黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
底辺からの脱却
さて、遂に大魔境から抜け出すことに成功した黒紗夢です
いやー…嬉しいですね
多分RankUpMatchは2回くらい起きているような気がしますが、やっとこさブロンズから抜けだしてSilverに行くことが出来ました
決め手はj4といったところでしょう

ということで、今日も今日とてLoLをやっていました
先日は一勝一敗でrankをやめてしまったので、今日こそは勝って上にいこうという気持ちでした
その前に軽く練習ということでノーマルに行っていたんですが、SoloQはゴミみたいなものでした
その後に久しぶりにキゾクゲーミングの方で何回かやって楽しんでました
j4をひたすら鍛錬する作業です
Topに行っても強いという証明がされてしまったので、私のお気に入りChampionになりました
ただ、残念ながらMidではボロボロにされましたけどね!
対面APTrisでボコボコにされました
RengedChampion相手は辛い……
そして迎えたらrank
一回目は自分がjungleを回ることが出来、相手がNunuで最初にBuffsteelされましたが、steelされた直後にこちらが2killして形勢逆転をして、何とかこちらもgankをして勝てました
序盤は周りがLV7,8の段階でまだLV3だったのでやばいなぁという感じは出ていたんですが、ひたすらgankを決め続けてLaneの奴らを育てていったおかげで勝てました
あと、相手のNunuが弱すぎました
Ultを使ってもほぼすぐに崩されるか誰にも当たらない時間まで溜めていたせいで意味をなさずに終わったという素晴らしいプレイ
良い感じに終わりました
で、2回目のrank
jungleが取れなかったので、Topj4
Vladのcounterのはずなんですが、Laneではボロクソに負けました
ボロクソと行っても、2deathですけど、ひたすら土下座してました
もっと早い段階で戦っていれば勝ったのかもしれませんね……
ただ、他のLaneの人が結構上手くてjungleYiがTPでひたすらgankをして圧勝してました
おかげで、遂に銀Rate
嬉しい限りです
これでやっと人権を手にすることが出来ました
あとは上がるだけです
もう下には下がりたくない……


そして、満足した気分になりながらアニメを見て今日一日を遊んで暮らしていました
今日はペンを一回も触っていません
気にしたら負けです
研究も特にやっていないあたり、センスを感じます

因みに、深夜は深夜でLoLの大会を見ていました
今回はSK VS Fnaticでどう考えてもFnaticの勝利だろうなーと思いきや、ところがどっこいまさかのSK勝利ですよ
驚きましたね
いつもは大して活躍しないOceloteが滅茶苦茶Carryをしてかなり良い試合運びをしていました
一度だけ謎のUltからのタワーダイブで死を遂げていたり、赤カードUltだったり青カードだったりしましたが、それ以外は大体いい立ち回りをしていました
xPekeよりも活躍しているOceloteなんて……信じられません
SKは好きですが、Oceloteはネタとして私は見ていました
それがまさかの強さ……
調子に乗ると本当に強いですね
見ていてかなり興奮しました
あと、Oceloteが自分が死んだり集団戦をする度に滅茶苦茶大きな声で叫ぶので見ているこちら側でも声を聞き取ることが出来ます
どんだけ大きな声出してんだよ……
その後のGambit VS NiPも予想外のNiP勝利
とんだ番狂わせですよ
NiPは全然知らない奴ばかりなので、あまり応援していません
Gambitが勝つと思っていたんですが、今回は結構DIAMONDが凡ミスをしていて負けていました
割とショックです
でも、EUは見ているだけで面白いのできっと来週も見るでしょう


……最近LoLの話題しかしてませんね
明日からはもっと別のことをしましょう
スポンサーサイト
声優は実力より容姿というクソ風潮(ひなビタ♪ 凛として咲く花の如く)
さて、今日も今日とて順調にLoLをしていた黒紗夢です
なんでこう自分でやらなければいけないことが増えると自然と別のことをしてしまうんでしょうか
割と屑な行為をしている気がしてなりません
というか、本当は絵を描いたり、過去の研究を調べたり、結構多くのことをしないといけませんが、ほとんどすすめていません

ということで、今日はNAの試合を珍しく見ていました
あまりNAは興味ないんですが、たまたま公式を開いたらやっていたので、観戦して見ることにしました
結構C9でもミスっている事が多く、NAで圧倒的な力を持ってるところでもこういうのがあるのかーなんて思いました
そして、王者陥落についての面白い記事がありました

http://na.lolesports.com/season3/split2/articles/jatt-breaks-down-clgs-strategy-c9s-first-loss

無敗だったC9が遂に負けたというので、結構な衝撃みたいですね
かなり考察されています
いやはや、面白いです
でも、私はあくまでもEUメインなので、あまりNAの選手は気にしないんですけどね……

そして、P4Uの大会をチラッと見たり、LoLのrankに行っていました
rankはjungleが取れなくて、きついな―とか思ってました
しかも私のポジションはSupport
Jannaを選ぼうかと思いましたが、大して上手くないですし安牌のSonaにすることにしました
おかげで、結構Laneは簡単に出来て、何とか勝つことが出来ました
集団戦は何故か一生私を敵が狙ってきてくれたのでありがたいです
なんでSupportを狙ってUltを打つのか謎です
しかし、やっとランクアップMatchに入りましたよ……
j4を買ったので、調子に乗っていけるかな!
って思いながらやっていたんですが、j4jungleをやったら圧倒的に勝てました
やっぱりj4は強いです
こいつのgank能力が高すぎる上に、生存能力も高いという素晴らしいChampionです
しかも、低レートだと滅多にBANされないので、最高に良いChampionです
こいつをずっと使い続けたら良かったんですが、残念な事にSupportになってしまい、うんこすぎるTopJayceのせいで負けてしまいました
なんでRambleに負けるのか理解出来ません……
一勝一敗になったので、素直にやめました
今回はなんとしても上に上がりたいですからね……

しかし、本当にLoLしかやっていません
同人誌大丈夫なのかな状態です
研究も大丈夫かな状態です
同人誌はあと2,3ページ下書き書けば良い話なんですけどね
内容はもう決まっているので特に難しくはないですし、書くだけ……描くだけなのに……
どういうことなの……


ラノベレビュー
ひなビタ♪ 凛として咲く花の如く
ファンタジア文庫より
著者:八奈川景晶 イラスト:CUTEG 原作:コナミデジタルエンタテインメント

音楽の魅力に目覚めた女子高生・山形まり花は、寂れた商店街を盛り上げるため、ガールズバンド「日向美ビタースイート♪(通称『ひなビタ♪』)」を結成した。その次なる目標として彼女たちは納涼祭のライブコンテスト優勝を目指して活動する――が、暴走恋愛少年・月浦駆や超絶おせっかい女”かの子”こと加納華子といった面々がライブコンテストに絡んできて『ひなビタ♪』メンバーに嵐の予感! 果たして彼女たちのバンド生活の結末は? 地方都市の商店街を舞台にした、恋と青春のラブコメストーリー、今ココに演奏開始♪

元々はKONAMIのゲーム楽曲のグループなんですが、それをノベライズしてキャラ紹介をしているのがこのラノベのようです
主人公は結構曖昧で、ひなビタ♪とは関係のない華子がひなビタ♪のキャラと関わってきたり、謎の登場人物の駆とが深く関わってきます
正直、この2キャラは必要あったのかな?なんて思いが強いです
ストーリーはとてもシンプルで自分たちの街興しの為にライブコンテストを目指すという単純なもので、そこに余計な2人が入ることで長々とストーリーが展開しています
駆が誰彼かまわずス、気になる子には告白するという結構無理矢理話を持って行っている感じがします
もっと素直なキャラ背景と登場でも良かったんじゃないでしょうかね……
華子との掛け合いはなかなかに楽しめましたが、最後のまり花のライブでのイベントはちょっと無理があるというか、せっかくのキャラ設定や相関が台無しになるような気がしてなりません
その程度のキズナだったのかな?なんていう疑問も出て来てしまいます
展開としてはいいんですが、解決法というかラストへ向かう方法が残念でした
文章は三人称視点のような一人称視点で、華子の独白がやや多めです
相手の感情や自分たちの状況などが丁寧に描かれているので、表情はとても分かりやすいです
ただ、やはりどうしても色々なものが茶番に見えてしまって、内容がとても薄っぺらいです
そこが勿体無いですね
元々何もないキャラ設定しかないものなので、仕方ないといえば仕方ないのかもしれません

一言:めうめうめう!
総評 60/100
出会いは偶然(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。⑦)
さて、今日は今更ながらに可愛い子を見つけてしまった黒紗夢です
TAをやっていて、結構回ってはいるんですが、いちいち一人ひとりの生徒の顔を見る訳じゃありませんからね
たまーに話しかけてくる子の顔は大体覚えていますが、それ以外の有象無象は気にしていませんでしたからね
なので、ちょっとだけ驚いてしまいました

ということで、今日はTAだったんですが、まず家を出る時に先にアニメを見終わってから行くか、それともアニメを途中でやめて学校へ行くか割と悩んでました
結局アニメを最後まで見てから学校へ向かったので大分ギリギリの時間に到着しました
危うく遅刻するところでしたよ……
とか何とか思いながら行ったら、普通に先生の方が遅刻してきてました
どういうことなの……
チャイムが鳴っても来なかったので一瞬このまま俺だけになったら、俺が場を繋がないといけないのか……?みたいな焦りを感じてました
いやはや、何の知識もないのにそれは酷な話でしょう
ですが、なんとかいつも通りに授業が進んで良かったです
しかし、今日はSQLをやっていたんですが、正直私が使ったことのないソフトだったので結構ビビりました
手を挙げられて突然これどうやるのかわからないと言われても、私も分かりませんからね、えぇ
何とか偶然見つけたコマンドで回避出来ましたが、ソフト使うなら事前に言って欲しかったですね……
そして、ぐるぐる回ってたらジーっと見つめてくる女の子がいたので、質問かなーと思いながらジーっと見つめ返していました
可愛いですね
某はちもぐさんは見つめられるとやばい的な事を言っていたような気がしますが、大体見てくる人は質問者ですからね
近づきながら見つめてあげると大体ここが分かりませんって言ってきます
しかし、その子が可愛かった
何というか、私の好きな瞳でした
結構私は瞳が黒い人が好きで、虹彩も黒い子が大好きです
むかーし可愛いなと思っていた子も虹彩が黒く光っていて、吸い込まれそうなくらい綺麗でした
なので、虹彩が黒い子は好きです
顔は実を言うともうあんまり覚えていません
瞳しか覚えていません
ただ、顔は整っていたとは思います
きっと可愛い子なのでしょう

そして、いつも通りに終わってから研究室
相方がセンサーを直してました
というか、結局原因は分かっていません
何が悪かったのか……
翌日になったら治っているというふざけたことですね
そのおかげで大分研究が進むでしょう
私もそろそろちゃんとやらなければなりません……
自分の研究なのに補助しかしていないという謎の現象
割とやばいかもしれません

町田では、ひたすらドラマニをやりながらBBCPの大会を見学していました
今日は溝の口勢が遊びに来ていて結構賑わっていました
その後は、1ポンドステーキを食べて色々話しました
帰宅後に気が付いたんですが、自分のステーキとにっしーさんのステーキは焼き方逆だったんだよなぁ……
だから、私のはあんなに焦げていたのでしょう
私はミディアムレアって言ってたのに、完全に焼いてましたからね
食べながら何かおかしいとは思っていましたが……
まぁ、楽しかったからいいです
不本意なくらいロリコン扱いされましたが、気にしたら負けでしょう

遊んでばかりだなぁ……


ラノベレビュー
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。⑦
ガガガ文庫より
著者:渡航 イラスト:ぽんかん⑧

今回は修学旅行で告白回という、青春の王道たる王道のストーリーです
が、もちろんそんな普通の展開が待っているわけでもなく、ネガティブに面白いストーリーでした
とは言え、今回は前回とは違いそこまで酷い扱いになるわけでもなく、そんな終わり方かという少しだけ肩透かし感がありますが、キャラ相関を考えると周りの人達も複雑な気分になるのは仕方ないのかなと思います
また、サブキャラの性格やらスポットライトやらが結構当たるので、なかなかサブキャラを補完して印象付けるのには良い巻かもしれません
海老名さんが結構面白い立ち回りをし、三浦がこれまた結構良い印象を与えてくれます
ちょっとした会話の掛け合いでも、キャラを印象づけるものが大きいので読んでいて楽しいです
相変わらず葉山は好きになれそうにありませんが、他のキャラ達は結構本当に普通につるんでいたい連中なんだなというのが分かります
由比ヶ浜だけでなく雪ノ下や果ては川崎さんまで結構八幡に対して思うところが強そうなのがいいですね
そろそろもっと展開が進んでもいい気がするんですが、何もないのが残念ですね
早くもっと深く行ってほしいです

一言:由比ヶ浜ば可愛い
総評 71/100
良いLoL日和(明日、ボクは死ぬ。君は生き返る。2)
さて、気が付いたらLoLをやっている黒紗夢です
最近は完全に動画勢だったんですが、j4とJannaが意外と強いということに気がついて、ついつい使ってしまっています

ということで、今日はひたすらLoLをやってやっとの思いでj4を買いました
j4を買うためだけにARAMを数回やってしまったんですが、まぁ、ARAMですから勝敗とかどうでもいいです
いやー、しかし嬉しいですね
j4は本当に強いので、早くjungleやりたいな!とか思ってました
そう、思っていたんですが、一度も実行されることはありませんでした
積極的にcallをしなかったせいで、自動的にSupportになったりTopになったりとjungleは一度もやりませんでした
j4やりたかったのに……
というか、Top行った時普通にj4使えばよかったかな―なんて思いました
私にNasusは合いません
Nasusを使って勝った記憶が無いので、きっと私にはあわないのでしょう
しかし、Kayleを使っていてダリウスのUlt見てから自分にUltをかけられないのは本当に雑魚だなと思います
もっとよく見ないとですね
Jannaはやっと分かってきたような、まだ良くわからないようなという複雑な気持ちです
勝ってはいるので下手ではない気もするんですが、とはいってもあまり使いこなせている自信がありません
本当にUltが難しいです
正直、Ultですべての局面が左右されると言っても過言ではないので、気をつけて打ちたいですね

因みに、rankをやったらTopNasus負け
SupportJanna勝ち
でした
二度とNasusは使いません
Jannaは課題点が沢山あったので、rankをやるよりも普通のノーマルで鍛えたほうがいいかもしれません

あれ……?
LoLしかやってない……?

グリマスでラウンジバトルがあったので、それに躍起になっていたり、ぶるらじを見ていたり……何もしていませんね、はい
まぁ、コミケ用の同人誌をまた1ページ下書きでかけたというのは上々かもしれません
早くもっと書かないといけないんですが、もう家が暑すぎてやる気がとことん出ないんですよね
もうそろそろエアコンをつけるべきなんでしょうかねぇ……


ラノベレビュー
明日、ボクは死ぬ。君は生き返る。2
電撃文庫より
著者:藤まる イラスト:H2SO4

相変わらず姿は見えませんが、光がとてもかわいらしいです
読者側も日記を通してしかキャラの性格や行動などは把握することが出来ませんが、しかし、その中からでも溢れ出る元気さと可愛らしさというのがよく表現されていて、見ていてとても楽しいです
また、主人公との対比であったり、考え、思考から導かれる戸惑いや心の強さ弱さというのが、丁寧に描かれているので心理描写から色々なものを想像することが出来ます
二心同体という一風変わったことでも、それが上手く出来上がっていますし、光が他の女の子とイチャイチャしていたり妹が可愛らしかったりとヒロイン達が可愛いです
ただ、少しというかあまりにも妹などは特に、便利設定すぎるのではないのかななんて思えてしまいます
流石にそこまで情報が分かるのはどうなのかなぁなんて思ってしまいますが、愛ゆえに仕方ない事なのかもしれません
そして、今回ある意味で言えば色々な出来事が分かってきたり他人に知られたりという暴露回になっているので、次回もう終わってしまうのかな?なんていう風に感じられます
ラストもなかなか面白い〆ですしね
ハッピーエンドになってほしいですが、続きが楽しみです

一言:使い捨てヒロイン可愛い
総評 74/100
最悪な気分(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。⑥)
さて、靴に穴が空いていたせいで足がびしょ濡れになってしまった黒紗夢です
大した穴ではないというか、ちょっと傷が付いている程度なんですがそこから水が染みこんで大変な事になりました
普通の雨だったら問題なかったんですけどね……

ということで、今日は本当は学校へ行きたくなかったんですが、2年生がラボワークでくるという謎の出来事があったので、それを見に行きました
結局私は何もしていませんけどね!
というか、正直行く気は全く起きなかったので、行ったのが3時過ぎというか4時近くだったんでほとんど私がやることはないんですよね
何も話していませんし、自己紹介もしてません
まぁ、私がいても特に教えられることがないので仕方ないと言えば仕方ないんですけどね
1人は今まで自分でゲームなどを作ったことがあるそうなんで、私より優秀な気がしてなりません
おや……?
ひょっとして私は用済みなのでは……?
しかも、今日は色々センサー類について調べたんですが、結局何も進められないという結論に至ってしまいやばい状態です
ひょっとしてセンサー壊れてるんじゃ?と思わずにはいられません
稼働させているはずなのに、稼働していない状態なのでよく分かりません
故障として一旦出した方がいいんじゃないかなぁなんて思いますが、どうなるのかはいやはや分かりません
もっとサンプルプログラムなんかがあると嬉しいんですけどね―
あまりプログラムがないのが残念です
C#でなんて殆どの人やってませんしね!

そして、教授に色々聞かれるのかと思いきや、素通りされたので多分大丈夫だろうという適当な安心感を持っています
きっと何とかなる……何とかなるはずだ……
先が全く見えないものだけど、きっとだいじょうぶだ……
何をすればいいのかも分からないけど、相方に聞きながら自分でやらないと……
そろそろプログラミングの勉強をまたやった方がいいのかもしれません
LoLやめないとですねー

で、真空の限定がまだ残っていたので真空で食べました
今回の限定は狼煙の最後にバリカタの細麺とチーズや鰹節などが追加されるという要するに同じ値段で新しい味が楽しめるという感じのものです
元々狼煙は大盛かご飯を無料で追加出来るんですが、それが細麺に変わっただけですね
結構美味しいですが、もうあまり人気がないのか二日目の夜でも普通に売れ残っていました
やっぱり全く違う味じゃないと限定の意味が無いのかもしれませんね……

タイトーでは相変わらずドラマニ
大して成長していませんが、左足と右足のかなりいい練習になる曲を見つけたので、それをひたすらやりたいと思います
百鬼夜行という曲で、BASICは何故か左足が滅茶苦茶あるという素晴らしい曲
ただの交互なんで微妙と言えば微妙なんですが、良い足の運動にはなるのかなと思います
リズムも取れますしね

帰宅してからはLoL
maikaiで雑魚ってました
もうOPChampion使わないと勝てないです……
ストレスがマッハですよほんとうにもう


ラノベレビュー
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。⑥
ガガガ文庫より
著者:渡航 イラスト:ぽんかん⑧

今回は、なかなかに胸クソ悪いキャラが登場してストーリーがかなり面白い展開になっています
ある意味で言えば現実的であり、かなり非情なものとなっています
そして、相変わらず私は葉山を好きになれません
どうも描写が所々なせいなのか、上辺だけの薄っぺらい人間に思えてなりません
昔の巻でのテニスの勝負の時から思っていましたが、結局優柔不断で適当な言葉を羅列して慰める人間にしか思えませんので、嫌いです
対比キャラだからしょうがないのかもしれませんけどね
しかし、他のキャラは今回結構いい動きをしてくれます
やっと積極的になった由比ヶ浜は見ていて微笑ましかったり、今回のメインである雪ノ下の心情の変化や周りとの接し方が丁寧に描かれていたりと、面白い要素も盛りだくさんです
舞台は文化祭という学校生活では欠かせない時期で、多くのキャラの動きが見られます
新キャラ達の行動だったり思考だったりが錯綜して、主人公のどう映るのか、そしてどういう言葉が投げかけられるのかというのが、一つ一つの色合いが違います
ただ、意外と生徒会長は見る目がないというか、もうちょっと考える人間なのかと思いきやそうでもなかったのが残念です
今回のストーリーは理解出来る人間と出来ない人間で大きな差があるでしょう
特に、クライマックスの比企谷の言葉はなかなかに痛烈に刺さってきます
ある意味で言えば正論であり、酷い現実でもあるので、良いヒールっぷりを発揮します
このラノベはそういう残酷な事だけれども、向き合わないといけない問題というのをキャラたちの掛け合いを上手く掛けあわせて対比させているのでとても面白いです
今後、どうヒロイン達が積極的になり、主人公の待遇や考え方の変化していくのか楽しみです

一言:由比ヶ浜可愛い
総評 70/100
雨の日は引きこもる
さて、学校へ行くはずが気が付いたらずっと家にいた黒紗夢です
本来ならば月火水は学校へ行かないといけないんですが、気にしたら負けです
雨の日は学校に行くくらいなら、新宿御苑に行きたいですよね
もちろん、そんな出会いなんてあるわけもないので、完全なる妄想なわけですが、正直ああいう出会いっていいですよね……

ということで、家でずっとグダグダとネットサーフィンをしていました
なかなかに某SNSで謎の東方厨が釣れてにわかに信じがたい出来事が起きていて面白かったです
そして、学校行かなくていいか―という思いから、最近はLoLを活発にやっています
j4が強すぎてやばいです
適当にgankしているだけでも勝ってしまうので、かなりいいChampionだなと思います
Proの話だと、低Rateの場合はNocturneが一番Rateが上がりやすいそうですが、私のNocturneは勝率が50%という何とも言えない戦績なのであてにしていません
今のところj4でやった試合は全勝してるので、j4を信じたいと思います
適当にgankしても勝てるっていうのが素晴らしいです
ただ、前提としてHardleashは必須かもしれません
それでも強い
早くj4買いたいです
もう少しで買えるので割と楽しみにしています
そして、JannaSupportもかなり強いなぁと実感しました
Lane戦は凄く難しいんですが、いるだけで結構脅威な気がしました
Barrier強いし、という感じ
ただ一番の問題はいつUltを使うのかということ
Ultが強いのは分かっているんですが、どのタイミングで使えばいいのかというのが分かりません
もっと勉強する必要がありそうです……

で、先週先々週と溝の口に行ってなかったので、久しぶりに行きました
そしたら参加者48名
どういうことなの……
人数が多すぎて笑いました
結局人数の関係上4ON4をやって盛り上がってました
流石に2台進行じゃ無理があるかなーと思いましたが、仕方ないと言えば仕方ないでしょう
いつもは20~30なのに、突然倍近く増えるという謎の現象
理由は分かりません
しかし、急に盛り上がりを見せるというのは凄いですね
私もそろそろイザヨイではなく、もっとちゃんとしたキャラで練習しようかななんて思ってます
一番今やろうかなと考えてるのはノエルなんで、そこらへんを練習したいですね

そして、何故かたけのこまりに音ゲー勝負を挑まれたので、スッコスコにしてあげました
ユビートもリフレクも圧勝すぎてやばかったです
何故挑んできたのか……
謎です
しかし、指なんて相当やっていなかったのに、簡単にできてしまうあたり割と簡単なゲームですね
見栄えも良くないので特にまたやろうという気は起きませんけど
リフレクもいい曲は多いんですけどねー
リフレクやるならもうちょっとギタドラを詰めようかななんて思ってます
正直、知り合いを増やしたいならドラマニなんかよりも圧倒的にこういうゲームのほうがいいんでしょうが……
音ゲーは出会い系
あと、溝の口のリフレクは100円3曲というクソっぷりなのでやりません
町田タイトーは100円4曲だというのに……


同人誌はまだ半分が下書きすら描いていない状況
本当に大丈夫なのか……?
期待はしちゃダメ(恋に変する魔改上書)
さて、学校へ行っても全然自分の研究が理解出来ていない黒紗夢です
正直私よりも私と同じようにロボット分野に携わっている奴の方が圧倒的に理解出来ているので、私もそいつ並に理解しないとやばそうです
なにせそいつが理解していても、私がやらなければいけないので、どうしようもありません
大丈夫かな……

ということで、今日はお昼に起きて2時半過ぎに学校へ行くというかなりゆったりとしたプレイをしていました
学校に行っても研究をひたすら探すだけだよなーとか思いながらも行きましたが、やっぱり行った方が理解度は早くなるなと感じましたね
今日は教授に色々言われたり、友人に色々教えてもらいました
実際に自分が理解出来たのは5/10くらいなんですけどね!
とりあえず問題を決めてその大枠というか解決策をどうするのかというのは決まったんですが、それを説得できるような材料が自分には持ち合わせていないので自分なりに噛み砕いて理解しないといけません
正直、実装部分よりも理論の方で押し切ればなんとか卒業は出来るとは思うので、理詰め作業をしなければなりません
とは言え、何を理解しているのか、というよりも何も理解していないので最初から色々考えないといけません
もっと前にPID制御とかを理解していれば良かったかな……
難しいんだか難しくないんだかすら分からないやつなので、どんな風になるのかという想像が欠如しています
その理想像をある程度はっきりと決めていきさえすれば、もっと楽になるのでしょうけれども、なかなか思うようにはいきません
身を入れて研究をしないと死ぬことになりそうです
まぁ、コミケもあるんですけどね!!

で、何故か別の学科の奴が遊びに来て昼飯を食いながらだべってました
他学科の奴は割と簡単そうというか、良さそうで羨ましいです
私のところもかなり楽な部類なんですけど、隣の芝生は青く見えます
海外への短期留学なんていうイベントもあるそうで、結構充実してそうです
私たちの学科なんてソフトボール大会が学科主催のイベントですからね……
そんなのいらねーよというレベルです
うちの学科の偉い人が偉い人なので、仕方ないと言えば仕方ないんですけどね……

その後はゲーセンに行ってドラマニ
最近、若干上手くはなっているんですが、その上がり幅が小さいというか自分の目標を結局達成出来てないんですよね
詰めてるところは結局自分が元々出来ているようなところで、出来てないところは出来てないんですよね
左足もそんなに上手くなっていませんし、自分の課題は未だにクリア出来ていません
もっと曲を探さないといけません
成長速度が詰まってくると、辛いですね
まぁ、いくらゲームの課題を簡単に見つけられたからって、実際の自分に深く関わるプログラミングだとかの課題を見つけられないようじゃ何の意味もないんですけどね!
ゲームが出来たって……実生活に関わらなきゃ何の意味もない……

しかし、帰宅しようとしたら何故か社畜の奴と出会ってしまったのでそいつの買い物に付き合いつつ飯を一緒に食べました
一人暮らしとは羨ましい限りです


ラノベレビュー
恋に変する魔改上書
ガガガ文庫より
第7回小学館ライトノベル大賞<優秀賞>
著者:木村百草 イラスト:すぶり

女としての魅力が少ないことをちょっとだけ気にしている女子高生・莉子には納得がいかないことがあった。突然、幼なじみの冴えない男子・諒太が3人の美少女と仲良くなり、モテモテ状態になっているのだ。天神乱漫で巨乳な瑠流、ミステリアスで色気たっぷりの響華、クラス委員長の水菜。目の前で繰り広げられるハーレムラブコメにイライラの莉子だったが、ひょんなことから現実を「上書き」してしまう「ラブコメの魔」のちからを手に入れて……!?

ここまでイライラするラノベは久しぶりに読んだ気がします
本当に酷いです
最初の方もただ淡々と諒太がヒロイン達と出会うシーンがいい加減に描かれており、とりあえずストーリーを進めていこうという姿勢が物凄く強いです
そこからラブ子が登場して面白くなるのかと思いきや、主人公である莉子はかなり思考が適当な上にえ、そこをあっさり許容しちゃうんだ?というようなよくわからない行動がとても多く目立ちます
もっとラブ子との絡みがあるのかと思いきや、なぁなぁになっている状態でストーリーが進められていき、結局何がしたかったの?というか、だったら考えてることもっと意思疎通していこうよというような展開になってしまいます
完全にそれぞれが勝手に自己完結しているので、見ていてとてもつまらないというよりイライラしてきます
ラブ子の行動もストレスしか生まないですし、何も面白くありません
もう少し深く考えたり、諒太だけでなく莉子も状況を思考する脳があってもいいと思うんですが、本当に頭の悪い進み方をしてしまいます
最後も謎のご都合主義が入って大団円!みたいなノリになっており、そうじゃないだろと思わずにはいられません
最初のあらすじに書かれているような設定だけを見るならば面白そうにはなるネタだとは思うんですが、文章の描き方も、ストーリーの進め方も、かなり雑です
ヒロイン達もわざとテンプレのようなキャラクターにしているのはいいんですが、どうせ分かるだろ?的な読者に丸投げしているかのような説明だけで、あとのキャラの動きや絡みが適当すぎて不足分が多すぎます
いくらテンプレだろうと、もっとキャラの背景を成り立たせるか、それとも現状でのキャラの設定の奥行きをつけて色鮮やかな魅力的なヒロインにして欲しかったです
これでは、ヒロインではなく設定が付けられた記号的少女達の行動を見ているだけに過ぎません
こんなのがよく優秀賞に選ばれたなと思わざるを得ません
改変のラブコメの仕方や確かめ方といったところは、普通なんですが、それ以外の行動や言動、思考といったものがすべて抜け落ちています
気が付いたらころっと思考が変化していたり、こうなるんだろうなぁという予想をそのまま無理矢理反映されたような運びを作っているので、もう少しもっと進め方を柔軟に丁寧に進めて欲しかったです
文章は一人称視点で、独白が多いです
一文一文はまだ読めるんですが、文章を成すと途端に酷い有様になってしまいます
本当にストレスしか感じられないラノベでした
ゴミです

一言:全員しね
総評 25/100
今日は投票日
さて、完全に投票だという事を忘れていた黒紗夢です
今日は何かあるような気がするな―とか思いながら朝を過ごしていたんですが、よくよく考えたら投票じゃんという感じになりました
いや、勿論どうしようかなぁというのは前から微妙に見てはいたんですけどね……

ということで、今日は投票日でした
私は今まで投票権を持ってからはすべて投票しています
なので、今回もちゃんとしようかなぁという事で適当に調べて選びました
どことか言うのは流石にこういうブログで書くのもあれなので割愛しますが、まぁ、投票の結果で裏切り者が当選されなくて嬉しかったですね
私の選挙区には裏切り者がいたのでね
特に誰とは言いませんが……

閑話休題

投票に行ったついでに溝の口へ行ったら意外と人がいてびっくりしました
久しぶりにアルカナもやったんですが、コマンドが出ない事でないこと
しかも、珍しくリーゼロッテというキャラと初対戦をしたんですが、何がなんだかさっぱり分かりません
こっちが固めているのに、人形が勝手に動いて攻撃してくるので一生攻撃喰らってるレベルです
どうやってあれは対策をすればいいんでしょうかね……
変な珠を置かれたらずっと人形が往復してうざいですし、固めようにもなかなか固められません
難しいキャラです……
多分対策を知ればいけるんでしょうけど、数回やっても特に何か分かったわけではないので割と諦めています
一応人形を叩けばいいのかな程度には思っていますが、後ろから来た場合はどうしようもない気がしてなりません
……本当に後ろから来た時はどうすればいいんだろ……
謎です
まぁ、BBCPは見てるだけでした
何故か超久しぶりにアンチ黄色さんがいたのでキャッキャしてるのを見てました
見てるだけです
みどりくんもいてテンション高めに対戦してました
私もテンションが上がるキャラで対戦したい……
本気でもうキャラ替えかなーなんて思ってます
もうイザヨイは流石に無理でしょう
モチベもないですし、未来もないです
修正されればどうなるのかは分かりませんが、修正も来ないと思うのでそろそろ別キャラというかノエルをやろうかななんて考えてます
ノエル可愛いですしね
可愛いですよ、えぇ
キャラ投票2位ですからね
人気ということは可愛いというのは確定的に明らかです
ノエル使お

そして、微妙にドラマニをやってちょっとだけ下の曲でもSが取れるように成長しました
やっとLV6でSRankですよ
遅いですね
もうちょっと早く成長したいです

あと、みどりくんに釣られてスクフェスをやろうと思ったんですが、何だか面倒くさくなって速攻で削除しました
ラブライブ!は好きですが、やはり服装がゴミっていうのと何か違うなっていう気がしてやめました
理由なんてそんなもんです
ラブカも間違えて使ったのが萎えた要因でしょう
もうアプリなんてこりごりや……

帰宅してからは、LoLの観戦
どうやら日本でも大会をやっているみたいですが、レベルが相当低いです
試合内容はちょっと圧倒的すぎましたが、要所要所ではなかなか面白かったんですが、何故かスポンサーがついてるほうが弱くて週2程度でしか集まれてないチームの方が一人ひとりの実力がはっきりしていて上手かったです
連携なんていらなかったんや……
しかも、実況が物凄く下手です
海外の実況は韓国のはちょっと別ですが、LCSの実況なんかはかなり丁寧で実況と解説がしっかり役割分担されていて分かりやすいです
なので聞いている方も聴きやすいですし、試合展開が分かりやすいんですよね
試合が終わった後のプレイバックもきっちりとしていて、どこがターニングポイントだったか、どういう状況でそうなってしまったのか等結構細かくやってくれます
ですが、日本のはまず、日本人じゃない
そのせいで日本語が全然理解出来ない
日本語が下手すぎるせいで確かに集団戦ここはこうだったよねという雰囲気は分かるんですが、解説してる奴の言葉がさっぱりなんですよね
そんな奴にやらせるなよと
なにいってんだこいつ?状態です
しかまお、ターニングポイントでは全然ないピックアップだったので、そこなんだ?みたいな感じです
まぁ、お金をもらっているPROの海外と比べるのも失礼な話かもしれませんけどね
日本のはやっぱりお遊びなのかなみたいに思えてしまいます
ただこういう動きはとてもいいとは思うんですけどね
何というか、色々勿体無い感じがします
実況は練習あるのみとしか言えませんが、せめて何かもうちょっと人選を考えて欲しかったです
ま、日本でも早く賞金大会が簡単に開催出来るようにならないとこういうのは難しいでしょう
法律変わらないかな……

LCSは楽しかったです
やっぱりレベルが違い過ぎますね
今日も面白い試合がいっぱいでした
私は、Genjaをリスペクトして涙を積むAsheになります
LoLの楽しさは強さ(おまえをオタクにしてやるから俺をリア充にしてくれ!7)
さて、気が付いたらLoLを楽しんでいた黒紗夢です
今日は日本人が配信でjungle講座をやっていて、結構為になりました
なかなか日本人でD1というのは見かけないので、見ていて結構面白かったです
とは言え、スマフだったので余計に圧勝でしたけどね……

ということ今日は起きてからその配信をずっと見ていて、自分もjungleやるかーというのでj4をやってました
このChampion本当に強いですね
初めて使ったんですが、強すぎて笑いました
とは言え序盤は速攻gankを決めて勝っていたんですが、中盤の集団戦は微妙に負けてしまって、kill差も大分出ていて困ってました
こっちのUltは強いけど、相手はVeyneなので、普通に抜けられるんですよね
なので、もういいやって言いながら育ってるZiggsを狙ってぶっぱしたら余裕勝ちして終わりました
便利な技です
一番最初はUltを打って自分で壊すのを知らなくてFlashで抜けてました
あほですね
危うく味方を殺すところでしたよ……
しかし、本当に強いです
堅いだけでもかなり脅威になる上にCCけど、がすごく豊富ですからね
これは選ばれるのは当たり前ですよね
jungleやるならこいつを持っていたほうがよさそうです
やっていても楽しいjunglerというのはいいですね
まぁ、その後の私がSupportをやった時には、味方のTopRyzeがLaneに戻る度に殺されるという酷いことをされていました
私がSupportをした試合で最近勝った記憶がありません
というか、よくよく考えると、最近LoL勝ってないなーと思っていたのは全試合Supportなんですよね
しかも、ネタ的なNidでやっています
別にBOTは負けてもいないし勝ってもいませんが味方がボロボロです
もう私はSupportをやらない方がいいかもしれません……
きっと私はSupportのセンスがない上に、味方がゴミだなと思います

そして、EUのLCSをひたすら見る作業
最近どの試合もどの試合も面白すぎるので、目が離せません
そのせいで他の作業が全く進んでいないのがやばいです……
絵の作業も私のイメージだともう5,6P終わっていて、残りは知り合いに丸投げしながらも、自分ももっと丁寧に描くというのが理想だったんですが、3P目を描いて終わってしまいました
あれ……?
やばくね……?
研究も全くやってないし、絵も全くやってないし、就活もやばいしで何もかも詰んでます
そろそろ人生終わりか……?

まぁ、絵はまだ間に合う……研究は分からない……就活は神のみぞ知る……
もっと私にやる気や努力という才能があればよかったんですが、人間難しいものですね
完全にニートの思考を持っているのでやばいです


ラノベレビュー
おまえをオタクにしてやるから俺をリア充にしてくれ!7
ファンタジア文庫より
著者:村上凛 イラスト:あなぽん

今回は遂に主人公と長谷川さんのイベントが一気に進みます
読んでいてお互いの気持ちがかなり交錯していて、もどかしくて仕方ありません
長谷川の過去や今までの理由というのがはっきりとするので、全ヒロインの背景が完成した状態になります
ハーレムラブコメのようでいて、結構ヒロインの気持ちというのが一巻から比べて成長して変化しているので、それを見ているのは凄く面白いです
しかも、主人公の気持ちも刻々と変化していき、自分の気持ちは一つなのかなと思いながらも色々複雑な気持ちを抱えているのはとても青春らしくて楽しいです
しかも、今回は文化祭という一大イベントで大きく全員の気持ちが急浮上して浮き立って大胆になるのでそこにも注目かもしれません
やっと一区切りというか、遂に迎えた最後があったので次の巻が気になって仕方ないです
多分最終的にはこうなるだろうなという予想はあるんですが、そこまでどうたどり着くのかが楽しみです
なので、この巻の最後のイベントからの展開がどうなるんだろうかという料理の難しさを期待しています

一言:恋ヶ崎桃はどう思う
総評 84/100
効率が悪い(犬とハサミは使いよう6)
さて、危うく遅刻をしそうになった黒紗夢です
目覚ましはかけたら大体すぐ起きるんですが、昨日遅くに寝過ぎたせいで
「ギリギリに目覚ましかければいっか」
というクズ思考の元、本当にギリギリに目覚ましがかかって危なかったです
7時間近くは寝たい(キリッという心がけが、いつか仇にならないことを祈っています

ということで、今日は週に一度のTAです
この時だけはちゃんと行かないといけないという使命感で動いています
とは言え、授業中にすることは、生徒の採点だけなので、特に何があるというわけではないんですけどね
しかし、ちょっと久しぶりに点数付けをしたので、順番を間違えてしまい授業時間内に採点が終わりませんでした

いつもなら、採点→組番号順に分ける→学籍番号順に並び替える→出席をつける
という手順を踏んでいるんですが、今日は間違えて
組番号順に分ける→採点→学籍番号順に並び替える→出席をつける
という手順を踏んでしまい、終わりませんでした
本当なら、組番号順、学籍番号順と出席は同時進行で行うので、そこまで時間がかからないんですよね
それなのに、逆にしてしまったので余計な時間がかかって終わりませんでした
来週自分の仕事が増えるのかと考えると、結構面倒くさいです

そして、終わってからは教授にロボットの修理をお願いしてからゲーセン
今日もせっせと隠し曲をやってポイントを上げる作業です
何か前に4000超えたら嬉しいなーとか言っていましたが、今ではもうもっとかなり上になりました
5000いくのも夢ではないですね
いつも通り疲れきってから、またラノベの一気買い
今日は15冊買いました
ただ、昨日買ったものとは被らないようにとレシートを見たら、既に昨日の段階で買うものがかぶってました
なんという事でしょう……
全くの無駄です
もう一冊別のものが買えたのに、残念です
そして、今月本を40冊以上買うもらえる、SAOのブックカバーを手に入れました

saobook.jpg



結構うれしいです
なかなか丈夫そうですし、手に入れてよかったなーと思います
ただ、果たして使うかどうかは分かりません
元々ブックカバーは2つ持っているので、使うかな……という感じです

そして、帰宅してからはLoLの大会
本当に面白いです
しかも、GanjaがAsheで涙を積むという新しい可能性を魅せてくれました
なかなかAsheも強いのかな?なんて勘違いをしてしまいます
いやはや、未来があるのかもしれませんね
最近はもうCaitに限界を感じてきたので、Asheでちょっと遊んでみたいと思います

しかし、まぶたの痙攣が止まらない……


ラノベレビュー
犬とハサミは使いよう6
ファミ通文庫より
著者:更伊俊介 イラスト:鍋島テツヒロ

まさかのラブコメでした
犬が主人公なのに、犬と人がデートをするだなんて誰が予想できたでしょうか
しかも、何か結構フラグが立っていたりするので面白いです
こういう展開だと、本当に主人公が人として復活フラグがあるのではないかと期待してしまうんですが、果たしてどうなるのか気になるところです
今回は、紅葉と主人公が遊園地やらにデートをしにいって、一波乱も二波乱もある状態で、かなり分かりやすい伏線だったりわかりにくい伏線だったり、色々とちりばめられているのでそういうのを探すのも楽しいです
しかも、紅葉だけではなく、マキシの事や霧姫とメイドの事など突拍子もない事が多く起こって面白いです
もちろん、ギャグのようなストーリー展開も健在で、後半は本当に訳がわからないぶっ飛んだ出来事が起こりますが、最早このラノベのイベントの一つだと思って見ているとバカラノベだなと思えて笑えます
紅葉が出て来てからは、結構面白くなってきた気がします
いいキャラです

一言:紅葉ちゃんを抱き寄せたい
総評 77/100
遂にお金が手に入る(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。5)
さて、今日はまだ微妙に残っている企業へ面接に行ってきた黒紗夢です
何だかんだでまだ残っているんですよね
全然就活をしていませんし、残っているのが全部落ちたらまた就活を始めないといけないので、結構重要です

ということで、今日は某社の面接へ行ってきました
割ともうどうにでもなーれ状態で行ったんですが、ちょっとだけ場所が見つけられなくて焦りました
あれ?
前行って、ここにあったよな……?と思っていたら、ちょうどビルが工事をしていてわかりづらかっただけでした
危うく自分が方向音痴になったのかと錯覚しましたよ……
で、面接
結構終始良い感じで話していた気がするんですが、果たしてどうなのかは分かりません
こういう笑顔でいいよと言われた時は大抵ダメなパターンが多い気がします
いつも落ちたなーという時に受かってるので、今回もそんなものかもしれません
受かってると凄く嬉しいんですけどねぇ…
合否は面接官のみぞ知るといったところです

で、まだ時間が沢山あったので町田によりました
そして、遂に給料が入ったので思いっきり買い物を楽しみました
4万は入っていなかったのがちょっと残念でしたが、とりあえず買いたいラノベ20冊を購入しました
本当はもっと買いたいものは沢山あるんですが、流石に一度に持って帰るのは重すぎるので、今日と明日に分けようと思ってやめました
20冊だけでも相当重いんでね……
こんなにラノベ買っても、いつ読み終わるのかは謎ですけどね!
それでも、結構読みたいものを選んだつもりなので、全部近々読みきりたいですね

しかし、何故かゲーセンでスマフォをいじってました
スマフォのチャットだと文字を打つのが遅くてかなりラグが発生してしまいます
もうちょっとフリックをどうにかしたいです
いつになったらフリックに慣れるのやら……
まだまだ打ち間違えをすることが多いのでどうにかしたいです


あれ……?
絵を描くという話は……?
今日は結局描いてません
というか、最近またLoLのLCSの大会があるのが悪いんです
あれのせいで、あれをついつい見てしまうせいで時間が潰れてしまいます
それさえなければもう少し自由な時間があるんですが、大会が面白すぎるせいであって、決して私の責任ではないです
そうです、全ては大会があるのが悪いんです……


ラノベレビュー
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。5
ガガガ文庫より
著者:渡航 イラスト:ぽんかん⑧

今回はかなり由比ヶ浜が積極的で、由比ヶ浜回と言っても過言ではないでしょう
わざわざ比企谷家までサブレを預けに行き、そしてそれのお礼として八幡を花火大会へ誘うというもう完全にフラグが立っているとしか考えられないような行動なのに、この主人公はやばりというか、最初から意志がしっかりしているので、そういう展開にはなりません
なかなか見ていてもどかしいようでいて、可愛げがあるので見ている分にはとても面白いんですが、なかなか2人にとっては可哀想な話なのかもしれません
また、それ以外にも今回は少し過去と雪ノ下について、雪ノ下の姉のイベントだったり結構伏線が多く敷かれています
あと、妹が滅茶苦茶可愛い
もうラブコメになってもいいんじゃないですかね……
今後も早く見たいです

一言:由比ヶ浜も妹も可愛い
総評 80/100
やることとは一体何か(犬とハサミは使いよう5)
さて、結局学校へは行かずに絵を描こうとしていた黒紗夢です
そうです
しようとしていたんです
意志だけはあったんですが、そこに意識が集中するのかと言えばまた別の話です

ということで、今日は学校をサボってまで絵を描こうというのを朝の目標にしていたんですが、朝から面白い動画を見せられたせいでLoLを起動してしまいました
そして、それの原因の動画がこちら↓


LoLをやってない人には少しわかりづらいかもしれませんが、JaxのAttackSpeedが壊れています
普通はこれの半分くらいの攻撃スピードなんですが、何故かこのゾーニャスという時を止めるアイテムを使う直前にWを溜めてタワーを殴るとなるようです
既に私がやろうとしたらBANされていたので、試せなかったんですが、相当面白いですね
元々Jaxはタワー割り人形だったんですが、これはそれの更に上を行く感じです
かなり見ていて面白いです

そして、LoLをつけたままファントムロードの配信を見たり、久しぶりに対戦をしたりしていました
勿論、相変わらずの敗北だったので、さっさとやめました
ファントムロードの配信は相変わらずクッソ面白いです
結構真面目なこともしゃべるんですが、突然キチガイになって大体FuckFuck言っています
それでも勝ってるから凄いんですよね―
やはり基本的にはスペックが高いです
状況をよく見てるし、相手の行動や自分のChampionの事をよくわかっています
ZiggsやSyndraは参考にしてもいいんじゃないかなと思ってます
今日は久しぶりにAhriを使っていましたが、それもなかなか良い感じでした
私の使うAhriとは随分違うようです……

あ、因みに何だかんだ言って絵は少しだけ終わらせました
とりあえず、2ページだけネームを描いたので後は絵を書く奴に渡すだけです
一応適当な茶番漫画を6ページを予定しているので、なんとかコミケには間に合うのかな?なんて思っています
流行に乗ったにこ真姫本ですからね……
まぁ、部数も大してすらないので、売れても売れなくてもいいかなという感じです
なんとか綺麗に完成させたいですね


ラノベレビュー
犬とハサミは使いよう5
ファミ通文庫より
著者:更伊俊介 イラスト:鍋島テツヒロ

遂に、新作家の姫荻紅葉に会いに行くストーリーで、今回もなかなかストーリーがぶっ飛んでいて面白いです
微妙に伏線やらミスリードなども混じっており、いつもとは少し違うテイストを味わうことが出来るので、結構楽しいです
監獄島という、凄まじく酷い場所に住んでいてる紅葉と、それを護衛するために雇われたメイド……
もちろん、そんなところにいるメイドがまともなわけがなく狂っています
本を中心としたストーリーなのに、完全に霧姫とメイドのバトルノベルになっており、無駄に熱い展開を見せています
しかも、メイドは今までには登場しなかったような強キャラで、まさかの霧姫とはライバル的な強さのポジションになるというオマケ付き
アホみたいなギャグありで、今までうざい主人公が今回ちょっと色々振り回されるのが見ていて楽しい巻です
今までで一番おもしろかった巻かもしれません

一言:紅葉ちゃんなでなでしたい
総評 75/100
何故か難を逃れる(俺のリアルとネトゲがラブコメに侵食され始めてヤバい7)
さて、教授に見せるはずの日程表を結局見せていない黒紗夢です
どうやらB4の奴らは見せている奴もいたそうなんですが、私達M2は誰も見せていません
完全に教授が忘れているようです
正直毎週経過を報告しなければいけないのが面倒ですが、何とかなると信じています

ということで、今日は工程表を出しに学校へ行ったんですが、かなり遅めに行きました
先日と同じように1時くらいに行くか―と言いながら、2時過ぎに着くというね
しかも、ちょうど学校へ歩いている時に同じ研究室の奴と会ったのでそのまま昼飯を食べに食堂に流れて行きました
もっと先に研究室に行かなければならない気がしましたが、気にしたら負けでしょう
結局3時くらいに研究室に行ったんですが、何やら教授は忙しいみたいで私達のを見る間もなくどこかへ行きました
とは言え、流石に研究室にきて何もしないというのもアレなので、真面目に論文を読んでいました
去年の先輩が作ったシステムの論文を読んでいたんですが、さっぱり分かりません
もう一生懸命中身を解読しようとかなり集中してやっていたんですが、かなり難しいです
丁寧に詳細が書かれているんですが、かなり複雑に書かれていてなかなか理解が難しいです
しかも、システムを稼働させながら論文に書かれている事を実際にやってみたんですが、微妙に出来ないことがあったり、嘘が書いてありました
しかも、経路探索のシステムなんですが、すべて最初に初期値を入力しないと実行出来ないという結構クソなシステムだというのが判明しました
え……?
これを発展させるの……?
もう経路探索というか、一つの経路しか行くことが出来ません
どういうことなの……?
かなり色々な理論が立てられていて、他のシステムも付け加えて凄いシステムなのかなぁと思いきや、そんなことはありませんでした
理論と現実は隔絶があるのは仕方ないことですね、はい
しかし、これにフィードバック制御を乗っけるって……出来るんですかね……?
謎です
何かとても面倒なことになる気がしてなりません
私も理論詰めをして、実装は適当にして逃げようかななんて思ってます
出来るかどうかは分かりませんけどね!

で、物凄く堅い論文をやっと終わった達成感を糧に町田へ
そして、タイトーで相変わらずのドラマニをひたすらやる作業
今日は何故か調子に乗って8代をやっていたら、結構クリア出来ました
ただ、滅茶苦茶疲れました
しかも、本当にギリギリクリア出来たという感じなので、もう少し成長したいですね
あとは左足がまだうまく使えていないので、そこが課題です
LV7でも普通に左足が複雑すぎると死んでしまうので、慣れが必要です
あと、体力が尽きたので、そこですかねー
体力付けないと……

☓夏に向けての筋トレ
○ドラマニをどや顔でやるための筋トレ


ラノベレビュー
俺のリアルとネトゲがラブコメに侵食され始めてヤバい7
HJ文庫より
著者:藤谷ある イラスト:三嶋くろね

遂に、雫回!……かと思いきや、そんなことはありません
今回はメルルーナちゃん回です
とは言え、割と前からメルルーナちゃんの中の人が誰かというネタばらしが結構されているので、ある意味では面白い回かもしれません
しかも、今回もイチャラブが展開されているのでなかなか見応えはあるのかもしれません
ひたすらオンラインでの出来事で、ノイエとのあほみたいな状況だったり展開が多いです
後半からやっと雫が登場して可愛いなーと思いながら見られます
微妙にすあまなどの伏線もあって意外と構成もしっかりしています
ベタといえばベタですが、ネトゲの世界での展開なので、ラストもそういう事になるよなーというある程度予想が出来るものです
ですが、やっと次が雫回となるとはおもっているので、楽しみです
そろそろストーリーも終盤だと思うので色々な伏線が回収されることを祈っています

一言:雫とイチャイチャしたい
総評 72/100
時間は限られている(犬とハサミは使いよう4)
さて、学校へ行くつもりがネットサーフィンをしていた黒紗夢です
1時過ぎに行けばいいかなーと思っていたんですが、気が付いたらめちゃくちゃ時間が経っていました
ほんの少し魔が差しただけなんです……

ということで、今日は朝起きてから昨日のFnaticの試合どうなったのかなーと思って見てました
結局私が見限ったすぐ後に負けていたので、やっぱりなという感じでした
Fnaticは結構強いteamなんですが、普通に何事も起こらずに負けていました
凄く大きなものがあるわけではなく、相手のKennenがかなり上手くて入って速攻Ultを使ってゾーニャスを利用してうまく全員殺していたので、上手かったです
私もそろそろKennenを使おうかななんて思ってます
強いMidChampionあんまりいませんからね……

そして、仕方なく学校へ行って自分たちの研究をとりあえず始めようと色々調べていました
しかし、開始早々判明する様々な謎
世界を1.5mx2.5mに想定されているはずなのに、何故か1.5x1.5でプログラムが想定されていました
謎です
一度別の世界を構築する関数が記述されているのにも関わらず、イニシャライズで変更されている謎
自分でコメントに書いておいて何で間違えているんでしょうか……そのせいでロボットがまともな動きをしないんだろうなぁと思いました
更には、ロボットを動かそうとしたら右足がどうも故障しているらしく、まともに動いてくれません
すぐに倒れてしまうので、修理に出さないといけなさそうです
また修理か……
仕方ないので、実世界でロボットを動かさずにシミュレーションで動かそうとしたら、今度はシミュレーションが接続しない
どうも更新がされているらしく、最新版じゃないとダメらしい
そう思って最新版を取りに行ったら、Webotsになっていて、登録しないといけないらしい
大枚叩いて買ったロボットなのに、何で更にまた新しくシリアルを入手しないといけないんでしょうか……?
元々使えていたシミュレーションが使えなくなった上に新しく別のものを使えというこのふざけた仕様
もう面倒臭いので全部投げました
明日なんとかなるだろうという適当な気持ちのもと、結局ちょっとだけ他論文を見て終わりました

結局、今日一日一体何をしたのか振り返ると、何もしていないなというのがよく分かります

一体何だったのか……

で、町田へ行ってドラマニ
順調にドラマニのポイントが上がっていて、出来る曲も増えてきています
とは言え、レベル8がクリア出来るようになったというだけで、Aとかを取るのは当分先だと思います
そろそろそういうクリア出来る、というだけでなく、AとかSを取れるようになってもっと楽しめるのかななんて思います
ただ、もう3,4クレやっただけで滅茶苦茶疲れるので、ドラマニの為の筋トレが本気で必要になってきました
ちょっとだけ腕立て伏せとかをしなきゃなあーと思っています

帰宅してからは、コミケがやばいというので、とりあえず適当な形にしようと一生懸命アナログで本を描きました
10ページ以下にしたいという事で、なんとか10ページで終わりました
これが多いのか少ないのかはそこまで分かりませんか、そんなものかななんて思っています
間に合うかな……


ラノベレビュー
犬とハサミは使いよう4
ファミ通文庫より
著者:更伊俊介 イラスト:鍋島テツヒロ

今回は霧姫のライバルのような存在キャラとして、秋月マキシという新ヒロインが登場します
霧姫とは全く正反対で、アイドルでナルシストで頭のおかしいキャラという、頭のおかしいキャラという共通点以外はかなり対照的に描かれています
なかなかぶっ飛びすぎた設定なので、読んでいてもその場に居合わせたら相手をするのはつかれるだろうなぁと思ってしまうようなキャラです
とは言え、それでも面白いところはあるので、ストーリー上でも自分の信念があり、本に関するプライドも霧姫とは違うけれども芯が通っているものを持っているのでなかなかにいいキャラです
相変わらず後半のストーリーというかバトルが無茶苦茶な展開ですが、そこはもう気にしたら負けなのかなとこのラノベを読んでいて思います
要するに無理矢理展開を持って行って終わらせよう的な感じを毎回しているので、そういうものだと思っています
ただ、その中にも今回は伏線で次回かなり重要になるであろうイベントもあるので、なかなかに無視出来ません
意外と入り込めばハマるものです

一言:救いはあるのだろうか
総評 74/100
ガルガンティアは面白い(俺のリアルとネトゲがラブコメに侵食され始めてヤバい6)
さて、ガルガンティアのBDが割と欲しくなっている黒紗夢です
結構絵もストーリーもいいので、今期買うならこれかなーなんて思っています
最終話がどうなるのかは分かりませんが、結構楽しみだったりします
お金も節約すれば買えるのでね、ワンチャンあるような気がします
分かりませんけどね

ということで、今日はアニメを見ながらLoLもやっていました
LoLはどうもNunuがおかしいという話を聞いて、検索してみたら大変な事になっていました


なかなかに面白いことになっています
とは言え、勿論そこまでNunu自体が強いChampionではないので、レイトゲームには向かないでしょう
ただ、20分GGを目指すならありなのかな?なんて思います
これをしっかり出来れば相手のjunglerは一切育たないで、味方だけが育つのでかなり優位に立つことが出来ます
難しいとは思いますけどね……

で、自分でも少しLoLをやっていました
Nidは面白いんですが、なかなか勝てません
自分では勝っているんですが、周りが勝っていないと難しいですね
なかなかCarryというわけにはいきませんね
十分強いChampionではありますし、やってて楽しいんですが、もっとCarryしたいです
久しぶりにADCもやりましたが、Caitはやはりなかなか難しいものがあります
もっと勝てるChampionが欲しい
最近気が付いたんですが、私はそこそこ強いChampionは持っていても、自分で試合を動かしたり、S3で滅茶苦茶強いといわれるChampionをほとんど持っていないんですよね
なので、あんまり活躍出来ないような気がしています
もっとChampion買わないとなぁ……

そして、ついつい買ってしまった言の葉の庭のBDを見ていました
映画館で見たのにも関わらず、家でまた見直しました
そうすると伏線だったり細かいところに気がつくので、劇場で見た時以上に色々発見があって面白いです
また、オーディオコメンタリーで監督が裏話などをしてくれたので、作中の説明されていなかった関係や出来事も付け加えてくださったのでなかなか買って良かったなと思えるBDのでした
作中でカットされていた会話も入ってましたしね!
そこまで良くはないかな?なんて思っていた作品ではありますが、買って損はしなかったなと思います
ただ唯一残念なのが、BDの中にはだれかのまなざしが入っていなかったこと
あれが入っていれば完璧だったんですけどね……残念です


夜は相変わらずEUのLCSを見ていました
OceloteがTOPへ行ったり、圧倒的な試合展開を見せられたりと今日のも楽しめました
やはりプロの試合は実況ありなので余計に興奮して見ていて楽しいです
案外英語でも簡単なことが多いので状況と場面さえ理解していれば分かることが多いです
これで英語の勉強なんてのは幻想ですけどね!

コミケまで後何日なんだろうな……


ラノベレビュー
俺のリアルとネトゲがラブコメに侵食され始めてヤバい6
HJ文庫より
著者:藤谷ある イラスト:三嶋くろね

今回のメインはまさかのまり緒こと美咲でした
2人で一緒にオンラインで皆のところを回りながら話していたり、オフラインでは2人で温泉旅行へ行ったりと結構なイベントが目白押しです
途中から参戦してきた割りには、なかなかに積極的なヒロインです
しかも、意外と雫との関係性が深いらしく、今回ではそれが如実に現れます
とは言え結局どこまでの関係なのかというのが浮き彫りにはならなかったので、多分次の大事なときになるのではないのかなと思っています
今回は美咲とのイチャラブで終わるのかと思いきや、ラストは急展開
遂に雫のフラグが立ったという感じです
元々雫のフラグはあったんですが、攻略対象というかメインになるのは最後になるだろうなとは予想がしていたので、そろそろこのラノベも終盤に差し掛かっているのかもしれません
やはり一番可愛いのは雫なので、楽しみですね

一言:雫をなでなでしたい
総評 80/100
休みなのに学校(ドラゴンライズ2 反逆者と竜の嘘)
さて、土曜日なのに学校へ行ってきた黒紗夢です
なんで行かなければ行けないのか、私には分かりま……いや、オープンキャンパスみたいなものなんですけどね
それのせいでわざわざ休日なのに行くはめになりました
元々私ではなく、別のやつのはずだったのに、バイトとか言うせいで私にお鉢が回って来ました
お金がもらえるならいいんですけどね……

ということで、リケジョとかいうよくわからないイベントは午後からなので、午前中はゆっくりLCSの試合を見てました
とは言え、正直私はNAのプロをほとんど知らないんですよね
しょっちゅう見ているのはEUなので、あまりNAで誰がどのteamかというのは分かりません
ただ、C9が圧倒的に強いというのだけは今回を見ていて思いました
まぁ、相手のj4が全然Tankにしていなかったり、集団戦にしても結構失敗しているような気がしたので力の差は歴然だなと思いながら見ていました
そして、大分良い時間になってから学校
4時過ぎから説明を始めるので、3時過ぎに行けばいいかーという適当な感じで行っていました
で、私ともう一人で研究室の解説をするんですが、実は私はそこまで理解をしていないという
なので、割と適当でした
それでも解決しましたけどね!
教授からも色々と茶々を入れられましたが、最後以外特に問題なく終わりました
最後だけはPC自体が機能停止してしまったので、何も出来ませんでした
しかし、リケジョでjkだーとか思っても、特にないですからね
ミクにちょっと興味を示してる子がいるくらいです
所詮そんなものです

終わってから帰宅して、近所のフレンチへ行って久しぶりにクソ不味いワインを飲みました
蔵王ワインも美味しくなかったですし、ピノ・ノワールの赤の後味がかなり苦いという意味がわからないものを飲みました
料理も最初のアラカルトは美味しかったんですが、途中から何だか雲行きが怪しくなっていき、アイスがまさかの不味いという酷い結果になりました
前一度来た時は、そんなに不味いワインだったわけでも、不味い料理だったわけでもないのに不思議です
多分料理人は変わっていないはずなんですけどね……
ウエイターの人は多分変わっていました
前は声の小さい可愛らしい人だった記憶です
もし同一人物だとしたら、かなり垢抜けてその年齢でそんなことしちゃうのかレベルの変化です
別人だと思いたい

もう二度と行かないと胸に誓って帰宅をしてからは、またLoLのLCS見てました
いやー……
やっぱりEUは面白いです
というか、EUならメンバーが大体分かるので見ていて楽しいんですよね
xPekeが活躍をしていたり、新しいSupportがめっちゃ上手い!とかなっていたり、相変わらずOcelote下手だなとか思いながら見てました
Oceloteはもっとスカーフをまかないと本気が出ないんでしょう
とは言えそこまでOceloteは今回やらかしていないので、そうでもないんですけどね
SKには頑張って欲しいものです
前回優勝のFnaticの方が割と応援してますけどね!
しかし、LoLプロは私と同い年か年下しかいないんですよね……
こいつら年下で年1億とか稼いでる奴もいるんだよなー……
やはりプロの世界は凄いです
日本もいい加減こういう賞金大会の下地を作るべきだと思うんですけどね
法整備がまだまだ甘いので、いい加減日本にもゲームはスポーツだという認識を広めて貰いたいものです


ラノベレビュー
ドラゴンライズ2 反逆者と竜の嘘
ガガガ文庫より
著者:水市恵 イラスト:029

今回はまさかの展開でした
ちょっと予想外の事態だったので、ますます面白くなってきました
今回新しく登場するキャラは、シェリーという女の子なんですが、なかなかに濃いキャラです
変なキャラと言っても過言ではないでしょう
しかも、背景もなかなかしっかりとしており、カーネスとの因果や道中の動きなどが丁寧に描かれています
しかし、相変わらずこのラノベはタイトルですべてがネタバレになっているので、やっぱりかーという事を思ってしまいます
とは言え、それの理由や動機といったものがなかなかに面白く展開を楽しくさせています
私はてっきりヒロインはノラだと思っていたんですが、このままだと何か違うような気がして来ました
続きが楽しみですね

一言:カーネス可愛い
総評 80/100
何も見ていない(嘘つき天使は死にました!2)
さて、学校へ行っても大した研究をしていない黒紗夢です
というか、結局何をしたの?と聞かれると、グリマスやってただけだよとしか答えられない程度に何もやっていません
このままでいいのでしょうか……
なかなかどういう風tにしようかというのが定まりません
もっと論文を見ないといけなさそうです

ということで、とりあえずTAの為に学校へ行ってきました
今日のTAは採点いっぱいあるから間に合うかな―という状態でしたが、ほとんど適当に採点してました
途中でその授業の先生から「今日、全員分の点数付けてね^^」的な事を言われて、焦ってました
点数は合っているとは思いますが、途中式はほとんど見ていないのでもう2進数を10進数にわざわざ変換して2進数にまた戻すみたいなカスみたいな計算をしている奴でも○にしてしまいました
おかげで、皆高得点です
ただ一人、再履修なのかな?の奴だけ酷い点数でしたが……
こいつこの授業また落ちるんじゃないかな、なんて不安になってしまいます
結構ごくごく簡単な2進数の計算と回路図問題なので、間違えることは少ないんですけどね
計算ミスは案外多かったです
何故か乗算や減算は正解してるのに、単純な10進数を2進数に変換するのを間違えてる人がいたりと面白かったです
まぁ、焦りまくっていたせいで、生徒の何人かには私が採点しているところを見られてめっちゃ点数とかを見られましたが気にしたら負けでしょう
とは言え、急いだおかげで大分仕事は片付きました
なんといっても今日はその課題すらありませんからね!
それでも授業外手当があるので嬉しい限りです

そして、研究室に戻ってPC周りの整理
さっさと帰ろうと思ったんですが、友人がTAの採点がどうたらとかいうので仕方なく自分のPCのセッティングをしてました
研究内容とかは特に見ていません
何かもうこれ出来ない気がしてるので、死にたいです
明日は受験生の子達に見せなければいけないので、下手にソースもいじれませんからね……

で、適当に整理してから町田
今日遂にプレイヤーポイントが4000を超えました
いやー…嬉しいdせうね
100回までには超えたいなーと思っていたのですが、プレイ回数95回目でなんとか4000超えました
やはりHOTな隠し曲を出してやると一気に80とか90ポイント入るので美味しいです
大分満足しました
とは言え、未だに5代ですらSを取れてるのがないので、そういう詰める作業もそろそろしないとなのかななんて思っています
ただ、やはりというか何というかドラマニは難しい上に、ダークでやってるのでもっとしっかり丁寧にやらないといけません
Sを積める作業をすれば、もうちょっと上手くなるんでしょう
あとは左足と右足を別々に移動出来る能力ですね
それが本当に難しいです
今まで意識をしていなかった体の動きなので、結構難しいです

満足して帰宅してからは絵の練習
果たして後2ヶ月で間に合うのかどうか……


ラノベレビュー
嘘つき天使は死にました!2
スーパーダッシュ文庫より
著者:葉巡明治 イラスト:しらび

やっとタイトル通りとなった第2巻ですが、かなりストーリーが詰め込まれていて、何だかわからなくなっています
主軸としては新キャラが出て来て、それに伴う刺客との闘いや、主人公の葛藤などが描かれています
ヒロイン達が可愛いのは相変わらずなんですが、序盤からいきなりそんな無茶な展開でいいのかよというので突っ走ってるのでどこから突っ込めばいいのか分かりません
その後もかなり多くの突っ込みどころがあり、天使設定が霞む程度にご都合主義かもしれません
後半もある意味主人公が覚醒するんですが、それについても特に何の背景もなく実践をこなしていくので、最初から最後までひたすら勢いでいっているような印象です
もうちょっと丁寧に描けばストーリーとしては面白いと思うんですが、あまり深く考えずに読み進めれば楽しいのかもしれません
ただ、やはり引っかかりが多いのも本当で、天使以上にただの人間が超人設定だったりする気がします
ヒロインとかも可愛いんですけど、勿体無いですね
一巻が面白かった分、残念です

一言:天使と一緒に暮らしたい
総評 62/100
しかし、回りこまれてしまった!
さて、面接でボロクソに叩かれた黒紗夢です
何も対策もせずに言ってしまったので当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが、それでもここまで聞いてくるのかーという感じで割と驚きました
というか、普通はこういう事聞くんだなという改めて就活の面接というのを味わったような気がします

ということで、今日は某社の面接がありました
かなり細かいところまで聞かれて完全にテンパってました
技術系の事を事細かに聞かれて、自分の現状、課題、解決策までもが順を追って聞かれ、他にも目標値の設定の理由、類似研究の事、現状のあるべき姿、今後の理想的な展開等めっちゃ微に入り細に入り質問されました
こりゃ、もしも本気の企業だったら完全に心が折られているレベルです
本命じゃなくてよかったと思えてしまうような面接です
企業研究もしていないので、何でここ選んだのか?みたいなのも適当ですし、何もかもが適当でした
自分を高める事は?とか聞かれても、他には?他には?というループが待っていました
もう、何も怖くない……

面接で即死コンを決められた後、午前中だったためにかなり時間が余ったので六本木で映画を見ることにしました
今までずっと見たいなーと思って見れなかった映画
「言の葉の庭」
です
新海誠監督の最新作で、結構楽しみにしていたんですよね
しかも、検索して調べたら何故か1000円で見れるということ
これは見るしかありません
因みに、1000円だった理由は未だに分かりません
14日ならTOHOシネマズは特別料金になるんですが、今日はまだ13日です
なのに1000円で見れる
どういうことなの……
まぁ、こんな機会は早々ないだろうなと思ったのでさっさと選んで見ることにしました
やはり平日の昼間から映画を見る人なんてほとんどいないためガラガラでした
映画館自体に人がいないと言っても過言ではないかもしれません

そして、上映開始
最初に大成建設のショートムービーの「だれかのまなざし」がかなり良かったです
短いなりに、ストーリーがかなりしっかりしていてメッセージ性が高かったので、凄く気に入りました
正直メインよりも良かったんじゃないかと思うくらいの出来です
良い話でした

本編の方は、やはりというか背景や作画がとても綺麗でした
ストーリーも今回はなかなか救いがあるというか、良い感じの終わり方をしていたので良かったです
今までは結構悲愛というのが多かったんですが、今回はちょっとベタかもしれませんが、しっかりとした終わり方をしていました
キャラデザも可愛いし、演技もうまかったのでかなりこの世界に入り込むことが出来ました
ただ、やはり短いアニメだからかちょっと物足りない感じはしました
もうちょっと長いストーリーだったら良かったなぁというところがままあったので、そこら辺は残念ですね

帰宅してからは、何やろうかなーとか考えながらLoLのARAMやっていました
ARAMなら頭空っぽにして出来るので楽です
とは言え、勝ってません
折角Nidが出た時は相手にドッジされてキレそうでした
Quinnも2回連続で出たんですが、こいつは結構難しいです
Eのタイミングがどうしようかなぁという状態です
Ultも強いんですが、Ultを使うにしてもどこらへんで使うべきなのか、守る時はどうするかなど結構考えることが多いADCなので、もうやりたくないです


言の葉の庭のBDどうしようかな……
LoLデー(僕の妹は漢字が読める3)
さて、今日はずっとLoLをやt……見ていた黒紗夢です
今回のパッチでjungleが大幅に改定されたので、少し様子を見ておこうかなと思って結構スペクトしてました
今まで小さいCreepが1:45に湧いていたのが、一律で全Creep1:55湧きになってしまったので、jungleの周りが変わってしまいます
そこでどうなるかが、junglerの重要なところでしょう

ということで、今日は学校へも行かずに、パッチが当たる前にも後にもLoL漬けでした
というか、本当はちょっと行こうかなと思っていたんですが、どうも最近調子が悪くて外に出たくなかったんですよね
どうも風邪を引いたみたいです
なにせ毎晩窓全開にして寝ているせいで、夜中冷え込んでいる時に何もかけずに寝ていたらそりゃひくってもんですよ
仕方ない事です

閑話休題

パッチが当たる前にはとりあえず最後にやっておこう的な感覚でやりましたが、普通に負けました
よくある事です
仕方ないので、じっぷくんのを延々と見ていましたが、半端じゃないFeedをしていて見ていてとても楽しかったです
素晴らしいパンツの動きを魅せてくれていました
14deathです
しかも、相手のj4は最終的にはOccultの20スタックが貯まってしまうという悲劇が起きていました
どういうことなの……
こういう試合は見ていて逆に清々しくて楽しいです
自分だったら絶対投げますけどね!

そして、LoLがメンテの最中はアニメを見たり絵の練習をしたりしていました
絵はね……なかなか重要です
しかし、幸か不幸かネットサーフィンをしている最中に良い顔の描き方や体の描き方の画像を見つけたのでそれを参考にして練習をしていました
正面顔はこのやり方が一番いいのかな―なんて思いながら描いてます
とは言え、この方法は結構周りくどいのでコツを掴んだらどんどん過程を飛ばして綺麗に描きたいと思っています
なにせ顎の位置やら更に曲げるところまでどこらへんが基準線になって、どういう幅でやればいいのかというのが事細かに描かれています
その分分かりやすいんですが、顔書くまでに線が滅茶苦茶引かれることになります
いや、絵の初心者がやるならとてもいいんですけどね
2ヶ月で上手くなれるんでしょうかね……?

で、LoLのメンテが終わってからは、NidSupportやりたい!とか思ってたのに、味方に取られてしまったので仕方なくTaricやってました
特に私は何もやっていません
が、終盤は味方のMidNidよりも相手のSupportNidのほうが火力が高いというふざけた試合になっててキレそうでした
buildはおかしいわ弱すぎるわでなんでそのChampion使ったの?状態でした
私が使いたかった……
その後やる気を無くしてやってません

ゆゆ式見て和んでました
本当にお母さん先生は可愛いです
お母さん先生の為だけにゆゆ式を見ていると言っても過言ではありません
なんであんなに可愛いんでしょうね……
不思議です

明日は面接かぁ……
何もしてないや


ラノベレビュー
僕の妹は漢字が読める3
HJ文庫より
著者:かしいたかし イラスト:皆村春樹

相変わらずぶっ飛んだ世界観ですが、3巻ともなると大体この世界の倫理観や思考というのが分かってきて理解出来るようになります
なかなかに今との倫理観が乖離しているので、最初は嫌悪感しかなかったんですが、冷静にみてみると二次元が普通であまり変態的な事でも何でも文学的なものに落とし込めるようなものになっているのが面白いです
今回は実妹の登場という事ですが、この世界のそういう裏事情が結構説明をされてくるので、読んでいてどういう出来事が起こっているのかや世界の歪みを楽しむことが出来ます
今の日本のような土地が過去の改変によって登場してきますが、そこでの一悶着というか、解決法がちょっと腑に落ちないようなあっさりしすぎているような、次に繋げるのかな?なんていう風な終わり方をしているのが勿体無いですが、ストーリーとしてはいいのかもしれません
更には、次で面白い事が起きてくれるんだろうなーという引きですが、どうせまたダメな展開なんだろ?というありきたりな終わり際になっているので、そこは次しっかりやって欲しいかななんて感じます
主人公があまりにも鈍感で頭がおかしいので、そういうところはちょっと嫌ですね
ヒロイン達の頭もおかしいので、多分読んでいる最中は自分の頭もおかしくならないと楽しめなさそうです

一言:妹なら何でも良い
総評 65/100
違う場所がメイン
さて、今日は学校へ行かずにそのまま町田に行ってしまった黒紗夢です
よくあることですが、今日は結局溝の口も行かなかったのでちょっと失敗したのかななんて思います
最近ちょくちょく溝の口休んでますからね……

ということで、今日は学校へいこうかな―なんて思ったんですが、某人が学校に行かずにそのまま町田に行くとかつぶやいていたので私もそれに習うことにしました
もう一人学校に行ってる奴もいたんですが、そいつも結局研究は一切手を付けずにTAの仕事をしていただけだそうなので、特に問題はありません
町田ではひたすらドラマニ
たまたまジローさんがいて、結構話し込んでしまいました
話し込んだと言っても、ドラマニの配置に関することで結構レイアウトのことはどんどん変えられてて正直これどうなんだろうなぁというのもが多かったので思ってることをとりあえず言ってました
改善されるのかは分かりませんが、やはり変わっててくれたら嬉しいなーなんて思います
何だかんだで最近ずっと音ゲー勢になってしまっているので、やるからには良い環境だと嬉しいですよね
とは言え、元々町田タイトーは町田で一番いい環境だとは思っているので、その上を望むのはアレかななんていうのも思いますが、並んでる時に気まずいのはね……
特に知り合いの店員さんじゃなくても、意外とタイトーは理に適っているような意見なら積極的に取り入れてくれるので、いいお店ですよね
まぁ、私も結構文句をつぶやいていますが、文句をつぶやく前に店員に言えば改善される事っていうのは意外と多いものです
難しいのも勿論ありますが、意見は直接言わないと意味ないですからね
何だかんだで店員に言ったもん勝ちかななんて思ってます

そして、町田真空で今日だけの特別な限定
かなり美味しかったです
鮮魚辛和え麺「潮」というもので、出汁に鮮魚を使ったものです
かなり元の味は優しいんですが、ピリ辛でどんどん食べたくなる味です
良い限定に出会いました

食べた後もひたすらにドラマニ
今日も大分ポイントが上がりました
どうも隠し曲を出せば出すほどポイントが上がるので、4000ももうすぐそこなのかな?なんて思います
100回までに4000……いくだろうか……
まぁ、ドラマニをやり過ぎた代償で親指と中指と薬指に肉刺が出来るという割と痛い結果にもなりましたけどね!


帰宅してから、LoLもやりましたが、これはもう一人でやるゲームじゃないなって言うのがよく分かりました
無言でやると大して面白くありません
やるならランクマかな……やりたくないですけど
理解はあまりしていない(魔法科高校の劣等生⑩ 来訪者編<中>)
さて、大学で結局ほとんど何もやっていない黒紗夢です
ソースが細かすぎぃ!みたいな感じでチラチラと見ていただけで、何もすることが出来ませんでした

ということで、今日は研究室に行ってとりあえず管理者権限をもらおうという事で、そこからスタートしました
で、管理者権限を得てから色々インストールするかーと思いながら、とりあえずIPとかを設定しないといけないので、何も考えずに作業をしていたんですよ

”ipconfig”は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチファイルとして認識されていません。

……え?

どういうことなの……?

で、軽く調べた結果どうやらパスが通っていないとか
なんでパスが通っていなかったかの理由は分かりません
多分前の奴が間違えて消したんでしょう
パスを安易に消す奴は割とキチガイだと思いますが、それ以外の理由としたらPCが壊れていたくらいしかありませんからね
このPCは最初起動した時エラーあったからその可能性を否定出来ないのが辛いですけどね
それでなんとか終わらせたら、今度はサウンドカードが入っていないというではありませんか
入ってますからね
意味が分かりません
仕方なくドライバ持ってきてインストール
まるでクリーンインストール後みたいな状態に思いましたよ……
もう不安で仕方ありません
そして、全てのインストールが終わってから、次に研究環境の構築
ただ、1つだけソフトがMacアドレスを参照して登録するものがあるので、それだけはどうしても昔のPCに頼らざるをえないという何とも微妙なものもあります
しかも、それが割と重要なものだったりするので困ります
その一つのソフトウェアに50万かかってるのをかんがえると本当に信じられないですね

で、ひと通りすべてが終わってからやっと研究に入ったんですが、前回発生させたエラーが再現出来ないという事態に陥りました
なんだっけな―とか思いながらデバッグをしていたんですが、特に何もなくて探しだせませんでした
完全に忘れました
しかも、結構重要だった気もするので、やってられません
このよくわからないプログラムを読み解いて、フィードバック制御をしないといけないので、割と面倒くさいです
プログラミングの勉強しないとだなぁ……


ラノベレビュー
魔法科高校の劣等生⑩ 来訪者編<中>
電撃文庫より
著者:佐島勤 イラスト:石田可奈

今回は中編という事で、物語の背景や主人公たちの鍛錬が描かれているんですが、正直あってもなくてもいいかななんて思ってしまう内容でした
面白いには面白いんですが、ストーリーが遅々として進まないので、今回は目立った動きというのがほとんどありません
勿論、物語の相関や状況というのの変化はありますが、どちらかと言えばバレンタインデーのイベントがメインの息抜き回のような印象です
新たにピクシーというものも登場しますが、次がメインになると思うので紹介だけで終わりました
補足的な意味合いが強い巻でした
早く次の巻を読んで物語がどう動くのかを読みたいです

一言:可愛いけど、中身が無い
総評 70/100
暑くて避難したいレベル
さて、家でクーラーをつけようかと思ってしまった黒紗夢です
今日はそのくらい暑かった気がします
特に私の家は不良物件なので、屋根と部屋の間に通風口がないので、余計に太陽熱で直に熱せられた温度が私の部屋に伝わってきます
いい加減これの対策をしたいんですが、結局クーラーでいいかという解決策で毎年過ぎています
仕方ないですよね……

ということで、今日は暑かったんですが、結局家にずっといました
久しぶりにLoLもやりました
結構ボロボロでした
というか、あまり動けませんでした
もうそろそろ引退勢なんじゃないかという勢いです
面白いゲームではあるんですが、本当に上との格差は激しいですし、味方との連携というのが非常に重要なゲームなので自分一人で試合をひっくり返せるというのはよっぽどのCarryChampionを選ばないといけません
難しいですね

そして、他のゲームをひたすらやってました
最近スマフォを手に入れてしまったが為に、ギタドラアプリやLINEをやって時間が潰れてしまいます
この二つに関係するもの以外はまだ特に入れていないんですが、これだけでも相当な時間を食うな―なんて思います
これでスクフェスなんてやった日には一日中スマフォを握っていなきゃいけないレベルになりそうなので、やらない事にしました
ラブライブ!は好きですが、スクフェスのラブライブ!は何か違いますからね……
確かに、音ゲーとしては凄く魅力的なんですが、キャラがモブキャラはそこまで惹かれるキャラもいない上に、全員服装がダサいんですよね
勿論上位の覚醒レアは可愛い服装も沢山あるんですが、その過程でチェック柄の服装が多い事多い事
もうチェック柄にすればいいんじゃないかという絵師のキモオタ精神がにじみ出ている気がして、何か嫌なんですよね
もうちょっと女の子なんですから、服装には気をつけてほしいです
チェック柄が悪というのではなく、安易にチェック柄をどのキャラにも使いすぎていてダメな気がします
そういうのもあるので、やりません
やりたいとは思うんですけどね……
まぁ、まだグリマスはやっているので、そっちでいいかなーなんて思っています

しかし、今期は結構良いアニメが多いですね
あやせが元々可愛いのはわかっていますが、あやせのところだけ切り抜いたような映像が欲しくなります
ガルガンティアもなかなか面白くて、これはBD買いかな―なんて思っています
ハナハル絵は可愛いですし、ストーリーもしっかりしていて面白いしで、かなり満足しています
最終話でどういう展開になるかを見極めてからBDを購入したいと思います
発売は8月ですので、大分余裕はあります
一話を見た時は、なんだこのアニメは?なんて思いましたが、今ではもう最終回まで楽しみです
周りに釣られてしまう(俺の妹がこんなに可愛いわけがない⑫)
さて、ゲームを売りにわざわざ町田まで行ってきた黒紗夢です
先日までは買取価格が2500円だったのに、私が行った時は2000円でした
500円も安くなっている……
仕方ないといえば仕方ないですが、何だか損をした気分です
それならシークレットカードとか家に置いておいたままで次につなげたほうが良かったかなーなんて思いました
トモセシュンサクの絵は可愛いですし、売るのもリスキーですしね

ということで、今日は少しだけ早めに起きたのでさっさと町田に行ってきました
折角町田行くんだし、何かしたいなーと思ったんですが、特に何も思いつきませんでした
ラノベはまだストックがあるし、ゲーセンもなぁ……という感じだったんですが、結局ゲーセンに行きました
というか、ずっとゲーセンにいました
アルカナ3もちょっとだけ対戦が起きたので嬉しかったです
とは言え、多分相手はメインキャラではない気がします
LPは結構高かったのに、キャラポイントは0だったんでメイン来るかな―なんて思ってましたがそんなことはありませんでした
どういうことなの…
まぁ、練習は出来たからいいんですけどね
最近やっとこのゲームでのコマンドが分かるようになってきました
結構自分では無意識に同じコマンドを入力しているんですが、どうもこのゲームはその前の技を考えてからコマンド入力をした方がいいのかななんて思います
私のただの個人的な思いなので、他の人は違うと思いますが、例えば641236というコマンド入力をするときに、3Cからなら(1P側では)一周を描く感じ、JCの後は5C6N41236みたいな感覚でやると出やすい気がしました
本当に感覚なので、分かりません
2P側はいつも通りにやれば出来るので問題はないんですが、1P側は入力の意識を高めないとダメかもしれません
ドラマニは滅多に一人では何回もやらないんですが、今日は何故かやってしまいました
というか、解禁曲をやっていたんですが、それが結構な良い練習曲になる上にポイントが物凄く入ったんですよね
それのお陰で一気にポイントが3300まで溜まりました
もうプレー回数も70回を超えてしまいました
今月中に100回いくかもしれません……
しかし、本当にギタドラアプリで解禁される曲はいいものが多くて困ります
スマフォを買ってよかったなと思えるくらいです
難易度的にもちょうどいいのが多く、TripのはMaster譜面もちょうど良く自分が成長出来る譜面になっているので、ガシガシ練習して左足を使いこなせるようになりたいです
まぁ、6回も7回もずっとやってしまった為に今日は完全に両方の親指が痛くなってしまったのでこれ以上出来ないレベルになっていましたが、満足です
ドラマニで問題点があるとすれば、町田タイトーのギタドラへの隔離がますますひどくなっているところでしょうかね
お店の人にもちらっと聞いて、しょうがないかななんて思いもするんですが、せめてギタドラが順番待ちしてもいいような場所を作って欲しいですね
並ぼうとして、そこら辺に突っ立っていると、完全に目の前がプリクラ専用ゾーンなので気まずいですし、何より無難なところには既にプリクラの看板が立っているので、そこにも立っていられないんですよ
要するに、立つ場所がない
ギタドラするなら、並ぶな状態ですよ
この状況を本当にどうにかしてほしいです
どうにかしてとも言いましたが、果たしてどうなることやら……
音ゲーコーナーの中で、一番ギタドラの風当たりが強いです
おしぼりはないわ、机椅子は撤去されるわでもうここでやるな状態です

帰宅してからは、適当に絵の練習をしたりゲームをしてました
あと、何故か周りがAKBの総選挙を見ていたので私も釣られて見てしまいました
誰が誰というのは全く分からないですし、名前を聞いたことある程度なのでどうなのこれみたいな感じで見ていたんですが、彼氏持ちが一位というのだけわかりました
もう日本で総選挙をやっちゃうくらいのTOPアイドルでも、彼氏とイチャイチャしてても許されるんだな―と思いました
反対に、アイドル声優なんかの場合は彼氏持ちは叩かれたりするんですけどね
なかなか面白い世の中です
AKBは会えるアイドルが確かキャッチフレーズで昔あったような気がしますが、完全に出会えるアイドルって感じですね
ただ、AKBは女の子にも人気みたいなので、そういう彼氏持ちっていうのがある意味ステータスにもなっているのかもしれません
本当によく分かりません
人数が多ければそうなるのかな……?


ラノベレビュー
俺の妹がこんなに可愛いわけがない⑫
電撃文庫より
著者:伏見つかさ イラスト:かんざきひろ

遂に完結してしまいました
個人的にも、なかなかいい終わり方だったんじゃないのかな?なんて思います
黒猫との決着、あやせとの決着、桐乃との決着、その他キャラとの決着……それぞれにそれぞれがしっかりと答えを出してそれに答えているのは結構誠実なのかもしれません
京介がどういう結末を迎えるのかというのは、読んでからのお楽しみになりますが、それぞれ丁寧に個々人との邂逅から今に至るまでの経緯が描かれているので読みやすいです
また、最初の頃とは随分と違った文章の書き方をしているのに注目するのも面白いかもしれません
前と比べて随分と表現だったり描かれ方が変わっているので、それもあわせて楽しむとよりこの作品が見れていいんではないでしょうか
ただ、やはりこの本は倫理崩壊が激しいので、これを読んだ子達はどう思うんだろうなぁなんていう懸念が出て来ますね
元々エロゲを未成年がやっているわけですし……
面白いストーリーですが、少し複雑な気分になりますよね
ただラノベを読んでいるというよりは、完全にやり方がゲーム寄りだったので、あまりラノベの終わり方だなというふうには感じませんでした
でも、この√でこの終わりで楽しかったので満足です

一言:やっぱりあやせが一番可愛いし、通い妻が最強すぎる
総評 84/100
結局何だったのか(ドラゴンライズ 双剣士と竜の嘘)
さて、なんとかプログラムの中身を入れ替えることなく事なきを得た黒紗夢です
もし色々やれとか言われたらもう私は死んでしまいますからね……
先延ばしになるだけだと分かってはいても、今はやりたくないという状態です

ということで、今日はTAのバイトと来週のオープンキャンパスではないんですが、興味のある子達を呼んでデモをするというイベントがあるので、それのためのデモを出来るようにしろとか言われていました
3限中は特に何事も無く、ひたすら採点をしていました
3週間分の採点と出席確認があったので、なかなか時間を取られました
なんとか整理をし終えて、先週の採点以外はちゃんと終わらせました
私がひたすら採点をしているのを見て、生徒の人はなんて思うんでしょうかね
私は学生だなんて一言も言っていないので、もしかしたら先生と思われてるのかな?とか思ったんですが、先週普通に質問して来た子が
「お兄さんお兄さん、ここわからないんだけどー」
みたいな事を言っていたので、多分先生とは思われていないんでしょう
いや、別にいいんですけどね……
でも先週はほぼ私一人で全部教えていたんですけどね……
いや、先生って言ってくれる子もいたからいいんですが、何だか複雑な気分です

閑話休題

大体平常通り授業が終わってから、研究室
教授にバレずに済むかな―とか思っていましたが、普通にバレました
あと、余談ですが私のPCは直っていました
原因は不明です
壊れた原因も直った原因も不明なので、先が不安です
このPC使ってて大丈夫かな……
まぁ、ロボットを動かすPCは別のPCでやるのでそこは問題ないんですがね
結局去年のプログラムと一昨年のプログラムの両方を使ってデモをすることになりました
去年のプログラムは色々動かしたところ、初期値が既に設定されているのでそれ以外を入力するとエラーを吐くという素晴らしいプログラムだったので、最初にちょっと動かしてそれで終わりということになりました
元々経路探索のシステムなので、知らない子に見せても意味がありませんしね
メインは一昨年の会話になるでしょう
結局適当に終わらせて出来たので、満足してます
これであとは何時間分給料が入るかですね……
いっぱい欲しい

研究室から出て、町田へ
レミニセンスを売ろうと思ったんですが、どうやらアンケートとシークレットカードがないと高く売れないらしい
ということで、結局取りやめました
また明日来ないといけません……
ドラマニも人がいたので、結局やらず終い
仕方なく、アニメイトで電撃文庫の新刊を少しだけ買って満足してました
本当なら全部買いたんですけどね
お金がないのは辛いです……


ラノベレビュー
ドラゴンライズ 双剣士と竜の嘘
ガガガ文庫より
著者:水市恵 イラスト:029

ここは竜と人とが争いを繰り返す、剣と魔法の世界。背は小さいが凄腕の剣士であるノラと、天然ボケだが気立てのいい天才魔導師のアイは美人姉妹。そして、かつて姉妹に命を助けられた半人前剣士のフレイク……たった三人のギルド・グライズは、姉妹の圧倒的な戦闘力ゆえ、周囲にその名をとどろかす存在だった。ある日、グライズに、カーネスという少女を警護し王都まで無事届けて欲しいという依頼が舞い込む。無口で謎の多い少女カーネスに隠された秘密とは? さらに、絶え間なく襲いかかる龍の群れに3人はどう立ち向かう!? 共学の展開が待ち受ける、異世界ファンタジーアクション開幕!!

結構タイトルから既にネタバレレベルの要素が入っていますが、なかなか面白いです
展開もベタですが、ベタだからこそ楽しめる王道のストーリー運びというのは見ていて分かりやすいですし気持ちがいいです
普通の人ではなかなか倒せない竜を相手に美少女2人が悠々と勝てるというのは、意外とストーリー上で納得出来る部分もあるので違和感がありません
カーネスという少女は物凄く可愛いです
竜やカーネスについては、結構まだ回収していない伏線が多いので、今後何かあるのかな?という期待が持てます
主人公の強さは至って分かりやすいですが、果たしてどうやって成長するのか?という不安材料もあるので、王道のまま進むのか、それとも何か覚醒してしまうのかという続きの面白さもあります
文章は一人称視点のような三人称視点で、状況説明が多いです
とても周りの状況や相手の顔、動作を丁寧に描いているので分かりやすいです
一人ひとりの動きがつぶさに記されているので、竜の動きやそれに対する動作なんていうのもリアルに感じられて面白いです
敵の倒し方だったり、敵のアホさがちょっと勿体無いかななんていう部分もありますし、結構無理ある設定もありますが、なかなか楽しい作品です

一言:主人公の動向と姉妹の気持ちが気になる
総評 81/100
結局何もしていない(武装神姫Ⅱ STRAY DOGS)
さて、木曜日なのに学校へ行ってしまった黒紗夢です
木曜に学校なんて滅多に行かないので、何か不思議な損をした気分になりました
実際に損してるんですけどね!

ということで、明日ロボットのデモをする為にシステムを調整しなきゃいけないという事で1時に待ち合わせして行きました
1時に待ち合わせで、そいつは昼飯学校で食うとか言いながら私より遅かったのは一体何なんでしょうかね……
しかも、そいつはその後バイトがあるというので時間も大して取れません
急いで自分たちの新しくなったPCと机を整理していざ起動……

起 動 し な い

どういうことなの……
私の新しいPCは研究室でも確か去年入れたばかりのものなのに、もう壊れました
どうやらMemoryがおかしいようで、テストをしなければなりません
仕方なく諦めてメモリーチェックをしてる間に別のPCでロボットのプログラムを見てました
見ても何もよく分かりませんでしたが、出来ないことが色々あるというのがよく分かりました
まず、簡単なところから出来ないというやばさがあります

右手を上げて→左手を上げる
二歩下がって→下がらない
3歩歩く前に、右を向いて→何もしない

私達が作ったものは何一つ出来ませんでした
そして、新しいものも謎で経路探索のはずなのに、最初に記述されている経路しか探索しません
最早探索とは言えないレベルです
本当に大丈夫なのかこれ……
結局本気で何もわからないまま、昔のプログラムでいいんじゃね?という結論になって、帰りました
よくあることです
因みに、私が今年使用するPCは結局チェック状態のまま放置です
まだ使えません

で、帰宅時に溝の口に寄ってからレミニセンスがろくな値段で売れないという事が判明して割とショックを受けてました
ディスクに傷が~とか言われましたが、大した傷でもないのに謎でした
明日ソフマップへ行ってそれでもダメなら諦めたいと思います

しかし、意外とLINEは時間がかかることが判明しました
まぁ、面白いかと言われたら、全く面白くないんですが、こうやって地道にフレンドを増やすのを根気よくやって、更に出会いをするというのは、出会い厨は根気強いななんて思いました
流石に無理です
適当にやって……みたいな感じならいいんですけどね
もっとLINE以外にも、スマフォで出来る事を折角なのでしたいですね


ラノベレビュー
武装神姫Ⅱ STRAY DOGS
ガガガ文庫より
著者:陸凡鳥 イラスト:新井テル子

主人公が前回のトラウマを抱えたまま、次の事件を回っていき、更に神姫達の関係が複雑に入り組んでいくので見ていて少しつらいものがあります
主人公と神姫の気持ちがすれ違い、それでも周りの人達に助けられたり惑わされたりと今回の事件は結構やるせないものがあります
特に終わりは確かに事件は解決したけれども、後味が悪いような事件の本質については考えさせられるようなものになっています
神姫の思いの強さや人間の思いが重なって不幸が起こるというのは、かなり神姫の心情が丁寧に描かれているこの作品ではより感情移入がしやすく気持ちを落ち込ませたり辛くさせたりします
それでも、事件解決をして前に進んでいくというのはある意味希望を胸に進むしかないと捉えるか、神姫との未来を見据えるか、そういう考えが出来る面白くもあり深い作品でもあるのかなと思います
アニメとは全く違いますが、これも凄く面白いです

一言:アトラが可愛すぎる
総評 83/100
もう後には戻れない
さて、面接で大したことが聞かれなくて不安しかない黒紗夢です
今日のところは結構行きたいところでもあるので、どうなるのかは謎です
というか、正直就活なんてもうしていないので、残弾を打ち終わったらまた探さないといけないので辛いところですね
どうなることやら……

ということで、今日は面接があったので大学へは行っていません
全然行ける時間ではあったんですが、どうせやることも大してないだろとか思ってサボってました
午前中に面接に行って、プログラマー志望ではないのに、プログラミングの技能について色々と聞かれました
私の研究成果だとか、C++やC#の素晴らしさを聞かれました
どういうことなの…
まぁ、正直適当に答えてしまったので、結果は神のみ……人事のみ知るということでしょう
結果は滅茶苦茶遅いので、多分忘れていそうです
いや、忘れるも何もあと片手で収まる程度の企業しかやってないですけど
他にも面接以外のこともやりましたが、手応えは何とも言えません
出来たと言えば出来たし、出来ない部分は全然出来なかったとしか言えません
とは言え、終わったことをいちいち気にしてもしょうがないでしょう
もっと他の事に力を入れたいと思います

そして、かなり時間が余ってしまった為、コミケに向けて絵を描き始めました
先日も少し描いていましたが、ほぼ適当だったのでちょっとだけまじめにやっていました
構図というものを大して今まで考えていなかったので、ポージングで30秒ドローイングではなく普通の体のバランスを考える的な初心者講座を見てやってました
結構やってみると難しくて、今まで本当に適当だったんだなーと思いました
とりあえず正面絵の練習みたいあなもので、6頭身の正面絵を描いてました
割とダメダメで、うまくいきません
肩幅や腕の太さがなかなかうまく行きません
こんなので大丈夫なのかな……
因みに、足はもう完全にあきらめている状態です
足首から下はもうどう描いていいのか分かりませんので、放置です
足先なんてなくてもいいよね……?

その後、某人からメールが来て明後日までにリコジョの為にロボットが動くようにデモの用意しておけみたいな事を言われてビビりました
ソースなんて全く見ていませんし、動くかどうかなんて分かりません
というか、前に論文を見たら何が書いてあるのか全然理解出来ずに放置してしまったので不安しかないです
なので、明日学校へ行こうという結論に至りました
間に合う気がしませんが、なんとかするしかないです
正直、バイトの依頼を受けたのは失敗かななんて若干思いました

そうそう、寝る直前にグリマスをやったらたまたまレアが出てちょっとだけ嬉しかったです
松田ありさ



これと誰か中谷育ちゃんを交換してくれる人が現れれば、もうゴールしてもいいレベルです
何もしてない(小学生にもデキること! 超誕!Jオオカミ団)
さて、今日は家で久しぶりに絵を描いていた黒紗夢です
描いていたと言っても、本当に少しだけ描いてもう全然かけなくなってるなと絶望しただけなんですけどね!

ということで、今日は大学へは行かずに家に引きこもっていました
あとから聞いた話だと、どうやら今日自分たちのPCを決めていたようで、私のPCも気が付いたら決まっていました
まぁ、今使っている壊れたPCに比べたら結構良いスペックのマシンだそうです
知らない間に決まっていましたが、まぁ、いいでしょう
あとは自分の座席がどこになっているかですが、ロボットの事をやるので多分ちょうど端っこあたりになるのかなぁと予想しています
というか、もう既にロボット用の経路が描かれた線があるので、そこを使うのでしょう
近くにサーバーがあるのが難点ですが、ディスプレイがどこからもちょうど見えないというのはとても良い位置です

そして、とりあえず今日何をしようかと考えて、ふとテーブルの上にはコミケからの封筒が……
中身をみてみると、コミケのサークルチケットが入っているではありませんか!
夢ではなかったんですね……
正直、私も含めて参加する奴のほとんどがもう絵の練習はしておらず、ネタも決まっていない状態です
今までずっと落選続きだったので、もはやただただ落ちるためだけに出すみたいな感じだったんですが、最後の最後に来て合格というのはなかなか難儀なものです
嬉しい半面、時間が取れないという苦しみがあります
どうしたものやら……
まぁ、なんとか形にはしたいと思います
なので、少しずつ私も絵の練習をして少しでも貢献していきたいと思います
あくまでも、私は補助で徹したいんですけどね!

因みに、今週の溝の口大会は未参加です
特に理由もないんですが、普通に遅刻してもういいかーという感じで遅れて溝の口へ行きました
私が行った時間では微妙にまだ開始していなかったので間に合ったようですが、ちょうど人数がぴったりだったので、別にいいかな…なんて思いながらアルカナ3をやっていました
最近、やっとコマンドが出せるようになったというか、原因が分かりました
やはりエクサムのゲームはゆっくりコマンドを入れないとダメなようですね
とは言え、キャンセルなのでゆっくり入れたらキャンセルが遅くなるわけで、先行入力で時間を計りながらやらなければいけないのかななんて感じます
ですが、とりあえずやっとむばたまの夢を1P側でも2P側でも出せるようになりました
2P側は大体80%の確率で出ていたんですが、1P側も50%くらいの確率で出せるようになりました
全然安定していません、はい
しかも、2P側もJC着地むばたまの夢をやると結構ミスります
振り向く前にやらないといけないと思って、結構先行気味にやってしまうと違う技が出て、遅すぎると相手の方向を向いて出してしまうという難点があります
難しいですね……
エクサムゲーは本当にコマンドがシビアで好きではありません
システムはアークより好きなんですが、二つの中間みたいな会社ないんですかね……

LoLをやる時間がない


ラノベレビュー
小学生にもデキること! 超誕!Jオオカミ団
一迅社文庫より
著者:蕪木 統文 イラスト:八重樫 南

父親の「裏の仕事」のパートナーだったというJS、JC、JKの3人の美少女は超能力者で、さらに響多朗は彼女たちの身体のある部分に"接続"することでその能力を引き出す媒体加速者だった!? "四つ葉のクローバー"と呼ばれる"世界を動かす力"をめぐり、響多朗たちは謎の組織との戦いに巻き込まれていく――。

恐ろしくつまらないです
何というか、読んでいて頭に入ってこないくらい文章が下手です
世界観やキャラ設定などはきちんと理解すれば、そこそこ面白いはずなんですが、それらを一応活かしているにも関わらず、文章が淡々としすぎているせいで、よくわからない事になっています
ヒロイン達のキャラ付けもきちんとしているんですが、分かるのは最初だけで、途中から動きはあるけれども、結局よくわからないという感じになっています
主人公も淡々としているキャラなのかと思いきや、全然そんなことはなく途中から思考がぶれていて何をしたいのか、何を目指したいのかが分かりません
一応一貫したものは思っているものの、そんなのは大した意味を持たずに、行動と周りの描写との乖離が激しいです
文章は一人称視点で、非常にわかりづらい
周りの動きを説明しているのに、微妙に不足しているところがあるので途中途中の動きが分からず、場面場面の一シーンを切り取って見ているような状態に陥っています
敵キャラも味方みたいな行動をしているし、そんなあっさり鞍替えしていいのかよみたいな展開で主張が本当に分かりません
はっきり言って、とてもつまらないです
設定はしっかりしている分、勿体無いなと感じました

一言:JSなのに特に可愛くない
総評 32/100
気晴らしは大事
さて、今日は学校へ行った意味が全くなかった黒紗夢です
もしかしたら、自分たちのPCを決める会議があるかもしれないというので、全員行っていたんですが、結局呼ばれませんでした

ということで、今日は折角学校へ行ったのに全員でくっちゃべっているだけで終わりました
何もしていません
学部生達は自分たちの研究を決める作業があったようですが、それにだけ時間を食われていて私達のPC決めまではいきませんでした
何のために時間を費やしたと思っているんだ……
仕方がないので、町田で遊んでました
この前解禁しためうめうぺったんたんや君と同じ季節の下をやっていました
結構楽しみにしていたんですが、予想外に難しくて驚きました
めうめうぺったんたんのSを取れるようになるのは果たしていつになることやら……
何となく、100回超える前に取れるようになれたらいいなーなんていう理想を持っていますが、難しいでしょうね
未だに足が追いついていないので、そこをしっかりと覚えて行きたいと思います
ただ、どちらの曲もいい曲で面白かったので、良かったです
この二つやっただけでポイントが180くらい増えて笑いましたが……
そして気が付いたら、今日だけで6回くらいやっていたので早々に帰宅

そのまま駒沢公園まで行って、駒沢オクトーバーフェスト2013へ行ってきました
ドイツビールやドイツの料理が中心で、なかなかに高いですが美味しかったです
というか、割とがっつり食べていたんですが、周りの人達は一杯引っ掛けるか程度でした
まぁ、そんなもんですよね……
因みに、その時の写真がこちら↓
オクトーバーフェス




ソーセージは美味いし、つまみは充実しているしで満足でした
ただ、やはり日本のビールはドイツビールを真似ているので、結構似たような味でもうちょっと独特な味のビールが飲みたかったかなと思いました
十分美味しかったのでいいんですけどね
しかし、ビール2杯って言うと普通に量が少ないと感じますが、ビール1l、要するに水1lを食事中に飲むって完全に飲み過ぎだよなぁとふと思いました
ビール2杯じゃ少ないというのは、アルコール度数なだけで、量的には多すぎますよね
ちょっと食べ過ぎたせいで辛かったです
空いているであろう月曜日に来ましたが、それでも結構人が多かったので驚きでしたね
こんなの土日どうなるんだろうか……という感じです
駒大生であろう奴らもめっちゃ騒いでましたしね
こういうのを皆で馬鹿騒ぎして行くのも楽しいかな―なんて思いました
来年もあれば参加したいですね
完全にやっちまった感のあるレミニセンス(犬とハサミは使いよう Dog Ears1)
さて、レミニセンスの全ルートを終わらせた黒紗夢です
もうなんて言うかね、酷いです
酷い以上の言葉が出て来ません
罪深き終末論以上に罪深い終末かもしれません
完全に続編あるでしょレベルの終わり方で、秋が唯一まともなだけで他は本当に何も始まっていません

ということで、この土日の二日間で全てのルート、おまけルートを終わらせたんですが、切れそうになるくらいに酷かったです
一番まともだった秋√は結構良い話です
これにケチを付けるとしたら、もうこの世界設定とかいらないよね?程度なので、ただの兄弟愛が見られただけで良い話でした
途中はっ?と驚いてしまう場面もありますが、このルートだけ何故かきっちりとフラグは回収しているので、秋がヤンデレ可愛いなという感じになるだけです
秋に関する風呂敷はちゃんと畳んでいます
世界については、一切畳んでいません
このゲームであろうキズナ√は楽しみにしていたんですが、終わり方が完全に俺たちの戦いはこれからだ!状態だったので、本当に何もないです
色々とわかってきたなー程度なんですが、特にすべてを回収したり困難が待ち受けていたりというのはないです
前半のイベントよりもトントン拍子で進んでいきます
一応イベントらしいイベントも存在しますが、どこかで見たような…あれ……?罪深き終末論……?みたいな感じです
そのストーリー展開については悪くはないんですが、終わり方ですね
この一点だけです
いや、風呂敷畳んでいませんけど、終わり方が何だかなぁという感じです
せっかくならその後ももう少しやっても良かったような気がします
完全に続編ありきの書き方です
なきゃ知りません
クソゲー確定です
アクセラ√は、アクセラが可愛いなというだけで、話の作りは陳腐です
最後の回収の仕方が特にとんでもないので、あぁ、そう……みたいな感じで三文芝居を見ているかのようです
1キャラ差分なしで13枚程度のCGでこれとか本当に信じられませんね

まぁ、一番信じられないのがおまけルートがあるんですが、それを見るとアイコンがまどかなんですよね

でも、まどか一切出てこないんですよ

えっ?
という感じです
てっきり、まどかとの過去か、まどか√なのかと思いきや、全く関係ありませんでした
中身は恋√で、まぁ、それでもいいのかな?なんて思いましたが、それも勘違いでした
恋√のはずなのに、恋とのHシーンとか一切ないんですよ
ストーリーを補完するだけのもので、本当にこれある意味あったの?状態です
確かに、僅かに物語の補強にはなるんですが、だからどうしたんだ状態なんですよ
だったらもっと恋と何かあったりしてもいいだろうという感じです
ここまで来て何もなしとかディスク割りたくなりますよ
どうでもいいキャラのHシーンなんてゴミですからね
本当に騙されました
意味が分かりません
私の中ではクソゲー確定です
これの終わり方が良かったとかいう人とは友達にはなれそうにありません
途中まで面白いというのは、分かるんですが、良かったよというのは、ちょっと疑問符を付けざるを得ませんね
Hシーンも投げやりなので、せっかくのトモセシュンサクのかなり可愛い絵でも特に使えないし、本当にメリットがありませんでした
何のために買ったのか状態です
ストーリーもダメ
Hシーンもダメ
ただただ絵が可愛いだけ
もうね……
最悪な気分ですよ
レミニセンスでましだったのは、秋√、そして、唯一の良心はキズナの年齢といったところでしょうか
それ以外はクソです
時間の無駄をしましたね
こんな事なら忠臣蔵46+1を買った方が絶対面白かったと思います
残念……

そして、某人がやりたいとかぬかしたので、溝の口へ行って渡して来ました
どうなるのかは知りません

しかし、来月のゲームで「幻創のイデア」というのを勧められたんですが、どうなんでしょうか
体験版の初っ端から厨二病すぎて、今の傷ついている私のココロでは受け付けられなかったんですが、面白いのかな?
また地雷だったら嫌なんですけどね……
ちょっと考えないといけない気がします


ラノベレビュー
犬とハサミは使いよう Dog Ears1
ファミ通文庫より
著者:更伊俊介 イラスト:鍋島テツヒロ

犬とハサミの短篇集で、6短編があります
最後のが主人公視点ではなく、桜視点で語られるので、少し新鮮でなかなか面白いです
しかし、霧姫の行動が異常なのもそうですが、こういう短編を読んでいるとますます主人公の思考が腐っているなと思わざるを得ません
結構酷い事を平気で言っていたり、常識とは逸した思考をしているのでなかなか好きにはなれません
そして、今回は様々な人と関わってきて、弥生や妹、変態編集、はては酔った霧姫とも面白いエピソードが詰まっています
なかなかに酔った霧姫が可愛らしくもっと主人公も素直にというか、ちゃんとした考えを持っていればな―なんて残念になります
妹のカレーももはやギャグで突っ込みどころ満載ですが、結構気分よく見られるので楽しいです
こういう短篇集は好きです

一言:酔った霧姫超可愛い
総評 70/100
どうしてこうなった
さて、一日中レミニセンスをやっていた黒紗夢です
本当にね、最初の方はかなり面白いゲームだったんですが、まさかこんな結末になるとは思いませんでした……

ということで、今日は先日買ったレミニセンスを朝から晩までご飯の時以外は延々とやっていました
とりあえず凛√と希望√を終わらせました
もうなんて言うかね……

本当にクソゲーです

やばいです
前半は面白いのに、後半は打って変わってえ?こんな終わりなの?!状態です
伏線は全然回収しないわ、広げた風呂敷は一切畳まないわでなんでこんなの出しちゃったの?レベルです
前作の暁の護衛~罪深き終末論~もそうでしたが、なんでこう終わり方が酷いんでしょうね……

凛√なんて、途中の共通ルートの方が面白く、凛√独自のものなんてカスみたいなもので終わってしまいます
普通のゲームならこれから凛とイチャイチャしつつも事件が起きたり二人の間に何かが起きたりするんだろうなぁというところで終わってしまいます
何も解決していませんし、何も始まっていません
ただひたすらセックスをして終わるだけのシナリオになっています
しかも、そのシーンも凄く微妙で、数も少ないので、こんなのかよ……状態になります
設定も何もかも活かされていませあん
共通ルートの方がまだ活かされていました
個別ルートはふーんという感じで終わります
何という酷い有様……

そして、あまりにもあんまりだったので、気晴らしに江戸屋で晩飯を食べて来ました
久しぶりに食べる江戸屋は本当に美味しかったです
やはりあそこは溝の口で一番美味しいラーメン屋でしょう
ラーメン屋と言いつつつけ麺屋なんですが、量も多いですし満足です
ラーメン屋の中でも割と上位にあるような気がします
本当に火曜日が定休日でさえなければ、毎週いけるのに悔しいです

帰宅してから、気を取り直して希望√を再開
酷かったです
完全に、俺たちの戦いはこれからだ!状態です
希望は婚約者がいる上に親父がドリームタウンで一番偉いし怖いので、それを使った面白い展開が待っているのかなーなんて思いましたが、全くそんなことはありませんでした
これから俺の試練に乗り越えられるかな?みたいな感じで終わりました
本当にえっ?という感じです
これから面白いものが始まるんじゃないの?という状態でEDのに入りました
これ2部作なんじゃないの?なんて疑ったりしています
ドリームタウン側のキャラはかなりぞんざいな扱いで、メインヒロインではなく、サブヒロインなんだろうななんて思っています
そう思わないとやっていられないレベルで酷いです
前半が面白い分、余計に後半があまりにもお粗末でした

これから明日も他のルートやりますが、不安でいっぱいです……
大丈夫かな、このゲーム……
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。