FC2ブログ

黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
遂に手が伸びた(あまとう! 七瀬甘るりに不合格祈願)
さて、EXVSを買ってしまった黒紗夢です
我慢が出来ませんでした
学校の帰り道に買えばいいのに、そんな選択肢はせずに学校へ行く前に買いました
おかげで学校についたのは17時です
どんだけ遅いねん…

そして、明日までに仕上げなければならないプレゼン資料と、論文の目次作成
勿論誰もしているわけがなく、その場で必死になってやる作業
因みに、プレゼン資料はすべて私が清書する作業なのである意味楽と言えば楽
難しいって言われたけど、ぶっちゃけ滅茶苦茶簡単ですよね
ただ単に配置と配色に気をつけるだけであとは適当に作るだけです
誰でもできちゃうお手軽作業
で、作業が終わったような終わってないような微妙な段階のまま帰宅

家では速攻PS3を開ける作業
気がつく足りないもの
HDMIケーブルが付属されていない…だと…?!
おかしいな…
付属されていないのか…
仕方が無いので徒歩2分のTSUTAYAで購入して更にお金がなくなる
そして始まるガンエクタイム
音声が出ないんですが、もうこれはしょうがないです
本当なら画面から音が出てくるはずなんですが、なぜか出ないので諦めました
別に音がなくなって出来ますからね
格ゲーと違って音で目押しとかないですし、完全に画面さえ見ていれば問題ない…はず
100戦くらいやりたかったんですが、流石に明日がやばいのでやめました
既に午前6時ですが…
ネトゲをやりながらだとどうしてもネトゲはチャットだけになってしまいます
それでいいか
9連勝まで行ったんですが、後一回は私の射撃が僅差で負けて10連勝まで行きませんでした
かなり残念…
しかし、ランクマ参加していない民間人だと弱いルームにしか行かないんでしょうかね
初心者ばかりでした
さっさと10連勝してランクマで階級上げないとですね
今のところ勝率7割くらいだけど、正直こんなところで勝率稼いでも仕方ない
早く誰かやろうず
ニコ生に凸するのもありか…?
ガンエクとかSkype登録したい人は米かメールくれれば返信します
しかし、アケコンじゃないときつい…

ケルディムもちょっと練習中
この機体面白いわ
クソ機体トールギスはアケコンじゃないと無理そう
あと、赤回線だとまじ辛い
今年中に1000試合は…流石に無理だな
元は明日で簡単に取り戻せそう
こんにちは、ネットの世界 さようなら、リアルの世界

ラノベレビュー
あまとう! 七瀬甘るりに不合格祈願
MF文庫Jより
著者:二階堂紘嗣 イラスト:

転校先の学校を歩き回っていると、聞き慣れない音がした。その音に釣られて葉山一樹はギターの音を奏でている七瀬甘るりに押し倒されてしまい、更には間近で泣き顔を見てしまった。この学校では平穏に過ごすつもりだった一樹はしかし、甘るりの罠にかかってしまい部活に仮入部させられることになってしまう。そこには何故かホッケーマスクを被った同学年の嬉野がおり、軽音楽部の廃部をさせない為に一樹の意思を無視して甘るりが突っ走っていき……。「ノー・プログレム! ちゃんとトラウマにしてあげるから!」甘るりは一体何を考えているんだ! 
予測不能の疾走系学園ラブコメディ!
真実の奥に、何を入れますか――。


疾走感……?
何というか、あらすじとか甘るりの言葉とかがあまり本編とは全く関係がないんですよね
何だろうこれ…ストーリー自体はとても良いですし、キャラも可愛い、そして展開も悪くないんです
文章が酷過ぎる
一人称視点で、感情や状況については別に問題ないんです
~だった。~いた。~た。
過去形が多すぎるし、何とかしたってひたすら羅列されているので段々むかついてきます
最後のほうは慣れてきたというか少なくはなるんですが、それでも文章が酷い
キャラはうざいところを前面に出すというよりも、そのうざいところをどうやって萌えに魅せるかというので結構丁寧には描かれてはいるんですが、あんまり関係ない事が多い
過去の話などはきっちりまとまっていて面白いんですけどね
どのキャラも可愛いし、嫌いじゃないんです
あとは文章が良ければいい作品なんですがねー
勿体無い
文章に目を瞑れば面白い

総評:由亜一択
総評 67/100(文章以外 80/100)
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。