黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
コミケ最終日兼年末
さて、今年を締めくくる行事へ行ってきた黒紗夢です
もちろん、コミケなわけなんですがね

ということで、知人達と朝に合流をしてから買うものとかを色々聞いたりしていました
このコミケで知り合った方達ばかりなんですが、意外と仲良くなれました
やはり同じ趣味を持っているというのとお祭り気分というので、話しやすいんですよね
そんなわけで2,3人と仲良くなってずっとしゃべってました
大半の人は東館で、私は西館
同人メインは東館ですからねー
私は一切東館を調べていません
元々企業へ行くつもりだったんですが、企業は最後でいいやという事で西の同人を調べてみる事に
そして、欲しいものが1,2つあったのでそれを目指して購入

コミケの開催時間にはシャッター前にいるというのに、既に長蛇の列ってどういうことなの…
これがチケット勢の力というやつか…っ!
来年からはチケットで入ってみたいですねー
その為にはしっかりシナリオ書かないといけないんですけどね!
書きますよ、書きますとも

閑話休題

目的の物は購入したはいいものの、余裕があれば買ってきてと言われて2週目に行こうとしたら…
長すぎて諦めました
多分2時間くらいはかかったでしょう
面倒になったので、JILLのやっているサークルへ休憩しに行きました
売れ行きは…推して知るべし
まぁ、でもいつかきっと壁サークルになってくれると私は信じています
そうだよね、JILLニコッ
休憩してから、同じくサークル参加している知り合いのところへ行ってきました
奇跡的にJILLのサークルと番号が同じという何ともよく分からない縁です
思わず私はJILLに確認の電話をしちゃいましたからね
西館と東館で同じ読みのものを使うのはダメだと思うんだ…
で、P4Uのロケテで知り合ったばかりの彩代さんのサークルへ
初参加らしく、また会えれば会いましょうという世間話を交えてました
……早く私も作らないといけません
もはや自己暗示の域です

で、2時に集合して余っているグッズのじゃんけん大会が開かれました
まさかこんなものがあるとは思っていなく、大白熱しました
滅茶苦茶面白かった
じゃんけん大会がこんなに面白いとは…
結局勝てたのは一回だけでしたが、一日目に欲しかったN-typeの溝口ケージのあやせグッズがもらえたんで満足です
一番欲しいものでしたからね
ただ、カバンの布がもっと良ければどれほど良かったことやら…
他のじゃんけんは全敗
致し方あるまい…
いやー…
でも本当にいい経験をしました
団体で行くとコミケはこんなにも面白い行事なんですね
今まではソロだったり、小さいみんなで物見遊山的に行こうぜーノリだったんですが、ガチ勢と関わるとこうも面白くなるんですね
もっとこういうのに早く関わりたかったですが、そうするとお金がなくなるのである意味今回からでちょうど良かったのかもしれません
次回もきっと参加しちゃうんだろうなぁ…
でも、楽しいからいいんですけどね
今回は初めて万を超えた気がします
企業の欲しいものが一つ変えなかったのが残念で仕方ありません
やはり一日目に買うべきでした…
悔しい…

で、解散してからはJILLのサークルスペースで高校の奴らとだべって終了まで待機
終わった後は車で秋葉まで移動
……秋葉で迷うってどういうことなの…
富士ソフトの近くに来てって行って、30分以上かかりましたからね
下手したら1時間です
ただただ、ソフマップのところを右に曲がるだけの作業だったのにもかかわらず、あらぬ方向へ行ってしまってどこにあるか分からない→迷子になっていました
意味が分からない…

私がふぐお君に渡すグッズを車に忘れたのが悪いのかもしれませんけどね
それでも、迷いすぎだろうと…

渡した後は全員で忘年会
正直、JILLと福○以外とは高校時代全然話したことなく、あるけれども数える程度というレベルなのに色々しゃべってました
ちょうど来年の3月くらいに同窓会もありますし、いい機会でした
まさかこういうのを毎年やっているだなんて…
というか、意外とコミケ勢は多いようですね
私を含めて4人しか忘年会やっていませんが、もうちょっと会場にはいたようです
昔の縁というのはなかなか切れないものなのかもしれませんね

帰宅してからは、即寝
流石に眠すぎてやばかったです

……やっと2011年の日記が全部終わりました
2011年は特に目立った出来事はないかなーと思ったんですが、最後のほうは目白押しでしたね
古い繋がりが一気に復活しました
こんなこともあるもんですねー
スポンサーサイト
コミケ休息日(四人の魔女とエメラルドのキス)
さて、寝る作業しかしていない黒紗夢です
今日は本当に何もしていません

しいて言うならば、朝の8時くらいまでガンエクをやっていた事でしょうか
そのくらいしかありません
その後、15時くらいに目が覚めてご飯を食べてガンエクをやってから待ち合わせ場所へ…

夕方遅くに国際展示場駅に到着
……国際展示場が近い家って羨ましいですね
半年に一度は思ってしまうかもしれません
ここが近くとかどんだけ良い立地なんだよ…と
日常では遠すぎてここは嫌ですがね!

そして、大学のやつと合流して知人にも合流してからご飯を買ったりする作業
その後はずーっとしゃべってグダグダしてました
やることがないと割と暇になりますよね
一人の時はラノベ読んでいればいいんですが、人数が多いとどうしようかなーと悩んだりします
とか言いながら、トランプして遊んでいましたがね
3人でトランプをするときに、大富豪をやったんですよ
でも、3人だと革命やら階段やらばかりで面白くないじゃないですか
そういう理由で適当に枚数抜いてからやろうぜ!という追加ルールをつけてやってました
これが意外と面白い
毎回抜く枚数は適当なので、何が抜けているのかが分かりません
しかも、何故かジョーカーが2枚になることがないという謎の確率でカードが抜かれていました
ひょっとしたら、元々ジョーカーは1枚だったのかもしれません
が、3人でやる時は少ない枚数で大富豪をやるのがいいですね
結構面白いです
相手がどういう札残り持っているのかというのがあまり予想つかないので、最後まで悩めます
とか言いながら、私は一度も貧民にはならなかったんですがね
周りが勝手に自爆してくれるって最高だね!

そんなこんなで夜明けまでずっと3人で遊んでました
……この日にコミケへ行っていれば、企業に行けたのに私は一体何をやっていたんでしょうか

ラノベレビュー
四人の魔女とエメラルドのキス
MF文庫Jより
著者:石川ユウヤ イラスト:みついまな

見た目だけ美少女、中身は天然と言うかちょっと過激なクラスメイトの火澪沙耶によって監禁されていた緒伏麻琴。「冬姉に近づかないで!」という彼女の剣幕は並々ならぬものであったが、麻琴は誰のことなのかがさっぱり分からない。ここ一月の間ぼーっとしたりして記憶が薄かった麻琴は、最強と謳われる力<リゾーマタ>が自分に授けられている事を知り、更に記憶が徐々に蘇ってくる。そして、「火の棒」を操る魔女・沙耶と共に冬莉先輩の手がかりを探すことになるが……二人の魔女が行く手を塞いできた! 少年と少女が思いを繋ぐ、学園バトルファンタジア開幕!
自分の本当の心はどこですか――。


設定としてはなかなか面白いですし、きっちり登場人物達だけで動かしているので良かったです
分かりやすい展開ではありましたが、丁寧に描かれていていい展開でした
ただ、帯の文章とかあんまり関係ないよねとか思わざるを得ません
関係あるにはあるんですが、中身にさしていらないんじゃないかな…という感じのもの
文章は一人称で、主人公がひたすら状況を説明してくれます
ただ、状況説明が結構断定で何とかだった。何とかいるという感じなのでちょっとあっさりしすぎな気がしました
もうちょっと色々表現を変えてくれたほうが、読み応えがありましたね
そんなただ一つの状況を書かれたからといってそこからは事実しか読み取れないので、面白味に欠けるんですよね
遠回しに書くと言うよりもそこから何を得られるのかがもっと欲しかったです
ヒロインは、ヤンデレツンデレ妹その他色々テンプレート的な記号化されたものが多いんですが、そういう方が分かりやすいですね
とはいっても、性格きっちりしてるけど、そんな終わりと性格のままでいいの?という感じでした
何か物足りない
そんな感じ

一言:好きなキャラがいない
総評 59/100
コミケ初日(犯人は夜須礼ありす)
さて、コミケへ行ってきた黒紗夢です
コミケです
コミケですよ
いやー…この日記をいつ書いているんだってツッコミはなしです

ということで、朝に知り合いと合流して交流
正直一回しか会ってないor初対面の人しかいないのでマジ肩身狭いとか思ってましたが、高校の知り合いもいたので割と楽でした
でも、当時はあんまりしゃべってなかったよねニコッってレベルでしたが、気にしません
しかし、ガチ勢の話を聞いていると本当にすごいですね
分担は色々あるし、みんなちゃんと地図を持っている
…地図はやっぱり必要みたいですね
私のように手帳に番号を書いてきて地図は暗記というのはよろしくないのでしょう
サークルどこ周るの?って聞かれて手帳を出しちゃうくらいですからね
アホです
あんまり買うものがないのでそれでも私は問題ないんですがね
しかも、メモっているくせにサークル名を知らなかったりするので、絵師の名前で言っても返ってくるのはサークル名なので一瞬「?」ってなります
次回からはそういうのもきっちり調べよう…

で、自分の回りたいところを回って集合時間になったのでその場所に集まりました
正直、一つ企業を回りたかったんですが、時間になったので諦めました
次でいいやーとか思ってました

. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: :次行った時は売り切れだったけど…
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


そして、皆が頼んだものを交換したりしているなか、私は知り合いの戦利品を漁る作業
自分の知っている絵師や知らない絵師でもとりあえず見る
ほとんど自分では調べてなかったので、欲しかったなーと思うものが多数ありました
一番欲しかったのは溝口ケージのあやせグッズ
まじあれはときめいた

その後、大学の奴を待ってから、JILLと高校の某人と計4人で飯屋
コミケの後は大抵いつもすぐ帰っていたんですが、やはりソロとPTでは行動が全然違いますね
ソロは空気に満足して帰るだけ
PTではみんなで一緒に行動をしてご飯なんかも食べちゃう
これがリア充イベントというやつなのだろうか…
で、久しぶりに会ったから色々と話したりしてました
内容はくだらないものばかりですが、やっぱり空気は変わらないんだなぁと改めて感じましたね

帰宅してからはひたすらガンエク
ガンエクをする作業しかない
むしろ、家にいるのになんでガンエクやらないのレベル
もっと強くなりたい…

ラノベレビュー
犯人は夜須礼ありす
MF文庫Jより
著者:伊都工平 イラスト:ろんど

悠木葦人はある日、自宅の前で倒れていた少女を拾う。彼女の名は夜須礼ありす。おとなしいクラスメイトだった彼女は、同級生を殺害し、逃亡しているところだった。目覚めたありすに狂気で脅され、葦人はありすをかくまうことに。奇妙な同居生活の傍ら、彼女の殺人が信じられず、葦人は事件を調べ始める。だが二転三転する事件の姿は、すべての出来事をひとつの形に繋いでいく――。 ボーイミーツガールミステリー、ここに開幕!
真実の裏を、見えていますか――。


最初訳が分からなかったんですが、最後も違うわけの分からさになりました
最初と最後で分からないものが違うんですが、面白くはありました
ただ、謎の設定が多く出てきたのでなんだろうなぁこれと思いながら読んでいました
ヒロインは意外と可愛いんですけれども、能力系のものが少しあるのでそれがネックでした
それがないと確かにストーリーが進まないんですが、それよく分からないよねという感じでゴリ押し感がすごいです
分かりやすく能力の説明はされるんですが、そういうストーリーだったのかーと驚きました
最初は推理もの…というか、事件をどう紐解くのかという感じだと思っていたものが、実は能力絡みだったという……いや、それでも面白かったですけどね
文章は一人称で、ほとんどが主人公の独白です
風景や情景の描写というよりは、事件や他人の動向の描写の方が多いので、雰囲気を見るというよりは雰囲気を考えるものです
メインヒロインの性格は割と簡単に表現されているんですが、サブがよく分かりません
とらドラの櫛枝レベルの謎さで、そこに特殊なものが付加された感じです
面白くなりそうなストーリーだったのに、もやっとしました
面白いけど、何だろうこの収束…という感じ
終わり方は悪くないんですけどね

一言:え、それで大丈夫なの?
総評 69/100
ガンエク作業
さて、ガンエク以外やっていない黒紗夢です

朝の4時くらいに国際展示場まで親に迎えに来てもらって帰宅したんですが、そこからガンエクをやるというね
割と意味が分かりませんよね
さっさと寝ればいいのに、ガンエクをやっていました
ランクマで階級を上げる作業をしていたら、朝の8時くらいになってしまった為に急いで睡眠

16時くらいに起床したら、もうほとんど日が陰っていました
あれ…
寝過ぎじゃない…?

そして、朝飯だか昼飯だか夕飯だか分からない時間にとりあえずご飯を食べてガンエクとネトゲを起動
ネトゲでは、最近新しいゲーム買っちゃってかなりやばいとか言いながらキャッキャウフフ…のはずが、ガンエクのせいでほとんど無視してました
良くないですね

ヴァサーゴとかを操作して大分慣れてきてはいるんですけどねー
難しい
色々な出来事(不完全神性機関イリス 154cmの最終兵器)
さて、ひたすらガンエク作業の黒紗夢です
一日100試合をとりあえず来なそうというふざけた思いを抱いてやっています

深夜には国際展示場に行ったんですが、基本的にはガンエクしかやっていません
やばいくらいにガンエクのみ
しかも、ちょうどアニメが終わった頃なのであまり見るアニメもないんですよねー
アニメレビューでもしてもいいかもしれないが、面倒臭い!
ということで今日は割愛

毎日ガンエクをやっているせいで、中指の第一関節が赤くなって大分擦れ過ぎてるんですよ
結構痛い
アケコンを買いたいんですが、何かもう大分慣れてしまいました
その代わりに溜めキャラは使えません
なので、ひたすらX1を使う作業


……ネタがない
むしろ、書けるネタがない
痛車を写真で撮ったんですが、特に許可も取っていないので載せるわけにはいかないですからね

そして、流石にもうほとんど記憶にない…

ラノベレビュー
不完全神性機関イリス 154cmの最終兵器
ファンタジア文庫より
著者:細音啓 イラスト:カスカベアキラ

世界の四分の三が死んだ世界――。機械工学科へ行くはずが間違えて傭兵科に通うことになってしまった貧乏学生、凪・一咲・ジール。機械マニアでよく廃材の山で機械の材料を集めていたが、ある日、その中から少女の姿をした家政婦ロボを発見する。早速日夜修理を重ね、修復が終わって彼女・イリスは起動したのにも関わらず……家事は何一つ出来なかった! そして彼女の正体は、軍事用の人型機械体だったようで――トラブルだらけの同居生活&学園生活、正体不明の侵略者「幽幻種」、人類の最終兵器「神性機関」イリスの世界の運命が紡ぐファンタジーストーリー!
あなたの願いは何ですか――。


完全にプロローグ
早く続巻が見たいです
なかなかに面白かったです
これから多分学園のメインヒロインが深く関わってくるのかもしれませんが、今巻はひたすらイリス回
ただ日常の掛け合いは良いんですが、戦闘の掛け合いが少し微妙かなと感じました
というか、結構わかりにくい描写というか足りない描写が多いせいでたまにどうなっているのか分からないんですよね
不思議な力と言うか、ファンタジー設定が多いので仕方がないのかもしれませんが、後で分かるものとそうでないものが多いです
あとで分かるのは、分かりやすいんですが、結局どういう状況だったのか謎というのがあったのが少し残念です
ヒロイン可愛いからいいけどね!
文章は一人称視点で独白が多いです
すぐに独白が入るので、心情は分かりやすいです

一言:メイドロボ現実にはよう
総評 70/100
遂に手が伸びた(あまとう! 七瀬甘るりに不合格祈願)
さて、EXVSを買ってしまった黒紗夢です
我慢が出来ませんでした
学校の帰り道に買えばいいのに、そんな選択肢はせずに学校へ行く前に買いました
おかげで学校についたのは17時です
どんだけ遅いねん…

そして、明日までに仕上げなければならないプレゼン資料と、論文の目次作成
勿論誰もしているわけがなく、その場で必死になってやる作業
因みに、プレゼン資料はすべて私が清書する作業なのである意味楽と言えば楽
難しいって言われたけど、ぶっちゃけ滅茶苦茶簡単ですよね
ただ単に配置と配色に気をつけるだけであとは適当に作るだけです
誰でもできちゃうお手軽作業
で、作業が終わったような終わってないような微妙な段階のまま帰宅

家では速攻PS3を開ける作業
気がつく足りないもの
HDMIケーブルが付属されていない…だと…?!
おかしいな…
付属されていないのか…
仕方が無いので徒歩2分のTSUTAYAで購入して更にお金がなくなる
そして始まるガンエクタイム
音声が出ないんですが、もうこれはしょうがないです
本当なら画面から音が出てくるはずなんですが、なぜか出ないので諦めました
別に音がなくなって出来ますからね
格ゲーと違って音で目押しとかないですし、完全に画面さえ見ていれば問題ない…はず
100戦くらいやりたかったんですが、流石に明日がやばいのでやめました
既に午前6時ですが…
ネトゲをやりながらだとどうしてもネトゲはチャットだけになってしまいます
それでいいか
9連勝まで行ったんですが、後一回は私の射撃が僅差で負けて10連勝まで行きませんでした
かなり残念…
しかし、ランクマ参加していない民間人だと弱いルームにしか行かないんでしょうかね
初心者ばかりでした
さっさと10連勝してランクマで階級上げないとですね
今のところ勝率7割くらいだけど、正直こんなところで勝率稼いでも仕方ない
早く誰かやろうず
ニコ生に凸するのもありか…?
ガンエクとかSkype登録したい人は米かメールくれれば返信します
しかし、アケコンじゃないときつい…

ケルディムもちょっと練習中
この機体面白いわ
クソ機体トールギスはアケコンじゃないと無理そう
あと、赤回線だとまじ辛い
今年中に1000試合は…流石に無理だな
元は明日で簡単に取り戻せそう
こんにちは、ネットの世界 さようなら、リアルの世界

ラノベレビュー
あまとう! 七瀬甘るりに不合格祈願
MF文庫Jより
著者:二階堂紘嗣 イラスト:

転校先の学校を歩き回っていると、聞き慣れない音がした。その音に釣られて葉山一樹はギターの音を奏でている七瀬甘るりに押し倒されてしまい、更には間近で泣き顔を見てしまった。この学校では平穏に過ごすつもりだった一樹はしかし、甘るりの罠にかかってしまい部活に仮入部させられることになってしまう。そこには何故かホッケーマスクを被った同学年の嬉野がおり、軽音楽部の廃部をさせない為に一樹の意思を無視して甘るりが突っ走っていき……。「ノー・プログレム! ちゃんとトラウマにしてあげるから!」甘るりは一体何を考えているんだ! 
予測不能の疾走系学園ラブコメディ!
真実の奥に、何を入れますか――。


疾走感……?
何というか、あらすじとか甘るりの言葉とかがあまり本編とは全く関係がないんですよね
何だろうこれ…ストーリー自体はとても良いですし、キャラも可愛い、そして展開も悪くないんです
文章が酷過ぎる
一人称視点で、感情や状況については別に問題ないんです
~だった。~いた。~た。
過去形が多すぎるし、何とかしたってひたすら羅列されているので段々むかついてきます
最後のほうは慣れてきたというか少なくはなるんですが、それでも文章が酷い
キャラはうざいところを前面に出すというよりも、そのうざいところをどうやって萌えに魅せるかというので結構丁寧には描かれてはいるんですが、あんまり関係ない事が多い
過去の話などはきっちりまとまっていて面白いんですけどね
どのキャラも可愛いし、嫌いじゃないんです
あとは文章が良ければいい作品なんですがねー
勿体無い
文章に目を瞑れば面白い

総評:由亜一択
総評 67/100(文章以外 80/100)
P4Uロケテ最終日(オーバーイメージ 金色反鏡)
さて、クリスマスなのにロケテしか行かない黒紗夢です
昨日の日記を書いてから数分しか経っていませんが気にしません

しかし、今日も人がいませんでした
昨日は鬼のように人がいたのに、四日間中三日間は多くても10人待ちとかその程度でした
昨日は28人待ちとかになったのかな?
カップルも沢山いたけどね!

P4Uまとめは後にしてとりあえず今日の出来事
昨日は家でチキンを食べたんですが、今日は銀座でイタリアン
資生堂のビル10Fでコース一人18kというなかなかの場所
料理は当たり前ですが、シャンパンもワインも美味しかった
白トリュフの匂いは本当に良い香りですね
確かにこれは良いけど…味が少ないのが残念ですよね
まぁ、他の料理が美味しかったのでいいです

あと、クリスマスプレゼントでPS3とブックカバーをもらいました
私は何もあげていません
いやー…でも2つとも欲しいものだったので嬉しいものです
これで色々と捗るぜ…

食事に行く前も行った後もひたすらロケテ
ロケテはやっぱり知り合いが増えますね
何人かとちょっとだけしゃべりました
本当は台パンさんとしゃべってみたかったんですが、そこまでの能力はありませんでした
名前が名前ですしね!
しかし、いい加減ネシカ登録したい
なんで出来ないの?切れっそ
ネシカ登録してないのに滅茶苦茶強いアイギスもいました
まぁ、大分アイギス対策は出来ていたので負けませんでしたが、こいつやっぱり強い

詳しいP4Uのことは続きに書きましょうかね

ラノベレビュー
オーバーイメージ 金色反鏡(ダーティー・ゴールド)
MF文庫Jより
第7回新人賞<佳作>
著者:遊佐真弘 イラスト:さんた茉莉

いつもの通学路を歩いていたら突然すべてが純白の世界に変わってしまった。色を失った世界<反転世界>に飛ばされてしまった高校生・真白彩は二人の少女が戦いを繰り広げているのを目撃する。電撃を操る金髪の少女と、影を操る高校の先輩・魅影魅黒。金髪の少女は現実世界で転校生として現れ、彩を純白の世界で繰り広げられる「オーバーイメージ」という願いを叶えるゲームで仲間になるように求めてきて……。先輩も先輩で学校では氷の女王と呼ばれているのに、彩の前では全く態度が違い――。現実と反転世界を交錯させる、プログレッシブ学園バトルアクション!
あなたの願いは、何ですか――。


どこかで見たことあるような設定が沢山織り交ぜられてるなぁというのが一番の感想
でも、厨二病っぽい設定があるし、若々しい文章で面白い
ヒロインも結構性格が分かりやすくて素直に可愛いと思えるキャラが多いので良い感じです
性格を複雑にするよりも、一つの特徴を突出させた方が簡単にキャラを捉えられますし、入りやすいですよね
主人公は巻き込まれ型で一貫性がある、よく分かりやすいキャラ
好きでもないですが、そこまで酷い一貫性というのではないので嫌いになれない性格ですね
過去設定もあっさりしてるし、明確なものなので、なるほどそういうのならそうなるよなという単純な図式によってすんなり入り込む事ができます
文章は一人称視点ですが、段落ごとにころころ変わります
読みやすいには読みやすいですが、少しだけ違和感があります
視点変えるならもうちょっと特徴出してもいいような気がしました
一人称は変わっていますが、変える必要あったの?というものもあるけど、まぁ楽しいです
割と単純で簡単なストーリーと設定なのでラノベらしいラノベといえるでしょう

一言:先輩とチュッチュしたい
総評 72/100
ロケテ三日目
さて、最近一日遅れで日記を書いている黒紗夢です
そろそろやばいんで、適当にまとめますね

主にロケテしか行っていません
実は今日はネトゲもあんまり入っていないので本当にロケテ以外参加してないんですよね
なので、面倒なのでとりあえず今回は千枝まとめ
ほぼミクソコピペ状態

千枝
コンボまとめ

2A>2B>5C>236A>236A>236C

2Bを入れないと5C>236Aが繋がらない可能性大
無理だなと思ったら
~5C>214C

~236A>236A>236CD>236C
25%消費で割とダメージ取れる
最後の236Cが割とシビアだから、出来ない人はJ8Dで代用可

画面端

~236A>236A>5B>5C>JB>JC>JB>JC>236C
少し端まで足りない場合は
ダッシュ5A>2Bで繋がる

チャージからは5C>JB>JC>JB>JC>236C

ボコスカ後も同じエリアル

2Bカウンターから色々あった気がするけど、忘れた
5Bがフェイタルカウンターになっちゃうこのゲーム何なの

ゴッドハンドは不利なし中段
これ流石に修正しろ
対策とかもういいよね、前ので十分だよね
あ、逆ギレは密着以外はしゃがんでる相手には当たらない
すべてを吸う
アグネスも出し得
起き上がりで相手が攻撃しててもペルソナが一つ削られるだけで相手に隕石当たるだけ
クソ技

適当~SBドラゴン>J8D
これが繋がるのを確認
でも、JDの最終段が当たらないから、JCが当たらないか試行錯誤中
今のところSBドラゴン>Dドラゴンがダメージ取れるのかな?
CドラしかやってないからD繋がるか知らんけど

Hit数次第でもしかしたらJD当たるからワンチャンあるかも
5CCHから5D繋がるか見たい
JDでもいいけど

SB黒点はスーパーアーマー

怖くなったらこれパなせばいいと思う
投げ無敵ついてるかは分からないからそれを完二相手に試して使えれば完二に端追いやられても安心
とか思ったけど、どうも逆ギレは通常投げどころか超投げも吸うみたいなので、起き上がりはとりあえずこれやっとけばいいんじゃないかな
B投げはタイミング遅いから逆ギレやると死ぬけど、それ以外には全部勝てるからこれでいいんじゃないかな


SB暴れまくりは知らん
地上コンボ伸ばすだけ
SB脳天調べてない
もしこれにもアーマ付いてるならここで逆ギレぱなす奴多いから完二以外には強いかもしれない

ボコスカはなるべくフルコンにしないと勿体無い
遅めでもCで打ち上げるからとりあえずAB連打は必須

対みつる
基本移動はジャンプよりもAC移動
しゃがんでれば相手の5A当たらないから待ってればいいと思う
突進してきたら投げ安定かな
リーチでは負けるから中距離で置き黒点が強いと思う
上から来たら2BからSBドラでがっつりダメージ

対千枝
とりあえず牽制は5Cか2A
相手がピョンピョン跳ねるようならひたすら2Bで落としてく
自分が上になったらとりあえずJDかJC出しておいてタイミングずらす
投げからの起き攻めは2D安定
怖くなったら黒点でも振ってればいいんじゃないかな
逆ギレの読み合いが熱い
強い人とやってる時に思わず口プレイが出ちゃうくらい気持ちの良い技
逆ギレされる方が悪い(キリッ
直斗には逆ギレの逆ギレ返しが出来るから可哀想

対完二
死ね
怖くなったら逆ギレして作業するだけ

対クマ
牽制力では勝てないから徐々に近づくしかない
5C牽制かな
黒点は相手が地上にいたらバットでCHもらう可能性大
結構飛ぶクマ多いからそれには2Bか出来るなら逆ギレ
アイテム中にドラゴン当てられれば幸せだけど、SBドラゴンが空ガ不可かは未検証

対アイギス
基本移動はAC
アイギス戦は飛んだら負けかなと思ってる
近づいたら離さない
すぐ逆ギレしちゃう子には黒点で分からせる
牽制は5C2A中心
飛んでる相手にも5Cは使えるし、当たればそのままエリアルいけるから振って損はない
低空で来る奴にも黒点で分からせる
相手の攻撃はガードせずに基本AC避け
バルカンだろうが何だろうが全部ACで避けられる
盾出たらとりあえず反対側に逃げるかダッシュ投げ

対陽介
黒点以外あんま思い浮かばない
そこまでやりあってないし、上から下にくる転移気をつければいいと思う

あとは対策出来る程強い人がいないから分からん

長くなったけど、全部コピペ
他特になし
ロケテ二日目(双子と幼なじみの四人殺し)
さて、P4Uのロケテ二日目に行ってきた黒紗夢です
書いてるのが次の日だからって気にしない

P4Uのことは基本的にミクソに書いてるんで、見たい人はそっちを見ればいいんじゃないかな
つっても大した事書いてませんけどね

……と思ったんですが、思ったんですがね
ロケテとネトゲ以外何もやっていないんですよ
3時くらいに起きて、ロケテへ行き、1時に家に帰ってきてからネトゲをする
そして、朝の9時までネトゲをやるというそういう状態です
終わってますね
完全に昼夜逆転生活を送っております
ネトゲの事をばんばん書いてもいいんですがね
しかし、一つだけ分かったことがあります
私は昔TWのトレ鯖で活動をしていたんですよ

マスターもトレ鯖にいたらしい

何という偶然…っ!
何という僥倖…っ!

なんて思いましたが、100ちょいまでしかレベルを上げていなかったそうで、大してやってないみたいでした
レベル200以上なら大抵名前知ってそうだったので、残念です
ここで運命の再会とかだったら笑えたんですけどね
ただ、果たしてTWにおいて私と再会して嬉しいと反応するのは身内だけでしょう
晒されたりPKしまくってる人間に好意を抱く人間などいないです
…いや、そこまで素行悪くなかったですけどね…よね?


ロケテでは知り合いにちょいちょいあったんですが、皆あんまりP4Uには好感を抱いていないようです
特にBB勢は誰も期待していないというね
まぁ、ネシカ台の戦争が起こるでしょうし、ゲームシステムはギルティ寄りですしね
楽しいけどなー

ラノベレビュー
双子と幼なじみの四人殺し
GA文庫より
第3回GA文庫大賞<奨励賞>
著者:森田陽一 イラスト:saitom

正義感が強すぎる高校生、菱川迷悟と双子の美少女・新山一縷、朽縷は同居生活を送っていた。ある事件をきっかけで迷悟は他人への押し付けを控えていた、あるいは双子に抑えられていたが、それでも事件が起こると傍観する事が出来なかった。そして、ある日三人は飛び降り自殺を目撃し、一縷は突き飛ばした犯人を見たという。更には、自分のグッズを売る学校のアイドルが交際を賭けた決闘を行わせ……次々と事件が巻き起こってしまう。愛憎が交錯する幸せをかけた、正義が走る学園ミステリアスストーリー!
人を殺しても尚、幸せになりたいですか――。


なんだろう
よくわかりませんでした
ストーリーとかは分かるんですが、何を伝えたいのかがいまいち分からないというか、まるで日常系を見ているかのような印象でした
殺人や過去に縛られて…というのは分かるんですが、だからどうしたの?という感じで投げたら投げっぱなしなんですよね
ストーリーは一応主軸というか、主人公の一貫性を持つ性格において行われはするんですが、微妙なところです
一応群像劇なのかな
双子も性格とか特に好きではありませんし、全キャラ性格がぶっ飛んでいるのでいいキャラがいません
全員何かと終わっています
みーまーのような壊れ方ではなく、中途半端に壊れている感じです
主人公の無駄な正義感はストーリーにはとても重要なのですが、それを差し引いても相当にうざいです
殺したくなる程うざいです
出るキャラ出るキャラふざけた性格をしているし、救いが全くありません
あるように見せかけて、結局何もない状態です
挿絵は可愛いんですけどね

ある意味GAらしい中途半端さです

一言:でっていう
総評 61/100
昔の私(アトリウムの恋人2)
さて、いつまでもネトゲをしているわけではない黒紗夢です
私は元々格ゲー勢ですからね!
…いや正直ネトゲ勢でもありますが、それはさておき

誰が発端かは忘れましたが、P4Uのロケテ今日からやってるよーというつぶやきを見たせいでちらっと公式サイトを見たら溝の口でやると書いてあるではありませんか
それはもう行くしかない!
ということで行ってきました
人数少なすぎワロタ

多分多くて15人くらい
平均10人
何という快適環境のロケテやぁ…
とか思いました
キャラは、本当は雪子にしようとは思ったんですが、絶対に許さないので、ホアーッ!という名の千枝を選択
紗夢っぽいですし、スタイル的には合ってるんじゃないかな?
でも、Fateは桜
闘劇に行けたのも桜
紗夢→雑魚
トウカ→雑魚
桜→全一(笑)

…あれー?
もしかして、私は遠距離持ってない奴は弱いんでしょうか
おかしいですね
そんなはずは…ないと信じたい
千枝は5クレ目くらいでやっとなれて勝てるようになりました
コンボはまだまだ開発中です
やまさんに教えてもらった基礎コンと自分で作ったコンボが安定するまで色々試行錯誤
そして久しぶりにオズさんやらTomさんやら溝の口勢と会いました
みんなBLAZBLUE一色でした
私には…もうBBは厳しいです

しっかし、このゲーム大丈夫か?
他ゲーの有名人全然来てないよ?
コンボ開発しそうな気概を持ってる人は少ないし、絶対全キャラまだ伸びないと思う
千枝とかコンボメインだから色々ガチで開発したい
個人的には物凄く面白いゲームだと思ってます
ゲームスピード滅茶苦茶早いし、システム的にも好き
ただ、システムが結構複雑すぎて覚えきるまでが大変
A連打は初心者救済システムとしてはありだと思ってる
結局弱いしねー
とか言いながら強いキャラもいますがね…

明日もやろう

ラノベレビュー
アトリウムの恋人2
電撃文庫より
著者:土橋真二郎 イラスト:植田亮

相変わらずストーリーは滅茶苦茶面白い
だけど、物足りない
場面や周りの環境についてはいいんですが、キャラの心情の情報量が大きすぎて全然伝わってこないんですよね
一応少しは独白だったり心理は描かれているんですが、足りない
特に主人公の気持ちは結構右往左往して物凄くブレるのでそれをもっと丁寧に描かないと一貫性のないただのクズ主人公なだけです
まぁ、そういう一面もあるんですが、それでもちょっと勿体無い感じ
場面は分かるけど…キャラの動きが分からないという感じです
どういう衝動に駆られてだとか、どういう気持ちに従ってだとかそういうのがもっと欲しかったですね
キャラの立ち位置を表によるマス目描写なんかよりも、もっと気持ちを知りたかった
前巻は結構好きだったんですが、今回は特に遥花についてが小さすぎたので、なにこれこいつらどうしたの?どうしてそうなったの?っていう感じになってしまいました
期待していた分、だいぶ酷評ですが、ストーリー自体は好きです
勿体無い

一言:挿絵の植田亮は可愛い
総評 68/100
僕らの旅はこれから…
さて、学校へ行っていない黒紗夢です
なんていうかそれがデフォになってきましたね
もうひたすらネットの世界にDIVE INしてます
それが本来の私ですね!

ということで、朝と言う名の午後3時に目が覚めてネトゲ
自分の狩りはほとんどレア狩りでやる気を出さすにギルメンのお手伝い
今回のアプデでレアが出にくくなったために、ソロでアイテム狙っても全然出ないんですよね
そのおかげでお金が貯まらない貯まらない
前まで70金くらいあったのに、今はもう1金もありません
どんだけ貧乏人なんだよ…
まぁ、多分他人に50金以上貢いだりあげたりしてるので、仕方ないです
というかお金持ちの時は
「まぁ、このくらいならいいや」
っていう心理で高いものでも普通に投げ捨ててましたからね
今は貧乏人なんでそんなのは無理な話なわけで…
スキルリセットも買ったのにも関わらず、スキルを覚えるお金がない為に未だに再振り出来ていません
新しいセット装備も合成金不足の為に集まっていません
何というゴミクズなのでしょう…
早くお金をいっぺんにためたいです
自分の装備売ろうかなぁ…

で、あいも変わらず朝の7時くらいまでひたすら遊んでました
しかも、朝の3時過ぎからはギルマスと二人でダンジョンへ
その時パーティー申請とパートナー申請を読み間違えて、パートナー申請ボタンを押したらそのままギルマスとパートナーになってしまいました
まぁ、別にいいよね!
これで私のネトゲでのしがらみがまた一つ増えました
いっつも毎日ギルマスと二人で夜遅くまでしゃべってるから問題ないですがね
これでネトゲのキャラは女同士で、中身は男同士だったら笑えますね
どっちか片方でも逆だったならば…少しはましに見えただろうに…
ま、もうそういうのはどうでもいいので気にしませんがね
サブキャラ育てようかなー


ネトゲの話だけじゃあれなんで、料理の話
私は料理はやきそばとかそういうもの簡単なものしか作ったことがありません
今日もパスタはある
でも、具をどうしよう…
和えるだけのものじゃ分量が多すぎるし、かと言って自分でソースとか作れないしなぁ…
ということで、適当に作ってみたら意外とまともな味になって驚きました
塩やオリーブ、クレイジーソルトで味をつけたパスタに納豆、水菜、やみつき塩キャベツの素を適当にふりかけて食べたらよくある和風パスタになりました
お手軽なので、一人暮らしにいいんじゃね?とか勝手に妄想してました
ま、市販品でもっと美味しいものはあるでしょうが、多分こっちの方が安いんじゃないかな?
水菜以外にも何か加えたかったけど、何がいいか分からずに諦めました
五右衛門とか何が載ってたかなー…

それだけ
期待の新人笑(アンチリテラルの数秘術師3)
さて、ギルドのサブマスターになった黒紗夢です
素晴らしいね
いつの間に私はそんな立ち位置になっていたのでしょうか
全く分かりません
まぁ毎日夜…もとい朝までINしてしゃべってますからねー
なんというかやばいですね
レベルはキャップまで@1というか、闘技場の関係で上げないようにしているので、実質最高レベル
バカですねー
そして、強装備を手に入れられるのに、それを今まで知らなかった私はほんとバカですねー
一体私は何をやっているんでしょうかねー

とか言いながら、今日は学校に行っています
ちゃんと学校にも行ってます
が、しかし…

ほとんどの人が来ていない

なんでかなーと思って特に深く考えていなかったんですが、友人に聞いてみたところ

「今教授は、学会でハワイにいるよ」

なるほど

じゃあ、明日から来なくていいね!
ということを私は心のなかで決めました
声に出しながら
で、少しだけシステム増やして、システムのデバッグして終了
最近思ったのは、私もデバッガーの位置にいる気がしてならない
ろくな研究していませんしね!

で、アニメイトによると既にラノベが売っているではありませんか
勿論買いました
会計を終えたら

1万円減っていました

あれ…?
新刊買っただけなのに1万円減っているっておかしいですよね
16冊ありました
これで積んでいるラノベが95冊になりました
あと5冊で100冊到達ですね!

ほんと100到達したら、一日5冊読む日を設けよう

帰ったらひたすらネトゲ
でも、ネトゲネタはそろそろ飽きていると思うのでSS載せたいと思います
こんなキャラ使ってます↓
晴空物語メイン



このゲーム、キャラ自体は可愛いのでね
それ以外に何があるというわけではないです
が、一応PVやGVは面白い
とはいっても、GVはまだ参加した事ないので、サブか何かを育ててそういうのに参加してるところに入ろうかなぁなんて思ってます
今のギルドは抜けたくないしなー

リアルもやらなきゃね!

ラノベレビュー
アンチリテラルの数秘術師
電撃文庫より
著者:兎月山羊 イラスト:笹森トモエ

結構すっきりと終わりそうな予感のするラノベ
結構難しい言葉を言っているように思いますが、意外に簡単というかあんまり数学は関係ないムダ知識レベルのストーリーなので、読みやすいです
もしかしたら自分が理系だからっていうのもあるかもしれません
ウサギ可愛いしね!妹も好きだけど
割と伏線も回収したりしているので、読み応えがあるんですが…忘れていると大変なことに
たまーにあれっ?って思うような事が最後の方にちらっとあるんですが、まぁ、そこは気にしない

一言:挿絵最高
総評 72/100
楽しい楽しい生活(さくら荘のペットな彼女5.5)
さて、そろそろ本格的にやばい黒紗夢です
ギルドって怖いです
何が怖いって自分の事はほとんどせずに仲間と一緒にやると時間が一瞬で溶けます
そしてひたすら手伝いながら時間が消えて行く…と…

ということで、今日は朝からひたすらログインしてました
で、自分の事はあんまりやっていません
というか、日中はちょっと狩り
経験値を簡単に手に入れる為にひたすらPV
運が良ければ、6分くらいで32k手に入るので、結構美味しいんですよねー
その間にちょくちょく別の作業をしていたんですがね

流石に月曜日なのに自分の研究をしないというのはやばいので、とりあえず自分の簡単に出来る作業をやりました
プレゼン作りはまだノータッチ!
プログラムだけは少しだけ進めて、これからやっと始まるという感じです
もう終わるのにね
始まるって意味が分からないですね

ギルマス「黒紗夢さん、暇ー?」

俺「暇だよー」

この一言から、全ては始まった…
ひたすら狩りをする作業
楽しい楽しい狩りの時間です
ま、実際楽しいからいいんですけどね
その前はお金集めの為に作業を淡々とこなしていただけですし…
そろそろいい加減別のことしないといけないんだけどなー

MF文庫も今月は11冊買わないといけない事が分かったので、それもどうにかしないといけないし…
色々厳しー
ネトゲやめれば大半一発で解決しちゃうんだけどね!

ラノベレビュー
さくら荘のペットな彼女5.5
電撃文庫より
著者:鴨志田一 イラスト:溝口ケージ

相変わらず主人公のクズっぷり
あんまり好きじゃないんですよねぇ…この主人公
一貫性はあるにはあるんですが、よく分からないところを貫いているのであまり好感は持てません
ただ、この巻は短篇集なので色々なキャラの視点から見れるという点では面白いです
七海とか仁は結構好きなキャラなのでその視点を見れたので良かったです
ただ、割とどうでも良かった…
なんというかストーリーの別視点なだけなんですが、欲しい物があったような…なかったような…
こんなもんか
という感じです
悪くないけど、まったりしてるだけ?

一言:七海と付き合いたい
総評 54/100
日課の作業
さて、昼夜逆転生活な黒紗夢です
先日は結局二上の家に泊まって6時くらいに帰宅ですからね
家についたのが、7時前
多分直線距離に電車があるならば、10分もしないうちにつく距離のはずなのに、一度ぐるっと回らないと帰れないというふざけた仕様
20分くらいかかります
しかも、まだ朝だったので間隔がものすごく長いんです
…歩いて帰ってもそう時間変わらないんじゃなかと思いましたが、歩くのは流石にもういやです

そうそう、昨日の日記に色々と書き忘れていました
というか、ほとんど内容書いてないんですよね
面倒くさかったとかそんなことはないんですが、書くとものすごく長くなるので割愛しただけです

私は、靴紐が切れた状態でそいつの家にいきました
1時間半くらいかけて
意味が分かりませんよね
ぶっかぶかの靴で段差とかで靴が脱げそうなのにも関わらずひたすら歩かされました
おかしいだろjk…

しかし、小学校の頃と今では変わっているようで、全く変わっていませんよね
性格もそうだし、顔もそうだし…
女の人は結構変わっている人は多いけど、案外男は変わらないもんかもしれません
それか、昔のような面影がある言動から、昔からこうだったという記憶の上書きのせいで変わってないなーなんて思うのかもしれません
そもそも、昔仲良かった奴への対応がよそよそしくならない限り、関係は変わっていないんですから、ただただふざけあったりしていただけで、対応が変わるわけないんですよね
ただ、昔知らなかった一面というのも見られます
先日はそんなものを見れました
どうやらそいつが詩を書いていたらしい
まあ、ただの詩だったら別に普通だしいいんですが、これを小学6年生が書いたと考えるとどうなんだろうなぁというか笑えてきます
まだあんまり分かってないのに、分かった気で書いていて面白かったです

ぼくのこころも、あんなあおい空のようないろになりたい

とかそういう一節がありました
いやー、すごい小学生です
この書いた時は好きな人が出来てかなり有頂天だったんでしょう
小学校の告白大会は黒歴史です
そいつにとっては、バラ色のリア充生活だったんでしょうがね!!
リア充に即発されて、負け組が量産されたあの告白大会…
結構濃密な生活送ってたなぁ…

因みに、昨日のタイトルは私が告白した時の言葉らしいです
私は覚えていなかったんですが、そいつは覚えていました
でも、よくよく考えると今の私っぽいですよね?
「率直に言うと、好きです」
なんか、今の私が言いそうですねー
この頃からこんな感じだったんでしょうか
ろくな小学生じゃありません
この頃は色々なグループの人と関わっていたから、ほんと色々な思い出があります
でも、大抵忘れてます
いい時代だった…
生きてきた中で一番いい時代であったのは間違いないです
小学生に戻りたいぜ…


因みに、今日は午後に起きてネトゲやってるだけです
最近の日課は
朝までギルマスとしゃべる
という物凄く時間が浪費されます
毎日毎日二人きりになってしゃべってますからねー
やばいねこの生活
毎朝朝日を拝んでますよ
これ、大丈夫なのかな…?


そういえば、そいつともTwitterをフォローしてしまいました
そいつはオタクでも何でもないのに、私のツイッタ―を見ることになります
そう考えるともうだいぶどうでも良くなって来ました
なので、Twitter載せます
ま、この日記見てる人間にとっては
あぁ、やっぱりこいつこういう奴なんだなって分かりますよね
…破綻していってるなぁ…
率直に言うと好きです
さて、今日は突然すごいことになってしまった黒紗夢です
午後4時過ぎにとある電話がかかってきました
その時、電話は取れなかったんですが、発信した人がなんと旧友
しかも簡易留守メモが残っているではありませんか

「今日とか…暇じゃないですかねぇ…?」

何故敬語…?
とか思いましたが、とりあえず何かあるの?とメールしたら
突然飯を一緒に食いたいとか言い始めてくる始末
意味が分からない…
でも、久しぶりだったのでとりあえず行くぜーと言ったら地元で一緒に食うことになりました
メンバーは
私、そいつ(以下:二上)、旧友其の二(増山)
の3人で、増山は相変わらず身長が伸びていない同級生の女で二上は同窓会の時にものすごい服を着てきた割には、中身はほとんど変わっていませんでした

7時半くらいから串焼き屋で食べ始めていたんですが、店には0時過ぎまでいました
…いすぎじゃね…?
今考えるとものすごく長時間いたことになります
約5時間いたことになります
まぁ、でも小学校から約10年ぶりですし、同窓会で一応会ってはいるんですがほとんど話していません
なので、3年前にあっているとはいえ、色々積もる話があるわけです
しかも二上はかなり仲の良かった奴です
余談ですが、二上とコンが雰囲気というか狐っぽいところが結構似ています
で、そいつの事はあやなを通して若干知っていたんですが、話しても話しても話が尽きません
いやー…
まじ面白かった
そして、何故か

何 故 か !

合コンをセッティングすることとなりました
意味が分からないよ…
合コンしたことのない人間がどうやって合コンをやるんでしょうか
というか、何故相手側からOKをもらえたのかが不思議です
すごいね、お酒の席って…

そして、終電を逃したバカの家へ行くことになりました
…因みにその店から私の家まで歩いて5分くらいです
そいつの家は歩いて

1時間半です

…どういうことなの…
何故か拉致されてそいつの家でグダグダしてました
そいつは音楽をやっているんですが、結構幅広くやっていて、少しだけいいなぁというのもあったのでこいつがゲームに興味あれば一緒にゲーム作れたのに…という感じ
勿体無い
まぁ、音楽は最悪なんとかなりますが、やはり誰かにやってほしいよね

一本の電話によって、今日は素晴らしく変化してしまいました
旧友に会って、他の奴らの話を聞いて別のやつにも会いたいと思ったし、合コンもやることになったし…
スゴイネー
フシギダネー
らしくてらしくない(探偵失格―愛ト謂ウ病悪ノ罹患、故ニ我々ハ人ヲ殺ス)
さて、いつも通りの日常を送っていた黒紗夢です
しいて言うならば、いつもより酷いんですが、そこは気にしたら負けですよね

ということで、いつも通り2時くらいに学校
本当は午前中から集合という形だったのにも関わらず、誰もいない状況
私が行った時には3人しかおりませんでした
理由は、教授が休みだからという

どうも体調を崩したらしく家でネットミーティングをしたりしてこないグループがいたらしい
そして、私達もSkype会議になりました
本来なら5時からの予定だったんです

結局開始は6時だったんですけどね!
何だかんだで1時間程で終了
長かったような、短かったような…
しかし、3人とも研究室でマイクを探して設置したというのに、ハウリングするからという理由で何故か一つに…
あれ…そんなハウリングとかなくね…?
とか思ったんですが、私は教授と一言も話してないから結果オーライなんですけどね!


で、町田の小田急の方へ行ってラーメン
味噌だけどかなり美味しかった
やっぱり新しい店に行くのはいいもんですね

ガンエク
大分勝てるようになってきた
何というか、立ち回りがわかってきたような分からないような…
もう少しですねー
早く家でやりたい

ラノベレビュー
探偵失格―愛ト謂ウ病悪ノ罹患、故ニ我々ハ人ヲ殺ス
電撃文庫より
著者:中維 イラスト:ぜろきち

自由奔放にして学内の不穏分子である黒塚音子。そんな彼女を「お姉ちゃん」と呼び、愛の奴隷として信奉している高校生空野高は、彼女に誘われてドキドキのお泊り会に行く……はずだった。しかし、そこで待ち受けていたのは外法の象徴「不死姫」や狂信軍人、謎の魔女など規格外のメンツが集う時刻館――通称「地獄檻」で発生する、連続殺人事件。そこで、音子先輩の真の姿「祟り神」と何故か音子の変わりに探偵のようなことをする「探偵失格」の高が見つけ出すのは、犯人か、それとも百鬼外法の成れの果てか――。外法がはびこる奇妙で巧妙で軽妙な推理奇譚ストーリー。
あなたの真実は、どこにありますか――。


探偵失格っていうよりも、人間失格レベルの主人公
でも、なかなか面白かったです
何かに似ているなぁと思ったら少しだけみーまーに似ていました
そこまで人格破綻はしていませんが、トラウマがしっかり作られていて良い感じです
ヒロインも結構可愛らしい性格で、壊れているけど壊れていないという、何とも面白い性格です
文章は一人称視点で、臭いから仕草まで細かく描写されているので、わかりにくいであろう場面でも五感で感じれるので分かりやすいです
他の登場人物も、百鬼外法と言われながらもたまに面白い方向にネジが外れていたりしていいキャラのやつもいて良かった
ただ、探偵という要素はあるような、ないような…
結局そういう雰囲気を楽しむラノベでした
楽しかったのでいいんですけどねー

一言:人外最高!
総評 72/100
今日の仕事
さて、狩りしかしてない黒紗夢です
相当やばいです
つい先日、何故か突然そろそろギルドに入るかーと思い立って、新設されたばかりのギルドに入ろうということになりました
で、入ってみると…


. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: :一日中INしてるじゃねーか…
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


因みに、学校へも行ってません
行くのが面倒臭くなったのでさっさと諦めました
そして、ひたすら狩りをする生活に…
そう、まるで高校の頃に戻ったかのような生活
危ないですねー
このままではまた死んでしまいます
いや、流石に周りには迷惑をかけたくないので、卒研は書きますけどね
今日もプレゼン資料を多少作って、ほぼ明日教授見せられるレベルにまで作成し終わりました
ま、まだどうせ添削されると思うのでそこまで本格的にやっていませんがね
これからどうなることやら…

因みに、ひたすら狩りをしたおかげでLV1上がりました
カンストまでもう少しです
今まではそう簡単にレベル上がらなかったんですが、ギルドクエストのおかげで一気に経験値が手に入りました
そのかわりにお金も一気に減りましたが…

あれ?
大分クソみたいな生活だなー

因みに、その間に相方はロボットの撮影をして、しっかりとバグを潰していました
こいつぁやばいぜ…
様々な複合点(僕と彼女のゲーム戦争2)
さて、今日はいろいろな事があったようでない黒紗夢です
いやー…もう本当に残念でした
何というか、なんでこういう時に私はいなかったんでしょうというくらいのイベント
こんなのあるくらいならそっちに行けば良かったという感じです

ということわけで、今日はまず学校へ行って色々修正
先日ロボットの撮影をしようと思ったら何も動作をしなくて致命的なくらいバグっていたので、撮影が出来ませんでした
そのせいで、本来ならば昨日撮影を終えていなければならないものを今日撮影したんです

結果撮影出来ていませんがね!

何という事でしょう…
結局ダメでした
因みに、久しぶりに昼飯を学食で食べたんですが…

あれ…?
こんなに不味かったっけ…?

という印象になりました
おかしいなー
というか、メニューがかなり変わっていました
ピリ辛丼という素晴らしい定番メニューがあったのにも関わらず消えていました
何故一番美味しいものがなくなったんだ…
そして、チキンなんたら丼というのがあったんですが、量が半分くらいあになってました
前は丼に収まり切らないくらいのチキンの量だったのに、今は小さく切れ切れになってました
何という底辺食堂…
カップ麺の方が美味しいまである

閑話休題

エラー直しを待ちつつプレゼン作り
かなり時間がかかりましたが、大分出来ました
残念ながらエラーは終わりませんでしたがね…

本当はミーティングの4時前に渋谷へ着くつもりだったのに、気が付いたら既に4時を回っていました
どういうことなの…
そして、急いで行ってみたら何故か延びに延びる忘年会の開始時刻
仕方ないのでガンエクやってました
最近勝てるようになってきた
嬉しい

で、開始予定時刻が1時間以上過ぎて飲み会
原因は幹部決め

. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: :なんで俺はその場にいなかったんだ…
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

そんな格好のネタになるような時に何故いなかったのでしょう
割とショックでした
本人から聞いたり、その場に参加していた奴から話を聞いていたんですが…
どうも面白みに欠ける
面白いネタではないんですが、話題として格好のネタなんですよ
いやー…
すごく気になる
前回があまりにもクソだったのに対して、今回は結構なみのりがあったらしいです
何此の疎外感
クヤビク状態

因みに、飲み会の座席は通路を挟んで1つ机と2つ机で分かれていたんですが
1年生が1つ机、他が2つ机という配置でした

勿論、私は1年生机です
周りは当たり前ですが全員1年生です
…はい、1年生と同じ扱いです(^p^)
ま、楽しかったから大満足
その後ラーメン食って終わり
カラオケとかダーツとか行きたかったけど、帰る子も多かったから帰宅

結局気持ち悪くなったからちょうど良かったのかな?
間違いなくガンエクとRbやったせいだけど

ラノベレビュー
僕と彼女のゲーム戦争2
電撃文庫より
著者:師走トオル イラスト:八宝備仁

あれ…?
八宝備仁ってこんなに絵変だっけ?
何かもっと上手くてすごい可愛い絵だった記憶があるのに、どうしてだろう…
という具合に絵に惹かれませんでした
内容?
ただゲームの説明しているだけのラノベです
主人公よりも宵闇の魔術師の方が面白すぎてやばい
サブというかほぼモブキャラのくせに特徴がものすごく強くて、ギャップが激しいというかなり美味しい役目
こいつを主人公にした方が面白いんじゃないか?と思ったんですが、モブだから面白いのかもしれない
こいつが関わっていると面白くなります
ヒロインの杉鹿は結構いいキャラで好印象
ストーリーはそこまででもないけど、キャラは結構立ってる
そんなラノベ

一言:でも巨乳は困る
総評 62/100
直前の問題(彼女はつっこまれるのが好き!5)
さて、最近朝に目をさましている黒紗夢です
いやー…だってもうそろそろやばい時期なんですよ
プレゼンの資料作りに、システムの最終調整…
やることがいっぱいあるのにも関わらず、遅々として捗らないんです
もうやばいね
プレゼン資料作り1ページに多分今日は1時間以上かけました
そんなんでいいのかってレベルですが、まぁ、仕方ない
後もう少しなんですが、なかなか終わりません
というか、私の担当範囲ではない部分のプログラムも書かないといけないので、教えてもらいながら体裁を整える作業
デザインは俺に任せろー!というノリで常に私は言っているんですが
ぶっちゃけ私デザイン専門じゃないんですよね
お判りの通り、あんまりそういう知識の勉強はしていないですし、勉強もしていません
配色なんかは少し本を読んでみたことはありますが、流し見程度なので学んだとは言えません
CSSによるHP作成方法の資料なんかは読んでみたことあって、サイトの体裁は色々勉強はしましたが、流石にPowerPointは…ねぇ…
それでも私がやるんですがね
多分きっと私の方がPowerPointの使い方も配色も総合的に出来るという意味では適任なのでしょう

が、私の研究が一向に進まない
DLL作るお!って言ってから、自分のプログラム一度も触れていません
PowerPoint作って、相方のバグ見て、ロボットの撮影をして……
次から次へと来ます
間に合いません
もう諦めようか…
ロボットの撮影も、ロボット制御の奴が来てなくて出来なかったし…
つい一ヶ月前まではほとんどの動作が出来ていたのにも関わらず、何故か本番になって何も受け付けなくなったという致命的なバグが発生しました
握手をしようとすると、手を高速に動かすわ回転しないわしゃべる時はその後動作出来ないわでどうしようもないガラクタに変化しました
これで間に合うのかよ…本当に…
しかも、ビデオは明日3年生に見せる予定だったんでしょうが、まぁ、撮影ミスったので見せられないですよね!
そして明日学校へ行くことが決定しました…


. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: :最後の最後で全員バグ出しすぎだろ…
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今まではマニュアル通りの音声認識をさせていたせいで、意味不明な処理をかけまくろうとすると絶対にバグって酷い有様になることが判明して、それを直す→通らない→直す→以下ループ
が延々と続いているようです
私はノータッチなので、まともな形になってくれるのを祈ってます
何か去年私達がロボットを渡された時と似ているような気がするなぁ~…
去年のロボットはデモムービーだけ見るとものすごい事をやっているんですが、実際のプログラムを貰った時は、しゃべりすらしないというふざけた仕様でした
私達もこういうふうになるのかなぁ…
怖いなぁー…

そういえば、町田でみそさんに会いました
あの英雄のみそさんです

しかし、アクアパッツァの事を聞いてみたらカルラがものすごいことになってますね
カルラ対モルガンの開幕シールドブレイクはクソ笑いました
どんな強修正だよ…
でもかなりの良修正らしいですね
これが稼動当初だったらかなり面白くなっていたとかいないとか…
勿体無い
今更やっても人がいないのが残念なところです
ま、ゲーセンに今誰もいないような気がしてなりませんがね
早くP4U出ないかなぁ~…

ラノベレビュー
彼女はつっこまれるのが好き!5
電撃文庫より
著者:サイトーマサト イラスト:

何だろうこの進んでいるようで全く進んでいないストーリーは…
今回は、というか、今回もお色気回
だがしかし、一切何も進んでいません
お風呂で裸がーというアニメでいう所謂小休止
この巻を読まなくても間違いなく次の巻の内容は理解出来る程度に話がないです
一つだけあるような感じですが、別にそれを重点に置いていないというか…最後にほんのちょこっと出てきただけというか…
一応最後に新キャラは出てくるんですが、間違いなく次の最初で紹介すると思うのである意味次回予告みたいなものでしょう
そういう意味では進んでいるのか…
まぁ、多分好感度は上がっているんでしょうけどね
あと、相変わらずこのボケツッコミは白々しいというか見ていて寒いというか…
たまーに面白い時はあるんですが、結構空回りしているんじゃないかという場面が多いのは気のせいでしょうか
いや、キャラは笑っているからいいんでしょうけどね
要するに、いつもと同じように普通でした

一言:こはるちゃんが可愛すぎて生きるのが辛い
総評 60/100
緊張感のない緊迫感(サイハテの聖衣(シュラウド))
さて、先日の事実が割とやばいと感じている黒紗夢です
80冊ですよ
積んでいる本が
ある意味で言えばもう無料で80冊近い本が選び放題読み放題なわけです
買ったから無料じゃないだろってレベルですが、大分放置されているものもあるので、もはや無料と言っても過言ではないレベルです
今までは、物語の中に入るために結構ゆっくりめに読んでいたんですが、そろそろ斜め読みをしなければならなそうです
自分の趣味なのに概要さえわかればいいや的なノリで読むのは完全に本末転倒なんですが、最近ラノベを読むというよりも買う方が楽しいですからね
どうしたもんやら…
まぁ、今までは見開き1ページを約1分で読んでいたんですが、30秒くらいで読まないと一日2冊は達成出来なさそうです
正直家ではあんまり読みたくないんです
電車の中、片道50分の中で読みたいんです
家だとPCあるのにラノベを読むとか負け組やん的な発想なので、電車の中しか読みません
読み途中で残りページが少ないと家で読むんですが、そうでないと次の日でした
でも、それもダメなんだろうなー…

閑話休題

3限から集合という事で午後1時過ぎに行きました
全員揃っていないのが、流石の研究室だと思いました
私たちのプレゼンは明日審査するとか言われていたのに、何故か今日やらされました
そのせいで3人分のプレゼン資料を統合しようとしたらバラバラでクソみたいなのが完成しました
おかげで教授は半分しか添削してくれませんでした
そりゃそうですよねー…

で、プレゼン直したり、他の担当の奴のバグが次々と出て私の分野に手を出せず、ロボットのデモを撮ろうとして手間取ったり……
結局、自分の研究に一切手をつけていません
どういうことなの…
やらないとやらないととか言いながら、他のことが次々にあらわれるせいで自分の事が出来ません
家ではやりたくないんだけどなー
やらなきゃいけなさそうです…
っていうか、水曜日もきつそうだな…

ネトゲ
最近レベル上がらないなーと感じてました
よく考えたら全然狩りしていないことに気が付きました
INしているのに何もしない
あれ…ギルドに入ってないからチャットもしてないんだけどな…
不思議だなー
まぁ、実際2時間もしていません
LVあげたいけど、全然やる気がない
というか、反復クエが一日一回のみで、他のクエはギルドに入っていないと出来ないというクソっぷりなので、LV上げが出来ません
仕方ないよね

ラノベレビュー
サイハテの聖衣(シュラウド)
電撃文庫より
著者:三雲岳斗 イラスト:朱シオ

本州最西端にある赤間関市は謎の妖獣「禍憑妃」の侵略を防衛する為、獣装戦闘服――聖衣(シュラウド)と呼ばれる破魔の鎧をまとう少女たちが日夜戦いを繰り広げていた。そんな場所にある民間軍事会社「極東自衛機構」の女兵士として活躍する少女たちの戦いながらもコミカルな日々を垣間見る……。新感覚・日常系戦場ファンタジー!
舞台は、関係ありますか――。


ストライク・ザ・ブラッドは結構好きなんですよ
が、これはなんというかいまいちぱっとしませんでした
一つの舞台での短編というのは割と好きな部類ではあるんですが、どうも押しが弱い
というか、一人本当に性格も態度も何もかもうざい先輩がいるのでそいつが受け入れられないんですよね
4人の日常風景で一人が完全にうざいとかもう見ていて腹パンしたくなります
一人一人の過去を覗くんですが、3人は結構整っていて色々な感情を思い馳せる事が出来るんですが、このウザイ奴はでっていう状態で、あんまり伝わらないんですよね
確かに、流れはあるにはあるんですが、それって……お前の性格が悪すぎるからじゃね?という結論にいたってしまうわけです
文章自体は様々な視点を用いていますが、割と区分けはされてあるので誰がどうというのに混乱することはありません
そういう意味では、状況が分かりやすく簡単に読みやすくはあります
ただ、過去と現在のギャップに何というか、関係性がおざなりになっている面があるのが勿体無いです
関係はあるのに、だからどうしたのという感じで、え、じゃあ、そんなに重くする必要あったの?という感じです
日常系ならもっとずっと明るい方がいいかもしれません
戦闘と過去が、コミカルな日常に比べてやや暗すぎる面が強いので、何ともいえない気持ちになります
もやっとしました

一言:紗々羅死ね
総評 60/100
積みは罪(魔法科高校の劣等生④ 九校戦編<下>)
さて、最近親に同じような事を言われる黒紗夢です
あんた毎日昼頃に起きて……そんな生活送るくらいなら、院いくの止めて働きなさい!

…全くもってそのとおりですね、はい
時刻にして、午後3時
私は目覚めました
どんだけ遅いねんって話です
そして後輩と約束していた時間は3時
なんというピッタリ感
遂に私がサイトを手放す時が来てしまいました
まだ完全に手放しませんが、少しずつ後輩に教えていって後輩が部活のサイトを更新していくことになりそうです
まぁ、面倒事が一つ減りはするんですが、その前にシステムを完成させなければいけない厄介さがあります
最後の砦、写真のページを如何にして軽くするか…
これが現状の問題点です
いやー…きついっすね
年が経てば経つほど増えていく写真をどう知識のない人間でも簡単に編集させられるかというのが焦点になります
……無理じゃね?
面倒臭いよー
卒研も何もやってないのにやばいよー

閑話休題

それはさて置き、チャットだけで説明するのってなかなか難しいもんですね
相手が結構謎な事を言ってきて対処法が分かりませんでした
というか、Notepad2で編集出来ないってなんぞなもし
ただのメモ帳で出来ないなら何となく分かるんですが……あれの原因は一体何だったんでしょう
不思議です
まぁ、それ以外は半分くらいは教えられました
でも、教えた後に気が付いたんですが、XMLが壊れていました
これでOKを出した私も私ですが、そもそもこのXMLファイルは一体いつから壊れていたんでしょう
バックアップを取った11/19には既に壊れていました
……一ヶ月近く、生のXMLをサイトに出していたとか……どんだけだよ……
しかし、更新ポイントは教えても、発展はさせられないよなーと思わざるを得ません
いや、いいんですけどね
いいんですが、新しいこと出来たらどうなるんだろうなー…
ま、まだ2年いるからいいか

で、ネトゲ
あんまりやってない
あと少しでLVUPするのにやっていません
なんという事でしょう
ダンジョンを1周して、周回クエをやって終わりました
その間は、アニメ見たり後輩に教えていたりしていたので、割と片手間感があります
こうやってネトゲはやればいいんだなー
そして、今日思ったことは、
ネトゲやりながら英単語とか覚えれば勉強しながら出来るんじゃね?
英語の勉強をしろと言われたので、これはひょっとすると画期的な方法かもしれません…
英単語とか英文法の良いサイトを探しましょうかね

それ以外はひたすらラノベ読んでました
っていうか、魔法科高校の劣等生長過ぎワロタ状態で相当時間取られました
ただ、最近私の周りの人達が口を揃えて
「ラノベ買いすぎ、読まないなら買うな、無駄だろ」
という叱責をされるので、読もうと思います
後輩からも
「読まないなら買わない方がいいですよ、読んでないと話題についていけなくなりますよ」
俺:話題に出てから読めばいい(キリッ
「それじゃあダメじゃないですか! 語れないじゃないですか!」

…確かに
昔の私も、エロゲを積んでる奴らにやらないなら買わなきゃいいのに的な事を思っていましたが、今の私は完全にそれですね
「積みの数は罪」
今現在家に積まれているラノベは81冊あるので、私の業は81個あるようです
……あれっ?
増えすぎじゃね?
私の感覚ですと、そろそろ50冊くらい積んでるよなー
っていう感じだったんですが……もう100冊積みまで目と鼻の先じゃないですか!
一冊約620円としたら、5万円程積まれていることになります
エロゲ5作分!あれ、少ない!
……はい、やばいですよね
一日5冊読まないと今年中に読み終わらないよなー…
無理だなー……
もう誰か私の読んでないオススメor読んでほしいラノベがあれば言って下さい
多分家にありそうです
埋もれているのは勿体無い

ラノベレビュー
魔法科高校の劣等生④ 九校戦編<下>
電撃文庫より
著者:佐島勤 イラスト:石田可奈

相変わらずこの主人公は完璧すぎて惚れ惚れしますね
まさに理想の権化です
今回は、主人公の強さと知性を一番垣間見れた巻ではないでしょうか
相当な鬼畜さと基地外さを兼ね揃えています
それがかっこよくて、最高に面白いんですがね!
この作品の一番の魅力は、主人公の強さですねー
ただ、それだけではなくて、最近、というか今巻からちょっとだけ周りの人間関係も気になって来ました
焦点はひたすら主人公と、たまに妹だったり別キャラだったりするんですが、そこからわずかに漏れ出す人間関係がとても面白いです
エリカと幹比古、レオの今後や、会長、ほのか、あずさのそれぞれの思いを馳せるだけで楽しいです
そういう、周りの奴らの行動を考えるとドキドキワクワクします
いい作品が文庫本化しましたね
設定とかを読むのが嫌いな人には最悪な本ですが、そういう小難しい説明などを受け入れられる人にとってはものすごくいい作品です
たまに、文章が変になったりしますが、ストーリーと主人公が全てを吹き飛ばします

……でも、今巻である文章が明らかに不自然な形で繰り返されていたのは、絶対間違いだと思うんですよね
他の繰り返し文とは違う、明らかに他の言い回しを変換し間違えたレベルのが一文だけあった気がします

一言:妹が最高に可愛い
総評 90/100
気がつくと消えるもの(パラダイスレジデンス)
さて、寝不足な黒紗夢です
当たり前ですが全部私のせいなので、ただただ眠いというそれだけでした
とか言いながら、既に深夜4時をすぎているんですが、気にしたら負けです

ということで、朝部活
もうどうやって休もうか悩ましいくらいに最悪な状態でした
寝不足で気持ち悪いわ頭痛いわで最悪ですよ
ほんともうこれ休めるんじゃねーかなーとかひたすら葛藤してました
結局行ったんですがね
あと来週で最後だし、休むのってなんだか負けた気がしますしね!
で、テンション0の状態で部活

起床してから3,4時間経てば流石に体調は戻ってくるもので、そのあとはステーキをみんなで食べに行きました
……正直、ステーキ以外を食べるべきでしたがこの時はそんなこと微塵も予想出来ません
晩飯もステーキとか…どんだけ肉盛りだくさんなんだよ…

閑話休題

その後、ミカド行ったら誰もいなかったので、仕方なくRbとガンエクをやりにいこうとしたら、何故かゲーセンにいる部員達
そして一緒に何かをやるという作業
まさかのスト2対戦
波動拳と竜巻旋風脚を打つ作業
近づいてきたら昇龍拳の作業
…初心者に何をやっているんでしょう

そして太達をやったりよく分からない謎の小さい子向けのカートレースに興じて、ガンエクをやりました
ガンエク人INEEEEEEEEEEEE
ほんともう最悪です
あばばばばってレベルです
早く家でやりたい
もうこれしか言えない
でも、錬金術師ではないのでね、我慢するしか方法はないんですよ…

金がないって言いながらラノベは買ってます
今日は10冊買いました
全部電撃文庫が悪いんです
電撃文庫が新刊を沢山出すのがいけないんです
新刊が出たら買うしかないじゃないですか
たとえまだ積んである続刊があったって、買うしかないじゃないですか
それはもうしょうがないいんです
運命です
デスティニー


で、帰宅してからはネトゲしながら他の作業といういつものループ
最近ふと思いました
ネトゲやらなければ、もっと違う作業出来るのではないか…と
ということで、今日は趣向を変えてレア狙いの気ままなダンジョンマッチングに登録して待つだけ…のはずだったんです
今日は休日です
マッチするマッチする
結局5回くらい行って、計3,4時間は潰しました
終わってるー

. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: :アイテムも出ないし、時間無駄にしただけやん…
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

もうね、でもね、これで行きますよ
どうせ後LV4あげたらキャップなんです
そしたら装備のレベルを上げる作業をするしかないわけで、それはもう課金でしか出来ないわけで…
うん、ゆっくりやろう
何だかんだでまだギルド入っていませんしねー

…資料つくろ

ラノベレビュー
パラダイスレジデンス1
講談社ラノベ文庫より
著者:野梨原花南 原作・イラスト:藤島康介

山の上にあり、電波も届かないような橘花学園第一寮。そこの寮生として高校に入学をしてきた三沢寿々花は新たな環境に不安を感じていた。そして、入寮ガイダンスが始まってから堂々と遅刻してきた同じ新入生の小鳥遊初音はなんと寿々花とルームメイトらしく……。女学生達が彩る、新たな門出に期待と不安を胸に抱いて送る、少女達の出会いを描いた学園ストーリー。
胸のうちに何を抱きますか――。


最初表紙を見た時は、どこの90年代のものかと思いました
でも、中身は現代でした
結構衝撃でした
ストーリーも話の展開もどちらかと言えば、90年代っぽい古めかしい感じだったのでこれが現代の話なのかーと思うと少しだけ違和感がありました
でも、結局どの時代も然程女学生には変化がないのかもしれませんね
まったりと一日を描いていくので、時の進みは非常に遅いんですが、それでも濃密です
一日というのはこんなにも多彩なんだなと思わざるを得なくなる、不思議な感覚です
寮なので男は一切出て来ませんし、更に言うとすごい事件らしい事件もないんですが、話に飽きはあまり来ませんでした
ぽんぽん場面転換されながらも、一刻一刻が丁寧に描かれている為とても楽しいです
ただ、たまに文章がこれどっちの気持ちなんだろうと思わず見返してしまう部分もあります
一人称視点ではあるようですが、たまに違う視点になったり、その前の文章で指示された人物の独白がその後に続いたりとちょっと前後をはっきりと読まなと分かりません
それが若干読みづらくて面倒だったんですが、ストーリーは丁寧でした
でも何があるの?って言われると、何も無いね、と答えるしかありません
所謂日常系です

一言:野生の展開が分からん
総評 66/100
主義差別(アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者1)
さて、学校でひたすらしゃべっていた黒紗夢です
しゃべっていたといっても、研究についてですがね
今日からプレゼン作りが始まったからです

とはいっても行ったのは4時くらいなんですがね!
細かいことは気にしたら負けです
でも、スライド15枚中10枚は完成したのでほぼ今日で作業が終わりました
あとは私は1.5枚分書けば終了なのでちょろいものです
卒論用だから、堅い文章ともって回った表現にしようぜ!っていう考えのもと、無駄な表現が多彩になりました
「潜在的知識選択と記憶領域の増加」
どういうことなの…
これがロボットの研究課題の一つですからね
全くもって意味が分かりません
それを言った私のテンションも謎です
まぁ、こういう風に色々な解釈を取れるような雰囲気を醸しだして、出来てるよ風に出すのってきっと重要ですよね
間違いなく却下されそうですがね!

そして、3時間くらいで終了して飯食ってガンエク
もう募金箱にお金を入れたくないお…
早く自分の家でキャッキャウフフしたいお…


さて、ここからは若干ラノベを読んでから考えた事をちらっと書こうと思いました
選民意識についてで、差別主義か、平等主義かという問題
亜種族と人族はどっちでかくあるべきか
まぁ、私は基本的には差別主義者なのでこの主人公には若干イラッとはしたんですが、そこは割愛
正直そんな話はどうでもいいんです
関係なくはないんですが、ふと政治のことを思ったんです
王政と民主政を混ぜたらどうなるかなぁと
貴族って古代ギリシャでは学問にも準じていた…ような気がします
政治的権力も勿論持っていますが、頭もよくちゃいけない
という事で、奴隷を使って身の回りの世話をしていました
しかし、社会主義だろうが民主主義だろうが、政治というのは腐敗しているものです
金と権力に溺れるわけですね
そこでふと思いました
貴族制にして、貴族が政治をやらなかったらどうなるだろう、と
つまり、金持ち共は国からある程度援助金をもらいつつも上層階級の称号を持ち、ひたすら学問を究める
で、大統領(王)を決める時に哲学的問題を候補者に提示してそれぞれ代表者が答える
それを考慮して投票する…というね
要するに、今のような政治的な実現しないクソマニュフェストを提示するだけじゃなく、その人がどういう思考をしているのかを問う問題なわけです
リアルタイムでやれば、考える時間は少ないですし、裏工作も貴族が政治に関わらなければあまり出来ない…はず
貴族は学問を究めるだけで、階級によって支給額は一律にすればいいわけですしね
で、学問は先進的な事をやることでその国家が他国家よりも優位に立つ事も可能になるかもしれません
まぁ、詳しく書くとかなり長くなるんで、大雑把ですが、結構良い政治形態だと思うんだけどなー
あ、因みにラノベの内容と一切関わりはありませんので、ご安心を

ラノベレビュー
アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者1
講談社ラノベ文庫より
著者:榊一郎 イラスト:ゆーげん

ラノベ作家の父とエロゲー原画師の母を持つ、自宅警備員のサラブレッド級オタク・加納慎一は面接中に突然異世界へ連れて行かれた。ドラゴンが空を飛び、魔法が存在するファンタジー世界がなんと富士の樹海と繋がっているらしい。そして、慎一は異世界にある国に「オタク文化」を交易として広めるようにと任務を課せられた。なんだか分からないまま、中身が腐っている女性自衛官とハーフエルフのメイドさん、美幼女な皇帝と親交を深めつつ、萌えを伝えようとするが……。日本での振る舞いが異世界ではとんでもない事態を招いてしまう!
人間と亜種族は萌えで繋がれるのか?!オタクなファンタジーラブコメディ!
あなたは考えを、押し付けていませんか――。


ヒロイン達が可愛かった
特に皇帝
ハンパじゃなく可愛いですね
この講談社ラノベ文庫は狙ったかのように可愛い幼女を出してくるので困ったものです
完璧に抱きしめたくなる幼女です
ストーリーは、悪くありません
というか、どんな設定だよっていう感じですが悪くないです
ただ、主人公がどうしても好きになれません
相手には色々言っている割には、自分の思考回路こそ凝り固まっている思考の押し付けが目立ちます
自分では、多面的に見えているように考えている割には、今の日本はこうだからこうあるべきだ!という認識の甘さが顕著です
それを上手く周りの人が騒動を巻き起こしながら、展開に思いを乗せるんですが、やはり好きになれない
というか、最初と大分キャラが変わっているし、うざい要素が常に残っているあたりある意味気持ち悪いオタクの典型だなーと思いました
同族嫌悪ってやつですね
文章は一人称視点で分かりやすく状況と心情を描いてくれているので、読みやすいです
独白が多いですが、そこまで冗長ではなく、むしろプロローグこそ冗長で、使い捨てキャラにそんなページ数使う必要あったのか?というレベルでした
ヒロインはみんな可愛い
それはもう真理
今後、主人公の考えがどう変わっていくかを見るラノベですかねー
主人公を抜かせば、良い感じだと思いました

一言:幼女くれ
総評 70/100
はまっている事(セクシャル・ハンター・ライオット1)
さて、雨天中止な黒紗夢です
何が中止かって言うと、学校に行くことです
そんな雨の中、学校へ行くとかバカの所業でしょう
雨だからって行かない神経が理解出来ない人は、うん、真面目な人なんでしょう
私には真似出来ません
だって、雨ですよ?
濡れたらいやじゃないですか
だから、家から出ませんでした

なので、ラノベを買いに行きたかったのに諦めざるを得ませんでした
それが唯一の気がかりです…


しかし、EXVSがやりたい
本当にやりたい
多分知り合いだけでも10人以上やっててイラ壁しそう
なんでみんなそんなにPS3持ってるんだよ!!
俺だって欲しいよ!!
ということで、もうコミケは諦めてPS3とEXVS買うかもしれません
そのくらいやりたい
やっぱり楽しいゲームやりたいもん!

ネトゲ
まだLV45になりません
本格的にやってないっていう理由もありますが、ダンジョンでかなり時間を喰ったというのが一番大きいです
上手いチームだと、30分程で終わるんですが、運が悪いと2時間くらいかかりました
どんだけかかってるんだよってレベル
まぁ、LVが低いのもありますし、俺の回復がゴミっていうのもあります
壁役が頼りないということもありますがね!
早く装備全部集めたいでござる…


ラノベレビュー
セクシャル・ハンター・ライオット1
講談社ラノベ文庫より
著者:築地俊彦 イラスト:はましま薫夫

かつて人類に害をなす存在「キリオーニラ」の祖王を倒したハンターの力を持つ高校生・陸曜一。しかし、祖王を倒すのと同時に<ちから>を失ってしまった。その代償として<ちから>の元である性欲や恋愛感情を失ってしまったが、平和な日が続くはずだった――。心機一転して転校をした先では幼馴染の南波緑里と再会をするが、何故かそこにキリオーニラが現れる! 緑里やクラスメートの少女達の助けをかりて<ちから>を取り戻し、戦いに身を投じようとするが……。 紳士な変態が贈る学園セク・ハ・ラブコメディ、スタート!

なんという変態ラノベ
色々終わっるというか、クソ設定すぎるだろ……とか思ってました
でも、面白い
俺TUEEなクール主人公かと思っていたら、全然違って変態紳士もとい完全変態で展開的にかなり面白かったです
しかし、この設定の中でシリアスをやるとものすごいギャップですね
説明は凄く真剣で真面目なのに、言ってる事が変態すぎてもうね…
文章は一人称視点で、主人公は冷静キャラで場面状況がかなり分かりやすいです
心理も自然に説明を入れながらなので、簡単に入り込めます
問題は、シリアスだったりかなり緊迫した雰囲気は伝わってきて、喜怒哀楽がはっきりと読みやすいんですが……
あまりにも変態すぎる
どうしてこんなにシリアスなのに変態なのでしょう
それはこの設定自体が素晴らしく変態だからです
ヒロインも可愛げがあり、特にクラスメイトの二人がマジで可愛い
なんでこいつらこんなに痴女なのってレベルなんですが、性格と行動がはっきりしているので好感が持てます
メインヒロインはありきたりなツンキャラですが、まぁ、キーパーソンとしてはいいキャラでしょう
私は特に好きなキャラではありませんがね
でも、エロ面白かった

一言:三奈ちゃんにお兄ちゃんって言われたい
総評 81/100
先を見ると後ろが見えない(彼女がフラグをおられたら 俺、この転校が終わったら、あの娘と結婚するんだ)
さて、お金をひたすら貯めている黒紗夢です
研究しなきゃいけないのにね
私は一体学校へ何しに行っているんでしょうか
何もせずにバイトへ行くのでしょうか
素晴らしいカスっぷりです

ということで、今日もネタがあるようなないような何も無い状態
もう研究はC++をさっさとDLLにしようと決意しました
うん、その方が早い

しかし、バイトは運がいいのか運が悪いのか…
ほぼ確実にトラメガ使うんですよねー
今日は1/32の確率ですよ
高いのかな…低いのかな…
もう大分慣れました
今日は目標の「えー」や「えっと」という無駄な単語を言わずに結構出来た気がします
腹から声も出ていたと思うので、きっと発声が上手くなってる…と信じたい
でも別に声優目指してないんですがね!
何となく、こういうのって心がけ一つで変わるもんですよね

そして、バイト中にふと思ったこと
客のクレームに対して
バイトは受け流す能力
中間職は受け止める能力
上司は受け入れる能力
が必要なのかななんて
違うか
まぁ、別にこれだけじゃないんですけどね、こういうもんじゃないでしょうか
受け流すと言っても聞き流すわけではなく、受け止めると言っても受け入れるわけでもなく、受け入れると言っても肯定するわけではありません
そういう感じです

あと何か書こうと思ったんですが、完全に忘れました

ネトゲはLV44
まぁ、もうレベルキャップが50なんでまだまだ先なんですがね!

ラノベレビュー
彼女がフラグをおられたら 俺、この転校が終わったら、あの娘と結婚するんだ
講談社ラノベ文庫より
著者:竹井10日 イラスト:CUTEG

とある事件以降、人の頭の上に生える「フラグ」を見えるようになった少年・旗立颯太。颯太は「私立旗ヶ谷学園」に転校生としてきたが、他人と距離を置くようにしてきた……はずだった。しかし、何故か周りには美少女たちがおり、それどころか、颯太一人しかいない学生寮に一緒に住むと言い始めて、積極的に関わってくる?! そんな中颯太はフラグをどうにかしようと奮闘をするが……果たして、美少女5人との共同生活は一体どうなってしまうのか、ラブコメの上級”イチャコメ”を送る、フラグストーリー!

なんというか、もう竹井10日の作品は二度と読みたくなくなりました
本当に、前作の10歳の保健体育も途中で切ったんですが、これも無理です
CUTEGは大好きなんですが…この文章はあまりにも酷い
私は物語の中に入って、その物語を見たいんですが、この人の文章はそれをさせてくれません
三人称視点は神の視点ですが、作者の感想は別にいらなんですよ
それが現実に戻されるというかいらっとさせられます
本当に無駄な文章ばかり書かれているんですよね
お前の読書感想文を読んでるんじゃねえーっつの!ってレベルでうざいです
私にはそれが受け入れられません
それを受け入れられる人は、きっと楽しいんでしょうが、絶対に物語には入り込めない気がします
その作者のクソ文章を抜かせば、悪くはない話です
ヒロインの性格は全員尖り過ぎてて何とも好きになれないキャラばかりなんですが、展開的には悪くないです
ほんと、あのゴミ挿入文さえなければ決して悪くないんですがね…
あれがあるかぎり、無理でしょう
でも、CUTEGの関わる作品は買いたいんですよねー…
なんでCUTEGはラノベ作品の運が悪いんでしょう
某妹がこの中にいそうなラノベとかね
勿体無い

一言:恵が唯一の癒し
総評 28/100(ストーリー 65/100 絵 100/100)
考える時間(生徒会探偵キリカ1)
さて、今日は一日中バイトだった黒紗夢です
なので、あまり書けることがないんですよねー
ということで、最近ふと思った事をつらつら書こうかなと思ったんですが、大分意味不明になりました
気にしたら負けです

新人戦が先日行われたんですが、そこでとある1年生がツインテールをしていたんですよ
それも、今日私が読み終えた生徒会探偵キリカの中に出てくる生徒会長のような
分からない人は買いましょう

まぁ、要するに結っている部分が高いツインテールです
リアルでやるとこんな感じなのかーという思いが強かったんですが、あれ?惨事でも可愛いんじゃないか?という妄想に捕われました
とても奇抜です
ですが、たまに見る分には面白可愛いんじゃないでしょうか
そんな風に思いました

そうそう、先日高校時代の奴らと遊んでいたというか、泊まりに行ったんですよ
しかし、どうもいまいちどこまでぶっこんでいいのか迷ってしまいました
距離が分からないというのは、なかなか終わっている状況です
いや、というよりもノリがどんな風だったのか、昔のような間があるようなないような、でも昔も結局こういう突っ込みだったかなーと考えてしまいました
部活では迂闊な事を言うとすぐに
ほんと黒紗夢ってサイテーとかボロクソに言われて、理不尽な責め苦を受けるので特に傍観者でいます
何かあっても柔らかく言っています
それでも黒紗夢って結構言葉きついよねって言われてしまいます
なんででしょう…
Fate勢はもう脊髄反射で煽ってます
ひたすらに煽ってます
あんまりしゃべったことないような気がするなーとか思っても、揚げ足どころか体全身に向けて煽ります
たまにむかつくとか言われますが、みんな煽りあっているのできっと大丈夫でしょう

煽り耐性で例えると、
部活→0
Fate勢→100
じゃあ、高校はなんだろうなー
一人煽り耐性ないけど、他がどうだろーと思ったらよく分からなくなりました
適当でいっか
あんまり考えて付き合う仲じゃないし、今まで通り適当でいいよね
そんな結論


しっかし、バイト中色々考える時間が沢山あるので、ラノベとゲームのネタをひたすら考えていたら、大分混乱してきました
どうやら私は双子ネタが大好きのようです
楽だよね、双子って
そんなわけでどんどん進んでいく、設定のみ…
文章書けよ…


ラノベレビュー
生徒会探偵キリカ1
講談社ラノベ文庫より
著者:杉井光 イラスト:ぽんかん⑧

家から逃げ出す為に入学した高校は、生徒数8000人という超巨大学園だった。そして、その学園を牛耳るのはたった三人の女の子、女好きの暴君生徒会長や学園のマドンナ的な副会長、それに不登校児で8億円もの予算を握る生徒会会計・聖橋キリカだった。そんな中に右も左もわからないような編入組の主人公・牧村ひかげは、何故か生徒会に無理矢理引きずり込まれてしまう。そして、ひかげはキリカの「もう一つの役職」を手伝うことになり……トラブルや変人達と戦う日々が始まるのだった!
愛と欲望と札束とセクハラが飛び交う、ハイテンション学園ラブコメミステリ、編入開始!
あなたの心を、わかっていますか――。


面白い
私は杉井光の作品が大好きです
今回は、探偵という事でまた神様のメモ帳と似てるかなーなんて思っていたんですが、全然違いました
主人公の立ち位置は似ているし、行動原理もちょっと似ていて、鈍感であったり大胆であったりと思考回路が同じようなんですが、結構違います
どちらかと言えば、ひかげの方が前向きさは上かなーとか思いました
周りに実は恵まれているんじゃないかというのもあります
特に今回はラブコメ要素が強く、周りのヒロインの多くが可愛いし性格が一癖も二癖もあるような人物たちばかりなので、影響力が強いです
そのおかげか、なかなかに好印象を抱きました
今回の舞台は高校が中心なので、そういう陽のオーラが多く、読んでいてとても楽しいです
あと、うさぎが可愛い
文章は一人称視点で、周りの状況も丁寧に描かれているので分かりやすいです
特に仕草だったり思考だったりがくどくない程度にちょうどいい部分で書かれているので、読みやすいです
私が好きだという部分もあるかもしれませんがね
そしてヒロインが可愛い
キリカ最高
あと、うさぎが可愛い
結構伏線が多く散りばめられているので、次巻が楽しみですね
とはいっても、大体予想出来るものをわざわざおいてあるので、それをどう料理するのか、という方が楽しみです
次マダー?(・∀・ )っ/凵 ⌒☆チンチン

一言:おっさんキモいけど、キリカ最高
総評 88/100
無意味の意味(魔法使いなら味噌を喰え!)
さて、今日はでも発表日だった黒紗夢です
デモ発表……
デモ……?

朝12時前に起きたんですが、焦りました
毎朝起きたらとりあえずメールを確認するんですが、

皆さん今日は重要な会議です。13:30から始めますので全員遅刻しないように来てください。

……え?
このメールが送られたのは11時
…どういう事なの…
その当日に言われても困るよね!
そのおかげで急いで学校へ
まぁ、結局私は5分くらい遅れて到着したんですがね
走れば間に合ったけど、どうせまだだろうとタカをくくっていました
案の定一人遅れて開始は20分後

その後色々説明はあったのに…
デモ発表は…したかな…?

教授:黒紗夢、いまどんな感じだ?

俺:いえ、まだ同期出来なくて…

教授:そうか

そして終了
何もやってないぞ…
まぁ、いいんですけどね
どうせシステムなんて何も作っていませんから!
急いで作ったものはありますが、見かけだけ
色々作っていたら、他のやつの分担も入って、結局そいつがやってくれる事になりました
やったね!
あとはもう私はOpenCVsharpで作るだけ…
それが翻訳出来ないから行き詰まってるんですがね…


そして、フィットネス用の半ズボンを忘れたせいで他人のを借りる事に
他人のを借りてまでやるあたり、なかなか私も終わってます

ネトゲ
まだLV43
とっとと狩りしてLV44にすりゃ良かった…

ラノベレビュー
魔法使いなら味噌を喰え!
講談社ラノベ文庫より
講談社ラノベ文庫新人賞<大賞>
著者:澄守彩 イラスト:シロウ

魔法抑止物質「MISO」――the Material of an Impediment to the Sorcere's Orders。略称も臭いも味噌臭い人類が魔法に対抗出来る一技術となって扱われるようになった。ある日、魔法学校に通う高校生・八丁屋将太は味噌汁を食べているところに、窓から突然美少女が突撃してきて……その子は、魔法発祥の地・マジエールのお嬢様で、巻き込まれてしまい――?! 魔法と味噌が混ざり合う、バトル学園ラブコメディ!

すごい組み合わせですね
味噌と魔法とかどういう組み合わせなんだってレベルです
ですが、なかなか面白かったです
主人公は良いような悪いような……なんだか過去を見るとかなり酷い性格なんじゃないかって思うんですが、結構まともだと思います
文章は一人称視点だったり二人称視点だったりですが、分かりやすいです
変な回りくどいものもなく、すんなり入るんですが、主人公の独白の無駄な伏線というか隠しがあからさますぎるかなぁと思わなくもないです
ヒロインは二人とも可愛い
お姉さんにはもうちょっとデレて欲しかったような気がしなくもないですが、そこまでラブというかラブあんのかな?という感じなのでこれはこれでいいのかな
バトルが気合だけで何とか乗り越える!という感じの何気に熱いものだったりします
しかし、覚醒が早すぎである

一言:幼女カモン
総評 80/100
新しい古い事
さて、特に何もやっていない黒紗夢です
そのせいでラノベも読み終えていませんし…
一日2冊というのは一体どこへ消えたんでしょうね
不思議です
……ラノベを優先させた方がいいのかなー…
ネトゲをやりながらラノベ読みたい

閑話休題

昼12時くらいに寝たので、起きたのが午後6時だったんです
まぁ、帰ってきたのが朝の10時くらいなので仕方ないと言えば仕方ないんですが、ほんとうにやることが少ない
アニメを見て、ネトゲをしながらエロゲをやっていたら時間がなくなってしまいました
…そうか、ネトエロゲをやらなければラノベを読めたのか…
今更あれこれ言っても仕方ありませんが

しかし、ネトゲで今LV43になったんですが、LVUP直前に死にまくったせいで時間がかかってしまいました
勝ち確になった瞬間何故か相手が逃げてHP全快になったクソなせいで死ぬ羽目に…
私の経験値260kを返して欲しいもんです
時間にして1時間分のクエ周りを失ったことになります
まじふぁっく

ガンエクやりたい
PS3欲しい
周りの人達がみんなガンエクをやり始めたので、私もやりたいです
というか、元々ゲーセンではやっていたので、そこから熱帯でみんなと遊べるというのは絶対に面白いです
くそー
何故私はPS3を持っていないんでしょうか…
持ってさえいれば速攻でガンエク買ってみんなとやっていたんですけどね
悔しいです
今更買っても…金がないですし、そんなの買うならPC買いますよ

さ…
明日何言われるんだろ…
現実逃避したいでござる
お金の行方は何処へ(剣の女王と烙印の仔Ⅷ)
さて、今日は何かとお金がかかった黒紗夢です
今月は色々と入用だなぁと思っていて、節約しようとしていたんですよ
そしたら、アニメイトに何か売ってたんですよ

講談社ラノベ文庫

. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: :最近新しいレーベル出すぎだろ…
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

仕方がないので、全部買いました
いや、ラノベなら仕方ないじゃないですか
買わないっていう選択肢は存在しません
それがラノベ勢(キリッ
これのせいで毎月何十冊購入する羽目になるのかなー…
バイトしないとね!

で、新人戦
年に一度の楽しみ
部活をやっている中で、これが唯一の楽しみですかね
他はもうなんか割りとどうでもいいレベルまである
いやー…
一人を除いて全員色モノ系とかすごいですね
私の大学は終わってました
可愛い子はサンタの衣装なんですが、他はもののけ姫のコダマだったりアンパンマンだったりと酷い有様
某OBは「うちの大学ってこんな酷いところじゃなかったよね」
だそうで、確かに昔は色モノは一人二人だけだったな…
私が1年の時に東大の奴が相当インパクトの強い事をしていたので、うちも負けないようにしたらこんなことになりました
しかも、東大生を生贄に捧げて…
犠牲になったのだ…
男にキスされたり、男に抱きつかれたり、LOVEの団扇が演技中にあったり可哀想なレベルでした
完全に犠牲やで…
まぁ、でも1年生達が楽しめたようで良かったです
点数も-50とか999点とかが出てた(身内だけど)ので、満足です

そして、大会終了後もグダグダしてたら時間がぎりぎりになりながらも、うのの家へ
うのの家が遠すぎるお…
味噌ラーメンって外で食べる時はあんまり美味しいところで食べたことなかったんですが、そこは結構美味しかった
辛もやしが食べ放題だったので、お腹も膨れたしね!
で…うのの家で…何やったっけ?
アニメ見て…WORKING!!読んで…ただしゃべってるだけでしたね
そんなもんか
次はいつ会えるんでしょうね
その時は、飲み会にも参加したいもんです

ラノベレビュー
剣の女王と烙印の仔Ⅷ
MF文庫Jより
著者:杉井光 イラスト:夕仁

遂に終わってしまった…
私のお気に入りのラノベがまた一つ終わりを告げました
かなり面白いです
終わり方がちょっと残念だったんですが、この作者は結構こういう感じの終わりが多い気がします
それでも好きだから仕方ないんですが…やっぱり、この終わり方はHappy Endではないというか、バルドの菜ノ葉ノーマルエンド並の虚しさ
もっと神々の力が戦闘の展開になるかと期待したんですが…というか、もっとクリスに活躍して欲しかった…
最後の方はもうほとんど主人公ではなくなってましたからね
空気主人公ェ…
カーラ先生の展開もちょっと残念だったかなー
無理矢理終わらせた感が強いような、もっと活かせたような…
もっと続いて欲しかった
勿体無い
ジュリオの方ももっと詳しく知りたかった
番外編とか出てくれないかなー

一言:円環の理
総評 86/100
力と思考(覇道鋼鉄テッカイオー)
さて、今日は一体何をやっていたのかあまり分からない黒紗夢です
研究室に行ってやってはいたんですが、目に見える研究成果は出ませんでした
月曜日には発表なんですけどね
もうこれで終わりです
土日は研究やりませんというか、出来ません
ロボットの目を私は担当しているんですが、ロボット本体がいないと結果が見えないんですよ
前まではWebカメラを使用していたんですが、コードが全然違う事が判明して修正ですよ
全然分からん!
いや、もう表示は出来るんですがね
変換がよく分からないんです

FPSも表示させてみたんですが、普通の場合は60FPSが一般的だと思って下さい
私の作ったプログラムは
1万FPSあったんです
どう考えても式が違うじゃないですか
なんていうか、この計算は60を取らないといけないんですよ
数字が高けりゃいいって問題でもないんです
というより、高いとむしろダメなんですよ
多分そのせいで描画が酷い有様になっています
元々ついてるTimerはゴミ描画ですし、FPS使ってもゴミ描画…
早く何とかしないと…

閑話休題

トヨタがすごい車出してましたね

http://response.jp/article/2011/11/28/166088.html

ボディ全体がディスプレイって相当すごいですよね
なんか未来ーって感じがします
形も近未来的な感じですし
ただ、これ雨とかでどんどん汚くなっていった時にどうなるんでしょうか
あと傷がついたら修理費が今まで以上にかかりそうな予感…


ガンエク
ぶんぶん丸になってから、結構戦績が上がった気がしないでもない
相手が雑魚だったのかもしれませんが、目に見えて横鞭で妨害出来たので嬉しかったです
あとはレーダー見て、横格>サーチ変更>鞭からの状況判断をすぐにしたい
それと盾をもうちょっと上手く使えないかなーというのが目標
横鞭使いまくるわ

アクアパッツァ
ささら使ってみました
ゴミカスでした
いや、まだ分かりませんけどね
2クレいれただけですし
とりあえず、
・赤点が短すぎる
・コンボ安い
これがネックですねー
22Bでも硬直が短くなれば、結構ワンチャンありました
そしたら、画面端で空ダからの中下段二択をして、
JC>5A>623A>5A>623Aとか出来たのに…
赤点で623A>5A>214Aがつながるか確認してなかった…
まぁ、HSでもいいのかな
そこからアシストで拾って何かしたい
超必〆でもいいけど
アクアパッツァそこまで真面目じゃないからいいんですけどね
SAだけはずっと見てたいレベル

ネトゲ
LV42になりました
死にまくって経験値200k消えました
敵一体500しか経験値入りません
まじふぁっく
…早くLV45になってPKでキャッキャウフフしたい…
でも、それをするためにはスキルリセットをしなければならないわけで、それにはRM1kかかるわけで…どうしよう

ラノベレビュー
覇道鋼鉄テッカイオー
スーパーダッシュ文庫より
SD小説新人賞<大賞>
著者:八針来夏 イラスト:Bou

心身を極限まで鍛え、平気をも超えた力を持つ存在、武侠。そして、童貞のみが使える究極の武術「童子神功」の使い手・カザンは、ある時相棒の美少女・ルゥランとともに海賊から一人の姫君・アルフェミナを助ける。その裏では、カザンたち「銀河武侠」の最大の敵対者「暗黒武侠」が暗躍していた。しかも、その暗黒武侠はカザンとルゥランの人生を狂わせた原因のグントラムで……敵の目論見を打ち砕くべくカザン達は動き出す! 銀河を揺るがす武侠達の戦いに、愛と正義と童貞を貫く少年の闘いが、幕を開ける!

超面白かった
なにこれ、熱すぎでしょ
ラノベ板グレンラガンって感じでした
かなり良いです
熱いし、それでいて貫くギャグがあり、エロありシリアスありでSD文庫で初めてここまで面白い作品に出会えました
ただまぁ、結構読みにくいんですけど、その分状況がとても鮮明に描かれています
文章は三人称視点で、場面も心情も丁寧に描かれています
その分とても読みづらいんですが、ゆっくりとしか読めない分状況がありありと伝わってきます
場面展開も飽きが全くこずに、そこでギャグも入れるのかという具合に良い揺さぶりをかけてくるので、コロコロ変化する転換がとても楽しいです
ただ、最初の方が色々突っ込み満載で、ホモは大丈夫ならもっといてもいいはずだろうという結構野暮な突っ込みが出来てしまいます
ですが、その部分を抜かせば大体良い感じに出来ており、敵もいいやつなんで結構好きです
いやー…本当に熱かった
まじグレンラガン好きな人にはオススメです

一言:童貞最強
総評 87/100
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。