黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
関係なかった(俺が彼女に迫られて、妹が怒ってる?2)
さて、特に何もなかった黒紗夢です
分かっていた事ではありますが、ハードル走があったところで立ち回りが伴わないんでね…勝てませんよね

一応今日は闘劇予選に行ってきたんですが、Blackyに負けて終わりました
その後Blackyはよくわからない死に方をしていましたがね…
いやー、しかしハードル走は面白いんですが、それを無理矢理狙おうとするとどうしても攻めにいっちゃうので負けやすい気がします
結局いつも通りのに直したんですけどね
無理に意識しないほうがいいかもしれません
おかげで、今日は滅多に負けない人にも負けまくったし…
というか、実践ではほぼ使う前に相手が死ぬからあんまり関係ない気がしないでもない
そして、客さんがいたからひたすら動きを見てました
やっぱり雲泥の差です
もっと思い通りに動かないとまずいなぁ…
新宿行ったのに、結局ギルティのロケテやってませんしねー
ひたすらP4Uやってました
ギルティ並ぶのものすごくだるいし、人が多かったんでね
まさかエイトアイギスが青を取るだなんて…クヤビク
いや、嬉しいですけどね、素直に嬉しいです
ただ、あのマジキチムーブのメギドは絶対に許さない

で、帰ってからはひたすらDolphinDivers
とりあえず、1ルート終わらせて、全キャラのサブルートを終わらせました
あとはメインキャラを3人残すのみとなります
やっぱりAXLのソフトはいいですね
程よく専門知識が手に入り、程よくストーリーが良くてちょっと感動出来るし、明るいし
昔みたいな、相当暗いデスルートがないのが少し残念ではあるんですが、暗い話題も明るく変えられるような楽しいストーリーというのはそれはそれで和んで面白いです
早く終わらせたい
しかし、可愛い

ラノベレビュー
俺が彼女に迫られて、妹が怒ってる?2
MF文庫Jより
著者:野島けんじ イラスト:武藤此史

ストーリー展開がぶっ飛びすぎているというか、どんだけ超展開を迎えるんだという感じです
ノリも無理矢理いい方向に持って行こうとしているし、能力はご都合主義だしで、戦闘の展開はどうでもいい気がしてきました
どちらかと言えば、主人公のハーレムに重きをおいて見れば楽しいです
妹の嫉妬が愛らしい
他の戦闘は、主人公がわけわからないし、新しいヒロインも特徴は書いてあるけれども、ちょっと一致しなさすぎかなぁと思わざるを得ません
というか、こんなので本当にいいのかよ?と思いたくなりますね
正直、えっ?ってなりました
今後どうなるのやら…

一言:でも、挿絵は可愛い
総評 61/100
スポンサーサイト
楽しいお祭り騒ぎ(そんな遊びはいけません!3 ~パンツがないと風紀が乱れる~)
さて、この日を待ち望んでいた黒紗夢です
遂に今日ですよ
今日が発売日ですよ

そうです

DolphinDivers

Fortissimo

が発売しました
まぁ、その前に学校があったので学校に行かなければならなかったんですけどね
2限は休んだんですけどね
友人に代返を頼もうとしたら、そいつも休んでいたので諦めました
そんな日もある
二度寝して、先にゲームを買ってから学校に行こうと思っていたんですが、気が付いたらそんな時間はなかった
急いで、学校へ行って授業補助
今日はかなり早く終わって嬉しかったです
後半、というか私の担当の子が全員終わった後は、生徒と雑談してました
いや、他の人は終わっていなかったんですけどね
でも、暇だったのでしゃべってました
その子はある意味問題児なんですが、普通に進級するのかと思えば再履科目がちらほらあるらしく、進級が怪しいとか
……まぁ、確かに授業を見ている限り予想はしていましたが…
しかも、取れる自信がないどころか、出席を半分くらいしかしていないのがあるそうです
もう完全にアウトです
実習系は2回以上休むとアウトですからねー
完全に留年が確定してしまうでしょう
勿体無い…

で、ソフマップ行って速攻帰ろうと思ったんですが、明日の為にノーマルヒットからのB二連牙コンを練習してました
鴨さんとは少し違う事をやって無駄にテクい事をやってました
とんだ無駄足だったぜ…
まぁ、タイトー行ったらゆじゅさんがいたので少し話しました
直斗オフどうしようかなー
いきたい気持ちはあるんですが、面倒な気持ちも多いんです
基本的には面倒くさがり屋なんでね…
一応行くとは返事したんですが、実はまだ迷っていたりします

帰宅してからは、DolphinDiversをひたすらやってました
やっぱりAXLの作品はいいなー

ラノベレビュー
そんな遊びはいけません!3 ~パンツがないと風紀が乱れる~
MF文庫Jより
著者:岩波零 イラスト:皆村春樹

カラーイラストが完全に殺しに来ています
相当素晴らしいというか、どういう状況だよという突っ込みを入れざるを得ません
しかし、素晴らしい
どういう方向性に進むのか謎ですが、どんどんヒロインが増えていくのでハーレムをとりあえず突き進むのでしょう
姉妹が関わってくるのか少し期待してしまいます
今回は全員で風呂に入るというどんなイベントだよと思いたくなりましたが、良かったです
多分こういうくだらないハーレム的な展開がひたすらあるだけのラノベでしょう
それはそれでいいんですけどね
楽しいです

一言:妹たちが可愛い
総評 67/100
何も起こらない(初体験にオススメな彼女4)
さて、結局学校には行っていない黒紗夢です
今日何か話し合いをするのかなぁと少し身構えていたんですが、特に何もなかったです
というか、もし話しあうようならば学校へ行ったんですが話し合ってないと言われて家でゴロゴロしてました

ただ、残念な事にPSO2はメンテというクソな事になってしまったので、昨日のハードル走を確かめるためにゲーセンに…

簡 単 す ぎ る !

しかも、5AFCからも確認出来たので、条件は割りと絞られてきました
ここからどういう風にするか…というのが問題でしょう
結構これは騒がれていますが、こんなの出たからどうしたの?という感じです
もちろん、私がこのキャラを使っているから嬉しいし、周りのキャラから修正はよって言われるのは仕方ない気もしますが、別に直斗だけ特別っぽくはないので、全キャラで探せばいいんじゃないかなーなんて思います
むしろ、あるでしょ…絶対
即死と云えば即死ですが、永パなわけでもないし、修正は必要かもしれませんが、最近皆がネシカに慣れすぎてるなぁと実感します
昔のネットワークじゃない普通の格ゲーなら、すぐに修正なんで無理ですし、その中で皆やってきましたからね
バサラにしろFateにしろタツカプにしろ…例を上げればきりがない
そのくらいのゲームにこれがあります
しかも、永パ持ちはだいたい最強じゃないっていうのが凄い
というか、このゲームでも直斗が画面端でこれをしようが何をしようが最強キャラには絶対なりえません
ゲージがこれだけあって、画面端で喰らうとか、全キャラ9000は出せないまでも、6000越えは割りと簡単な気がします
エリザベスにしろ、他のキャラにしろ…
画面端の火力が増えたんだなーと思うだけです
というか、完全に相手が悪いでしょ、当たるのは

システムの問題なんで、他キャラで探せば面白いとおもいます
全キャラ出来れば、Fateのようにいつの間にか公式になってたりするかもしれませんねー
皆、ネシカはすぐアプデしすぎたって叩いてるくせして、結局皆変なものが見つかったら修正しろだの早くどうにかしろだのと文句をいうんですよね

…とまぁ、書いているとどうせお前が使ってるキャラだし擁護だろ?っていう感じなんですが、まったくもってそのとおりです

僻む時間があるなら探せばいいんですよ
勝ちに貪欲で何が悪いんでしょうかね
メルブラみたいに基盤自体に悪影響だとか、フリーズのようなゲーム自体崩壊するバグは流石にダメですが、これはただのダメージ底上げですからねー
直斗使いで良かったね!
って感じです
ロケテ時代に最強と言われて使い続けて、やっと日の目を見る時が来ましたね
あと、この話題のおかげでやっと直斗というキャラが認識された気がします
今までえっ?そのキャラいたの?状態ですからね
今じゃ、あのキャラしねですよ
これ程嬉しいことはありません
弱キャラなんて、言わせない
というか、そもそも立ち回りが全キャラに絶望的なんで、やっと中堅に上がったレベルじゃないですかね?
正直、格ゲーなんてコンボだけじゃどうにもならん世界だと思います
そもそも、私なんて低ダコン出来ないコンボ火力ゴミなのに、ここまで上がってますからね


あ、因みに今日の町田大会はジローさんに負けました
そんな画面端に追いやる暇すらない
所詮、そんなもんです

ラノベレビュー
初体験にオススメな彼女4
MF文庫Jより
著者:あさのハジメ イラスト:高苗京鈴

相変わらずかわいい
そして、今回やっと物語が動いたと思ったらまだまだ核心部分はこれからというのだからなかなかに引っ張りますね
それが意外と面白いので、まよチキ!よりも惹きこまれる要素が強いです
ヒロイン達もいい子達ばかりなので、変に考えずにただ可愛いなーと思ってるだけでストーリーがわかるので楽しいです
伏線も何もあったもんじゃありませんが、これからどんな展開になるのか、またどうやって収束するのかが気になるところですね
しかし、この人の過去はなんで重いはずなのに、こんなに軽い感じに受け止めてしまうんでしょうか
もうちょっとシリアスにしたいなら、何かあってもいいような気がします
文章が軽い気がします

総評:カレン可愛い
総評 70/100
乗り切る勇気(妹は僕に手を出すなっ!)
さて、何とか今日を乗りきれた黒紗夢です
課題が3つあったんですが、ごまかすことに成功しました

という事で、3限の英語の授業なんですが、一つ目の課題はニュース記事を読んで自分の意見をチームごとに発表するという形式のもの
この時、5グループあるんですが、この5つを講師の人が回っていくので正直文章を暗記していなくても、問題ないんですよね
なので、本当は覚えないといけないものを一切覚えずに、コピーしてそれを読んでいました
しかし、結構簡単な英語の文章と記事だったので、割りとしっかりと伝えられた気がします
質問時間の時もちょうど講師の人が盛り上がっている時に来ていたので、楽でした
きっといい点数が付けられているだろうと信じています
というか、英語サイトでニュース探すの面倒臭いなぁと感じていたんですが、実は海外のニュースって簡単な英語で書かれているんですよね
変に難しい単語とかを使っていないのでとても楽でした
ひょっとすると、日本語のニュースをわざわざ英語にするよりも簡単です
本当は毎日英語を勉強しないといけないんですが…ね
海外のニュースを軽く毎日読むべきなんでしょう
ちょっとだけ、頑張ってみましょうかね
最近、絵を描くという習慣も増やしたので、そろそろ次のも増やしていいんじゃないかな
理想としては、
英語1h、絵1h、シナリオ1h、プログラム1h
を毎日出来たら相当成長できます
これだけで4時間です
冷静に考えると、いけます
というか、自宅に帰って晩御飯を食べて9時くらいだとしても、1時に全てが終わります
ということは、毎日やるというのは不可能ではない
ちょっとだけ、生活を変えてみるべきでしょうかね
絵はやってます
そういえば、最初の絵を晒していない気がします
絵は人に見せた方がうまくなるらしいので、どうしたものやら…

で、PSO2をやってたら、鴨さんが素晴らしいコンボを見つけてくれて興奮しました


いやー…本当に素晴らしい
やっと直斗を使っていて報われた時が来た感じですね
ロケテ時代からの直斗使いは私だけ!
……いや、他にもいるかもしれませんけど
これの条件がはっきりすれば、面白いですねーちょっとだけ期待してます
というか、これは積極的に使おうと思います
ありがとう、アーク

ラノベレビュー
妹は僕に手を出すなっ!
GA文庫より
著者:木緒なち イラスト:久坂宗次

高校生・藤本孝美はごく平和な生活を送っており、大きな悩みを一つあげるとすれば、ツンな妹、晶とのこじれた仲だった。そんななか、突然孝美の前に同じ顔をしたデレな妹が現れる。それは、幼い頃にわかれた、晶の双子の妹、シズカだった! 同じ顔を持ちながら、かたやツン、かたやデレというややこしい双子からのストレート&ねじ曲がった愛情と誘惑とアレな行為に、孝美の限界値も突破寸前?! そして、シズカによる密かな企みとは……?
ツンな妹とデレな妹に挟まれた少年のツインズ×ラブコメディ開幕!

最初のプロローグと、展開はとても良かったんですが結局ツンな妹の方はまだはっきりとはしていないし落ちも大分ベタすぎてちょっと尻すぼみすぎかななんて思いました
まるでよくある打ち切りのハーレムエンドを醸し出すかのような演出でした
次巻に繋げる為にはしょうがないのかもしれませんが、ちょっと詰め過ぎというかもうちょっと最後は引っ張って違う終わり方にしてもいいんじゃないかなと思いました
これから後輩と幼馴染も絡んでくるのでしょうが、それにしても幼馴染が酷い
もしかしたら絡まないレベルで酷い印象です
ただ、これから性格が変わるのかもしれません
若干の伏線が張られていたので、そういうのを少しずつ回収していくのが結構分かりやすいです
文章は、一人称視点ですが、途中で少し切り替わります
とはいっても、特にわかりにくい事はないですし、他の人物の考えや行動が読みやすくなるので必要な事でしょう
結構状況重視なところがあるので、心情ももちろん書かれているんですが、どちらかと言えばこちらが意図を汲む形になっています
ところどころ面白いんですが、全体を見ると少し残念かななんて思いました

一言:ちょっと強引すぎる
総評 66/100
何とかなると信じたい
さて、一気に課題が今週ある黒紗夢です
終わるのかどうか分からないというか、正直諦めました
なので、何もやってなくても大丈夫だろうと信じています

ということで、今日は3限の授業でプレゼン発表をして、授業後に皆で集合
明日のLabviewが全く終わっていなかったので、終わらせようと色々やってました
一応地震計測器は完成していたので、あとは車の方をどうしようかーという感じだったんですが、もう車は諦めるムードで地震計測器を改造しようという事で、改造してました
主にはちもぐと、某人は
私は、暇だったので車の方を何とかしようと頑張ってました
そして、これもうちょっと見栄えよくしたほうがよくね?とか思って、新しいシステムを入れようとしたんです

壊れました

はい、壊しました
壊しましたよ、この私
繋ぐケーブルを間違えたのが原因なのか、はたまたスタートストップを連打しすぎたせいで壊れたのか、原因は分かりません
それでも、事実としてあるのは、壊れたという結果です
普通ならスイッチをオンにすれば音がなってLEDが光るんですが、壊れてからは光ったり、光らなかったり、点滅したりとかなりランダムで、意味が分かりません
ハードを初期化しようと一度初期化を施したのに直りませんでした
謎です
まぁ、元々使う予定はないものだったからいいものの…何をやっているんでしょうね
自分で作っておいて、自分で壊しています
まさに揺りかごから墓場まで
あ、全然意味が違いますね、ごめんなさい
車とは一体何だったのか…
因みに、私が車を破壊している作業中に、地震計測器は若干進化して、大きさの判定をしてLEDを発光させる段階を決めれるようになっていました
素晴らしいですね
割としょぼい機能ですが、出来ないのとは雲泥の差です

そして、パワポを適当に作っていたら遅い時間になってました

仕方ないので、直接溝の口に行って軽くP4U優勝してから帰宅

PSO2やりながら、英語やってました
英語の課題が2つ出るとか…鬼畜の所業です
何とかニュース記事に関する英語の課題はできたんですが、研究のプレゼンは終わりませんでした
5スライドくらい作って諦めました
まぁ、まだ完全な発表じゃないから、大丈夫だよなーと思いながら寝ました
何とかなる……はず
気が付いたら、老いている(ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~)
さて、朝から無駄な事をしていた黒紗夢です
本当にもう最悪なスタートでした

朝は余裕を持って起きて、さぁ、学校行くか―という感じで駅に行ったんですよ
そこでふと、あれ?USBメモリ持ってきてたっけ?
と思ってカバンを探ったらないんです
焦りました
一つ前の電車に乗る予定だったのに、それをキャンセルして急いで帰宅
因みに、次の電車に乗らないと遅刻が確定します
その間わずか5分
全力疾走で家に帰り、3Fの自分の部屋まで駆け上がり、PCの前にないという衝撃の事実
そして、もう一度カバンを確認すると…

別の小さなポケットに入ってました

本当にゴミです
もうね、完全にゴミです
しかも、寝起きに全力疾走したんでかなり疲れたんですよ
酸欠になって危うく吐きそうになりました
牛乳一杯のみ飲んだだけだし、寝起きで無理矢理身体動かしたしで、死にそうでした
ポカリを急いで買って飲んでも体調が良くならず、途中で何度降りてトイレに行こうと思ったことか…
結局何とか耐えて学校まで行ったんですけどね
辛かったです
もうこんな経験二度としたくないです

しかも、先週教授は30分くらい繰り上げてやるから、とか言っていたのに、最初にやった奴が授業まるまる使ったせいで私の番まで来ませんでした
どういうことなの…
完全にやるだけ無駄でした
こんなことなら他のプレゼンが残っているので、それをやれば良かったです…

そして、授業後は少しLABViewの課題をやって帰宅

もちろん、帰宅してからはPSO2
とは言え、明日までのプレゼン作りがあったので、マグを育てる為だけに入ったようなもので、大してやってません
ラグのせいでまたリサのクエストクリア出来なかったし…
ほんと、このラグ早く何とかして欲しいです
おかげで全然敵が処理出来ません
仕事しろ

ラノベレビュー
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~
メディアワークス文庫より
著者:三上延

相変わらず惹きこまれる世界観です
栞子さんが何を考えているのか、どういう行動に出るのかというのは、少しずつ分かっては来たんですがまだまだ未知数で隠されたものが今回大分表されてきたので、さて、これからどうするのかという展開がものすごく気になります
新キャラが出てきても、しっかりと登場人物が立っていて、かなり分かりやすいですし迷いません
一人ひとりがきっちりしているので、読んでいてすぐにのめり込んでしまいます
やはりこういう文学少女系の少し変わった現実にありそうで、不思議な世界観というのは面白いです
早く次を読みたいですね

一言:少しずつ関係が変わっていく
総評 87/100
今日も酷いことに(JSが俺を取り合って大変なことになっています2)
さて、今日はバイトの面接だった黒紗夢です
面接と言ってもよくわからない形式だったので、本当に良かったのかよく分かりません

ということで、理想の国から去ってからの町田でゲームの予約
本当はもう少しお金があれば、ゲームを3本予約したんですが、手違いで給料が半分になりましたからね…
仕方なく、ロボティクス・ノーツは諦めて、DolphinDriversとFortissimoを予約しておきました
私は結構AXL信者というか、瀬之本久史信者なのでとりあえず買ってます
あと、予約がいいですよね
ロボノはPS3なので予約がしょぼい
それに比べて、この二つは結構良い特典ですからねー
Fortissimoの方はねんぷち版は買いません
お金もないですし、基本的にフィギュアは要りません
しかし、今月これで殆どお金がないぞー
どうしよう

そして、帰宅してからPSO2
久々に緊急任務があったので、参加してみました
しょーもなかったです
もう今のレベルじゃ必要ないかなーと思います
その後は養殖してーと言われたので、やまさんを養殖
kuboさんも途中から来たんですが、ブロック移動が出来ないという素晴らしいクソ仕様
移動出来ないとかダメすぎる…
しかも、その後も結局ラグがひどすぎてマグを育てるだけで終わりました
緊急メンテとは一体なんだったのか…

で、明日の為の資料を作ってました
面倒臭い…

ラノベレビュー
JSが俺を取り合って大変なことになっています2
一迅社文庫より
著者:糸緒思惟 イラスト:小路あゆむ

相変わらず酷いラノベです
ロリコンなだけではなく、パロディがひたすら散りばめられているので相当酷いです
面白いと云えば面白いんですが、ちょっとあからさますぎるというか、もういっそ一般のラノベで出す必要がないんじゃないのかな?と思わざるをえません
そして、ただの暴力的な幼馴染は本当にいらないです
なんでこういうキャラを出してしまうんでしょうかね
勿体無いです
本当に中身がないですからね、ロリコンなだけです

一言:小路あゆむの絵は可愛いが、身体がおかしい
総評 62/100
やる気が一切ない(デート・ア・ライブ 十香デッドエンド)
さて、相変わらず闘劇には行かない黒紗夢です
朝起きたら既にもう予選に間に合わない時間なんですよ
そりゃ、仕方ないですよね?

ということで、何をしようかなーと考えて

ずっとPSO2やってました

そりゃね…
こんなネトゲが始まったらやるしかないですよね?
と思ったら、メンテ
本当にもう何を考えているんでしょうかね、運営は
休日に緊急メンテとかやる気あるんですかね
いい加減にして欲しいです
ということで、その間することないなーと思ったので、溜まっていたラジオを聞きながら恋姫夢想の対戦動画見てました
アプデ後に稼働している店舗は雀の涙程ですが、まぁ、悪くないゲームだとは思っているんですよ
なので、今回はどんなものなのかなーと思って見てました
今回も刺し合いが多くなって、崩撃がどこまで伸びるのかが注目です
しかし、シャオが可愛い
滅茶苦茶かわいいです
特に秘奥義が尋常じゃなく可愛いです
他のキャラが霞んでしまう程に可愛いです

早くやりたいんですが……
あれ?
町田にない…?
ということで、私の恋姫は始まる前に終わってしまいました
どこに入荷されるんでしょうかねー
八王子にまでは行きたくないです
秋葉は用事がある時くらいでしょうか
難しいです
そこまでガチりたいわけでもないのでね…

メンテが終わってからはもちろんPSO2
LV17まで上げました
そろそろ次のステージに行きたいところです
……クエスト出来ませんが


ラノベレビュー
デート・ア・ライブ 十香デッドエンド
ファンタジア文庫より
著者:橘公司 イラスト:つなこ

四月十日。昨日で春休みが終わり、今日から学校という朝。可愛い妹に起こされ、五河士道は今日もいつもどおりの日常が始まると思っていた。精霊と呼ばれる少女と出会うまでは――。突然の衝撃波とともに、跡形もなく、なくなった街並み。クレーターになった街の一角の、中心にその少女はいた。
「――おまえも、私を殺しに来たんだろう?」 世界を殺す災厄、正体不明の怪物と、世界から否定された少女を止める方法は二つ。殲滅か、対話。しかし、士道は軍服を身に包んだ妹・琴里に精霊とデートしてデレさせなさいといわれて……?! 新世代ボーイ・ミーツ・ガール、道場!

なかなかに面白いです
妹がちょっとわけが分からなくて超展開が多いんですが、これからわかっていくのだろうと信じてとりあえずひたすら分からないところはスルーしていけば面白いです
しかし、超展開が多すぎて一巻で終わらせる気全くないよね状態で、完全なるプロローグでした
ヒロイン達にろくな奴がいないような気がするので、正直コメディになるのか?と思わずにいられません
何が一体王道なのか、さっぱり分かりません
でも、面白いです

一言:最初の妹は可愛かった
総評 70/100
何もない時間帯(おまえをオタクにしてやるから俺をリア充にしてくれ!4)
さて、昨日ひたすらぶっちして今日になった黒紗夢です
昨日は、結局他の奴らは問題解決をやってない上に、Skype上でやろうぜとか言いながらそれでもKT法をやらない

そして迎えた今日当日
授業ぶっちしね?とか色々話したりしていましたが、結局出る事になりました
正直面倒な気持ちでいっぱいでした
まぁ、TAの人が迎えに来た時は驚きましたが…こいつ…予知能力者か…っ!
とはいっても、私はもう発表とかは絶対にしないので、他の人任せです
今まで全部私が想像上の理由を挙げて、資料を作成していたので、残りの2回は他のやつに任せたいと思います
というか、一人全くやってないから凄い
私もそんな風になりたいです
問題解決の発表を終えて、もちろん講師からはダメ出しの嵐
そして、質問とかされても経営工学科しか分からないようなネタが多数用意されているというね
私達は情報工学系なので、経営工学の知識はほとんどないんですよ
それなのに、それの説明を一切されずに突然ぽんと問題解決をしろと言われて、自分たちでやっていたら全く分かっていない的なダメだしをされたり、もっとこうしろああしろと言われても、難しいものがあります
こんな自分たちでやるよりは、授業で少し講師の人の専門分野の話を聞いてからやったほうが絶対有意義だと思うんですけどね
その人はそういうギャップの埋め方だとかそういうのを専門にしているらしく、絶対それを言ってくれた方がこっちはやりやすいと思わざるを得ません
勿体無い


で、TAという名の下の雑談授業
今日は早く終わりました
その子を除いて…
しかし、色々そのこと話しているんですが、何というか彼氏との馴れ初めを聞くとやっぱり積極的な人間が勝ちやすいんだなーと思います
相手の事を聞くと…ね
そんな出会いやっぱりあるんだなぁなんて思いました
私にはとてもじゃないですが、真似出来ません
最初は援○とか疑ったりしていましたが、そうでもないのかなぁなんて思ったり
世の中、面白いものです

帰ってからはひたすらPSO2
しかし、緊急任務がないせいで、全然レベルが上がりません
まだ13です
もっと早く上げたいなぁ

ラノベレビュー
おまえをオタクにしてやるから俺をリア充にしてくれ!4
ファンタジア文庫より
著者:村上凛 イラスト:あなぽん

相変わらず主人公の思考がダメダメですが、元々ダメ人間だったのでそれがよりらしいという感じになっていて、更にそれのせいで事態がどんどんダメになっていくという典型例
たまに凄くかっこいい行動には出るんですが、基本的にはダメな奴というか心がせまい人間ですよね
そこからどう変わっていくのかが、このラノベの見ものだと思うんですが、これからどう展開してくのか結構楽しみです
ヒロインも可愛いですしね
あなぽんの絵が可愛すぎる
今回はデート編でしたが、もうそろそろ一人に収束してもいいんじゃないかなとか思ってます
でも、多分これから長谷川やら桜井さんやらが更にイベント起こして、妹まで来るんじゃないかなぁなんて何となく思っています
こいつら…一体いつ結ばれるんだ…

一言:やはり妹が一番良い
総評 75/100
準備は万端(カナクのキセキ3)
さて、フラグをしっかりと回収をした黒紗夢です
やはり日々のフラグというのはしっかりと回収をしなければいけませんよね

ということで、今朝というか、午前4時頃に友人から

「問題解決やばいし明日来いよ!絶対だぞ!」

と言われました
絶対だぞ!と言われたら……やることは一つだけ

朝はしっかり起きたのに、行きませんでした
いやー…正直言って行く必要はないなと思ったので行きませんでした
その代わりに、家の庭の草を刈り取ってました
しかし、なんで庭に木が生えているんでしょうか
庭には一応石が敷き詰められているんですが、そこには木が生えないはずなのに、あるんですよ
意味が分かりません
木ってどうやって繁殖するんでしょうか
凄く不思議なんですが、何かの種が植えられたせいでうちの庭には邪魔な木が生えています
木々によって種なのはわかりますが、一体どういう経緯で一本だけ生えているのか不思議で仕方ありません
そして、草刈りを終えて買い物を手伝ってからの

PSO2待機

今日の16時スタートだったので、16時前に待機してました
最初の5分くらいはパスワードを忘れたせいでログイン出来ませんでしたが、何とか3鯖にログインすることが出来ました
しかし、事件が発生
人があまりにも多すぎるせいで、知り合いのほとんどが3鯖にキャラを作れないという事件が発生
これは……
このせいで、ほとんどの人が鯖を移動してしまって、あんまり人がいません
結構残念です
でも、とりあえず進めようという事でLV12まであげました
あんまり上がらなかったので、明日はもう少しあげたいですねー

PSO2楽しい

ラノベレビュー
カナクのキセキ3
ファンタジア文庫より
著者:上総朋大 イラスト:さらちよみ

どんどんカナクとユーリエの歴史が紐解かれているので、とても面白いです
時間軸が混ざり合っているんですが、それを上手く矛盾がないように繋げられるようにと物語が進んでいるので、ある一定の歴史をつぶさに見て感じられます
ただ、今回サブキャラが結構いいシーンがあったのにも関わらずちょっとあっさりしすぎていたかなぁと思わずにいられません
夢魔の事はもうちょっと伝えても良かったんじゃないかなーと思いましたが、その後のどんでん返しでそれかよ!と思ってしまいました
いや、良かったからいいんですけどね
そういう意味では、今回話を一気に詰め込まれてしまっていますが、もうちょっと長い方が盛り上がったかなぁなんて感じました
好きな作品な分、もっと読みたいです

一言:褐色が可愛く見える
総評 72/100
何も終わってない(乙女ゲームの攻略対象になりました…。2)
さて、課題が少しだけ楽になった黒紗夢です
楽になったと言っても、本当にやってもいいのか分かりませんが、多分大丈夫でしょう
英語のプレゼン発表だったはずなのに、日本語でやってもいい的な事を講師の人が言っていました
いや、何か事情があれば的な事を言っていたような気がしますが、忘れました
日本語で書けるなら、日本語で書きたいですよね?

とは言っても、3限の英語の授業で、プレゼン資料作りとニュースについて書かなければいけません
あれ…課題が2つに増えてる…?
結局来週までに終わらせなければいけないものが変わっていないどこか増えただけです
英語はあかん…

で、LABView
授業内には終わらなかったものの、その後研究室にいって片方だけは結果が出ました
加速装置だけは、計測出来ました
モーターの方が何故か動きません
マイコンでは、音、センサーは反応しているのに、何故かモーターだけ動かないんですよね
電圧が足りないのか何なのか…
私達はソフトが中心なので、ハードは全く分かりません
というか、多分きっちりと回路はあってるところにうんともすんともいいません
謎です

帰宅してからは、ガンエク
クアンタをランダムで何回も引いたのに負けるというプレイ
完全にゴミです
何をやっているんでしょうかね…
やはり適当にやるとダメでしょう
まぁ、黒本を出すと古黒には余裕で勝てたりします
流石に適当にやってる古黒には負けません
というか、古黒に勝って少佐になった時期が一時期でもあるので…ね
鞭がある分、N格しか振らない古黒には負けません
Nサブは死んでしまいます

そして、ちゃんかわ君達と少し絵チャをして、絵の練習
何だかんだ言って今日もまた30秒ドローイングをやりました
今回は30秒じゃ書けないなって思って、60秒にして10セットやりました
まだまだダメです
というか、そもそもやり方が間違ってました
うん、他人のを見ないとダメですね
他人のを見ると参考になります
しかし…ゆっくり描いたのは今度は上半身がダメでした
うーん…難しい

ラノベレビュー
乙女ゲームの攻略対象になりました…。2
電撃文庫より
著者:秋目人 イラスト:森沢晴行

つい面白かったので、2巻まで続けて読みました
凄く面白いというわけではないんですが、惹きこまれる何かがあります
結構ストーリーが強引というか、主人公の考え方が少し極端すぎるのではないかなと感じました
とは言え、ストーリー展開としてはなかなか面白いです
今回は新キャラというか、これはどう展開していくのかな?と少し期待出来る展開に進んでいっているので、次が結構気になりました
こういうベタだけど新しい子がこういう子だと楽しみで仕方ありません
柚子ちゃんの展開もベタですが、それがいいんですよね
そろそろ姉貴が絡んできてもいい気がします

一言:柚子ちゃんが一番かわいい
総評 74/100
違うことをはじめる(乙女ゲーの攻略対象になりました…。)
さて、課題をやろうやろうと言ってやっていない黒紗夢です
結構今週は溜まっていて、一つは資料だけ作るのは終えているんですが、内容を一切見ていません
なので、とりあえず出来ただけという正直あってないようなものです
しかも、前のを丸パクリしてるだけなので、少しくらい自分で変えないといけないでしょう

今日は台風の日のはずが、朝はまだ雨が降っていなかったので余裕かなーとか思っていたら、大学に着いたら雨が降っていたので最悪でした
いや、折りたたみ傘があったので大丈夫だったんですけどね
予定では、大学に行った後に雨が降り始めて、帰りに研究室においてある傘で帰りたかったんですけどね
まぁ、何故かありませんでしたが……多分後輩の誰かが持っていたのでしょう

閑話休題

学校ではラノベ読んでるだけで授業が終わりました
素晴らしいです
そして、明日の課題をやろうとか言われましたが、台風が近づいてきていたので積極的に帰る姿勢をみせて全員で帰りました
課題はやらなければいけませんが、インストールに1時間かかりますし、もし仮に横浜線が止まると嫌ですからね
本当に横浜線はすぐ止まるのでやめてほしいです

で、家に帰って久しぶりに晴空物語にログインしてみたら、ほとんどというか全員やめていて面白かったです
一応一人いたんですが、サブキャラをこのギルドに残していてメインは他に移ったそうです
まぁ、あのゲームはさすがに皆やりませんよね
レベルキャップ開放が遅すぎてやってられません
可愛いのに、勿体無いゲームです
今回のアプデのマイハウスも微妙ですし…ね

あと、何故か私は絵師とかは目指していないのですが、はちもぐに言われたふと気になるサイトを検索してスケッチをしていました
30秒ドローイングというので、30秒で人の骨格を描いて~というのがあるそうで、試しにやってみました
かなり無理です
というか、そもそもこんなの30秒で書けるわけがないし、本当に上手くなるのか?と疑問符が付きました
多分絵の知識がないと無理なのでしょう
適当に人型の外側を見たままを写していたら結構ぐちゃぐちゃになりました
そもそもどうやって描くんだよ状態
仕方がないので、その後に初心者講座的なものがあったので、それを見たらまず最初は1,2つの絵をじっくり描くことから始めろ的な事が書いてあったので、一つを選んで丁寧に書きました
まぁ、うまくいったかなぁと思うんですが、どうなんでしょうね
もちろん絵を初めて描いたなんてことはありませんが、こういう絵は初めて意識して描いた気がします
ちょっと面白かったので、しばらく続けてみようかなぁなんて思いました
それよりシナリオ書けってね……気分転換ですよ、気分転換
どうせこんなの描くのに30分も費やしてないので、暇つぶしみたいな感じです
ついでなんで、載せましょうかね
見直してみると、全体的に何か違和感がありますが、胸が垂れ……
スケッチ1スケッチ比較



全然違いますね、はい
まぁ、うん、シナリオを書こう、うん

ラノベレビュー
乙女ゲーの攻略対象になりました…。
電撃文庫より
著者:秋目人 イラスト:森沢晴行

なぜか乙女ゲームの世界に放り込まれてしまった、俺。しかも攻略対象になってしまったようだ。てことは、もしや美少女達にアタックされまくり!? ウヒョ! と喜んでいたのもつかのま、そうそう都合のいい話は内容で。どうやら攻略されると、俺の死亡ルートに突入するかもしれず……。市の恐怖に怯える中、誰もが憧れる美少女達が、俺を落とそうと次々やってくるのだった。美少女化、命化。どちらを取るべきなのか? それはもちろん――!
乙女ゲームと言う名の、ちょっぴり変わったですゲーム・ラブコメ登場!


意外と面白かったです
設定が今まで男性では触れるようなものではないですし、記憶が微妙に引き継がれて乙女ゲームの中に入ってしまったというのも良い感じにこの世界観に溶け込んでいて楽しいです
よくある主人公は普通なのにもてまくるというのはそのままなのですが、これは主人公が鈍感というよりもフラグを折る為の行動が多いので、ある意味他のフラグ折りのラノベに比べたら率直といえるでしょう
文章は、一人称視点で前世の記憶と現在の記憶をきっちりとわかりやすく描写しており、他人との関係もゲームという特殊な設定においてわかりやすく説明がされたりするので、読みやすいです
感情や風景もしっからいと描かれているので想像が容易いです
ヒロイン達の容姿への突っ込みや性格の違いなどはゲームだからというならではので世界観を描いているので、それぞれの特徴がとてもわかりやすく分けられています
結構スラスラストレスなく読めるので、面白いです

一言:主人公の性癖は割と理解出来る
総評 73/100
クズは行動しない(トカゲの王Ⅲ ―復讐のパーソナリティ<下>―)
さて、朝8時に起きて、早いと思って二度寝したら10時になっていた黒紗夢です
二度寝は危険ですね
全てを覆してきます
しかも、その二度寝は巧妙で、ちょうど10時の電車が授業に間に合う時間なんですよ
ずるいです
もちろん遅刻しました

今日の教授はそこまで切れていなかったので良かったです
危うくまた何か言われるんではないかと思いましたが、案外あっさりしていました
先週サボったのに…ね
体調不良体調不良とかごまかそうとしていましたが、既に他の奴らが
「え、昨日5時くらいまで黒紗夢起きてましたよ」
とか余計な事を言っていたそうです
まぁ……うん、仕方がないです
お咎めなしだったので、今更です

そして、今年からよくわからない事をやっているらしく、毎週研究の進捗状況を会議しているそうです
M2の先輩はそれこそが時間の無駄だと嘆いていました
今日は私達M1もマシンの割り当てで会議に呼ばれました
私のPCは交換らしいです
正直言うと、物凄く嬉しいです
割り当てられていたマシンは、Vistaな上にブラウザや何かプログラムを動かしていると突然デバッグエラーみたいなのが表示されて強制終了されるんですよ
セキュリティ切ってるのにも関わらず、ブラウザ上にはセキュリティ情報のやつが載るしで結構謎なものでした
それとバイバイ出来るなんて嬉しいです
どうも、今年は1年生?とかが授業で使うPCが足りないらしく、研究室から奪っていくそうです
あれ、クリーンインストールしないと絶対使えないよなぁと思うんですが、どうなることやら……

帰宅してからは特に何もしていませんが、夜はうのとガンエクやってました
一時期中尉まで下がって衝撃が走りました
少佐だった2030から1660くらいまで下がりましたからね
-370ですよ
えっ、って感じですよ
何とか1760くらいには戻しましたが……荒れてます
最近ガンエクもナァナァになっていてダメですね
P4Uも中途半端だし…

まぁ、今週は忙しくなりそうなのでしばらく何も出来ません
来週は課題が4つあって、そのうち二つが英語とか割と終わってます
どうしよ…

ラノベレビュー
トカゲの王Ⅲ ―復讐のパーソナリティ<下>―
電撃文庫より
著者:入間人間 イラスト:ブリキ

遂に動き出したという感じでしょうか
主人公がありえないくらい可哀想というか、既にもうこの巻じゃ最後以外主人公じゃなかったよねレベルです
どちらかと言えば、ナメクジの方を主人公にした方が面白いんじゃないかなと思わざるを得ません
というか、面白い
ナメクジの方がある意味人間らしいけど、壊れているというそのギャップが面白いですし、考えている事や周りの環境というのがはっきりしているので、活躍出来ると思います
次巻からは主人公がやっとこさ動き出して、どう振る舞うのかというのは気になりますが、如何せん今回は影が薄い
元々周りが濃すぎて、主人公の存在があってもなくてもどうでもいい感じではありますが……
次からどういう展開になるのか、楽しみです

一言:別冊ナメクジはよう
総評 71/100
泡沫の幻想(天使の3P!)
さて、無様に負けてきた黒紗夢です
なんというか、完全に処理ゲーでした
多分最速で終わったと思います
まるで予選一回戦の模様を見ているかのような、そんなエリア決勝です

と言うことで、今日はエリア決勝だったんですが、その前に新宿の5onがUstreamで流れるというので、それをずっと眺めていました
ちょうど直斗5があったので、それを応援してました
いやー…直斗5VSクマ5とか本当に絶望的ですよね
そんなの無理に決まってるじゃないですか…
大分健闘をしていて、勝って欲しい気持ちが多かった分、残念でした
私もこれに参加したかったなーという気持ちをいっぱいにして溝の口
結構進んでるかなぁとおもいきや、まだ一回戦すら始まっていなかったので、ちゃんと観戦出来ました
しかし、赤切符を手に入れる為の三つ巴は
クマ、完二、クマ
はい、絶望的です
主に私が、です
完二は元住さんで、かなり健闘をしていて元住さんがんばって!とか超応援してました
自分が楽だからという大分クズな理由ですが、そりゃ…ねぇ…?
あと、その中で唯一の知り合いというのもありましたし、完二ですからね
未だに完二は予選を通過していなかったので、それも期待してました
クマに一回勝っていたので、これはワンチャンあるか?!とか興奮していましたが、残念ながら結果はクマ
何が残念だって、私に一切勝つ見込みがないあたりですね
正直、クマとかPSRがいくつだろうが関係ないんですよ
自分で直斗5には冷静に相手のミスを対処すれば勝てるよ!とか言っていますが、要するに相手のミス待ち
もっと対策をするべきでしたね…

エリア決勝は2分で終わりました
私は何もしていません
しいて言うならば、対戦が終わる前に席をたったことくらいでしょう
いやはや、無理です
完全に相手にとってはボーナスステージだったでしょう
ただただ、分からん殺しされて終わりました
対クマはダメです
直斗5よりも間違いなく私は活躍をしていません


とはいえ、赤切符は持っているので満足です
私よりも闘劇予選に参加しているにも関わらず、赤すら取っていない人が私を雑魚だと叩いていますが、君は取ったの? 俺の紙は赤いけど、君が赤いのは顔だけじゃない?
と言ってあげたいです
まぁ、こんなことは青を取れなかったので、特にそんなことを言う資格はありませんがね、というか、実際私は弱いのでそこは別に構いません
取ってたら、俺の紙は青いけど、君顔真っ青だけど大丈夫?というセリフになるかもしれません
誰とは言いませんけどね、誰とは……私はその人の事は特に嫌いではないんですが、何故か嫌われています、不思議ですね

しかし、あと私は予選に出れて一枚分ですからねー
知り合いにはやはり頑張って欲しいところです
まだ取れてない強い人は沢山いるので、そういう人達にとって欲しい
当たり前ですが、知らない人より知ってる人に取って欲しいに決まってます
あと関東は何枚か忘れましたが、取っていって欲しいものです
私は参加はしますが、もう熱はないかな
彩代君もあんまりやる気ないらしいし、町田勢はあとは最強様しかいないわけですが……
最強様は取れそうなんですけどねー

で、Blackyとサトチーさんとメシ食って帰宅

ガンエクも少しはやったんですが、最近どんどん腕が落ちてる気がします
少佐とは一体なんだったのか…

ラノベレビュー
天使の3P!
電撃文庫より
著者:蒼山ザク イラスト:てぃんくる

過去のトラウマから不登校気味の貫井響は、密かに歌唱ソフトで曲を制作するのが趣味だった。そんな彼にメールしてきたのは、小学5年生の少女たち――!? 泣き虫っ子な五島潤。強気そうな紅葉谷希美。はむはむしている金城そら。子供の頃から姉妹のように一緒に育った三人だが、彼女たちは響と共通する悩みを抱えていた。自分たちが過ごした思い出の場所とお世話になった人への感謝のため、一生懸命奏でるロリ&ポップなシンフォニー、開演です!

また小五ロリです
この人は本当に小五ロリが大好きですね
ストーリーも割と似通っていますが、設定などは大幅に違います
最近の主流というか流行である歌唱ソフトを混ぜてきていて、ヒロインもわかりにくいのが特徴です
ロウきゅーぶ!は明らかに智花が正ヒロインでしが、今回はそういうのにはあまりスポットを当てずに満遍なく当てているので、特に誰がというのはありません
ストーリー展開はベタだけど、意外と主人公は積極的でここまでよく行動出来るなと感心せざるを得ません
引き篭もりがここまで行動するのは、ご都合主義かもしれませんけど、いい進み具合なんじゃないかなと思っています
文章は一人称視点でほとんどロウきゅーぶ!と変わりません
独白が多いですが、主観を混ぜた風景描写がはっきりと描かれているので分かりやすいです
今回はどんな展開をみせてくれるのか、楽しみです

一言:妹が一番可愛い
総評 74/100
遊びにいっただけ(東雲侑子は全ての小説をあいしつづける)
さて、遂に赤切符を取ってしまった黒紗夢です
なんというか、前に言っていたことが本当の事になってしまいましたね
闘劇の切符は取ろうと思ったら全く取れなくて、遊びに行くかーという感覚で行くと取れてしまうというね
これもある種のジンクスなのかもしれません

と言うことで、朝というか12時頃に目が覚めて、そういえば今日は綱島で大会だなーとか思って電話をしてみたら
まだエントリー数が7名だったので、どうせ近所だしという事で行ってみることに
まぁ、綱島に行こうとしたら、間違えて日吉で降りてしまって、あれっ?という気分にさせられましたが…
おかげで、余計な時間は食いましたが、エントリーはまだまだ余裕でした
そしたら、何故かともさんとかがいるという
今日はもう終わったなーという感覚だったんですが、予選が始まると大荒れ
元住さんがともさんを打ち破るという快挙でした
まさか…まじなのか…?!
という感じで手に汗握る対戦でした
今日一番の必見試合だったでしょう
ミタフ大先生も負けるし、サトチーさんも負けてるしで、結構やばめでした
私もお願いクリシュで南さんに勝てて何とか準決勝進出

ここで問題が発生
普通にB二連牙>C射撃なんてミスる要素のないコンボで全く出ていなかったので、ボタンメンテに
これでラウンド再現をされるのは別にいいんですよ
というか、取られていたので当たり前と云えば当たり前
ここからが問題というか、ここで問題
再現をされたのは、ラウンド数だけ
ボタンメンテ前の状況
ラビリス:黄斧、バーストなし、運命0

メンテ後の状況
ラビリス:赤斧、バーストあり、運命MAX

何ていうか、ね
なんでしょうね、これ
正直文句を言いたかったです
だって、赤斧開始ですよ?
無理でしょ
しかも、開幕FCされて大分焦りました
何とか勝ったからいいものの、この再現度はあまりにもラビリス有利すぎてビビりました
言わなかった私が悪いんですけどね
周りがその人の対策を教えてくれなかったら、負けていた可能性もあります
まぁ、相手は直斗対策を全然知らなかったから良かったです
決勝は、番長で特に何もなかったです
相手がずっと罠喰らってるだけで終わりました
鬼門は準決勝だったでしょう

更に言うと、最終ラウンドは相手がまだ死んでないのにガッツポーズしてました
クロッサムガッツポーズとあおられている所以です
最後、相手に5Dが当たる
俺、画面を見ずにC射撃を打ちながらガッツポーズをして後ろを向く
皆が画面を指す
まだ相手が死んでいなかった
焦る私、逆ギレを擦る私
勝利する私

いやー…危なかった
5D一段目があたっていたから、最終段まで当たるだろうと思っていたら、ペルソナを出す位置が大分後ろ過ぎたらしく、1か2段目までしか当たっていなかったっぽいんですよね
だから、C射撃が当たっていなくて、私は画面を見ずにガッツポーズ
どう見ても勝ち挑発です、本当にあry

しかし、おかげで赤切符を取ることが出来ました
皆のおかげです
あの時画面を指されずに席を立っていたら、相手からフルコンをもらって死んでいたでしょう
まだ青じゃないんで、まだ気は抜けませんが、正直もう赤切符でもいいやって思ってます
正直、成田は遠い
片道1500円ですから、ちょっと高すぎるかなーとね
ただ、明日はホームというか溝の口なので、そこで取れると少し嬉しいかなーなんて思います
火曜日大会は大体2位なんで、多分2位で終わりそうですが…
誰が来るか次第でしょう
誰が来るのかなー
皆さん、私のところが穴場だと思っているらしく、沢山の人が来ることが予想されます
はい、穴場です、間違いないです
私と客さんを比べると、まさに月とすっぽんなんで、ね

赤さえ取れれば満足です
あれ?
そういえば、私よりPSR高いしとか言っておきながら、まだ赤切符を取っていない人が…いる…?!
町田唯一神も一体いつ取るんでしょうね、不思議です

ラノベレビュー
東雲侑子は全ての小説をあいしつづける
ファミ通文庫より
著者:森橋ビンゴ イラスト:Nardack

まさか3巻完結だとは思いもよりませんでした
凄くいい小説で、読み応えがあるストーリーだったんですが、こうもあっさり終わってしまうと残念ですが、いい終わり方かなとも思ってます
あくまでも2人…というか主人公は純愛を望んでいるし、ここまで清い恋愛もなかなかないんじゃないかなとは思いますが、そういうのがやはり作品として描かれているととても気持ちが楽しくなってきます
あぁ、いいなぁと純粋に思えるし、2人の心がしっかりと通っていて、考えあえる、尊敬しあえる、そんな理想的な恋人同士なのではないでしょうか
言葉で語るよりも、他のもので伝えたいという、そういう意図もあってとても素敵な関係です
侑子には本当に惹きこまれるし、主人公もしっかりと考えている
そういう意味では、他のカップルなどの対比や相談というのは、この二人の関係を際立たせるのにとても重要で、うまく織り込まれているなぁと思います
終わってしまうのが物凄く勿体無いですが、とても良い小説でした
絵もとても、侑子の雰囲気とマッチしていて最高に可愛かったです

一言:こういう子と出会いたい
総評 86/100
ついやりすぎちゃう(ストライク・ザ・ブラッド4 蒼き魔女の迷宮)
さて、授業に出てないのに学校へ行った黒紗夢です
2限には起きられませんでした
正確には起きられたんですけど、遅刻する時間だったので諦めました
要するに起きられてないんですけどね……

しかし、4,5限にはTAとしてのバイトがあるので、しぶしぶ学校に行きました
アニメを見ていたら結構ぎりぎりの時間になってしまい割りと焦りました
今回からはPrologの授業です
私自身、全く理解していないのに説明をしなければいけないという結構な鬼畜な授業
一応答えを持っていて、自分でも予習はしたんですが、果たして正解かどうかは分からない
唯一の救いは、課題の採点をするだけで、質問はさほど自分の手ではやらないという事でしょうか
ただ、課題を見る時には生徒が理解しているのかを問わないといけないので、そこで言えない子がいると結構面倒臭いです
まだ一番最初の授業なので甘くはつけてるんですけどね

まぁ……私の列には問題児がいるんですけどね……
本当に卑怯ですよ、えぇ
じゃあ、この課題の解説をしてみて?って言うと、泣くのを我慢するような顔になって、凄く唇がふるふる震えてて今にも決壊しそうなんですよ
流石に罪悪感というか、泣かれると物凄く困るので、何故かこちらが解説を始めました
というか、私が一個一個確認しながら説明してあげました
完全なる甘やかしです
結構よく私としゃべる子なので、ね
その子の周りのやつともしゃべるんですが、そいつらは普通に出来たり、ちゃんと質問したりする奴なんで楽なんですよ
しかしまぁ……うーん
来週から不安です
なるべく授業は延長させたくないので、簡単に教えたいんですけど、難しいのかな

で、真空に行ったら新しいスープ割りの試食をしてくれという事で、しました
こういう新しい挑戦が結構多いので、真空は好きです
毎週新しい限定メニューが出たりするので、なかなか飽きません
いいお店です


ラノベレビュー
ストライク・ザ・ブラッド4 蒼き魔女の迷宮
電撃文庫より
著者:三雲岳斗 イラスト:マニャ子

今回のメインは、本当だったら那月ちゃんらしいんですが、メインは旧友だったような……お姫様だったような……何ともヒロインが多すぎます
それがこのラノベの良さなんですが、どの子がメインなのか少し悩みます
多分ストーリー的にどんどん新キャラを出さざるを得ないんでしょうが、ここまで可愛い子が多いとどうするんだろうと思わずにはいられません
最終的な本妻はもう決まっているようなものですが、今後はどういう展開を見せるんでしょうかね
というか、どう終わらせるのかが結構謎だったりします
イチャラブのようでいて、戦闘がシビアなので結構楽しみだったりします

一言:ラ・フォリアの魅力
総評 78/100
今日の成果は(絶対服従カノジョ。 2.いいか、俺の布団には入ってくるなよ?)
さて、特に何もしていない黒紗夢です
授業の準備も、P4Uの手伝いも特に何もしていません
これでいいのか怪しいので、これからはもうちょっと関わるかもしれませんが……

と言うことで、今日の3限は設計工学の中間発表だったんですが、正直私は何もプログラムに関わっておりません
なので、とりあえずパワポを作るだけなんですが、それすらも完成させずに授業に行くというね
……いや、間に合いましたけどね
今後は、Javaを少し勉強しないといけません
面倒臭いなぁ……
プログラミングは苦手です
情報系の院生なんですけどね、それが苦手ってどういうことなんでしょうね

閑話休題

今日から町田タイトーでP4Uの木曜マヨナカ大会
参加者は26名くらいだったかな?
まずまずといったところでしょうか
ただ、今回大分運営がぐだってしまったので、次回が少し不安な気持ちが多いです
まぁ、ぐだったというか、レバーが相当ひどくなったせいなんですけどね
レバーが元々悪くて、それを大会前に替えたんですが……それがどうも違うものだったらしく、硬い上に普通のレバーよりも高さが低いんですよね
まずハイジャンプが出ないし、ダッシュも出来ないしでボロボロでした
このレバーは絶対無理だって言ったんですが、その後も微妙に継続されて結局店員さんがやった時に絶対これは替えないとという事で交換
で、なんやかんやあってその筐体は使われずに大会が進みました
それで大分時間がくわれましたねー
まぁ、今回はそういうアクシデントがありましたが、次回は多分ないでしょう
あとは運営の人がもっと宣伝やら、盛り上げてくれればもうちょっと安定するんじゃないかなぁと思ってます
どの位集まるかは、プレイヤー次第ですが……
しかし、色々な層の人がいるので、試合よりも野試合を沢山やりたい人は木曜日に来るといいのかもしれません
今後に期待です
皆さんも是非来てみてください

動画が撮れなかったので、自分たちの野試合を撮ることに
結構ゴミのような動きしてます
見直したいけど、不安がいっぱいです
まぁ、今更見なおさなくても
・逆ギレが多い
・ガードが甘い
等々自分で色々わかってるところは多いです
まだまだだなぁ…

南さんが直斗使うとか言ってたから少し楽しみ

ラノベレビュー
絶対服従カノジョ。 2.いいか、俺の布団には入ってくるなよ?
ファンタジア文庫より
著者:春日秋人 イラスト:樹人

可愛い
本当にこのラノベのヒロイン、というかマナが可愛いです
挿絵もさることながら、この子の行動一つ一つが愛らしくて、見ていてとても微笑ましいです
ストーリーも意外としっかりとしているので、結構見ていて楽しいです
次回はありきたりな展開になりがちかもしれませんが、王道というのはやっぱり面白いので、それも楽しみです
いやはや、しかし、サブキャラが完全にモブなので結局マナとのイチャイチャがメインなので、周りが気になりません
しかも、幼馴染よりも妹の方が注目した方がいいというのがあるので、いいラノベです
いつになったらネタバレするのか、期待です

一言:マナも琴音も可愛い
総評 73/100
好きなものも終わる(烙印の紋章Ⅺ あかつきの空を龍は翔ける)
さて、今日は相当良く分からなかった黒紗夢です
というか、言葉が理解出来ませんでした
はい、英語の授業の事です

今日の英語はいつもの講師ではなく、別の人が代理でやってきたんですが、言っている事は微妙に分かるけれども多分言葉の核心を理解出来ませんでした
何を言っているのかは、確かに分かる
分かるけれども、肝心な事が結局分からない
来週どうすればいいのかも、謎でした
そこがメインなんですが、何か特に何も用意しなくてもいいんじゃないかなとか妄想していますが、果たしてどうなることやら…

で、Labviewの授業
私にはプログラミングは出来ないだろうという自分への枷として、ロボットの機械部分を担当することにしました
それがのちのち後悔することになるとは夢にも思わなかった…
と思える気がしてなりません
とりあえず適当にミニ四駆っぽいものを作製する為に、モータとか作ってました
部品が一つ落として行方不明になりました
犠牲になったのだ…
一応違うモータを作っていたので、一個くらいなくなっても良かったといえば良かったんですが、割と大きな部品だったので何故なくなったのか謎でした
一応完成したモータの動作確認をしたんですが、問題は
マイコンとLabviewを繋ぐコネクタがない
という事態
一応あるにはあるんですが、古い型らしく今売っているのかどうかが不明です
あと、プログラムを送信出来るのかも知りません
大丈夫なのかなぁ…
完成まで2週間で済まさないといけません
間に合う……と信じよう

そして、久しぶりに真空でメシを食べました
いやー…やはり、ここのラーメンは美味しいです
真空では大分顔なじみになったおかげで、某人がサービス券をなくしたのにも関わらず、日数を覚えてもらっていてくれていたので、助かりました
嬉しい限りです
店員さんと仲良くなると、いいものです
美味しいし、良いことだ
町田に初めて来た人に薦めにくい場所ではあるんですけどねー
辛麺なので、辛いの苦手な人は食べられません
というか、前誘って悶絶している人がいました
誰とは言いませんが…
慣れれば本当に美味しいです
どこかのぎ郎と比べるのが失礼なくらいです
あそこは年に1回食べたくなるレベルです

しかし、苦手な人が院生で一人いるので結構気まずいです
今日はいつものメンバーと違うやつと食べに行ったんですが、一人どうも嫌いというか苦手で…ね
会話が進みません
結構無言な時間がありました
ん~……
なんというか、口調が苦手という人は格ゲー勢でもちらほらいるので、なれないといけないんですけどねー
そういう人達は別に悪い人ではないので、そこが勿体無いんですよね
生理的に受け付けないというか、喋ると苦手というか…そういうのは克服しないといけませんよね
でも、結構そういう人の話は、聞き流したりあまり話しかけたりはしません
難しい
もうちょっとしっかりしないとなぁ…

あ、P4Uは最強様とやって甘えが全部通って勝ちました
レバーがゴミだったそうです
これがフラグになるとは夢にも思いませんでした

ラノベレビュー
烙印の紋章Ⅺ あかつきの空を龍は翔ける
電撃文庫より
著者:杉原智則 イラスト:

遂に佳境と言ったところです
かなりグールとの直接対決は盛り上がります
このシリーズ自体は戦争が中心で、知略戦略が多岐にわたって行われていましたが、結構直接的な戦闘に関わることも多かったです
ですが、今回は血を流さない直接対決です
それぞれの口上を述べて、議論しますが、意外とあっさりしているにも関わらずそこから深い読み合いと、そして後半の展開はどう乗り切るのかとはらはらします
特にいいと思うのは、先が読めないところ
結構小説とかは、良い方向へと導かれるのは当たり前で先読みがしやすいものが多いんですが、このシリーズは最終的な結末は既に前から記述されているものの、過程が想像出来ないんですよね
今回はそれが如実です
まさかこんな舌戦があるとは、ね
かなり面白いです
そして、ビリーナ姫とギルの想いが見ていて楽しいです
次で最終巻のようですが、残念なような、嬉しいような……
どんな結末を迎えるのか、楽しみで仕方ないとともに、かなり好きなシリーズが終わるというのは寂寥感が募りますね

一言:皇帝側を考えると……
総評 85/100
完全なる人気のなさ(東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる)
さて、久しぶりにP4Uをやった気がする黒紗夢です
何日ぶりでしょうか、土日も外に出ていませんでしたから、結構経ってるような気がします
とはいっても、一週間は経っていないので、それすら経っていないのに結構とは言い切れない……のかな

と言うことで、とりあえず今日は学校へ行って授業を聞き流しながら問題解決演習の事を少しやって帰宅
3人グループなのに、一人は何もしていない事案が発生中です
まぁ、今日はTAだったので仕方ないのかもしれませんが……
その上私たちも表を担当の人に渡せなかったので、結局何も進みませんでした
あれ…このままじゃまずい気がするな…

閑話休題

帰宅してから、だらだらとしてから溝の口
今日の人数は、なんと……

8人

……えっ…
どんだけ少ないんですか
まぁ、雨に加えてサッカーもあったので仕方ないといえば仕方ないでしょう
鬼ぃちゃんが携帯でサッカーを見せてくれたので、私達もゲーセンに行ってサッカーを見ていましたけどね
サッカーには一切興味が無いし、サッカーの試合があるということも今日初めて知りました
どんだけ無知なんでしょう…
世間に疎いといけませんね
もっと見聞を外に開かないとただの引き篭もりになりそうです
実際なっていますけどね…

で、しかもフリプは凄く時間があってその時はひたすらP4Uやってたんですが、それが終わった後は皆BBをやってました
私も久しぶりにやりました
多分5クレも入れてません
コンボも超適当でしたが、そこそこソドムさんからラウンド取れたので満足です
FBはスローネドライを使ってるんですが、上手く使えませんねー
やっぱり難しい

マジカルビートは……いいや……


ラノベレビュー
東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる
ファミ通文庫より
著者:森橋ビンゴ イラスト:Nardack

ついつい嵌ってしまって、2日続けて同じシリーズを読んでしまいました
そのくらいに面白かったです
今回は、新キャラとして、やはり恋愛小説としては定番の、女の子の新キャラ
この子も全くくどくなくて、ストレートに感情を表してくれるのでとても印象がいいです
積極的というだけではなく違うこともしっかりと考えていて、弱気だけと強気という相反する二つの感情を併せ持っているのでとても面白いです
すれ違いや、感情のぶつけあい、そして、別の方向からの新しい見方をしっかりと考えながら行動出来るというのはとても良いですね
主人公も良いし、周りも本当に見ていて楽しいです
淡々とはしているけれども、その中に激情を持ち合わせているので、くすぶっている感情の変化を今回はよく見ることが出来たので良かったです

一言:ケバいけど、ビッチじゃない
総評 84/100
心を入れ替える(東雲侑子は短編小説をあいしている)
さて、外に出たくなくなった黒紗夢です
本当は授業があったんですが、どうにも行くのが面倒になってしまった為、行きませんでした
割とひどいですが、まぁ、一回くらいはそういう日もあるというものでしょう

と言うことで、朝は昼前に起きてはいたものの、特に何をするでもないく家でまったりしていました
ガンエクも少しやったんですが、ろくな結果にならないだろうなぁと思って速攻でやめました

とは言え、何日もガンエクしかやらないのはまずいので、ふと自分で何かプログラムを作ろうということになって、プログラムを作ることにしました
しかし、正直に言うと全くプログラムを作ったことはないので、作るものは一応決めたもののいつになったら完成するのやら分かりません
作りたいものはあるのにも関わらず、知識がないので地道に作っていこうと思います
完成…するのかな……
一応理想としては、ラノベのちょっとしたプログラムを作りたいんですが、大学の知り合いが似たものを作ったんですよね
ただ、それはParlだかPHPだか忘れましたが、そこら辺で作ったやつなのでC#では作っていないんです
なので、多分参考にならないので自分の手で一からやらないといけないという…
早く作り終えたいものです


しかし、プログラムをずっと作っていたわけではもちろんなく、結局夜はガンエクをやってました
珍しく2時間程で終わりました
今回全回機体ランダムでしたが、なかなか使える機体ばかり出たので良かったです
まぁ、結構適当ですけどね
そんなことよりも、早く少佐に戻りたいです

ラノベレビュー
東雲侑子は短編小説をあいしている
ファミ通文庫より
著者:森橋ビンゴ イラスト:Nardack

何事にも無気力、無関心な毎日を過ごす高校生、三並英太。楽そうだからという理由だけで図書委員になった彼は、ともに委員を務める東雲侑子の熱のない静けさに、自分の空虚さに似たものを感じていた。しかし、偶然彼女の秘密を知ってしまったことから、自分との違いを思い知らされる英太。だが、その秘密のために、彼女との距離を縮めることとなり、失ったはずの感情に胸を締め付けられていく……。
早熟な少年少女に贈る、もどかしく苦いラブストーリー。


物凄く面白いです
こういうラブストーリーは、大好きです
甘いようでいて、苦くてお互いのすれ違いや感情の移ろいというのがありありと表現されているので、とても感情移入がしやすくて見ていて心が揺れ動かされました
二人共どこか欠けているようでいて、ただただ言葉が少ないということが多いので、こういうあまり言葉は交わさないけれども色々考えているというのがうまく表現されていて面白いです
文章は、一人称視点で独白がやや多めで、様々な感情を簡単に読み取ることが出来ます
もちろんそれだけではなく、場面の情景だとか雰囲気というのがつぶさに伝わってくるので、読んでいてとても分かりやすいです
この二人だけの空間に、また違う人達の要素がそれぞれ組み合わさって上手い具合に人物相関が構成されているのでとても面白いです
どんどん次が読みたくなってきます

一言:可愛い
総評 83/100
完全にクズ(緋弾のアリアⅫ)
さて、寝坊をした上にガンエクしかやっていない黒紗夢です
完全に昨日の焼きまわしですね
それどころか、今日一日はあってないようなものどころか、むしろなかったことにしたいレベルです

と言うことで、予選は寝坊していかれませんでした
最初に起きた時は11時だったので、余裕かなーとか思っていたんですが、二度寝したら1時でした
完全に間に合いません
いや、一応急いでダッシュすれば間に合ったんですが、流石にそこまではやる気が起きませんでした
なので、さっさと諦めて家でガンエクやってました
それも朝から晩まで
何というか、本当にひどい一日でした
しかも、途中で気に入られた升の人がいたんですが、その人と組んでいたら-240になりました
凄いですよね
-240ですよ
少佐から一気に大尉底辺になりました
いやー…驚きです
流石に中尉にはなりたくなかったので、一旦中止
この時で既に夜でした

晩飯を食べた後は、身内部屋で6人でプレマ
しかし、一人既に少佐
くそぉ…こいつらにはランクマ全勝してたんですけどね
やはり中尉に負けたのが原因でしょう
何回-30を喰らったことか…
もう中尉とはやりません
大尉大尉かそれ以上の相手じゃないとダメですね
早く少佐に戻そ…

ラノベレビュー
緋弾のアリアⅫ
MF文庫Jより
著者:赤松中学 イラスト:こぶいち

今回は結構面白かったです
戦闘はほとんどあってないようなもので、もはやこの領域までいくとそのくらい普通の戦闘だよねと思えるほどに簡単な戦闘があるだけです
ヒロインが一気に出てきてしまった感が否めませんというか、ますますヒロインを増やしてしまいどうやってこれ収拾をつけるつけるんでしょうか
正ヒロインはアリアで確定しているのは、分かっているんですが、それにしても女キャラ出すぎだろと思わざるを得ません
そろそろ二桁に突入するんじゃないでしょうか
まぁ、増やし続けてちゃんと収まってくれるならいいんですけどね
今回は平凡なストーリーだったので、見ていて結構面白かったです

一言:萌はビッチじゃ…
総評 65/100
面倒なものを別のものに(好敵手オンリーワン2)
さて、予選には行っていない黒紗夢です
行こうか悩んだんですが、結局行きませんでした
面倒くささというのは何よりの敵だと思います

と言うことで、今日は一切外に出ずにガンエク

おかげで少佐になれました

いやー…嬉しい限りですね
たまたま固定で古黒と組んだんですが、大分クソみたいな古黒だったんですが何とか無理矢理少佐まで導けました
ねっぱどころか、格闘確定のところをズンダだったりと大分安かったんですが、そこは古黒
何をやっても強いという素晴らしい機体です
まぁ、おかげでこっちはかなり動きやすかったんですけどね
最近は本当に少佐が弱いですからねー
簡単になれました
気持ちいいですね

で、少佐になってから身内でガンエク

……あれ?
ガンエクしかやってない…?
おかしいな、格ゲー勢なはずなんですが、全然やってません
不思議です

あと、何故かシュガーハウスのTwitterで遊んでました
結構ちゃんとツイートを返してくれるのでなかなか面白いです

……今日ほとんど何もやってないな…

ラノベレビュー
好敵手オンリーワン2
講談社ラノベ文庫より
著者:至道流星 イラスト:武藤此史

途中までは結構というかかなり面白かったです
こういう、2人のライバルをほったらかして、別の子に行くという展開はあまりないですからね
このままそれを展開していって2人のうざい幼馴染がちょっとでも変わればよかったんですが、何故かこのラノベは一気に最後の方で収束してしまいました
本当に残念です
ここで、もうちょっとひどい展開というか、面白い展開があればよかったんですけどね
なんで最後はあんな終わり方なのでしょうか
無理矢理納めるにしても、流石にあの仲良くエンドはありえないんじゃないか…と思わざるを得ません
途中まで良かった分、この終わり方のせいで非常にがっかりしました
勿体無い…

一言:あげて落とされた
総評 56/100
ノルマとは一体(シースルー!?②)
さて、パワポを作る機械な黒紗夢です
ひたすら、どの授業でもとりあえず資料を作る作業

今日も今日とて2限の授業は出席しつつも、次の時間は発表しなければいけないので、資料作り
途中で眠くなって寝ました
なので、結局中途半端にしか完成せずに、何とか3限中に作る作業

もちろん、私の手で作られたので私がプレゼンすることに…
あれ…このグループだと私しか発表してないぞ…?
おかしいな…
そして、色々ダメ出しをされまくって、今後どうしようかと全員悩みました
というか、ダメ出しをされるのは仕方ないんですが、特に何も教えられていないのでどういう方向に持っていくだとかそういうのが一切分からないので手探り状態なんですよ

もっと定量的にしなきゃいけないのは、分かるよね?

とか言われても、時間が全くない上に短期間で成果を出さないといけないので、なかなか難しいです
まぁ、成果を出すのは正直無理なので、KT法を使って最後にこれこれこういう事になったので、どうですか?という提案をして終わりでしょう
聞いた話だと、どんなにクソな問題解決をしてもAAをつけてくれるらしいので、何とかしたいです
この授業を取ってるだけで、結構有利らしいですし、有意義な授業ではあったので落としたくはないです
ただ、このあとが面倒臭い
前期は結構課題が多いので、それらも併せてやらなければいけません
プログラミング2つ、問題解決1つ、英語の発表2つ…
うーん…まぁ、何とか切り抜けられるでしょう
コミケも落ちてしまったので、こちらに集中出来るというものです

帰宅後は、また例によってうのとガンエク
大分ポイントを稼げたおかげで、1900くらいまで上がりました
本当に少佐がカモです
カモしかいません
そのくらい、相手が弱いです
少佐大尉よりも大尉大尉の方が強いっていうペアの方が多いのは不思議ですね
おかげで、+30が結構何回もありました
今回は負けて-30とかいうのはなかったです
あっても-20が一回くらい?
なのでもりもり上がって行きました
楽勝楽勝!
少佐まで後少し

ラノベレビュー
シースルー!?②
電撃文庫より
著者:天羽伊吹清 イラスト:雛咲

正直、つまらないです
エロ推でひたすらエロい事が目白押しなんですが、どうにも強引すぎる上に主人公の性格というかその時の行動がむかつくくらいに酷くて読んでいられないんですよね
妄想ネタもちょっとおそまつですし、そのくらいするのであればもうちょっとリアルで何とかならないのかと思わざるを得ません
ちょっと主人公の書き方がひどすぎます
ストーリー展開も短い間にそんな無理矢理入れすぎだろというのと、最低な定番の聞こえていないや分からない振りが多すぎて、どうしてそこまで主人公がひどい様になっているのにこのヒロインたちはこうなんだろうなぁなんて不思議に思います
ヒロインたちが好感を持っているくらいなら別にいいんですが、後半が特にそんな恋心移ろいすぎじゃないのかという、能力の解説にしてもちょっとひどいです
エロい事はエロいですが…見ていてあまりストーリー自体が面白くないので残念です

一言:キャラパワーがない
総評 54/100
されど何も出来ない(ギフテッドⅡ)
さて、木曜日の授業に出たのが3回目な黒紗夢です
出席を基本的に取っていませんし、何があるかと言えばチームで設計から全てをして最終課題を出すというだけ
それの中間発表が来週に迫っているのには、笑えましたけどね

と言うことで、3限の授業に出て、どうすんの?という話し合いをするのかなぁと思えば、既に一人ゲームを作ってくれる神がいました
何という素早い行動…
一番最初は、書籍の検索システムだったはずが、いつの間にかゲームを作る話になっており、いつの間にかゲームが完成していました
あれ…?
これたしか4人グループだよね…?
何もしてないぞー
まぁ、行ってなかったから仕方ないんですが、一人で出来るゲームを提出していいのかどうか…
これからは、どうなるのかは知りません
が、流石に何も手伝わないのはまずいので、中間発表用の資料だけは作る事にしました
毎回私は常に資料を作る側です
本質を作る方は基本的にやっていません
いつも雑用係に逃げています
素晴らしい立ち回りです

で、明日までの課題を少しやってから美容院を予約していたので帰宅

しかし、美容師さんとの話が結構盛り上がります
私はほとんど日本だと東京以外には行っていないので、田舎とかに憧れているんですよ
逆に、美容師さんは田舎出身者で、田舎から東京に出てきた人です
なので、美容師さんに「今年の夏はどこか行くの?」
とか聞かれて、とりあえず北海道と、行ければ青ヶ島か沖縄かなーと言っておきました
カット時間は30分と短いですからね
その中で如何に濃い内容を話すかが美容院での肝です
因みに、沖縄行くならひまわり園見たいですねーとか言ったら
「あぁ…そんなの見たいんだ」
と言われました
そうですよね、田舎の人はそこら辺にいっぱい咲いてるひまわりとか見ますよね
でも、憧れるじゃないですか
車輪の国、行ってみたいじゃないですか
流石に出会いはないでしょうが、車輪の国、向日葵の少女が大好きだとか言い始める妄想をしてもバチは当たらないと思うんです
そういうのを抜きにしても、向日葵は好きな植物ですけどね
見ていると元気になりますし、向日葵の種って意外と美味しいんですよ
ちょっと皮をむくのが面倒ですが、それでも食べると美味しいという、見て美味しい食べて美味しい素晴らしい植物です

そして、家では久しぶりにうのとガンエク
ランクマやったんですが、どうも最近階級のインフレのし過ぎなせいで結構簡単に勝てます
うのはクアンタですが、最近ずっとご無沙汰だったのにも関わらず、結構勝てました
おかげで、うのは中尉から大尉へ
私は、少しだけポイントをゲット出来ました
このままなら少佐も近いかな…


ラノベレビュー
ギフテッドⅡ
電撃文庫より
著者:二丸修一 イラスト:りょう@涼

結構面白いんですが、対戦相手の能力はそれで本当にいいのか?と思わざるをえません
確かに、アガペというのは人をひきつける魔力のようなものがあるのかもしれませんが、それだけで階級があそこまで高いというのは不思議でなりません
天子峰の制度が特殊すぎるから、ありと言えばありなんでしょうが……
あと、今回の綾芽がヘタレすぎてちょっと勿体無い気がしました
前回は大分いいキャラだったんですが、上司の割りにただのギャグキャラになっていたような気がするなぁと感じました
ただ、エルや新キャラのアイシャが結構活躍してくれたので、この二人を見ている分にはとても楽しめました
次回からも、メインはエルになってアイシャも絡んでくるでしょう
今回は物語の中では緊迫感が多かったんですが、どうもまだ導入に感じるというかただのパーティ集めの気がして、そこまで切迫した感じは受け取れませんでした
なので、次からはきっとそういう試練もあるんじゃないかなと期待しています
難しい設定とかストーリーではあるので、作者の腕が顕著に出る作品でしょう

一言:エルはもっと積極的になれば可愛い
総評 69/100
何かした記憶はない(ブラック・ブレット3 炎による世界の破滅)
さて、今日は気軽に全てが終わった黒紗夢です
毎週水曜日はとても面倒臭い日だったんですが、先週発表を終えていたので、今日はひたすらプレゼン発表を聴くだけの作業だったので楽でした

登校時には、ちょうど同じ電車だった奴*2に会ったので、今日のLABViewどうするよ?という展開になったんですが、結局なるようになるんじゃね?という滅茶苦茶なげやりな結論で終わりました
結果的には、授業中は本当に特に何もなかったので問題ないんですけどね
しかし、発表があと3週間後なのにも関わらず、何も外部装置を買っていないという状況
というか、何を作るかも結局きまっていません
とりあえず加速装置使おうぜーみたいな流れなんですが、果たしてどうなることやら…
議論に議論を重ねた上で、買うものリストも少し作成した最後の最後で
「実は俺、結構部品持ってるんだ」
と言われた時は、こいつなんでそれを最初に言わないんだと思わずには要られませんでしたけどね
何が必要かなーとかそいつが中心になって買い物リストやら何を作るかというのに積極的だったのにも関わらず、本人が持っている情報を隠して、最後の最後で撹乱するという……
何ともまぁ、高度な情報戦を強いられました
こいつ……出来る…ッ!

で、ゲーセンでとりあえず姫アルクの楽しい一人宇宙旅行を楽しみました
簡単すぎてやばいですね
Cが割と簡単で、Hがちょっと遅くてやりづらかったですが、Hの方が基礎コン楽だったのでHでやってました
メルブラ楽しいよー
とか思ってましたが、3連勝くらいしたところでよくわからないさっちんに負けて一人宇宙旅行終了
……そのさっちんに宇宙旅行かませば良かったかな…
ま、久しぶりにやってそれなりに楽しめました
このゲームはキャラの事一切知らなくても、とりあえずJBJCJBJC投げとかやってればエリアル終わりですからね
初心者は入りやすいです
その後は鬼門でしょうけど、バグとか楽しむだけなら簡単な方がいいですからね

メルブラ負けてからは、くぎゅガンダムもといスローを触りました
そこまで弱くないような気もしますが、どうなんでしょう
でも、耳がとても癒されるので、こいつをメインにしたいと思います

帰ってからは、久しぶりにソロでガンエク
なんとなく一人でプレマはしたくなかったので、ランクマ
1700だったのが一時期1850まで行って1800でやめました
意外と上がるもんです
そろそろ少佐になりたいですが、もうちょっと修練が必要かなぁ
でも、しっかりやれば勝てるから少佐になろう
ランクマだと、S機体ばかりですけどね
升升が来た時はキレそうでした
何とか勝てましたが、その後のストフリストフリは絶望しました
最後格闘後ろステップ鞭すれば勝ったんですが…難しいとこですね
ま、楽しめたから良しとしましょう

はぁ…お金が足りない

ラノベレビュー
ブラック・ブレット3 炎による世界の破滅
電撃文庫より
著者:神埼紫電 イラスト:鵜飼沙樹

今回は、というか、今回もロリコンにとっては試練です
途中まではやはりほのぼのというか、割とまったりとしていて幼女と戯れているのでとても楽しいんですが、後半の戦闘に入っていくにつれて、このラノベの世界観でもある混沌と無秩序が相まって相当ひどい事になるので、それを見ているのがとても辛いです
今回は今までで一番きついかもしれません
説明であったり、実体験であったり、様々ですが、やはり10歳の少女達が戦って、または戦わずして陵辱されたりあれやこれやされるのは見ていてきついものがあります
それでも、一筋の光を求めていくしか無いこのような環境でも、まだ明るい未来を見せてくれそうな書き方なのが救いだと思います
今回は多分前後編の前半部分で、ちょうど佳境というか、一番辛いところで終わっているので次巻でどうなるのかが期待されます
見たいような、見たくない世界ですね

一言:それでも、皆可愛い
総評 75/100
見えないところでも失敗(らぶなどーる!)
さて、たまに新人絵師が気になってしまう黒紗夢です
ラノベのレビューは結局最後に書くんですが、今回のラノベの担当絵師であるアマガイタローという人が割と気になります
新人の人でもpixivなどに登録している人は多いんですが、この人はググっても何も出て来なかったので結構残念な気持ちでいっぱいです
結構好みの絵だったりします
若干眉毛が独特ですが、絵のタッチやキャラの表情が好きです
らぶなどーる!は今後も続いていくのですが、他のラノベでも見てみたいですね
果たして次は一体いつ出てくれえるのでしょうか
いっそ私がラノベを書いて取れる妄想をしたところで、やめておきました

閑話休題

今日は、学校には行ったものの特に何をするでもなく授業を淡々とスルーしながらネットサーフィンして終わりました
そして、研究室の自分のPCが完全に壊れているので、とにかくSP2にすれば何とかなるだろうという気持ちで、MSのサイトで手動DLしてSP2を入れる試みをしました
というか、WindowsUpdateが使えないとか謎すぎますよね
なんで使えないのか不思議で仕方ないです
あと、何故かセキュリティ外してもブラウザのセキュリティ情報の警告は出てくるわ、ネットサーフィンをしばらくしているとVSが起動してWin32の例外処理になってデバッグしますか?というエラー文が出てきて落ちるわで最低です
何々でしょうね、このPC
完全に地雷を掴みました
Win7に早めにしておいたほうがいいのかなぁ…

で、溝の口で大会があるから一旦帰宅してからタイトー
何でも今日からタイトー系列は全店舗で録画が禁止になったそうです
なので、これからはすべてのタイトーで動画を上げる事が出来なくなります
正直大分今更感が否めません
というか、動画アップすることで結構大会に参加する人とか少なからずいると思うんですけどねぇ
著作権の問題もあるかもしれませんが、というか、これが中心でしょうが、何故今更?という感じがします
アーク側がダメ出しをしたのか、タイトーの社長の独断なのかは一プレイヤーにはわからん事です
でも、折角今まで順調にやってきたのに完全に水をさされた感じです
しかも、これから町田タイトーでも隔週大会が始まりますからね
それも本来であれば録画して上げる予定だったのにも関わらず、最初からそれが頓挫ですよ
ふざけた話ですね

あ、大会は決勝で負けました
しかも、普通に負けました
いるすさんを出すまでもなく、クマに負けました
普通にコンボしたら勝てた部分もあったのに…というか、SATさんとかに対して準決勝くらいで割とイケメンコンボを決めて勝ったのに、このザマですよ
残りほぼドット状態で、相手6割くらいの状態から5DFCから5C>B二連牙からのFCコンで逆転勝ちとか結構カッコよかったとおもいます
もちろん、私のかっこいいコンボは絶対に動画に残りません
私が見つけたコンボに対しても、ミスると動画勢からは
「いい加減コンボ覚えろよな」
的な煽りを受けますからね
不思議ですね
ミスる私がいけないんですけどね…
おかしいな…ボコスカもムドオンも俺が新しいルート見つけてるのにな…コンボ覚えろ……か

で、フリプ終了後は少しだけパッツァ
パッツァ面白いんですけど、対戦が起きないですからね
面白いと言っても、私も最近千鶴いいかなと思ってるだけで、まだ全然やっていません
もうちょっとレベルの低い人とやりたいんですが、如何せん人口が少なすぎて強い人しかいないという
溝の口も大体SSSですよ…
やりたての千鶴じゃまだまだいかんです
まぁ、お金もないからそこまで出来ませんけど、パッツァもいいゲームだと思ってるので、対戦したいです
P4Uも勝てませんしね!
はぁ……最近、自分の実力的にPSR650くらいなんじゃないかって思ってます
そのくらい弱い

ラノベレビュー
らぶなどーる!
電撃文庫より
著者:上月司 イラスト:アマガイタロー

入学式早々、何故か生徒会の女子寮で居候することになった主人公・トラ。しかし翌日、不可抗力で生徒会長・セリスの裸を見てしまう! 女子寮からの退去を覚悟するトラだったが、セリスからここに住み続ける「ある条件」を提示される。それは、微妙な可愛さな着ぐるみ「ラブらん」を着て、学内外で奉仕活動をすることだった。必死に「ラブらん」として活動するトラだが、ある日偶然、クラスメイトである美少女・雛姫の秘密――彼女が「ぼっち」であることを知る。「校内の人気者」となっていた「ラブらん」ことトラは、彼女のために奮闘をはじめる――! ”着ぐるみ”で女子と密着ラブコメ開幕!

どう見ても着ぐるみが変態顔にしか見えませんが、ストーリーはなかなk面白いです
レイヤード・サマーの時もそうでしたが、こういう導入は割と好きです
起承転結もはっきりしていますし、何よりもヒロインが可愛い
一人一人しっかりとキャラ付けがされていて、それでいて最近よくあるうざいキャラ付けというのがあまりなく、くどくないのでとても好印象です
後半の主人公の行動力と、その展開にものすごい行動力というかゴリ押し感がありますが、目を見張るものがあります
細かい人間関係や心理描写が丁寧に描かれているので、読んでいてとても楽しいです
文章は一人称視点で、周りの行動描写や風景描写が多めです
その分、とても情景がわかりやすく感じる事が出来て、一人一人の行動や主人公の気持ちの裏付けや周りからの信頼度や評価というのが丁寧に描かれています
今後も少しぎこちないイチャラブ展開が見れると思うので、結構期待しています
特に、絵師の人には結構本気で楽しみにしています

一言:こういう子に会いたい
総評 78/100
人の善意には困る(魔王が家賃を払ってくれない3)
さて、褒められると疑ってしまう黒紗夢です
皆さんもそういうことありますよね
褒められ慣れていなかったり、普段なら晒されたり貶されたりした挙句話がぶっ飛んでいくという日常を送っていると、純粋なものを目の当たりにすると驚愕してしまいます

と言うことで、今日は割と直斗スレにキョドりました
Twitterで直斗のムドコンについて新しいのは書いたんですが、それがスレに載せられても特に何も思わなかったんですが、何故か色々な議論が出ているという…
まぁ、多分P4Uで始めて格ゲーをやってる人たちが多くて、更に言うとちょうどつい最近アルカのコンボを載せた人が怒られたという事があったので、それと合わさってという感じでしょう
正直一プレイヤーならTwitterとかで話したのはもうRTされたりして、一般公開してるし特に問題ないと思うんですけどね
むしろ、そのコンボパーツ提供でまた新しいものが見つかる可能性もありますからね
嫌だって人はミクソで身内公開のみとかにしてるので、出版物以外はそこまで気にする必要ないですよね
あと、何故かここのカウンターも回ってるので、どうせもう見ない人多いでしょうが、一応

~ムドオン>C罠設置>A二連牙>D罠設置>A二連牙>~

というレシピだけだと、絶対つながらないだろうというレシピです
まぁ、正確に書くと

~ムドオン>C罠設置>A二連牙(C罠hit)>D罠設置>A二連牙(D罠hit)>~

という感じになります
コツというコツはあまりないんですが、一応A二連牙の頂点部分で当てると入りやすいです
B二連牙最速ムドオンをした場合なら、C罠設置後にムドオンの煙がなくなる瞬間くらいにA二連牙をやるとちょうど当たります
C罠後は、D罠設置終わったなーというタイミングで適当にやれば入ります
相手が降りてきて始めてから入れるとちょうどいいのかな
まぁ、低ダが出来ない私ですら出来るので、初心者の人にも出来る高火力コンボなんじゃないでしょうかね
それさえ出来たら後はいつも通りバクステ2Cで拾えば強いです
1クレ目で見つけたから、誰にでも探し出せそうなコンボなのに、何故か私の名前が定着しているという素晴らしいコンボ
遂に黒紗夢式という名前のコンボを手に入れてしまった…
あとは、ボコスカとかFCコンを見つけたいですねー
FCは見つけられそう

閑話休題


昨日教授に報告書の間違いを見つけられてブチ切れされてるというのを知り合いに聞いて、せめてその八つ当たりに耐えられるように授業のプレゼンはミスらないようにしようとしたら…

結局、いちゃもんをつけられました

何だかな…
割と腹が立ちました
しっかり説明したのに、大分理不尽だった上に結局自分が正しかったのにも関わらず、何故か教授はほらやっぱり俺が正しいとか言う感じで締めていたので意味がわかりませんでした
しかも、結局教科書が違うとか言ってたのは、教科書が正しかったですし…
何でしょうね
そんなに気に食わなかったんでしょうかね
ほんと面倒臭いです
タイミングが悪すぎる…
まぁ、自分も何度も説明した時に一度説明を間違えたのでそれの揚げ足を取られてしまったのでそれは確かに悪いと言えば悪い
あと、報告書は完全に自分のせいなのでそれはもう怒られて当然
でも授業は…ねぇ……

帰宅後は、眠かったので昼寝して、昨日はアニメ全然見れなかったので消化作業
最近、アニメの記事をかいていないような気がします
まとめるのが面倒というのもありますけど、見るアニメが多すぎて一律に評価しても意味が無い気がしてなりません
まぁ、ネタがなくなったら普通に載せますけどね!

ラノベレビュー
魔王が家賃を払ってくれない3
ガガガ文庫より
著者:伊藤ヒロ イラスト:

魔王が可愛い
毎回結構ストーリースカスカだし、なんでこんなうざい幼馴染がいるんだろうなーと思っていたんですが、やっと今回まともなラブコメになったような気がします
いや、一応ギャグなんでしょうか……
今巻は完全にラブコメだったので、ストーリー展開がベタだけど楽しめましたし、幼馴染のことも批判してたのでちょっとだけ嬉しかったです
これ以降幼馴染が出て来なかったり、違うアプローチになってくれたらもっと嬉しいんですが……流石にそれはないかな
これからはもう魔王がもっとデレてイチャイチャとかをしてくれたら面白くなりそうです
あれ…今回の事件も結局超展開でくだらない終わり方だったのに、中身に大分満足してます
ヒロインの力というかギャップ萌えというのは恐ろしいものですね

一言:アマガミされたい
総評 68/100
おや…(バタフライ×ブレイクダウン 1君が世界を救うというなら)
さて、また予選に行かなかった黒紗夢です
切符はいつになったら取れるんでしょうかね
参加していない限り、赤すら取れませんからね
もう少し真面目に予選行かないといけないんですが、今日は気が付いたら時間が迫っていたので…ね

と言うことで、今日の理想は

町田の大会→神奈川の闘劇予選

という予定だったんですが、

町田の大会に行ったら終了しました

うん、そうなんだ
また……なんだ
まぁ、町田で楽しめたからいいのかなーなんて思ったりしてます
ぴかりんじゃんけんで負けましたからね!
日曜日はぴかりんじゃんけんで負けたら予選は勝てないとか自分の中で勝手に思っています

とは言え、町田の大会では凄く調子が良かったんですよね
準優勝しました
準優勝です
決して優勝ではありません
何故か町田の大会結果では優勝と書かれていますが、準優勝です、はい
すかいさんに負けました
完二は大会だと強いですね
あと、今回の大分が凄くホーミングしてきて驚きました
ちょっとだけ強くなってる…のかな?
まぁ、すかいさんに負けたのは仕方ないです
でも、つむらさんに勝てたのが本当に嬉しかった
その後も野試合で結構勝ったり、フルセットまで持っていけるようになりました
アップデート後から逆ギレが強くなりすぎているせいで、相手のJBは全部逆ギレで落とせるんですよね
更に言うと、どうやら直斗の頭にも判定が出ているらしく、相手が裏回りJBをしても場所によっては普通に当たるんですよ
あれ……めちゃくちゃ強くね?
という感じで、相当楽になりました
C罠もCHした場合はそこからコンボを繋げられるので大分楽です
いいですねー
アプデ後はラビリス戦更に辛くなるかとおもいきや、そこまででもなかったです
シャドウはやばそうですが、ラビリスは何とかなりそうです
他キャラは分かりません
美鶴と早くやりたいですが、やりたくない気持ちでいっぱいです
対策はしないといけませんが、きついなぁ…

今回の町田大会の参加人数は20人
そこそこですね
これから今月の隔週大会はどうなることやら…
因みに、私は今回運営には携わっていませんので安心してください
これからどうなるのかは知りませんが、別の人が店員さんと交渉してやってお店側がBB成功してるからやろう!という感じだそうで、多くの人が参加してくれると嬉しいですね

今日は色々な人と少しばかり話せました
あと、大会について形式がランダム2onなんですが、あまり上手いと思っていないプレイヤーの人が
「知らない人と組んで負けたら申し訳ないから出ない方がいいんじゃないか」
と言ってきたんですが、そんなことはありません
むしろ、人が多ければ多いほど嬉しいですからね
いや今回は私主催じゃないのでこういう事を言っても仕方ないんですが、上手い人だろうが下手な人だろうが参加してくれる人の方が嬉しいですからね
折角同じ時間にゲーセンにいるのに、参加してくれない人とかがいると結構がっかりします
しかも、ランダムだし無料なんで、むしろ
上手い人と組めればより多くP4Uに触れられるし強い人から何か得られるかもしれない!
みたいな気概で参加するとより盛り上がる気がします
結局プレイヤー一人一人のモチベですからね、大会なんて
強い人と組んで勝ち上がれば、無料で連コ出来るようなもんですからね
多くの人が参加してくれると嬉しいなー
とか言いながら、自分が果たして町田に行くか分からないんですけどね!
溝の口はもう予定空けて毎週行けるけど、町田は知りません
ま、どうなるかは当日分かりますか…


閑話休題

家に帰ってからはガンエク
相変わらず段々と空気が悪くなるのはもはや仕様
でも、結局また皆でやるんですけど、うまくなる為には色々と話し合わないといけませんからねー
楽しみながらも、文句と罵詈雑言が飛ぶというゲーム
それがガンエク
素晴らしいゲームですね
2onだから、押し合いへし合いが多分にあります
怖い怖い

ラノベレビュー
バタフライ×ブレイクダウン 1君が世界を救うというなら
ファミ通文庫より
著者:佐々原史緒 イラスト:H2SO4

祐吾の前に突然、空から降ってきた少女、桜庭せせりはみらいから北「時軸修復士」だった。何でもこの時代の些細な出来事が巡り巡ってみらいの世界滅亡に繋がるのだと! ところがそれを阻止するために彼女の任務は恋のキューピッド役など何かと地味。 しかも、どうやら今大人気のトップアイドルも、修復士と関わっているらしく……?! 時代を越え運命を越える、崖っぷちのボーイ・ミーツ・ガールズ!!

絵師に釣られて購入したラノベですが、なかなかに面白かったです
いきなり超展開が待っていたので、正直これはどうなの?という感じの出だしだったんですが、段々と読み進めていくとなかなかに読み応えのあるストーリーでした
展開としては、無理矢理というかそれはおかしいというのは最初から最後までずっとちょいちょいあったんですが、そういうのを勢いで全て壊して無理矢理話をつなげていく感じでした
ストーリー展開を気にしなければ、ヒロインも可愛いですし、主人公のこの気持ちや心情というのがこれからどうなるのかというのが結構気になるようなそういうストーリーです
話の展開というよりも、キャラクター達の心の展開を見るラノベだと思います
文章は一人称視点で、主人公の独白が多めです
この主人公はよくいる流され系ではあるんですが、背景があったりそういうただ流されるだけではなく、何か次がありそうな雰囲気があるので嫌いにはなりません
この巻は、最近よくあるラノベのプロローグみたいなものなので、次からが本番ですかね
結構楽しみです

一言:ロリが最強すぎる
総評 73/100
何もしない選択肢(俺のリアルとネトゲがラブコメに侵食され始めてヤバイ3)
さて、結局予選に足を運んでいない黒紗夢です
八王子とか余裕でいける時間でしたし、埼玉も全然いける範囲だったんですが、面倒だったので行きませんでした
これで闘劇目指してるっていうからお笑い種ですよね
何というやる気のなさ…

と言うことで、予選には行っていませんが、流石に何かしたいなーという事で溝の口で新しいコンボレシピを研究しようとしました
が、特に何もありませんでした
何も見つけられなくて不甲斐ないですね
とは言え、いつの間にか私の名前がついてる超簡単なコンボができていたのでよしとしますか
お手軽簡単であり、多分一番今のところダメージが高いという素晴らしいレシピ
レシピというよりもパーツですけどね
もっといいのを探してみたいなー
ボコスカを本当は伸ばしたいんですよね
難しいですけど…


そうそう、久しぶりに晴空物語を起動してみました
ギルドは大分人数が減っている上に、ほとんどの人がINしていませんでした
今日INしていたのはたったの3人
私のINしていた時は誰もINしていませんけどね
まぁ、もう終わコンネトゲだから仕方ないでしょう
しかも、ちょっとクエストをやってみたら、仕様が変わっていて楽になっていました
討伐数が大分減っていた気がします
いいのか…?これ

あとはアニメを消化したり、課題やったりと特に面白味も何もありません
明日、院でつるんでる奴らは焼肉食べ放題に行くそうです
私は貧乏なので参加しません
参加すると、今月の残金が半分になります
そうです
死んでしまいます
くっ…
これがぼっち勢か…


ラノベレビュー
俺のリアルとネトゲがラブコメに侵食され始めてヤバイ3
HJ文庫より
著者:藤谷ある イラスト:三嶋くろね

こんなネトゲがあれば、本当に幸せで楽しいでしょうね
というか、大分主人公が羨ましいです
体質は何かもうあってないようなものというか、ある必要あったのか大分疑問な気がしますが、これがないとハーレムも築けないのでしょう
しかし、何というかネトゲの方は結構普通なのに、何故かリアルの方は超展開というか無理矢理感が強い気がします
いきなりなんでそんな展開に持っていくの?という感じで、凄く方向転換の仕方が無理矢理です
確かに、主人公とヒロイン達が出逢う為には色々と事件や出来事がないといけませんが、これは流石に無理があるんじゃ…というのが一つや二つではありませんからね
唯一まともと呼べるようなものは妹のイベントだけで、しかも、妹も最後はそれで大丈夫だったのかよという感じですからね
ネトゲの方がしっかりしてるってどういうことなんでしょうね…
まぁ、こういストーリーは好きなので、楽しめますけどね

一言:雫が一番可愛い
総評 70/100
間違った安堵感(彼と人喰いの日常3)
さて、見事に落ちてしまった黒紗夢です
申し込んでいる人はわかると思いますが、コミケの事です
今回は2回目だったんですが、また落ちてしまいました
いやー…嬉しいのやら悲しいのやら…
ほとんど進んでいないというのが実態でしたから、受かっている時を考えると忙しくてやばそうでしたね
ゲームなのにこの時期できてないって割とやばい気がします
でも、落ちてしまったのでもう次は…いつになるのでしょうかね
冬はあばばが留学するとか何とかで参加出来なさそうなので、どうしようかという感じです
また話し合い…か…

と言うことで、それ以外は特に目立った事はありません
授業は、後半残り30分くらいからでも普通に出席になる素晴らしい授業なので、それに参加しつつネットサーフィン
で、TAの仕事をするまでもネットサーフィン
TA中も最初はネットサーフィン
……あれ?
割とクズですね
まぁ、後半はしっかりと教えていました
というか、生徒が手を挙げたら結構我先に行きます
やっぱり先輩よりも後輩が動くべきでしょうから、先輩が同じくらいの位置にいれば自分で行きます
正直自分の教え方には自信がないですが、結構適当に教えても理解してくれる生徒が多いのでありがたいです
毎回一番最後に残る生徒もいますけどね
その子とは、微妙に仲良くなれたんじゃないかなと思いました
自分からいくので、その子に教える回数が結構多いです
今日はリラックマの話をしたり、普通に雑談してました
楽しいです
まぁ、その子とフラグは立たないでしょうけどね!
もっと積極的な人間ならワンチャンあったかもしれませんが、残念なことに私はコミュ障なんでね、人間としてダメなんですよ

閑話休題

今日はその子ですら早めに終わったので、学校でコミケの当落結果を見ようとすると長時間いなければいけないので、帰宅
正直、ゲーセンに行こうかどうか悩みましたが、少しだけ覗いてやめました
気になって仕方ないです
ラノベは買いました
お金がなくなりました


で、ガンエク
ガンエクやってるちゃんかわ君は受かってました
羨ましいですねー
土曜日 東地区 "チ" ブロック 26a
らしいです
勝手に宣伝しておきます
まぁ、東方らしいです
本人曰く東方厨じゃないらしいです
私には違いがよくわかりませんが、そうらしいです


ラノベレビュー
彼と人喰いの日常3
GA文庫より
著者:火浦坂猫 イラスト:春日歩

平凡ではないストーリーのはずなのに、何故か平凡に思えてしまいます
殺しが日常化したり、非日常が当たり前になるとこういう恐怖が待っているんだと考えると、少し怖いですよね
自分で異常だと感じつつも、結局それが習慣になるというのは、異常が異常たる自覚のあるなしがもはや関係ないですからね
そういう意味では、とても面白いラノベです
今回はテコ入れというか、水着回のお色気回も含まれていましたが、もっと何か特別な事があっても良かったのかもしれません
十分インパクトはありましたが、どうも衝撃に欠けました
わかりきっている出来事をありのままに描写されている……まさに日常にふさわしいストーリーでしたが、これは日常系に分類していいんでしょうかね
ちょっと猟奇的な部分もある気がします
ただ、最後の方で少しだけ展開が変わってきたので、まだまだ楽しめそうです

一言:真白ちゃんが一番
総評 72/100
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。