほぼ均衡
振れ幅が0.25%
ほとんど動かないぜ(ドヤッ

クパァ
環に負けてぽっぽしてた
相変わらず勝てない
対空破月やらんことには一生勝てんわ
俺しねって感じ
みそさんもいたけど、対戦してないや
っていうか、あんまりゲーセンにいてないや
最近ゲーセンにいれる時間が少ない
今年の闘劇無理かも分からんね


ラノベレビュー
とある飛空士への夜想曲 上
ガガガ文庫より
著者:犬村小六 イラスト:森沢晴行

天ツ上海軍の撃墜王、千々石武夫。サムライの気質があり、独断専行で一騎打ちを仕掛けるなどの行動が目立つ。そして、レヴァーム皇国軍の「海猫」に敗れた日から、ライバルとして海猫を撃墜することだけを胸に秘めて、いくつもの戦場をかけめぐっていた。そんな、千々石の背景には、天ツ上の国民的歌手、水守美空の歌があり……。「とある飛空士への追憶」の舞台である、中央海戦争の天ツ上側から世界を巡る、恋と空の物語。
あなたの想いを貫けますか――。


やっぱり、面白い
追憶や恋歌程の興奮や激情はないものの、静かなる情熱、たおやかなる想い、精神的な愛、そういうのがこのシリーズの全てにはあります
今作の主人公はどちらかと言えば唐変木で、堅物と言った気難しい人間像を描いていますが、やはり過去には重要な女性との関わりがあり、そうして生まれる想いが伝えられます
空戦も絶対的な強さからの開始であり、天才肌で覚醒型ではない最強型から始まるので、今までとは少し違うといえば違います
でも、やっぱり追憶の別視点が見れるというのは個人的にはとても嬉しいので、本当に楽しいです

総評 90/100
ついついやってしまうもの(トカゲの王Ⅰ ―SDC、覚醒―)
さて、ネトゲは改めて怖いなと感じる黒紗夢です
いやー…気が付いたら随分時間が経ってましたからね
びっくりですよ

閑話休題

今日は部活のミーティングでした
相変わらず楽しい楽しいミーティングでしたね
しかし、某人がやっぱり結構感情論で色々多くをいっていたので、あの時と何ら変わっていないんだなと思いました
現在の4年生の在り方についての話し合いでしたが、なるほど元主将がああいう考えだったのかと思うと流石に驚きですよね
1年生は何も反応を示さなかったんですが、今回の件で1年生がどう思ったのかが気になるとこですね
とは言え、この問題は特例を出したせいで起こってしまった事であって、正直1年生は全く何言ってんのこいつら状態だとは思うんです
それでも、引退はいつなの?だの自分の事をやりたいだのあほらしい意見が散見されたのはどうかとは感じるだろうけど
事の顛末を軽く書きます

そうだ、就活休部をつくろう!
よし、みんな休部だ!
あれっ?就活終わった奴誰も戻ってこないよ!
就活終わってない奴ら数人しか来てないのはやばいんじゃないのか?
何?就活終わった奴らは4年は自由参加で、もう引退してると思ってる?
作戦会議を開こう→来ない奴は除籍でいいんじゃね?
おいおい、除籍は穏やかじゃないよ!私たち今まで一生懸命やってたじゃない!なんでなの!
全員参加のミーティングをやろう

っていうので、今日になりました
まぁ、結論を言えば一応戻ってくるという話にはなっていますが、どうなることなんでしょうね
結構苦汁してる奴もいました
技術云々とかさ、俺が一番下手なのにこいつら何言ってるのとは思うんですけどね
1級しか持ってないくせに、変なプライドもって私下手だから教えられないとかそういうのは人としてダメだよね
まぁ、俺みたいに割り切ってやる奴は少数派なのかもしれないけど、それでも君らの下に俺というゴミがいるんだから技術とかは心配する要素が0なんだよね
人間としてはどうか知らんけど
なんとか部活に出ないように画策してる奴もいたしね!
過去のことを取り上げてもどーしようもないから、こういう会議になったのにね
俺がゲームで休部してたからどうしたっていうんだろうね
今回の就活休部と全く関係ないのにね
後期からどうなるか楽しみだね!

そして、言いたいことはいっぱいあったけど、なんとか我慢してミーティング終了

そういえば、遂にとある飛空士の新シリーズが出ましたね
もう凄く楽しみですよ
というか、明日から読む予定なんですがね
wktkが止まらない

メビウスオンライン
武器の属性あげが全然上昇しなくて、気が付いたら物凄く時間が経ってた
しかも、結局まだあと50残ってるから、3回はしないといけないのかな…
対人戦も一つ勲章取り忘れた
大戦役での2Death制限とか無理すぎるだろ
あと3秒でも耐えてれば勲章もらえたのにって時には絶望した
いつの間にか裏にまわれてて、あそこで逃げてればよかったのに迎撃してしまったがせいで死ぬとかね…
でも、50人以上の対戦だと芋っててもある程度ポイント稼げるのがいいですね
超々遠距離からでも殺せるって気持ちいいね!
相手が遠すぎて背景と同じように霞がかってるところを殺すと楽しい


ク パ ァ
Sランクに戻されました
SSの人にフルボッコにされて涙目でした
っていうか、このみが3人いて一人Sだから余裕だろと思ったのに、ゴミのようなぶっぱのせいでスッコスコにされた
人によって違いすぎてキレそう
もっと辻風使わないと勝てないわ
赤欲しいでござる

ラノベレビュー
トカゲの王Ⅰ ―SDC、覚醒―
電撃文庫より
著者:入間人間 イラスト:ブリキ

俺はこんな所で終わる人間じゃない。その他大勢が強いられる「普通の人生」から逸脱した、選ばれし者なんだ。俺に与えられた能力@リペイント」は、インチキめいたまがい物。でも、俺には世界を”塗り替える”資格がある。このインチキこそ、俺の力なんだ。
どこまでもなにもかも騙し抜く。まず手始めに、俺自身も騙す。そして、目の前に立ちはだかる不気味な殺し屋共から必ず逃げ延びてやる。だって、俺は。
「最強なんだから」

あらすじは原文通りです
これを改変するより、そのまま載せた方がインパクトがありますしね
しかし、相変わらず入間人間は面白いですね
設定は、最初リペイントって見たときRewriteか?!って思いましたが、全然違いました
主人公の力はしょぼいけど、それをどう使うか…というストーリーのような、実は全然違うような、そんな感じ
キャラクターも例によってブッ飛んでいて、ヒロインがまず素晴らしい
完全に壊れてるし、可愛いし、ああいう性格はそそられますね
他の人柱な奴らも可哀想というよりも、性格破綻者ばかりなので見ていて面白いです
文章は一人称で、表現がかなり変わっています
が、今作は意外とパロディが多くてそれを知らない人は?って成るかもしれません
表現は凄く独特で分かりやすいんですが、しっかりと読まないと理解出来ない人は理解出来ない、一癖も二癖もあるのが入間人間の特徴なのでこれが好きな人はのめりこめます
しかし、これがバトルで異常な世界かと思えば、実はラブコメです!とかあとがきで言われてもね…
まじかよ…って感じです
みーまーやすべての愛が許される島が混ざり合わさったような感じです
普通のラノベのように主人公がかっこ良く色々場面を展開していくというよりは、どちらかと言えば弱者の立場で進められていきます
最後は違うけど
やっぱこの人おもしれーわ

総評 91/100
声の力は神秘の力(彼女は突っ込まれるのが好き!4)
さて、今日は違うことを書けるだろうと勘違いしていた黒紗夢です
そんなイベントなぞついぞ起こらなく、ただの日常と化しました

しかし、大学に行く…と行っても何をするわけでもないんですよね
いや、正直なことを言えば、研究をしなければならないんですが、最悪家でも出来てしまうんです
やりませんがね
そして、研究室に行ったとしても、アニメを見たり適当にしゃべって適当に研究を遣ることの方が多い気がしてなりません
唯一の救いというか、欠点は研究室でネトゲが出来ないということ
ネトゲさえ出来ればまじで完璧でしたね
間違いなく私はネトゲが出来ればひたすらメビウスオンラインをやっていたことでしょう
まぁ、ネトゲが出来ないついでの弊害としては、普通に使うべきツール、例えばCygwinなんかはサーバ側からの直接インストールが出来ません
これは代わりのものがあるからいいんですが、下手したら別の物…というか、実際今OpenCVのインストールが怪しい気がしてならないんですよね
一個前のバージョンのは使えるんですが、最新版はインストールという項目があって、それが出来ないということは何かインストールしようとしてるということで、遮断されていたら出来ないわけで…
仕方ないか…

閑話休題

いつも通りアクアパッツァ大会
今日は台風の為、10人でした
もっと宣伝しないとまずいですね
いや、今日は仕方ないんですが、やっぱり平時ももうちょっと来て欲しいですよねー
毎回決勝戦が俺と鬼ぃさんになるというのはもはや恒例と化してますからね
フリプを強調した方がいいのかもしれないな
多分それでもっと来てくれる人増えると思うんだ
来ないかなぁ…
あとやっぱり環が嫌い
環死ねって感じ
ソドムさんにすらボロ雑巾のようにされて軽くショックをうけてます
まじでどうにかせんといかんなぁ~…

そして、気分転換にアロウンで遊んでました
大半がアロウンでキャッキャウフフしてました
ひたすら昇竜と金剛を擦る作業はとても楽しいです
とてもメインにはしたくないキャラですがね!
多分常勝する為にはもっと頭使わないといけないキャラ
よって遊ぶ専用キャラですね
遊んでないで、もっと真面目にトウカ使って切符とれって話ですよね…はい…


ラノベ感想
彼女は突っ込まれるのが好き!4
電撃文庫より
著者:サイトーマサト イラスト:

主人公の独白が多いラノベで面白いものって少ないですよね
というか、独白自体が面白いというものが圧倒的に少ない
入間人間のような独特な表現を書く人の独白だと結構面白いんですが、こういうただの高校生のくだらない妄想というか思考回路はイライラさせられるだけでむしろ邪魔だと思うんですよね
そして、相変わらずこいつの突っ込み漫才はつまらない
何が面白いのか分からないくらいにつまらない
見ていて白けますね
ストーリー全体はなかなか面白いというか、やっとうごきだしてきたんですが、それでも小さい点が多すぎて勿体無いというか何というか…
キャラとかは可愛いんですが、それが活かしきれていないような気がしてなりません
あと、主人公の独白よりももうちょっと他キャラの会話や思考を入れた方が絶対面白い
良いけどダメなラノベ

総評 51/100
先に進める者、進めない者(魔法科高校の劣等生① 入学編<上>)
さて、ハシゴして何も得られなかった黒紗夢です
いやー…改めて思いましたが、私は弱いです
が、しかし、本当にくじ運次第ですよね、大会って

って事で、まずは新宿本館での闘劇予選
1回戦
いつも負けないアロウンなのに、何も出来ずに終了
あんなのが動画に上がるとかまじで終わってる
本気で何もしてないし、お前なんでそこ擦ってんの?ってレベルの動画
見れば分かる
ゴミのように死んでいってる
そして、さっさと諦めて吉祥寺
何故かろんぱさんがいた
彼女とキャッキャウフフしてた
私はボロ雑巾のように野試合で負けてました
で、予選
2回戦にエレンさんに当たって死んだ
まじブロック運がなさすぎる
あのリアンノンなら負けないのにとクヤビクしてた
結局リアンノンが赤切符
今日のは本当に穴場だったから、あそこで勝てないとなると相当きついなと改めて思った

そして、誰もいないαへ
多分みんなは新宿に行っているんであろうけど、50円ゲーセンの場所が分かりませんでした
まぁ、オラさんに教えてもらったから、今度行ってみよう
αではオラさんとガチ
多分お互い1000円以上ぶっ込んでた
最初は不利付けられてたけど、最後はなんとか有利付けれるまでにもって行けた
アロウン戦がやっと分かったというか、人によって違うけどジャンプはダメ。絶対
読み合いもあるけど、ジャンプの方が不利のことが多い
やるなら後ろジャンプか5B読み小ジャンプかな
っていうか、桝谷先生と同じ由真なのに、なんでこうも違うんだろうなぁと思ったら先生は金剛も昇竜も全然ぱなさないんだよねー…
先生にはアシスト変えした方が良いって言っちゃったけど、由真でも全然強いわ
でも、昇竜をぱなさないならやっぱりアシストは変えた方がいいとは思うけど
あと改めて思うのは魔女狩りの強さ
魔女狩りは本気でうざい
あんまり普通のアロウンは魔女狩りやってこないけど、オラさんはやりまくってビキビキ来てた
ゲージがないのは本当に辛い
やっぱり魔女狩り強いんじゃねーの?って思うけど、どうなんだろうなぁー

しかし、やっぱり知り合いとガチると楽しいね
色々発見もあるし、普通の野試合よりもどうやって勝とうかっていうのがより鮮明になる
これを普通の野試合でも意識しないといけないんだけどね
ほんと頭使わなきゃ勝てんわな
最近クパァの事しか書いてないんで他の事も

…ないな…
あ、なでしこジャパン優勝おめでとうございます
でも、私にとってはさほど重要なイベントでもないので特に感想はないです

ラノベレビュー
魔法科高校の劣等生① 入学編<上>
電撃文庫より
著者:佐島勤 イラスト:石田可奈

魔法が現実の技術となってから一世紀。国立魔法大学付属第一高校――通称「魔法科高校」の1年生として主人公、司波達也と妹の深雪が入学してきた。妹は、成績が優秀の「一科生」の主席、そして兄は一科生の補欠代わりの「ニ科生」として入ってきた。兄はどこか達観した雰囲気を持ち、妹はそんな兄を慕っている。そして、そんな二人の入学から魔法科高校は波乱の日々が始まった!
厨二心をくすぐる、ファンタジー学園ストーリー。
あなたの力量は、真実で測られていますか――。

もう厨二病
本当に厨二病
だが、それがいい!
もう作者の俺TUEEEEという妄想を現実化したような、こんな風になれたらいいなとかドヤ顔でこういうのをしたいっていうのが凄く表れている作品です
でも、そういうのを妄想する、そういうのが大好きな人間にとってはかなり面白いです
妄想の産物が文体としてしっかり表れています
確かに、なかなかこういうのは書籍化しにくいものがありますね、それがWEBの強みなんでしょうね
キャラクターもテンプレというか、全員が全員何か陰を孕んでいて、事件性と強さを持っています
性格なども妹は超絶美人の完全無欠、周りも絶対何か強さを持っているというか、その伏線バレバレだから!みたいなのが多いですが、しっかりと描かれている、というよりも自己補完出来るようなキャラばかりで読みやすいです
設定がちょっと分かりづらいというか覚えにくいですが、それは厨二ラノベなので仕方ない事でしょう
文章は二人称だったり一人称だったり、世界の目が意外と多いですね
読みづらい部分はそんなにないですし、回りくどい表現もあまりないです
私が慣れすぎているのかもしれませんが、意味が分からない、なんていうものは存在しませんでしたね
主人公はよくあるめっちゃ強いけど、強さを計りきれない、最強の人みたいな感じで大好きです
達観してるのも、自己投影で自己陶酔に入りやすいですね

WEB版も読んで、こっちも買おう

総評 89/100
自分の力量を考えよう(回る回る運命の輪回る ―僕と新米運命工作員―)
さて、昨日の記事に訂正があることに気がついた黒紗夢です
書いた後に気が付いたんですが、やっぱり女装少年と男の娘では違いますね
これは同列にしてはいけないと思いました
あと、ショタロリも若干語弊があります
言葉って難しいね!

閑話休題

今日も今日とて予選です
2回戦でタイムアウトさんとか終わってるとか思ったけど、その前にたまねぇにブッパされて死んだ
. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: :大会での環強すぎだろ…
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

まじワンチャンキャラ強すぎてやばい
っていうか、俺が弱すぎてやばい
環戦はもっと前に出よう出ようって思っちゃいけないね
なんとか耐えて耐えて相手のジャンプを誘って殺さないとダメみたい
というか全体的にそうだよね
トウカって超強キャラだけど攻守をしっかり切り替えないと一気にもってかれる
俺が擦りすぎだっていうのもあるかもしれないけどさ
擦るのやめないとまじで勝てないなぁ~…
因みに、赤取ったのはタイムアウトさん
予想通りというか、まさか殿様が1回戦敗退だからね
一番トウカにとって辛いのがハクオロだったのに、ハクオロがいないと結構楽になる
モルガンも何故かJC起き攻めをやってこなくて、楽に勝ってた
今日の八王子はどう考えても穴場だったな…
明日はどこに行こうか本当に迷う
情報戦の開始やでぇ…

予選に行った以外他にやったことがないというね。本当ならば部活のHPを更新しようと思っていたんですがなかなか時間が取れません
正直、1,2時間もあれば修正出来るレベルなんですが、ついつい忘れてしまうんですよね
システム化しようかなーって考えてはいるんですが、技術が追いつかない
あとは、交流戦の結果ページのソースがゴミすぎてなんでこれに金を払っているのか分からないレベルの稚拙さなんですよね…
こんなページを生成出来る程度のものが売り物になると考えると、確かにネットシステムはボロい商売なんだなってつくづく思います


ラノベレビュー
回る回る運命の輪回る ―僕と新米運命工作員―
電撃文庫より
著者:波乃歌 イラスト:pun2

お菓子作りが得意な事以外、特にとりえもない主人公、野島浩平。しかし、とある出来事から浩平の日常は一変してしまう。そして、突然現われた謎の少女、ノアは運命を正す人間だと名乗り、浩平を師匠と崇めるようになって家に居ついてしまう。そうして、<イレギュラ>である浩平とソサエティの工作員ノアの歯車が動き出す……。
運命を切り開く、ディスティニーストーリー。
あなたの運命は本当に決まっていますか――。

とりあえず、ノアが可愛かったです
設定は何というかよく分かるような分からないような曖昧な感じで、運命が決まっているはずなのに、そこから外れている主人公がうんたらという運命説と言えばいいんでしょうかね
中身はあるはずなのに、何も読み取れませんでした
きっと私がバカなのでしょう
キャラは、ノアは可愛かった
他は…うん、一応出てきたけど、特に大していなかったので実質ノアと主人公の二人だけです
その分ノアの特徴がよく書かれていて、少しずつノアの性格だとか一般人とのズレというのがまして行って良かったです
文章は、一人称。
特に代わり映えのしない文章で、やや独白が多い感じでしたが、苦痛になるほどのこともない、丁寧な作りでした
ただ、物語全体が何というかぼんやりしていて、結局何を伝えたかったのか、何をしたかったのかというのが全く分かりませんでした
一応ストーリーの方向性としての事件はあったんですが、でも結局なぁなぁに終わってしまった印象があります
でっていう状態
点と点でしか物語が紡がれていなくて、不連続で線になっていませんでした

総評 58/100
決して相容れないものではない
さて、今日も闘劇予選へ行ってきた黒紗夢です
赤持ちが小川とゆめさんなのに、意外と人が多くてびっくりしました
遠征が面倒な人が多分多かったのでしょう

って事で、溝の口で予選
一回戦
VSおいおい
井上喜久子17歳…どういう事だよ…
いつもと全く違う立ち回りで俺の暴れも何もかもジャーマンに吸われてお亡くなりになりました
環はだから嫌いなんだよ!!
投げが通れば負けますからね…
つーか、俺も当て投げをし忘れてたのがいけないね
もっと心明閃使わないといけないっていうのを痛感した
俺の予選はそこで終了
予選行って身内と初戦とか結構泣けるよね
因みに、赤切符を取ったのはともさんです
こうして面子を見ると結局、有名勢が勝ってますよね
もう一つの方でははやしさんとか…そっちいけば俺もワンチャンあったんじゃないかと思いましたね
殿様とかも一回戦敗退で結構荒れに荒れたらしいですし
で、初の青切符はゆめさんです
予想通りというか何というか…
見ていてすごいはらはらしました
みんなすごいひよっててあれ、そこ勝ち確じゃね?とか確反だよ?っていういつもなら確実に刺すであろう場所も刺してなくて見てるこっちもドキドキでした
お前そこ本当は負けてるやん!っていう感じでゆめさんも危ない状況が何度もありましたが、やはり初の青は緊張するもんですよね
いやー…でも面白かったですね

その後、食べたかった溝の口野郎で飯
…期待してた程まずくもなく、美味しくもなかった
ごくごく普通のラーメン
あと、唐揚げ食べ放題だけど、硬くなりすぎてて凄くまずかった
熱々ならワンチャンあっただろうに、冷めて固まりすぎてた
ニラも辛かったけど、ニラ自体がまずいというね

んで、戻ってモルガンにスッコスコにされて、カスタム大会
闘劇勢は誰も来なかったけど、多分フリプについて知らなかったんじゃないかな
というか、誰も大会について知らなかったんだと思う
まぁ、おかげで人数が少なくできたけどさ
大会の時はラスティで出たけど、やっぱりラスティは難しすぎる
悪くはない気がするけど、もうちょっと煮詰めたほうがいいかもしれん
パッシブが終わコンすぎるけど…

そうそう、カスタムのメダルゲーが面白いです
いや、作業自体は物凄くつまらないんですが、一時だけ楽しむならなかなか楽しいです
釣りゲームがあるんですが、それがあまりにも酷くて、店員さん曰く
「10分入ればメダルが貯まる」
そうなんですよ
1000枚越えましたからね
どういう事なの…
適当にボタンを押す作業なだけなのに、簡単に1000枚越えました
ゆとりゲーにも程がある
因みに、そのメダルを持っていた大元のホクトさんは一瞬で無くなってたけどね!
カスタムに、みなさんも来ましょう
いいゲーセンですよ

おにんにん講座
某人がおにんにんの素晴らしさを理解出来ないということだったので、おにんにんの素晴らしさを書こうと思いましたが、どん引きされるであろうに、更にいうと数行程度では収まらないくらいに語るので、再度確認事項

男の娘≒女装少年
男の娘≠ホモ
男の娘≠ショタ
ホモ≠ゲイ
ガチホモ≒ゲイ
BL≒ホモ
薔薇≒ホモ
ロリ≒ショタ
男の娘≠ふたなり

はい、こんな感じで大体の相関図はできたと思います
各単語大体おんなじ意味だろとか思っている人は勘違いも甚だしいですね
全部違います
一つ一つ説明を入れたいところですが、割愛します
ただ、最初の行の男の娘≒女装少年というのは、本当は≠でいきたいんですが、広義では似てる部分があるので、そう書きました
俺の中では違います
つまり、恋楯の主人公などはただの女装少年ですね
おにんにんの良さが分からない?
女装山脈やってみろよ!
男の娘でも孕めるんだぜ…?
孕めるなら、何を嫌う場所があるというのだろう
ただ、可愛い好きな子に竿が付いてるだけだというのに…
好きな子が何か障害があれば、すぐに冷めて諦めるのか?
そいつは恋じゃねぇな
まぁ、男の娘自体が好きだから、この論法に俺は全然当てはまらないけど

ラノベレビュー書こうと思ったけど、時間がなかったから明日で
決して間違えてはいけない(ロウきゅーぶ8)
さて、今日はスケートの大会があった黒紗夢です
最近もはや早起きがデフォになってきて、健康に支障が出てきています
夜中途半端に寝て、朝はやく起きてという寝る時間が適当すぎてやばい
というか、いつもなら寝る前に風呂に入るのですが、こういう日は朝はやくに入ってます
夜風呂に入らないと私は熟睡を出来ない性質なので、ある意味便利な体質と言えば便利なのでしょう

閑話休題

大会は、結果から言えば最下位でした
まぁ、当たり前だよねとか言っちゃダメだけど、仕方ないと言えば仕方ない
ステップを全部抜かしたし、正直何もやってないっていうのは自覚してたしね
緊張は…していたんでしょうかね?
なかなかこういう事をしたことがないので、これが緊張に値しているのか判断に欠けるものがあるんですが、多分いつもとは違う緊張をしていたのかもしれません
でも、緊張よりも全然覚えてなくてなんだっけかなー→まぁ、いいかー→やべっ、時間ねーな
という感じで、思い出すのに時間がかかって何もやれなかったというのが正解かもしれません
体に全く曲が染み付いていなかったのでね…
まぁ、しかしやはり改めて思った事は、大会後に

「大会出て、応援されて、楽しかったでしょ?」

と言われても、素直に頷くことが出来なかった事でしょう
どうやら俺はナルシストには成り切れないようです
楽しさよりも面倒臭さや羞恥心が勝りますからね
格ゲーの全国大会とかは、勝負相手がいたから絶対に勝ってやるぜ!とか思っていましたが、結局一人の舞台ですからね
あと、対戦相手が居た方が緊張感がハンパじゃないね
ある意味自分が諦めればそこで閉ざされた世界になってしまうわけで、個人で競いあうのは俺にはあわないのかなーと思いました
一年生でもそういう奴いたけど、あいつは上手いから試合に出ればいいのになぁとは思うけれども
そうそう、一年生で思い出しました
エロゲの主人公がいました
何言ってんのこいつって感じですが、私も何言ってんの俺って感じなので気にしないでください
主人公←→小五の教え子とイチャイチャ


幼馴染
あと何か設定ある子が一人いたけど、忘れた
でも、この二つだけで十分だよね!
小五ロリとか悟り具合がハンパじゃないですね
羨ましい限りです
小五の幼馴染だったら、私の拳が鮮血に濡れていたかもしれません
惨事だから、容姿とか性格とか分からないけどね!
うさぎドロップのようなものだったらイラ壁ですね

そういえば、今日の大会で久しぶりに多くの同期に会いました
今までは大体3,4人くらいしか来なかったんですが、今日は…8人くらいいたのかな?
久しぶりに会ったら全く別人になっている奴がいてびびりました
お前…4年になって大学生デビューかよってレベルのかわり方です
就活終わってからギャルギャルしてるとか言われても、あいつがギャルギャルしてるなんてあり得るのか…?なんて思っていましたが、まじでギャルギャルしてました
最初会った時あれっ?こんな奴いたっけ?って素で思いました
お前…その変化はもう3年前に済ませるべきだろ…
20日にはどうなることですかねー

ラノベ感想
ロウきゅーぶ8
電撃文庫より
著者:蒼山ザク イラスト:てぃんくる

やっぱり小学生だね!
ロリはいいものです、はい
しかし、相変わらずこの作者の文章はゴミです
ゴミのような、ではなく、ゴミです
感想文読んでるわけじゃねーんだぞ
主人公の独白がわざとらしすぎる上に下手すぎて、いい加減この人成長しないのかな?なんて思ってしまいます
もう少し変化をつけてもいいと思うんだ…
てぃんくるは偉大ですね
てぃんくる絵でなければ、この作品はこんなに日の目を見なかったんじゃないでしょうか
内容としてはスポ魂で意外と面白いんですけどね
なにぶん文章構成が…
あと、展開も微妙だよね
全体では面白いのかもしれないけど、箇所箇所は大して面白くない
ロリが可愛いだけ
あと智花が物凄く可愛いだけ
…それだけで十分か
ラノベは、挿絵と合わせて始めてラノベと呼べるんだと言う事を顕著にしてくれるラノベですね

総評 72/100
おにんにん主義者(神様のメモ帳7)
さて、幼女と女子校生のスカートを見つめ続けるバイトをしていた黒紗夢です
これだけ書くと相当変態なバイトをしてるみたいですね
内容は全く違うので、私はまだ現実ではそんな変態ではないはずです
因みに、ただのコンサートイベントスタッフをやっていただけです
目の前にたまたまその二人がいただけです

閑話休題

バイトでは特に面白いこともないし、何か知り合いみたいなのがいた気がするのにそのままスルーしてるあたり自分のコミュニケーション能力が高い気がしてなりません
ということで、そのコンサートとは直接関係はないんですが、変なおっさんが夢について色々言っていたので、ふと卒業文集を見てみました

訳 が わ か ら な い !

何ていうか、文章がゴミなんですよ
今現在も文章力はゴミなんですが、これは意図が全く掴めないんですよ
題名が一番心に残った事なんです
でもね、最後の方は行が足りなかったのか、2番目に心に残ったこととか書いてあるんですよ
どういう事だよ、と
もはやただの字埋めじゃん、と
そして、文章も何を言いたいのかがさっぱり分からない
行事を箇条書きでだらだら書き連ね、会話文を少し挟んでいるだけです
今現在に通ずる文章もありました
「酔わなくて幸運だなと思いました」
…なるほど、幸運か
うん、そうか、今でもそんな事書いてますね…
でも、これは夢のことではありません
しかし、夢について何を語ったのかははっきりと覚えています
卒業式の時に、壇上に上がって一人一人自分の夢を語るという場面があったんですよ
私は何になりたかったと思いますか?
ゲームクリエイターでしょうか?スポーツ選手でしょうか?
いいえ、何もありません

「僕の夢は、大学生になってから考えます」

これが、この卒業式での私の言葉です
嘘だと思うかもしれませんが、事実です
親は大変嘆いておりました
「あんただけだよ、夢を大学生になってから考えるなんて言った子は…」
はい、まさにそのとおりでございます
小学校の頃から既に夢はありませんでした
小学生は誰も彼もが夢を持ってるなんて思うなよ!!
そして、今現在大学生です
夢?
強いて言うなら、ファンタジーの世界に行きたいかな^^
まじ何もねーな…

ラノベ感想
神様のメモ帳7
電撃文庫より
著者:杉井光 イラスト:岸田メル

いやー…巻数を重ねるにつれて、どんどんアリスが可愛くなっていきますね
最初はブヒラノベじゃないと思っていたんですが、どんどんブヒブヒ言えるラノベになってきています
そして、面白い
というか、本来はブヒラノベなんかではなく、事件を解決して死者の代弁者たる探偵が依頼者とあーだこーだという話です
今回も相変わらず主人公がもてているのかなんとも言えない感じなんですが、やはり読んでいると虚無感に襲われるというか、なんとも言いようのない退廃感を感じます
話自体は面白いし、描写もとても綺麗なんですが、人の心は常に何か一物を抱えているというのが如実に表れているので綺麗なままのラノベではない事は確かです
杉井光はこういう作品が多いから好きです
烙印の子とかね

総評 86/100
完全に忘れていた(放課後あいどる 僕と生徒会長の××)
さて、無駄なことなんてありはしないのだと改めて思った黒紗夢です
いやー…まさか嫌々行ったものが、今ぶち当たっている壁を解決してくれるだなんて思いませんでしたね
予想外でしたね

閑話休題

4時くらいに起床して、部活の為の準備
…とはいっても、何もしてないんですがね
アニメを見ていただけです
そして、この時間でいいかーって適当に行ったら着くのが早すぎて誰もいなかった
更に、メールを確認していなかった為に開始時間が15分遅くなっていたというね…
一人で更衣室でひたすらラノベ読んでました
それはもう一人でブヒブヒ言いながら神様のメモ帳を読んでましたよ
やっぱり岸田メルだね!
で、部活は…特に何もなかったな
強いて言うなら、自分が未だに振付が未完成で本番大丈夫なのか?って事
大丈夫だ、問題ない
って言えたらいいよね、時間戻せたらいいよね
そんな感じ

みんな大会の話し合いとかの後にだべってて、クヤビクしながら学校へ行くために帰宅
まぁ、結果的には学校に行って良かったんですけどね
合宿費を渡すためだけに行くだけで、即帰宅しようと思ったんですが、ついでだから研究を少しだけやるかって言ってやったら、遂に問☆題☆解☆決
まじみるきー状態でした
今までMSYSでもCygwinでも出来なかったコマンドがあるんですが、よくよく考えてみると使いたいのはexeファイル

某人:コマンドプロンプト使ってみたら?

俺:(゚д゚)!!

やっと…やっとコーパスが辿れる…
何故こんな簡単なことに気がつかなかったんでしょうか
私はバカなのでしょうか
いや、バカなのでしょう
ま、これが解決したと言っても、ファイルの構造を知るだけなんですけどね
というか、その前にもう謎の数字が重みっていうのが判明した為に、それを作る必要はあんまりなかったんですけどね…
でもこれで教授には口八丁でできたと言う事が出来る!
いやー…ほんとコマンドプロンプトは偉大ですね
とりあえず、パソコンで困ったことがあればコマンドプロンプトを起動させましょう
きっと大抵のことが解決されるでしょう

そして、大会の衣装を買いに自由が丘へ
…ない…
まぁ、普通ないよね…
しかも、こんな真夏の時に黒の衣装で着れるようなものなんてあるわけがなく、徒労に終わりました
素直にアイスペに行っておけばよかったのかなと思ったけど、高いよね、うん
もうどうにでもなーれ

ちょっと宣伝
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15003670


7/23にミカドでFateの月一大会があります
みなさんふるってご参加下さい
まぁ、俺はいけないんだけどな!!
本当はちゃんと毎月行きたかったんだけど、バイトをいれちゃったからなぁ~…
その後飲み会もやるらしいから、クヤビクすぎてやばい
月一同窓会が…

昨日すっかりラノベの事書くの忘れてました
自己目標が…まぁ、読んでるからいいか

ラノベレビュー
放課後あいどる 僕と生徒会長の××
ガガガ文庫より
著者:鴨志田一 イラスト:TNSK

学校で、”氷の女王”と呼ばれているクールな少女、石垣真帆。しかし、秋葉原にあるライブ&イベントスペースディアステージでは大人気のアイドルユニット・コスモスのセンターという裏の顔があった。そんな秘密を知らずに主人公の成田佑介は、そのディアステージでアルバイトをすることになってしまった。そうして、バイトを始めた佑介は、ステージ上にいる真帆と学校にいる真帆が全く違っていて……。
二つの顔を持つアイドル学生と織り成す青春学園×アイドルラブコメディ!
本当の顔は、どちらですか――。


この巻はプロローグという感じでしたね
次巻からやっと本編が始まる感じで、伏線も全て張ったまま終わる感じでした
まぁ、それでも今回は会話の方が多く結構読みやすかったです
設定はそのまま、学校とバイト先ではギャップがあるヒロインとそこでバイトを始めることになった主人公
この後ライバルで幼馴染だかなんだかが登場しそうというか、そこで一波乱ある予定なんですが、一巻に入れても良かったんじゃないのかなぁ…
キャラはいいような悪いような、なんとも言えない
キャラ多いのはいいけど、その分一人一人が薄くなってしまうのが勿体無いですね
主人公は相変わらず突っ込みキャラ
いや、Kaguyaの時は微妙に違いますが、大体主人公の性格は同じようなものです
文章は三人称
この人の文章は普通、というか状況説明が多いけど、特に変わったものがない
次巻にちょっと期待しているけど、この巻だけだとプロローグすぎてどうなんだろうなぁ…

総評 60/100
不幸は連鎖するものなのか
さて、今日はひたすら睡眠を取っていた黒紗夢です
なんだか、朝6時くらいに目が覚めて、そのあと2時くらいまで起きて7時まで寝るというよくわからないスタイルを取ってしまいました
時間の取り方が悪いですね…

閑話休題

OpenCVというものを使ってみようと思ったんですが、全然分からん!
もう何をどうすればいいのかが分からん
もっと勉強せにゃやばいでござる
あと、何故か2.3をインストール出来ない
しょうがないから2.2を使ってるけど、何故ビルドエラーが出るんだろうなぁ…
まぁ、OpenCV使って色々試してみよう

そして、カスタム大会
また鬼ぃさんにしょられた
というか、勝ち確を逃してあばばばば
なんであそこで連ね破月を2回打ってしまったのか…
動画は多分あがるんで、それを見ていただければ分かるんですが、
JA>>連ね破月*2ってやってるんですね
で、ノリノリだったから2回入る!これで勝つる!って思ったら
連ね破月→ノリノリ終了→連ね破月→スカ→そのまま死ぬ
まぁ、ゲージを管理していなかった俺も悪いんですけどね
そして、このみ戦が相変わらず苦手
勝てない
多分Cを振りすぎ
動画の場合は、わざと疾風をしてますが、基本的には疾風をしてません
っていうか、ジャンプ狩りにCしてるのに、遅すぎてジャンプされてるっていうね
振る技考えないと勝てない
もっと勇気を持ってダッシュ5Aを意識しよう

アニメ
多分、ひと通り見たとは思う
また独断と偏見で良いのと悪いの分けます

面白い
うたの☆プリンスさまっ♪ 乙女ゲー原作だけど、かなり面白い。主にギャグとしてだけど、でも面白い
うさぎドロップ ブヒ枠でもあるけど、ストーリーも絵も良い。期待のアニメ
輪るピングドラム  面白すぎてやばい。なんなのコレ、早く続きが見たい


まぁまぁ
セイクリッドセブン いのまたむつみ絵が相変わらずだけど、面白くなりそうではある
森田さんは無口。  レイプ目に惹かれた、それだけ
神様ドォルズ   これからどうなるのかが全然分からんから保留
NO.6       ホモ臭がするけど、ストーリーはこれからだと思う。期待してるアニメ
猫神やおよろず なんだかよく分からないアニメ、切る可能性大

つまらん
快盗天使ツインエンジェル 普通につまらん。ブヒ枠にも成りきれてない
BLOOD-C ビックリするくらいつまらなかった、クランプ大丈夫?
アイドルマスター  絶対に裏切らない(笑) AVの撮影ですか?
いつか天魔の黒ウサギ  分からん、良く解らん、ブヒ枠…に入るんだろうけど、ダメ

ゴミ
R-15 ブヒ枠だけど、ゴミ、つまらん
ゆるゆり 声優が許せない。脇は普通の声優だけど、メインが素人すぎてイライラする
BLADE ゴミ、つまらん
ダンタリアンの書架 まだ始まってなかった、実写はいらんやろ

ネタ
魔乳秘剣帖  レーザービーム外れてからが本番
バカとテストと召喚獣にっ! 特に面白くもつまらなくもない、ただのネタ

ブヒ枠
神様のメモ帳 でも、話は今のところつまらん。原作はめっちゃ面白いのにね
異国迷路のクロワーゼ 湯音ちゃんブヒィィイィイイイイイイイイイイ!!!一家に一台湯音ちゃん!まじ良い子
まよチキ!  原作絵の方がブヒれる、アニメはつまらんし、井口が嫌だけど多分ブヒれるはず
ロウきゅーぶ! 今期NO1ブヒアニメ!!花澤は死ねって感じだけど、それを凌駕するほどの智花ちゃんの可愛さときたら!ブ、ブヒィィィイ!!ペロペロしてBD1巻買うまである

今期はロリコン大歓喜の3ヶ月だよね!!
最高だね!
でも、ストーリー重視の方が良かったりするんだけどね
でもやっぱり可愛ければ何でもいいか
どう考えても振りでしか無い
さて、意外と1年生がこの日記を知っている事を教えてもらった黒紗夢です
他の学年の奴もそうですが、人の名前って検索するもんかなーって思ったけど、確かに黒紗夢って名前で通してるから、これなんだろうと思って検索してしまうのかもしれませんね
何度も書いてるかもしれませんが、部活での私の名前は黒紗夢です
後輩からも黒紗夢先輩と呼ばれています
変態ですね
どう考えても変態です
こうなったのも、俺が過去あだ名を付けられたことがなかったからなんだよな…
あるにはあったけど、流石に抵抗があったし、黒紗夢は普段から呼ばれてるからついぽろっと言ったのが間違いでしたね
今日本名で先輩呼ばれたので一瞬分かりませんでした、重症ですね
あと、日記とリアルの行動は割と食い違ってるかもしれません
…多分だけどね

閑話休題

ここ最近4時おきが続いていて健康的なんだか、不健康なんだか分かりません
まぁ、同期が俺の振付を教えてくれるって事で6時40分にスケートリンクに行ったんですが、1年生早いなーっていうのが第一印象でした
今までこんなに早く来たことがなかったので、正直びっくりです
ついでに1年生も見ているから少し書いておくと、私たちが1年生の時代は集合は15分前だったんですよね
もうこの時点で今と昔ではシステムが全く違うんですよ
そろそろ言い訳が始まるので割愛しますがね
つーか、同期がゴミすぎるっていう話もまた出てくるんで、お前自重しろって言われちゃう
そんなこんなで、練習
リンク側が悪いのか、うちらが悪いのか分かりませんが、一時間貸切がずれていた為に筋トレ
……あれ……?
この部活に入って合宿以外で始めてこんな本格的な筋トレしたぞ…?
まぁ、スケートは筋力というよりは柔軟性とバネの使い方がメインで、筋肉を付け過ぎるのも悪いらしいですからね
上の方行けばそんな事もないだろうけど、下手な人は体重が軽い方がいいらしいからね
筋肉の方が重量はあるので、マッチョには高く飛べないんでしょう
あと、今日後輩にネタふりされたんですけど、これは書くべきなんでしょうかね?
そいつの行動力には感嘆の念を感じざるを得ませんが、別に微笑ましいというかどうでもいいというか、フラグっていうのは強引に作った奴が勝ちらしいから、いいんじゃないんですかね
相手は高校生らしいし、割とどうでもいい
中学生だったら俺は多分色々グチグチ言ってたと思う
まぁ、私は虹炉利専ですけどね

閑話休題

筋トレした後に曲かけしたり自分の練習したり後輩をちょっと見たりで意外と忙しかった
でも、久しぶりに充実感があったというのも否定出来ない
正直私は自分の練習よりは後輩の練習を見ている方が好きなんですが、まぁ、この時期は仕方ないですね
教え方が大分下手になってるから、それを直したいですね
今のうちにポイントを稼いでおかないと、合宿で楽しい思いが出来ないですからね
合宿は楽しいですよー
主に先輩がね!
1年生は1年生で楽しめるだろうけど、他人の不幸は蜜の味な如くな体験を稀に経験出来るのが素晴らしい
部活後に部内の問題とか話し合いをしまくってて、すげーずっといたかったけど、研究室に行かないといけない時間になって涙目
私は基本的に口が悪いので、多分次のミーティングで某人の態度によってはまた問題発言をするかもしれません
そういう状況を楽しめる人は楽しみにしていてください
また、今いない先輩に言いたいことがあるけど、言えない人はこっそり言ってくれれば私が心温まる言葉でもってその人に言を差し上げたいと思います

研究
割と事態が進まなくてキレそう
もう自分の研究ほっぽりだして、中身見て自分で考えて結果を無理やり出す方法を取りました
だって、無理なんだもん
Linux環境を上手く使えないのと、学校のネットワークシステムが変にアクセス制限をしているせいで、研究で使わなければいけないネットワークすら遮断しているという頭の悪いレベル
もう面倒臭いのでさっさと次の研究段階に進もうと思います
というか、流石に進まないとここで躓いてたらやばい
しかし、今回の新しいロボットは無言で行動するのでちょっと怖いんですよね
前のロボットは

指令:前に進んで

ロボット:8歩進みます

って言ってから行動してくれたんですが、今回は

指令:前に進んで

ロボット:無言ですたすたと歩く

しかも、厄介なことに前のより性能が高いために早いし、でかいしで怖い
突然事切れたし
300万のロボットなんで、壊すと…弁償はないですが、フランスへ輸送されるというね
あと、今回は結構無茶な挙動が出来るのでどこまでが倒れる角度でどこまでが倒れない角度かというのが分からないんですよね
太極拳の動きがデフォルトで設定されてるんですが、結構60度くらいまで傾くんですよね
怖い怖い…
転んでも壊れない程度の強度ですが、やっぱり高いと怖いよね


そういえば、そろそろ今期アニメは一周したのかな?
明日でいいか
最近朝が早い
さて、ゲームのこととなると起きるのが早くなる黒紗夢です
というか、最近そのせいであんまり眠れていません
ゲームのせいで眠れないっていうのはなかなかに素晴らしいものですね

って事で、今日は祖師ヶ谷大蔵で予選
10時前にいたのは12人くらいかな?
ぴったりになるかと思いきや、諦めた人が多かったみたいで10時過ぎても16は埋まりませんでしたね
因みに赤切符を取ったのはゆめさん
順当といえば順当
まず野試合で無敗だったからね…
俺はレンさんに負けてあばばばば
というか、思い返してみると結構バレバレな択が多すぎて自分でも何やってるんだろうという感じでした
試合前に勝ったり負けたりだったから、1ラウンド毎に戦法を変えた方がいいのかもしれない
2B対空をやられる事が多かったから、それを狩る選択肢をもっとやるべきだった
まぁ、それをゆめさんはしっかりやって取ってたんだけどね
これが実力差というものか…っ!
でも、これで多分来週からは誰でも取れるチャンスが大分出てきたんじゃないのかな
俺が絶望的に勝てない相手がこの二人だったから、俺より上手い人はたくさんいるからここからは混戦しそう
更に言うと、来週の溝の口は青取りに来る人が少ないんじゃないかな?
このエリアは小川、ゆめさんが相手だから青が相当辛いと思う
まぁ、赤だけでいいやーっていう人達がたくさんきそうだからそれはそれで混戦になるんだろうけどね

で、おいおいさんが冷やし中華食べたいねんという事で、探し回ったけど、冷やし中華の美味しそうな店って意外と少ない気がした
他に気になった冷やし坦々麺で食ってた
昨日今日とひたすらに辛い麺料理というね…
おかげで、予定していたお金の残高が変わってしまった為に、今週は全くクパァ出来ないまである
ラノベを昨日8冊くらい買ったからね…馬鹿だよね…
それがなければ…って思うけど、ラノベの方が重要だった
そういえば、祖師ヶ谷大蔵周辺の商店街を見て回ったんですが、ウルトラ商店街って書いてあったんですよ
なんでウルトラマンと祖師ヶ谷大蔵が関係してるんだ…?って思ってググッてみたら
どうも円谷プロダクションの誕生の地が砧にあるそうです
でも、なんで学生たちがこぞってこんな休日に立っていたのかはよく分かりませんでした
東日本復興のなんたらって書いてあったけど、こんな炎天下の中ずっと立ちっぱの高校生とかカワイソス


しかし、先々週くらいから音声認識ソフトについて色々やってるんですが、何故か使えるexeファイルと使えないexeファイルがあって、次の段階に進めないという謎の現象に見舞われています
いらっときますね
どうしてこうなった…
Linux環境下の動作なんですがCygwinで試して、しっかりとmake instalで生成成功してるのに、使えないってマジで謎ですよね
これを解決出来る人いんのか…?
何かインストールするファイルが足りないのかなー
まじうぜー
流石の町田クオリティ(アンチリテラルの数秘術師)
さて、闘劇予選へ行ってきた黒紗夢です
朝一で行ったらあんまり人がいなかった
朝一って言っても、11時過ぎですけどね

今日は切符を取りに行くというよりは、対戦をメインにしたかったんですが、結局人としゃべってばっかりで全然対戦をしていないきがしました
このみが本当に苦手で、対策というかどうしようかっていうのを悩んでいたので、このみにははいりまくってました
あとハクオロ
このみも人によって全然戦い方が違うから、なんとか1ラウンド目で相手を読んで立ち回らないと難しそうだよね
詐欺飛びもこのみ戦は結構難しいからそれも要練習
もうちょっと上手く詐欺飛び出来れば相手の昇竜誘えるんですが、全キャラで起き上がり時間が違うっていうのが厄介だよね
あとはもうちょっとダッシュを取り入れないとダメだなっていうのをよく思います
小川さんにも言われたけど、ダッシュは結構このみに対しては使えるらしくて、一番の理想は相手のHJBをステップで避けて5A対空をすることなんだけど…まぁ、難しいよねそれは
因みに、初戦の相手は小川でした
赤切符を取ったのも小川でした
これで言い訳が出来ますね
しかし、本当に町田の運営はゴミですね
まず、シードがある
あれっ?って感じですよね
闘劇ですよ?
予選でしかも抽選でシード持ちがいるとか訳がわからない
別に店舗大会なら問題ないのに、全国大会予選でそれはないだろ…と
あとは、筐体トラブルの時にももう片方の筐体で試合してなかったし、レバーメンテでレバーを替えずにメンテして終わりという事で終わらそうとしてましたからね
流石にそれはないだろ…
あと、闘劇予選で3決して何の意味があるんだ?
馬鹿なの?死ぬの?
ブレイブルーの時もそうだったけど、学習しないね
だから、町田は嫌われるんだよ
キャッツアイもそうだけど、店員でいい人が全然いない
猫目はレバーメンテ一生しないし、再起動とか言って1時間もかかるような基地外店舗だし、タイトーはネットワークテストで3連勝制限とか、店の利益しか考えてないクズだし、やばいね
そんな亜空間町田で名前が上がっちゃう俺ももっとやばいよね
クズ筆頭俺!みたいな…
うん…間違ってないのか…

閑話休題

ゆめさんとかのトウカを参考にして、立ち回りを変えていこうと思う
明日予選だし、多分うまくいかないだろうけど真似して多少今の5C疾風連打をやめられるようにしないとね
あとはまた破月を忘れてたから、それを気をつけよう
破月を当てるだけで全然違うし、皐月だからノーリスクなんだよね
でも、5A>破月は後ろジャンプじゃダメだから、入力をまたもとに戻さないといけない
なんで低空昇竜をする為に2種類のコマンドを使い分けないといけないんだろうか…
綺麗に出る人はウラヤマシスナー

メモ:今度からは真空でにんにくを入れてみよう

ラノベ感想
アンチリテラルの数秘術師2
電撃文庫より
著者:兎月山羊 イラスト:笹森トモエ

あれ?
ヒロインってこんなに可愛かったっけ?
しかし、一巻から予想はしていましたが、やっぱり主人公覚醒系のラノベみたいですね
今回はまだ覚醒の前兆だけでしたが、多分これから覚醒してくと思う
典型的だね
あと、色々数学のことばっかり書いてあるけど、数学の知識はほとんど何もないから読みやすいです
まぁ、あんまりバトルラノベには思えないんだけどね……

総評 64/100
よくあるキャンセル
さて、何の為に新宿へ行ったのか分からない黒紗夢です
もうちょっと早く出てればねー良かったんだけどねー

閑話休題

研究室メーリスで13時集合と言われたので、それまでに行くようにしました
早すぎだろって思ったけど、よくよく考えると13時って一般人には物凄く遅い時間だよね
でもまぁ…

研究室には3人しかいなかったけどね!!

合計12名います
なのに、俺を含めて13時までに来たのは3人だけです
いやー、みなさん素晴らしい向上心ですね
感服致します
これで教授が来て何かあれば更に問題はあったろうに、何故か教授はこっちには現れず、結局何の為に13時に集まったのかがまったくもって理解出来なかった
訳がわからないよ…
で、Juliusやれって言われたりOpenCVやれって言われたりどっちだよって感じだったけど、とりあえずJuliusをやれって事でやってたんですよ
なんかもう資料が古すぎるのかなんなのか分かりませんが、コマンドが使えないんですよ
正確にはしっかりと出来るはずなのに出来ないというわけの分からないことが発生しました
フリーソフトを使って頻度を検出するんですが、それのコマンドが出来ない
MSYSを使うと、gccの何かが足りなくて、Linux上で動かすと、インストールできたはずなのにコマンドが使用できないという謎の事態に見舞われました
ぐぐってもマイナーすぎるソフトな為に対処法が見つからなくてお手上げ状態
なるべく今日解決させたかったけど、結局解決出来なかったしね!
まじもうほんと俺はいつになったら研究のスタートラインに立てるのレベル
毎回毎回俺に回ってくる仕事がエラー対処から始まるとかほんとどうにかして欲しいわ
で、結局8時に新宿の約束が、それどころじゃなかった
新宿に着いたのが10時くらい
高校の奴らと食べに行く約束をしていたんですがね、全く無理ですよ
着いた後にこの後どうすんの?って聞いたら帰るだからね
うん、まぁ、仕方ないね
結局俺は新宿に行ってあいつらに会ってきただけ
まるで意味が無いじゃないか…
早く次を企画してもらわないとね
なるべく月金は避けてもらいたい
他なら可能だけど、あいつらもう社会人になっているという驚愕の事実があるから、土曜だけが一番現実的なのかな…

明日はアクアパッツァの闘劇初日です
誰が取るんでしょうね
俺ではないことはまず間違いないです
明日は強い人達と対戦して経験を積みたいところです
とどまることを知らない
さて、今日は5時に起きた黒紗夢です
朝ではありません
夕方です
ここまで来るともう完全に昼夜逆転生活と言っても差し支えないかもしれないですね
まぁ、よくあることです

そして、そういえば、もうすぐ闘劇じゃね?って思ってクパァを練習しに溝の口に行きました
何故かおいおいさんがいた
でも、一回も対戦していない事に気がついた
何故だろう…
色々練習してみたけど、ここのところ入力を変えまくってるせいで、途中であれっ?ってなるんですよね
低空昇竜も
いつもは62398って入力しているんですが、6321473って入力した方が良さそうなんで、それにしようと思ってるんですよね
今はもう癖で完全に62398なんで、これを変えていかないと勝てないわけじゃないけど、確定が増えちゃうんですよね
つーか、格下にも負けている今の状況って相当やばいよね
もう赤欲しいとか言ってるレベルじゃないよね
店舗を選ばないとやばそうだなぁ~…


そうそう、遂にRewriteを終わらせました
全体としては良かったですが、正直微妙と言えば微妙かもしれません
個別ルートは物凄く良くて、どのキャラも良かったんですが、真ルートがちょっと…という感じです
OP2からが微妙だったかな
というか、結局よく分からんというか、解決してないというか、この世界のことの全てを説明してなくて謎が若干残りました
あと、長すぎ
選択肢は多いけど、一択しかない上に、少しだけ真ルートは冗長な部分があったのがねー
総プレイ時間は60時間以上だと思う
80時間…はかかってないはず

でも確かに、新しい鍵だった
今までの鍵は真ルートが一番良くて、他がおまけみたいなものだったけど、今回は真ルートが物凄く微妙というか、謎過ぎて個別ルートが凄く良かった

可愛さ(メインヒロインのみ)
静流>>小鳥>ルチア>朱音>ちはや
珍しく、元気っ子が俺の琴線に触れなかった
静流の圧倒的な可愛さがやばい

ルートの良さ
小鳥>朱音>ルチア>ちはや>静流
正直、どれも良かった
ルチアは明らかに竜騎士だけど、途中の展開が一番良かった
朱音は最後の卑怯っぷりがやばい、泣かせにきてるのがずるいね
小鳥は王道
ちはやはちはやっていうよりは、ちはやの従者の話が良かった
ちはや自体はどうでもいい
静流はいいけど悪いみたいなもやっとした感じ

ルートは
ちはや→ルチア→小鳥→静流→朱音
が一番良いのかな?
俺は
ルチア→ちはや→小鳥→静流→朱音
だった気がしないでもない
静流と朱音は他ルートクリアしないと選択不可

全体的に救われない、救いのある物語って感じ
でも、ぶっちゃけ物語の設定とかほとんど何もわかってないんだよね!
クリアしたはいいけど、真ルートのせいで余計にもやっとした感じが残った
ムーンとテラっていらなかったんじゃないか…?
まぁ、それなりに楽しめたからいいけど

バルドスカイみたいなのが好きな人にはいいんじゃないかな
世界がすげーバルドスカイに似てる
設定とかは何もかも違うけど、一つの事象を多面的に見て未来をどうたらっていうのがバルドスカイと似てるって思った
いや、他にもそういう作品いっぱいあるけどさ

でも結局、ほとんど奇跡だけどな!

あ、明日新宿いくの面倒臭くなってきた
先の予定が被ってる(調停少女サファイア1)
さて、大会申込をしなければ良かったと今物凄く感じてる黒紗夢です
なんといっても予定がかぶりすぎている
大会と部活の練習が被ってる時点でもうね…やばいよね
しかも、更に言うとバイトも研究と被ってるし、今まで予定は未定でその場で過ごしていた人間なので、予定がひたすらかぶりまくってるんですよね
良くないですねー

閑話休題

今日は部活の朝練
俺の振付をしてくれー!って言ったら、土曜日までに考えておくねと丁重に断られた為、手持ち無沙汰
あれ?まじで俺大会やばいんじゃね?
って思いながら、久しぶりに自分の練習をしたり、後輩を教えてたりしてた
早く大会終わらせて、後輩を教えるだけの作業を始めたいでござる
大会で大恥をかくかもしれないけど、どうせ人数少ないしな!
っていうか、まじでなんでみんなあんなにナルシストになれるのか不思議でしょうがない
すごいよね、スケートしてる人って
だって、私をみろー!って叫んでるようなもんじゃん
って思ったけど、アーティストだとか芸能人って全員そうだね
自己主張激しくなり…たくないから、いいや

で、大した練習もせずにα
  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;  αではお金がかからない・・
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙  
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  そんなふうに考えていた時期が
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f     俺にもありました
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!

Blacky:ガチろうぜ!
俺の入れたコイン:20枚以上

小川:ガチろうぜ!
俺の入れたコイン:10枚以上

…あれ…?
多分俺、今日2000円以上使ってるぞ…?
でもまぁ、おかげでやっと強い人と対戦できたという実感がもてましたね
今まではSランクでも、こいつ本当にSか?って思うくらい弱い人としかやってなかったせいで、自分の実力が相当下だという事に気がついた
もっとシステム使わにゃならんね
あ、あとそのせいでVPが2万くらい減りました
おかげでSランクですよ
SSがまた遠くなったでござる…
赤キツそうだなー
でも、赤取らないとダメだよね、うん
青1枚に対して赤が3枚
で、多分俺が行けるのが10店舗
取れるかなー
取れないかなー
でも、最強キャラだから、取りたいよね
今日検証して色々分かったし
カルラ1弱あるって言ってたけど、でも、立ちガード狙うの難しい気がしないでもない
2A>2Bで立つって不可能だろ…
2A>2A>2Bってやられたら終わりだし…
そこをどうするかだな
赤紙が来るのを待つ…まるで戦時中のよう…


ラノベレビュー
調停少女サファイア1
ファンタジア文庫より
著者:瀬尾つかさ イラスト:優木きら

世界の大忘却が起こってから4000年。最後の竜であるエオンと竜の調停者である少女サファイアは祖国を離れ度をしていた。サファイアはドジで方向音痴で一人では決して生活が出来なさそうな少女だが、膨大な本の知識を持っていた。エオンは弟のような存在で、自分はお姉ちゃんだと自負しているが、毎度エオンに助けられてばかりいる。そんな二人と月エルフの従者レミとともにケンタウロスの野営地ですこしばかりの旅の滞在をしていたが……彼は、ある大きな問題を抱えていた――。
彼女らと異種同士と神が点在する、新たなサガを紡ぐファンタジーストーリー。
本当に得たいものの為に、何をしますか――。


なのなの
もう、物凄く狙った主人公ですね
ドジっ娘で、語尾に~なのと毎回付けるという何というあからさまな属性っぷり
でも、設定は面白くて、どちらかと言えばギャップを楽しむラノベなのかな
キャラクターは、他のキャラの情報が大してなくて、そのまま字面で読んでねって感じなんで雰囲気しか掴めませんが、まぁ、普通と言ったところでしょうか
あまりにも主人公の属性が強すぎて他が霞んでしまうっていうのもあるかもしれません
狙いすぎてる、だが、可愛いから許す!とは二次元でしか許されない行為でしょう
こんなのリアルにいたらマッハでぶん殴っている事でしょう
そのくらいのキャラです
文章は3人称だけど、たまに分かりにくい
すんなり読めるかと思えば、たまに、あれっ?おっ?ってなって読み返して誰のどういう状況なのかというのが少し迷う場面があったのが残念
でも、他は普通で簡単な文章
なんか印象に残ったのが主人公だけだったなー…

総評 65/100
光明が差す
さて、先が少しだけ明るくなった黒紗夢です
いやー…ほんと、ソドムさんが超必の出し方を教えてくれなかったら、このまま多分闘劇で赤も取れなかったかもしれませんね

閑話休題

午後3時に起きたけど、睡眠時間は7時間
あれ?こんな時間なのにおかしいな…
でも、毎日がこれだから困る
Rewriteのせいで毎日夜遅く、むしろ朝早くまで起きているのである種のきっちりとした生活リズムになっています
っていうか、Rewriteまじで長すぎだろ
ルート分岐が今は制限されてるんですが、もしこれがこの後分岐選択可能だとすると…とんでもない事になるな…
早く終わらせたいけど、終わらせたくない
そんな感じです
静流が一番可愛いというのは不動です

で、起きた後はアニメ見て、スーパーに買い物へ行ったりとよくある日常
しかし、今期アニメはまじブヒるアニメばかりすぎてやばい
ロリコンホイホイすぎる
前期アニメ全部終わったから、感想をいつか書こうかな
今期は、クロワーゼとロウきゅーぶのどちらがブヒれるか見物ですね

アクアパッツァ
鬼ぃさんに負けた
悔しかった
パッシブ5Dをやろうとしたら、4Dでだしちゃったみたいで、負けた
ああいうのは闘劇予選ではやらないようにしよう
そして、ソドムさんから重要なアドバイスをもらいました

「逆真空波動6で八乙女出るよ」

な…んだと…?!
正直、半信半疑でした
が、出る!
出るではないか!
俺が5A超必を普通に出してるではないか!
いやー…まじびっくりですよ
こんなんで出せるんですね
これはやばい
本当に簡単に出る
2142146と2141236では全く同じフレームなので、発生は同じだから困ることはない
真空なら腐る程やっているから、出来ないわけがない
八乙女コマンドなんてどうでもええんや!
これで、俺の時だけギガをぶっぱなしてくる鬼ぃさんに勝つことが出来る
今まではギガで暗転返しが出来ないゴミクズでしたからね
これで今まで若干不利つけられてたけど、また5分には持っていけそう
でも、何故かそれが出来るようになったら桔梗の、それの4段目のみジャストしない謎の現象が起きた
他のタイミングはいいのに、何故最後だけ…
不思議だね
しかし、溝の口の大会は結構強い人が来てくれるからありがたい
カルラともっとやりたい
66Aから八乙女する癖をつけたい
今までは如何にその後に直ガをするかという事だけを考えてたから、全く癖がついてないんですよね
これからはつけないとなぁ~…
あと、マスヤマイレブンのメンバーで一人来てくれて、しゃべった
正直マスヤマイレブンに入ってるのに、メンバーは殆ど知らないっていうね
やばいよね
多分半分も知らない気がする
っていうか19人て…
多いな

そろそろ違う場所に行ってみるか
目新しいもの(シュヴァルツェスマーケン1神亡き屍戚の大地で)
さて、最近よく寝る前に燦々と太陽の光を浴びる黒紗夢です
気が付いたら朝の7時とかになってますからね
相当乱れた生活をしています

しかしながら、今朝起きたのは午前11時
まさか自分が午前中に起きるだなんて事があるとはびっくりですよ
まぁ、今日は特別な講習会が1時半から入っていたので、起きなければいけない状況だったというだけの話なんですがね
講習会の開始時刻は1時半
俺が着いたのが1時

 誰 も い な い

…あれ…?
ギリギリになって来るのかな?
1時25分

 誰 も 来 な い

( ^ω^)……
一人に電話

俺:今日ロボット講習会だって知ってた?

そいつ:まじで…嘘だろ…マジ…?

俺:あぁ、メールに書いてあっただろ、早く来いよ

そいつ:全力で行くわ

もう一人は29分に到着しました
でも、講習会のことは知らないようでした
…あれ…?
一番研究に携わってない俺が唯一知ってたってどういう事なの…
で、講習会スタート

エラーやら不手際でグダる

4時半に終了
分かったこと
ほとんどなし
結局他の日にも遣ることになってしまいました
次は朝の11時開始だってさ…
起きれないだろjk…
まぁ、でも簡単な事は分かったので、これで無知な子供たちを騙すことが出来ます
オープンキャンパスに来る子は気をつけた方がいいかもね!
超複雑そうな指令をやっているようにみえて、こちら側の作業は物凄く簡単…なんていうロボットがうちにはありますからね
まず間違いなく高校生はダマされるでしょう
つーか、俺もこれ知らなかったら普通に騙されるわ
そのくらい卑怯なことが出来る
300万のロボットは伊達じゃないって事ですかね
個人的には30万のロボットのほうが日本語が上手なので、そっちの方が気に入ってたりします
海外産の、フランス人なんて…
日本人に比べたら劣ってますとも、えぇ
ミクの声にしたいまである
しかし、東大はこのロボットを10台以上買ったらしいけど…一体何に使うんだ…?
一斉に踊らせたりするのかねー?
東大とうちの大学両方のオープンキャンパスに来る人は人数の差で負けそう
でも、今俺のやってる研究を混ぜれば、多分釣れる子は何人かいるだろう
地味だけどよくよく考えると、結構ものすごいインパクトがあるからね、うちの研究
そして、俺は次の担当に回されるというね

最初→言語解析
多分今週まで→音声認識
多分次から→画像認識
全部全然違うじゃねーか…
何一つとしてかぶってねーぞ…
もっと言うと

最初→C#
2番目の→C
次の→C++

扱う言語事態も全部違うじゃねーかよ…
訳がわからないよ
あ、俺以外はみんなずっとC#だね、差別だね

閑話休題

クパァを全然やってなかったから、久しぶりに触った
でも特に強い人がいないし、放置されたからラスティENDを見るためにアロウン使ってみた
ダッシュがあるって便利だね
でも、最後ラスティで倒せなくてED見れなかったんだよね
ラスティで倒すって無理じゃね…?
早くキャッキャウフフENDを見たいでござる…
闘劇赤は取りたいよなー
でも、枚数少ないんだよなぁー…


ラノベレビュー
シュヴァルツェスマーケン1神亡き屍戚の大地で
ファミ通文庫より
原作:吉宗鋼紀 著者:内田弘樹 イラスト:CARNELIAN

1983年、東ヨーロッパ最大のBETA戦線である東ドイツ。その中でも最強の戦術機中隊と呼ばれている第666戦術機中隊「黒の宣告(シュヴァルツェスマーケン)」。その中の衛士であるテオドール・エーベルバッハ少尉は他の人間を一切信頼しない人間不信であり、仲間意識というものを持っていなかった。しかし、ある救助作戦において西ドイツの衛士カティア・ヴァルトハイムを助け、出会うことにより――。
マブラヴオルタネイティヴより18年前の真実が、今明かされる――!
本当の未来を信じていますか――。


ほんとうにもうこれを見ていると、またマブラヴオルタネイティヴをやりたくなってきてしまいます
滅茶苦茶興奮しますね
っていうか、もうオルタは4週くらいしてるんですよね
でも、またやりたい
そのくらいに面白いゲーム
っていうか、これ以上に面白いゲームを未だかつてやったことがない
そのくらいに面白い
そして、原作に負けず劣らずこれも面白い
元々BETAの容姿と驚異は簡単に想像出来るし、東ドイツの過酷な状況というのも既に脳内で大分簡易的に想像することが容易なんですよね
そのおかげで絶望度とか、厳しさがハンパじゃない
キャラクターのカティアも可愛いし、相変わらずの安定したメガネのうざい事ウザイこと
指揮官の裏の顔というのも、オルタと似たような状況ですし、本当に良い
ただ、主人公がツンデレすぎるというか、なんとも言えない気持ち
でも、こいつの過去回想を見てると大体仕方ないのかななんて思う
面白かった
オルタやりたい
マブラヴオルタネイティヴやってない人でも楽しめるかもしれないけど、やっぱり原作やってる方が数十倍面白いと思う

総評 92/100
分かりきった事
さて、はがないの応募をし忘れていた黒紗夢です
わざわざ2冊買ってたのに、ハガキ送ってないとか…俺ほんとなにしてんだろうな…

閑話休題

今日も今日とて部活ネタですよ
なんか後輩にぽろっと此処見てますよとか言われたけど、今更だよね
ここで書いてる人間と部活で見せる顔が全く違う人物なので、部活の奴に言われるとひやっとしますね
同期に散々この日記の事で過去あったけど、気にしたら負けかなと思う

閑話休題

1年生の応援に行きました
正直、全く行く気はありませんでしたが、先日行くという約束を取り付けてしまったので、行かざるを得ませんでした
緊張しなさそうな奴が滅茶苦茶緊張してて、見ていてひやひやしましたよ
とぃうか、あれでよく合格できたな…
リズムに合ってないというか、裏のリズム取ってたし危なかったけど、なんとかもらってた
試験官になんて言われてたのか聞けば良かったな…
で、1年生をお祝いしよう!って事で

1年生を除いた3,4年OBで飯食いに行きました

あれ?何かおかしいな…
俺が今日おごるって話しだったのに、いつの間にか1年生から3年生に変わってたぞ…いや、いいけどね
最近アクアパッツァを全くやってないのにも関わらずお金がぐっと減ってるからやばい
で、色々な事の話し合い
ほんと部活以外の人がこれを読んでいても分からないと思うので簡単な説明

部活の幹部が精神病→根も葉もない事を部員全員にメールする
この子をかばう為の準備を整えようとしていた→その日に↑のメールが発生
先輩がフォローした→フォローが白々しいけど、言い訳出来るくらいのレベルだったのに、すべてを無に還す
その子と幹部職の事どうしよう←いまここ

ま、飲み会が終わった後の同期との話し合いで

もう部活の事を考えるのをやめよう

っていう結論が出ました
現実逃避です
でも、一番の現実的な解決案です
俺らじゃどうしようもない(こともないけど、時間と浪費が激しすぎる)から諦めよう、と
とりあえずは、目先の大会だけに目を向けて、他は除外
一番良い選択肢だし、俺もそうする
たったこれだけの問題だって思うだろ?
これだけじゃないんだぜ…
あとは、同期の戻ってこない問題だとか、1年生の問題だとか、問題は山積みなのさ…

正直、もう俺の中ではそいつを辞めさせたい
部活はまだ辞めなくてもいいというか、本人がやりたいのであれば、勝手にしてくれとは思う
でも、流石に幹部は無理
俺は少なくともこんな奴の下で練習したくもないし、手続きもしたくない
こんなの信用出来るわけないだろ?
今回だけ事件を起こしたわけじゃないからね、そいつ
そいつと親しい奴はなんとかして持ち直させて、続投させたいらしい
だったら、勝手に労力を費やして自分達で体裁を整えてくれ
でも、俺はもうそいつを信用しない、やるなら勝手にやってって感じ

ま、事がもう少し簡単なら良かったんですけどね
これで下の学年にすんなり渡せれば、俺の意見も簡単にゴリ押しできるんですよ
ここで幹部の引継ぎ問題
今いる2年生が2人だけなんですが、1人は来年退部、残る一人は来年4年生なんですよ
で、基本的にうちの部活は2,3年が幹部、4年が補佐という体制を取っていました
ということは、4年生は実質幹部をすることが不可能になります
じゃあ、1年を起用すればいいという感じなんですが、更に困ったことに、今主将をやりたいと言っている3年がほぼ確実に4年で主将になりそうなんですよ
引継ぎ問題とかあるのにね
で、1年生二人を幹部にすると、完全な独裁的な幹部一人が出来上がってしまいます
過去この部で起こってしまった独裁社会の出来上がりです
共通点は、二人ともスケートにガチ、バイト先が同じ、我が強い
さぁ、そうなった時に1年生が耐えられるかな?
じゃあ、4年生二人を幹部にする
引継ぎ問題はどうするの?もし、連携が取れなかったらどうするの?
はいはい、ワロスワロス
っていうか、正直この引継ぎ問題っていうのはマニュアル化しちゃえばなんとかならないのかね?
口伝だけでやってるのかな?
マニュアル化すればもうちょっと補佐で4年とかいらない気がしてならないんだよね
良く解らん、この部活は
もっと文明的に生きればいいのに、なんで原始的に退廃的に行こうとしてるんだろう
不思議だな

やめたーい、この部活
俺、当事者じゃないし関係者じゃないけど、それでもこの無駄に被害をうけてるのが本当に嫌だ
考えない方がいいかな
もうこの部活は勝手に破滅するなり何なりしてくれればいいか
ミーティングで何も言わなきゃいいね
そうだ、そうしよう


そんなクソどうでもいいことより、早くアクアパッツァやりたい
予選始まるのに、全然やれてない
死ねる
切符取れるのかな…
研究課題やってないけど、知らんわ!
感情の先に見えるもの
さて、人間最後は笑ってしまうんだなと感じてしまう黒紗夢です
まぁそんな事は言っても、そこまで大したことないと言えばもう大したことないんですけどね
もうどうでもいいというのが正直な気持ちです

ってことで、今日は部活に行ってきました
2年以上でのミーティングがあるというのでね、それもあるし、練習もついでに出て色々参加しようという流れでした
まぁ、練習自体は特に問題なく進みました
というか、もう練習とかどうでもいい
その後のミーティング
現4年と3年で色々と問題が起こりすぎていて、それの処理というか、どう問題解決を行っていくかという議題で話しあってました
1時間くらいずっと立ちっぱで
もう本当に酷いね
いや、元々分かっていた議題だったのでそこまで目新しい事実はなくて、改めて事の深刻さを確認したという感じです
本当にもうここに全てをぶちまけてしまいたいくらいにやばい
ほんと、まじで笑い話ですよ、こんなの
呆れ、嘲り、怒り、諦め、もうそんな感情なんて全て通り越せば全て笑えてきます
本当に最後は笑うしかないんですよね
そう今日思いました
笑うしか無い
完全な現実逃避ですが、一番賢い感情だと思いました
毒は裏返ると言いますが、感情も裏返るのでしょう
溜まり過ぎた、行き過ぎた負の感情は廻り回って自己修復の為か、一番の正の感情である笑いに反転します
人間は良い機構を持っていますね
もう部活のネタには飲み会の席一つじゃ収まりきらないくらいの豊富です
教えて欲しければ、いつでも教えますとも
あの、ある程度話した奴には話しましたが、某女の子のメールなんて可愛いくらいのネタがありますからね
っていうか、物凄くどうでも良い話ですが、某女の子は俺にはメールを返信、あと一方的なメールをしていたにも関わらず、どうやら重要なメールは返していなかったそうです
怖いですね、某ミラ使いに似ていますね
愛情の裏返しは怖いです

閑話休題

その後は後輩に練習教えたりして、特に問題が起こらずに帰宅できたんですよね
明日ちょっと後輩を見に行くという強制イベントが発生させられたせいで、ここ最近全くアクアパッツァが出来ないのが残念なんですがね
問題は深夜に起きた
今日議題にしていた問題は、本来1年生に見せてばいけない内容なんですよ
問題を知ってるのは上級生達だけで、それは複雑な事情が絡んでいた為に、明るみに出てはいけない、明るみに出す時はもうちょっと証拠や事態を和らげる緩衝材が必要だったんですよ
が、しかし

個人メールがメーリスで流出してしまったんですよね

もうね、このメールを見た瞬間笑いましたね
もう爆笑ですよ
穏便に俺らの中で済ませようと思ったその日に、このメールですよ
ほんともう笑うしか無いです
もうね、俺もネットの知り合いなら精神病患ってたり、睡眠薬常備してる奴とボイチャやらチャットをしていますが、そういうのは被害が自分だけだったからまだましなんですよ
というか、相手してても特に問題なかったし
もう、ほんとね、やばいんですよ
書いてもいいよね?
また書いたらあーだこーだ言われそうだけどさ、これダメだよ、うん
だって、見てて腹がたつんだもん
いくら精神がどうなろうが、どうしようが、人を蔑む嘘を堂々とあたかも真実のように振る舞って、全員にみせるのはあり得ない行為だろ、どう考えても
こんなの認められるわけないだろ
俺はもう例えそいつがうちの部活を退部した事で精神的にどうなろうが、事件を起こそうが、関係ないと思う
保身で相手をやんわり納得させてやりたいっていう思いもミーティングの時にはあったけど、流石にもうこれはないなって思う
いくら俺が毎日ネットで人をバカにしてようが叩かれてようが、不特定多数だからまだ取り繕えるけど、これどうすんだよ…まじで…
あーあ、ほんと面白いなー
俺、部活のメーリスでゲイとかバイなんて単語を見るとは思わなかったなー
被害妄想って怖いよね
あれ?でも、よく考えたら、某女の子もこの子と同期だな^^
あれ?俺と先輩がそいつらが当時1年のころに珍しくマジギレしてこっぴどく説教した学年だな^^
面白い学年だったんだね^^
まぁ、この学年に限らず、毎年問題が起きてる部活なんだけどね^^
本当に話題が豊富な部活に入れて僕は嬉しいよ^^
なんでこんなに人間のクズしか集まらないのか不思議だね^^
そういう世界なのかな^^
俺この世界大好きだな^^
まだ、他のサークルで色恋沙汰で退部だの関係が悪くなっただの孕んだだのが微笑ましく言える話題だからいいわ

これを本にしたら売れないかな…
色々まとめてフィクションっぽくすれば、面白く出来そうだな、ほんとに

気分の悪い話題は終了

Rewrite
個別ルートこれで最後だー!って思ったら

OP2が始まるってどういう事だよ!

まじびっくり
ここで折り返しかよっていうね
結構な時間やってて、そろそろ終わりでちょっと余談があって終わりかな?なんて思ってみたら、最後の余談ルートが真ルートで更に長くなりそうな予感ってやばいだろ
まぁ、リトバスとかもリフレインがメインだったけど、これはあと何十時間かかるんだろうか
いや、楽しいし面白いから全然問題ないんだけどね
嬉しいけど、時間が更に取られるから…いいような、悪いような…
っていうか、感想を書こうって思うのに、全部終わってないから書けないんだよね!
明日一日中Rewriteやりたいのぅ…
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。