黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
適当さで心配しかない
さて、プレゼン資料が不安で仕方ない黒紗夢です
書いたはいいものの、果たしてこれでいいのか、それとももっと別のことを書いたほうがいいのか
何も分かりません
関連研究も結構適当ですし、自分でもこれは色々突っ込みどころしかないよなというような状態です
それでも自分が今何もやっていないというのはまずいので、少しはやっていますよ体を出さなければいけません
全くの嘘をつかないまでも、巧妙に誤魔化していくしかありません

ということで、今日は研究室での中間発表直前なので、ひたすら資料作りに励んでいました
励んでいたと言っても、勿論LoLをやりながらです
しかも、私は大会が始まる直前まで知らなかったんですが、今日はLoL韓国での決勝大会というのでこれはぜひとも見なければというので結構長時間見ていました
かなり面白かったです
最初は圧倒的な力で2:0まで持って行っていたチームが、その後一気にこれまた圧倒的に負けて2:2までもつれ込んでの最終戦
ninjaがSummoner's Liftに4人もいる状態です
実況の人は「いや、ZedのUltとかEを入れれば8人のninjaになる!!」
とか言って笑っていました
そのくらいにninjaが強いこのLoL
ZedとShenは本当に強いです
ShenのPush能力とUltの能力、Zedの対1に対する瞬殺力
どちらも驚異的です

しかも、Zed v Zedで素晴らしい戦いがあったので載せておきます


これは本当に凄いです
Zed使いは結構こういう出来事が多いんですが、本当に影の使い方は大事ですね
それの動き一つでkilldeathが逆転します
また、Zed相手には鉢巻が本当に重要だなというのが分かります
ZedのUltも全て鉢巻でキャンセルされてしまうので、Ultを使われても問題がないというのは大きな差かもしれません
しかし、こんな動きは絶対真似できないでしょうね……
かなりこの決勝戦は見ていて楽しめました
本当に面白かったです
ただ、会場にいる人達は野外で雨の中かわいそうだなぁとは思っていました
まさかe-Sportsの観戦が野外だとは思いもよりませんでした
韓国には室内で大規模なドームはないんでしょうか……?
PCとか雨に濡れてダメにならないのかなぁとか割と心配していましたが、一度なにか分かりませんがトラブルがあったくらいで平和に終わっていました
実況の声に雨の音がかなり入ってきてうるさかったですけどね!

そして、自分の資料を他人と見せ合ってどこを直したらいいとかを軽く話し合ってからさっさと就寝
流石に朝8時半起きだと、いつも以上に早く寝なければ起きれる自信がありませんからね
さてはて、どうなるのか
楽しい楽しい伊東旅行への幕開けです
スポンサーサイト
やりたいけど、やりたくない(”花散里” ヒカルが地球にいた頃……⑧)
さて、LoLもやりたいし、資料もやらなきゃだしで迷いまくりの黒紗夢です
LoLは流石に長時間現在は出来ないんですが、もうS4になるという発表が出てしまったので、それまでにはGoldrankになっていたいかなぁなんていう思いがあります
果たして自分にそれだけの実力があるかどうかは不明ですが、Goldになっておくと後々便利でしょう

ということで、今日は合宿前の最後の平日ということで研究室に行きました
でもよくよく考えるともうあと2日で合宿なのに、教授が私達のプレゼン資料を見る理由というものは一切ないわけで、今日完成させたところで見せないだろうなぁと思いながら向かっていました
案の定特に何を言われるまでもなく、合宿のための準備だとか用意するものをあれこれと指示をして終わっただけでした
なので、私達は安心してフィットネスへと通うことが出来ました
完全に研究とかプレゼンとかそっちのけです
大丈夫なのか……これ……

とは言え、色々と準備をしていたせいであまりフィットネスに割ける時間はありません
何せ6時に閉まってしまうので、出来て1時間程度という少し寂しいものです
1時間も出来るだけ十分と言えば十分なのかもしれませんが、やるからには1時間がっつり汗をかいてシャワーを浴びたいななんて思ってしまいます
6時までに鍵を返さないといけないので、シャワーを浴びるのは5時半くらいに運動を終わらせてロッカーへ行かないと間に合いません
そういうのをあれこれ考えていると、結局そこまで汗のかかない普通の筋トレを淡々とこなすだけになってしまいます
それでも筋力は上がるんですが、何分私は色々とお腹に溜め込んでいるので少しは有酸素運動をしたいんですよね
妊娠しているかのようなお腹ではありませんが、やはりちょっとしたたるみはある中肉中背のおっさんなので、そこらへんは気にしたいです
卒業までには、まともな体に……

そして、終わってからは研究なんてせずにそのまま町田で少しだけドラムを触ってから帰宅
気が付いたら全力乙女を3回くらい見直していました
いやはや、CUTEGの絵は素晴らしいです
滅茶苦茶可愛いです
男の娘は最高ですね
このストーリー的には、女装男子になりそうですが、可愛いは正義です
気にしたら負けです

本当に、男の娘という文化は素晴らしいですね
二次にしか存在し得ないのが更に○です
惨事はない


ラノベレビュー
”花散里” ヒカルが地球にいた頃……⑧
ファミ通文庫より
著者:野村美月 イラスト:竹岡美穂

遂に終盤まで差し掛かってきたこのシリーズ、今回のメインはみちるです
正直、私はみちるは大嫌いで前半は結構イライラとしていました
帆夏との関係や急に来た積極性やら強引さというのに、今まで登場した女の子達とはまた少し違った困惑が多くありました
しかし、やはりといいますかこのシリーズは全て通じており、ヒカルを介してまた物語が進んでいきます
ある意味で言えばストーカーのような、ある意味で言えば倒錯的なそんな情緒的で不思議なものです
そして、今まで攻略してきた少女達が躍起になり、今まで見られなかった姿を見られることが出来てとても面白いです
葵や帆夏の関係であったり、朝衣のデレであったりと物語が盛りだくさんです
いやはや、今後どうなるのか、誰を選ぶのかというのが楽しみで仕方ありません
早く進めたいような、まだまだ続いて欲しいような、そんな気分です
結局みちるのことはあまり好きになれませんでしたというか、最後の引きに全てを持って行かれました
楽しみです

一言:本気を出した葵可愛い
総評 82/100
やることが違う
さて、フィットネスに行くつもりで研究室まで行ってきた黒紗夢です
今日は木曜日で明日になると流石に合宿の直前になるので、多分教授に色々と言われたり資料を直さないといけないんだろうなぁと思いながら学校に向かいました

ということで、今日は話し合った結果フィットネスに行こうという方向性になっていたんですが、まず家を出たのが3時くらいというなかなかに遅い時間です
しかもフィットネスの終わり時間は6時なので、例えやったとしても1時間と少ししか出来ないというこの体たらく
いいのかこれ……?
そんな風に思いながらも、研究室に到着
勿論誰もいるはずがなく、全員が来るまで一応プログラムどうしようだとか何も出来てないとかあーだこーだ言いながらプログラムいじっていました

私のプログラムを、他の人達が

そう、私は未だに自分の力で学習をしていない……
ほぼほぼ皆に聞いてへーほーこうやるのかと思いながらやっています
これで本当に院生なのか?とか思ってはいけません
私でもなぜここにいるのかが不思議ですからね
そろそろ大学やめてもいいんじゃないかな……

で、結局時間がもう微妙だったのでフィットネスは諦めました
その代わりにロボットを修理に出したり過去の中間発表の資料を探していましたが、完全に自分の首がしまるのを伸ばしているだけです

その後は町田に行ってアニメイトからのゲーセン
しかし、私は結構男の娘好きなわけなんですが、何故か特に男の娘に興味のない奴らが先に
「黒紗夢、そういえばアレ買った?」
みたいな話を振ってきてビビリます
私はそのおかげで、CUTEGの全力乙女を購入する事ができたんですが、なぜこんなものを知っているのか、謎に包まれています
男の娘に興味ないはず……だよなぁ……
CUTEGの絵 is GOD

ドラマニは残り日数が少ないので、解禁曲出し
遂にあの伝説の曲をドラマニでひたすらやるという、恥ずかしいとか言ってたらやっていられない曲をやっていました
楽しいです
ただ、もっと楽しめるように練習したいですね

帰宅してからは、資料作らなきゃ!からのLoL観戦です
作ってるだけじゃ暇だなーという毎回この思考に侵されています
間違いなくやばいです
結局7割くらいしか資料は作れていませんが、きっとなんとかなるでしょう
LoLは中毒性が高い(再生のパラダイムシフトⅢ ゴースト・エッジ)
さて、キレても相変わらずLoLを続けている黒紗夢です
昨日アレだけキレたのにもかかわらず、何だかんだでやってしまっています
VCあるのにこんなにコミュニケーション取れないなら意味ないやろ!って感じだったのですが、普通のNormalはやっていました

ということで、今日は昨日全然眠れなかったせいでかなり遅い時間に起きました
ほとんどもう昼過ぎてるし、今日はどうせ学校が休みで行く人いないだろうしというので、家で適当にしていました
資料作りを進めていて、どうやってごまかそうかなと悩んでいました
自分の研究は一つも進めていませんが、ある程度完成形を見据えたものと、どうそれを解決していくのかというのを懇切丁寧に描いていかなければいけないので、面倒です
やることは分かっていますし、自分の頭の中ではある程度絵空事は思い描けますが、いざ文字に起こそうとすると難しいです
しかも、継続研究という面をもちつつも新規研究でもあるので、どの程度区切ればいいのかというのも悩みどころです
とは言え、まだ研究室での中間発表だけなので、適当にミスっても修正は効きます
研究室での立場がどうなるのかは分かりません
下手すると毎日研究室に来て研究しろとキレられそうなので、それを回避する為の考えを書かなければいけません
理論詰めは大変です
でも、結局理論と実装どっちが出来る?と言われたら、理論詰めなので、理論はもっともっと詰めていきたいと思います

そして、晩飯は悩みに悩んだ末にまた二子玉川へ
自由が丘や溝の口と迷いましたが、二子玉川は定期券内で一番近いので二子玉川にしました
で、黒ラーメンとかいうのがあったので注文してみました
いっせいラーメンというところなのですが、他の客は誰も頼んでいませんでした
それもそのはずです
滅茶苦茶味が濃い
かなり辛かったです
量的にはちょうどいい感じなんですが、あまりにも味が濃すぎて麺と一緒に御飯を食べないと誤魔化しきれないくらいのしょっぱさです
信じられませんでした
他のあっさり系は美味しそうだったので、完全に失敗しました
二度と頼みません
因みに、こんな感じです
黒ラーメン



黒過ぎってレベルじゃありませんね
想像以上でした
結構人は入ってくるラーメン屋だったので、やっちまったなという感じです
もし次に来ることがあれば、こんなものは食べないでしょう

帰宅してからはLoL
最近Supportをすることが多いんですが、やはりSupportをするならZyraだなと思いました
Manaは結構多いですし、Ultも強い
LuckyPickを装備するだけでもかなり火力が上がるので、Supportとしても火力としても申し分がないです
今はずっとSonaで安定していますが、Manaが一瞬でなくなるのが辛いところです

余談ですが、Siriに歌わせていたらLoLの開始ボタンを押し忘れていました
本当にSiriが歌ってくれるだなんて衝撃的すぎます


ラノベレビュー
再生のパラダイムシフトⅢ ゴースト・エッジ
ファンタジア文庫より
著者:武葉コウ イラスト:ntny

なかなかにご都合主義な論理が展開しているような気がしてならない巻です
今回はかなりの矛盾が生じるような気がします
一見すると、確かにそういう理論になるなという感じなんですが、ふと考えると矛盾が発生しています
あまりネタバレは書きたくないのですが、主人公の再生の力がおかしいな?なんて思ってしまいます
それ以外のストーリーとしては伏線がとても多い回でした
姉にしても、他のキャラにしてもかなり突拍子もない行動が多く、謎が謎のまま終わっています
今後どんどん明らかになっていくのでしょうが、少し強引なラストへの運びかな?と思わなくもないです
なかなかに1,2巻と面白い感じだったんですが、ちょっと今回は無茶苦茶な展開だなと感じます
ラブコメは順調に進んでいるので、そこの部分だけはいいのですが、戦闘やストーリーが少し超展開すぎるので勿体無いです

一言:同じ再生でも効果が違うのはおかしい
総評 62/100
作家と本に関連を持ってはいけない
さて、もはや学校に行く選択肢すらなくなってしまった黒紗夢です
今日は学校というよりも町田に行くか、溝の口に行くか、という完全にゲーセンの2択になりました
あともう日数もない上にプログラムも作っていないというのに、一体どういう思考回路をしているのか自分でも不思議でなりませんね
何とかなる……のかなぁ……

ということで、今日は町田に行くか悩みましたが、限定メニューがカレー系というのでやめてしまいました
なので家でまったりとLoLを見ながら自分の研究と似た研究を探していました
とは言っても、正直自分の研究と全く同じ研究なんていうものはないわけで、どこまで似ているのかを判断するのが難しいです
これも似ているようで違うし、これも微妙になぁ……という感じで、自分のメインとなるものを使っているものがなかなか研究論文として見つけられないのがもどかしいです
ググっても出ないのなら、一体他にどうすればいいのか……という状態です
なので、大して何も進まっていません
プログラムも眺める作業で終わりました
凄いですね
こんなのが院生だなんて、正直普通ならば考えられないでしょう
研究内容も私は多分学部生並のものかもしれません
どんどんハードルが下がっているのは、もしかしたら内定先がプログラミングを一切使わないからかななんていうものも少し思っています
プログラミングはどうも苦手です
ARとかは凄く興味があるんですが、私の研究室では出来ませんしどういうシステムかというのも調べていないので本当に好奇心をくすぐられるというだけの状態です
ARだったらもしかしたらもうちょっとやる気が出ていたのかもしれません……
あれは目に見えた成果が出やすいですからね
私のは何とも言えません

そして、溝の口へ行ってBBCP大会
何故かタオカカ10段に勝ったんですが、その後3段のノエルに負けたりと酷い有り様でした
私は一体何なんでしょうか
ただバッタをしていたら勝っている感じです
完全に適当ですね……
もっとしっかりしたいような、何とも難しいところです
本当にDをこする事しか脳のないノエルにはどう勝てばいいのか分かりません
何を振れば勝てるのでしょう……

決勝で負けてとぼとぼと帰宅
の前に、二子玉川の鮎ラーメンというのが気になったのでそこで食べてきました
量がかなり少なくて、これが800円かよ!!みたいなものだったんですが、かなり味は美味しかったです
鮎がなかなかいい感じですし、スープも薄味でさらさらとした喉越しの良いあっさりとした味です
これで量が多ければ文句なしなんですが、そこだけが残念ですね
多分、飲み会の後に食べるのが一番のお店でしょう


家に帰ってからは、LoL
久しぶりにマジギレしました
思わず切れ過ぎて無言になりました
無言で落ちて怒りのあまりなかなか寝付けませんでした
結局愚痴をつらつらと書いてすっきりして眠りましたが、こういうのは本当に久しぶりでした
色々とそこで文句を綴りましたが、多分あんまり間違ったことは言っていないと思います
他のレーンが圧倒的に負けていてかつタワーが折られている状況ですら、レーン戦をしようという気が分かりません
レーン戦なんて正直LoLの中では飾りみたいなものですからね……
それを続けて楽しみたいというのは、イコール試合に勝ちたくないというレベルだと思ってます
まぁ、ここでまた色々書いても仕方ないのかもしれません
でも、LoLは結局チームワークがないと勝てませんから、1人がどうこうというだけで終わってしまいます
難しいゲームです
途中下車の通例(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7.5)
さて、研究室へ行く前に町田へ行ってそのまま終わってしまった黒紗夢です
割とよくある事ですが、中途半端な時間だと結局直接町田に行ってしまうんですよね
メールしてもなかなか誰からも返信が返ってこないので、結局誰もいないのかな?とか思いながら町田で降りてしまいます
一人でも行けばいいのにという話ですが、気にしたら負けです

ということで、朝起きてから資料をまとめようと家で色々自分の研究に関するものを作ってから学校へ行こうと思ったんですが、気が付けばなかなかいい時間になってしまったので、学校行く意味ないんじゃ……?とか思っていました
正直、自分の研究と似た研究を探すのが面倒というか、使っているものはいくつかあるんですが、それを組み合わせたものはありません
そういう意味では独自性というのがあるのかもしれませんが、他の教授達に、これに似たのあるよね?とかもっと良いのあるよね?とか突っ込まれると死んでしまうので死に物狂いで探しています
これは正直6月の段階で全て洗い出してまとめていないといけないかったんですけどね!
今更感が強いです
色々と探して、どれが一番似ていて、どれが一番比較対象なのかというのを探していくしかありません
あとは如何にして発展してる技術を使えないかという否定も探さないといけません
どう考えても私のよりも上だよなぁ……というのしかありませんが、誤魔化すのは自分の文才にかかっています
プログラムは一つも触っていないので、まず目先の人を誤魔化す作業が必要です
どうやって誤魔化すかを考えないといけませんね……

そして、町田へ行ってアニメイトで色々と購入
まさかのプラナス・ガール最終巻発売でした
ちょっと前まではプラナス・ガールの発売遅いよ!とか思っていましたが、気が付けば発売しているとかもう完全に年ですね……
プラナス・ガールやらラノベを買っていたんですが、某なおちゃんとかいうのと某鬼いちゃんとかいうのに剥がされた星空凛ちゃんのシールを探していたんですがどこにもありませんでした
どういうことなの……
もう売っていないのでしょうか
そうすると少しだけ面倒くさいです
また新しいシールを探さないといけないんですが、次のキャラが私の中ではいませんからね……
自作をするしかないんでしょうかね

帰宅してからはLoL
あまり某人のあと1人は信用していないんですが、今日はまさかの5vになっているという衝撃
ただ、正直誰も知らなかったので、外人とあまり変わらない気がしないでもないです
喋れませんしね……
まぁ、たまにはこういうこともあります

LoLやってる暇はないはずなのに、LoLばっかりやっているクズです
間に合うのかな……


ラノベレビュー
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7.5
ガガガ文庫より
著者:渡航 イラスト:ぽんかん⑧

短編集として、結構時間軸はバラバラなんですが、間を埋めるものとしてかなり楽しめました
ただ表紙が三浦なのにもかかわらず、三浦はほぼ関係ないという何故出したという状態です
短編の最後でまた依頼として今回は柔道部の問題を解決するんですが、いつもよりは後味が悪くない、こんなもんかなというストーリーです
というか、結構普通かな?という印象なので、然るべくしてなったことでしょう
多分、葉山がもっと沢山関わってこないと対比が少なくなってしまうので、ただ依頼を貰って依頼とは少し違う形で解決させたという短い話という感じです
また、他のストーリーでは嫁度勝負なる謎のものが出て来ていましたが、本当に先生はかわいいですね
一番かわいいのは由比ヶ浜ですが、先生は結構お茶目だと思います
そこだけを見れば本当に良い先生なのでしょう
勿体無い……あと、タバコを吸っていなければ……
次の巻から何が起こるのかという予想が付きませんが、由比ヶ浜には期待しています

一言:三浦もう付き合えよ
総評 77/100
もはや同窓会とは言えない頻度
さて、今日は旧友たちとの飲み会をしていた黒紗夢です
同窓会とは過去を振り返りながら集まる会ですが、既にもう小学校の頃の思い出話よりも今の現状についての話のほうがメインになってしまっているので、ただの飲み会です

ということで、今日は飲み会の為に時間が微妙だなぁと思いながらもLoLをやっていました
低LV帯でやる時は特に気にしなくていいのが嬉しいですね
負ける時は負けますが、割としょうがないのかなと割りきっています
それよりも、自分のミスで負けるのが一番良くないので、きっちりとやりたいです
あとは他人に指示を出せればいいんですけどね……
英会話はまだまだ先でしょう
自分でも英語は最低限やらないとなとは思っているんですけどね
将来というか、卒業に際して必要になってしまうので、それをやらないとやばいです
今までの助教の先生だったら、かなり手直しをしてくれるんですけどね……
今年の助教では難しいでしょう

で、時間になったのでさっさと渋谷へと移動
前回とほぼ変わらないメンバーに超久しぶりに来た人物が一人
お前誰だよ状態です
見て確かに誰というのは分かるんですが、かなり様変わりしていて驚きました
一体彼女に何が……
飲み会会場はよくわからない場所だったんですが、内装はなかなかおしゃれでした
内装だけはね
おしゃれなくせして扇風機は回ってるわ、何の為にあるのか分からないスクリーンはあるわで色々なものが混ざっていました
一番許せなかったのはビールがない事
あるのは金麦とかいうふざけたビールの偽物です
何でお店にまで行ってクソみたいなまがい物を飲まないといけないんでしょうか
二度とあのお店には行きません
というか、これからはもうビールではないのを出すお店には確認を取って行かないのが吉でしょう
ゴミです
例えお店のビールは薄かろうとそもそもビールとビールでないものでは違いますからね
新しく出来たお店みたいですが、全くオススメは致しません
飲み物全般が薄い
ワインは水だし、赤にいたっては冷えているという意味の分からないやり方
食べ物はまぁ、美味しいのはあったんですが味が濃い
飲み物と食べ物を足して二で割ったらちょうどいいんじゃない?みたいな結論に皆で至ってました
あそこを正規の値段で飲み放題にしたら2600円らしいですからね
ボッタクリにも程が有ります
とは言え、同窓会自体はかなり楽しかったんで良かったんですけどね
完全に文句を言い過ぎてDQNキャラになっていましたが気にしたら負けです
おかしいな……
オタクでDQNとかもう完全に救いようがないですね……
というか、いまさら気が付いたんですが、あまりオタクではない集まりのはずなのに普通にDQNという言葉が飛び交っていたのに驚きました
あれ……?
こいつらパンピーのはずじゃ……

そして、二次会は最初の頃に行ったことのある映画館の下にあるお店
飲み放題+1品で1500円というかなりリーズナブルです
1時間で1500円ってリーズナブルか……?
まぁ、前のお店と違ってちゃんとワインが味があったので良かったです
ワインが普通で良いとか割と意味が分かりませんね
やはり、ちゃんとしたお店に行くのが一番なのでしょう
今度から客引きに会った時はしっかりしたいです
私は大抵ギリギリに行くので関係ないんですけどね!


余談ですが、同窓会で
「黒紗夢のTwitterのアカウント知ってるよ^^」
と言われました
死にたくなりました
ダイブ変態的な事ばっかりツイートしてるのに、やばいです
もう私の評価は……元々低いから関係無かった……
絶望の希望(魔法科高校の劣等生⑪ 来訪者編<下>)
さて、自分のプログラムが何なのか分からなくて絶望している黒紗夢です
実はArrayListだけど、Arraylistじゃないのかな?とか意味の分からない感じのループに陥っています
正直どうすればいいのか分かりませんが、人に聞きながら千里の道も一歩からという感じで進めていきたいと思います

ということで、今日はもうそろそろ本気でプログラムがやばいと思ったのでリモートをして見返していました
もうやることは決まっていますし、生データの取り出しも終わりました
あとはその生データを使って更新していけばいいんですが、その更新の手順が分からないというクソっぷりです
色々なサイトを見て回ってC++で書かれているものはあったんですが、C#ではどうすればいいのか分からなく、構造体も使っていたのでその構造体部分は書かれてない参考資料だったんですよね
なので、結局諦めて友人に聞いたら、

配列をまた配列に直してやればいいんだよー
構造体でも良いけど、簡単だよー

と言われました
因みに、私には分かりません
多分大学2年生あたりでできるようになることなのでしょう
やばいですね、本当に
初心者です
配列を配列にし直して各行を取り出して指定する……
言われれば簡単ですし、分かるんですけどね
間に合うかなぁ……
それが一番最初に出来なければならないステップだというのに、この何ヶ月間何をしてたんでしょうね
LoLでしたね、はい

で、もちろん今日もLoLをやっていました
最近Normalばかり潜っているので、そろそろrankも行きたいかなーなんて思うんですが、なかなかやる気が起きません
最近は全然勝てていないので、rankに行ってもどうせ負けるだろうなぁなんていう考えがよぎってしまうのでなかなか難しい物が有ります
PROの試合を見ていると、本当に自分の使ってるChampionと絶対違うだろ的な強さが出てくるので真似しようにもなかなか出来る事じゃありません
もっと画面を見ないといけませんね


ラノベレビュー
魔法科高校の劣等生⑪ 来訪者編<下>
電撃文庫より
著者:佐島勤 イラスト:石田可奈

気が付いたら完全にアンジェが負け犬状態の、雑魚キャラにまで落ちていたような気がします
今回で遂に来訪者編が終わりですが、吸血鬼の話の最中はずっと邪魔な弱い敵……のような印象しか受けませんでした
ある意味では主人公が最強すぎるからというのもありますが、思考の違いからかアンジェがいるとろくな事にならないというのが際立ってしまっているがために最強のはずが、大して強くないという破綻した事態になってしまっています
今回のメインは、主人公が周りを意図的にしろ無意識にしろ自分の立場を知ってもらい協力関係を仰ぐというのが、一番の出来事の気がします
切羽詰まったものはあまりなく、拍子抜けする出来事が多かったように思います

一言:妹がかわいい
総評 76/100
切羽詰まっているはずなのに
さて、そろそろ中間発表の準備をしなければならない黒紗夢です
いやはや、研究室の中間発表が9月のはじめにあるんですが、全く何もやっていません
プログラムも書いていませんし、資料も作っていません
本当に大丈夫なのでしょうか……

ということで、研究室に行ってきました
やばいなぁなんて思いながら研究室へ行ったら、相方はちゃんとやっていて新しいものをやっていたのでどんどん引き離されています
しかも、結局私はそいつにまた色々と聞かないといけなそうなのでやばいです
そんな事を思いながら今日はフィットネスに行きました
研究なんてしていません
PCを起動させて終わりという感じです
フィットネス久々に行ったらまた機器が新しくなっていました
あそこは定期的に新しい機器を入れているみたいなんですが、そのお金は果たしてどこから出るのでしょうかね……?
というか、そんなお金があるなら、もう一つのキャンパスに持って行った機材の補充をして欲しいです
どういうことなの……
で、上半身を適当にやってから町田

今日はステーキ屋でがっつり食べてました
何故か一杯目が200円のビールも売られていたのでつい注文をしてしまいました
しかし、ビールが不味い
ぬるい上に水が入っている薄さ
200円ならこれも仕方ないかレベルです
まぁ、運動した後に肉とビールとかいう最早運動を無に帰す行為をしている時点で、ある程度薄い方が健康にはいいのかもしれませんね
気にしたら負けです

そして、ゲーセンでBBCP
今日でもう私はクレジットを入れなくなるでしょう
というレベルでイザヨイを諦めました
降格した上に、最早勝てるvisionが見えません
もっと練習をしないといけないレベルでしょう
やはりハクメンを使うしかないのか……

LoLは適当にNormalに潜ったらADCAhriに負けるEzというクソザコを引いてテンションがだだ下がりになってやめました
仕方ないです
ADCAhriなんて未来がないものに負けるというのは本当に意味が分かりませんね……
ZyraEzというかなりSYNERGYが高い組み合わせのはずなのに、謎です
その後に三連休くんと低LV帯で俺TUEEEして遊んでました
味方にもクソがくる可能性は高いですが、DCしないのならば自分がCarryすれば勝てますからね
本当に実力がゴミになっていきますが、気にしたら負けです
Sorakajungle楽しいですね
まだまだ難しいんですが、確かに一つの選択肢としてはありなのかな?なんて思います
完全にtrollなんですけどね……
期待ハズレの期待の新人(ソードアート・オンライン13 アリシゼーション・ディバイディング)
さて、散歩をしていたら田舎でしか買えなかったものが東京で売られていて衝撃を受けた黒紗夢です
加島屋という新潟の美味しい鮭茶漬けだったりイクラの醤油漬けだったりが売られているお店なんですが、東京のしかも二子玉川でも買えてしまうなんていうからびっくりです
昔までは新潟でしか買えなかったのに……時代というのは移ろうものですね

ということで、今日は絶対にゲーセンは行かないという誓いを元に、近所を散歩していました
今日はLoV3の稼働日なので、ゲーセンは100%混んでいます
そんな混んでいるところにわざわざ行く必要はないでしょう
私もお金があればやってみてもいいんですが、流石に今学校でしかバイトをしていない人間がカードゲームをやるというのはなかなかにつらいものがあります
しかも、今回のLoVは4v4らしいじゃないですか
完全にやっちまった感満載じゃないですか
LoLの5v5で相当殺伐としているのにも関わらず、100円払って4v4をやってもし味方がゴミだったらと考えるとお店の筐体が心配で心配で仕方ありません
絶対誰か台パンして壊す人が出ると思います
そのくらいに、多人数対戦には危険が満ち溢れています
というか、既にガンダム勢がそれを証明しているんですけどね……
同じ店舗ではないだけ、そこまでガンダム勢のような動物園さではないのかな?
今後どうなるかは分かりません
いいネタが転がってくるんだろうなという楽しみだけはあります

で、二子玉川の玉川高島屋で色々と見て回っていました
あそこは結構広いですし、RISEと違う客層の人が多いので、全然雰囲気が違います
とは言え、地下は結構普通のお客さんが多いんですけど、いいものが沢山あってなかなかに楽しめました
今まで高島屋の方は本屋には結構通っていたんですが、他の階にはあまり足を運んでいましたからね……
とは言え、今はそんなに買えるものがないのでフードコートでパンを買ったりしたくらいなんですけどね
そこで加島屋を見つけました
私の母が新潟出身でよくここのを買っていて凄く美味しいので、結構好きです
余談ですが、どうもこの加島屋というのは、私の祖母の談によると加島屋のババア(祖母の若い頃で既にババア)は祖母のアイディアをパクって大きくなったと言っていたそうです
真偽の程は定かではありませんが、どうもうちの祖母が鮭の頭だけを購入していて、今までそれをお湯で溶かすと頭の中に入っている身まで全部ほぐして取れるという事をやっていたそうです
で、その加島屋の人に何でいつも頭だけ沢山買うんだ?と聞かれて、そういう知恵を教えたら、その後鮭の缶詰の商品を作るようになって店が一気に大きくなった……
みたいな事を言っていたそうです
まぁ、元々小さなお店だったらしいですし、時期的にも重なるみたいな話を聞いて、確かにパクってたのかなーなんて思いますが、真相は墓地の中ですね
今美味しい商品が食べられるからそれでいいやという気もしますし、だからどうしたんだという話でもあります

閑話休題

LoLで新ChampionのLucianが遂に出ましたね
弱いです
今はまだ、という前提が付きそうですが、とりあえず今は弱いです
火力がないですし、UltはCDが短いですが貫通をしないので、前のTankyに当たってしまうと大した火力になりません
しかも、minionにまで当たるので果たしてそれは意味があるのか?という感じです
blinkなんかはそこそこの性能ですが、あまり期待出来そうにはありません
Proが開拓してくれるかもしれませんが、だったら今はまだ他のやつの方が断然強いなという感じです
結構期待していたんですが、がっかりです
因みに、どうやら海外では黒人というだけでオバマと呼ばれているそうです
こんな光線銃を持った大統領とか怖すぎですね……

しかし、自分の研究の事を調べていたら、より良さそうなSLAM技術とかいうのが出て来てやばいです
こんなの実装したくありません
私はただでさえプログラミングが出来ないのに、更に先端技術を開発するなんて……死んでしまいます


ラノベレビュー
ソードアート・オンライン13 アリシゼーション・ディバイディング
電撃文庫より
著者:川原礫 イラスト:abec

遂に完結か……と思いきや、全然そんなことはありませんでした
今回のアリシゼーション編はかなり長いです
一難去ってまた一難というのがひたすら延々と続けられています
お情け程度でアスナが出て来ますが、もう君いらないんじゃない?というレベルで関係を絶っている状態なのでむしろアリスの好感度がどんどん今回は上昇しています
前回から引き続いて、キリトとアリスが塔の外からの移動というのでかなりの時間が取られています
また、もう一人の主人公とも言えるユージオもかなり活躍しています
ちょっとした騎士道が挟まっているので割と茶番めな感じもしますが、ユージオとワンの戦いはなかなかに面白いです
白熱するというよりは、本当に乾坤一擲に賭しているというか、無茶な戦闘をしています
長引くようなつばぜり合いではなく、こういう瞬間瞬間の勝負というのがよりリアルで面白いです
最後はもうあれ?これ前の巻だっけ?とか思ってしまうようなある意味ではテンプレートな終わり方です
勿論、わざわざ思いっきり覚えていてくださいねと言わんばかりの伏線は前々から張っていたのでとてもシンプルで分かりやすい引き際でしたが、果たしてどうなるのか
一応リアルの方でも少し動きがあったので、次の完結編ですっきりとしたいですね

一言:アリスを現実に呼んで波乱を見たい
総評 80/100
珍しく相手を覚えていない
さて、今日はわざわざ高校生の為に大学へ行ってきた黒紗夢です
しかも、水曜日と土曜日は購買やフィットネスすら休みなので、他に何も出来ないという最低なおまけ付きです
加えて私と他の研究室の奴が同じ時間働いたはずなのに、私の方がもらう値段が少ないという、意味が分からない事態になっていました

ということで、今日は推薦を考えている子達に大学の一部の研究室を案内するという説明会がありました
しかも、12時集合というかなり早めです
いつもは13時に起きるという体たらくなので、12時集合……つまりは10時起きという、それでも一般的に見れば相当遅い時間なんですけどね!
今まで起きていないものは仕方ないです
とは言え、特に10時に起きるのが辛いかと言われれば、まったくもってそんなことはなく、普通に起きて12時に行きました
適当に時間を潰してから、高校生たちを案内する前に自分たちの説明を聞いて待機
とは言え、高校生たちと会ってもやることは大してありません
研究室の説明であったり、あとは今どうなの?みたいな当り障りのない会話しかありません
本当に数分しか案内しないので、割とどうでもいいです
一人だけ、この前もリコジョで案内されたと言っていましたが、全然覚えていませんでした
話したことがある人だったら覚えているんですが、残念ながら分かりませんでした
女子高生を覚えていないとか……何か悔しいです
まぁ、別にそこで何があるというわけでもないので仕方のない事です
もう会うことはないでしょう

しかし、一番納得がいかないのは給料です
私は案内係で研究室の奴は研究成果を見せるというただの役割分担だけだったはずなんですが、私は何故か3時間のみ
それに大して説明係は5.5時間分の給料という意味の分からない事になっていました
その差は一体……?
因みに、同じ時間に登校して、むしろ高校生たちを案内する分私の方が働いていたんですけどね……
本当に意味が分かりません
2000円も損するならこんなクソみたいなのを引き受けるんじゃなかったですよ、ほんとに……
最低です

で、フィットネスがやっていなかったのでそのまま町田へ行って音ゲーやら格ゲー
最近は某人がいるせいで、積極的にBBCPにクレジットを入れてしまいます
どういうことなの……
多分こんなにBLAZBLUEにお金を入れたのは何ヶ月ぶり、半年ぶりと言っても過言ではないかもしれません
因みに、大学の奴と何回かやって相手の昇格戦で負けてイラ壁してました
相手の昇格は不幸の味です

飯はなまらうまいの豚丼屋
あそこは本当に美味しいです
ビールと組み合わせるおつまみが本当に美味しくてビールが進みます
豚丼も美味しいです
タレもしっかりしていて、肉も美味しいです
どこかの東京なんとかめしとは違って、安定しています
あそこは何度も行きたくなる豚丼やです
少し高いですが、その分、行く安定さがあります


余談ですが、グリマスはもうやめました、はい
まさかの再会(はたらく魔王さま!6)
さて、高校卒業以来会っていなかった奴と久しぶりに会った黒紗夢です
まさか町田の、しかもタイトーで会うとは思いもよりませんでした
しかも、そいつもBBCPをやっているという、予想外すぎる展開です
元々そういうメンバーの一人だったので嬉しいといえば嬉しいですね
今ではもう格ゲーやってる旧友なんてほぼ皆無ですからね……

ということで、今日は学校へ行ってから真空で限定を食べようと思ったんですが、ふと携帯のアプリを見てみるとGITADORAアプリがアップデート来ているではありませんか
そして、起動してみると、遂に使えるアプリになっていました
今回のアプリではそのままアーケードと同じ譜面がスマフォで出来るというもので、とりあえずひたすら延々と全ての曲を解禁する為に譜面を叩いていました
結局全てを解禁したら時間が結構経っていて既に学校へ行くのが面倒になっていました
因みに、曲は全部で27曲という何とも言えない数字でした
他のリフレクや指に比べたらかなり多いらしいですが、それでも少ないような気がします
他の曲は解禁で一曲110数円という高いものです
FullVersionですらないのに、ショート版で100円って……ゲーセンでやった方がいいですね
スマフォの小さな画面では100%出来ませんし、外部出力をしないと絶対に出来ません
譜面を見るためには結構良いアプリかもしれませんが、それだけなら別の方法もこの世の中ではあるので、あまり意味が無いかもしれません
昔のくだらないアプリをやる作業の方がまだ良かったような気がします
指やリフレクだったらiPad等の大きな画面でやれば、結構ゲーセンのようなもので出来るんですが、ドラムは流石に無理がありますからね……
残念です

そして、それが終わった後に直接町田
とりあえずアニメイトへ行って欲しいラノベを適当に購入
最早既に2巻を買っておらず、3巻を買っているというものがかなり多いので、そろそろ家のラノベを確認しないとやばそうです
何を買っていて、何をまだ買っていないかを探す作業は骨が折れそうです
そして、10冊程買ってからドラマニからの真空
今回の真空の限定はつばめの塩つけ麺らしいです
全く辛くなく、細麺で麺を掬うとかなりの長さでなかなか麺を区切ってつけ汁に入れにくかったです
ですが、美味しかったです
珍しく辛くなくても美味しいので良かったです
でも、やっぱり真空は辛くないと……と思ってしまうのはもはや本能でしょう
余談ですが、本当は雑炊の中に梅やわさびを入れなければいけないのに、先につけ汁に入れてしまったが為に、あまり味がしないね?とか言い合ってました
雑炊に入れれば美味しいというのは、あとで知ったことです……
何をやっていたんでしょうかね……

ゲーセンに帰ったら何故か高校卒業以来会っていなかった奴がいました
すぐ近くが仕事場らしく、町田に来ていたそうです
完全に予想外でしたね
そいつはプラチナで9段だったんですが、お互い対戦したことのないキャラだったので、ちょうどいい対戦相手でした
なかなかいい勝負でした
いやはや、そいつは2留していて、働いているだなんて思ってもいなかったので良かったです
もうすぐ広島へ行ってしまうそうで、大変だななんて思いました
あと、何故か私の内定先を知っていました
正直私の内定先はそんなに多くの人には言っていないはずなのに、多くの人が知っているという謎の現象が起きています
どういうことなの……


ラノベレビュー
はたらく魔王さま!6
電撃文庫より
著者:和ヶ原聡司 イラスト:029

今回もちーちゃんがメインの回です
どんどんとちーちゃんがエンテ・イスラの世界との関わりが強くなっており、皆と一緒にいるために一生懸命訓練をするという姿勢は本当に凄いなと感心します
というか、この世界は一番天使が悪役で、悪魔が良い奴という完全に逆転している世界のように思えてなりません
人間であるちーちゃんはいい子ですし、勇者は本当に勇者なのか?と思ってしまうようなヒロインですからね
ただ、今回は結構恵美がデレるようになるので、そこは結構楽しいかもしれません
前回から引きずっていた心情が今回は色々な事件を経て、自分なりに成長するという遂にラブコメに近くなるのか?!みたいな感じなのを期待してしまいます
今回は悪魔側が色々と事件を引き起こし、今まで放置されていたあの人であったりこの人であったりと、昔のキャラがまた戻ってくる感じなので面白い展開になっています
そろそろ全体が見え始めてきた世界観ですが、どう収束するのか全く予想が付きません
楽しみですね

一言:029の恵美とちーちゃんはかわいい
総評 73/100
宗教上の理由は強い
さて、宗教上の理由でアズラエルと対戦が出来ない黒紗夢です
やはり、イザヨイを使っているとどうしても宗教上の関係で対戦すると発作が起きてしまうので、即退場してしまいます
しょうがないですね

ということで、今日は冬コミの決済だったので、とりあえず冬コミに申し込みをするという方向になってしまったので入金してしまいました
ただでさえお金がないのに、更にお金がなくなります
やばいですね……
しかしながら、もうお金を入れてしまったので後には引けません
その後に学校へ行って、教授に会うの嫌だなと思っていたんですが、大して何も言われませんでした
というか、学校へ行ったらちょうど他の奴らが買い物をするというのでそれに付いて行きました
そのせいで学校の研究室についたのが4時を大幅に超えたので、教授が帰る時間に研究室についてしまいました
なので、特に何かを言われるわけでもなく、水曜日には何時に来いというのを言われたくらいです
あれ……?
一切何も研究やってないけど大丈夫なんですかね……?

そして、結局研究室では特に何もやることがなくそのまま町田
あまり周りに人がいなく、同じ段位くらいの人は身内と、後々入ってきたアズラエルしかいませんでした
アズラエルは本当に無理です
まだハクメンとかの方が対戦していて面白いです
断然ハクメンの方がキャラ差的には辛いんですが、アズラエルはもう本当のちょっと……って思ってしまいます
選り好みをするなという人もいますが、まだ私はBBCPは400戦もしていない完全なるエンジョイ勢なので、仕方ないです
もっとしっかりキャラ対を練ればまだまだ余地はあるんですが、なかなかそういう事をBLAZBLUEではしていないので、全然進歩しません
とは言え、もうすぐP4Uの新作が出るのでBLAZBLUEはどうでもいいんですけどね……

家では何故かよく分かりませんがフリーゲームをやっていました
魔女の家というやつなんですが、結構面白かったです
結構総プレイ時間も短く出来るし、ゲームも良い感じでした
ただ、やはり結構他のレビューでもそうですが後味が悪くなってしまうような終わり方ですね
トゥルーエンドでも、そういうトゥルーエンドなんだ……という感じがあり、あまり救いがないような気がします
ホラー系のゲームなので、仕方ないのかもしれませんが、まさかこんな結末とは……といったところでしょうか
なかなか可愛らしい外見で、実は結構エグいという感じは衝撃です
Ibとはある意味真逆ですね
エンディングが2つ(3)しかないからというのもあるのかもしれません
ですが、いい暇つぶしにはなるので、面白かったです

LoLはひたすらtrollして負けました
その後も5v5で他の人達はやっていたんですが、連敗に次ぐ連敗で今日はもう勝てないんじゃないの?と思ってしまうレベルでした
多分ずっとあおのチーム戦をしていた人は5連敗くらいしてたのかな?
見ていて面白かったです
あと、もうPoppyは使いません……
熱心な子の話は無下には出来ない(はたらく魔王さま!5)
さて、今日は何故か彼女紹介しようか?という心配をされてしまった黒紗夢です
別にそこまで飢えているはずでもないんですが、どういうことなんでしょうか
もう歳がやばいからでしょうか
確かにもういい歳こいて、恋人のこの字もいないのは危ないかもしれませんが、女子大生に心配されるのは一体……

ということで、今日は色々と写メを見せられたんですが、何も私は反応を示すことが出来ませんでした
仕方ないですよね
本当に美人な子のプリクラとかもあったんですが、そんな写真だけ見せられても……という感じですよね
あまり髪が明るい人は好きではないですし、フクザツな心境でした
余談ですが、

○ーくんって呼んでいい?

これの回避方法を知っている人がいたら、是非教えてください
嫌いな奴なら断れますが、善意で普通の子から言われる時のやんわりとした断り方が知りたいです
今すぐにでも、えぇ、募集しています

閑話休題

相変わらず楽しい楽しいLoLjungleを考える日々
如何にしてtrollを探すかという作業は楽しいですが、正直その前にもっと練習して上手くなれよっていう感じですよね
ただ、考えている時は楽しいです
Teemojungleとかやったら、キノコのおかげでjungle明るいんじゃね?とかいう感じで、一人でもjungle回れるしいけるやん!とか思ってました
jungle回ったところで何するの?という感じですが、まったくもってその通りです
特に何もすることがありません
回るだけ
終わり
ろくなことがありませんね
LeBlancとかも面白そうですが、持っていないので試せません
Urgotはもう少しマナ周りが良ければワンチャンありそうなんですけどねー……
難しいです

しかし、俺妹の最終回は本当にやっちまったなという感じです
原作でもああいう風な終わり方ですが、本当にアニメでやっちゃうんだ状態です
アニメに影響されるわけではありませんが、これで近親相姦が増えたら笑えませんね
実際どうなのかは分かりませんが、かなりの倫理破壊アニメであることは間違いないです
果たしてこれがいいのか悪いのか、神のみぞ知るという事でしょう
個人的には原作通りではなく、3つもあるなら、あやせ篇とかそういう風にしてくれた方が嬉しかったです
桐乃ファン以外は残念です


そして、P4U続編のロケテ情報は相変わらずほーちゃんを中心にしてEvernoteにまとめられているので、是非参考にしてみてください
そこに各キャラで日記を記している人もいるようなので、結構為になります
夢が膨らみますね


ラノベレビュー
はたらく魔王さま!5
電撃文庫より
著者:和ヶ原聡司 イラスト:029

休日のまったり回かと思いきや、ちーちゃんが一気にストーリーの深い部分に関わってくる転機的な巻になっています
最初は魔王城の懐事情からの家電購入や勇者たちの心境だったりアルシエルの主夫根性が飛び交い合ういつものような日常パートだったんですが、後半からはなかなかに面白い展開になりました
今まで結局はエンテ・イスラの戦いだったものから、一気に日本の人間も少しずつ巻き込まれていくこのストーリーで、遂に今まで何もデキなかったちーちゃんが少しだけあちらの世界と関わるようになってしまい、事件に巻き込まれるというまたかよ状態です
とは言え、やはり結構この登場人物達は色々と個々人で考えている事が多く、一人ひとりの心情や感情というのが荒々しく伝わってきます
お互いが複雑な事情を持ちながらも、複雑な状況に陥っているこの関係が既に危ういのに、今回はそこに一気にメスが入ります
やっと徐々に核心をつくようになってきたように思えます
今後が楽しみです

一言:ちーちゃんがかわいい
総評 72/100
予定が合わない
さて、免許更新を完全に忘れている黒紗夢です
本当は今日いこうかと思っていたんですが、気が付いたらそんな時間は過ぎていたために結局更新していません
まだまだ期間はあるので問題はないのですが、早めにしておかないとますいでしょう

ということで、今日は起きてから免許更新に行こうか悩んでいたんですが、行くとなると予定を重ねないといけないんですが、残念な事に合わせる人とあわなくて断念しました
なので、LoLをやっていたんですが、LoLという名のFPSでした
相手はNoADCで余裕やろ的に思っていたんですが、完全にBotがKillLaneと化してやばかったです
もう相手のDariusが育ちすぎているせいで、黒斧+ワーモグ2つというどう考えても誰も殺せない上に全員殺されるvisionしか見えないBuildだったので、見つかったら殺される状況でした
怖いLoLもあるもんですね……
しかし、最近LoLが本当に勝てません
ゴミってレベルじゃないくらいに勝てません
やばいですね
味方のDCも多いと言えば多いんですが、このままどんどん下手になっているような気がするので一旦LoLから離れたほうがいいのかもしれません
まともに動かせないのはやばいです

なので、多摩川の花火大会を見てました
家から
寂しい風景でした
しかも、家の屋根に登って見ていたんですが、意外と風が強くて危うく落ちそうになったっていうね
結構危険なことをしていました
その割には大したきれいな花火を見れていないので、何だかなぁという気持ちのほうが強かったです
いやはや、本当は花火大会を旧友達が見ているポイントがあるんですが、そこの主催が一番嫌いな奴という何とも行くに行けない場所なのが残念です
良いポイントで同窓会っぽいんですけどね……
同窓会は別の日に別の奴らとやるので、そこではしゃぐしかないです

そして、またLCS観戦
二試合連続でFizzが育ち過ぎたせいで、Fizz無双を見せられた挙句、SKの試合はKevinがやらかしてしまったせいで負けるという散々なLCSを見てしまいました
何であそこでKevinはFlashをしてしまったのかというのは誰もが思うことでしょう
あれさえなければ、まだSKは勝てる可能性があったというのに、その一つのミスで台無しになりました
結構勝てる雰囲気だった分本当に悔しかったです
一応一番応援しているチームなので、そこが結局微妙な戦績だとクソだなって思ってしまいます
チームではなく、個人としてなら他のAlexとかの方が見ていて面白いなと思うんですが、チームとして見るとCandypanda以外はあまりパッとしない人達ですが、OceloteはEUの強すぎるMidの中では相当弱いんですが、叫ぶというのとスカーフというかなりのチャームポイントがあるので割と好きです
KevinとOceloteはどちらも何かをいい意味でも悪い意味でもやらかしてくれるので、結構楽しみにしています
最近は悪いやらかしばかりですけどね!
負けるやらかし程悲惨なものはありません……
負けた後でも勝った後でもリアクションが本当に二人は大きいですからね
見ていて色々な意味で楽しませてくれます

日本はこういうのきっと無理かなぁ……
ロケテに行くお金がない(彼と人喰いの日常4)
さて、P4Uのまさかの続編に驚いている黒紗夢です
急にここにきて新作のロケですからね
Xrdが終わったらすぐにP4Uと新作が目白押しです
どちらが先に正式稼働になるのかは分かりませんが、多分P4Uが先でしょう
そう考えると、やはり楽しみで仕方がないです

ということで、今日は朝から羨ましいなぁと思いながらひたすらTwitterのタイムラインを追っていました
LoLは残念ながら昼くらいまでは何のバグかは分かりませんが、試合が出来ないという致命的な事になっていたので出来ませんでした
リコネクト画面が1時間以上ずっと続いていましたからね
そんなのまともに出来るわけがありません
ひたすら試合前はチャットが続いていました
おかげでアニメを消化しながらP4U続編の新情報を見れたのでいいんですけどね
しかし、今回の変更はかなり多いらしく、ほぼ全キャラが通常タイプとシャドウタイプの2つが選べるようです
タイプ別……
あれ……
MELTY BLOOD……
まぁ、気にしたら負けです

で、色々と今回の情報をほーちゃんがまとめているのでそこをググれば色々な今回の変更点を知ることが出来ます

P4Cロケテ情報まとめ

でググればいいと思います
全キャラかなり変わっているらしく、コンボルートもかなり変わるようです
B二連牙が浮かなかったり、空中二連牙ってなんだよってレベルです
早く自分で触りたいです
正直、他人のロケテ情報を参考にしても自分のやりたい事というのはほとんど得られませんから、自分で触らない限り全体的なシステム面しか知ることが出来ません
特に、キャラが弱くなっただの強くなっただのというのは、一番信用出来ません
本当にね、私は他人を信じて使ったキャラが尽く、尽くだったので誰が強い弱いとかは無視します
ただ、それでもシャドウ直斗は使ってみようかななんて思っています
折角のロケテなんで正式稼働からは違うキャラを使うかもしれませんが、シャドウ直斗なら色々と夢が広がりそうだなと情報を見ていて思ったので、次もしロケテがあれば試したいと思います
ハードルが出来なくなっていたりとかなり制限はされているみたいですけどね
きっと何かあるんじゃないかなって期待してます

そして、朝から不調だったLoLのメンテが終わった後にひたすら対戦
味方がBrandAnnieでBotDUOするよとか言ってきて、完全にはてな状態だったんですが、何故か勝ってました
不思議ですね
両方共スタンを持っているからかななんて思いましたが、相手のAsheもzephyrを積んでいたりと結構謎なことをしていたので、なるべくしてなったという事でしょう
しかし、未だにjunglerを探しているんですが、面白いのがなかなか見つかりません
Sionjungleが結構面白いかな?なんて思いました
実践ではまだ使っていませんが、悪くないような気がします

しかし、1時過ぎに寝よう!と思ったら1時間半くらい眠れずにずっとベッドの中にいました
結局起きてPCをつけるという愚行をしてました
まぁ、小説書いたりそういうのをしたんでいいんですけどね……


ラノベレビュー
彼と人喰いの日常4
GA文庫より
著者:火海坂猫 イラスト:春日歩

この終わり方だと少し残念に思ってしまうような最終回でした
なかなかにハッピーエンドと言えばハッピーエンドなんですが、おやっ?と少し思ってしまいます
黒衣は賢しいのですが、目的というか最後は結構ご都合主義的なものに感じてしまいます
今までの関係からは確かにこういう終わり方がベストであり、面白いのですが少し物足りなさもあります
今回のボスである帝もこんな簡単なトリックで終わってしまうものなのかという肩透かし感があり、巻数が少ないので仕方ないものの、もう少し重み付けがあるともっとこの物語に入り込めたかななんて言う思いがあります
ストーリーとしては結構面白いものなんですが、その分、残念さが最終巻では出ています
ラブコメに寄り、シリアスに寄り、また別の主人公の独白に寄りと多くを混ぜていて全てをまかないきれずに中途半端さが際立ったように思います
その前までのシリアスが面白かった分、このハッピーエンドは人を選ぶかもしれません
ただ、後日談が別の所であるらしく、それを見ればやっぱり良かったなと思う可能性は高いストーリーです

一言:何だかんだで黒衣かわいい
総評 65/100
初狩りを楽しむ日
さて、今日はひたすらLoLで初狩りをしていた黒紗夢です
三連休くんがLoLを始めたというのでまだまだLVの低い三連休くんとDUOでひたすらNormalを回してました
私は垢をそのままで運用していたのでRuneやChampionがいるのでかなり楽でした

ということで、今日は起きてから夕飯を食べるまでかなりの時間LoLをやっていました
とは言え相手のレベルはかなり低かったので自分の為になったかと言えばかなり微妙でしょう
普通の5v5もあったんですが、何故か分かりませんがDCをするのが敵味方問わず多かったのでまともな試合が少なかったです
ただ、ちゃんとした5v5の時は無双出来たので楽しかったです
特にjungleEveの時に27/2/12という完全に一人だけ気持ちよくなっている状態で勝てた時は最高でした
一人だけ育ちすぎているせいで、1v3でも簡単に倒せるという幸せを噛み締めてました
これがrankだったら最高だったんですが……まぁ、rankだったらこうなる前に終わっているかまた遊んでいないでしょう
しかし、むしろこれをやったことによって自分が下手になってしまったという可能性もなきにしもあらずなんで何とも言えませんけどね!

そして、久しぶりに江戸屋で食べよう!と思って溝の口へ
本当はもっと自由が丘だとか大岡山だとかのラーメン屋を開拓したかったんですが、割と面倒臭かったので近場である溝の口に行きました
正直、自由が丘の方が家から近いので、近場ではないんですが気にしたら負けです
で、江戸屋でがっつり食べてからお腹の運動をするためにタイトーに寄ったんですが、何故かドラマニが混んでいたので結局一回もやりませんでした
BBCPも何人かいたんですが、自分と同じくらいの人がいなくてしょんぼりしながら帰宅
結局本当に江戸屋でご飯を食べただけで、後は何もしていません
これならもっと新しいお店を開拓すればよかったかななんて思っていました
後悔先に立たず、美味しいという安定に甘んじてしまった私の責任です

帰宅してからは、微妙にサイトの更新をしたり、小説用の設定をちらほら考えたり、しながらLCSSuperWeekのSKの試合を見ていました
いやはや、遂にLCSも最後の週になってしまいました
これによって優勝が決まるわけなんですが、元々SKは無理やろ状態だったんですが、何故かSKが勝ち続けているという謎の状態に陥ってかなりEUは勝敗が均衡してます
一番下と上はもうほぼ決まっているようなものですが、その間はまだまだSKにワンチャンスがあるのでSKには頑張って欲しいです
全部勝てば、2位に浮上出来るよ……みたいな感じです
まぁ、明日からは分かりませんが、とりあえずSKが2勝してくれたので良かったです
相変わらずOceloteが叫びまくっているせいで、集団戦になる度にうるさいですがそれが醍醐味というものです
しかも、OceloteはFlashまで吐いたのにManaがなくて相手を殺せないというクソみたいな状態に陥っていました
実況も
「No mana Ocelote」
「What are u doing??」
「No Mana!!」
「What are u doing??」
とかめっちゃ困惑してました
oh...so crazy...


しかし、自分の研究を全くやっていないというこの衝撃
本当に間に合うのかどうかは謎です
分からないところは少しだけ調べたんですが、そもそも自分のPCが起動していないので確認のしようもないという……
絶対学校へ行ったら教授に怒られるのが確定しますね、はい
trollでも上手い人は上手い(光媒の花)
さて、junglerを探していたら韓国で相当なtrollをしてる人がいて驚いている黒紗夢です
まさかSorakajungleとはね……
全く考えもしませんでした
しかも、SorakajungleでD1に行ったと言うんですから驚きです
CCなんてほとんどないですし、火力もないのに全LaneのSupportとしてかなり活躍するという事なのでしょう
やりたいですが、つまらなそうなので私はやりませんけどね!

ということで、今日はLoLで凄い知らせを見ながらも実はまだやっていなかった百花繚乱エリクシルをやっていました
いやはや、AXL信者だとかいいながら最新作はやっていませんでしたからね
とんだ怠慢です
しかし、今回は結構SD絵が多いようでいて、動きが少ないのが少し残念かなと思いました
私はSD絵が大好きなので、もうそれ中心でもいいんじゃないかレベルで好きなんですが、そこそこ用意はされていますが動きがなくてちょっと残念的な感じでした
というか、今回は攻略キャラ5人でサブキャラがいないんですよね
ロリの子も重要なイベントがあるのにも関わらず、立ち絵すらないというメインキャラ以外は捨て置くレベルの残念さです
楽しめたからいいんですけどね!
今回は珍しくというか、久しぶりにAXLで死にそうな√を見たような気がします
昔のAXLはBADENDがあって、それはそれで凄く好きでそういうのが最近では一切なくなってしまったが為に、少しがっかりしていたんですが、今回は一本√ながらもちょっとしたシリアスがあって良かったです
しかし、EDはこれでいいのか?というような感じのキャラもいて、新作は評価が割れるような気がします
ハッピーエンドのような、そうでもないような……といったところでしょう
一応皆幸せいっぱいで終わらせているのでいいのかな?
唯一残念なところは貧乳キャラがいないということ
まぁ、その理由が割と大半を占めていてので発売日購入に踏み切らなかったというのもあります
いつもならば、対照的なキャラがいるはずなのに、今回は何ということでしょう
非常に残念です
ストーリーも一人を除いて大体同じような感じです
ほのぼのとした世界って感じです
ある意味では良い時代の良い田舎町なのかもしれません


で、夜にはLoL
三連休くんがLoLを始めているということでスペクトをしてみると、初心者らしく結構楽しい動きを見せてくれました
やはり周りも頭のおかしい奴が多く、MFでAPとかそういうのがざらでした
楽しいですね
私もサブ垢で参戦したんですが、簡単に勝ててしまいます
一つ残念なのが、私もサブ垢なので大したChampionが使えないということ
無料ChampionとFiddくらいしか使えません
完全にAI以下です
素晴らしい戦いでした……


ラノベレビュー
光媒の花
集英社文庫より
著者:道尾秀介 カバー:片岡忠彦

一匹の白い蝶がそっと見守るのは、光と影に満ちた人間の世界――。認知症の母とひっそり暮らす男の、遠い夏の秘密。幼い兄妹が、小さな手で犯した闇夜の罪。心通わせた少女のため、少年が口にした淡い約束……。心の奥に押し込めた、冷たい哀しみの風景を、やがて暖かな光が包み込んでいく。すべてが繋がり合うような、儚くも美しい世界を描いた全6章の連作群像劇。

章ごと主人公が変わっていきますが、毎回しっかりと繋がっているのがなかなか面白いです
第3章まではなかなかに暗かったり、レイプだの殺人だのとミステリー要素満載なのですが、後半からはガラッと雰囲気が変わります
登場する人物達は共通でも、その過去編であったり、その後のストーリーだったりと時系列はバラバラですが、意外と人間関係が繋がっているのを読んでいると惹きこまれていきます
救いがない始まりとは別にそれぞれがそれぞれのものを抱えたまま少し面白い終わり方をしているので読み応えがあります
一面ではとても救いがなく、酷い終わり方をするものも多いですが、主人公とは別のその別の人の歩みというのが見れるのが醍醐味かもしれません
前半と後半の別々の味わいがあるのが、楽しいです

一言:未来は分からない
総評 82/100
久しぶりの勝利
さて、珍しくイザヨイとかいうキャラで格上に勝つことが出来た黒紗夢です
全然このゲームをやっていたんですが、まさか12段に勝てるようになるとは思いませんでした
完全に噛み合ったとしか言いようがありませんが、1勝は1勝という事で、気にしたら負けです

ということで、今日は町田に行こうか溝の口に行こうか迷っていたんですが、あまり真空の限定が好きなものではなかったので溝の口を選びました
面倒くさいですしね!
なので、その間に色々と、というか珍しくドラマを見ていました
何やら半沢直樹やらリーガル・ハイというのが面白いらしく、周りでも見ている人が多かったのでとりあえず今まだ絶賛放送中の半沢直樹を見ていました
いやー……
本当に面白いですね
ドラマは久々に見ましたが、本当に面白いです
最近はもう本当にめっきりだったんですが、こういう感じのドラマだと見ていたいです
多分これは完走すると思います
なかなかに演技が上手いというか、切り替わる瞬間の顔と迫力が物凄くて見ていてワクワクするようなドラマです
ドラマは一つで1時間というなかなかに時間を取るものですが、一本くらい見ていても損はないような気がします
いやはや、楽しみです

そして、いい時間になったので溝の口へ
今日もそこそこ人数がいて、またレバーチェックをするかーとか思っていました
実際初戦は相手が鉈騎士くんがいて、あ、今日はもう終わりか……なんて思っていたら、何故か私が鉈騎士くん以外を倒していて衝撃でした
まさかイザヨイとかいうクソキャラで勝てるとは思いませんでした
結構バッタで適当に通って―とか祈りながらやっていたら、見事に通っていました
相手は12段のレリウスだったんですが、鬼いちゃんとちょいちょいやっていたので、これならいけるやろ……みたいな連打ゲーをしていたら全部通って勝てました
美味しかったです
もうこんなことは2度と無いでしょう
かなりコンボも落としていたので、正直見るに耐えないレベルですが気にしたら負けです

ドラマニの方は順調に解禁曲を増やしています
夏休み中に3日に一回くらいのペースで新曲が出るらしく、ちまちま解禁しています
それ以外にもポイントでの解禁曲も一週間に一回はあるので何だかんだで一週間に4,5クレやらないと全部は出ないという
まだダンレボの曲は解禁してないんですが、こっちはそこまでいらなそうなので、気が向いたら程度になりそうです
3回連続で指定曲をやらないといけないので、がっつりやる時以外無理です
お金が……ない……
10kはあるんですが、冬コミを申し込むとなるとお金が一瞬でなくなってしまうので、大変です
これはもう申し込まないほうがいいのではないだろうか……
結局ロケテには行く(詠う少女の創楽譜7)
さて、何だかんだ言って秋葉まで行ってしまった黒紗夢です
正直コミケの後だったので今日はゆっくりしようかなと思っていたんですが、ふぐおくんにご飯食べようと言われてほいほい付いて行ってしまいました
とは言え、五時半から美容院という何とも言えない時間だったので、それまでは家でひたすら遊んでいました

ということで、昨日は何だかんだで眠れなかったのでのんびりと午後まで寝てからLoLを観戦してました
5時半まで外に出たいけど出られないという何とも言えない時間帯だったので、かなり無駄な時間を過ごしたなと思わずにはいられません
しかし、折角サークルを出したのに、同人サークルを全く更新をしていない事に気がついて、とりあえず形だけはまともにしよう!という事で直していたんですが、色々な事に気がついて結局TOPしか出来ていません
一応全てのページは元々入っているんですが、書くものがない
更にいうと、今回の絵のメインは別のやつなんですが、そいつのpixivのIDを知らないという完全に詰んだ状態でした
なので、とりあえず軽くTOPを更新して、リンクも何もないまま終わりました
あれ……?
こんなのでいいのかな……?
もうちょっと更新したかったんですが、結局何も思い浮かびませんでした
まぁ……次の時でいいですよね……?

その後、美容院へ行って髪を切っていたんですが、途中で大雨が降ってきてかなり絶望感を抱いていました
窓にかなり雨が打ち付けていて、自転車でこれ帰れないんじゃ……?とか美容師さんと話していました
切り終わった後に、少し収まったので何とか大丈夫でしたが、なんで外に行く前に濡れなきゃいけないんでしょうね……

で、秋葉でふぐおくんと合流してXrdのロケテをやってました
いやはや、今までのギルティと全然違ってかなりスピードが遅かったです
本当にギルティかよというレベルでぬるっとしてました
ロマキャンももっと読み合いが激しくなるのかと思いきや、あまりバクステRC昇竜みたいなそういう読み合いが出来なさそうだったのは残念でした
どういう方向性になるのかは、まだまだ分かりませんね

その後は田中そばで食べてからの、珈琲屋でまったりタイム
田中そばは初めて食べましたが、かなり美味しかったです
さっぱりしていながらも、味が濃く、辛いのを入れると更に美味しくなるという素晴らしいものでした
ご飯も追加でスープにあっていて満足しました
コーヒータイムはひたすらくっちゃべる時間
色々今後の事だったり、適当に話してました
いやはや、私も早く文章を書かないといけません
来年の4月までを目標にしないとですからね
頑張りたいと思います

帰る間際にも少しXrdをやってコンボを探してました
ぶっきらから新技を取り入れたかったんですが、画面端付近でしかJKが繋がらなかったので残念です
ぶっきら>ガンフレRCからブリンガー*2とか端ならブリンガー>ファフニール>ブリンガーとかそういうのしか見つけられていません
しかも、帰り際にやっとダストから横張り付きの事を知るという何とも勿体無い話
これはどう考えても、戦国陸上のフラグですね……
ギルティも陸上部になるのかと考えると胸が熱くなるな……


ラノベレビュー
詠う少女の創楽譜7
MF文庫Jより
著者:雨野智晴 イラスト:たにはらなつき

遂に迎えた最終回
思った以上にあっさりしていて驚きました
結構色々裏での錯綜があり、今回のメインと言っても過言ではないようなその後というものが省略されていたので、えっ?という感じでした
お互いが全力で戦い、そしてそこでどうするのかという各それぞれの視点で描かれていたんですが、全員を細かくやりすぎているせいで、全体的に薄まってしまっている印象です
それぞれが主人公を頼りにして、ここぞという時に歌を歌って発揮するという仕組みは至って単純なのですが、時間が同時なのか、それとも順番なのかという色々と時系列も謎ですし、同時に歌ってそれぞれのフレーズで思いを込めているのかというのがなかなか見えてこないせいで、どうも盛り上がりにかけていました
戦闘の勝敗も単純ですし、解決策も簡単
最後の最後にきて、こんな風な終わり方なんだという肩透かしがあります
裏で糸を引いている奴らも詳しくは描かれずに出て来て終わり状態で、結局その後になってしまうという完全にキング・クリムゾン状態でした
まるで強制打ち切りのような雰囲気を受けてしまったので、ちょっと勿体無いかなと思いました

一言:結局妹なのか……?
総評 60/100
遂にコミケ初サークル参加
さて、こんなに楽なコミケは初だった黒紗夢です
今年は相当な猛暑でしたが、ずっと座っているだけだったので、何の苦労もしていません
結構涼しいし、隣の人としゃべってるだけだしで、かなり楽でした
サークル参加というのは、参加する前が物凄く大変で、参加してる最中は楽だということが実感出来ました

ということで、今日はコミケ二日目のサークル参加日です
かなり眠い状態でしたが、どうせコミケ本番になったら目が覚めるだろうとか適当な事を思っていましたが、結構暇だったので割と眠かったです
9時過ぎてから、やることが全然分からなくてとりあえず周りのサークルを見てなんかやってるっぽいなーという真似事をして何とかサークル登録を済ませた後、ひたすら座る作業が始まっていました

とは言え、何故か開始10分少々で2冊売れたのは正直衝撃的でした
何故チケット組に買われたのかは謎に包まれています
そして、ぼーっとしながら、隣りのサークルの人としゃべってたりして、1時過ぎに完売したので良かったです
売っている部数10とは言え売れるだけましというものでしょう
隣のサークルは……という感じです
ただ、正直ちゃんと最後まで残れば売れるというか、普通午前中は自分たちの買いたいものを中心に回るので島は午後が本番なんでしょうけどね
果たして午後まで残ったら何部くらい売れたのでしょうかね
そんな気力はなかったので、さっそうと帰りましたけどね!
最初のサークル参加としては上出来でしょう
売れ残るというのは嫌ですしね……
しかし、最初に某人が「最初に手にとって貰って、ありがとうございますだけ言われてがっかりする体験をしろ」とか言っていたんですが、もう表紙を見てそのまま買ってたり、中身ちらっと見て買ったりする人が前半は多かった印象なので、何か拍子抜けをしてしまいました
後半は結構中身を見てありがとうございましたと言って終わることもままあったんですが、それでもそこまで落胆するレベルにまで人は多くなかった気がします
幸運に恵まれていたのかもしれません
中身をきっちり描いていないので、そこは申し訳ないなという思いもありましたが……

そして、いつも通り集まってから近くのフードコートへ行って昼飯
今回は刺身やらの定食屋さんに入って刺身の三色丼を食べてました
美味しかったです
コミケの会場近くでも、結構そこまで高くない良いところがあるのでほっとします
サイゼリアとかはひたすら行列が出来るから、流石にありえません
サイゼリアではなく、少し歩けばフードコートが並ばずに入れるというのに……集団心理というのは怖いものです
何故か皆ファミレスの方へと向かいますからね
よく分かりません

昼飯を食べて疲れたので、秋葉には行かずにそのまま帰宅

いやー……
本当に完売して良かったです
コミケ初サークル参加でも、なかなかに楽しめました
一人で売り子の場所で涼しんで、周りの人に自分の欲しいAXLの商品を買いに行かせ、ホクホクしてました
ただ、正直言って未完成本なので、もし次の冬コミに受かったら何とかそれを完成させて売りたいですね……
一応終わらせてはいるのですが、途中をすっ飛ばしてしまっているので、内容が詳しく描かれていません
なので一応ストーリーとしては完結しているんですが、あれ?これだけ?みたいな印象の方が多いと思います
もっと修練を積んで、やる気を上げたいと思います
折角なんですからね、余裕を持ってやります
後の祭りからの祭り準備(トカゲの王Ⅴ -だれか正しいと言ってくれ-)
さて、完全に無駄足を踏んだ黒紗夢です
私が予想していた通り、学校は開いておらず徒労に終わってしまうという最悪な事態に陥っていました
まぁ、割と予想できる事ではあったので、本当に何のためにやったんだろうという状態です

ということで、今日は姉にコミケの買い物手伝いを要求されていたんですが、昨日夜遅くまで原稿をやっていたせいでガン無視して寝ていました
ある意味正解でしたね
今日はとんでもなく暑い上に、コミケ会場は体感温度40度を超えるという恐ろしい地獄と化していたらしいので、家でクーラーの下でゆっくり出来たので幸いでした
結局汗だくには夜なったんですけどね!

起きてからは適当にLoLを見ながら、他のやつが原稿を貰って、調整を待っていました
で、そろそろもうやばいんじゃないかと思って町田で紙を購入
どの紙を買えばいいのかを散々悩んだ上に、とりあえず15部くらいは作れる程度の紙の量を購入して学校へ

締まってました

えぇ、締まってましたよ
締まってましたとも

何のために学校へ行ったのか分からないくらい、綺麗に校門が閉まっていました
本当に最悪です
西門の方まで見たら?とか言われて、そちらに行きましたが案の定開いておらず無駄足を踏んだだけです
物凄く暑くてひたすらコンビニを経由しながら駅に向かっていました
何で外を30分以上ひたすら歩かなければならないのか……最低な気分でした
しかも、帰宅してから自宅の印刷機を見ても、A3サイズの印刷は出来ないという事態に陥り、完全に3000円無駄にしただけです
どういうことなの……

で、仕方ないので印刷はコンビニでするしかないという事で、時間はたっぷりあります
途中で投げ出して全員分の色塗りが終わっていなかったのでそれを一人で黙々とやっていました
しかも、印刷の指定pdfが指定バージョンではないとか言われてコンビニを3往復もするという最低な事になってしまい、絵を描いて、印刷をして、ホチキスで製本をして完成をさせたのは4時過ぎでした
どういうことなの……
余談ですが、ホチキスで止める時には12年間使い続けてる消しゴムを利用してあげました
もう大学に入ってから滅多に使っていないという、不遇な消しゴムさんですからね……
一体こいつはあと何年経てば天寿をまっとうするのか……謎です

閑話休題

明日朝8時半くらいには国際展示場へ到着していないといけないのに、そんな時間です
しかも、結局コピ本ですからね
一体何の為に今日私は奔走していたのかわからなくなるレベルです
ですが、一応完成させたので嬉しかったです
夜中に一人だけで作っていたのは寂しさ以外何もありませんでしたがね!
作る本の数も13しかないので、売り切れることを願いのみです



ラノベレーベル
トカゲの王Ⅴ -だれか正しいと言ってくれ-
電撃文庫より
著者:入間人間 イラスト:ブリキ

相変わらず、トカゲが不遇で可哀想な気がしてなりません
今回もかなりいたぶられて散々な目にあってしまいます
それでも軸がぶれないのは素晴らしく、面白いです
トカゲの行動は今回メインというわけでなく、どちらかと言えばナメクジの方が主人公らしいかもしれません
ナメクジは今回の依頼でかなりの心境の変化を起こして、肉体的にも精神的にもかなり向上しているのでなかなか惹かれるものがあります
殺し屋ではありますが、考えている思考が興味深く、自分の心と向き合ってどう行動をして何を決めるかというかなり重要な転機です
しかも、トカゲの能力が開花するともなれば、もはやトカゲなんて目じゃないくらいの主人公らしさです
結局トカゲはいたぶられて、次回どうするのか?という程度に終わってしまいので、本当にダブルヒーローらしくなってきて楽しくなって来ました

一言:完全にグロラノベ
総評 70/100
調べれば、欲しいものは多い
さて、ちらっとコミケの事を調べたら若干欲しいものがあった黒紗夢です
元々軍資金はほとんどない上に、本当に欲しいの?って聞かれると困るものも多いので、調べるだけ調べてそれで満足と言うことは多いです
というか、暑い中延々と並んでまで買うのか?と言う問いをすると大抵Noなので買いません

ということで、今日はコミケ折角行くんだし、何か調べようと色々調べていました
みりおんばんくだったりTabgraphickだったりとその他諸々ありました
ただ、正直二日目以外行きたくない=どこにも回れないという選択肢しかないので、誰かが行くしかありません
まぁ、被ってるところは一つもないんで諦めましたけどね
なので、唯一にして絶対のAXLだけは買ってきてもらう事にしました
あそこは一切並ぶ必要がない良心的な会社です
一切並ぶ必要がないにも関わらず、気が付いたら全て売り切れているのが謎です
皆合間合間にAXLを買う感じなんでしょうね
私もそうでしたが、あそこは大体午前中に行けば確実に手に入って、午後からは売り切れが増える印象です
でも、誰も並ばない
絶対数が少ないのかな?とも思いますが、いい所です
毎回瀬之本久史のSD絵の為だけに買ってるようなものです
あの人のSE絵は本当に可愛いです
一番好きなSD絵と言っても過言ではないでしょう
そのくらい好きです
普通の絵は、普通に可愛いという感じですけど

そして、ギルティギアの新シリーズであるXrdの情報に躍起になったり、ガルガンティアのTV未放送版がニコ生配信でやっていたので見ていました
いやー……
本当にガルガンティアは面白いですね
BDがガチで欲しくなります
お金がないのが難点なんですが、本当にガルガンティアはBDを買う価値があるレベルで面白いなと思います
TV未放送版ももうちょっとお色気イチャラブがあると完全にハナハル絵に萌えることが出来るので、そこだけが少し残念かなと思います

その後は原稿が終わっていないにも関わらず、私の担当分がなかなか回って来なかったのでめろんさんとLoLDUOしていました
rankで2連敗しました
元々ポイントが0だったのでこれ以上減らないのはいいんですが、負けすぎるとDivisionが下がってしまうのが結構な問題です
なので、一旦やめましたが、そろそろ勝ち星が欲しいところですね
今のところめろんさんとやったDUOは勝敗が半々なので、一旦ソロでまた鍛え直してからやった方がいいのかもしれません
金への道はまだまだ長いです
この音量で通話をしたい(100回泣くこと)
さて、普段の音量よりもでかい音が携帯からなって若干ビビっていた黒紗夢です
着信音とかは特に付けていないので、大きくなくていいんですが、私のスマフォは通話の音が本当に小さいので、緊急地震速報の音量くらいあったらそんなに不便せずに通話出来るのになとか思っていました
しかし、地震速報が誤報で何よりでしたね

ということで、今日は緊急地震速報の時にLoLをやっていて若干焦っていました
コミケやらなきゃーと思いつつも、眠気覚ましにLoLを観戦したりやっていたので、もう今日も結局LoLデーですよ
jungleEveは強いんですが、buildが本当に迷います
Lizardを最初に積んでから、APガン上げortankにするのかというのは毎回迷ってしまいます
なので、結局仮面を積んでからaegisだったり適当なbuildになってしまいます
強いから、そこまでいくともう既に試合がほぼ終了状態になっているんですけどね
味方のTopが大抵tankになるので、そこまでTankyにする必要もないんですけどね
理想はTopSupportがtankでjungleEveをやるのが、buildに迷いがなくて良いです
正直Eveがtankになってもだから?という感じになるので、TankyAPくらいに留めておきたいです
アビサルやTwinShadowかなーなんて思っています

そして、グリマスのイベントを進めようとしたら突然のログイン画面
あれー?とか思いながら、仕方なくパスワードを入れても何故かログイン出来ない
なのに、グリマスのTop以外の営業ページなどには飛べる
イベントページもログイン画面に戻される
謎の現象に見まわれつつも何とかイベントを進めようと躍起になっていたんですが、途中からは全ての画面から強制的にログイン画面に戻されるというクソな事になりました
原因は不明で、後々GREEからメールが来て不正ログインをされた可能性があるので、垢停止しました^^とかいうクソみたいなことが書かれいていました
もう完全に引退勢です
垢の復活予定は未定とかもうやる価値がありませんね
結構上手く言っていたのに、まさかのクリアですよ……


コミケに出す本はもう時間が足りなすぎて、普通なら20ページくらいはさくであろうところを全てカットという素晴らしいクソ所業を経て、私が描くべきところは一旦終わらせました
その後の作業もまだまだ残っているんですが、もう相当やばいです
「明日印刷するから^^」
って言ったら全員から否定を食らうというもうこれ無理じゃね?状態です
間に合うのかな……


ノベルレビュー
100回泣くこと
小学館文庫より
著者:中村航 カバーデザイン:川村哲司 イラスト:宮尾和考

実家で飼っていた愛犬・ブックが死にそうだ、という連絡を受けた僕は、彼女から「バイクで帰ってあげなよ」といわれる。ブックは、僕の2ストのバイクが吐き出すエンジン音が何より大好きだった。四年近く載っていなかったバイク。彼女と一緒にキャブレターを分解し、そこで、僕は彼女に「結婚しよう」と告げる。彼女は、一年間(結婚の)練習をしよう、といってくれた。愛犬も一命を取り留めた。ブックの回復→バイクの修理→プロポーズ。幸せの連続線はどこまでも続くんだ、と思っていた。ずっとずっと続くんだと思っていた――。

あまり過剰な風景描写や心理描写というのが少なく、なかなかに淡々とその場の情景や登場人物たちの心情が描かれています。結構泣ける話なのかと思いきや、意外と文章はあっさりとしています。
彼女の魅力というのも最初から本当にあっさりとしている為、性格や動作というのはストーリーを読み進めていくうちに段々とわかってくるものですが、それでも漠然としていて、はっきりとした「彼女」というのは薄いかもしれません
後半にいくにつれて段々と周りの状況変化が激しい為に、主人公もてんやわんやにならざるを得ませんが、終わったあとも何だか少し希望がありすぎるような、そんな拍子ぬけさがあります
世界観は凄く良くて、希望と絶望の差がはっきりとしているものの、何番煎じか分からないような設定でもあるので、この物語から何を見いだせるのかというのは、少し足りないものがあります
ブックへの愛も少し薄情に思えてしまいますし、バイクの修理、そしてブックの回復と言った転機の移ろいも心情変化として良いのですが、それでも結局彼女との事が有耶無耶になっていたのが残念でした
また、合間合間に出てくるカッコ書きがかなり余計で、これ必要ないだろうというむしろ文章の邪魔にしかなり得ないようなものがままあったので、そこが非常に残念でした
ラノベと大差ないです

一言:彼女は甲斐甲斐しいが、主人公は
総評 60/100
プロの試合は面白い
さて、今日も相変わらずネームを書きながらLoL観戦をしていた黒紗夢です
そしていつの間にか観戦がメインになっているのもいつものことです
他人のつまらない試合ならば、そのまま適当に流せるんですが、流石にプロの試合となると一つ一つ上手い動作が沢山あるので目が離せません

ということで、今日は朝っぱらからDUOをしている二人を見て、勝ち確なのに勿体なすぎるものをひたすら動画勢として批判しまくったり、ちゃんかわくんのキチガイgankを見て楽しんだりしてました
正直、某人と某人が自分以上に上手いと思えないのにDivisionが上というのはなかなか納得が出来ません
まぁ、最初の10戦で8以上したら銀3以上確定というのがあるので、仕方ないといえば仕方ないです
私は最初の頃は負けてたので、そこから今順調に上がっている状態です
早く金まで上がって行きたいですね

で、気が付いたら昼寝をしていて、ネームをやらなきゃという使命感を帯びながらも、韓国のLoL決勝が配信されてたのでそれを見てました
いやー……
本当に面白かったです
かなり盛り上がりました
最初圧倒的に負けていたのに、途中から頑張って集団戦を上手く潰して逆転するというチームワークが見れてすごかったです
Championの立ち位置やFocusが本当にProは上手いです
見習いたいですね
しかし、Vayneは相変わらずレイトゲームが強すぎます
そう考えると、序盤負けていてもレイトゲームになればなるほどVayneがいる方が断然有利になるので、team構成とどれほどで勝てるのかというのをはっきりと5v5ではさせないといけないでしょう
rankはどうせPlatinumまでは何もそういうのを考える必要はないでしょう
銀もcounterとかは大して考えずに、自分が得意なのをやるのが得策だと思っています

しかし、ネームを進めていて気が付いたことは、このまましっかり書くと最低でも10ページは消費しないとまともなストーリーが描かれないのにも関わらず、時間が足りないが為にすっ飛ばすという最低な事をしています
何故前もってしっかりとやらなかったのかという後悔が残りますが、今更でもあります
とにかく、今のをしっかり終わらせて終わらせたいものです
生まれて2度目の回転寿司(茶子と三人の男子たち S力人情商店街1)
さて、回転寿司を食べて二度と食べないと誓った黒紗夢です
何というか、昔はババァ共が昼間っから回転寿司を食べてから家事をするみたいな事を聞いて最低だなぁなんて思っていましたが、これを寿司だと思って食べているのが可哀想だなと思う程度の美味しさです
もしも自分が結婚して嫁が回転寿司食べたいだなんて思ったら、ちゃんとしたお寿司を食べさせられる程度の蓄えが欲しいですね

ということで、今日は昼間にはLoLをやりながら、グリマスで何とかイベントの中間ランキングで3,000位以内になろうと躍起になっていました
結果としては何とか2,100位くらいでSRをゲット出来たので満足しました
今回のイベントのSRは250万ptという途方も無いポイントを稼がないと手に入れることが出来ないので、中間ランキングで3,000位に入って手に入れた方が楽かなという判断のもと、延々と飴を舐め続けてました
おかげで自分が蓄えていた全ての飴を消費しました
中谷育ちゃんのイベントじゃないのに何をやっているんでしょうね……
まぁ、もう時既に遅しです
次に育ちゃんがまだ来ないことを祈っています

で、溝の口
何だか今日は強い人が大勢いてびびりました
もうこれ私が参加しなくてもいいんじゃないかな程度に皆強くて、案の定一回戦で敗退しました
私は所詮マスコットですからね……
なので、音ゲーを中心にやっていました
また最近GITADORAは条件付き解禁曲が増えたのでそれをせっせと見つける作業をしていました
DDRの曲3曲だとか、指の曲3曲だとか、結構簡単に曲が増やせるので良いです
個人的には弐寺の曲とか欲しいんですけどね
難しいでしょう

大会後は何故か皆で回転寿司
皆というのはもはや人が多すぎて分からない程度に皆でした
横浜勢の人が今日は多かったので、その人達も同じ回転寿司で時間帯が違ったり、同じ店なのに仕切りがあってその向こうの回転寿司へ行っていたりと、回転寿司デーでした
何故か皆エビマヨプッシュだったんですが、残念ながら私はマヨが嫌いなので一つも食べてません
というか、あまりにも残念すぎて3皿した食べてません
まぁ、そんなものです
言うほど不味くもないですが、だったら別のを食べたいなと思う程度の美味しさです
完全に舌が肥えて損をしている気分ですが、寿司に関してだけは私の絶対の大好物なので、妥協はしたくありません
つい先日、一番お気に入りの寿司屋で食べたばかりですしね
仕方ないです

しかし、某何とか騎士くんに色々と聞いて、ネタだけど、ネタではないレベルでラノベを書いてみたいなぁなんて思いました
聞いていてワナビも結構面白いんじゃないかな?と感じました
今はコミケで忙しいですが、研究の合間にちょっとだけシナリオを書いてみたいと思います
楽しみです



ノベルレビュー
茶子と三人の男子たち S力人情商店街1
新潮文庫より
著者:令丈ヒロ子 表紙:加藤アカツキ

さびれつつある商店街で育った幼なじみの中学生、茶子、吾郎、研、吉野の4人組は、神社で雷に打たれ、超能力を授かった。エスパーアイドル誕生か?……と思いきや、それぞれの不思議な力はどこか「しょぼい」。果たして、彼らの脱力系の活躍でふとん店を襲う謎の事件を解決できるのか? 商店街をこよなく愛する大人気作家によるユーモア青春小説。

中学生向けに書かれた小説らしく、とても簡単な文章であっさりと読みやすい展開でなかなか面白いです
また、小学生の頃に見たズッコケ三人組を思いださせるようなそういう懐かしさを感じることの出来る世界観でした
幼なじみ同士が商店街で他愛のない話を広げ、そして、ひょんなことから超能力を手に入れる
とてもありきたりですが、それぞれが思っている想いであったり、商店街に関する愛というのが伝わってきて楽しかったです
しょぼい超能力と書かれていますが、結構深く掘り下げれば良い超能力ではないのかなと思います
上手く4人の超能力もマッチしているので、このふとん店の事件の解決方法というのが単純で、些細なきっかけから導き出せます
ただ、一つだけ回収していない伏線があったので、それは結局何だったのかな?なんて不思議に思いました
それ以外は非常に楽しく読みやすいです
ラストは少し後味が悪いような、それでいて笑い話で済んでしまうような、そんな面白さがあります
老人たちも意外とお茶目です

一言:茶子の結論まで早くいきたい
総評 71/100
動画勢は忙しい
さて、今日はかなりLoLの観戦をしていた黒紗夢です
一応コミケまでもう残り時間がなくなってしまったんで、ひたすら絵を描かないといけません
なので、自分ではメインでやらずに見ながら絵を描いていました

ということで、今日はひたすら動画勢に徹していました
あまりにもスペクトをしすぎたせいで、逆に絵が疎かになったのは言うまでもありません
大魔境Bronzeの闇を垣間見たり、rank特有のDCで負けていたりと見ていて面白かったです
やはり他人のrankを見る時は、負けている時が最高に楽しいですね
そこからの逆転劇もままいいですが、負けてる時に知り合いがminionの如くLaneに戻ったら死んでいくさまを見るのは楽しいです
某ねいびーくんは18分になってからgankを初めてしてたのに勝っているという、素晴らしく試合に参加してない試合でした
ある意味面白かったです
これが、Bronzeの闇か……
因みに、色々な人がrankをやっているせいで二つ同時に見ていました
LoLは常に見ていなくていいので簡単に2窓で見ることが出来るんですが、そのせいで一切の作業が中断されました
あれ……?
本末転倒なのでは……?

そして、結局自分でもjungleLeonaやりたさにやっていました
結構jungleLeona面白いんじゃないかなぁと思っていたんですが、冷静に考えるとノーチで十分だったなというのを思い知りました
確かにノーチで十分でしたね……
ただ、ノーチよりもEが繊細でEが当たれば勝ちみたいなものです
しかも、CCも豊富なので私は好きです
極めれば強いんじゃないかなぁと思いますが、やはりもっと強いChampionがいるのでね……
完全にtrollです
たまにやりたくなるようなChampionです
とは言え、Leonaは買ってないので、もう次のFreeまではやれませんけどね!

そして、絵は順調に……ではなく大して進んでいません
たかだか数ページなんですが、時間はないけれども、丁寧にやらなければならない
何故もっと早くやらなかったのかと思わなくもありませんが、そんなのは今更です
さっさと終わらせて、ましなものにしたいです
コミケの準備がそろそろ必要(蒼柩のラピスラズリ4)
さて、同人誌を少しずつ描き進めている黒紗夢です
もうコミケ直前ですからね
最早猶予は一刻もありません
それなのに、全く完成していないというのは相当まずいですね
本当に大丈夫なのだろうか……

ということで、今日は同人誌を描くために割と一生懸命やっていました
とは言え、一応私はネームだけなので、ペン入れは別の奴がやります
そのネームがまだ終わっていないのは割とやばいですよね
まぁ、ほぼほぼ下書きレベルのところまではやっているので、何とかあとはそいつ次第です
きっと終わらせてくれるって信じています
信じてます……
本当に大丈夫かどうか不安でいっぱいです……
それなのに、まだあと2,3ページ残っています
何とかしないといけませんね

で、たまには自分の卒業の事も考えて修論に使うプログラムをひたすら見ていたんですが、デバッグしていてもうわけが分からん!状態になって、とりあえずやらなければいけないレジストリの書き換えとUpdateをして再起動してからまたやるかーみたいに意気込んでいたんですが、よくよく考えたら私の研究室のPCは再起動をするとBIOS画面で止まるので、再起動すると詰むんですよね
完全に終わりました

諦めてさっさとLoLしてました
何やら大阪ではオフ会をしていて、カラオケでめっちゃ騒いでいたのをイラ壁しながらLoLですよ
割とエクバ勢というかLoL勢は大阪にいる奴らが多くて、そいつらがオフ会でカラオケ配信しているのを聞いていたらもうね
歌上手い奴が多いし、めっちゃ楽しそうだし、こちとら一人でプログラムは出来なくなるし、ネームは終わらないしでギャップ激しくて虚しくなっていました
まぁ、私は元々歌が下手で、カラオケが嫌いなのでもしオフ会になってもカラオケなんて行かないんですけどね!
よくある事です


ラノベレビュー
蒼柩のラピスラズリ4
MF文庫Jより
著者:あさのハジメ イラスト:菊池政治

こんな早々にハーレムが終わるのかな?なんて一瞬だけ思いましたが、そんなことあるわけがありませんでした
結構この著者はバトルとイチャラブを半々でストーリーを描いていくんですが、今回のあからさまな引きと伸ばしはらしさを感じます
今回のメインは勿論前回の引きからの続きである真由香とのデートであったり告白であったりとイベントが盛り沢山です
しかも、海へ皆で行くという水着回もしっかりと盛られています
前回の戦闘の節目、そして、今回の新たなる戦闘の序章という戦闘面に関しては幕間という感じかもしれません
ハーレムのヒロイン選択も、今回は少し真由香で一区切りをつけて今後また誰にいくかというのが注目のところでしょう
本当に結構先が読める展開、空々しいほどのイチャラブと簡単なものが多いですが厨二病っぽいのも今回は混ざってあるので少し面白いかもしれません
というか、もう菊池政治のきわどい絵が見られるというのでもう大満足状態です
私の予想では、普通に考えてラピスにいくんだろうなとは思いますが、果たしてどうなるのか、最終巻までは走りたいと思います

一言:もっとラピスのデレが見たい
総評 70/100
身内盛り上がりは寒い
さて、日本の大会は本当に馴れ合いが多いんだなと感じる黒紗夢です
自分も格ゲーの大会でも結構馴れ合っているなぁとは自覚していますが、それを結構大きめのでやられるとやはり部外者としては結構困りますよね
今回は格ゲーではなくLoLなんですが、こういうのは突然行っても仕方がない環境なんだなというのをまざまざと見せつけられましたね

ということで、今日も今日とてLoL日和です
件のe-sprotsの配信がたまたまやっていたので見てみたんですが、もうLoLと関係ない話しかしていないレベルで酷かったです
フリープレイの時はしかたがないのかななんて思いますが、トーナメント中も来てない誰々がデートしているだの、女の子がどうだのと関係ない話しかしていないので見ている価値がありませんでした
試合内容もひどかったんですが、それはLV30にすら行っていない人がいたので、そこはしかたがないのかなとは思います
が、これでRiotの社員さんが来ているというんですからびっくりです
前も日本人の賞金が確か出ている大会も見ていたんですが、実況は下手だしそもそも日本語不自由だしみたいな感じで最悪でした
これが日本の土台ですからね
酷い身内臭しかしません
こんなので次もし日本鯖が出来ても本当に行きたくなくなります
格ゲーの恒例大会の方がまだ大会中だけはまともな気がします
世界的にはかなり人気のLoLでも、日本じゃ身内臭しかしないが為に細々と個々人がやるくらいでしょう
GarenaTVみたいになる日は来るんでしょうかね……

で、その配信を切ってから他人の配信見て、自分でもrank
今日はかなり勝てました
4勝1敗で、遂に銀3です
結構すんなりいけたような気がします
1敗の時は、かなり自分のせいだったのでそこはもう本当にごめんなさい状態だったんですが、他はちゃんと味方も良かったし、自分もそこそこ動けたんじゃないのかななんて思っています
一回だけ、2jungleというクソみたいな事になってしまってどうしようかと悩みましたが、まさかの勝利で驚きでした
2jungle……意外とありなのか……?
ないですね、はい

因みに、最後の自分の昇格がかかっている時に、自分がCaitを使って4/0/6という結構なボロ勝ちをしていたんですが、一回だけ捕まってしまってかなりボロクソ責められました
とても元気な味方で面白かったです
正直、全部無視していたんですが、LeeSinの私への発言推移はこんな感じでした

最初→Cait4/0/6とかすげーじゃん! お前最高だぜ!
中盤→お前何やってんの?装備整えて
中盤後期→俺はお前が大嫌いだ!Caitはだから嫌なんだよ……
最後→よっしゃ!俺はすげー良いチームに巡り会えた良かった

すごく……現金です……
まぁ、おかげで昇格出来たので満足です
あと2回Divisionが上がれば金か……
完全なる無視によるサボリ(しゅらばら!8)
さて、今日は最後の集まりだったのに学校へ行く気が0だった黒紗夢です
他の人は行ったのかどうかは分かりません
1人は確定しているんですが、他のやつも一切返信をしていなかったので、もしかしたら一人以外誰も行っていない可能性もあります
多分2人くらいは行っていると思いますけどね
特に行かなくてもメールとかも何もなかったので、大丈夫だと信じています

ということで、今日は家でひたすらLoLをやっていました
最近の生活リズムは大して変わり映えしませんね
そもそも教授が8月1日から夏休みだよって言っておいて、2日に集合という矛盾をするのがいけないんです
という言い訳です、はい
だったら3日から休みって言えばいいのにと思わざるを得ません
これがよくある社畜は夏休みあるけど、まぁ、勿論有給使って働くよね?みたいな状態です
危険なかおりがプンプンします
まぁ、私の卒業も出来るかどうか怪しい臭いを漂わせていますが、気にしたら負けです
卒業なんて……出来るさきっと……
自分で自分の首を絞めているような気がしてなりませんが、出来る限り今のうちにやれることはやらないと本当に不味いです
夏休み中も家でリモートを……と思ったら、5日に一斉停電でPCのリモートをやる為には学校へ行かないとならないという致命的な事に気が付きました
大丈夫かな……

閑話休題

今日のrankはまためろんさんと一緒にやってさっさと昇格するかーみたいなノリだったんですが

見事に3連敗しました

まさかね……
自分が三連敗するだなんて誰が予想できたでしょうか
酷い有様でした
Kennenで普通に負けたり、j4で特に何も出来なかったりともうテンションだだ下がりです
まさか前回の3連勝から3連敗になるとは夢にも思わないです
折角の昇格戦が無駄になりました
おかげで一気にポイントが60くらいに……
これでまた勝ち続けないといけないというのは辛いものがありますね
果たして勝てるのやら……
まぁ、流石に3連敗もした後は特にやりたくはなりませんので、さっさとrankはやめました
その後はあまりにも自分のfarmが酷かったが為に、一人でNormalをやっていました
いやはや、farm出来ない事出来ない事
本当にfarmが下手です
これが一番重要なのに、全然出来ません
20分で100farmは最低超えないといけないラインなんですが、割と怪しいです
普通は150とかその辺までいかないといけないんですけどね
いっているといえばいっているんですが、roamをすると大抵ダメになります
Kennenはやりやすいはずなんですけどね
不思議ですね
因みに、FroggenというProは20分で300farmを達成したそうです
どうやってやったのかは謎です
普通自分のLaneには20分で200くらいしか来ないそうなんですが、残りの100は一体どこから……
せめて150は超えたいですねー
そうすれば、Goldにも大分近づくはずです


ラノベレビュー
しゅらばら!8
MF文庫Jより
著者:岸杯也 イラスト:プリンプリン

前回の一気にバレてしまったという引きからの、今回のストーリーは結構暗いです
それぞれがお互いの事を思いながらも、自己保身の為であったり、相手の為であったりと多くの事を考えているんですが、やはり後ろ暗いものが多いという自覚を生んでしまっているので、かなりシリアス展開になっています
メインの場所は文化祭で、特に早乙女が中心になっています
元々学校という場面ではある意味独壇場なので、仕方ないのかもしれませんが、大分方向性が固まってきたのかななんていうふうにも思います
後半からは、それぞれが周りに激励されたり、良い方向に持って行こうと心を強く思ったりして良い感じになっていっているので面白いです
最後の方は、現実ではほとんどありえないでしょうが、話題性や方向性が面白く、ハッピーエンドに収束されていっているので見ていて楽しいです
とは言え、文化祭がメインで話が暗いというのは結構珍しい物語かもしれません
しかも、今回もまたとんでもない引きで終わってしまったので、次の巻が楽しみになりました
あと2巻で終わりだそうで、果たして主人公は誰を選ぶのか、はたまた違った結末を迎えるのか、期待しています

一言:たかなのいい所がなかなかない
総評 72/100
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。