黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
健康習慣(競泳戦隊ミズギーズ)
さて、最近午前起きを心がけている黒紗夢です
なんといっても、木曜日に卒論発表ですからね
これに遅刻をすると死亡確定です
いや、一応最発表というのが用意されてはいるんですが、他の二人に迷惑がかかりますから流石にそれはまずい
ということで、なるべく早く起きれるようにしないといけないわけです
その為には、前もって生活習慣をつけないといけないわけですね

早めに起きて学校に行きました
早めと言っても1時ですがね
そして、発表の練習
本当はロボットのデモを撮らないといけないんですが、完全にロボットは沈黙してしまった為に諦めざるを得ませんでした
発表の時は編集した動画になりそうです
まぁ、後々新しい動画を撮ってようつべかなにかに上げると思いますがね

閑話休題

発表練習でも色々と修正をくらい、しかも制限時間をまだまだ大幅に過ぎている
13分の制限時間のうち2分はデモ
しゃべる事が出来る時間は11分しかありません
それなのにも関わらず、16分間でした
…無理じゃね?
何とか暗記をしてスラスラ言えるようにならないといけないです
それ以上に言葉を更に短縮しなければいけません
大丈夫なんでしょうかね…?

で、学校でムービーメーカーが使えないというクソっぷりなせいで、家でしか動画編集が出来ない
そういうわけでさっさと帰宅
その前に、アニメイト
新刊が色々出ているせいで10冊購入
ますます溜まっていきますが、気にしない
もうラノベは買ってなんぼです
…本棚買わないとなぁ…

帰りによったドスパラでは2TBのHDDが1万2000円だったので購入を少し検討中
…買った方がいいよなぁ…
お金がないのが辛い所です
旅行が終わったらバイトかな


しかし、久しぶりに動画編集をしました
今回は小学生でも出来る、動画の倍速編集と文字挿入だけだったので速攻終わったんですが、やっぱり弄るのは楽しいですねー
早く新PCを買って動画を作りたいものです

次の動画…というか放置してある動画があるので、それを作ってP4Uかなぁ…

ラノベレビュー
競泳戦隊ミズギーズ
ガガガ文庫より
著者:舞阪洸 イラスト:黒銀

平凡という名の鎧を着て、普通という名の兜を被り、常識という名の槍を携えている少女・神楽岡藻琴。そんな彼女は両親の都合で転校生として私立天乃宮学院女子高等学校に入ったが、いきなりクラスには競泳水着を着た女子が何故か普通に授業を受けていた。周りはスルーで、特に誰も疑問を抱いていない?! そして、疑問を抱いたまま水泳部への入部を決意するが……何故か部員は誰も大会に出ておらず、更には全員の競泳水着は戦隊モノカラーで――。 女子高ライフが、悪党退治になってしまう、友梨風味な戦隊ストーリー開幕!

何というか、最近のラノベはほんとうにプロローグだけというのが多すぎる
特にこれは顕著です
正直、キャラ紹介しかされていません
続巻ありきで書くのはいいんですが、せめて内容は一つイベントを盛り込んでほしいものです
主人公が一員になるまでのエピソードなんてただのプロローグじゃないですか
言ってしまえば、ゲームの体験版の部分だけで終わってしまうようなものです
そんなものの為に正規のお金を払うとか絶対ありえないですよね?
プロローグなら別のところで盛り込むか、無料で読ませろ
そういう点では、変態王子は0話をちゃんと別の場所でやっていたので良かったです
話がそれてしまいましたが、これは主人公が転校してきて周りの人達と仲良くなって、水泳部になるのを描いただけのストーリーです
何というか、起承転結も特にないです
文章は一人称視点で、主人公の独白がかなり多いです
というか、主に主人公の思考でほとんどが埋まっています
とても丁寧に描かれているんですが、たまに第三者視点なのか、主人公の独白なのかがわかりづらい部分もありますが、それほど困るものでもないので、あまり考えなくても読めます
キャラは主人公が一番可愛いんじゃないのかな、と思います
色々と個性的ではあるんですが、エロが結構前面に押し出されているので、そういうのが嫌いな人は…あんまりいないか
複雑なものは特に何もないので、気軽に読めます
ただ、プロローグの段階で終わってます
正直、在校生との絡みは今巻で必要だったのかな?と思わざるを得ません
あんまりこういう次巻からメインというのは好きではありませんが、きっと買うんだろうなぁ…

一言:透けたらよかったのに…
総評 (プロローグだけなので) 35/100
スポンサーサイト
数カ月ぶりの起床(大奥のサクラ 現代大奥女学院まるにっ!)
さて、久しぶりに朝9時前に起きた黒紗夢です
正直自分でもびっくりするくらい早くに起きました
まさか、こんな時間に自分が起きるだなんて…
まぁ、昨日同じ班の奴が
「俺、午前中に行くわ~」

とか言っていたので、私も乗っかっただけなんですがね

まぁ、でも結局そいつは12時過ぎに来たんですけどね!
私は11時です
学校へ行く前にアニメ見てました
結果的には私が班の中で一番早く行った上に、特にやることがなかったんで問題はありませんでした

で、プレゼン時間は13分なんですが、私は多分大丈夫
しかし、他の二人が大分時間を喰って、一人は4分でなかなかの好タイムなんですが、もう一人が9分という致命的時間量
……あれ?
3人で13分だよ…?
デモを入れると一人4分もないんだよ…?
という感じなので、大分直しが必要そうです

その後デモを撮ろうとしたら、アプデが必要だと喚きはじめて起動しないロボット
アプデが正常にされているのかされていないのか分からない謎の状態で長時間放置
結果、何も分からずそのまま放置して帰宅
仕方ないよね
やることもないし

で、ガンエクでちょっとデスヘル練習して、改めて自分が雑魚だなというのを痛感して終了
立ち回りが難しすぎる…

あと、マテリアルブレイブの体験版をやってみました
バルドチームという事で、楽しみでした
戦闘は、デュエルセイバーっぽい戦闘に行動制限がついた感じです
それプラス成長という感じで、結構システム的には違和感なく出来そうです
まぁ、永パがなくなった代わりに、今現在既に主人公が空中から延々と降りずに魔法を連打するというクソプレイが実現出来てしまったので、これは修正されない限りデュエルセイバー再来という事になるでしょう
ゲームシステムは然程重要視してはいませんが、やっぱり面白い方がいいですよね
バルドみたいに200時間も300時間もハマるほどの戦闘でなくてもいいですが、何がしかの楽しみは欲しい
そして、シナリオは恋騎士のライターぽいのでそこまでひどくはならないんじゃないかなって思ってます
早く発売しないかなー
3月のエロゲはこれで確定です

ラノベレビュー
大奥のサクラ 現代大奥女学院まるにっ!
スニーカー文庫より
著者:日日日 イラスト:みやま零

相変わらずグロイんだかなんだかよく分からないストーリー
確かにグロイはずなんですが、あまりにぶっ飛びすぎているというか現実味がないせいで、描写は凄惨なはずなのにどうも暗いイメージがないです
殺している時も、醜いというよりは綺麗のイメージの方があいます
そこまで暗いストーリーではないので、雰囲気的にはいいと思うんですが、こうぽんぽん人が死んでいくストーリーなのに緊張感があるようでない文章です
ヒロインは頭のネジが一本ぶっ飛んでるおかしさを持ち合わせながら可愛いという謎の属性
色々なキャラがいるんですが、物語のスピードが早わ死ぬわで、めまぐるしいです
そういう意味では物語を見ていくだけで面白いですが、いまいち深みが薄くなってるのかなぁなんて感じました
結構奥が深いし、考えれば考えるほど酷いんですが、そういう風にはいこうとしていません
あと、キャラの性格が戦闘中でも突然ころっと変わるので一貫性がないせいで、たまに面白くなります
何だろうこのラノベのジャンルは…謎すぎる

一言:銀狼ちゃんまじぷりちー
総評 65/100
気がつけばもうすぐ終わる
さて、日付が変わるくらいに明日のプレゼンの原稿作りに気が付いた黒紗夢です
気がついて良かった…
もしも気が付かなかったら、明日相当面倒な事になっていたでしょう

閑話休題

最近、朝が遅いと言われたのでなるべく早く起きるために起床
早くとか言いながら、12時過ぎに起きましたが私の中では大分早い方です
そして、なにやろうかなーと考えて、ゲームを全然作っていない事に気が付きました
バックアップを見たら去年とか…
どんだけ放置してたんねん…
リアルの方のメモ書きには色々書いておきながら、結局何も増やしていないようでした
というか、バックアップを取るほど修正しなかったという事か…
そんな事を考えながら、とりあえず書き書き
タイムシフトから作った方が自分でやりやすいんじゃないかな…とか思いながらも遅れを取り戻すべく作業
自分の頭の中から取り出すというのはなかなかに表現が難しいですね
ゲームとか作ったことがないので、どうしても小説寄りの書き方になってしまう
もっとすらすら書けるようになりたいです…

そして、ガンエク
ランクマのシャッフルを初めてやってみました
特に地雷というものには当たりませんでしたが、別に楽しくもない
5回くらいやって終了
さっさとプレマ移動
そろそろ別の機体も出来るようにしたいなーとか考えて隠者をやるもセンスがない
ヴァサーゴは大分動けるようになったんですけどねー
そして、hiro-さんからトッププレイヤーとやらない?というお誘いをもらって早速プレマ侵入

何というか、かなり勉強になりました

というか、やってて楽しかった
やっぱり強い人と戦うのは楽しいですね
参考になるし、動きもしっかりしているから、自分の課題を見つけやすいです
…まぁ、勝てなくて堪えきれずにイノシシになりまくっていたんですがね…
勝てないとどうしても猪になってしまいます
なんとかしないとなぁ…
我慢大事、重要
早く上達したいなー

ネトゲはINしているようで、さっぱりしてなかった
というか、一日一回のクエすらやってないわ…


そして、夜からプレゼンの原稿作り
物凄く適当に書いたけど、きっと何とかなるでしょう
というか、1スライド30秒以内に説明とか…どういうことなの…
3万円の電気料金(パパのいうことを聞きなさい!8)
さて、伸びに伸びてた髪をやっと切った黒紗夢です
毎回毎回、髪切りたいなーと思ってから一ヶ月以上経たないと行動に移せません

やっぱり外に出ると面白いですね
今日は兄貴が自転車を使っていたので、美容院までは歩きで行ったんですが、面白い発見をしてしまいました
家の近所の電柱に
「猫探してます」
とぃう貼り紙があったんですが、歩いて20分くらいのところにある電柱にも同じ貼り紙がありました
何というか、ものすごい行動力ですよね
猫一匹の為に色々なところに回って貼りつけたのでしょう
しかし、こういう猫探しのものとかって許可とか取っているんでしょうかねー…
近所に警察署もあるから取れそうではあるけれども…どうなんでしょうね

閑話休題

毎日麦とホップが今日だけの値段セールをやっているのを横目に見つつ適当に買い物
家でガンエク待機してたのに、誰も釣れなかったから一人でプレマ2,3回やって終了
ぼっちは寂しいよ…
仕方がないので、ネトゲにログイン
やっと自分の装備につけるアイテムが出揃って来たなーと思ったら、あと2種類必要でした
先は長い…
そして、旧メンバーと会話をしながら久しぶりにPT組んでギルド内でID周り
大して回っていませんが、会話を出来ました
会話が出来ないコミュ障にとっては、会話が成立するだけでも素晴らしいわけですね、はい
というか、最近気が付いた事なんですが、どうも私が入ったギルドは身内ギルドなんじゃないかなと思っています
前のネトゲからの知り合いというのがどうも多いらしく、ここに私がいてもいいのだろうかレベル
いや、いてもいいけどサブマスでいいのか分からないレベル
ま、いいか
適当にしばらくしたら引退するでしょう

しかし、まだ完全には終わってないけど、やっと自分のことが出来そうです
学校から離れてシナリオ書くぞー

ラノベレビュー
パパのいうことを聞きなさい!8
スーパーダッシュ文庫より
著者:松智洋 イラスト:なかじまゆか

もう9巻が発売されたのに、8巻を読んでいます
しかし、どんどんカオスになっている気がしてなりません
どんだけハーレムルートなんでしょう
これがエロゲだったら選択肢多すぎて切れるレベルです
登場人物…特に主人公に好意を抱いているキャラがもう片手では収まりません
どんだけリア充なんでしょう
羨ましい限りです
文章は微妙に視点の関係というか、人数が多すぎるせいでたまにふと返ってしまうけども、愛に満ちています
何というか、文章の中から色々と情ですとか、愛しさがにじみ出てる感じがします
著者は実際に子供を観察して執筆しているそうですから、そういうリアルも含まれている分面白いのかもしれません
だが、人数が多すぎる
今回はひながメインです

一言:空が一番
総評 68/100
走り損(いもうとコンプレックス! -IC-)
さて、今日卒論を提出するはずだった黒紗夢です
あれ…おかしいな…?
提出してないな…

学務が17時に閉まるんですが、私が研究室を出たのが16:58
研究室は5Fにあります
エレベーターが何故か全て他の階で稼働中でなかなか来ない!
仕方がないので、全力疾走で階段を駆け下りました

結果

間に合いませんでした


. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: :折角走ったのに意味がねーじゃん…
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

学務は00秒になった瞬間閉まって完全に受付されないという半端じゃない事務作業
いや…事務だから仕方ないですがね…
提出出来なかったので、卒論の見直しをしました
まぁ、提出しなかったおかげで最後急いで書いた適当な文章を直すことが出来たんですがね
日本語がおかしいところとかもあったので、出さなくて正解でした
また月曜日に出さないといけない面倒はありますが、結果オーライでしょう
走ったのは完全に無駄だったんですがね…
走る前に別の教授に会って

「今から行ってももう無理やで。諦めーや」

とか関西人の人に言われて、更に学務から帰る時にも出会ってしまいました
明らかに、だから無理だって言っただろ的なオーラを出してました
ほんとうにもう…えぇ…
訂正に何時間もかかったのがいけないんですけどね
一度全部見なおしたんですが、しっかりと見ると結構変な所が多く、そのせいで2時間経っても修正が終わらないクソっぷり
私がもっと早くに行っていればよかったのかな…
なにせ私が行った時間は2時なんですが、それまで何も卒論は触れていないという素晴らしい待ちっぷり

結局学校を出たのは8時過ぎですしね
まぁ、私は6時には既にフリーになっていて、一人がプログラム修正していただけなんですけどね!
……あれ?
自分のプログラム完成させてないな…
まぁ、いいか…
いつか教授に見せないといけないのを考えるとやばいですね
クソみたいなプログラムですから、間違いなく何か言われる
卒業出来るかなぁ…


ゲーセンでサウンドボルテックスやってたけど、若干飽きてきた
曲少なすぎ
VOCALOID多すぎ
コンマイもっとやる気出せ

家に帰ってからは、うのとガンエク
勝っても最高+12とかで、負けたら最低-32という素晴らしいライン
アベレージは勝って+5、負けたら-15くらいある気がする
酷過ぎる…
あまりにも理不尽すぎて涙が出ちゃいますね
大尉と対戦したいけれども、なかなか大尉とは当たらない
というか、中尉とすら全然当たらない
ランクマ仕事しろ
まぁ、私の機体もなかなか仕事をしない時はしないんですがね…
もっと安定させたいなー

で、コンの結婚式マダー?(・∀・ )っ/凵 ⌒☆チンチン

ラノベレビュー
いもうとコンプレックス! -IC-
ファンタジア文庫より
第23回ファンタジア大賞<銀賞>
著者:稲葉洋樹 イラスト:代官山ゑびす

この世で一番妹の佳奈美を愛している超シスコン高校生・早川大吾。中学時代では孤独に過ごしていた妹に、楽しい高校生活を送ってもらう為に、副生徒会長として入学式にあるサプライズをすることにした。しかし、それで妹に友達が出来るかどうかは別で……。幼なじみや金髪美少女を怒濤のトラブルに巻き込みながら、妹のとある秘密を解決しようとする大吾。妹の為なら世界を敵に回しても怖くない! 新たなる妹エンターテイメント、出現!

妹大好きな人が楽しめるのかと思ったらそうでもありませんでした
いや、確かに妹萌えで最高なんですが、結構他のキャラにもスポットが当てられているので、金髪だったり幼なじみが好きだったりする人も楽しめます
完全に、ハーレム系のラブコメ要素たっぷりの展開で、ある意味ベタベタです
主人公は超鈍感ですし、周りは勿論主人公の事を…という状態
だからこそ、ストーリーが進むというものですが、そこに妹の症状を加えたり、よく分からないキャラをつけたりとキャラがとても映えています
文章は、三人称視点だったり、一人称視点だったりとよく分からなくなりますが、一応前の文にかかっている事が多いので、それさえ理解出来れば分かりやすいです
主人公がひたすら妹愛に溢れている文章が滲みでてきているので、妹大好きな人にとっては良いラノベでしょう
正直、もうちょっと妹分欲しかったですけどね!
展開の最後は酷いくらいの超展開でしたし…
でも、納得の銀賞

一言:妹挿絵もっと…っていうか神の挿絵は?
総評 70/100
気がつけば二度寝(勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。)
さて、久しぶりに二度寝をした黒紗夢です
二度寝っていいですね
惰眠を貪れるというよりは、二度寝した時の夢が大抵面白いんですよね
今までも割と二度寝で良い夢を見ています
まぁ…途中で目がさめてしまったので勿体なかったですが、内容は結構覚えています
最後のほうだけですけどね

閑話休題

起きたら3時でした
どうせ今日は何もないから楽だなーとか思っていたら…
1時半のメール
「今日学校来ないん?」

あれ…?
今日なにか集まる予定あったっけ…?

そういえば、明日卒論提出だったな…
まとめや今後の課題を書いてなかったなーということに気が付きました
そんなわけで急いで学校へ
学校に着いたのが17時
帰宅が19時過ぎ
2時間で、私はほとんどノータッチ
まぁ、色々付属文を書いていたんですけどね
なんだかんだで私の担当分が少なすぎて、割と卒業がやばいんじゃないのかなって思い始めました
私の実際の担当分は5ページもありません
過去の記述を含めれば10ページ以上書いてはいるんですが、見られるのは私の担当分だけでしょう
そもそも3人いるのに40ページもないとかどんだけ少ないんでしょう
教授は何を勘違いしているのか、私たちのところが一番進んでいるとは言ってるんですが、論文は一番少ないです
他の班は50ページ越えているというのに…
大丈夫なのか私達は…
システムは間違いなく一番出来はいいのに、書くことが酷い
私はカルピスが限りなく水になっている状態の文章なんですが、他の人はカルピスの原液並にプログラムやアルゴリズムの概要しか書いていません
多分薄めれば、50ページは優に超えるというのに…
ま、今更です

で、アニメイトでラノベ買って帰宅

家ではひたすらガンエク
もうすぐ大尉になるなーと思ったんですが、あまりにもポイントが酷い
勝って+1~+10
負けると-10~-28
…え…?
6連勝して手に入れたポイントは一回負けただけで完全にとろけました
訳がわからないよ…
本当にふざけてますね
しかも、大抵500円DLCのやつに負けるとマイナスが大幅で、プラスが1
どういうことなの…
そのせいで、相方は軍曹になったんですが、そこからは何故かキャンセルの嵐
…少尉少尉のくせになんでキャンセルするのか意味が分からない
ランクマでキャンセルするのは、相手が将官か黄回線以下だけで十分の気がするんですけどね
不思議です
しかし、黒本の横格がフリーダムに負けたんですが、黒本は一体どうすればフリーダムに勝てるんでしょうね
勝てる要素がない
…ブースト量くらい…?

あ、ネトゲは相変わらず旧メンバーとしか話してません
何なんでしょうねこれ

ラノベレビュー
勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。
ファンタジア文庫より
第23回ファンタジア大賞<金賞>
著者:左京潤 イラスト:戌角柾

魔王が討伐され勇者制度が廃止されたせいで、勇者になれなかった少年ラウル。夢が破れてしまった為、仕方なくマジックショップで働く日々を過ごしていた。そんなある日、一人のバイト志望が現れ――そいつは、魔王の子供・フィオだった。そしてフィオの教育係にされてしまったラウルだが、敬語は出来ないわ、常識はないわでてんやわんやしてしまう! 勇者の卵と魔王の卵が織り成す、ハイテンション労働コメディ!

最近のラノベは、日常系+ちょっとした戦闘というのが多いですよね
メインは日常系で適当にやって、転で戦闘が起こるので、確かに起承転結の見た目が分かりやすく、展開しやすいストーリーなんでしょう
ラノベはやはり量産型というか、そういうのが多いですね
勇者や魔王がなんとかするっていうのは、最近妙に増えている気がします
仕方ないのでしょうけど、何というかその設定必要だったの?というものが多い
大分辛口なのは、これが金賞を取っているから期待していたのですが、割と普通なせいで少しがっかりしているせいです
ストーリー自体は面白いですし、ヒロインも表情がコロコロと変わるし純真なので、とても可愛らしいです
主人公は立ち位置がいまいちはっきりしないというか、前に進めなそうな悔むばかりの人間なのでそこまで良いとは思えませんが、他のキャラは輝きがあります
文章は、一人称視点のような三人称視点
たまに別の人間の独白が入るので若干戸惑う場面もありますが、そんなに難しくないので気にせず読めます
そういう意味では、すっきりとしていて非常に簡潔です
まぁ、ラノベらしいラノベです

一言:ライバルとの絡みはよう
総評 68/100
心配事は心配しない(まよチキ!10)
さて、結局今日も一歩も外へ出ていない黒紗夢です
そろそろ限界が近づいてきたので、明日には出かけると思いますけどね
二日も引き篭っていると、外に出たくなります

閑話休題

昼頃に起きて、アニメを見ながらネトゲ…をしようと思ったけれども、結局ラジオを聞きながらガンエクやってました
ラジオ聞きながら別の作業をしようかなぁとも悩みましたが、結局ガンエク
プレマつまらん!って言って速攻辞めましたがね…
で、ネトゲに大勢いたけど仕方なくIN
そして盛り上がる旧メンバーとの会話
あれ…まぁ、うん、いいか
私はそれで満足です

そして、オラさんに誘われてガンエク固定
やっぱり固定の方が楽しいーって言いながら、ランクマ
私が少尉でまだオラさんが上等兵くらいだったので、格下ばっかりと対戦
そしたら、そのうちの一人で
「階級あげお疲れ様です^^」
っていうメッセージをいただいたので、しっかりと
「ありがとうございます^^」
って返してあげました
いやー…私って親切ですね
ちゃんと相手からの応援にはしっかりとしか返事をしないといけません
煽りだなんて、とてもじゃないですが私のような小心者には出来ません
煽りが出来る人が羨ましいなー
もっと煽りスキルを上げたいですねー

で、安定して勝ってしまったせいで中尉の上位の方まで食い込みました
あれ…大尉までいけるんじゃね?とか思いましたが、そのまま飯だったので終了
まぁ、あれで勝ち続けても…ねぇ?
しかし、暇潰しにニコ生を覗いてみたらたまたま黒本CP2位っていう人の放送がやってあったので、覗いて見ました
いやー…大分参考になりますね
上手い
というか、しっかり要所要所で相手迎撃したりブーストの箇所が上手いです
コンボはたまにあれっ?って思いましたが、かなり参考になりました
そういえば、昔言われていた事を完全に忘れていたな…という感じです
逃げるのが下手すぎるので、大分これで今までとは違う動きが出来るんじゃないかなと思います
実践するのは然程難しくない動きなので、あとは慣れるしかない

そしてネトゲは相変わらずよく分からない空気
こう…ひょっとして…女の人が多いの?って疑いたくなるレベル
衣装でキャッキャしたり、可愛い可愛い言い合っている会話に全く参加出来る隙間がありません
いや、そんな馬鹿な…
あれ…でも、このギルドの名前…いやいやそんな…
……あれ?
ふと思いだしたのが、TWでは師匠と言われていました
このギルドでは、パパと呼ばれています
私ってそんなにおじさんなのでしょうか?
というか、私はそんな風に思われるクソみたいな発言をしている覚えはありません
なんででしょう
私の放つオーラでしょうか
それとも、私の放つ言葉の端々に何かあるのでしょうか
どうも納得がいきません
え…あれ…こんなはずじゃ…
ネカマをやるつもりはないけれども、ここまで露骨なのか…
不思議です

ラノベレビュー
まよチキ!10
MF文庫Jより
著者:あさのハジメ イラスト:菊池政治

いよいよ佳境に入って来ました
意外と良いペースでストーリーは進んでいくんですよねー
内容がとても薄いわりには、しっかりと前進しているので面白いです
いよいよかな…という感じです
今回で色々過去のものが大体清算されて、主人公のクソっぷりもある意味フラグだったのでしょう
前までそれはおかしいだろうと思っていたことも、しっかりとキャラが代弁してくれたので割と満足しました
キャラは多いですが、一人一人役割が違うので読みやすいですし、本当に内容が単純すぎるので難しい事が何一つありません
フラグも回収したし、もうそろそろ終わりでもいいんじゃないでしょうか
あと1,2巻で終わればすっきり満足という形ですね
まぁ、ショートストーリー入れたら3巻くらいがベストな気がします
どうなるかなぁ
前回まではあまりストーリーは気にしていませんでしたが、やっとクライマックスだとやはり気になるものです

一言:シュレ先輩…ありだな
総評 71/100
やらない事はやる(無気力勇者と知りたがり魔王)
さて、日がな一日遊び続けていた黒紗夢です
途中は遊ぶつもりはなかったんですが、いつの間にか寝ていたり、ガンエクに誘われたりと結局遊んでしかいません

ということで、とりあえず新しいMMOを起動させたんですが、特に面白くないというかまだまだ分からないので何とも言えません
まぁ、キャラ選択を間違えましたね
完全プリを選んだので、MOB狩りが大変で大変で…
挫折してとっとと終了

アニメ見ながら、晴空物語を起動したものの、特にやる気がなくて湧きMOB放置で完全ROM専
というか、チャットが滅茶苦茶盛り上がっていたせいで自分はもう入っていけないというか、入り込みづらい空気というか…
大分私はもうこのギルドでは蚊帳の外ですからねー
大雑把に旧メンバーと新メンバーがいるんですが、旧メンバーは既に4人くらいしかいません
で、私はその4人以外とはあんまり話したことがないし、チャットも盛り上がらないのでもうどうしようもない
特にそういう壁はないはずなんですが、自分の中で勝手に壁を作ってしまっているので、チャットが盛んな時は放置してます
あれ?
なんか大分私コミュ障になってますね
むかしは、ギルマスでキャッキャウフフやっていたというのに…
まぁ、その時もよくよく考えたら3,4人と密に話してましたね
大人数がいる時はだるいです
もう10人超えると無理かなーって思ってます
ギルメンは良い人ばっかりだけど、そろそろ潮時なのかなぁ…
折角ギルドにいるのに、特に理由もなく居心地が悪いって結構やばいですよね
もっと気軽にやりたいなあー…
ま、自分が悪いからどうしようもない
やめるかなぁ~…

閑話休題

ガンエクでプレマ
自分が攻めると弱い法則
でも、ケルディムだと幸せになれる法則
やっぱり黒本は後衛機ですね
元々前衛機ではないのは分かっているんですが、前で戦う機体でもない
本当に万能機
でも、耐久低いし、リロード4秒て…
せめて3秒にして欲しい
もっと状況判断しないと、せっかくの勝ち確を落としまくってます
もう自分は何をしているのか分からないレベル
昨日から言い続けてますが、状況判断Eです
もっと素早く判断しないと…
理想は、BD格入る直前に敵僚機を見て判断してコンボを入れる…ですが、厳しいなぁ…

あ、プログラムやってない
そして相変わらずの二日連続投稿

ラノベレビュー
無気力勇者と知りたがり魔王
MF文庫Jより
著者:冬木冬樹 イラスト:水月悠

魔王が封印されてから50年。再び世界が戦争のまっただ中になり、勇者の孫で周囲に期待されていたはずの主人公はしかし、祖父の威光を使って兵役を逃れ、無職を貫いていた。そして、母親に叱られて逃げいる先の魔王城でいつものように遊び呆けようとしたが……そこには、一人の少女がいた。しかも、その少女はどうやら魔王らしく――何故か魔王を教育する羽目に!? 魔王に「世界は平和」だと信じこませ、世界の滅亡を防ぐ為に仕事をする事になるが……その内容は「魔王と遊ぶこと」?! 勇者と魔王が織り成す、魔王城日常系ファンタジー、開門!

なかなかに面白かったです
くだらない日常系で、天丼のような描写が多いですが、退屈はしません
主人公が無気力系という事でどうせでも強いんだろ?とか思っていましたが、まぁ、本当によくいるような無気力系キャラでしたね
それでも、日常系なのであまり関係がないというか、むしろハーレムイチャイチャストーリーだよねという感じです
他の要素は重要なようで、されど結局イチャラブで争うという宿命です
一人称視点で、独白中心でやる気ないけど…面倒だけど…といった描写はやはり多いです
それでも、状況や場面は分かりやすいですし、あんまり嫌にはなりません
不思議なオーラを放っている主人公
そして、可愛い3人の魔族達
完全ハーレムルートなので、バカ、才女、天然と揃いも揃って可愛い特徴が突出しております
キャラが被らないけど、全員幼いという素晴らしい設定です
頭空っぽにして読めるので、ラノベらしいラノベと言えます

一言:レイラを飼いたい
総評 69/100
今日の采配は、明日の吉凶(ビブリア古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち~)
さて、そろそろ卒研が終わりそうな黒紗夢です
終わりそうと言っても、仲間と話してまた仕様を増やそうかどうか悩んでいるんですけどね
まぁ、増やすのは簡単そうではあるし、論文もその分増えるから嬉しいと言えば嬉しい
やるかどうかはさておいて

昼過ぎに学校へ行ってから、論文の統合
自分の範囲があまりにもお粗末すぎるんですが、論文は見られずに終了
本当にこれでいいのだろうか…?
卒業…出来るのかなぁ…

プレゼン資料だとか、要旨は色々手直しをされたんですが、論文は一切見られてないんですよねー…
大丈夫なのかなぁ…
しかし、論文ではしっかりViewと書いているのに、資料だとVeiwという謎の綴りになっているのには焦りました
どういうことなの…
こんな小学生でも分かる英語が分からない大学生とか割と終わってますね

で、結局プログラムには触れずに資料直して終了
こんなので本当にいいのだろうか…
卒業できなかったら、シナリオライター目指すんだ…

閑話休題

買ってないラノベを購入したら、残りのお金が大変な事になりました
私は生きていけるのでしょうか
バイトしてません
そろそろバイトを始めなければなりません
というか、スノボ旅行終わったら色々やらいないとなー
コミケもまだ出してないし…
色々やることは今月沢山詰まってます

詰まってはいるんですが…
何故か別のMMO始めました
ギルドマスターと二人で色々話しているうちに、何故か他のMMOの話に
そして始まる新しいMMO
まぁ、まだちょっとしかやっていませんが、なんで今の時期になってMMOを二つやろうだなんていう正気の沙汰とは思えない事をしようとしたんでしょう
不思議です

早く寝ようと思ったのに、結局朝の7時まで起きてましたからね
バカですねー

その前はhiro-さんとガンエクやってたし…
自分の判断能力のなさに嫌気が刺しました
こんなので中尉とか笑っちゃうね
どう考えても青プレの実力
絶対私は銅プレの強さはないなって最近思いました
わたしってほんとバカ
自分にイラ壁して、台蹴りしてました
家だと台蹴りしても誰も困らない!幸せ!

反省しよ…

ノベルレビュー
ビブリア古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち~
メディアワークス文庫より
著者:三上延

6年前のあの日、いつもとは違ってきれいな女性の店員さんが店番をしていた古本屋「ビブリオ古書堂」。そこに、祖母の本棚整理で見つけた古本を鑑定してもらう為に再び赴いた。彼女に再び出会うが、しかし、初対面の人とは口も聞けない程の人見知り。接客業を営めるのか心配だったが、古書のこととなると途端にスイッチが切り替わったかのように知識を披露し始めた。そんな彼女の元に持ち込まれる古書に纏わる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは”古書と秘密”の物語。

いやー…
なんでこれを今まで積んでいたんでしょうね
すっごく有名というか人気を博していて、気になってはいたんですが、なかなか読むのを忘れていたんですよね
本格ミステリというのがどういう基準なのかは分かりませんが、しかし、丁寧に伏線が織り込まれていて驚きと共に感嘆せざるを得ませんでした
こんなに綺麗に話が続いて、作られて、そして伏線が張られているというのはとても面白かったです
主人公はどちらかと言うと場面進行役であり、状況説明をしたり、こちら側に分かりやすく解説をしてくれる所謂ナビゲーターの役割をしていました
一人称視点で、こちらに知識がなくてもかなりわかりやすかったです
ヒロインも、文学少女を彷彿させるような、本への愛着と人が変わったような性格といった、とても親しみやすい特徴を持っています
本好きのヒロインはどうしてこうも可愛らしい性格をしている人が多いんでしょうね
RODといい、文学少女といい、面白い性格ばかりです

これをほうっておいたのは本当に悔やまれます

一言:妹もいいキャラ
総評 86/100
逃げと誘い
さて、なんだか日記を溜めすぎている気がする黒紗夢です
時間は置いているんですが、書く時間があまりにも遅すぎる
それじゃあ、次の日やんというレベルです
もうちょっと早く書くように心がけないといけませんね…

閑話休題

渋谷アニメイトに、ラノベを買いに行きました
が、しかし、ここで問題が発生しました


. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: :自分が何のラノベ買ったか覚えてねぇ…
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


今月はラノベを買いに行く時間がなくて、この前一気に買ったんですよね
タイトルを見ずに
そしたら、今日何を買うのかわからなくなってしまい、MFのラノベしか買えませんでした
なんという事でしょう…
買えないラノベが発生するなんて由々しき事態です
早急に対策をしなければなりません
システムを作るしかない…のか…
何か、発売日のラノベシステムを作ってから、自分で購入したものに丸をつけていかないとずっとこうやって買いそびれてしまうラノベが発生してしまいます
それは良くない
…いや、読んでいない事自体が良くないんですがね
それはそれとして、やはり買いたいですよね
更に言えば、パパ聞きのコミック版が出ているのを知らずに、第二版になっていてショックでした
いや…コミックは別にどうでもいいんですがね…
意外と絵が可愛くて結構びびったんですよ
最近のラノベ原作マンガはゴミが多いので、どうせ大したことないだろーと思っていたら、構図によっては滅茶苦茶可愛くて、なんでこれを買わなかったんだ…っ!
という気分になりました
今度からは気をつけよう、うん

悔しさを胸に、晩飯の混ぜご飯を東急で購入して帰宅

一人でおでんとご飯を食べるぼっち

そして、ぼっちを紛らわす為にガンエク待機
Blackyが釣れたので、二人でランクマ
うのとやる時は私は完全後衛機なんですが、Blackyとやる時は前衛…の方がいいのかな
私はなるべく後ろでカット要因としてひたすら立ち回っていたんですが、私が前衛でひたすら攻めた方が強い時もちょいちょいある
難しいなぁ…
あとは、私の覚醒のタイミングです
遅すぎるせいでいつも勿体無いことに…
もっとガンガン覚醒を使いたい
折角開幕は盾でゲージ貯めてるのに、落ちてからしか使わないとかまじムダ
さっさと覚醒して、3覚醒は難しいにしても、覚醒で一気にダメ取りたいですね
次の目標は覚醒のタイミングかなぁー…

全然ダメダメすぎて、いつになったら佐官クラスの強さになれることやら…
あ、ちなみに中尉になりました
マル
前が見えない(World's End Girl Friend)
さて、相変わらず遊んでばかりいる黒紗夢です
卒論は月曜だからまだ余裕じゃーんとか言いながら、特に何もやっていません

というか、本当に今日は何をやっていたんでしょうか…
朝という名の昼に起きて、アニメをひたすら消化する作業
最近どうも土日にアニメを見る傾向が強いです
というか、多分金曜日の夜が一番多いのかな?

で、アニメを見ていたらいつの間にか夕方に
特にやること…はありましたが、ネトゲにログインしてキャッキャウフフ
正直、サブマスではありますが、ギルメンの事が全然分からないというか、私のIN時間が遅すぎるせいで全然しゃべっていないんですよねー
しかも、ギルチャはもうほとんど盛り上がらない
人は大勢いるけど、結局ギルチャよりもPT茶
なんというか…まぁ、人数の少ないギルドっていうのが元々ここが掲げていた目標ではあるんですが、結局PT茶で話してギルチャは無言の嵐で、ギルメン同士で特に仲良くなってないんですよねー
特に、ギルメン募集をやめる前と再開した後のメンバーの会話が…
いや、私が滅多に入らないのが悪いんでしょうけどね
なんだかなぁと思いました
ま、レベルキャップ外さない運営が一番悪いんですがね!

閑話休題

夕方からは、母親と買い物へ行ってきました
こんな雨の中…とか思いましたが、二子玉川のriseはそんなに濡れないから良かったです
ただ、荷物が…ね
洋服だったり、食品だったり、靴だったりとまとめて買ったせいで荷物が大量にありました
重量的には問題ないのに、かさばると本当に物って邪魔ですよね
いくら軽くても、限度というものがあります
しかし、riseは高級なイメージがありましたが、むしろその逆ですね
庶民向けのものばかりで、かなりのものが安いです
億ションが立ってるのに、そんなのでいいのか?という感じですが、まぁ、人気ならいいのかな
食事は微妙に高いところはありますが、物で高いところってあるのかなぁレベル
私がまだ全部のriseを把握していないからかもしれませんが、そんなイメージ
ま、デートにはいい場所なのかもしれません
早く公園出来ないかなー
riseでの一番の楽しみは公園です
他はリア充ではないので、関係ないです

ラノベレビュー
World's End Girl Friend
ガガガ文庫より
著者:荒川工 イラスト:くまおり純

「ねぇ、『ここが世界の果てなら』、って。そう考えたらいいと思う」。君ノ奇抜な提案に、俺はつい言葉に詰まる。「ねぇ、そしたらその先は、誰もが初めて見る景色だから。誰も見たことないならさ。それは自分だけのものじゃない?」世界の果て、世界の終わり――果てと終わりの無効には道が広がる――君はそう言いたいのだろうか。主人公の少年・慎司。幼なじみの双子の姉妹、まひると真夜。それぞれに恋心を抱きながら育ち、三人が高校生となったある日、真夜は事故により記憶を失い、日常はゆるやかに崩壊をはじめる。(あらすじ原文)

いやー…
本当に、ガガガ文庫はたまにこういうラノベを出すから面白いです
こういう不思議な設定というかストーリーで、こういう終わり方があるのはガガガ文庫に多い気がします
そして、私はこういう終わり方が大好きであり、もどかしくもあります
いい終わり方なんですが、やっぱり続きが気になるよね?という感じ
主人公と最後の会話や、散りばめられた伏線や読者の想像に委ねるような表現
そういうのが多くて楽しいです
文章は一人称視点で、独白が割と多いです
特に真夜視点になってからは独白が多く、状況というよりも、真夜がどう考えているのかをつぶさに記している為、ひたすらこちら側に思い込ませたり、考えさせられます
こういうストーリーは、二回目に読むとまた違った味を味わうことの出来る数少ない作品です
読み返すとますます面白くなるかもしれません
どうなのか、どっちなのか…そういう楽しみが増えます
やっぱりガガガはこういう毛色のやつで行った方が面白いと思います

一言:自分の考えを信じる
総評 82/100
難は向かってくる
さて、卒論の第一稿を提出した黒紗夢です
提出したというか、見せただけなんですがね
そんなときの一言

教授「これじゃあ、卒業させられないな」

ですよねー
自分でも分かってました
提出する直前くらいになって、
「あ、やべぇ。図入れてねーじゃん」
というのに気が付いたんですが、時既にお寿司
私達の班の順番が来てしまいました
しかし、プログラムはほとんど友人がやってくれて、私の範囲はほとんど少ないんですが、卒論はほとんど私が訂正しているんですよね
ある意味いいペアなんじゃないかって勝手に思ってます
3人ペアですがね
一人、文章力が致命的にないのか、適当すぎるのか、文章があまりにもお粗末で思わず笑ってしまいました
論文のはずなのに、
「前章で喋った通り~」
「~と思うかもしれませんけれど、~」
「~ですよね」

…これ、そういう文章じゃ果てしなくダメだろ…
訂正に相当時間がかかりました
というか、プレゼン資料と論文は大抵私が改稿してるんですよね
プログラムは完全に任せきりで、私の範囲なんてうんこすぎて、1年生でも一日で作れちゃうレベルなんですよ
いや、友人に直してもらったところは明らかに1年生じゃ作れないプログラムですが…
私の作った所は間違いなく1年生なら作れるレベル
プログラム
ペア二人:俺 9:1
論文
ペア二人:俺 4:6

…あれ?
でも、俺の負担少なかったな…
まぁ、そんな感じです
世の中得手不得手がありますからね!
こんなんで、本当に院行ってもいいのかよ…

そして、やばいと感じながらも結局そのまま適当に修正してから、飯食ってゲーセン
キャッツに行ったら何やら見慣れないものがあるではありませんか

サウンドボルテックス

なにこれ格好良い!
とか思ってやってみました
1クレ200円

たけーなー…と感じましたが、結局2kほどぶち込みました
面白い
何ていうか、次世代音ゲーって感じがしますね
今までで一番面白いかもしれません
まぁ、毎回新しい音ゲーをやるとそう思うんですがね
これが100円なら絶対やり続けるんですが、200円は流石にちょっと…という感じです
面白いには面白いんですが、設定が少なすぎる
倍速は3倍までだし、今日の気分のカードとかいう謎の機能以外一切機能修正ができないんですよ
ありえなくない?
ここまで色々音ゲーシリーズ出しといて何も設定出来ないってふざけてるの?
もうちょっとあるよね?
と思わざるを得ません
しかも、3倍とか普通に譜面が見える程度なので全然面白味が足りない
もっと早くてもいいのよレベル

ただですね、LV10を超えると人間をそろそろやめないといけないんじゃないかなって思えます
弐寺も人間をやめないといけないシリーズなんですが、これもそうなる可能性があります
既に指が足りない
サウンドボルテックスは、ボタンが6つと皿のようにちょっと大きめのネジのようなものが2つ付いているんですよ
それで曲に合わせるんですが、10を超えると
ネジを回しながら、下のボタンを押しっぱなしにして、上のボタンをリズムに合わせて押していく
という謎の事をしなければいけないんですよ
左手でネジ回して、右手でボタン押しながら、更にボタンを押していく
まぁ、これならまだ出来ますよね?
多少見えにくいんですが、まぁ、出来ない事はない
これが10です
コレ以上のレベルがあるということは、ネジ二つ回しながら譜面を叩く…ということもありえるわけです
どうすんのこれ
しかも、ネジ二つでもたまに混乱します
青と赤で色は分かりやすいんですが、交叉しまくるとどっちがどっちだっけと迷います
慣れが必要です
早く100円になれ…っ!

そして、Twitterを見たら、P4U勢が関東関西でSkypeをするとか言っている間に私は電車の中でぼっち
急いで帰宅して参加
キャッキャウフフして、色々意見交換したけど、やっぱり稼働してからだなーと思いました
あと、AOUのことも知りました
知ってよかったAOU

で、解散後は遼さんとガンエク
朝までガンエク
マスターと黒本とかなかなかいいペアでした
私が後落ちを安定させないといけないし、ちゃんと覚醒しないといけないなーと痛感しました
連携云々よりも自分の技術のなさに泣ける…
そして、何故かランクマで当たる中将大将
ランクマで当たるペアじゃないだろjk…
P4Uからこういうふうに別ので絡めるのって楽しいですよね
やっぱり交流は大事だよ

ゲーセンは潰さないようにしないとね
どこかのスレみたいな出会いもあるわけだし、いい場所だと思います
先がない(VS!! -正義の味方を倒すには-)
さて、結局ガンエクしかやっていない黒紗夢です

学校にも行っていないし、卒論もほとんどやっていないしで、一体何をやっていたんでしょうか
というか、そもそも起床した時間が2時くらいで、微妙だなぁと感じながらだらだらと家にいたら行く気が失せました
で、結局家でごろごろして

卒論書かなきゃなー
→でも、面倒臭いなー
→ここでネトゲやっちゃダメだよなー
→どうしようかなー

と迷いながらネットサーフィンしていたらいつの間にか時間が過ぎていました…
あれ…
おかしいな…
だったら、まだネトゲに集中していた方が良かったな…

まぁ、うのにガンエク誘われたんでそのままガンエクやってました
相変わらず初戦の何回かの糞っぷりがやばい
プレマで腕を慣らしてからじゃないと、絶対に負けます
イノシシのように突っ込んでいき、ゴミのように消えていきます
そのせいで、ポイントはガンガン減っていき、折角上がっていたものが元の木阿弥になります
…やっぱり、ランクマに行く前にプレマに行くしかないな…

で、ガンエクが終わった後に結局ネトゲ
そういえば、転職してないなーと思って、さっさと転職
特に苦労もなく転職しました
転職後はちょうどステ振りも出来るので、結構ステ振りに迷っていたんですよね
どうしよう…
でも、ちょうど手元にあるし…
ということで、一気にPKステにしてみる事に

あまりにも極端すぎて狩りがきつい

私の職業は常時回復スキルがあるんですが、それに振っていないせいでまずダメージが酷い
更に、一番火力の高いスキルにも一切振っていないせいで一匹倒すのに範囲スキルをしないといけない
その範囲スキルはPKでは鬼のように強いんですが、自分から直線距離25の範囲しかいけないせいで、魔法職のくせに接近しないといけないクソっぷり
PKでは強い
でも、超火力が高いスキルを振らないおかげで自分への反射ダメもあまり多くないというのが嬉しいところ
その範囲スキルは継続ダメが多いんで、完全PK専用スキルなんですよね
…まぁ、まだレベルキャップ外れてないからいいんですがね…
このままだと、絶対辛くなる…
というか、既にダンジョンがソロできなくなりました
もうお金稼げないよ…
なんでPKステにしちゃったんだろ…

あ、卒論結局書いてません
というか、2時くらいに友人に送れといったのに送られてこないせいで書けませんでした
どういうことなの…

ラノベレビュー
VS!! -正義の味方を倒すには-
電撃文庫より
著者:和泉弐式 イラスト:白羽奈尾

俺は21号。悪の組織の下っ端戦闘員だ。キーって叫びながら、変身ヒーローにあっさり倒されちゃう、全身タイツのアレだよ、アレ。キー! 毎度毎度、新たな怪人に率いられ、コリもせずにヒーローへと挑み、敗北ばかりの日々。ほんと、よくみんな飽きねぇな。というか、ヒーローに勝つなんて、無理に決まってるじゃん。そんなある日、史上最強の怪人<ジャバウォック>が誕生したという噂が流れたのだが、なんとソイツは――。怪人ですらかなわない無敵のヒーローに挑む、雑魚戦闘員の熱血ストーリー!(あらすじ原文)

こういう悪の視点、それも下っ端の視点というのはなかなかに面白いテーマでした
しかも、ストーリーもきっちりしていて飽きは来ないし、すごく良い話で楽しかったです
ショッ○ーの中にこういう奴がいたら面白いんでしょうね
どういった経緯で作られたとしても、一個体としての人格を持って行動しているというので、日常生活を送っているのを考えると楽しいです
21号と22号の絡みで、この二人の微妙な距離は続きが気になるというか、今後どうなるのかが物凄く知りたい関係です
死ぬ運命かもしれない悲劇を持ち合わせているかもしれないけれども、一滴の希望があるかもしれない、そんな風に思えます
ジャバウォックもいいキャラだったので、割と勿体なかった
こんな良いキャラがこんな扱いでいいのか…と思わざるをえないレベル
ただ、物語を盛り上げる上ではとても重要でしょうし、仕方のない事なのでしょう
これがもしも続くならば、もっと正義の味方と21号の絡みというのを見たいです
続いてくれないかなー
文章は一人称視点ですが、独白よりも状況描写が多いのでどんな感じなのか、周りのキャラがどう思っているのかというのがつぶさにわかります
おかげで、独白が少なく、周りにも読み手にも主人公の行動を読みにくくさせて面白い展開に持っていくというのはなかなかに良かったです

続いてくれないかなー

一言:22号をそばに置きたい
総評 72/100
迫り来るもの(ある朝、ヒーローの妹ができまして。)
さて、なんだか慌ただしいようなそうでもないような日だった黒紗夢です
結構だらけていますが、論文の第一稿が明後日までに迫っているんですよね
あれー…全然やってないぞー…?

ということで、相方と話し合ってとりあえずやろうぜ!的なノリになりました
私の担当は全然ないから楽勝だぜーとか思ってました
嘘でした
序論のすべてとソフトの導入方法もどうやら私にやらせるというえげつない方法が取られました
いや…当たり前と言えば当たり前なんですがね
私が一番範囲少ないですし…
一応去年のを参考にして書けば大丈夫と言えば大丈夫なんでしょうけどねー
面倒な事は避けるに越したことはないです
で、教授が動画動画結構言ってくるので修正して動画撮りもしなければなりません
ここで私はふとあることに気が付きました

…あれ……?
自分の研究範囲を一度も教授に見られたことがない…?

そうです、そうなんです
一度も見られてないんです

教授:黒紗夢ー、お前の範囲出来たかー?
俺:はい、大体もう大丈夫です
教授:そうか

それだけで終了
どういうことなの…
まぁ、OpenCVを諦めた時点でろくな研究成果ではないので、見せない方がこちらとしてはいいんですがね
というか、影の部分なので見せても仕方がない…
もうちょっと改良しますがね
OpenCVを導入出来たらしたいけど…間に合うかなぁ…


で、家ではぐうたらして結局まともにやったものはうのとのガンエク
これがまともなものっていう時点でぐだぐだしすぎだろっていう感じです
もうちょっと他にやることはなかったのか…
ネトゲでも、シナリオでもやることは沢山あったような気がするのに…
ぼーっとして終わりました
無気力になることってたまにありますよね
私の場合はやる気になる方が稀ですが、そういう事もある…よね…
適当にガンエクのニコ生を見に行ったりしてました
入ろうかなーなんて思いましたが、なんだか面倒くさそうだったので諦めました
しかし、適当に覗いてみたのにも関わらず

主:黒紗夢さんいらっしゃーい、お久しぶりです

……あれ?
この人の動画前見たことあったっけ?
というノリ
適当に眺めて、声がうざくなくて、動きがいい人を探している時に一度行ったことがあったようです
…全然覚えとらん
でも、こういうので色々知り合い作っていくのも面白いかもしれませんねー
顔が見れないのがあれですが…
そういう意味では、ゲーセンの方が断然いいです
某スレでは、ゲーセンから始まる恋物語がありましたしね…
悲愛でしたが、良い話でした

閑話休題

隠者と組んでると本当に楽です
そして、普通は黒本が前で隠者が後ろのはずなのに、私達のペアは黒本後ろ、隠者前になります
大分謎ですね
結構訳がわからないですが、それでも勝ってしまいます
大抵私が後落ちというか、隠者が先落ちして私が逃げる感じです
あれー?
黒本のメインは弾数5でリロード4秒だぞー?
なんで射撃戦してるんだー?
不思議です
しかし、対戦中一人だけ、ジ・Oが開幕からこちらに連ガからの格闘を入れてきたのには驚きました
そういう射撃あるのね…
開幕にゲージ溜めるという甘えも通らない機体は覚えておかないとですね


…あれ?
論文全然書いてないぞ…?

ラノベレビュー
ある朝、ヒーローの妹ができまして。
スーパーダッシュ文庫より
著者:餅月望 イラスト:黒田bb

普通の高校生・貴樹にはかつてヒーローだった妹たちがいる。超能力者・宇宙人・異世界人と様々な事情を抱えた少女たちを、英雄である両親が引き取ってきたのだ。しかしそれは、貴樹にとってはアタリマエのことで、どの妹も可愛らしく、愛らしいことに変わりはない。今朝も父親から電話があって……また妹が増えた。今度はどうやら未来からの妹のようで……。お兄ちゃんと妹たちが繰り広げる、愛と感動のストーリー、開幕ですっ!!

あらすじコピペです
最近、自分で考えるのをやめています
閑話休題

キャラは可愛い
全員ロリなので私にとっては楽園のようなストーリーです
もうそれさえあれば十分ですよね?
設定とか結構無茶だったり、矛盾しているからといってそこを突っ込むのは野暮というものでしょう
容姿が可愛ければ何でも許されます
それを貫いているのがこのラノベだと思います
はじめてのはるまげどんっ!に似ていなくもないですが、一応各キャラに設定がありますから、ロリっていうだけでしょう
しかも最後の触手プレイは明らかに狙っていますよね、はい
文章は一人称で、結構主人公は苦悩したり妹たちへの独白が多めで、それを中心として場面が移動する感じです
主人公がどう思っているから、場面がこう動いている…というような場面転換が同時というよりも主人公中心に置かれています
文章自体は読みやすいし簡単なので、すんなり飲み込めます
戦闘なんて話に落ちをつけるためのオマケみたいなものです

一言:幼女の裸だけで十分だよね?
総評 58/100(幼女 100/100)
目の前の目標
さて、一日中家にいた黒紗夢です
何というか、昼過ぎに起きると学校へ行きたくなくなりますね
気が付いたらネトゲのメンテ待ちしてました

今日からやっと晴空物語で二次職が解禁されたんですよ
えぇ、二次職です

でも、レベルキャップは外れない

マジで意味が分からない
何なのそれ
レベル上がらないのに、なんで職業は先に上がるの?
頭おかしいんじゃないの?
運営早く仕事しろよ
何ヶ月レベルキャップあると思ってんだよクソが
という感じですが、一応進みはしたのでさっさと転職しようとしました
EXダンジョンという一日一回しか入れない場所が最初のクエストで詰みました
やっちまったぜ…

そして、諦めて闘技場でキャッキャしようとしたら、二次職がいることいること
弓はそこまで強くなかったのにも関わらず、二次職になった瞬間化物のような火力を発揮しました
何という…一番の最強職である魚は雑魚キャラに…
というか、最強職と謳われていたにも関わらず、ひょっとしてこいつ雑魚じゃね?状態
絶望しました
仕方ないので、他の職業を陵辱してましたがね…

で、ネトゲもずっとやっててもつまらんのでうのとガンエク
その前にミッションをやっていたせいで、動きがゴミのようになってました
イノシシのように突進をし、勝手に死んでいくという
ただまぁ、うのが隠者になってくれたおかげで大分戦闘が楽になりました
ほんとにあの機体はゴミのように強いですね
まじ3000機体と組んでいるようなものです
やばいな…
もうちょっと二人の連携が上手く行けば簡単に中尉になりそうです
佐官にいけるかなぁ…
簡単にできる作業(大奥のサクラ 現代大奥女学院まるいちっ!)
さて、もう卒研の締め切りが迫っている黒紗夢です
27日が締め切りなんですが、今日はそれの要旨原案提出の日

前々から昨日の1時くらいには送ってねと言っていたのにも関わらず、3時くらいに渡されたせいで結局ほとんど修正せずに今日を迎えました
だって、眠いですしね…
そしてだるいなーと思いながらも2時くらいに学校へ行って急いで要旨作成
簡単に日本語直したり、適当な文章を30分くらいで完成させたのにも関わらず、一番まともな文章だったようで…
どんだけ皆日本語不自由なんだよっていうレベル
結構適当に書いたんですが、意外と通るものですね
伊達にシナリオ書いてない(キリッ

そして、言い回しが微妙に修正されただけで終了
特に何も言われなかったせいで楽勝でした

その後に同窓会の会議という謎のものが発生
同窓会の役員のメンバーになってしまったが為に役員会議に参加させられました
が、なんだこれ本当に会議なのかってレベルの集まり
会議という名の元の、ただの確認作業
役員が誰になったーというのをプリントで配って、同窓会費をどう使うのかを確認するだけの作業
30分もしないうちに終了
その間ほとんど誰も発言してないという…
なんだこれ
楽なのはいいんですがね
ちなみに、その間に同窓会規則が改訂されました
そんな簡単に決めていいのかってレベルで決まりました

そして、終了後とっとと帰宅

久しぶりにみんなのいる時間帯にネトゲにINしまいた
IN率が滅茶苦茶低いギルドなのに、10人もINしていました
信じられない…
明日やっと二次職が解禁されるのはいいんですが…
なんでレベルキャップ外れないの?
馬鹿なの?死ぬの?

…卒業まであと少し…

ラノベレビュー
大奥のサクラ 現代大奥女学院まるいちっ!
スニーカー文庫より
著者:日日日 イラスト:みやま零

火縄銃から携帯電話、着物屋TVゲームまで文化が混合し、大阪城の一番奥に”大奥”がある現代って?! 美少女たちを集めたそのハーレムに、監察局”腐肉食堂”の任務で潜入することになった、豊臣将軍家の一人息子である秀影。だがそこで彼が見たのは美少女たちが、見世物として戦う”大奥女学院”であり、血だらけで戦う初恋の少女さくらだった?! ただの美少女ではありません! 決して触れられない禁断の学園生活が始まる!


最初なんだこれって思いましたが、最後までなんだこれってなりました
薄い本が早く欲しいです
日日日の作品はほとんど読んでいないんですが、こんな設定でほんとうに大丈夫なのか?というレベルで戦闘が行われています
というか、序列上位者からの挑戦を断れないって…考えようによっては全員を皆殺しに出来ちゃう設定だよね?
と思わずにはいられません
戦闘回数が制限されているのか、それでも一週間で一試合は出来るみたいだし、大丈夫なのかこの大奥という感じ
ヒロインは大体可愛い
というか、ロリばっかりなので私としては大歓喜です
いい子達ばかりなのに、無残にも殺されるのを見ると惜しいと思いつつも興奮せずにはおれません
主人公は流石に常識知らずすぎるというか、どんだけ何の教育もされていないんだよというレベルで純粋
こんなのが次期将軍でいいのか?まじで?
というノリ
でも、なかなか読み応えはありました
突っ込みどころは満載ですが、キャラ可愛いから十分でしょう

一言:蜜蜂ちゃんとチュッチュ
総評 69/100
ロケテ最終回(金は彼女の回りもの)
さて、多分これが最後のロケテだと思っている黒紗夢です
噂では2月にはもう本稼働をするらしいので、きっとこれが最後でしょう
もう一回くらいあってもいいような気がしないでもないですがね

ということで、朝起きて池袋GIGO
昨日まではFate大会出るかーとか何とか思っていたのに、起きたらすっかり忘れているというクソプレイ
…まぁ、今更言っても仕方がない
でも、整理券を配らない上にエスカレーターの途中まで列を形成しちゃう程のクソっぷりを見ていると嫌気が刺してきたので、乙女ロードの見学に行きました
この時にミカド行けば良かったなぁ…

しかし、乙女ロードは空気が違いますね
怖いです
何ていうか、もうアニメイトにすら入れない雰囲気
入口付近で腐っていそうな方々が包囲網を形成していて、店内の雰囲気も全然違う
臭いまで違う
こんなのがアニメイトでいいのかレベル
2Fは結構普通だったのが幸いでした
残りの階は行く気が起きませんでした
周りのらしんばんとかK-BOOKSに寄っても雰囲気はまるで変わらない
というか、男がいない
タイバニのだったり、銀魂だったりそういうものしかない
そして周りを見ても私の姉貴のような人達しかいない
完全アウェイ
まぁ、皆さん目が真剣で、周囲のことがあまり見えていないくらいに集中していたので私の存在はきっとバレていません
オタクに性別ないですね
どっちも完全に世間のことは気にしていないという点においてはお互い様なわけです

冷やかしのような気分のはずが、負け犬のような気分でロケテ会場に帰還
そして、ひたすらまた研究
以下相変わらずのコピペ

運命カウントなんていらなかったんや!

今日は後半割と一撃を使わずに立ちまわってみた
コンボは伸びそうで伸びない
同技補正のせいでイラ壁状態
とりあえず、画面端では
B二連牙*3を確認
だからどうしたってレベル

基礎コン
5A>5B>5C>236A>A*5(orB*5)
最近距離だと、236Bで繋がるけど、よく分からん
対空は特にないけど、
相手が空中の場合
5C>236Bが近くならほぼ確実に入る

ちなみに、
B二連牙フェイタルからC連射で2900くらい減る

画面端
投げ>C>5C>236B>D>236B>B*5
多分入る…はず
とりあえず、B二連牙まで入るのは確認
エリアル行こうとしたけど、途中で受身を取られるから射撃で締めた方がいいかも
B二連牙を2回にするか、一回で止めてエリアルの方がいいのかは分からない
要検証
エリアルは
JB>JC>JB>JC>JD
JD後はDメギド>Cメギドで設置安定

画面端B二連牙は色々夢がありそう
SB二連牙は出始め無敵
SB射撃も出始め無敵
どの程度無敵があるのかは謎
そして、多分対S事案は無敵ない


対策
基本的にはメギドを如何に設置するかのゲーム
でも、メギドをガードしてくるようなら削りで殺せるので、その都度ちまちま当てていくと美味しい
ジャンプしてくる相手にはJD置いておく
地上にいるなら射撃でちまちま削る
メギドガードして相手が地上にいたらボコスカとか投げとかで固める
ゲージあるなら、SB射撃で減らせる…かもしれない
地上Dも使える相手には使えるかもしれない
雑魚はどうでもいいけど、結構丁寧に立ち回らないと勝てないキャラ

でも、強キャラ

修正欲しいキャラ
番長、陽介、完二、雪子
それぞれ、判定、派生、ダメージをちょっとだけ修正して欲しいかな
雪子のディアもどうかと思う
クマのサーカスを避けるのは流石にやばい

上方修正はもういらんと思う
千枝弱くなりすぎだし、直斗もちょうどいいんじゃないかな?
まぁ、もう少し直斗は弱くしてもいいけど、少しでも無敵減らすとそれだけでやばい

あと、りせちーの煽り実況はどうにかならんのか

今回は時間がないので、明日の日記にもっと詳しい事書く
修正して欲しい点とか基本的な事とか書く要素いっぱいある

ラノベレビュー
金は彼女の回りもの
電撃文庫より
著者:時田唯 イラスト:ひいろ

突然、母の残した借金2000万円を背負うことになってしまった高校生中村透。そんな彼を救ってくれたのは、同じ学校に通う美人お嬢様・家宝茜だった。透は恩人である茜に下僕宣言をして恩返しをしようとするが、茜は人間不信に陥っているためになかなか透の言葉を信用することが出来なかった。そんな彼女に対してどうやったら笑ってもらうか四苦八苦する透だが、お兄ちゃん大好きの妹と透に恋心を抱いている幼馴染が乱入してきて大変な事になってしまう! そんな折、茜の誕生日パーティーの会場に潜入した一同は、彼女の思い出を踏みにじる心ない出来事を目の当たりにして……。 下僕の真心がお嬢様の冷たい心を温める、ほんわか主従ラブコメディ!

いやー…すっきりしていて楽しかったです
色々突っ込みどころは満載ですが、相変わらず勢いで押して行っています
この作者の前作もちょうどいい区切りで終わって、すっきりコンパクトな印象を受けたので、今回もそんな感じなのかなぁと思ったら、本当にそういう展開でした
分かりやすいキャラ構成と、簡単な文章で構成されているので、心情だとか状況がよくわかります
文章は三人称視点で、どのキャラも動きが簡単に把握出来ます
ヒロインも可愛いですし、キャラの背景だとかもシンプルなので特に疑問に思うことはありません
展開的にそれそんなんでいいの?っていうレベルの展開がややありますが、そこは面白くなるであろう状況に持って行きたかったのだろうと思うので仕方がないのかな
もうちょっと付け足してもよかった気もしますが、深く展開は考えちゃいけないんでしょう

一言:妹ください
総評 69/100
P4U3回目ロケテ2日目(不思議系上司の攻略法3)
さて、タイトルがややこしい気がする黒紗夢です
数字多すぎだろって言う感じですが、実際そうだから仕方が無い

ということで、色々なものを無視してロケテ
卒研とかもありますが、微妙に相方に任せつつ自分ではそれなりにしかやらないという糞プレイ
他人任せは基本(キリッ

そして、さっさと昼過ぎから池袋
調べることが多すぎるのに、初心者が多いわ、腐女子が多いわであんまり調べられませんでした
a-choでは、30分以内に1試合出来るレベルだというのに、こっちは1時間くらい
人が多いのは別に良いんですが、店員がクソすぎて嫌気がさしますね
整理券配れっちゅーねん
なんで配らないんだよ…
長蛇の列に並ぶとかだるすぎる
まぁ、それでも調べられるだけ調べる
あと若干のコピペ

全体的な修正点追加
ノックバックが大きくなってる?

直斗最強伝説の軌跡
メギドと射撃最終段の削りが尋常じゃないことに気が付いた
今まで意識してなかったけど、この削りダメージによって運命カウント無視で殺せる事が判明

B二連牙が当たれば、そこから約3000減らせる
画面端だと追撃可能
もしかしたら、罠をコンボの途中に挟めるかもしれない
要検証
ハマオンに無敵確認 ←頭おかしい
起き上がりに、ハマオンブッパして当たれば終わり
ガードされてもそこから中下段のクソ二択を迫って当てれば終わり
何を言っているのか分からないと思うが、言ってる俺も理解が追いつかねぇ
要するに、起き上がりにこれをぶっ放せば勝てるって事だ!
問題は完二のD投げに吸われるかどうか
それ次第で、最強技になる
ちなみに、運命カウントが0じゃなかった場合はSB射撃で裏回りクソ逃げ技がある
投げ無敵があるかどうかは謎
でも、今のところ投げられてない
相手が死にそうになった時はダッシュSB射撃やれば、見える奴ほとんどいないと思う
頭おかしい技
立ち回りは、ジャンプでこっちのメギドを抑えようとする奴にはJDを振って牽制
当たればそのままメギドキャンセルで2個設置可能
当たらなければ、そのまま着地
設置はCD各2個ずつ設置可能

ホールドアップが未だに使いこなせない
でも、よくよく考えたらこの技いらなかった
ハマオンいらっしゃい
ようこそ世紀末
誰でも簡単に、運命カウントを1ラウンド中に削ることが出来ます
やったねたえちゃん
台パン増えるよ

修正されなきゃ間違いなくこいつで初日は負けなしで勝てる
修正されたら千枝でクソゲーする
マジ良い二択

詳しい対策とか、立ち回りは最終日にまとめよう

ラノベレビュー
不思議系上司の攻略法3
メディアワークス文庫より
著者:水沢 あきと イラスト:

友人が、現実の仕事を思い出すから嫌だと言っていました
が、私にとってはかなり面白い本です
こんな上司を夢みたいレベル
カヨさんまじかわいい
システムの事とか、ベンチャーの事とか現実世界に参考になるのかどうかは分かりませんが、面白いです
こういうこともあるのかぁと思いながら読むと楽しいです
しかしこの主人公イケメンである
そして、やっと二人が進展したので、次が楽しみで楽しみで仕方がない
本当に二人はもどかしかったですからね
やっとこさ、面白くなってきたという感じです

一言:サンタカヨ最高!
総評 82/100
第三回目P4Uロケテ(烙印の紋章Ⅹ)
さて、P4Uのロケテへ行ってきた黒紗夢です
いやー…いいもんですねロケテって
素晴らしい響きです

とはいっても、その前に学校でプレゼンを作らなければいけなかったんですがね
昨日友人が私にプレゼン資料を渡さなかったせいで、学校へ行って統合しなければいけないというふざけた自体になりました

まぁ、何とかギリギリ間に合わせられたんですが、大分適当でした
前回修正言われた事をほとんど直していませんでした
そのせいで怒られましたが、適当に作った資料は修正なしという素晴らしい評価
あれ…?
埋め合わせで一枚20分くらいで作ったんだけどな…

そして、遅れてP4Uロケテ
朝一から知り合いが既にいたというガチ勢に会ってから、一緒に飯食ってロケテという名の仕事
面倒なので、ここからコピペ

全体的な修正点
・スキルブーストが全キャラ青いエフェクトに
・ペルソナ攻撃(CとかD)時にペルソナがその場により長くいるようになった(多分硬直とかは変わらない)
・そのせいで、ペルソナが前より速攻ぶっ壊れる自体に…
・声が多くなった
・りせちーが五月蝿くなった

個別修正点
千枝
・SBドラゴンがDドラと同じになったせいで、コンボが出来なくなった
・SB黒点のアーマー弱体化?
自分でSB黒点全然やってなかったから分からんけど、起き上がりにやってもダメだったらしい
SBドラゴンは割と痛い
結構なダメージソースだったのに、痛い修正点
でも、いい加減ゴッドハンドは中段やめろや

直斗
・ハマオンに吸引追加・拘束中にやり放題化
・B二連牙強化?
・弾がなくなった時に!エフェクト追加
・5Bの前方進み率増加?(前回の進み具合うろ覚え)
弱体化どころか強化しかされてない
しかも、多分メギドの硬直も短くなってる気がしないでもない

雪子
・逆ギレ弱体化
回復全然出来ないとか何の意味があるの?

あとは、そんなに調べてないから分からん

とりあえず、直斗が頭おかしいくらい強い
メギドがボタン毎に4か5くらい設置出来るせいで、一人ボンバーマン状態
B射撃が下段なせいで、二連牙→B射撃が中段即下段な上にガードされても不利なしで超ハッピー
投げ後に運命カウントが2減る
逆ギレは発生が遅いせいで割と弱いけど、他のキャラよりは持続が長い
一撃はコンボだろうが投げだろうがどこからでも入るの確認
最遠距離で射撃からは多分無理
ただ、気がついてしまったのは、ゲージが100%あれば
射撃>ホールドアップ>ムドオンが繋がるんじゃね?って事
でも、直斗の攻撃がメギドしかないから、100溜まる前に大抵相手は死んでる
一撃のくせにダメージが出るから、直斗はゲージ50だけでも7600出ちゃう素敵なキャラ
基礎コンは適当
相手が空中にいればB二連牙でもいいし、エリアル持っていってメギド設置でもいいし、自由度は高い
地上の場合は、A二連牙が入る位置ならそれ入れて、入らないなら足払い>メギドで起き攻めかな

アイギスキツイだろうなーとか言ってたけど、全然そんな事はなかった
正直、一人だけゲームが違う
マインスイーパでもやってろよ状態


まだまだ調べ足りないことが多すぎる
終電で帰ってさっさと寝る作業

ラノベレビュー
烙印の紋章Ⅹ
電撃文庫より
著者:杉原智則 イラスト:

いやー…どんどん熱くなって来ましたね
やっぱりこのラノベは本当に面白い
かつてこんな凛々しくも美しいヒロインがいただろうか
ビリーナがどんどん成長していって、勇敢でもやっぱり歳相応に可愛らしいところもあって本当に魅力的
オルバの葛藤や苦悩も相変わらず複雑で、世界情勢がどんどん複雑化していく様は目を見張るものがあります
相当多くの出来事がいっぺんに怒っているのにも関わらず、ストーリーは分かりやすくて、むしろ他国の情勢を見ながらの方がより詳しく理解が出来て感情移入も出来るので、かなり面白いです
それに慣れるまでが大変かもしれませんが、最高のラノベ
サブキャラ達も活躍したり心情の吐露に凄まじいものがあったりと、一人一人が英傑並で見ていて魅了されます
今回は相当数の国が動いたので、次がどうなるのか早く読みたいですね

一言:オルバには勝てない
総評 98/100
形だけでもやる(さくら荘のペットな彼女6)
さて、PCを再起動させたらぶっ壊れた黒紗夢です
何とか起動まではこぎつけたんですが、多分もう再起動出来ません
というか、一つ記憶ディスク外している上に、HDDを新調しなければなりません
やばいなぁ…

HDD高すぎたせいで買うのを諦め、ラノベを買うためにアニメイト
気が付いたら15冊購入してました

祝・積みラノベ100冊達成


. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: :どうすんだよこの量…
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


一日3冊読んだとしても、一ヶ月かかります
勿論、そんなこと出来るはずがありません
…が、しかし!
3月は学校がないという事は、毎日家にいるということ…
つまり、ラノベを毎日読みたい放題!
とか言いながら、家ではほとんど読まないんですがね…
あくまでも通っている時の暇な時間に読むのがラノベ
3冊読むと趣味と言うよりも完全に作業
でも、勿体無いから読まないといけないよねーというのが心情
アニメもいっぺんに見るときもあるから、別にいいのかなー

よし、一日2冊くらいは読もう

閑話休題

プログラムを少し修正
昨日で大分完成したと思っていたんですが、よくよく考えれば他のコマンド受け付けないという事に気が付きました
そして、無理矢理直したら少しだけ変なことに…
でも、気にしてられませんよね!
もうプログラムを修正している暇がない事に気が付きました
明日までにプレゼンの資料作りをしなければいけません
なのに、全く書いてない
あれ…?
やばくね?
と資料を作ろうと友人と話し始めてから1時間以上経過

友人「よし、帰ろうか」

俺「帰るか」

……そのまま、ゲーセンへ
今日は何故かガンエクをやっている人が多かったのでシャッフル参加
やっと地雷から抜け出せたような気がします
が、まだ佐官以上にはあんまり勝てなかったりします
場合によりますが、やはりタイマンでは絶対勝てません
もうちょっと考えた方がいいよなぁ…

家でもうのすけとランクマやっていたんですが、全然ダメでした
結局大分下がっただけかな
前回はかなり調子が良かったというか、かなり噛み合ったんですが、今日はお互いに邪魔し合う形に…
うーん、両方前衛機だと結構考え物ですね
すっきりと戦いたい
隠者かギスでも練習しようかしら
黒本のランク43位だから上げたい気もするんですがね!

まぁ、とりあえずランクとか気にせずに一戦一戦しっかり丁寧に立ち回りたいものです

あと、何度でも言いますが、明日からP4Uのロケテです
明日は行けるか分かりませんが、あります


ラノベレビュー
さくら荘のペットな彼女6
電撃文庫より
著者:鴨志田一 イラスト:溝口ケージ

いやー…面白かった!
今巻はかなり良かったです
今まで割と主人公がクソっぷりな立ち回りをしていたんですが、この巻ではそういうのも含めて全部良い感じに持って行きましたね
出てくる登場人物全員の心情や状況を綺麗に使って満遍なくプラスに持っていった感じです
やはり、卒業という名の一つの節目を題材にしたものは心が洗われます
一人一人の動きが分かりやすいし、心境、独白もきっちりと入れられて、ベタな展開だけど、ベタだからこそ良いと思えるそんなストーリーでした
ただ一つ勿体無いなと思ったのが、あの写真の挿絵がなかった事です
一番重要で、一番大切で、一番くるであろう場面の挿絵がないのがとても残念で仕方ありませんでした
溝口ケージなら良い絵を描いてくれると思ったんですが、どこを探してもそれがない
本当に、それだけが勿体無いです
終わりじゃないけど、これで終わっても十分すっきりという感じがします
いや、まだまだ回収していないもの沢山あるので、後々それが欲しいって思うんでしょうから、必要なんですけどね

一言:次は恋の季節
総評 84/100
昨日を夢見て
さて、結局一日中家にいた黒紗夢です
一歩も外に出ていません
ひたすらぬくぬくと家で暖まっていました

とはいえ、何もしないわけにもいかないので、微妙にシステム構築
構築と言っても、既にパターンなのでコピペだけなんですけどね!
もう少しくらい綺麗にシステムを作りたかったんですが、結局面倒になったのでやめました
絶対もう一段階くらい軽く出来るんですけどね
っていうか、既に重複文があるのを見つけてますがね

閑話休題

結局ほとんど自分のシステム開発してません
開発どころか、ネトゲでお金稼ぎをするという愚行をしてました
軽くボスレア狩りしながらやるかーとか思ってINしてみたら、しばらくは保ったのにいつの間にやらチャットを積極的にし、気が付いたら何故かマスターとボス狩り作業

あれ…こんなはずじゃ…

そして、うのすけとガンエク固定
ヴァサーゴで上手く連携いけるかなーと思ったんですが、安定しませんでした
というか、私の援護が下手すぎて追いつけない
仕方ないので、結局X1に戻しました
このペアもやっぱり最初の方はお互いに足を引っ張って、突き刺されたり、トビアが上手い具合に味方機のみに当たったりと悲惨なことになっていましたが、最終的には上手くフォロー出来るようになったんじゃないかな?
X1クアンタペアの当初は各個撃破で、完全PS依存で勝ててたんですが、意味ないよねって事で次の段階は射撃戦メイン
でも、結局どっちも格闘機だからそこそこ射撃戦した後に、どちらかのコンボが入った時にフォローしあえれば理想だよねって事で大分安定しました
あとの課題は、味方のコンボ中にBRを打たない事ですね
結構画面見ずに打ったり、味方がコンボする直前にBR打ったりと勿体無いミスが多いんですよねー
マップも見れるし、味方機の位置も把握出来るようになったんですが、まだロックオン時の味方との被りを意識していません
それが一番大切な気がするし、一番分かりやすい位置にあるのにも関わらず一番見ていないというね…
結構サーチ変えするからしょうがないと言えばしょうがないのかな
Skype使ってるんだから言えよって話だけどね!
雑談しかしてない
あとはライフ状況くらい
真剣に話せば、色々状況言えるだろうけど…まだまだその段階に行き着いてないです
そろそろ大尉くらいの実力になりたいもんです

しかし、新キャラの分からん殺し止めて欲しいぜ…

あ、P4Uの第三回ロケテ場所が決まったようです

1/13~1/15
池袋GIGO

…遠い
でも、秋葉よりは近いというか電車賃が安い
行くのは間違いないだろうけど、厳しいなぁ…
時間的な意味で
終電早いし、卒研やばいしで、怪しいです
土日は絶対行きますけどね!
今度は何調べよう
とりあえず修正点見つけてまた調べ直しかな?

誰かロケテ行く人いれば、声をかけてくれればキャッキャします
私から声をかけてもいいんですが、誰かれ構わずは流石にね…
まぁ、前回のロケテで知り合い増やしたんで、また増えると嬉しいんですけどねー
やれば出来る子(笑)(アキハバラヴァンパイアナイト2)
さて、学校へ行って光明が見えてきた黒紗夢です
いやー…まさかこんなに簡単に進むとは思いませんでしたね

ということで、若干体調が戻らないものの、学校へ
流石に今日学校に行かないのはまずいので何とか行きました
しかし、今日までに仕上げなければいけないものがあることを一切知りませんでした
一人焦っていたんですが、実はもう既に出来ていたらしく
あれ…?何もしてないよ…?
状態でした
まぁ、そういえば私が一人でパワポを作っている間に、論文の方を完全に二人に任せていたなと思い出しました
そして、教授に一度見せた時は私は物の見事に学校をサボっている時でした

なので、問題なく終了

そして、ビデオ撮り
まりもちゃんに似てるという謎のフレーズをまいくさんに連想させられたおかげで、可愛い可愛いNAOちゃんはすっかり私の中ではまりもちゃんになってしまったわけなんですが、それのビデオ撮り2回目
まぁ、5分もないだろうからすぐ終わるだろーと楽観視してました

合計3時間程撮影に取られました

どういうことなの…
今回は迷路っぽい通路を言葉の指示で動かすだけの結構簡単な作業のはずだったんですが、どうやら床が平面ではなかったらしく、ロボットがちゃんと真っ直ぐ歩かない
そのせいで少しずつズレたりしてまず道を地道に作る作業から修正
その後、歩数調整であまりにも進まなすぎると修正
コレでもう大丈夫だろうと思ったら、電池切れで待機

…何というあほな作業なのでしょう

それの片手間で自分のシステムを作っていたんですが、やっと少し論文が書ける程度にまでなりました
本当はこれにOpenCVを取り入れて初めて私のシステムが完成形になる予定だったんですが、大幅に変わってしまいました
そりゃサボっていたらそうなりますよね…
しかしまぁ、一日で一気にシステムが出来るとは思いませんでした
プログラミングのプの字も知りませんからね

私「ここの数字増やしたいんだけど、どうやってすればいいの!」
  ↑whileの永久ループの中
某人「普通に、++してりゃいいんじゃねーの?」
私「お前頭いいな!」
某人「多分、この学科の1年生ですら全員知ってるぞ」

ですよねー
そんなレベル
相方の作ったシステムの送信方法が分からないって言って、自分で作って勝手にロボット操作させてますからね
動けばいいや精神です
…まぁ、当初の目標まで何とかこぎつけられるようにするかな…

撮影後はもう無理っていってとっとと帰宅

帰宅後、少しだけうのすけとガンエク
ちょっとシステムが出来たからってすぐこれだ…
でもまぁ、少しずつ方向性が見えてきたような見えてこないような
もうちょっとヴァサーゴ練習したいです
アシストキャラなのに、割と攻めに行っているという謎のヴァサーゴ
でも、こいつのBD格意外と強いですよね
はい、ちゃんと後ろで待ってます

そして、いつもは睡魔に勝てるのに、今日は一切抗うことが出来ずにダウン
…明日は晴れるかな

ラノベレビュー
アキハバラヴァンパイアナイト2
MF文庫Jより
著者:七位連一 イラスト:Anmi

何だろうこの可愛さ
ロリばっかりなのが嬉しいラノベ
しかし、なんでこいつこんなに主人公好きなんだよってレベルでシンクレアちゃんがツンデレしてます
でも可愛いから許す
ストーリーはなんか相当強い設定のはずなのに、なんでこんなに弱いのかっていうくらい戦闘が酷い
とは言え、萌えメインのストーリーで戦闘とか別にどうでもいいですよね
最強を謳っているわりには後ろ取られまくって無防備だとかそういう野暮なことは言っちゃいけませんよね
文章は読みやすいですし、話も分かりやすいのでまさにラノベといえるラノベでしょう

一言:可愛いは正義
総評 72/100
ダウン追い討ちは2hitまで(しゅらばら!3)
さて、完全に風邪でダウンしていた黒紗夢です
まだまだ治りませんというか、まさに今日がピークという感じでした

なので、ひたすら寝る作業しかしておりません
朝から夕方まで延々と眠る作業

とはいっても、夜は大分体調が良くなったかなと勘違いをしたので、熱帯はしたくない…というか出来ないけど暇だから何かやろうという事で、ミッションをやってみました

意外と面白い

というか、色々な機体に触れる事が出来るので、結構ためになります
機体性能は普通のとは若干違いますが、それでもどの機体がどれを持っているかや、弾数を知ることが出来るので対策が少しだけ立てられます
今までなかったのかよって感じですが、まぁ、自分でやるのと相手がやるのとではやはり違いますからね
格ゲーも微妙に自分がやった事があるなら、立ち回りなどの考え方が変わりますよね
それと一緒です
なくてもいいけど、あった方が分かりやすくなる…といった感じでしょうか
でも、相方機体次第で戦術って結構変わるもんですから、このゲームに関しては一概に言えないかもしれませんがね
というか、このゲームまだまだパンピーなんで何がいいとか実はあんまりよく分かっていません
コンボも結構ダメ優先
色々な人の見て、同じようなのしてるだけですがね
ただ、実践と動きが違いすぎて、このミッションじゃほんとに弾数とかくらいしか見る価値ないですがね…

あとはもうひたすら寝る作業です


ラノベレビュー
しゅらばら!3
MF文庫Jより
著者:岸杯也 イラスト:プリンプリン

ただの萌えラノベなんですが、段々と巻数を重ねるごとに面白くなっています
今巻は今までで一番面白かったです
結構平和と言えば平和なんですが、リアルのような泥臭さのない友情と愛情の狭間で牽制しあうという素晴らしい女の友情物語
ラノベだからこんなに平和なんでしょうね
あと、ヒロイン達の性格がいいもんだから、こうやってニセ彼氏についてひたすら牽制をしあってどうやって相手を出し抜くかを考えているという実に面白い
ただ、文章がずっと三人称視点なんですが、作者の言葉が一文だけ入っているんですよ
それがいらなかったかなぁなんて思いました
それさえなければ、普通に面白いし読みやすい萌豚用ラノベです

一言:真愛のヤンデレ可愛い
総評 77/100
久しぶりの体調不良(向日葵の咲かない夏)
さて、完全に風邪を引いてしまった黒紗夢です
いやー…原因は昨日の飲み会なのでしょうね

一番出口付近にいる状態で、
熱い空気→寒い空気
をひたすら繰り返していたので、多分やられたのでしょう
っていうか、室内気温が25度くらいで外は4度以下という20度以上も差がある空気を何度も繰り返していたらそりゃ風邪ひきますわな

しかし、今日はでぃすけ達との飲み会があったので、行くために秋葉原へ…

が、しかしここで問題が発生
. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: :携帯忘れたじゃねーか…
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

一体何の為に私は行ったのでしょうか
携帯がなければ待ち合わせを出来るはずもなく、しばらくウロウロしていましたが結局諦めました
ゲーセンに寄って誰か知り合いでもいれば、そいつに頼めるのになぁとか思っていましたが、誰にも逢えませんでした
仕方ないよね

で、結局何もなく終わり
家に帰ってもう体調が大分限界だった為にさっさと睡眠
もう鼻水が止まらないし、体はだるいしで最悪でした
まぁ、ある意味体調が悪すぎたんで、飲み会の席に行かなくてよかったのかな…?

文庫レビュー
向日葵の咲かない夏
新潮文庫より
著者:道尾秀介

ラノベ以外を久しぶりに読んで見ましたが、これは結構すごいですね
伏線の散りばめ方が面白いですし、ミスリードの誘導も相当多いです
結構不思議な世界観なんですが、飲めるこむと一気に入れてどんどん想像が変化していきます
文章は一人称視点であり、また、三人称視点でも展開される状況がより分かりやすく読みやすい文章で構成されています
いやー…最後の最後まで激しかったおかげで、かなりやられたという感じが強いです
難しい言い回しや凝った単語はかなり少なく読みやすい文体なので、誰にでもとっつきやすいと思います
ただ、内容が内容なので、なんだこれ?と疑問に思ってから飲めるこまないと最後まで謎は謎のままなのかもしれません

しかし、やっぱりラノベとこういう文庫の違いってただ挿絵があるかないかだけの差だよね

一言:妹ェ…
総評 84/100
新年会
さて、結局何も出来なかった黒紗夢です
いやはや、教授にやばいよって言われて自分の担当システムを作ろうとしたんですが、なかなか出来ません
というか、さっぱりシステムが分かりません

デバッグしようにもデバッグができないというふざけたリモートデスクトップ
原因は予想出来るんですが、面倒だったのでそのままにしました
いちいちLANの設定するの面倒臭い
→ノートもネトゲに使ってる
→そうだ、XPモードを使おう

という事で、XPモードで更にリモートというふざけたことをしていました
まぁ、そのせいでデバッグが出来なかったんでしょう
こちらのマシンに依存しない気がしないでもないんですが、気にしたら負けです
なのでほとんど進められずに終了

その後、Fate勢の新年会があるということで特攻しにいきました
卒業なんて関係ねーよ!
っていうレベルでもち邸へ

いつものようにおいおいさんには煽られ、みそさんはみそり、働きっぷはサボってお酒
そして、今回はよゑこさんの誕生日もあったので、プレゼントを渡しました
ネタとしてベルたんの写真集を上げようとしたんですが、結局拒否られました…
仕方ないね…

そして、ひたすらくっちゃべったりゲーム見てたりしました
こういうぐだぐだ感は久しぶりな気がします
まぁ、楽しければ何でもいいしね!

なんか色々書くことあったような気がしますが、まぁ、いいか

何が言いたいかっていうと今年もよろしくお願いします。
このセリフだけで僕は満足ですマル
緊急事態の末路(女子高生店長のコンビニは楽しくない)
さて、新年初めて学校へ行った黒紗夢です
今日はSkype会議があったので、家か学校か迷ったんですが流石に行かないと何もやらないので行きました

14時からSkype会議が班ごとに始まるんですが、14時に行ってもほとんどいませんでした
素晴らしい研究室ですね
まぁ、3時くらいにはほとんど集まっていましたがね

そして、教授と会議

教授:お前、このままだとお前だけ卒業できないぞ

俺:すみません

教授:しかもお前だけは英語の勉強をしなきゃいけないんだぞ? 分かってんのか?

俺:はぁ、すみません

割とやばい

. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: :システムまだ何も作ってない……
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

そして、仕方なくやろうと思ったんですが、プログラミングが分からない
あれ?
これ、先に進めないよ?
間に合う?間に合わないよね…
ということで、流石にこれからはあんまりガンエクやネトゲをやらないでシステムをつくろうと思います
そうしなきゃ間に合わないですし……

で、周りがフィットネスに行っている間に少しやろうと思ったら……結局やれませんでした
ロボットの撮影をしようと思ったら、バグが残ってるし自分のシステム作ろうと思ったら寝てました
どう考えてもクズです、本当にありがとうございました
っていうか、もう一人の奴に聞かないと分からないシステムを作らないといけないんで仕方ないんです
はい、言い訳ですごめんなさい

あとは飯食ってゲーセンでキャッキャしてほぼ終電で帰宅
…これからは遊んでられないなぁ…
一ヶ月の辛抱…
WA2もやりたい…

ラノベレビュー
女子高生店長のコンビニは楽しくない
ガガガ文庫より
著者:明坂つづり イラスト:茶みらい

二学期から転校することが決まってしまった南里湊人は、最後の思い出として好きなクラスメイト・支倉こももと一緒に過ごしたかった。そして、湊人はその為にこももが働いているチョコマート篠町つつじヶ丘店でバイトをする決心をした――女装で。そのままバレずに過ごしていたが、コンビニで働く店員達はろくでもない人間ばかりで……果たしてこももと二人の思い出を作る事が出来るのか?! 色モノ達がひしめくコンビニで、ひと夏の出来事が躍動する、コンビニラブコメディ!
女装姿に、ムラムラしてますか――。


やばい
相当可愛い
他のヒロインよりも何よりも一番主人公の女装姿が可愛いです
本当にもう挿絵の下着姿なんでもう悶死ものですよ
そのくらいに素晴らしい姿をしています
内容は、あってないようなものですが、ちゃんと起承転結がはっきりしている為飽きは来ません
なかなか無茶な設定とキャラの性格でよくこんなコンビニ成り立っているなと思わざるを得ませんが、そこはラノベだという事で目を瞑りましょう
でも、流石にガッちゃんだけはないわ…お前もう死ねよ
文章は一人称視点で、ほとんどが主人公の葛藤です
女装をする決断、迷い、そのあとの行動など事細かに独白が書かれています
それがまた面白いです
どんどん進んでいけば完璧な女装少年になれるでしょう
男の娘にはなれなそうなのが残念です
他のヒロインは性格が色々終わっています
メインの子は天然でとても可愛らしいんですが、他の奴はなかなかどうしてこんな奴らが働いているのか本気で分からないレベル
ある意味行ってみたいコンビニではありますがね…
挿絵だけを見るラノベかと思いましたが、そこそこ楽しめました

一言:可愛い女装少年が欲しい
総評 72/100(主人公挿絵 100/100)
やることと言えば
さて、結局ガンエクひたすらやりまくっていた黒紗夢です
昼過ぎに起きて、とりあえずおみくじを引きに行きました
流石に引かないという選択肢は存在しないので、今日中に引こうという事で起きてから朝飯食べてさっさと行きました

結果は中吉
良くも悪くもない感じです
去年は小吉だか末吉だったので、まだましなのかな?
ただ、今まで過去大吉以外出したことのない人間だったので、最近はどんどん運が悪くなっているのかなぁ…とか思いました
結果は以下の通り:

2012おみくじ




うーむ…悪くはない
就職が若干気になりますが、来年なので大丈夫でしょう
願望も叶うらしい
待つ…?
自分でシナリオを書かないといけないというのに…待てばいいのか…?
旅行も一人旅したいと思っているので良さそうです
精進しろって事ですね

で、Blackyとガンエク
前に出る作業だけど、大分立ち回りがゴミクズでした
晩御飯を食べた後は、うのとガンエク
Blackyとの立ち回りに慣れすぎたせいで、勝手に突っ込んで勝手に死んじゃう作業
射撃合戦を最初にやるべきなのに、ついつい忘れちゃう
相方によって全然立ち回りが違うから、結構考えないといけませんよね
難しい…
とりあえず、黒本は安定なんですが、それ以外もそろそろ使えるようにならないとダメのようです
ヴァサーゴで格闘しにいっちゃってビクンビクンしてます
格闘は勝てるんですが、ダメ負けしちゃうんで結果的にダメなんですよね

しかし…
ガンエクしかやってない
やばい
ネトゲも起動させたのに、全く喋っておりません
何の為にINしたんだか…

リアルがやばい
研究室には結構な人がいたらしいです
大分私の緊張感はありませんが、もう締め切り間近ですからね
本気でやらないとやばい
色々やばい

でも、ガンエク>ネトゲ>シナリオ>卒研
とかいう優先順位
まぁ、ガンエクは人待ちしてるだけなんで、いなければ他の作業をしますけどねー
行動分析終了(”若紫” ヒカルが地球にいたころ……③)
さて、結局ネトゲばかりの黒紗夢です
何というか、運がいいのか悪いのかよくわかりませんね
たまたま今一番欲しかった装備のレシピが売っていたんです
そして、たまたま手元にお金があったんです
買うしかないよね?

って事でポチッとした後に、装備を作るための材料集め
晩飯を食べる前は、すべての材料を整えてやることねーなって感じで別のことをしていました

というか、昨日外に出ていなかったので出かけました
私は二日以上家に引きこもりたいと思わない人間で、10分でもいいから外に出て日光浴をしたいという人間です
が、私の出かけた時刻は午後5時なので日の入り時刻です
でも、気にしない
医者行ったり、古本屋へ行ったり、色々回っていました
古本屋で一冊本を購入
よえこさんが何かつぶやいていたので、気になって購入
あんまりミステリーとか読まないんですが、何となく買ってしまいました
道尾秀介の「向日葵の咲かない夏」
…ラノベを既に100冊近く積んでいる人間がなんで新しい物を購入しているんでしょうね、不思議です
いつか読みたいと思います

そして、晩飯を食べた後にPTマッチングが行われていて、いつの間にか狩りをする羽目に
おかげで、武器を作るための最後の材料が出たのでいいんですがね
あと文章だけじゃあれなので、私のやっているMMOの画像でも貼りたいと思います

自キャラ
自キャラはれぽよ



ステータス
強さMMO


弱いです
結構弱いです
まだ防具が全部揃っていないので、カスみたいなステータスです
PKじゃ雑魚にしか勝てないレベル
早く揃えたいなー

因みに左の子はNPCです
左の子の方が可愛いですよね
おかしいな…

そして、狩りを途中で無理矢理終わらせてうのとガンエク
挨拶もろくに返さずに終わってしまったが、気にしないでおこう
というか、挨拶をしようとしたらガンエクが始まってしまった…という感じですね
気にせずガンエク
この前まではX2で超頑張っていましたが
相方が3000だと滅茶苦茶立ち回りが楽になります
というか、運命とかHiνで今回試したので、立ち回りが全然分からなかったのにも関わらず勝てるという不思議な現象が起きました
謎です
この事から、立ち回りを覚えればもっと強く慣れるのでは…
あれ…X2の存在感は一体…

で、うのが落ちてから2戦くらい野良して終了
なんかもう野良はやらないかもしれません
立ち回りが全然分からんというか、面倒臭い
知り合いとキャッキャウフフしていた方が楽しいです


さ、明日はちゃんと起きよう

ラノベレビュー
”若紫” ヒカルが地球にいたころ……③
ファミ通文庫より
著者:野村美月 イラスト:竹岡美穂

遂に来ました
ロリ回ですよ
待ちに待ったロリ回ですよ!
いやー…相変わらず面白いです
この人の作品は前作に続いて本当に素晴らしいですね
優しいタッチと繊細な描写が多いです
竹岡美穂のイラストもそれを更に引き出してくれるのでかなり良いタッグだと思います
徐々に明らかになっていくヒカルの過去と、成長していく是光と人間関係
先が先がどんどん読みたくなってきます
ロリも性格が可愛らしくてもう最高ですね!
でも、帆花可愛い
次回の葵は一体どうなるのでしょうか
毎回誰かが衝撃の事してるけど、伸ばしてるよね
是光はよう
夕雨には戻ってきて欲しいな…
登場するキャラ全員が可愛いって一体どういうことなんだ!
こんなに私はロリロリ言っていますが、最近の萌豚用のただのクソみたいなのではなく、文章は丁寧でとても情緒に溢れています
内容はとても深いので是非読んでみてください

一言:奪ってやりたいその約束
総評 92/100
変わらない唯一つのクズ
さて、新年から死んでいる黒紗夢です
心機一転とかそういうのが一切ないですね
しいて言うならば、年末はガンエクでひたすら潰していたのを、昨日今日はネトゲで潰しているくらいの差です
要するに、ゴミだという事です

ということで、ネトゲばかりではあったんですが、久しぶりに部活のHPを更新しました
もうHTMLを大分忘れていたので焦りました
滅多に使わないタグだから仕方ないと言えば仕方ないんですが、書いてみたら違ったので割とショックでした
そもそも文章をそのまま載せるというのは良くないので、いらないタグと言えばいらないタグなんですがね

……あれ?

後輩に引き継いだような気がするのにまだやってるぞ…?
というか、結局まだ全部HPの更新方法を教えてないな…
どうしようと思ったけど、まだ私は2年学校にいるので特に困りませんでした
コピペしか教えてないし、根本的にHPを変えるなら私以外出来ませんからねー
IT学科の子が入って……くるわけないか
しかも、HTMLなんてそれこそ趣味でサイトを作らないと覚えませんからね
マニュアル化か…めんどうですね…

で、ネトゲ
実は年末は一切INしておらず、4日くらい放置していました
その間にアプデがあったようで全く様変わりして完全に浦島太郎気分でした
何とか追いついて、LVカンストにしてからの作業
今まではカンストしないように経験値を調整していたんですが、どうやら修正されたらしくカンストしても問題ないようになったのは嬉しいです
が、経験値たっぷりもらえるダンジョン出来たのに、カンストじゃ意味ないよ…
レアは凄く安くなって、ペットがハイパーインフレしてます
レアは約半額まで下がっているものもあります
が、ペットは合成出来るようになって250金とかそういうのがゴロゴロあります
因みに、今まで課金アイテム以外でも高くて150金とかです
ペットェ…

そんな私も便乗して成金になろうと必死に狩り
お陰で一日が過ぎていました
…何という体たらく…
シナリオはどうしたんだよ…っ!
明日こそ書こう
むしろ、この日記を書き終えてから進めよう

やっと去年の日記をすべて書き終えました
お前今更なんで書いてるの?ってレベルですが、一日一記事といういつの間にか出来た習慣を無理矢理埋めるために何とか書き終えました
超適当に書いたので、特に見る必要もありません
完全にラノベレビュー用です


私もコル君のような素晴らしいネタ日記を書きたいです…
そんな歳ではない(おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!2)
さて、色々とグダった黒紗夢です
いやー…本当ならば墓参りとかをしなければならなかったんですが、起きた時間が起きた時間ですからね
1時半に起きて、まったりとしていたらそんな時間はなくなってしまいました

一応出来るには出来たんですが、日の入り時刻だったのでやめました
あれ…
そういえば一回もまだ墓参りしてないぞ…?
他の兄弟は一度だけちゃんとしているというか、四十九日くらいにした気がするんですが、私は車酔いをしたためにやっておりません
新年になってからやった方がいいかなぁとも思ったんですが、色々錯綜して結局取りやめ

そのまま時間を潰す為に渋谷のタイトーでガンエクやってました
やっぱり、アーケードの方がやりやすいと言えばやりやすいんですが…
ボタン配置が分からない!

X1以外は全部家庭用デビューなので、配置が分からないんですよね
アケコンとコントローラーでは全然違うし、私はボタンの配置がどれが何というのは覚えていません
すべて指先で覚えています
でもそろそろチャージを使いたいのでまた変えると思いますがね…
覚えるのが面倒すぎる

閑話休題

やっぱりアーケードの方が強いですね
私は大分地雷と化してました
そこまで地雷ではないんですが、連携が取れない事取れない事
あと、マップをついつい見忘れてしまいます
そのせいで味方と分断されたり、味方の動きが分からなかったりと散々でした
これが家庭用勢の雑魚さか…
というよりも、シャッフルが改めて厳しいなぁというのを痛感しました
連携が全然取れない
まぁ、一人滅茶苦茶強い人がいたっていうのもありますがね
赤枠も強いですよねー
最近の課題は、赤枠・隠者・古本・ギスの4体をどう処理していこうかという事です
隠者は相当下手ではない限り無視してきたんですが、流石にそれではまずいですよねー
でも対処法が全然分からない…

で、6時10分前に錦糸町だったのに、時計を見たら5時半
急いで経路検索をしたら34分にのらないと51分に到着しない…
2分でタイトーから半蔵門線に乗りました
頑張ったと思います
※駆け込み乗車はやめましょう

その後伯母さんと従姉に会って日本料理食って糸冬
日本料理屋なのに、刺身よりもローストビーフのほうが美味しいという謎の店
ホテルの最上階なのになぜ…
そんなことを思いながらお土産もらって満足
ちょうど干支が龍なので、なかなかに格好良いです
干支が龍って良いですよね
私は好きです

家に帰る途中、ハイパー眠いタイムに入ったのでうつらうつらしてました
でも何故か家では朝方までネトゲをやっていました
意味が分からない
眠いって言ってるのにもかかわらず、気がついたら…です
どうしようもないですね
こんなことならうのとガンエクでもやれば良かった…

ラノベレビュー
おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!2
ファンタジア文庫より
著者:村上凛 イラスト:あなぽん

こういう他人に協力をしているうちに好きになるというのは定番中の定番なんですが、面白いです
王道には王道たる所以があるわけですね
キャラも可愛いし、まだまだヒロイン以外そこまで深く関わってきてはいないんですが、徐々に交友が広まって繋がっていくのを見ているととても楽しいです
主人公はどうしようもないセンスのオタですが、ちゃんと常識はあったりするので、それは好印象です
まぁ、それのおかげで周りの子からも印象がいいわけなんですがね…
今回はやっと好きな人とちょっと関わるようになってきて、新キャラも出てくるわ妹もどうせあれなんだろ的だしで、どんどんハーレムが築かれています
怖いですねー
前似たような作品は3,4巻で確か終わったんですがこれはまだまだ終わりそうにありません
あなぽんの絵が可愛いから続いて欲しいですので、そういう意味では嬉しいです
あとは主人公の性格がもっと良くなっていけば最高です
文章は簡単なので、特にありません

一言:ロリはよう
総評 78/100
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。