黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
会ってもイベントは発生しない(魔王が家賃を払ってくれない6)
さて、学校へ行っても何も突っ込まれなかった黒紗夢です
教授に会って色々ハンコを貰うために面と向かったんですが、研究のことはノータッチという素晴らしい処置でした
私達の代は本当に大丈夫なんでしょうかね……?
去年の先輩たちは週1でネット会議をしていたそうなんですが、私達は一切していません
私は一度スルーしたので、実質まだ一回しかやっていません
それなのに、研究は誰もやっていないという、本当に大丈夫なんでしょうかね……?
謎です

ということで、今日も普通に研究室行ったんですがTAの報告書とかを書くために色々と作業をしていました
正直一回しかやっていないので対してお金はもらえないんですが、最近何故か余計なお金を使っているので一回でもお金が貰えるだけで十分です
1万あるかないかは大きいですからね……
卒業旅行もしようと言っているのに、全く貯蓄がないのは果たして大丈夫なのか、否ダメでしょう
余分なバイトをしようか考えましたが、よくよく考えたらそんな時間あるならもっと研究をしろという話です
まぁ、某人は何故か後期になってから木~日まで週4バイトをして10万くらい月稼ぐとかいう謎のことをしていますけどね!
何故それを前期にやらなかった……
何故更に忙しくなる後期に入れてしまったのか……
きっと突っ込んだら負けなのでしょう

そして、町田で相変わらずドラマニ
最近結構下のものばっかりやって、上の曲はmemento moriのEXでタムスネアを鍛えています
そのおかげで、ふと6台のタム連打の曲などをやると結構繋がるようになったので嬉しかったです
少し前に適当に登録したライバルが私のポイントをいつの間にか抜かしていて、私もそろそろポイントを稼がないといけないんですよね
なので、6,7台の曲でAやSを取れるようになって、何とか追いつきたいです
というか、そろそろもっと成長してもいい時期なはずなんですが、なかなか上がりません
壁を感じているわけではないんですが、やはり左足がネックです
大分タム連打には慣れてきたので、今度は左足を自在に操れるような練習曲を探したいと思います
こっちは簡単に色々と探せるんですが、研究は何故か捗らないんですよね……
研究よりも働きたいという気持ちが強いという謎
社畜になりたくないと言いながらも、研究するよりはましだという謎の理論です
プログラミングなんて……という状態です

帰宅してからは、ガルロワのイベントの準備万端だぜ!とか思ったらいつまでたっても開始されません
最初は今日の夕方から!みたいな感じだったんですが、延長して8時開始→9時開始とどんどん遅くなっていきました
どういうことなの……
これで終了時刻も遅くなればいいんですが、多分ならないでしょう
ガルロワのイベントは回を追うごとにやばくなっていっているので、今回はもうちょっとまともに出来るようになっていたらいいなと思います


ラノベレビュー
魔王が家賃を払ってくれない6
ガガガ文庫より
著者:伊藤ヒロ イラスト:

今回はやっと家賃を払うのかと思いきや、相変わらずの超展開で気が付いたら有耶無耶になっていました
巻を重ねていく毎に超展開率がアップしていくんですが、前回に比べたらある程度はましなのかもしれません
とは言え、今回は何故かよくわからないブルマーとスパッツの対決であったり、ヨシツネの父親の話がちょっとした事件のきっかけになっているにも関わらず、何だかんだで平和的に終わったりとこっちへ行ったりあっちへ行ったりと何かと忙しいです
今回の舞台はずっと町内で起きているはずなのに、周りの人間を含めて何故こんなに順応性がいいのかとかノリがいいのかとか突っ込みどころが満載です
珍しく魔王軍の人達の登場が少なかったというか……あれ……?
お色気的ポジションの重要な将軍がほとんど出てきていない……?という感じである意味お株を奪われています
新キャラがかなり出てきますが、どうせ使い捨てなのであまり気にしなくてもいいのかなと思います
色々なキャラを出しておいて一応しっかり回収している分、超展開だけど楽しめるかもしれません
大分慣らされてきた感は否めませんが、こういうノリはたまには面白いです

一言:あからさまなネタ振りはあざとい
総評 68/100
スポンサーサイト
テンションが下がる
さて、投稿次た記事が消えていて完全にやる気をなくした黒紗夢です
本来であれば、ちゃんと投稿されているはずなのに、何故か保存ボタンですべて消えるという終わっている現象が起きました
どういうことなの……
結局何故かどこを調べてもなく、それでも記事番号をアドレスから辿ったら行けたという謎の現象が起きました
過去記事管理からもいけなかったのに、保存はされているという謎現象です

ということで、今日は色々あったようなないようなで、実際特に何もありません
昨日は結局皇族VS Fnaticは途中で寝て結果は分からなかったんですが、予想通り皇族が勝っていたので順当という感じでしょう
そして、今日はrankを結構やっていました
この前S4に落ちてしまってやる気がだだ下がりだったんですが、流石にこのままじゃ不味いと思ってRankをやると勝てること勝てること
一瞬でBO3のところまで行きました
どういうことなの……
やはり、私は自分にあったポジションに行くと結構勝てるようです
今のところjungleとSupportが自分にあっているのかな?なんて思います
あと今日今更ながらに気が付いたんですが、TOPを育てるよりもBotのADCを育てた方が圧倒的に強いなということが分かりました
いくらTopを育てたところでたかが知れていますが、ADCは育てたら育てた分だけ集団戦で勝てますからね
あとは集団戦でそのADCを守っていれば自動的に勝てます
ただ、BO3は負けました
割と切れてた気がします
勝てる試合を落としたのは本当に残念です
原因は某人にあるんですけどね……
ADCなのにも関わらず何故か勝手に前に出て速攻殺されてそのまま終わるという大惨事でした
前に出るなと言ってるにも関わらず、何故か勝手に前に出て罠を置くというあほみたいな死に方です
完全にBronzeです
何の為にVCをやっているのか分かったものじゃありません
基本的に、私もそうですが、外人にキレることを大抵自分でもやっているんですよね
それぞれがちゃんと自分はADC、自分はTankと一試合一試合で認識しないと、そこで甘さが出ます
私は絶対にしませんが、Wardを買えって他人に言いながらも自分で買わない奴は本当にクズだと思っています
jungleのときは私は大体買いますからね……
それでも買わない奴は知りません
勝てる試合を落としてrankが上がらないのは本当に悔しいです
多分しばらくまたLoLから離れるでしょう
というか、そんなにLoLに今熱があるわけじゃないですからね……
動画勢は本当に楽しいですけどね!

クッキークリッカーも大分終わりが見えてきて、あとはアンチマターを100個購入するために放置をするだけと言ったところです
何でこんなのをずっとやっているのか、自分でも理解出来ません
なんでなんでしょうね……

しかし、ファンタジスタドールは登場人物が総じてクズという珍しいアニメな上に、気が付いたら最終回でイイハナシダナー展開をしているという計り知れないアニメですよね……
登場人物はみんな可愛いですし、ガルロワをやっている限りは可愛くて楽しいんですが、アニメは相当やばいですね
最終回の3人ドラムロールも謎でした
あのアニメは一体何だったんでしょう
女児向けアニメのはずなのに、カオスにまみれてました
今期アニメは何だかんだで、カオスなのばっかりだった気がします
間違いなく、一番面白いと言えるのは有頂天家族でしょう
金モザとかも可愛かったですが、やはり有頂天家族には敵いません
でも、あまり有頂天家族を見ている人が少なかったのが残念でなりません
周りは完全に萌え豚か実況アニメの糞アニメを見る人ばかりなので、なんだかなぁという思いが強いです
アニメの楽しみ方は人それぞれなんで、見てないんだ―そっかーで終わりなんですけどね……
動画勢は一番楽しい(つきたま③ ※公務員でも世界を救えます)
さて、あまり注目の試合ではなかったのにLoLの試合を楽しめた黒紗夢です
やはり、あまり興味のないところでも結構Proの試合は接戦になると面白いですし、有名選手が一人でもいればその人だけを注目して動きを見てみればコメントのしがいがあります

ということで、朝のような昼に起きてからPCをつけたらちょうどワールド・チャンピオンシップのセミファイナルが行われていたのでずっと視聴をしていました
セミファイナルからはBO5になるので、なかなか試合が長いです
何せ最終戦までもつれ込めば、たとえ一試合30分だとしても150分……この間に休憩とPickの時間が更に加わるので、実質4時間くらいかかります
相当長いですね
その間はほとんど見ながら作業なのでほとんどのことが出来ません
ガルロワは出来るんですけどね!
ガルロワは最近Skill持ちのHNキャラが全然出てこなくてメインのキャラが育てられません
正直もうレベルはほとんどMAXなので、あとはSkillレベルだけなんですよね
もう私くらいのレベルになると、周りが大体SkillレベルMAXのキャラ持ちばかりなので、正直いって全く勝てません
しかも、私は課金をしていないので、課金キャラも持っていなくて大分不利なんでね……
結構辛いです
せめてSkillくらいMAXならもう少しやりようはあるんですが、もどかしいです

そして、LoLは全く興味のないNjBが勝ちそうだったんですが、その後突然SKT1が強くなり始めたというよりも、どう考えても相手のコミュニケーション不足で負けてました
毎回かなり適当なShenのUltのせいで集団戦が始まる前に全くFocusを受けていないChampionにShenがUltで突っ込んでいいようにFakerにやられているという感じでした
何だったんでしょうね……あれは……
序盤はかなりNjBが優勢でSKT1は終わりかな~と思っていたんですが、まさかの逆転劇です
謎でした
しかも、多分ですがこの5試合全てでJaxがPickされていたような気がします
確かに今の環境下において、TFを積めるChampionが滅茶苦茶装備で優遇されるのは明らかなんですが、Jax自体がどうなんだろうなぁという感じです
強いんですけどね
というか、速攻でADCを溶かせるので結構使い勝手はいいんですが、即死ではないのが難しいところでしょう
私が使っても死んでいくだけなのに、不思議ですね……

しかし、今日はもう試合が盛りだくさんでほとんど日中何をやっていたのか?という疑問しか浮かびません
寝ようとしたら、今度は皇族VS Fnaticという滅茶苦茶気になる試合でした
これは起きてるしかない!……とおもったんですけどね
試合が始まる前が一番面白かった気がします
突然歌い始めるTabe
何故かUziとデュエットをし始める中国勢の奴ら
それぞれ試合が始まる前のインタビュー的なので、リラックス法として私達は歌を歌うんですみたいな感じだったんですが、かなり面白かったです
え?こいつら大丈夫?!みたいな状態です
中国勢は中国勢でなかなか濃い奴が多いですね……
Tabeは滅茶苦茶良い奴っていうのは分かるんですがね
UziはADCとしてかなり上手いですし、でも、よく分かりません
試合はかなりつまらなかったです
皇族が一方的にFnaticをなぶっていた状態です
Fnaticどうしたの?というくらいにひどい有り様で、結局どうせFnatic負けるだろうなと思って寝てしまいました
Fnaticを応援していたのに、完全なる手のひら返しです
いや、眠いから仕方なかったんですよ、はい


ラノベレビュー
つきたま③ ※公務員でも世界を救えます
ガガガ文庫より
著者:森田季節 イラスト:029

まさかの最終巻でした
これはもっと続いて欲しいなという思いが強かった分、これで終わってしまうのが非常に残念です
メインとしてはつきたまなんですが、微妙にラブコメも入ってきますし、そういうのも含めてある程度の展開と将来性があればもっと広げられるような気がします
とは言え、今回である意味つきたまについてはほぼ終止符を打ったと言っても過言ではないくらいに、くだらなくも面白いつきたま事件が終わるのだろうという印象です
これ以上変なのになると多分この和やかな雰囲気以上のものになってしまうので、まったりとした世界観の中ではちょうどいい規模の大事件だったのではないでしょうか
このつきたまの可愛らしさや有用性のなさ、そしてどういう存在なのかというのは曖昧なままだけれどもある程度決まってきているのでいい終わり方ではありました
これ以上大きくなりすぎると、つきたまがぷにぷにした可愛いもの以上の存在価値になってしまって、まったりとした世界観を変えてしまうかもしれません
なので、今回のつきたまの変化やお互いに全力でぷにぷにしあう戦いという一見すると平和な感じの争いが起こって、のほほんとしながらもちょっぴりシリアスになる感じがあっているかもしれません
とは言え、あまりラブコメっぽい事もハーレム√的な終わり方になっていましたし、いるかんが完全に脇役で結構重要なポジションにいながらも、ぞんざいに扱われてしまっているのが勿体無いかななんて思いました
ある意味、最後の〆はラブコメらしいですし、つきたまについても結局無害で可愛いな程度で終わったのでほっこりしましたが、もっと続いて欲しかったです
あと、もう少し主人公とエナのラブコメを見ていたかったです


一言:つきたまぷにぷにしたい
総評 80/100
また行きたいけど遠い
さて、学校へ行ってフィットネスだけしていた黒紗夢です
来週中には中間発表の返信をしなければいけないんですが、まだ何も調べていません
中間発表の調べ物より、P4U2の調べ物がしたいです
秋葉原は遠いので、なかなか行こうとは思えないんですけどね……

ということで、今回のP4U2のロケテを見送りながら研究室です
溝の口でやってくれないかなーと思わずにはいられません
秋葉原まではヘタしたら町田に行くよりは近いというのは分かってはいるんですが、全く正反対なので電車賃はかかるわなんやかんやで結局行けずにいます
もう少しお金に余裕があれば行きたいんですが、今月はバイトを一切していないので収入がほぼ皆無なんですよね
一応少し雀の涙ほどのバイトはしましたが、それで賄えるのかと言われたらNOですからね……
もしも混んでいたら大して出来ないでしょうし……とか言っていたら、実はそんなに混んでいなかった落ちらしいですが……
溝の口に来ることを期待しています

そして、学校では文化祭実行委員の人に書類を渡そうと思ったら、教授がいないというこの意味の分からない現象
どういうことなの……
いつもだったらいるのに、肝心な時にいません
タイミングが悪いですね
仕方ないので、文化祭実行委員の人にはまた来ていただこうという残念なお知らせ
因みに、一旦別の人が来ていたらしいんですが、ノックもないし、反応もないしでそんなコミュ症で本当に委員出来るのか……?という感じでした

で、フィットネスでいつも通り運動……をしようと思ったんですが、なんだか面倒くさくなってランニングを30分やらなければならないところを、結局15分くらいで切り上げてしまいました
完全に怠慢です
体力を付けてダイエットもしなければいけないのに、やる気のなさが勝ってしまいました
在学中に果たしてどこまで体力と筋力を付けて、脂肪を減らせるのやら……
と言っても、やはり運動をするしかないんですけどね!
食生活は……改善出来るのかなぁ……

そして、フィットネスに行った後はいつも通り町田でゲーセンと飯
最近はやよい軒で食べる日が増えているような気がします
意外と私の周りにはやよい軒を食べたことのない人が多くて驚きました
どうやら神奈川にはほとんどないようですね……
東京民にとっては割と馴染み深いような気がします

LoLは新ChampionのJinxの動画を見ていて、結構面白そうだなーなんて思いました
ただ強いのかどうかは怪しいです
というかPassiveが割と使えるんだか使えないんだか分からないすごく微妙なPassiveなんですよね
Championが死んだらMS増加という、ADCにとってはいいのかもしれませんが、強いPassiveというわけではないと思います
ただ、スキル自体が割と面白くEは中範囲の足止めでQがAA変更という面白さがあります
涙積んだら強いのかな?と思いますが、まだわかりません
というかまだPBE鯖で実装されただけなので、正式稼働はまだまだでしょう
もしかしたら、S4での参入かもしれませんね

どうでもいいですが、久しぶりに全く違うメンバーとLoLをやってその後Skypeでひたすら話していたら気が付いたら、6時になっていました
どういうことなの……
行きたくないのに、やる(男子高校生のハレルヤ!4)
さて、しぶしぶ学校へと行ってきた黒紗夢です
いつもなら絶対に行かない曜日なんですが、TAとなると休むわけには行かないので、面倒臭くても行かなければなりません
もうちょっと金曜日とかにしてくれたらもっと私は楽ができたんですけどね……

ということで、今日は朝少しだけ早めに起きて遊んでからの学校
授業は非常に面倒でした
去年やったっけ?みたいな状態で、授業を聞いていくうちに、あぁ、そういえばやったな……みたいな感じになっていました
生徒には優しく、TAには厳しいこの授業
内容は割と簡単な部類には入るんですが、如何せんTAに解答らしい解答が配られないので何が分からないやこここれで合ってますか?と聞かれても、どう答えていいものやら難しいことが多いです
しかも、UNIXなので操作の仕方とかは全く分かりません
Linux環境でなんて授業でしかやったことないので、わかるわけないんですよね……
結構助教の先生達はどうもこういう環境下で作業をしているおかげでわかるみたいですが、私のようなHello Worldしかわからないような人間には難しいです
一応大まかな生徒の分担はされているのでそこさえ見ればいいというので楽といえば楽なんですが、自分の担当の子が手を上げませんように的な事を祈りながら3時間過ごしています
今年からは生徒数が多くなって1教室では収まらないレベルになっている上に、授業自体も若干趣向を変えるようでほんとうにもうあと数回乗りきれるのかが分かりません
生徒の信頼がガタ落ちになりますね……
しかも、これで給料が楽な授業の半分なんですから、世の中溜まったものではありません
楽にお金が稼ぎたいです……
来年から、どうなることやら……

閑話休題

授業が終わってから、M1の奴とずっとしゃべっていたらいつの間にか時間が大幅に過ぎていてゲーセンにもアニメイトにもよらずに帰宅
本当ならば色々買いたいものがあったんですが、仕方ないです

そして、LoLはちょっとJaxを触ってみたくなってひたすらJaxを使っていました
全然勝てません
本来ならば強いはずなんですが、どうも私の使い方が下手で結構負けました
Garenには何故か勝てたんですが、それでも私が思い描くような動きはできていないのでダメです
私はTOPが一番苦手なので練習しないといけないんですよね
多分一番ましなのがjungleで次にSupportといった感じです
どちらもCarry型ではないので、他人任せなきらいはあります
それでも、大体jungleやると勝てるんですけどね……
私がTOPへ行って私がCarryした記憶はほとんどありません
もっと練習量を増やさないとか、完全にTopを諦めて得意なLaneをもっとうまくなった方が堅実なのかもしれません
Goldへの道は遠いです……



ラノベレビュー
男子高校生のハレルヤ!4
GA文庫より
著者:一之瀬六樹 イラスト:ありえこ

良い感じに終わったな―と思ったら、最後に最後でかなり冗長なものが出てきてすごく勿体無かったです
最後の謎のものさえなければ、結構面白いです
今回はソラが遂に帰国をして、主人公達の環境をかき回していきます
結構ぶっ飛んでいる設定ですが、なかなかに主人公や吾郎達の心境や心理を的確についてきてかなりのクセモノと言った感じです
ストーリーも主人公が女装をしている意味や、この学校の共学化についての考えや目標などを考えさせられて、自分たちがどう進めばいいのかという葛藤に苛まれます
また、割とバレバレであった吾郎の正体や主人公たちの想いがどういう形で結末を迎えるのかというのが描かれているのでそこも注目かもしれません
ただある意味ではハーレム系のストーリーなので有耶無耶になって、気が付いたらソラも前半と後半とのギャップに驚かされますが、そこはご愛嬌といったところです
女装物としてのストーリーは平凡ですが、かなりの超展開が多いものだったので楽しみがいがありました
最後のよくわからないのがなければ……
まだ続く……のかな?
これで終わりでいいと思うんですけど、よく分かりません

一言:吾郎ちゃんかわいい
総評 76/100
寝過ごしは普通
さて、すっかり寝坊をしてしまった黒紗夢です
今日も今日とてLoLのワールド・チャンピオンシップが行われていたんですがてっきり2時から開始だと思っていたのに、何故か1時からで普通に一回試合が終わっていました
時間はきっちりと見ていなければいけませんね……

ということで、今日も先日に引き続きLoLの観戦をしていました
とは言え、昨日に比べて今日はそこまで注目の試合はなかったんですが、皇族狼蛛VSOMGはかなり白熱して面白かったです
どうやら皇族はそこまで強くはないんですが、OMGに対してはかなりの勝率らしく今回もなかなか良い動きをしていました
どちらも中国のチームなんですが、OMGは割と王者的な感じで皇族は上がったり下がったりという感じです
それでも、皇族かなり試合が面白かったです
Fnaticの試合ほどではありませんでしたが、かならい光る集団戦はありました
それがこちら


皇族のADCのUziが敵のど真ん中に突っ込んでいってそれでも生存をするという衝撃映像です
最初に敵のCarryを即殺してからADCを殴って、LeeのWをFlashで避けて生存するというとんでもない状況です
しかも、Flashはちゃんと敵陣地よりも味方が入ってきやすい、かつ敵を少しでも欺いて若干攻撃を遅らせているので攻撃を当てられる前に逃げ切れています
いやはや、これだけで本当に色々なものが学べます
こんなADCの動き無理だろというレベルですけどね!
Uziのこれは本当にカッコ良かったです
しかも、皇族の勝利インタビューでTabeのを聞いていると結構良いコメントをしていて驚きます
英語も結構聞き取りやすくて、かなりの好青年というイメージでした
次は皇族VSFnaticなのでこれも注目の試合でしょう
果たしてどうなることやら……
EUと中国では全くStyleが違うのでそれがどう生きるのか楽しみです

そして気がつく明日はTAという新事実
すっかり忘れていました
まさか明日あるとは思いませんでした
今日になって突然メールが来てこれこれこうですよというのを知りました
あれ……?
大丈夫なのか……?
木曜日に学校に行くというのは憂鬱ですね
4,5限にあるので遅いからそこはいいんですが、まさかこんな日だったとは……
何で忘れていたのかは、私がアホだったということでしょう
更には、ガルロワの最後の仕上げをやるのが遅すぎたせいであと10分でクリアできたというところを結局完成させることが出来ませんでした
あと45人とバトルするだけで今回のイベントクリアだったのに悔しいです
そうすると、かなり水色デッキが強化されてこれからのバトルもスムーズにさせることができたんですがやっちまった感が強いです

今日はとことん時間がずれます
というか、寝坊さえしていなければワールド・チャンピオンシップもガルロワもどちらもうまく言っていたんですが、悔しいことに寝坊の為に全てが失われました
ショックが大きいです
そろそろ後期も始まるのでまともな生活習慣をつけないいけませんね
気をつけなきゃ卒業は……分かりませんが、まともな生活は送りたいですね、はい
朝早くからテンションを上げる(双星の捜査線 -さよならはバーボンで-)
さて、4時から開始されるワールド・チャンピオンシップを学校に行ってまで見ていた黒紗夢です
先日は飲み過ぎて先に少し寝てから、LoLの為に3時くらいに起きましたからね
老人よりも健康的な生活を送っています

ということで、今日から大学が始まる上に1限から行かないといけないという羽目を喰らったんですが、バイトの為には仕方ありません
そして、今日はちょうどLoLのワールド・チャンピオンシップが朝から始まるのである意味では良かったのかもしれません
まぁ、今日しかないので来週から起きれるか自信はありませんけどね……

閑話休題

ワールド・チャンピオンシップは初日の初戦から決勝戦と言っても差支えのないレベルの試合でした
何せEU王者のFnatic対NA最強のC9の対戦ですからね
これを注目せずに一体何を注目するんだという感じです
試合展開もかなり白熱した戦いでかなり盛り上がりました
xPekeの神がかったkillやMeteosの混戦での相手選択と言った両者どうやって見てんだよレベルの動きがたくさんあって滅茶苦茶面白かったです
2戦目は、xPekeのどう考えても舐めプのChampionSelectだったので普通にあほみたいに負けていましたが……
3戦目は、やはりxPekeという感じでかなり酷い圧勝をしていました
ほぼ途中まで0deathという素晴らしい戦績
最初の1分と少しで2killが発生したのがこのゲームの勝敗を決したのでしょう
流石に最初に2killは一気に傾きますからね……
いやはや、しかしFnaticが勝ってくれて良かったです
やはり嬉しいものです
正直C9のNAでの圧倒的な力を楽しみにしていたんですが、全く違う結果になりました
流石はxPekeといったところでしょう
優勝して欲しいですね……

その後はGambitの試合もあったんですが、TAになったので仕方なく学校へ行きました
学校に行きながらもスマフォで見ていたんですが、電車だと回線が悪くなってとぎれとぎれで全然見られませんでした
しかも、Gambitが負けるという哀しみ
決勝がEU同士だったらかなり面白かったんですが、残念です

TAは初回だったので特に何もありませんでした
結構生徒と雑談をしていた気がします
流石に簡単ですからね
とは言え、私としゃべっていた生徒は全員2年生という再履修組
あれ……?
どうやら私の担当教室の1/4くらいは2年生みたいです
相当数いるというなかなかのやばさです
これで果たして大丈夫なんでしょうかね……?
先行きが不安です

その後は、フィットネスで運動をしてからゲーセンで遊ぶといういつものパターンです
そういえば、最近はもうすっかり溝の口に行っていません
そろそろ行きたいですね……
真空の限定が最近結構美味しいのが多いのでついついそのまま溝の口に行き忘れてしまいます
とは言え、まだ最近は辛いのがないので残念なんですけどね!
でも、口の中がめっちゃ臭くなるという哀しみを負いました
ネギとにんにくは気をつけましょう



ラノベレビュー
双星の捜査線 -さよならはバーボンで-
電撃文庫より
著者:亜空雉虎 イラスト:アカバネ

窓際部署にいた若手の刑事・シンゴは突然署長のバークマンから、舌っ足らずに老練な口調でしゃべる、見た目は小学生の変わった少女・マリィとともに連続殺人事件の捜査をするように命じられた。殺人鬼の名はハリーロイド。女性三人を殺し、都市警察の特殊部隊<C.S.C>を返り討ちにして行方をくらましている凶悪犯だ。幼い外見ながら、感覚強化・知識量増大といった効果を持つ多数の<ユニット>を脳へ埋め込んだマリィと、銃や<ユニット>はからっきしだが、柔術の腕と直感が光るシンゴ。たった2人の捜査線は、果たしてハリーロイドを捉えられるのか!? 即席の”相棒”となった二人が織りなすポリスアクション&サスペンス!

前半の導入部分はなかなかに面白く、ちょっと主人公の性格が突発的すぎるかな?なんて思いますがマリィちゃんがそれを補っている感じです
しかし、後半の殺人鬼との邂逅からがかなり茶番めいた事になってしまうのが残念でした
主人公が弱いというのは仕方ないんですが、無理矢理死なないように歪めたような印象を感じます
元々主人公もマリィも実践的な戦闘という意味では一般人よりも強いくらいなんですが、マリィもかなり弱いというのは少し意外でした
ユニットというある意味では特殊能力を備えられるので19個もあれば戦闘用も一つくらいあってもいい気がするんですけどね、結構何も起きませんでした
展開は予想外のものが多く、事件の背景やその事件に関係している人物たちの行動がかなり面白くて事件周りの展開は面白かったんですが、どうにも主人公が関係するものが茶番すぎて勿体無い感じでした
文章は一人称視点で、やはりサスペンスということで独白が多いです
状況の説明や動機付け、犯人の動向などを考えて導き出すという点においてはかなり丁寧に描かれているので読みやすいです
思考的なものは読みやすく良いんですが、もう少しマリィの活躍というか折角のヒロインなのでスポットライトを当ててくれた方が嬉しかったです
どう考えても、端役のような振る舞いになってしまっていたので、何かしたっけ?という印象になってしまいます
むしろ、周りのサブキャラ達が濃すぎるせいで、主人公ヒロインがあまり目立っていません
事件が主体ならわかるんですが、事件も結構色々な要素が含まれているので全体的に持ち上げているという感じで主人公がとんとんでラストに色々しているのは、少し拍子抜けかななんて思います
マリィにもっと目立って欲しかったです

一言:マリィが可愛い
総評 70/100
完全に闇の世界
さて、家でひたすらLoLをやっていた黒紗夢です
今日は最後の休日だー!とか思いながらやっていたんですが、久しぶりにやるLoLでrankに行ってはいけないというのがよく分かりました……

ということで、今日は家に引き篭もってLoLのrankを結構やっていました
ほとんど負けました
おかげで順調にSilver3からSilver4にrankdownしました
どういうことなの……
というか、LoLは敵味方のrankが見れるサイトがあるんですが、そこでまともな味方が一切来ないんですよね
毎回相手にはS1やらS2が溜まっているのに、私の方にはBronzeやNORANKの奴らが来る始末で勝てる要素がありません
たとえ自分が勝っても他のLaneが負けていたらどうしようもないですからね……
何ともまぁ絶望的です
Season4までにはGoldになりたいとか思っていたんですが、遠のきましたね……

LoL以外にネタがありません
最近ふと思うのは、このブログの様式をまた変えようかななんて思っています
たまーに他人のブログを見に行くと、大量の改行だったり、画像を使ったネタというのが割と豊富ですし、文字を大文字にして強調したりとカラフルなサイトが多いです
というか、そういうところの方が当たり前ですが人気があります
昔は私もそういう風にやっていたんですが、段々と面倒くさくなって最終的にはこんな淡々としたものに落ち着いたわけなんですが、たまには何か変えようかなとも思います
完全に自分が確認するだけのブログですし、画像だとか文字編集とか正直もう面倒臭いというのが第一の理由で廃れています
が、よそからネタを引っ張ってこない上に、まともなものがラノベレビューくらいしかないというのは果たしてブログの意味があるのでしょうか
曲がりなりにもネットの海の一粒に成り得ているわけで、人を集めた方が向上心も上がるしもっと更新する気も起きるのかもしれません
完全に負の連鎖ですからね、今は
まぁ、元々このブログを続けている理由は、「周りがすぐ辞めるから」というどうしようもない理由なんでね
仕方ないですね

余談ですが、明日滅茶苦茶朝早いのに、飲み過ぎ&食べ過ぎで死ぬというとんでもない事をしました
明日……死んでないといいな……
ネタと怒りのハザマの面白い出来事(水のマージナル3)
さて、相変わらずワールド・チャンピオンシップを視聴していた黒紗夢です
ちょうどいい時間にやっているので嬉しい限りです
いつものNA時間ですと、朝の4時とか5時にやっているんですが、今回のワールド・チャンピオンシップは昼間にやっているのでとても視聴しやすいです

ということで、今日も昨日に引き続きLoLのワールド・チャンピオンシップを見ていました
と言っても、正直私のメインは昨日終ったも同然でFnaticさえ勝ってくれていればあとはどうにでもなれ状態です
正直に言えばGambitにも勝って欲しかったんですが、残念でしたね
Lemonddogsはどうでもいいです
EUですが、あまり応援しているわけではなく、選手もあまり知らないので負けててもいいかななんていう適当なことを思っています
そして、今日はまさかのTSMがTeemopick
もう完全に敗北が確定していたので、仕方ないと言えば仕方ないんですけどね……
でも面白かったです
Dyrusはさっさと引退した方がいいですが、TeemoがFWを取って会場が湧いていたので結果的にはパフォーマンスとしてはいいのではないでしょうか?
GGも初勝利ですよ
やはり、Teemoでは何も出来ませんね……
TeemoADCはないという確信
そして、予選最後のSKT1とOMGの試合は一度の時間停止から一気にSKT怒りのMidPushという素晴らしいことをして勝利していたのにはかなり笑いました
Midが1v1で対戦していて、あと一歩やればおわるというような段階でまさかの中断
それがなければ結構確実に死ななかったであろうFaker含めた全員でぶちギレ状態ですよ
そしてそのままFakerが全員にCharmを先端で当て続けて結局インヒビを割るまでに6人分殺すという怒涛の勢いでした
因みに、インヒビが割れるまで約13分くらいだったはずです
これが最終戦とかどういうことなの……
でも、かなり面白かったです
とは言え、この後の決勝リーグでの一番の注目はFnatic VS C9なんですけどね!
まさかEUの王者対NAの王者対決ですよ
なんでこれが一回戦なんだよというレベルです
こんな組み合わせやるなら決勝だろ!と思ってしまいます

自分でもLoLを楽しんでからの半沢直樹最終回
いやはや、最後の最後でこれとは完全に続編フラグじゃないですか
楽しみで仕方ありません
アニメの評価はあんまりここでは書いていないような気がしますが、ドラマはこれ一本だけなんで評価します
同期に対しては優しくて、上司に対しては当たりが強いという何とも実世界でやったら即クビものですが、なかなかに面白いドラマだったと思います
最後の大和田の土下座葛藤は凄い良い演技だななんて思いました
敵側も個性が強い人がとても多いので、見応えがあります
しかし、半沢の上り詰めた思いが、ある意味私怨のみですからね
凄いです
私の業種とは全くもって違うものですが、これを参考に……は出来そうにありませんね、はい
でも、私の同期は3人しかいないそうなので、大切にしたいと思います

しかし、本当に最近は色々なものの大会が目白押しでリアルが疎かになりすぎてしまいますね
今日はLoLとBBCPですし、しばらくはLoLが続いてその後にまたBBCPと……
他にもちょっと探せばあるんですが、やばいですね
やりたくなりますね
BBCPは全くやる気が起きませんが、とりあえず家庭用は買いたいと思います
イザヨイ以外に触れたいですね
まぁ、私はBBよりもP4Cをやりたい人間なので、それが待ち遠しいです


ラノベレビュー
水のマージナル3
MF文庫Jより
著者:片岡とも イラスト:イチリ

まさかの最終回です
ストーリーの伏線をまとめて回収したような感じで、ちょっと急ぎ足のような気がしてなりません
結構今回は色々な登場人物の視点によって描かれています
途中はわざとミスリードを誘うためなのか、誰視点というのが全く分からずに進んでいくんですが、ここがかなりストーリーの核心に迫っています
マージナルの理由と、何故どうしてこういうのが発足しているのかという謎が明らかになっていきます
元々この世界観は悲壮感が漂うわけではなく、ぽえぽえしているような主人公が一風変わった現代のようなファンタジーの世界でイチャラブをしたいという事を目的としているものなので、深い過去がありながらも、そこまで重すぎることになりません
なので、なかなか暗いのかな?と思いきや楽しい感じの終わりになっていて良かったです
ただ、色々と突っ込みどころは満載なので、そこには目を瞑らないといけないかもしれません
それでも結構なハッピーエンドに終わって良かったです
とは言え、ヒヨリミの心情であったり、ハンドラーの設定というのが少しまだ見えていなかったのが残念でした
ハンドラーについては、それはそういうものだというもので納得は出来るのですが、水についての考察であったり、過去についてのマージナルについては深いけれども、その他の事についてはいまいち判然としないものがあったりと勿体無いような気がします
クマとイチャイチャしたりする、平和なのほほんとした世界だけを見れた楽しいストーリーかもしれません

一言:ロリ姉可愛い
総評 68/100
議論の後に新たなる選択肢
さて、今日は思う存分ワールド・チャンピオンシップを視聴していた黒紗夢です
昨日である意味一難は去りましたからね
悠々とLoLの大会を見ることが出来ます
今までは全然見ることが出来なくて、結果しか知ることが出来なかったんですが、もうこれでいつでも見ることが出来ます
いつでもと言っても流石に夜遅くのは眠いので見れませんけどね……

ということで、今日は昼過ぎにも大会をやっていたのでそれをずっと見ていました
結構東京ゲームショウに行こうかどうか迷っていたんですが、流石に混んでいる上にわざわざ2時間もかけて行くのはちょっと面倒臭いです
土日には色々とイベントがあるらしいんですが、流石に大勢の中でキャッキャする気にはなれませんでした
とは言え、LoLの大会は起きた時にやっていたのはTSM VS OMGだったんですが、酷かったです
TSMはもっと強いようなイメージだったんですが、ボロボロにされている上に私でもやらなそうな意味の分からないことをして死んでいました
明らかに死ぬだろうという体力でfarmをしに行って殺されるDyrusを一体何回見たことか……
しかも、DoubleでliftもよくわからないfarmやSSをしていたので、いつもと全然違うなぁというイメージでした
Doubleliftは結構私の中では上手いADCだと思っているんですが、TwitchとかVeyneの時くらいですかね
他ではあんまり輝いていないように思います

そして、自分でも久しぶりにがっつりとLoL
Aatroxが無料で使えたので試してみたんですが、あまり私に合わないような気がします
意外と難しい
火力を出さなければいけないんですが、出遅れるときついかなという印象です
gankは強いんですが、gankの仕方がいまいち味方とあわないとダメなので難しいです
私はもっと簡単なjunglerを使いたいと思います
因みに、久しぶりにrankで勝ちました
嬉しいですね
上に上がりたいんですが、果たして間に合うのかどうか……


余談ですが、電撃の格ゲーはどうなんでしょうね?
クソゲー臭がすごくするんですが、果たしてどうなることやら……
運命の時は延ばされた(葵くんとシュレーディンガーの彼女たち)
さて、遂に中間発表を迎えてしまった黒紗夢です
今日の如何によって、私の今年の運命が決まってしまいますからね
いや正確には今日決まるわけではなく、今後の立ち振舞に関してどうなるのかというのが決まると言った方が正確でしょう
正直、ダメでも何とか誤魔化せないかなとか適当なこと考えてるんですけどね……
理詰めでやれば何とかなるやろ的な思考だったんですが、その理詰めすらも否定されると一旦本当に実装しないといけないという雰囲気になってしまったので、やばいです

ということで、今日は研究の中間発表でした
今日は9時に行くとかいう奴がいたり、発表20分前に来るという無謀な奴がいたりと誰一人として統一感のないあ感じでしたが、共通しているのは、私以外はほとんど寝ていないということ
やはりこの日の為に色々と資料作りや練習をしなければいけないわけで……
とか思っていたら、ほぼ全員資料作りをしていなかっただけなので自業自得でしょう
他研の奴らは割とガチでしたが……
というか、私達の研究室と某研究室以外はほぼシステムの実装を終えて、ここをこう直さなければみたいなそういうシステムの説明なのに、私達の研究室は誰一人として実装をしていないというやばさが満載です
正直、私は実装出来るのかすら怪しいです
大丈夫なのかな……
私の研究室は大抵成績優秀な奴が入ってくるんですが、どういうことなんでしょうかね
不思議です
因みに、私は成績が悪いので、割と例外だったりもします
発表前は滅茶苦茶緊張をしましたが、発表中からは緊張が抜けてもうどうにでもなれ状態でした
質問も割と易しめで研究の実装などと言ったものとは関係ないもので良かったです
終わった後はもう開放感に満ちあふれています
開放感がありすぎて、このまま辞めてしまいそうな勢いですよ、えぇ
今後自分の構想したものを実装して結果を出さないといけませんからね
しかも、独自性やら何やらを突っ込まれましたが、比較研究なんてものは自分達の先輩が作ったものがゴミすぎるがためにそれを修正してまともに動けばいいわけで、他のとは違う自分の良さなんてものは追求していません
そんなんでいいのかという状態かもしれませんが、いいんです
とは言え、うまく他のを否定して自分たちの独自性というのを発掘しないといけないんですが、そこは理詰め研究で何とかしたいと思います
発表後は、質問時間内に出来なかった他の教授たちの質問が寄せられていました
易しいものばかりだったんですが、やはり画像処理専門の教授にはほぼ全否定されていました
そんなのは出来る部分もあるけど、問題点もいっぱいあるよ?そこの解決はどうするの?というありがたすぎるコメントを貰って絶望しています
あれ……?
このアルゴリズムじゃダメなの……?
という感じです
他研では実装出来ていたので、てっきり簡単なのかと思いきやそうではありませんでした
やはり、他のところは6万の画像処理ソフトを使っているのでアルゴリズムとかどうでもいいんでしょうね……
私もこのソフトを使いたいです、はい
どうしよう……
解決策が思い浮かびません
でも、とりあえず今日は現実逃避です

みんなでお疲れ様会という感じで焼き肉食べ放題に行きました
なかなかに安価で美味しかったです
あと店員さんが可愛かったです
都心の方だとどうしても高くなってしまいますが、やはり田舎だと食べ放題でも結構安い上になかなか美味しいものが出てくるので良かったです
石焼ビビンバも食べ放題に入っているのはありがたいことです

しかし、これで難を逃れました
もう3ヶ月遊べます
遊べません
実装どうしよう……
正直、Hello Worldしか書けないような人間が実装なんて笑っちゃいますよね
やばいですねー
でも、まだしばらく遊ぶと思います


ラノベレビュー
葵くんとシュレーディンガーの彼女たち
電撃文庫より
著者:渡来ななみ イラスト:もぐも

睡眠こそ至上の喜びと豪語する少年、葵には、幼い頃から誰にも言えない大きな秘密があった。朝起きると、隣に住む幼なじみが変わる――葵は眠るたびに並行世界を行き来してしまうのだった。いつも元気な真宝と、優しいお姉さんのような微笑。二人の幼なじみがいる生活はずっと続く……そう思っていた。だがある朝、葵の何気ない一言をきっかけに、二つの世界は少しずつ「重なり合い」はじめる。さらに、葵の秘密を知るもう一人の不思議な幼なじみ・舞花が現れ……やがて世界の選択を迫られた葵が選ぶのは、真宝か、微笑か、それとも。
夏の終わりに贈る、SF青春ラブストーリー。


なかなかに不思議な感じなストーリーです
というか、何とも言えません
評価が結構難しい一冊でしょう
面白いと言えば面白いんですが、何を主題として置いているのか、最終的には何が伝えたいのかというのが物凄く分かりづらいです
作者の自己満足と言ってしまえばそれまでなんですが、青春ラブストーリーとして謳うにはいまいち欠けており、SF重視にしても、確かに面白い観点ですがふわっとした終わり方になってしまっているように思えます
二つの世界を行き来しているというのは、結構面白いんですがその設定に力を入れすぎているせいで、二つの世界での思い入れや出来事というのが少し薄まっているように感じられます
やはりこういう量子力学の世界を取り込むためにはある程度の説明が不可欠なわけですが、それに多くを割いてしまっているので、二つの世界以外でのキーパーソンについての説明や、そちらに注視させてしまう傾向があります
もちろん、二つの世界のイベント、特に真宝に関してはかなりうまくいっていると思います
しかし、二つの重なりあいの世界という題材にして、正直なところ、微笑に関してのエピソードがとても薄いんですよね
そのせいで、本当に主人公にとって半々なのかというのがあまり読み取ることが出来ません
取ってつけたように微笑も大事だ!という感じの独白はあるんですが、いまいちピンときません
イベントの大半は真宝世界で起こっており、おまけ程度に微笑が絡んできているという雰囲気があります
特にサブキャラの男も取り混ぜてのものになっているので、微笑の方はそっちにいくだろうし、足りないです
真宝の方は惹かれる理由も面白さも伝わってきますが、やはり終わり方を見ると、ちょっと色々独白や想い、二つの世界の均等さというのが足りません
文章は、一人称視点で主人公が世界を行き来していながら、何を感じてどう対処していくのかというのが丁寧に描かれています
やはり世界を見る中心が主人公一人になるので、どこをどうというのをする為にはどうしても情景描写が必須になります
しかし、やはりイベントが正直なところ真宝の方でしか起こっていないせいで、足りないです
特に、既に主人公の中では大切な幼なじみとして当たり前のように描写はされているんですが、読者としてはその子達の魅力というものは勿論知る由もないです
それなのに、結構そういうのを飛ばしてどんどん進んでしまうので、結局魅力が薄いままになります
イベントの時にこの子達の良さというのは少し浮き彫りになるんですが、それでも何かが既に前提としてあった上での主人公の心情とそのヒロインの良さが描かれているので、読んでいる側としては上辺しか知ることが出来ません
もう少しどちらかに視点を当てて見ていくならばそういう見えない部分の想像というのも多く出来るんですが、ダブルヒロインどころか他にも男も含めて出て来てしまうので、主人公ではなく、読者自身がヒロインの魅力に気付いていくという過程が他のものに比べて少ないです
絵はとても可愛らしいんですが、会話の一つ一つにそれぞれのキャラの個性は出ているんですが、何を見て何を感じて、そして主人公のことを果たしてどこまでわかっているのか、分かってやれているのか、雰囲気はどうなのかというのが主人公の独白だけでは計り知れませんし、両端の想像が出来てしまう描き方なので難しいです
ヒロインの良さというのも中途半端ですし、SFの突出した部分も感情が左右されているのでそこでの理詰めというのもやはり中途半端に終わっている印象です
一巻というよりも、こういう短いストーリー構成では難しい世界観なのかなと思います
面白いアプローチではあるんですが、SFやらラブストーリーというのを考えてしまうと、微妙かななんて思います
もったいないです

一言:主人公の感情もヒロインの可愛さも足りない
総評 72/100
初めての体験は楽しい
さて、今日は某イベントに参加してきた黒紗夢です
実は今まで一度も行ったことがなかったんですが、行けてよかったです
めちゃくちゃ面白かったです
というか、今までなんでゲーム好きなくせして行ってなかったんだろうという感じですが、元々混むところはあまり好きではないので仕方ないのかなという気持ちもあります

ということで、今日は海浜幕張の某何とかショウへ行ってきました
なかなか普通の人には体験出来ないものですが、色々なことがありすぎて何を書けばいいのか分からない状態です
滅茶苦茶楽しかったという記憶は多いですし、コンパニオンさんとラブライブ!について話し合って盛り上がったりとか、イベントに参加しまくって声優さんの写真を撮ったりだとか一人でテンション上がってました
もう全てのイベントが終わった後に投稿してるんで、ネタバレとか色々書いてもいいのかもしれませんが、一応日付的にはあれなんでうまく書けませんが、雰囲気だけ書いていきたいと思います
やはりというか何というか、土日よりは圧倒的に人が少ないんでしょう
かなりスムーズに移動もできるし、イベントにも参加出来ます
個人的に気になっているアークのゲームですとか、俺屍2とかそういうのに並んで、変態ゲーだわーとか俺屍2の為にVita買うまである!とかそんなことばっかり考えてました
頒布物も数多く存在し、かんざきひろの布物がまさかの無料ということでかなり嬉しかったです
かんざきひろの絵は可愛いですからね
今年は行ってませんが、結構コミケはかんざきひろの本を買うためだけに行っているような節がありました
いやはや、予想以上の成果を得られてホクホク顔です
お昼は普通のものを食べようと思ったら、ドミノ・ピザのを買うとミクのシールがついてくる!とかいう謳い文句に誘われてほいほい購入しました
1000円では全く吊り合わないレベルのピザ一切れと肉という悲しいお昼です
他のものは量が多い焼きそばとかそういうのが売っていたんですけどね……
流石に1000円以上をお昼に支払うのは躊躇われたのでそのまま我慢しました
ですが、おかげでミクさんが手に入れられて良かったです

他にも、ヘッドマウントディスプレイを体験してみて驚きました
かなり良いものです
どこを見ていても画面が見られるので楽なんじゃないかなーなんて思いましたが、長時間の使用はどうなんでしょうかね?
ちょっとまだ難しいような気もしますが、近未来的で楽しかったです
Xperiaのミク仕様の携帯はぶっちゃけかなり欲しかったです
かなりデザインが良いです
欲しい……

その他色々なことが起こりましたが、逐一丁寧に書くとあほみたいな量になるので割愛
その後知り合いと合流してちょっと回って帰宅
本当は秋葉原に行く予定だったんですが、何故か東京でご飯を食べることになりました
どういうことなの……

まぁ、満足出来たので良かったです
満足出来たのは良かったんですが、北区したら現実に戻りました
明日は中間発表です
しかも、助教の先生にプレゼン資料を見せたらもっと前もって言って欲しかった的にキレてると言われてドギマギ状態ですよ
せっせと直しました
果たして、これで私は中間発表を乗りきれるのだろうか……
不安しかありません
何で明日重要な日なのに、こんなに遊んでるんでしょうか
謎です
やることは場所を問わない(安達としまむら2)
さて、気が付いたら研究室でLoLを観戦していた黒紗夢です
いつもだったらストリーミング再生は出来ないはずというか、Twitchは見ることが出来ないんですが、何故かYoutubeのLiveは見られるという謎の回線なんですよね
なので、ワールド・チャンピオンシップはTwitch以外にも色々な配信サイトで配信されており、Youtubeでも高画質が見られるので、こそこそと見ていました

ということで、今日はとりあえず研究室に行って教授がどういう風に言うのか待機していたんですが、どうも忙しいらしく先にB4を集めて何かしらをやっていた上に、そろそろ私達のを見るかな?と思ったら会議に行ってしまって完全に待ちぼうけを受けていました
プログラムを改良しようにも、流石に今からやっても何もないかなと感じていたのでプレゼン資料を見ながら何が足りないかなーと見ながら、LoL観戦していました
もう今日だけしか直しが出来ないのに何をやっているんでしょう
謎です
しかも、やっと教授が来たと思ったら、このアルゴリズムでいいですか?って言ったら大丈夫だって言われて安心したんですが、そのまま終わりました
あれ……?
もっとプレゼン資料をどう修正しろという話はないんですか……?
というレベルで、全員見られませんでした
あとで見るよと言われていた奴らも結局見られることなく教授が帰るというとんでもない事態が起きてました
これで良いのかさっぱり分からないまま私達は終わりました
ただ、一応明日助教の先生が見てくれるというので安心しました
まぁ、私は明日学校に行けないんですけどね!

しかし、ガルロワが遂につんだ状態になりました
今のままのメンバーでは勝てません
どうやったら勝てるのかな―というので、必死にスレを見たりして調べてみたところ、私のチーム構成よりも弱い構成でも勝てている人がいるので、完全に育てるのを間違えた感じです
どうも回復系ドールは修正を食らいまくったせいで雑魚と化して、ダメージ軽減系が最強のようです
大体30%以上通常時に積んで、あとは能力によって毎ターンで6,70%を保てればいけるみたいですが、なかなか難しいです
強化をするドールが足りないという事態
何とかイベント完走したいんですけどねー
なんとかクリアしたいです

ラノベレビュー
安達としまむら2
電撃文庫より
著者:入間人間 イラスト:のん

この百合になりそうで百合にならないという何とも言えない雰囲気がとても良いです
百合なのか、果たしてそれとも友情なのかという揺れ動く様は見ていてもどかしくもあり、可愛らしくもありいじらしくて見ていて面白いです
2人の距離感が掴みきれずに、それでも相手と付かず離れずのどうしたらいいのかという葛藤や楽しさというのが読んでいて微笑ましくなります
また、少しずつ関わってきているしまむらと仲がいい2人の幼なじみ達の日常やちょっとだけ安達と関わってくるストーリーが混じっているので、段々と人間関係の全体が構築され始めて百合展開が増え始めています
それでも、百合にならない百合という微妙な距離感のストーリーだと思っているので、この後もどんなもどかしい展開が待っているのかというのが楽しみで仕方ないです

一言:百合じゃない百合可愛い
総評 85/100
なんとかなるのか分からない
さて、思いのほか拍子抜けしてしまった黒紗夢です
実は休日の間に教授から電話があったんですが、その時には出れなくそのまま放置していたんですよね
他の院生はちゃんと出てプレゼン資料についてあれこれ言われたらしいんですが、私はノータッチという素晴らしい措置
いえ、私が出なかったのが悪いんですけどね……

ということで、今日は研究室に行って何を言われるのかな―と心配していたんですが、意外と特に何も言われませんでした
教授も「電話したのに……」というような感じで全然怒っている雰囲気はありませんでした
他の院生の奴らは電話越しでめっちゃキレられながらやってたとか言っていたのでどうなるか予想出来なかったんですが、安心しました
何故か何も返事をしていないのに、ひとりでに自分で言いながら怒り出すという不思議な現象が起きていたようです
ある意味結果的には出なくて正解だったのかもしれません
とは言え、プレゼンを見せたらこれでいいからもっとアルゴリズムを詳しく書けと言われて、明日までにちゃんとやっておけよと言われました
確かに調べてみると、実はもっと詳しいアルゴリズムがアルことに気が付いたので、結構やっちまった感がありました
正直、まったくもって画像処理に関しては素人なので計算式とか全然分からなかったんですが、きっと何とかなるでしょう
というか、ポテンシャル法に関しても、画像処理に関しても、計算式が全然分かりません
まだ画像処理の方は簡単なんですが、ポテンシャル法の方はラプラスポテンシャル法とか完全にはてな状態なので、やばいです
これを組み合わせて実装しなければいけないとか、正直私には荷が重いです
やる気が出ません
でも、実装しないと死んでしまいますからね
いやまぁ、割とどうでもいいという感じもありますけどね!

で、肩透かし感をもらって、他のやつも大した顔となく終わっていました
そして、久しぶりに真空の限定を食べました
今回は「炉」のつけ麺バージョン
最近はあまり辛いのがなかったので、久々に辛いやつかなーと思ったんですが、そこまで辛くありませんでした
限定の紹介文では結構辛いと書いてありましたし、つけ汁もなかなかに真っ赤な色で辛そうだったんですが、ちょっと辛い程度の美味しさでした
いや、美味しかったです
かなり美味しかったんで満足なんですけどね
しかも、たまたまご飯の入れ物が別のになってしまったせいでおまけとして卵ももらいました
これが炉にかなりマッチングしてかなり美味しくなりました
いやはや、今回の限定は満足でした
でも、早く雪華が食べたいです
真空の最強メニューは雪華ですからね!
もうそろそろ冬が近づいてくるので、食べられそうですね……

その後は適当にゲーセンに寄ってから帰宅
テンプレートマッチングについて色々と検索して、これでいいやろ的なものを完成させながらガルロワ
ガルロワはイベントが結構鬼畜というか、イベント期間が物凄く短いので結構本気でやらないと出来ません
しかも、今回のイベントはかがみに勝つという単純なものなんですが、レベルが上がるたびに強くなっていくので、結構大変です
自分のドールのSkillとレベルを上げながらいかないと勝てないので、大変です

そして、もう寝るか―と思って寝る前にふとメールを見たらSivHDが配信をするとのこと
またチャリティーのことかな?なんて思ったらまさかのOceloteとのDUO
寝る前になんだこれは状態です
SivHDもOceloteも私は大好きで、SivHDはLoL芸人みたいな人なのでかなり面白いです
2人して遊びながらLoLをやっていてかなり笑いました
いやはや、ゲームをしながら遊びつつも対戦しているというのはなかなかに高度なことです
ギャグのセンスも高いので、ついつい気が付いたら長時間が経っていました
明日も学校に早めに行かなければいけないのに、何をやっているんでしょうかね……
すっかり忘れていたもの(完璧なレベル99など存在しないⅢ)
さて、すっかりワールド・チャンピオンシップのことを忘れていた黒紗夢です
やることは知っていたんですが、日程がいつかなという感じで忘れていました
少し前までは覚えていたんですけどね、完全に失敗してしまいました
いい対戦カードがたくさんあるのでリアルタイムで見たかったです……

ということで、目が覚めたらいつの間にかGambitとOzoneが対戦していました
初日で一番良い対戦カードだったので、これだけは見れて良かったんですが他のも見たかったのが正直な気持ちです
でも、かなり面白かったので満足です
最初SSOがどこの田舎だよとか思っていましたが、SamsungOzoneのことでした
分からないっつーのという感じです
MVP Ozoneの方が分かりやすいです
Samsungになってしまって、ちょっと勿体無いです
因みに、結果はGambitがか勝って嬉しかったです
やはりいちばん自分が見ているEUには決勝リーグにまで進んで欲しいです
韓国も相当強いんですが、Alexを最後まで見てみたいです
あとはFnaticですね
私の好きなチームが同じgroupにいるのがちょっと残念なんですが、GambitとFnaticが一位二位通過してることを信じています
そうしたら、私のテンションはうなぎのぼりです

そして、クッキークリッカーをやりながらラジオを聞いていました
最近ずっと作業するにしても作業用BGMだったので超A&G+を垂れ流していました
意外とこういうのを聞いていると面白いです
ニュースとかは全く聞けないので最近の情勢についての知識は一切得られないんですが、声優達のあほみたいな会話が聞けるのは面白いです
ただ、三澤紗千香のラジオが下手すぎてビビりました
早口過ぎて何を言っているのか分からない上に、カミカミという凄い事になっていました
これで本当に声優なのでしょうかね……
しかし、面白いラジオと完全に身内臭しかしないラジオと本当に色々な味を楽しめるので、結構A&Gを垂れ流すのはいいかもしれません
作業用BGMに飽きたらこれもいいでしょう
とは言え、こんなのを聞きながらだと中間発表用の資料が全く作れないんですけどね!

明日、教授に見せられるのであろうか……


ラノベレビュー
完璧なレベル99など存在しないⅢ
電撃文庫より
著者:周防ツカサ イラスト:明坂いく

今回は新キャラとして出てくるのは今までとは違う、全く新しいキャラが登場します
ある意味ではこの世界に何故主人公が飛ばされたのかというのが少し分かりますが、更に謎が深まっていくという側面も持ち合わせています
相変わらずストーリーはゲームに沿ったもので、主人公が滔々と説明をしてくれるんですが、
割と中盤から後半にかけてのボス退治については茶番めいたものも感じてしまいますが、ストーリーは順調に進んでいきます
ゲームの世界とはいえ、キーパーソンがかなり限定されており、ご都合主義的と言ってしまえばそれまでですがシャノンがかなり今後活躍または重要になってくるでしょう
ネタバレをあまりしないようにと思ってレビューをしていたんですが、本の帯に思いっきり書いてあったので追加しますと、新キャラも今後の立ち振舞や、どのようにして攻略の手助けをしていくのかが注目です
今回のキャラは敵のような味方のようなあやふやな存在ですが、主人公と似たような境遇にいます
ある意味では対極にいたような人で、色々な葛藤が描かれています
結構このストーリーでは登場キャラが多いんですが、それぞれがきっちりと役割を分けられているので分かりやすいです
正直、この話は最終的にどこに落ち着くのかという方向性がさっぱり分かりませんが、とりあえずは続きを待っていきたいと思います

一言:リーネちゃんかわいい
総評 70/100
サボリは基本
さて、順調に中間発表の資料が進んでいない黒紗夢です
順調の使い方が間違っているような気がしますが、きっと順調なんです
やっているようなやっていないような、果たして正解なのか不正解なのかというのが非常に曖昧なので自分で作っていても不安しか残らないんですよね

ということで、今日は資料を作って色々甘いところ多いな―と思いながらも適当に遊んでいました
正確にはクッキーを作っていました
えぇ、クッキーです
最近流行りのクッキーに手を出してしまったが為に、これに時間を吸われるというとんでもない事になってしまいました
まさかこんなババアが伏兵だったとは夢にも思いませんでしたよ……
みんなが艦これだったりモンハンだったりで騒いでいる中、突然始まるクッキー話
それに釣られて乗ってみたら、ホイサッサと気が付けばクリックをしているではありませんか
因みに、クッキーというのは
CookieClickerという海外のクソみたいなゲームです
ただただひたすらクッキーをクリックしてクッキーを増やしていくだけのゲームです
これだけを聞くと完全なるクソゲーなんですが、まったくもってその通りのクソゲーです
何が面白いんだという話なんですが、気が付いたらハマっているんですから怖いものですよ
一応クッキーを製造するにあたって、人手、ババア、農場、工場、洞窟、スペースシャトル、クッキー星、ポータル、タイムマシン、アンチマターコンデンサー
というどんどん意味の分からないもので増殖出来ます
ババアの手はまだ分かるんですが、クッキーを農場や工場で作るどころか、全宇宙がクッキーで出来ているのではないかというレベルで酷い設定のものが多いですからね
意味が分かりません
これで、1秒間に何万枚ものクッキーを作ります
楽しいのか、これ?
楽しいのかな……
でも、ずっとやってるし、きっと楽しいのかな……うん……

そして、ひたすらアニメを消化する作業
やはり土日は結構アニメが詰まっているので、結構な時間が取られてしまいますね
もうちょっと分散されていると嬉しいんですがなかなかそうはうまくいきません
アニメを見ているだけで気が付けばかなり日が沈んでいました
アニメとクッキーのコンボは偉大です
おかげですっかり色々なものを忘れていました
仕方ないです

しかも、日曜日は唯一見ているドラマの半沢直樹ですからね
見逃すわけにはいきません
あと一話なのが非常に残念ですが、今回もかなり面白かったですね
いやはや、毎回緊迫した状態になりますが、今回の切り抜け方はなかなか予想以上のものだったので驚きました
金融庁検査であったり、疎開資料の隠し方というのが非常に参考になりました
スカッとしましたね
ただ、最後の引きがまたしてやられたという感じでしょう
最後の最後でああいくということで、最終回にどうやって解決して、半沢がどう行動するのかが楽しみです


……あれ?
アニメ見て、クッキー作って、ドラマ見て……
中間発表はもう目前なのに、どういうことなんでしょうか……?
頭がおかしくなりそうです
色々やろうとして何もしない(マグダラで眠れⅣ)
さて、今日は私の関係のないところで色々なことが起きていたと感じる黒紗夢です
自分自身では何もやっていませんが、イプシロンの打ち上げ成功でしたり、TAITO溝の口での2on予選だとか色々なことが起こっていました
そんな中、私はずっと家に引き篭もっていました

ということで、今日は家の中でまったりとしていました
本当はもっと色々やらなければならなかったのですが、何か全てがどうでも良くなってしまって適当にグダグダしていました
イプシロンは予想以上に早くてビビりました
完全にミサイルの速度で宇宙へと飛び立って行きましたね……
私も早く宇宙に行ってみたいですが、宇宙飛行士にはなろうとは思いません
訓練とか厳しそうですし、視力悪いですからね
無理です
でも、月とかに行けたらいいな―なんていう夢はだれでも持つような気がします

そして、溝の口2on大会
今まで正直知りませんでしたというか、今日初めて知りました
a-choの大会は何かあるというのは知っていたんですが、まさかタイトー主催の大会があるとは知りませんでした
BBCPは確かにやっていないので、仕方ないのかもしれませんが、まさか近所でこんな事があるとは
称号を手に入れる為にゲーセンに行こうかとも思いましたが、何だかんだ言って結局家でLoLをしていました
LoLの方が無料で楽しめますしね!
楽しめるかどうかは、味方次第ですけどね!

LoLはやっとZyraを購入したのでZyraSupportをしていました
いやはや、こいつは本当に強いです
BushWardも他のSupportに比べてそこまで置く必要がないというのが楽ですね
勿論全く置かないわけにもいきませんが、ある程度の節約が出来るため、DragonWardを余分に置くことが出来ます
しかも、Luckypickを購入するだけで火力が物凄く上がるので、Support以上の仕事が出来ます
コアBuildとしては、5靴、Luckypick、賢者石、RubySightStoneであとはひたすらvisionとOracleをがぶ飲みする作業です
あとはUltのタイミングがちょっと難しいかな?と思います
Eで使えてからというのが理想なんですが、そんな理想は集団戦では早々起こるはずもなく、うまく相手が逃げないようにしつつ、相手の分断に成功させるようなところに置くのが理想でしょう
でも、楽しいです
SonaかZyraという二択が出来ただけでも嬉しいですが、SonaとZyraをどう使い分けるかが難しいです
相手のSupport次第なんですが、どっちが誰がいいというのをまだ分からないので、そこは経験を積むしかないでしょう


もう中間発表まで一週間を切ったというのに、一体私は何をやっているんでしょうかね……
謎です
研究室での中間発表は全否定されたので、ほぼ全部直しをしなければいけないんですが、なかなか足りないものが多くてやばいです
一度研究室に戻って写真とかを取らないといけません
間に合うのかな……


ラノベレビュー
マグダラで眠れⅣ
電撃文庫より
著者:支倉凍砂 イラスト:鍋島テツヒロ

新天地にやってきて、まさかの急展開で驚きました
いやはや、確かにこのままでは終わらないストーリーだろうとは思っていましたが、結構今回はシリアスなようなそれでいてやっぱり今までどおりだなという感じの展開になっています
前回からしてやられたクースラですが、今回はクースラとフェネシスがお互いに成長した状況でのお互いを想う気持ちというのがより強くなっていてとても面白いです
ただ、クースラもちゃんとフェネシスが昔と違ってどうなっているのかというのを見定めてから先を見通しているんですが、やはりというかまだまだ自分の気持ちや何が大切かというのには鈍いのかもしれません
楽しいひと時というのはあっという間にすごてしまいますが、ここまでクースラ達のように激動の中で生きるのは難しいなと感じさせられます
今回のキーポイントは古代兵器なんですが、錬金術というか現代とはある意味では全く違った感じで燃料を使うのが面白いなと感じました
今ならばすごく注目されるものが、この時代だと違うものの方が活躍していて、大事なものが古代兵器で使用出来るというのはなかなかないように思います
またフェネシスの一族についての過去に少し触れられるので、そこは複雑な心境にさせられます
しかし、クースラとフェネシスが大分近づいてきましたが、果たして今後どうなるのか楽しみです
マグダラが見つけられるのか、何となくクースラのマグダラが変化しそうではありますが、その辺も含めて続きが気になります

一言:フェネシス本当にいじり甲斐がある
総評 84/100
まさかの何も起きないという現象
さて、今日は教授に色々聞こうと思ったら全く会えなかった黒紗夢です
私が必要としている時に限っておらず、私が必要としない時に限っているというのはもはや運命なのでしょうか
私の母親も大抵タイミングが悪いという現象に常に見舞われているんですが、私もそういう毛があるということなんでしょうか
もっとタイミングというのを自分の中で大事にしたいです

ということで、今日は色々と文化祭の返信であったり、中間発表についてだったりの作業があったので学校へ行ってきました
昼過ぎというか、もう完全に昼とかそういうレベルではない時間です
おやつの時間に松屋で飯を食べていました
食堂がやっていれば食堂で食べれるんですが、残念な事に食堂は1時半で閉まってしまうんですよね……
私が起きる時間にはもうほぼ閉まっているという何とも学食とは縁のない生活を送っています
そして、学部生とは入れ違いになりながらも研究室で少し研究
教授にこれでいいのかだとか買いたいシステムがあるとか少しだけあったんですが、今日も来ていないという残念な結果になりました
……あれ?
週1でしかあの人来てないのでは……?

そして、4時にフィットネスに行こうとう言う話をしていたのに、気が付けば5時半くらいにフィットネスに行っていました
遅すぎですね、はい
一人がM1の奴と一緒に作業をしていたので仕方ないんですが、そいつを置いてやれば良かったかななんて思っています
フィットネスはまだ夏休み中で6時で閉まってしまうんですよね
なので、結局出来たのは20分くらいです
今日も有酸素運動をしようと思っていたのに、結局少し腹筋やら胸筋を鍛えただけで終わりました
20分じゃたかが知れていますからね……
来週は中間発表があるので、運動が出来ないでしょうし、今週はしっかりやりたかったのに残念です
再来週からはもうちょっと出来るかな?なんて思っています
中間発表後は忙しいには忙しいですが、発表さえ終わればある意味一段落ですからね
フィットネスには週2で行きたいという願望があります
願望があるだけです

そして、町田に行って久しぶりにやよい軒で食べました
学部生時代というか部活をやっていた時はヘタしたら週1で高田馬場のやよい軒に通っていたレベルなんですが、もう部活をやめてからはめっきりでしたからね
2年ぶりくらいにやよい軒に入ったような気がします
安定してがっつり食べれると言ったらやよい軒ですからね
個人的には、大戸屋を押す人が分かりません
確かに大戸屋も味は悪くないんですが、やよい軒のようにがっつりは食べられないんですよね
女性が大戸屋プッシュするのは納得なんですが、男で少食以外の人がやよい軒よりも大戸屋を押すのは分かりません
大戸屋って何か特別なメニューも特にない気がするんですけどね……
そこまで大戸屋にかよっていないんで分かりません
お昼なら、確かに大戸屋でもいいかもしれません

帰宅してからは、LoL
Twitch楽しいです
まだ負けていません
こいつのstealthが強すぎて、相手の後ろに回ってから確実に殺せるというのがいいですね
あとはUltをもっとうまく使いたいですね
Ultを集団戦で綺麗に当てられればかなり相手を減らせるので相当強いです
Buildはまだまだ適当ですが、ADCで選ぶならこいつかもしれません
今のところ自分の相性で一番良いです


しかし、ガルロワの仕様が変わりすぎてて戸惑っています
どうも今までの仕様がバグだったらしく、修正中とのことらしいんですが、回復キャラが軒並み調整中で発生条件とかがわかりにくかったり、構成を一気に変えないといけなかったりと面倒です
突然の仕様変更はやめて欲しいですね
特にガルロワはお知らせが自分からわざわざ見に行かないと分からないようなところにあるので、すごく分かりづらいんですよ
それさえなければ良いゲームなんですが……
いや、課金地獄でしたね、はい
私のレベルはみんな課金していて辛いです
良いカード……欲しいです……
怠惰な生活をいつ戻すか(魔王なあの娘と村人A⑥ ~彼女の普通とあの娘の特別~ )
さて、気が付いたらLoLをしていた黒紗夢です
最近は自粛していたんですが、木曜日は元々学校には行かない日なので遊ぼうかなという魔が差したせいで何戦かやってしまいました
まぁ、どうせ研究なんてしないからやっていてもいいのかもしれませんけどね……

ということで、今日は特に出かける用事もないし家でどうしようかなーと思っていたら、LoLで@1とか言われてほいほいついていってしまいました
そんなもんで、気が付いたら5v5をやっていたんですが、大分下手ですね
というかElisejungle強いと思って使ったんですが、私の周り方というかgankの仕方が下手すぎるせいで全然killが取れませんでした
もっとちゃんと動けばいいのに、全然下手くそなことをしてしまったが為に終わってしまいました
残念です
Eliseはちゃんと使えば強いはずなんですが、慣れないといけなさそうなChampionです
もっとアタマからっぽにして勝てるj4だとかの方が楽です
というか、もう頭空っぽにして勝てるADCが最近楽かななんて思います
案外適当にやっていても勝てるので嬉しいです
Twitchはまだ使い始めたばかりなんですが、結構簡単に勝ててしまいます
楽なChampionですね
集団戦も強いですし、Lane戦でも強いという良いChampion
blinkがないというのが難点ですが、stealthを持っている時点で急襲にはかなり持ってこいなので、良い感じです
あとは集団戦の位置取りとBuildですかね
Buildが何を詰めばいいのか本当に悩みます
相手にNasusとかのTankyがいると絶対にLWを積まないといけなくて、個人的には3つ目のコアBuildとして完成させなければならないと思っています
そうすると、その前に積むべきものはIEか血剣か王剣、PD、Shivと色々な選択肢があります
もちろん状況を見て買うというのが当たり前なんですが、IE→PDと行くとLSがないので、結構辛いような気がします
というか、一度それをやって結構辛かったのでやはりLSは一本くらい持っていたほうがいいのかもしれません
そうなると王剣が強いんですが、王剣はTwitchが積むののなのかな?なんて思っています
積むのを考える楽しみというのもありますが、自分のBuildによっても戦況が左右されてしまうので、ちゃんと考えないといけません
ただ、stealthを使って近づくならやはりPDは必要なのかななんて思います

そして、JCGの大会がやっていると思ったら、初心者大会みたいなのだったので残念でした
プラチナ大会の時は見てみたいですが、他人の低レベルな試合を見ていてもしょうがないですからね……
完全にDragonが置物で驚きました
まぁ、ただこういう大会があるおかげで徐々に人口が増えていくのかなと思うと嬉しいですけどね
日本鯖は正直嬉しくないですが、日本人が増えるのは嬉しい事です
ただ、クソみたいな馴れ合いが多いのが否めませんが……
CoopAIに言ったら全員日本人だった時は笑いました
その時は、私だけ外人のふりをしていました
よくあることです

あれ……
研究……
やるやる詐欺しかしてません
卒業とか夢になるかもしれませんね……


ラノベレビュー
魔王なあの娘と村人A⑥ ~彼女の普通とあの娘の特別~

電撃文庫より
著者:ゆうきりん イラスト:赤人

今回はメデューサが新キャラとして登場します
このキャラはなかなかに魔王が嫉妬心を高ぶらせるには持って来いのキャラという感じで、やきもきしている魔王が物凄く愛らしく映ります
また、今回の件である意味では主人公も成長を遂げているので、主人公と魔王の仲がますます発展していってくれるといいなという願望が強くなりました
とは言え、今回もまだまだ勇者も考えがはっきりと表明している場面が多く、勇者と魔王の争いは続きそうです
勇者もある意味一途ですが、主人公が今後どのようにして身を振っていくのかが楽しみです
キーワードとなっているのは、将来について、今回は考えなければならなかったというので、個性者との未来や自分の未来がどうなっていくのかというのを意識せざるを得ないものになっていたので、そろそろ新しい展開を期待したいですね
魔王とイチャラブはしていましたしね!

一言:魔王のデレが本当に可愛い
総評 74/100
結局何もしない(初恋コンテニュー)
さて、気が付いたら一日が終わっていた黒紗夢です
まさかこの土壇場に来てまで何も研究をしないというのはやばいです
一体私は何をやっていたんでしょうね、一日の記憶が薄いですよ

ということで、今日は学校に行くいく詐欺をして家にずっと引きこもっていました
家にいても研究は出来るだろうという適当な思いを胸に家で作業をしようと思っていたんですが、気が付けばアニメを見て、適当に一日が終わっているという素晴らしい状態でした
やったねたえちゃん状態です
どういうことなの……

ファントムロードがChallengerになるとか期待をして配信を見ていたり、BLAZBLUEでココノエが遂にプレアブルキャラとして参加するという流れを追っていたりと、結局ネットサーフィンばかりでした
ろくなことをしていませんね
あと、LoLの中華スキンが可愛いから中華鯖でやってみるか!みたいなことを考えてインスコしていたんですが、どうも住民番号?などを入力してちゃんと中国人というのを証明しないと出来ないようです
残念ですね
やりたかったです……

しかし、本当にネタがないですね
ここまで何もないとブログを書きたくないわという思考に陥ってきます
中間発表が終わったら、何かネタを見つけてくるようにしないとですかね
それか、LoLをもっと多くの人に広める為にLoLの記事であったり、何か自分が思ったことを書いていったほうがいいんでしょうか
結構面白いですし、日本人がより多くやってくれると嬉しいです
とか言いながら、日本人との馴れ合いは嫌いだからやりたくないなとは思っていますけどね!
酷い矛盾です
残念ながら、今は格ゲーネタがない状態なので、P4Uの新作かXrdが出ないとネタが広がらないでしょう
ただ、このどちらかが出たらもしかしたら何かアクションを起こすかもしれません
ラジオやりたいなーってずっと思ってたんで、ラジオやりたいです
なんかP4Uが出た時もこのセリフ言っていた気がします
やりたいだけです
やるとは言っていません
妄想です
でも、ひょっとしたら……という状態です
その前に、色々とやるべきことはありますからね
卒業出来るのかな……



ラノベレビュー
初恋コンテニュー
ガガガ文庫より
著者:なかひろ イラスト:wingheart

この世にはクソゲーやバグゲーと呼ばれ、歴史から削除されたゲームがある。そんなソフトばかりが発売され続けたことで、誰からも見向きもされず話題に上がっても『ゴミ捨て』などと揶揄されるだけのゲームハードも存在している。主人公・綾野海の妹・空はそのハードにあまりにも熱中していた。彼女はゲームをこよなく愛し、どんな理不尽なソフトでも楽しんでプレイしてきたのだ……彼女自身がゲームに取り込まれるまでは――。ゲームに疎い兄が妹を助けるためにゲームの世界で大奮闘! 萌えて燃えられるデスゲーム風ラブコメ物語!

結構最近ではゲームの中に入るというものが多くなってきていますが、これはゲームの中でギャルゲーをして、更にちゃんとある意味では忠実にゲームに従っているのでなかなかに面白いです
ただ、これに続刊があるのかどうか分かりませんが、流石に伏線を一切回収せずに終わるというのはどうなんでしょうか
結構色々なキャラに伏線や妹とのフラグや展開があるんですが、それらを結局一切合切無視をして終わってしまっているのが非常に残念です
もうちょっと誰かしらの何かが回収されるのかななんて期待していたら、本当に何もなくてえっ?これで終わり?という肩透かしをもらいます
現実世界とゲーム世界の行き来というのもあるんですが、現実世界は結局2人の状態に関することのみで、一切関わってこないので、そこももうちょっと何かあれば面白いかなと思います
時間的制約はあるんですけど、それだけです
文章は一人称視点で、独白が多いです
主人公はギャルゲー初心者なので、考察やどういう風に動くべきかという状況や心情をかなり丁寧に描いているんですが、ちょっと性格が極端すぎる上に鈍感すぎるという最悪なものを掛けあわせている状態なので結構酷いです
あからさまなものも色々とすっ飛ばして猪突猛進で考えなしなので、ベタすぎてつまらないキャラになってしまっています
設定に合わせてしまった主人公という感じが強いです
もったいない

一言:妹しか可愛くない
総評 62/100
更新速度が遅い
さて、相変わらずネタがほとんどない黒紗夢です
何というか一応自分用に今日起きた出来事を自分が整理をするという意味で書いているんですが、当たり前のようにWebで公開しているので、対人向けの記事も欲しいななんて思っています
自分のライフスタイルだけを書くだけならば、それこそこんなのいらないわけで、ラノベのレビューとあと何か一つ題材になるようなものが欲しいところです
訪問者数は少なくていいんで、ちょっとしたネタ的なものが欲しいです

ということで、今日は学校に行ってひたすら研究……というわけでもないですが、研究室で色々とやっていた為にほとんどネタがありません
教授が言っていたことはこれかな?というのを他の奴にも見せてこれっぽいなぁという結論に至ってさぁ、やろう!という段階にはなったんですが、他研究を見るとどうやら画像認識には専用のソフトを使っているんですよね
それはしかもC#にも対応しているというんですから、素晴らしいツールです
それを購入すれば、画像認識の勉強を真剣にやらなくても、どうやってソフトを使ってプログラムを向上させるのかという一歩先に行けますからね
使えるものは使わないと、研究というのは自己満だけでなく、如何にして発展させるのかが重要です
ただ、このソフトを使うとなると、そっくりそのままになってしまうので、そこから何かまた発展させないといけません
独自性というよりも、発展性ですね
それがないとまんまパクリになってしまうので不味いでしょう
何かないかなーと探しますが、そんなすぐには思いつかないのが私の脳です
私が出来ないものは論外で、簡単に出来過ぎるのもアウト、ギリギリ頑張れば出来る程度のものを探さないといけません
そういう見極めもあるので、すぐには見つけられないでしょう
それでも、中間発表までにはなにかないといけませんが……

そして、真空で久しぶりに限定を食べました
今回のは少し辛い程度でしたが、やはりこういう辛さがないといけませんね
ただ、周りの奴らも言うようにちょっと他の担々麺として違うのかなぁなんて思いました
本当にただの担々麺という感じで、今までの雪華や他の独特なものはある意味担々麺を凌駕していたので仕方ないかもしれませんが、悪く言えば今回の虹進化系は普通の辛麺でした
美味しいんですけどね
美味しいのは変わりありませんが、もはや私達の中での真空への要求がかなり高くなってしまっているのが現状です
早く雪華が食べたい

帰宅してからは、久しぶりにCoopAIではないちゃんとしたLoLをやりました
今週の無料にTwitchがいたので、そいつを選びました
かなり強いです
こいつは集団戦もレーン戦も強くていいですね
Caitが弱点なはずなんですが、相手のCaitが弱すぎたせいで何故か圧勝していました
いやはや、TwitchはADCとしての選択肢としてはかなりアリです
Caitよりも使っていて面白いです
ただ、まだまだstealthやEの使いどころが難しいななんて思っているので、Skillには慣れたいですね
初めて使っても強いというのは良いADCです
Zyraを手に入れたら、次はこいつを買ってもいいかもしれません
Vayneは私には合わなかったのでね……
しかし、一番嫌いなBotLaneのChampionばかり最近買うようにしている気がします
どのレーンに行っても私は下手なので、大人しく一番簡単なBotに行った方がいいのかもしれませんね
早くGoldになりたいものです


余談ですが、ガルロワのおかげでガルロワをやりながら何かをするというながら作業が最近出来るようになりました
楽しいです
お互いに齟齬が生じている(小悪魔ティーリと救世主!?4)
さて、完全に自分の研究ではなくなっている黒紗夢です
私が自分的にはこういう方針で立てれば面白いのかな?なんて思いながら考えていた研究は全て却下されました
なんということでしょう
私は自分の研究ではなく、教授のやりたいことを私がやるというのに今更ながらに気が付きました
とか言いながらも、私の能力じゃ何も出来ないんですけどね!

ということで、今日は13時には研究室にいろというようなメールを貰ったので、珍しく早起きして研究室に1時に行きました
B4以外誰もいませんでした
おや……?
どういうことなの……?
まぁ、一応11時くらいに1人来ていたそうで、そいつと一緒に買い出しをして戻ってからやっと全員集合するという何とも遅い集合
こんなのでうちの研究室は本当に大丈夫なのでしょうか……?
周りは結構プログラミングが出来るやつが固まっているというか、私以外は割とプログラミングが得意なやつしかいないので、そいつらと私を比べるのは完全に間違っているんですが、誰も何も進んでいません
他の人はバグ取りとかに追われているそうで、私のは継続研究かつ新規研究という何とも怪しい感じなので、真面目にやればバグ取りはありますし、後輩のことを考えなければバグ取りはしなくてもいい状態です
バグ取りはしません
継ぎ接ぎだらけのプログラムになるのは確定しています
しかも、一つのソースを二人で使っているので、どんどん酷い事になっています
私はあんまり変更しないのでいいんですけどね!
さてはて、プログラムは正直ごまかそうと思えば誤魔化せるんですが、それは本当に最後の手段なのでちょっとは勉強しないといけませんね

で、中間発表用のタイトルを決める為にそれぞれが教授に呼ばれて色々と決められる
この時、私は調べたことを色々と説明したんですが全て却下されました
また全て一から探す作業が始まりました
どういうことなの……
私の意見は0で教授の意見で全てが通るので仕方ないです
ただ、文句を言っても卒業なんて出来ないので粛々とまた類似研究を探す作業が始まりました
今回は意外と早く見つかるというか、まんまこれだろうというものを見つけてしまったので、ガッツポーズ状態です
これでもまだダメだって言われたら死ぬしかないなというレベルです
その研究は全て私がこれからやろうとしていることを網羅しているので、これを参考にするとプラスαは必ず必要になってしまうので、そこは考えなければいけません
とは言え、この類似研究では物凄く良いソフトを使っているので、それを私も教授が購入してくれるのならば大分楽になります
頑張りたいです
というか、上手く説得して購入すれば、お金がかかっているというプレッシャーもあるのでやる気が上がるんじゃないのかななんて漠然と思っています
今から画像処理の勉強を一からやるのは本当に嫌なんでね……
人工知能の研究室なのに、フィードバック制御と画像認識という素晴らしくも関係のないことなんでね
そうは言っても、じゃあお前は人工知能つけられるのか?と聞かれると、NOです
仕方ないです
プログラム出来ませんから……

因みに、最近はこの中間発表があるというのでLoLを自粛しています
の割りにはゲーセンに行っているので正直意味が無いんじゃないかという感じですが、流石にLoLはかなり時間を取られるので1stWinだけを取るためにCoopAIをやっています
S4になる前にGoldになりたいんですが、難しいところです
そして、いい記事があったので軽く紹介

http://game4broke.blogspot.jp/2013/09/low-elode5.html

低レートはこういうのをしっかりと考えないといけないでしょう
とは言え、私はこれが得意Championだ!と思っていたら、意外と全然違うということがあったり、ちょっとでもうまい人と当たるともう全然ダメだったりするので、もっと自分なりに練習しないといけないかもしれません
難しいですね……
早く中間発表を終えて、練習がしたいです


ラノベレビュー
小悪魔ティーリと救世主!?4
MF文庫Jより
著者:衣笠彰梧 イラスト:トモセシュンサク

表紙が荒崎だったので、メインが荒崎なのかと思いきや全然違いました
今度のメインは中学生・渚という素晴らしくも可愛らしい子です
どう考えても無理があるだろレベルの兄と兄妹という信じられない設定ですが、ストーリー上そういうのを気にしたら負けの気がします
結構積極的な子で、従順で素直ないい子という感じですが、最後の最後でなかなかに面白い引きがあったので次回が結構楽しみになっています
今回は前回のを引きずったままの悪魔だったり不良だったりのイベントが起きており、それを回収しつつ新たなキャラを悪魔と天使の争いに引っ張りこんでくるというどんどん風呂敷が広がっています
悪魔側の戦力がどんどん現れてきており、既にインフレしているのに大丈夫なのかな?というのと、主人公の体調の変化がこれからどう切り抜けていくのかというのは見ものかもしれません
ただ、作者が作者なので、こういう風にまた広げてちゃんと回収出来るのだろうかという不安がいっぱいなのですが、今のところはまだまだ面白いです
主人公の心理の変化であったり、周りとの環境変化への戸惑いというのが丁寧に描かれているのでこの人の作風だと大体どれも同じ主人公になってしまうんですが、ゲームとは違った雰囲気が楽しめます
なんだかんだでメインヒロインは決定していそうですが、結末がどうなるのかは分からないので、まだまだ楽しみにしていたいと思います

一言:渚ちゃんが可愛すぎる
総評 72/100
やる気スイッチが欲しい
さて、研究のやる気が一切湧いてこない黒紗夢です
ゴールはもはや決まっているんですが、その過程であるものはなかなか見つけられません
というか、教授に沿った意図と果たして会っているのかどうかが分かりません

ということで、今日は流石にやらないとという使命感はあったんですが、使命感があっただけで本当に大丈夫なのかという謎の問題が数多く有りました
一応こんな風にすればいいのかな?という当たりはつけていたんですが、教授と私の間には大分齟齬があるので不安しかないです
図形照合と言われたので、それらしいものはあったんですけどね
ここからどう発展させていこうかなという問題も多く残っています
とりあえず中間発表までにそれらしい理論を詰めればいいんです
自分の独自性だとかそういうものは卒業を高い成績で残すか、まあまあの成績で終わらすかという感じらしいので、とりあえず理詰めで何とかならないかなと思っています
丸パクリは流石に不味いんでやりませんが……

なので、中国のLoL大会を見てました
ワールド・チャンピオンシップへの切符は残るは中国の結果だけとなったので、どこがいくのか楽しみです
とは言え、あんまり中国のチームは知らないんですけどね!
皇族というチーム名がかっこいいなと思ったくらいです

そして、教授を説得するだけの資料を作るためにひたすらパワポを書いてました
自分でどうやって上手く図を作成するのか分からなかったので、エクセルで作ってました
エクセルは便利ですね
何でも出来てしまいます
間違いなく使い方を間違えていますが、綺麗に引けるんだから仕方ないです
満足してから他の類似研究もこれでいいだろうというものを抽出しまくって、これなら説得出来る……っ!と思いながら満足してました
ハフ変換がどういうものかはさっぱり分かりませんが、きっとこれでいいやろ的な曖昧さで説得出来るとか思っている時点で割とやばい気もしなくもないですけどね!

卒業出来なかったら、私が原作のはちもぐ絵の漫画を出そうと思います
むしろ、そろそろLoLProかラノベ作家の道を真面目に考えたほうがいい頃合いかもしれません
卒業と作家とどちらが楽かと聞かれたら、同じくらいかなぁなんていうくらい、研究に対するやる気がないのでやばいです
間に合わないといいながらも(水のマージナル2)
さて、類似研究を調べなければならないのに、別の作業を延々としていた黒紗夢です
よくありますよね
テスト前になったら、部屋を整理し始める……みたいな状態です
それと同じ現象が今日行われてしまいました

ということで、今日は韓国と中国のLoL大会を見ながら本棚を作成していました
韓国はこれで勝った方がワールド・チャンピオンシップに進出出来るというかなり瀬戸際の戦いでした
なので、凄く面白い試合が見れるんだろうなぁと楽しみにしていたら、2試合目くらいかな?
それでまさかのsurrenderという謎の終わり方をして結構がっかりしていました
特に凄く負けているというわけではなかったですし、ワンチャンあったように思えたんですが、意外と韓国はsurrenderをすることが多いようです
EUの試合でsurrenderはほとんどインヒビを割られてやることがないという時くらいしかありませんが、韓国のは普通の時に通っていました
surrenderで優勝とは何ともまぁ……という感じです
面白かったですけどね
やはり、韓国中国EUはそれぞれに特色があって、見ていて楽しいです
自分のためになるかどうかは分かりませんが、こういうのもあるんだなという風に見るとLoLは本当に奥が深いななんて感じます

そして、淡々と続ける本棚を作る作業
今までずっとラノベが床に横積みだったのでやっとまともな環境になるという感じです
元々本棚はあったんですが、一瞬でいっぱいになってしまった為に新しく購入したんですよね
なかなか良い感じの本棚で結構入りそうだなぁと思ったんですが、適当に詰めた感じだともうすぐ満杯になってしまい、またすぐ床に置いてしまいそうです……
早く何とかしないといけませんね
ただ、実はまだラノベを1000冊も集めていないんじゃないか疑惑があるので、卒業までには1000冊いけたら嬉しいな―なんて思っています
集めたからどうしたんだって話なんですけどね!

ちなみに、その間やその後はずっと延々とガルロワやってました
イベントをひたすら消化する作業です
このイベントSRは100%手に入るんですが、覚醒させる為には同じカードが3枚必要という相当なキチガイさで鬼課金をしなければ絶対に出来ないという素晴らしい仕様になっています
凄いゲームですよね、これ
私はひっそりと無課金ガチ勢になっていたいと思います……



ラノベレビュー
水のマージナル2
MF文庫Jより
著者:片岡とも イラスト:イチリ

今回はすんなりと乗船出来てしまったマージナル艦でのお話なのかと思いきや、意外とあっさりと下船してしまって結構驚いています
タイトル的にもマージナルがメインになるだろうとは考えていて、この船から色々なものが起こるのかと思いきやそんなことはありませんでした
ストーリーが進むに連れて色々と判明していき、意外といい作りになっているかもしれません
マージナルについても、水についても今回はかなりの詳細が描かれています
ただ、相変わらず主人公の能力というか特別な理由というのははっきりとは言明されておらず、謎のままなんですが、主人公がアホすぎて面白いです
結構女主人公のストーリーでハズレは少ないように思えます
これも訳の分からない思考回路をしている主人公ですが、ストーリーの強制的に進んでいく様と、主人公の楽観視のような流され度合いがうまい具合にマッチングしていて楽しいです
次からは、どういう話になるのか、少し気になります
ただ、水があまりにもチートすぎる為に、現実との乖離が激しくてついていくのに大変かもしれません

一言:無駄な睡眠かわいい
総評 68/100
図画工作は適当に
さて、学校に行ってダンボールでドールハウスを作っていた黒紗夢です
正確にはドールハウスどころかダンボールの数が足りなすぎて、ただ邪魔なダンボールが増えただけなんですけどね
果たしてこれを一体いつ活躍させるのかという問題は、後回しです

ということで、今日は今週中に一回くらいは学校へ行こうと思い立って研究室に行ってきました
今週は休みなので、案の定誰もいない!と言うことで喜んでエロゲソングをスピーカーで聞いていたら、何故かB4の女の子が入ってきて一気に意気消沈しました
何故このタイミングで来るのか……
私はショックが隠せませんでした
結局その子はすぐに帰りましたが、私の憩いの場としてのエロゲソングを聞きながらテンションを上げてダンボールづくりという作戦は失敗に終わりました
何が悲しくて、無音でダンボールを切ったりガムテープで止めたりしなければならないのでしょうか……
虚しい作業です
その後に、他のM2達が来たので区切りのいいところでフィットネスへ
今日こそは、ちゃんと有酸素運動をしようということで、1人で延々と走っていました
ランニングマシンの上では、特例として音楽を聞けるという素晴らしい仕様な為、わざわざiPhoneを持って行ってラジオを聞いていました
ひたすらジョギングをしながら聞いていたんですが、たまにニヤッとして我ながら気持ち悪いなと思っていました
何せ目の前には鏡がありますからね
自分で突然笑う顔が目の前に写るんですから、それ以上に気持ち悪いことはないでしょう
周りの人が私に視線を向けていなかったということを信じるしかありません
そして、30分くらいジョギングをした後に筋トレをしてシャワー
今年度に入って初めてシャワーを浴びた気がします
やはり運動をした後のシャワーはいいですね
もっとちゃんと汗をかいたらという前提ですが……

そして、すっきりとしたあとはそのまま町田で美味しい豚丼屋へ
いやはや、もうすっかりここは定番の晩飯を食べるところになっています
結構安いようでいて高いんですけどね
というか、ここに来るともうほぼビールを頼むので2k近くになります
2食分ですね、はい
でも、ビールとおつまみが美味しすぎるせいで、仕方のないことです
豚丼だけでも美味しいんですけどね
いいお店です

その後は普通にゲーセンよって帰ろうとしたんですが、何故か猫目の前に消防車とパトカーとFUJITECの車がずらっと並んでいました
なにか起こったんかな―と野次馬根性を出していたんですが、どうやらもう大分時間が過ぎた後でした
某人に聞いた結果、どうやらエレベーターが途中で動かなくなったそうです
まぁ、そりゃそうですよね
あれだけ床が抜けて既に壊れ気味のエレベーターがいつまでも稼働しているだなんてありえませんからね
普通に壊れて当然だと思います
とは言え今回の事件でやっとエレベーターを直すでしょう
あのエレベーターを利用してなくて良かったです……
書き忘れるものはある(僕は友達が少ない⑨)
さて、ガルロワを一日中やっている黒紗夢です
このアプリが面白すぎるせいで、ほとんどの時間がこれに取られてしまっています
意外と時間を使ってしまうアプリなので、グリマスなどと違って気軽に手を出そうとするとキング・クリムゾン状態になります
パズドラとかスクフェスもこんな感じなんでしょうね……

ということで、今日は本当はネット会議があったんですがギリギリまでガルロワをやっていたせいでほとんど起こした文書をPCの中に入れることが出来ませんでした
結果的には入れなくて正解だったんですけどね!
今日は私の研究についての会議がある為に、色々と類似研究を探してみたり、自分なりのアルゴリズムを考えろと言われて遅々として進まないアルゴリズムを描いていたんですが、結局却下になりました
そりゃ、そうですよね
かなり簡単なものでしかなかったですからね……
学部時代なら許されたであろうクソアルゴリズムではやはり卒業をさせてもらえないらしく、もうちょっとした理論を詰めないといけなそうです
最悪システムはどうにかこうにか誤魔化しが効くものではあるんですが、理論の方はごまかしようがありませんからね
如何にして、理論で攻めて相手を納得させられる新しい研究かというのを説明しなければなりません
こういうのが本来ならば私が得意としなければならないものなんですが、どうも興味のないものでイマイチ漠然としたものなので想像が難しいです
ゴールはもう決まっているんですが、その過程を果たしてどこに重点を置いて、どうドヤれるのかが勝負ですからね
難しいです
正直、大学なんて辞めてもいいんですが、内定を既に貰っているので内定取り消しになると辛いですからね
大学辞めても就職出来るんだったら今からでも就職したいですけどね!
自分のやりたいことと関われるところなら最初は楽しめるような気がします
その後は自分次第でしょう

しかし、一番の問題は本垢がバレてしまったこと
元々別のアカウントで連絡を取っていたんですが、それを登録したIDからpass、果てはメールアドレスまで全てを忘却の彼方へと送ってしまったので、泣く泣く本垢になりました
割と厳しいですが、大丈夫でしょう
気にしたら負けです


ラノベレビュー
僕は友達が少ない⑨
MF文庫Jより
著者:平坂読 イラスト:ブリキ

そろそろ終盤に差し掛かってきたかなーと思いきや、これからまた一波乱というか新たな設定が出て来て結構驚いています
まだまだ続くような予感を秘めていますが、もう夜空の問題を解決し、そして星奈との間のものも前進して終わってもいいような気がしてなりません
今回やっとお互いがお互いに向き合ってはっちゃけて、良い解決方向へと向かっていっているので今までのものとは大分趣が異なります
やっと普通の人らしくあるような展開になって、成長していくのかなと漠然と思っていましたがそんなことはありませんでした
主人公が主人公らしくあろうとしていますが、ろくなヒロインがいないんだなという恐怖とともに、幸村のようなヒロインもどんどん積極的になってきているので面白いです
とは言え、もう終わりでいいんじゃないでしょうかね……
どこまで続くのか予想がつかなくなりました

一言:夜空は汚れ役
総評 72/100
ぎりぎりの更新
さて、やっと免許の更新へ行ってきた黒紗夢です
昔だったら自分の誕生日の一ヶ月前のみしか更新出来なかったのが、今では誕生日の前後2ヶ月も猶予がありますからね
ありがたい事です
完全に誕生日の後にやっているので、昔までだったら確実にアウトです

ということで、もうそろそろ免許更新をしないと失効してしまうので行ってきました
もう今年からゴールド免許なのでわざわざ運転免許センターなどに行かなくても近場の警察署で済ますことが出来ます
とは言え、近場と言っても割と遠い気もするんですけどね……
確かに電車では一番近いんですが、ふと地図を見てみると自転車ならこっちのほうが近いなという場所がありました
自転車では行きたくないので、いそいそと電車で一番近い場所へ
そして、講習を受けること30分
本当に軽く注意事項だとか、昔習ったことを映像で見たくらいで特にこれといったものはありませんでした
しいて言うならば、マークの事だったり失効したらどうなるのかというのの注意事項を言われたくらいです
こんな講習を受けても果たしていつ次に運転するのかというのは、謎です
運転とかするのかな……
もう免許証としてではなく、自分の身分証として役割を変えたほうがいいような気がしてきます

余談ですが、ひたすらファンタジスタドールアプリ(以後:ガルロワ)を道すがらやっていたせいで、一度道を間違えてしまいました
そのくらいガルロワを延々とやっています
まさか音楽を聞くよりも先にガルロワでiPhone用のイヤホンをつけるとは思いませんでした
面白いです
皆さんも是非やりましょう

しかし、家に帰ってからひたすら他の研究を探していたんですが、なかなか自分の欲しい情報がありません
本当にあるのか?というレベルですが、これを何とか教授に説明出来る程度にはやらないといけないのでやばいです
木曜日に一度ネット会議がありますからね……
恐怖です
アルゴリズムも考えろと言われて考えていますが、果たしてこれでいいのか?なんて思っています
あと、ガルロワにメチャクチャ時間を取られているせいで集中出来ません
完全に中毒です
ろくでもない事しかしない(部活アンソロジー2「春」)
さて、自分がゴミだと言われた次の日から既にLoLをやっている黒紗夢です
一体何をやっているんだという感じですが、RIOTからrankやらないとお前無条件で降格させるぞ^^とかいう警告が来ていたので、やらざるを得ませんでした

ということで、RIOTから警告が来たんなら仕方ないです
rankやってました
久しぶりな上に、最近全然LoLを真面目にやっていなかったのでゴミカスになっていました
4連敗です

まさかの、4連敗です

4連敗って……

これでもDivisionが下がらないのは嬉しい事ですが、何という運のなさなんでしょう
意味が分かりません
私が下手なら仕方ないとして、全レーン負けているのは意味が分かりません
それで私が怒られるんですから意味が分からないです
集団戦をして悪いっていうなら仕方ないかもしれませんが、集団戦の前に各個撃破されてる時点で完全にお察しでしょう
どういうことなの……
やっぱりrankをやるためにはもうちょっと自分の力を取り戻してからの方がいいでしょう
とは言え、もうすぐ中間発表なので、LoLは流石に出来ません
ここを乗り越えないと死んでしまいますからね……

そして、台パンしながらも溝の口に
今日も何だかんだで人が多いです
今回も40人超えていたのかな?
しかもみのるさんとは一体何週間同じチームなんだというレベルで一緒です
もちろん私はレバーチェッカーです
そろそろ意識を変えないといけないなという思いと、早く家庭用で違うキャラ練習したいなという思いの二つが合わさってどうしようか悩んでいる状態がずっと続いています
イザヨイだけでずっと行くのは本当に無理でしょうからね
絶望しかありません
ただ、このまま何の向上もないイザヨイというのは流石に格ゲープレイヤーとしては完全にダメ人間なので、もっとそろそろ意識分配をしたいなと思います
その前にもっとBBCPに触らないといけないというのもありますけどね!
やる気の問題です

晩飯に和蔵でまた新しくとんこつ塩つけ麺というのが登場していたので、食べてみました
何でしょう
不味くはないんですが、なんだろう……と思ってしまうような味です
勿体無いような、なにか足りないようなという感じなので、普通の和蔵ラーメンでいいかななんて思います
つけ麺の当たり外れがここは激しいのが悩みどころです
前のもメチャクチャ味が濃くて、薄くして食べればかなり美味しいのがあったので、自分でも味の調整をしないといけないという新感覚つけ麺が多いです
いいお店ではあるんですけどね……

そうそう、ファンタジスタドールのソシャゲー始めました
ファンタジスタドール ガールズロワイヤルというんですが、なかなかに面白いです
ファンタジスタドールのアニメはあんまり好きではないんですが、キャラは可愛いですからね
それに他のソシャゲーはもうやめてしまっているので、いい機会かもしれません
システムもなかなか良い感じなので、楽しめそうです
ただ、異常に重い
そこだけが残念です


ラノベレビュー
部活アンソロジー2「春」
ファミ通文庫より
著者:野村美月、日日日、田尾典丈、田口仙年堂、岡本タクヤ、石川博品 イラスト:のん、千田衛人、こずみっく、RiE、パセリ、nauribon

全七篇でお贈りする、努力と情熱の先にある何かがかいま見える部活エピソード第2弾!

私は、短編集というものが結構好きで、今回のもなかなか楽しめました
野村美月のは割と先が読める展開ではありましたが、甘酸っぱい青春というか、良い味が出ておりくすぐったい部活動エピソードです
日日日のは、先があるんだかないんだか、何とも言えないどちらとも取れるような終わり方ですが展開としては一番部活っぽく、周りと主人公の温度差のギャップが面白いです
未来があるのかな?というのを感じさせる一作です
田尾典丈のは、ただのギャルゲーです、本当にありがとうございました
田口仙年堂のは、部活青春というよりもラブコメに近いかもしれません
今までの全ての作品に繋がるような、そういう部活で着眼点はとても興味深くてなるほどという納得感があります
これも味があってよかったです
岡本タクヤのは、正直よく分かりません
設定的には面白いのかな?なんて思いますがストーリーの運びやキャラの性格が何とも乖離しているような気がして、結構違和感が多いです
何とも言えません
石川博品のは、部活というキーワードを斜め上方向に解釈した面白いものです
色々な意味で部活動ですが、ある意味で言えば後味が悪いですし、結構な衝撃と動揺が走ります
良いストーリーでキャラも面白い分、こういう結末になるとしても残酷な現実を見せられてしまいます
明るいようで暗いですが、面白いです

一言:短編集は虹の味
総評 80/100
終わるのはあっさり
さて、特に何事も無く家へと帰宅を果たした黒紗夢です
何だか合宿直前に資料がどうたらとてんやわんやしていたのが無意味に思えてしまいます
そのくらい、発表後は何もなく、そして、発表も元々クソだったのでちょっとでも真面目にやっても無駄だったのではと考えてしまいます
直さないと行けない部分は沢山あるから、結局やることにはなるんですけどね

ということで、合宿最終日です
とは言え、夜遅くまで起きてた上に何故か布団の中でも寝付けずにずっと意識があって半覚醒状態的な感じで疲れが取れませんでした
友人が日の出を露天風呂で見たい!とか言って5時過ぎ?くらいに起きたのが原因かは分かりません
朝飯も本当は8時だったんですが、このままじゃいかんなというので頑張って眠ろうとしました
10時にチェックアウトという無慈悲なことを言われて、結局布団の中に潜っていただけです
徹夜とはまた違う疲れ度合いなので、平気と言えば平気なんですが複雑な気持ちでした
まぁ、どうせ大したことはしないので眠くても関係ないかという軽い気持ちでいたら

皆でプールに行こうという話に

……おや……?
解散してからプールなのでは……?

なんて思いましたが、風呂かプールかという二択に迫られて、仕方なく風呂とプールを往復してました
一応水着は持ってきてはいたんですが、全く泳ぐ気はありませんでした
結論から言えば、プールもプール(笑)という状態で泳げるspaceは一切なく、ただ単に水深1mのちょっとした水たまりがあって、そこでボールを使って遊ぶ程度の事しか出来ませんでした
泳ぐことすら出来ないのにプールといえるんでしょうかね……?
謎です
ウォータースライダーもありましたが、高さ3mくらいで総距離5mくらいの小さな子供だましのものだけです
むしろ、そんなの撤廃して25mプールとかを作ったほうが良かったんじゃ……?
と思ったら負けでしょう
避暑地はゆっくりとプールに浸かるだけがきっと普通なんです
泳ぎたい若者なんてこんなホテルに来ないんです
そう思いながら、なくなく温泉に戻りました
余談ですが、温泉は外からまる見えです
女湯と男湯は一日交代で交換するんですが、これ、女湯も普通に外から見えるって事ですよね?
大丈夫なのかな、この施設……

そして、お土産を適当に買おうと思ったんですが、大したものがなかった為に自分用のだけ買って帰宅
帰りは鈍行で電車の中で寝てました
横浜乗り換えなので、横浜タイトーに少し寄っていました
何故かあるFate
100円3クレ疑惑のFate
何年かぶりに対戦しましたが、全くコンボが出来ずにボロボロにされました
流石はまだ最近までやっていたyasoo……恐ろしい子……っ!
で、注目すべき点は

とってもE麻雀

おや……?
ほとんどのお店で稼働を拒否されている某システム会社の製品があるではないですか
やってみました
勝てません
まぁ、私は正直麻雀なんて本当にどうやれば上がるかくらいしか分からない初心者なので、勝てないのかもしれません
なので、ひぐらし麻雀のように延々とお金を入れてアイテムを増やして勝つというクソプレイをしていました
一回勝つために300円くらい使った気がします
二回目勝とうと思いましたが、条件がロンで直撃させないと無理なんじゃね?って思ったので早々に諦めました
いやはや、麻雀の知識がもっとあれば楽しめるのかもしれませんが、無理ですね……
というか、一回目は何も脱いですらいないので、見る価値はないです
2枚目からは謎ですが、誰かこれクリアした人いるんでしょうかね?
画像だけ少し気になります
わたし、気になります!
まぁ、どうせ下着まででしょうけどね

研究……
どうしましょ
地獄の合宿一日目(俺のリアルとネトゲがラブコメに侵略され始めてやばい8)
さて、遂に伊東までやってきた黒紗夢です
朝起きれるのか不安でしたが、そもそも全然眠れなかったので遅刻も何もありませんでした
結構早めに寝てしまうと寝付くのに時間がかかります
なので、結局布団の中にいながらにして意識はある状態がずっと続いていました
よくあることです

ということで、今日は朝もはよから出発です
早くと言っても、朝の8時くらいなので、どこが早いんだって言われるとぐうの音も出ませんが、私にとっては早いのです
そして、ほとんどの奴がスーパービュー踊り子とかいうのに乗るので、全員近くの指定席に座って横浜からひたすらだべってました
プレゼン資料どうよ?的な感じで、当たり前のように皆直前にやっているのでほんとうに大丈夫なのかは本番の時にしか分かりません
で、ASBの話を聞いていたら伊東に到着
どんな田舎だよってくらいに周りの風景が田舎でした
当然ですけど、まさか山あり海ありとはね……
なかなかに良い雰囲気でした
そして、私は買い出し班なので、B4の数名と合流してからお酒やらお菓子やらをかなり買い込みました
おかげでギリギリ2万円弱というところ
どんだけ買っているんでしょうね……
因みに、シャンパンを教授から買うように言われたんですが、なかったので普通のスパークリングワインにしました
バレなかったからいいんです
普通のスーパーに売っていると思うほうが間違っていたんでしょうかね……

で、その後海鮮丼をお昼に食べました
結構美味しかったです
やはり採れたても入っているんでしょう
結構美味しいものが食べられて満足だったんですが、私の近くでずっとゴキブリが這っていたのに関してだけはマイナスでした
それさえなければ……

その後は残りの組と合流してホテルへ
ホテルでチェックインをしたらそのまま中間発表会になりました
B4の方は皆割としっかりとやっているようで、結構夢見がちな人達もいましたが、概ねいいのかなーという状態でした
まだまだ迷っている人は多かったですが、何とかなるでしょう
しかし、反対にM2はやばいです
4人中3人がダメと言われました
私なんて今週皆は休みだけど、お前は研究室来い的なことを言われました
やはり何も出来ていないのがダメだったのか……
普通に何もないと言われて終わりました
他のやつは、その方法はやめておけと言われて根本から否定をされ、もう一人は全く足りないと言われてもっとまともなのを書けと言われていました
どういうことなの……
果たして、全員卒業出来るのでしょうか
私はそろそろ退学をするのを視野に入れているくらいにやる気が無いです
なんで、全くもって興味のないフィードバック制御なんぞしなければならないんでしょうかね
一番興味のある分野はARです
じゃあ、なんで人工知能なんだって話ですけどね
この研究室に人工知能はありません
ダイブ嘘です

そして、色々とというか全てにダメ出しをされたあとは、皆で部屋に戻ってまったりしていました
特に予想通りだったのと、意外と景色が綺麗だったのがあいまっていました
ちょうど海が一望出来る10Fの部屋でかなり景色は良かったです
その後は少しホテルの周りを散歩してテトラポットに登ったりして遊んでました

夕餉はとんでもなく量が多くて、アワビの踊りがかなり美味しかったです
というか、それが一番美味しかったです
肉も美味しかったんですが、刺身類は昼にも食べたのに夜もかよ……という感じで少し辟易していました
昼に食べた方が美味しかったんじゃないかと思ってしまったので、なかなか箸が進みませんでした
全体的には美味しいものだけを食べたので、美味しかったです
結構残してしまいましたが、多分全部食べれた人はいないんじゃないんでしょうかね
そのくらいの量でした
因みに、前方の舞台では何やらよくわからないモノマネ芸人が芸をしていましたが、ただののど自慢大会かよレベルで似ていなかった上に、ほとんど知らない歌手だったのでさっさと切り上げて温泉に行きました
モノマネ芸人に価値はありません

そして、深夜までひたすら宴会
途中半沢直樹を皆で見ていましたが、面白かったです
内容は色々とカオスだったので割愛
女の子達とイチャコラしてました



ラノベレビュー
俺のリアルとネトゲがラブコメに侵略され始めてやばい8
HJ文庫より
著者:藤谷ある イラスト:三嶋くろね

あ、これで終わっちゃうんだ?というちょっと拍子抜けの最終巻でした
個人的には、しっかりとした終わり方を望んでいたんですが、まさかこんな普通のハーレムラブコメの一番最悪な終わり方をするとは思いもよりませんでした
結構途中まではしっかりとしていて、意外と過去の伏線なんかも回収していて大団円でもう主人公もしっかり腹を決めて終わりかな?なんて思っていましたが、勿体無いです
途中の新キャラは少し戸惑いましたが、完全にご都合主義として受け流せばストーリー全体の回収としてはいい役でした
なので、中盤の盛り上がりは後半の回収はとても良かったんですが、本当に最後だけ
最後の主人公の体質ですとか、誰を選ぶかという段階でのこの体たらくがあまりにも目立ってしまって残念な気持ちでいっぱいです
確かに、これはこれでいいのかもしれませんが……
なんだか釈然としない気持ちで終わってしまいました
途中までは面白いシリーズだなと思っていただけに、がっかりです

一言:選ばない理由が分からない
総評 63/100
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。