黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
楽しい場所とは空気が違う(小悪魔ティーリと救世主!?5)
さて、自分ももっと都内に出たいなぁと思っている黒紗夢です
秋葉や新宿は結構近いというか普通に1時間以内にいける範囲なので、気軽に行ける場所ではあるんですよね
ですが、定期券が全く反対の神奈川方面なので秋葉に行こうと思うとどうしても二の足を踏んでしまいます
もっと遊びや人間関係に貪欲になった方がいいんでしょうが、何故かしら面倒臭さが勝ってしまいます
どうにかしないとですね……

ということで、今日はその他大勢の方は飲み会だったらしいですが、私は家で研究をしていました
研究をしようとして、研究をしていませんでした
USBにプロジェクトを持って帰ってきたら、何故かプロジェクトが壊れていて出来なかったという悲しみを背負っていました
まぁ、リモートをすれば特に問題なくすることは出来るんですが、やはり学校のPCよりも自分のPCの方がやりやすいですし、リモートだと結構動作が重いので嫌なんですよね
なので、割とやる気が失せてしまったので少しだけ溝の口でP4U2をやりに行きました
とは言えやはりあまり対戦が起きないのが溝の口の悲しいところですね
もしかしたら、元々時間帯が悪くて、他のゲーセンの人口も少ないのかもしれませんが、それでもやはりBB勢の方が溝の口は多い気がするので、P4U2はあまり流行らないかもしれません
色々と直斗で試したいことをやっていたんですが、本当に大したことは出来ませんでした
いやはや、このキャラは新作になってからの下方修正が酷すぎて何をすればいいのか分かりませんね……
多分もう籠城は出来ないので、上手く攻守を激しく入れ替えないといけません
でもそうするとD罠は一体いつ撒くんだろう?ということになってしまいます
前作の硬直だったらまだ撒きまくれば何とかなったんですが、今回は一度撒いたらもう終わりという状態なので、攻めにも使えないですし守りにも使いにくい
さてはて、コンボにいこうと思うものの、硬直が長すぎて入らない
一体今回ジャンプ攻撃に強くなったというのはどこで活かせばいいんでしょうか
もちろん相手のキャラによってはかなり活躍はするのは確かなんですが、勝てないキャラにはより勝てず、勝てるキャラにはより勝てる、というようなイメージがあるような気がします
それほどまでに色々なキャラとやっているわけではないので、全くの未知数なんですけどね……
対戦したくても対戦環境に行けないというのは悲しい事です
やはり、都内に出るべきなんでしょう……

で、仕方なしに帰宅してからLoL
BjergsenのAPTrisの動画を見てから、自分も使いたい!と思ってRiotの無料Trisを使おうとしたら何故か解禁出来なくて発狂してました
仕方ないので、Roit plzという感じのメールを適当に送信したらわずか20分後にメールの返信が返ってきた上に既にTrisが解禁されているという神対応をしてくれました
今までネトゲには課金するつもりは一切ありませんでしたが、この素早い対応に感銘を受けたのでこれからはRiotに課金しようと思っています
色々と買いたいものはあるので、Riotに貢献していきたいと思います
やはり運営が良いゲームは課金がしたくなりますね

余談ですが、WWがRivenにUltを打った瞬間にRivenが3発目のQを打つとWWが跳ね上がった上に何故かRivenが移動可能になってWWが引っ付いたまま来るという謎の現象が起きます
かなり面白かったです
それだけです

研究なんて知りません



ラノベレビュー
小悪魔ティーリと救世主!?5
MF文庫Jより
著者:衣笠彰梧 イラスト:トモセシュンサク

今回は遂に主人公が地獄に行って……?!みたいな展開になるかと思いきや、今回はそれぞれがそれぞれに思っている事を打ち明けるような回でした
お互いにすれ違いや種族間の違いなど価値観の相違が激しかったので、それを互いの視点で見ていくような展開でした
悪魔や天使の視点からの情勢や主人公にまつわる問題というのはなかなかに深くて面白いです
結構設定なども説得力のあるものが多いので、これがちゃんと回収されればかなりストーリーも楽しくなるだろうなという感じが強いです
今回は主人公が自分の立場が天使や悪魔の世界で一体どういうものになっているのかというのが明かされます
最初に比べて大分性格が変わってしまった主人公の葛藤や周りへの配慮というものが大きく揺れ動いて、自分で様々な想いに自覚をするのでラストへの小休止というような雰囲気があります
ティーリに対する処遇や主人公の今後の動きなどが果たして一体どういう結末を迎えるのかが楽しみです
結構普通のラブコメとは違うようなラブコメなので一風変わったものを楽しめます

一言:ティーリを楽しみたい
総評 70/100
スポンサーサイト
やろうと思ってもゲーム発売日(引きこもりたちに俺の青春が翻弄されている)
さて、学校をサボってまでP4U2をやっていた黒紗夢です
本当だったらフィットネスに毎週行っていて、サボらないようにしていたんですが、まさかここにきてサボってしまいました
自分の健康のことなので、あまりサボらないようにしていたんですがついついP4U2の稼働だという事でこれを延々とやらざるを得ませんでした
仕方ないです……健康は後でもまだ気をつけられます……

ということで、今日は溝の口から町田へと転々としていました
正直溝の口では対戦がほとんど起きなかったので、練習をしているだけの状態でしたけどね
いるにはいたんですが、全くの初心者か、普通に強い美鶴の人が一人いただけなので、無理でした
美鶴は今作の直斗では本当に太刀打ち出来ません
なんというか、これゲームになってるのかな?なんて思ってしまうほどにやばいです
開幕まずやることがないです
5Aに対しるものが逆ギレしか存在しません
足払いも間に合いませんし、2Aも普通にCHします
なので、攻撃的なものは開幕逆ギレのみ、です
全くもって意味が分かりませんね
じゃんけんという概念が存在していません
開幕はガードかバクステしか出来ません
ジャンプは5Aに引っかかります
ついでにいうと、バクステはドロアに引っかかります
つまり、最も良いのはガードになるわけですが、ガードした瞬間美鶴のターンですからね
ナニコレコワイ
これで一体どうしろというんでしょうか
まだ稼働したばかり……開幕行動は存在しない……
研究が進む……?
よく分かりませんね

閑話休題

町田では結構対戦が出来ました
とは言えやはりなかなか直斗では難しいキャラが多いかもしれません
番長は今回かなり変わっていてどうなのかなーなんて思いましたが、やはり辛いですね
というか、シューティングタイプのはずの直斗がジオ打たれてるだけで何も出来ないというのはものすごく面白いですよね
ジオを見てから逆ギレを擦った瞬間に、相手のSB電光石火が確定しますからね
楽しいゲームです
何もすることがありません
籠城は不可能です
攻めるしかないんですが、攻めもなかなか難しいですからね……
というか、私は元々攻めが苦手なので自分から攻めると大抵負けてしまいます
そういう練習もしないといけないんですけどねー
籠城キャラで攻めないといけないのは辛いです
一体どうすればいいのやら……
本当にシャドウ直斗は辛いです
まだ初めて間もないですが、未来はあるんでしょうか……?
とてもあるようには思えないというこの悲しみ

そして、対戦は諦めて桜舞う乙女のロンドを購入してから帰宅
なにやら色々とデーモンを外したり再起動をさせられたりと、ゲームを一つするのにも苦労をしましたがひたすらやってました
結構一人ひとりのストーリーは短いんですが、面白かったです
元々まなみルートは体験版でやっていたから短かったというのもあるかもしれません
が、それでも嫌に短いような……?
とは言え、普通の女装潜入物としては楽しめたので良かったです
ちゃんと普通に終わればいいんです
流石にあっさりと終わりすぎだろというレベルで、他のゲームではこれ付き合い始めたばかりでこれからまたひと波乱あるんでしょ?という感じのイチャイチャの絶好調の中で終わってしまいましたが、ちゃんと終わったので満足です
未完成のものに比べたらね……
ただ、もう少し何かあっても良かったかなという物足りなさは確かにあるので、その短さだけは残念でした
とは言え、まだまだ他のキャラはやっていないので、楽しみです


P4U2と研究と桜舞う乙女のロンドのどれを優先するべきか……


ラノベレビュー
引きこもりたちに俺の青春が翻弄されている
一迅社文庫より
著者:棺悠介 イラスト:のん

いじめられっ子の蒼衣春哉は、「凶鳥」の異名で恐れられている美少女・瑞鳥紫羽に助けられた。厳しくも美しい彼女の隣に並びたいと願う春哉だったが、自身の転校によって離れ離れに。六年後、高校生になった春哉は誰もが憧れる男へと成長していた。かつて紫羽と過ごした地に戻った春哉は彼女と再会するが、紫羽は重度の引きこもりに変わり果てていた……!?

結構ストーリーがトントン拍子で進んでいくので、かなり読みやすくて面白いです
引きこもりの美少女と織りなす出会いやお互いに会えていなかった過去の出来事などがなかなかに複雑で面白いです
何故、ヒロインが引きこもりになったのかという理由も明かされますが、何とも言えないような過去なので結構読み手を選んでしまうかもしれません
この引きこもりのヒロインだけではなく、他にも変わったキャラが出てきたり、かなり極端な事態へと進んでいくのが楽しいです
文章は一人称視点で、独白が多いです
結構そのまま状況を自分の例えと織り交ぜて描写してくれるのですが、あまりにもマニアックな例えが多すぎてそれがちょっとつまらないです
ある一つだけのパロディネタくらいなら知っていても知らなくても笑えるような展開にすることは出来るかもしれませんが、これは流石に色々なものが綯い交ぜに入っているので、かなり鬱陶しく感じます
こういうくだらない他の作品のネタさえなければなかなかに面白い展開ですし、キャラクターの動きも楽しいので面白いんですが、勿体無いです
そして、大賞なのでもう少し辛めに言ってしまうと、そこまで劇的な展開や怒涛な展開、というものに乏しく、確かに最後の展開はヒロインの過去と共に語られる過去と現在の出来事を合わせたものですが、ありきたりな、言ってしまえば陳腐なものです
勿論キャラクター達にとっては重いですし、感動的なものなのかもしれませんが、いまいち移入出来なく、主題はどこなのか?という感じになっています
色々と混ぜすぎていて、詰め込みすぎて全体的に薄いなーなんて思ってしまいました
大賞という部分を考慮しなければ、面白い作品です

一言:ヒロインの魅力がない
総評 67/100
P4U2一色の日(アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者3)
さて、LoLの動画を見ていたら遅刻しそうになった黒紗夢です
午後のTAなのに、遅刻とか割と意味が分かりませんからね……
危うく電車に乗れなさそうでしたが、普通に間に合って良かったです
4,5分の動画でもいくつも見ていると普通に1時間とか経っているので、今後は気をつけたいですね

ということで、ギリギリになって学校に行ってTA
本当はもっと早く起きて朝一くらいにP4U2をしたかったんですが、昨日は寝るのが遅かったので諦めました
中途半端に起きてしまったので、どうせゲーセン行っても調べ物出来ないしーという事で結局家に引き篭もっているという何とも言えませんね
で、TAは特に何も問題なく終わりました
今日は珍しく問題児の子が授業の前に帰ってきたので安心しました
まぁ、先生が結構つきっきりだったという事もありますが、良かったです
理解しているのかは分かりませんが、先生が教えていたので大丈夫でしょう
私は適当に教えていたんですが、なかなか一人ひとりの理解度が違うのが難しいです
結構ふわっとした事を言えば分かる子もいれば、全然分からない子もいるし、答えをそのまま教えるのもアレだし、でもここはもう答えを言うしかないレベルのコードだし……みたいな感じでした
自分すら完璧に理解していない事を他人に教えるというのは難しいですね

その後は、そのままゲーセンでP4U2
ひたすらシャドウ直斗を使っていましたが、本当に今回はキツイです
何がきついってほとんど弱体化されてるせいで、立ち回りも辛いしコンボは伸びないしで難しいです
正直、全技弱体化で、強い部分は新技のベノンザッパーくらいしかありません
どうすればいいんでしょうか……
まだまだ見つかるものはこれから増えるだろうとはいえ、結局増えるのの大部分はコンボの重さですからね
結局即死を持っている限り、ワンチャンキャラなのは元々分かってはいるんですが、ノーゲージでどれくらい運命が削れるのか、それとも運命関係なく殺せるのか、というのは分かりません
ただ、立ち回り面も増えるでしょうが、今まで使えた技が一切出来なくなって新技が対空で使えるようになっただけで、地上戦を出来なくなってる時点でどうしようもない気もします
美鶴に対して、開幕に足払いも2Aも出来ない時点で何をしろと言うんでしょうか
謎です
これから直斗……と言うよりはシャドウに未来はあるのでしょうか
あると信じたいですが、折れる日の方が近い気がします



ラノベレビュー
アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者3
講談社ラノベ文庫より
著者:榊一郎 イラスト:ゆーげん

今回はサッカー回かと思いきや、完全にブルーク回でした
スポーツという文化のないエルダント帝国で続いている種族間の軋轢を何とか他のもので解消しようという事で、サッカーのイベントを開始することになります
結構今回も文明的な考え方や政治的な思考が混ざっており、萌えのはずなのに何だかんだで考えさせられるものが多いです
しかも、今回はそれだけでなくブルークのような種族と人間達のような種族の違いや価値観の違いというのが多くでているので結構面白いです
今回はしかも、エルビアが獣っ娘らしい動きをかなりしてくれるので、滅茶苦茶可愛いです
ブルークの問題が深刻なような、ラストは面白いようなと結構激しいストーリーなので飽きないのが良いですね

一言:エルビアを飼いたい
総評 76/100
一週間の記憶
さて、今日はひたすらLoLをしていた黒紗夢です
来週の月曜日には研究室のプロトタイプの発表会があるんですが、それに間に合うのか
間に合わせる気があるのか
それは神のみぞ知るセカイですね
どう考えても間に合いませんが、気にしたらいけません

ということで、今日はLoLをやったりP4U2の情報を集めていたりしました
LoLはPreになってからitem類も結構変わったのでそれに合わせてまた強いChampionが変わりそうです
正直今までランタンが全く使えなかったんですが、今回はADではなくASUpで更に値段も安くなったのでますますChampionを選んでしまうんですが、Jaxは使えるのかな?なんて思ってやってました
JaxはADよりもASの方が大事ですからね
結構Carry出来た気がします
相手が弱かったというか途中で何分か相手のADCがDCしたせいで、こちらに滅茶苦茶Feedしてる奴がいても勝つことが出来ました
なんでjunglerの私が2番目に稼いでいるのか……謎です
Buildは王剣を積めば良かったかななんて若干後悔をしてしまいました
というか、FullBuildになるなんて機会そうそうないので、かなり適当になってしまいました
Sorali、ランタン、TF、VISAGE、5靴、氷拳という謎Buildです
正直、氷拳はなんで?という感じですよね
Omenか王剣にすればよかったです
一人で突っ込んでADC殺して、全員殺してということが出来るJaxは素晴らしいです
Tank装備にしなくてもかなりTankyになるのでまだまだJaxは現役でしょう
jungle周る速度もなかなかなので、たまには選びたいですね

で、ペルソナの稼働前に配信があるという事で見ていました
多分ですが、アイギスのオルギアが少しロケテよりはましになってるのかな?なんて思いました
とは言え、それ以外に特に新しい情報が何かわかるということはなかったので何とも言えませんが……
今回のシステムでSホールドというのを初めて配信を見て気がついたんですが、使う機会あるんでしょうかね……
結構初心者救済としては強い気がするんですが、結構ホールド時間が印象では長かったので、ずっと固められてたらそれで切り抜けるというような形なのでしょう
しかし、新キャラの皆月とかいうのが結構直斗は辛そうですね
飛び道具がないのかと思いきや、謎のブーメランを持っている上に速度を変えられたり、低めも高めも出せるというのはどういうことなんでしょうかね……?
本当に直斗はシューティングタイプとか言われてるくせして、弾数制限が一人だけあるというのは謎です
近距離強いキャラの方が遠距離強いというのは一体どういうことなんでしょう
謎は深まるばかりです
5発制限て……
先行きが不安になります
せめてB構えでリロードとかにしてくれれば、ワンチャンあったんですけどねー
残念です

研究……
研究とは一体……
運が良かった日もある(瑠璃色にボケた日常4)
さて、少しは真面目に研究の事を進めていた黒紗夢です
プログラムというよりも、それに関わるものを作成していたのでそれが評価されるのかと言われると全く評価はされないんですが、少なくともこれがないと普通に研究成果が出ないのでやるしかないんですけどね……
正直、やれと言われて1ヶ月くらい放置していた感は否めません

ということで、今日は朝から学校に行ってとりあえずのバイト
今日は大してやることがないというか、授業の中で自分たちで自由にプログラミングをするというやつなので決まった答えはありません
なので、実装したいものと自分が書いたコードとの差異が分からなくて質問する子くらいしかいないので大してやることがありませんでした
授業中に採点をしたかったんですが、採点するものは溜まっているのに採点基準が明確ではないせいでまだ出来ないというもどかしさ
仕方ないので適当に教室を回ったりしてました
まぁ、自由度が高い分、生徒たちがやりたいことと出来ることがあまり一致していないので、説明は結構難しかったですが……
新しいプログラミング知識を入れれば出来るよーというと大抵諦めてくれるので楽です
それでもやりたい場合はググったり、こういう長いのになるよーという感じになります
ググって簡単なものならいいんですが、全く使ったことのないPointsとかを教えるのはなかなか難しいですからね……
あとはC#で使うものとVBで使うものが多少違うので、授業外の知識は自分も調べなきゃ分からない状態です
仕方ないですね

で、終わってからご飯を食べて自分の研究
研究と言っても、ロボットが歩行するためのマップを作らなければいけないのでそのための環境づくりを現実世界でしないといけません
なので、それの資材購入をしようとしたんですが、紆余曲折を経てダンボールになるという結論がなされました
柱は金属で壁はダンボール
これが一番楽でしょう
この結論に至るまで、3週間くらい放置していたっていうんですから、驚きですよ……

その後は適当にフィットネスをしてから町田真空
まだP4U2が稼働していないので、しぶしぶドラマニをやっている状態です
P4U2稼働したら、音ゲーをやる機会がぐっと下がるのでもうちょっと曲解禁したいなーと思うんですがそうするとお金が一気になくなるので、なかなか難しいんですよね
音ゲーは所詮は格ゲーのつなぎでしかないですからね……
音ゲーは出会い厨の巣窟ですが、ドラマニに出会いなんてありませんし……
寂しいものです

帰宅してからはLoL
最近はずっとRivenを練習しているおかげで、かなりコンボが安定してきました
まだminionが多い状態での対人戦は難しいですが、それ以外だったらかなり出来るようになりました
普通に中立クリープ程度なら簡単ですし、タイミングも大分覚えました
勿論もっと突き詰めればもう少し早くなるのかもしれません
Qのアニメーションだけでなく、通常のAAにもモーションキャンセルが付いているようなので、QキャンセルAAキャンセルQ……とやれば相当早くなります
ただ、普通にやるのに3秒かかるのが2秒程度にはなっているとは思うので、嬉しいです
やっぱりRivenは楽しいです
そろそろMidでやりたいですね


ラノベレビュー
瑠璃色にボケた日常4
MF文庫Jより
著者:伊東康 イラスト:えれっと

まさかの最終巻でした
もっともっと続いて欲しいと思っていたんですが、今回で終わってしまうのは正直残念です
今回のストーリーは瑠璃が幼少期にしかかからない病気「霊瘧」と呼ばれるものに罹ってしまいいつもとは全く性格が変わり普通の女子高生のようになってしまうという、ある意味記憶喪失のようなストーリーです
ただいつもと違うような瑠璃と一悶着があるという割とよくあるようなストーリーでした
あまりストーリーの核心に触れるようなものがないままに終わってしまった感じです
一つの巻としては面白いですが、これが物語の終わりだと考えるとちょっと勿体無いかなーなんて思います
特に何かを成し遂げたというわけではなく、主人公の力がどんどん成長していってその後どうなるのか?という割と重要な展開で終わってしまうのでどうにもすっきりしないです
微妙にラブコメ要素も入っているので、何も解決しないまま終わるのは残念です

一言:完全に打ち切りエンド
総評 65/100
蓋を開けてみたら絶望しか無い(ドラゴンライズ3 王宮と竜の嘘)
さて、学校の駅まで行ったのに何故かそのまま帰宅した黒紗夢です
全くもって意味が分かりませんね
私は何の為に駅まで歩いて行ったのでしょうか……
全てはタイミングが悪いとしか言えないんですが、電車の中でラノベを読むためだけに外出したレベルです

ということで、今日はかなり午後遅くに学校に向かったんですが、途中で研究室の奴が歩いてきて

「あれ?もう帰り?」
「うん、今から帰るところ」

ここで終わればよかったんです……
そいつも実はちょうど一本前くらいの電車で来ていたみたいで研究室には寄らずに帰宅するところだとか
一体どういうことなの……
どうも夜から強風と大雨になるから研究室で研究して大雨に降られたら嫌だという理由で帰るとか
なるほど、確かに
とか思いながら私も思わず一緒に帰ってしまいました
……あれ?
何もやっていない……?
その後、流石にどこにも寄らないのは意味が無いという事で軽くアニメイトに寄って適当なラノベを物色してから帰りました
いやはや、とんでもない日です

そして、帰宅してから研究0というのは流石にやばいので、軽くそろそろ自分の研究と前任者の研究を統合するかーという段階になってきたので、見てみました

未 実 装

……?

///
/// 現実世界における四角柱型(Z方向無限に平行四辺形が伸びたような形)の障害物を表すクラス。
/// ポテンシャル法で用いる。
/// 未実装。
///


何 故 期 待 さ せ た

はい、私が実装したいものが実装出来ませんでした
どうしようもないです
ワールドがあるだけで、ポテンシャル法が使えないとかまったくもって意味が分かりません
どうすればいいんでしょうかね……
とりあえず手探りでやろうと思ったんですが、そもそもポテンシャル法について全く勉強をしていないので、何がしたいのか分からない
相当絶望的になりました
これともう少し私が自分の研究を寄せればプロトタイプが完成すると思っていたんですが、とんでもないですね
完成する気がしません
もう完全にハリボテで作るしかないです……

なので、諦めてLoLしていました
現実逃避って大事ですよね
……どうしよう……


ラノベレビュー
ドラゴンライズ3 王宮と竜の嘘
ガガガ文庫より
著者:水市恵 イラスト:029

前回は辛くも高位竜を撃退出来たノラとアイ、フレイクですが今回はこの三人がメインというよりもシェリーがメインになっています
シェリーがどうやって王城へと攻めこむのか、そして、他の高位竜達がどのようにして行動をするのかというのが今回の問題になっています
なかなかこのストーリーは残酷な面が強く、あっさりと良さそうなキャラというのが死んでいくので結構驚きます
しかし、シェリーが裏切り行為を働くという前科を持ちながらも、シェリーの想いというのはなかなかに賛同出来るものが多く、どちらが善悪というのは見る人によって様々かもしれません
今回新しく王宮の最強剣士も登場しますが、良さそうなキャラに見えて……というものがかいま見えるので面白いです
ギルド・グレイズの奴らは今回そこまで活躍しないので、主人公がサブという結構な新鮮味もあります
やはり、物語の一面性よりも、それぞれの視点から見える世界というのはなかなかに複雑でとても考えさせられるので面白い展開を見ることが出来ます
次がラストになりそうな、今回の引きは果たして次いよいよどうなるのかという期待がかなり持てる終わりになっています

一言:可愛いキャラでも腹黒い
総評 80/100
便乗クラスタは強い(ゴールデンタイム4 裏腹なるdon't look back)
さて、暇潰しに近所の大学の学祭に行ってきた黒紗夢です
歩いて15分くらいというとんでもない近さなので、ヒマじゃないけど行ってみるかーと思ってノリで行ってきました
本来であれば、研究をしないといけないんですけどね!

ということで、今日は研究をしようかなーなんて思っていましたが、某たけのこ何とかとか言う奴がぼっちなうとか言って暇そうだったので突撃してみました
正直ほぼ男子校と言っても過言ではない大学というか、理系学部しかないキャンパスなので出会いとかそういうのは期待するだけ無駄でしょう
なので、ぼっちの奴を煽りに行くだけというなんとも不毛なことをしていました
しかも、実際に行ったら本当にぼっちで笑いました
他の研究室は2,3人程生徒がいるんですが、たけの○まりは一人で携帯をいじっているという可哀想なポジション
一人で回っている時も大して面白そうなものがなかったんですが、EVOをパクったREVOというものは少し面白そうでした
土曜日にエクバ大会、日曜日はスマブラ大会というちょっと参加したくなるようなものでした
まぁ、やらないですけどね!
屋台は案外美味しかったです
私の大学の文化祭はNo1の屋台です!みたいなところで食べたんですが、大した味ではなかったというオチだったのでがっかりしていたんですが、ここは普通でした
焼きそばの量も多いし、鍋はかなり量が多くて美味しかったです
野菜も肉もたっぷり入った上に、たけのこの知り合いだったらしく割引してもらったので嬉しかったです
気がついたら1000円くらいたかが学祭に使っているということに気が付きましたが気にしたら負けです
しかし、ファッション喫茶というところでてっきりコスプレ喫茶かと思って意気揚々と行ってみたらまさか死屍累々の変な奴らが寝ているだけの教室があるとは思いもよりませんでした……
どういうことなの……
まぁ、大学の学祭なんて屋台を回って女の子がいればキャッキャするくらいしかやることがないのでそんなもんですよね
出し物として面白いものというのは、中高の方が面白いかもしれません

で、適当にたけのこ何とかと回った後に満足してから帰宅
帰ってからはひたすらLoL
最近Rivenをひたすら練習していたおかげで、少しだけコンボのスピードが早くなりました
結構嬉しいです
まだまだminionにはちゃんと見てから出来るというだけで、実際の対面では間違えてminionをクリックしそうで怖くて出来ないんですがね……
でも、LV2までに勝負を付けるならそれが必須になるのでもう少し安定させられるようになりたいですね
LV3以降はEQAAWAAで後は一回モーションキャンセルを成功させればいいので、気が楽です
とは言え、今のRivenはTop運用よりもMid運用の方が強いらしいんですけどね!
jungleでもいいんですが、Gankが大して強くないという残念さ
counterjungleが強いんでしょうが、結構リスキーですしだったら他に使うChampionいるよね?という感じになるので、完全に自己満足でRivenを運用していくでしょう
NormalじゃあんまりTop取れないんですけどね……

そして、今日はLoLの大会があったのでそれを見てました
EU VS NAという構図だったんですが、やはり圧倒的にEUの方が強かったです
NAでは敵なしのC9もぼろぼろに負けていました
LoLはCH>EU>NAという感じなのでしょう
復活したEdwardは普通のSupportとは全く違い、全然visionは買わずに火力に回していたのが驚きました
Annieを使っていたので分からなくもないんですが、Tabeのように94%をWardに回すということはせず、むしろvision買わない、Oracle買わないという感じで完全にjunglerに買わせて自分は火力と少しのWardにまわしていたのが興味深かったです
AlexとxPekeは相変わらずカッコ良かったです
AlexのKhazixは本当に上手いですし、xPekeの判断能力はものすごく高いと思います
こんなMidLanerになってみたいですわ……
結局優勝はGambit、準優勝がFnaticでした
いやはや、EUの試合は本当に面白いです
輝いている選手が本当に多いので、見ていておぉ!という感じのものがはっきりと見やすいので見ていて本当に楽しいです
唯一残念だったのがGenjaのBuildがものすごく普通で、いつものようなcrazyBuildを見れなかったことくらいでしょうかね……
これからもEuを追い続けたいと思います


ラノベレビュー
ゴールデンタイム4 裏腹なるdon't look back
電撃文庫より
著者:竹宮ゆゆこ イラスト:駒都えーじ

前回のラストから昔の記憶と今の記憶が混在してしまった主人公が葛藤の末に結論を出す回になっています
今回は結構複雑な感情が多く渦巻いていて、辛い恋愛模様が描かれている分面白いです
リンダとの過去が今回もあり、リンダと万里の日常に触れる事が出来ます
今まではリンダとの関係というのは告白前後の事しか分かりませんでしたが、今回で万里の想いとリンダの想いというのが描かれています
結構主人公はすっきりとした終わり方として捉えていますが、リンダの感情に触れると結構可哀想なのかなという気持ちになります
過去を中途半端に覚えている主人公では仕方ないかもしれませんが、主人公の選択はある意味辛さも伴っており見ている側は結構生々しく辛い回かもしれません
また、香子との間のいざこざも少し発生し、それの展開はなかなかおもしろくて良いです
恋愛模様をずっと描くラノベはあまり読んだことがないので、今後どうなってしまうのか楽しみです

一言:香子よりリンダの方がいいんじゃ……
総評 81/100
神ゲー14Allのやばさ(セブンスホールの魔女)
さて、ひたすらLoLで遊んでいた黒紗夢です
このPatch3.14からはマップやitemが新しくなっただけでなく、新しいゲーム形式が期間限定で出来るようになっているので色々な楽しみ方があります
そのせいで、気がついたら時間が滅茶苦茶経っているというのはよくあることです

ということで、今日はLoLの中でも期間限定のOne for Allというのをやっていました
これはマップはSummoner'sLiftなんですが、Championが投票によって決められて全員同じChampionになります
どういうことなの……
最初とりあえず分からなくてLeeSinなら面白いんじゃね?とか外人達と話し合った結果なったんですが、相手はMorg5という絶望的なものでした
SoloLaneの時は結構勝っていたんですが、集団戦になって、相手が全員ゾーニャを積んでからが絶望的でしたLeeがQでとんでも相手がUltを打ってゾーニャで死ぬという
しかも、タワー下にいても相手のSnareがx5もあるせいで、ひたすらSnareの中に沼を出されて何も移動することも出来ずに死ぬというやばい感じになってました
やばいです
LeeはLeeで面白かったんですけどね
一人がQで飛んでから全員がWで味方に張り付いてからそれぞれQを当てて殺しに行くという連携
ボロ負けしましたが、かなり楽しみがいがありました
その後にShaco5VSZilean5とかいう謎のものをやったり、Ez5VSLux5で70分ゲームをやったりととんでもない事をやっていました
ARAMよりも酷いゲームなくせして、ノーマルよりも時間がかかるという本当にただのギャグみたいなゲームです
70分ゲームとかNormalでも一度やったことあるかないかくらいですからね……
しかも、その70分ゲームはsurrenderで終わりましたから、下手すると80分とかかかったのかもしれません
凄いゲームです
でも、14Allはたまにやると面白そうなので、ちょいちょいこれからもやりたいです

そして、わざわざ金曜日に研究室から研究用のあれこれを持ち帰ってきているにも関わらず、ほとんどやらないというこのやばさ
プログラムは一切触れていないんですが、プログラム以外にもやらないと行けないことはありますし、もう来月の頭には完成していないとだしで絶望的です
それでも、LoLが面白すぎるせいでね……
研究なんてやってる暇ありませんよ



ラノベレビュー
セブンスホールの魔女
ガガガ文庫より
著者:池田朝佳 イラスト:ふゆの春秋

”穴(ホール)”と呼ばれる穴によって、異世界の怪物たちが現れるようになった世界。主人公の泉野原アカザは腕利きの”魔力持ち”として活躍していたが、ある事件をキッカケに魔力を封じられてしまう。そこへ怪物退治を生業とする巨大民間企業”世界対策株式会社”のCEOである高坂ゾフィーから、ある企業の社長にならないかと誘われ、その申し出を引き受ける。新米社長と落ちこぼれの魔女たちのバトルファンタジー。魔法の損害は、経費で落とせますか?

結構すっきりとした描写で、淡々としているというよりかは波風の立たないぼんやりとした世界観です
ストーリーはそれぞれの魔女たちの過去や秘密、そして自分たちの考え方が細かく描かれておりそれぞれの行動理由というのがはっきりしていて読みやすいです
主人公は巻き込まれ系で、少しネガティブな面が多いですがなかなかおもしろいです
とは言え、元々は最強の称号を得ていたので、ある意味想像通りという感じになっています
結構魔法の設定もしっかりとしているんですが、ラストの展開が割とおもいっきり伏線を張った上での終わり方だったので結局よく分からずに終わるのが残念です
ストーリーとして主人公と魔女たちの関係についての一部はしっかりと終わったという感じですが、ラストの不思議な魔法がご都合主義的に見えてしまうので、今後の回収次第だなと思ってしまいます
結構平坦なストーリー描写なので、世界に入り込むというよりも俯瞰して見ているようなラノベです

一言:ヒロインの可愛さが挿絵でしか分からない
総評 63/100
試行錯誤は楽しい(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。⑧)
さて、完全にLoLしかやっていない黒紗夢です
今日は研究室に行くということすら考えていないくらいLoLが楽しかったです
とにかく今は色々と試せる時期なので、やりがいがあります
本当はもっと研究とかWA2をやりたいんですけど、何だかんだでLoLをやってしまっているという……

ということで、今日はひたすらLoLをやっていました
研究なんて(笑)だわとか思っていたんですが、よくよく考えたら金曜日はフィットネスの日なので、学校には行かないといけないことに気が付きました
研究はまだ後回しに出来るんですが、流石にこの前70kgオーバーをしてしまった体重を後回しにすることは出来ません
なので、しぶしぶ学校に行きました
5時位に
大分遅いですね
そして、研究室の奴と一緒に行こうとしたら着替えを忘れるというクソみたいな行為をしてきたせいで一人で行くことに
まぁ、一人でやった方が何かと効率はいいのでいいんですけどね
しかも、割と誤差ですが70kg台から脱却したので嬉しかったです
本当に誤差なんでしょうが、それでもこれから順調に減らしていくという指標としてはやれば痩せるというものが見えた方がいいですから、良かったです
これからもちゃんと週2でフィットネスをして、痩せていきたいです
研究は相当切羽詰まっているくせして全くやっていませんがね!

帰宅してからはひたすらLoL
今回新たに追加されたSupportitemでRelic Shieldというのが強すぎるらしくて、Botはそれが安定のようです
処刑というPassiveを持っていてHP200以下のminionを倒すとお互いにGold+αが手に入る装備で、お互いが持っているとLaneでのCSが取りやすい上にお互いのGoldが滅茶苦茶溜まるという素晴らしいitemです
しかも、CDが30秒なのでかなりお手軽です
まぁ、私が実際に初めてやった時は全然忘れていたせいでかなり余りまくったんですけどね……
慣れるまで難しいです
しかし、そのGold+αのせいでjungleよりも2Topの方が強いんじゃないか?説も出てきています
jungleも新しいクリープが出てきたんですが、それでもGoldはLaneよりも少ないですし、2Topをやられるとjungleは動きにくくなります
勿論、ちゃんと出来るjunglerとTopなら大丈夫なんですが、失敗すると相手が2Topのくせにこちらよりも圧倒的にGoldが入るという状況に陥ってしまいます
ひょっとしたら、また2Topの時代が来るのかもしれません
まだまだ分からないですけどね
色々と試してみてどうなるか、そういう試行錯誤が本当に楽しいです

研究での試行錯誤より目に見えやすいですしね!
私の中高時代の学校の教育理念は
「見えないもの奥にある見えないものを見つめよう」
というのでしたが、やはり目に見えた方が分かりやすくていいですよね……



ラノベレビュー
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。⑧
ガガガ文庫より
著者:渡航 イラスト:ぽんかん⑧

前回に続き、まだまだシリアスモードのストーリーとなっています
今回は新たな依頼として、生徒会長にならないようにしてくれという普通とは逆の依頼で、なかなか面白かったです
前回から仲違いをしたままの奉仕部で、遂に仲間割れというか自分たちのお互いの信条を掲げたままそれぞれ別の道で解決策を導き出そうとします
今までとは違い、八幡が犠牲にならないように動こうとする2人と、自分を犠牲とは思わない役割を果たそうとする八幡との対決になります
結構根深い問題で、なかなかに暗い話が続きますがどちらもうなずけるような部分があるので考えさせられます
ストーリー仕立ても面白く、問題の解決策とそしてお互いに築き上げたものとは一体何か……というのが今回の争点になります
その問題に起因した小町とのいざこざも見ていて微笑ましい兄妹で、楽しいです
また、解決策も結構面白くて、珍しく材木座がうざくないという珍しい回です
結局ラストもまだまだ複雑な問題を抱えていそうなので、そろそろもうお互いが見ていないふりをせずに向き合う終末へと向かっているのかもしれません
終わりが楽しみです

一言:やっぱり由比ヶ浜はかわいい
総評 80/100
期待のPreSeason開始(冴えない彼女の育て方5)
さて、遂に待ちに待ったLoLPreSeasonを始めた黒紗夢です
いやはや、最近はほとんどLoLをやっていなかったんですが、PreS4が始まるというおかげでこれはやるしかないな!という状態にまでなっています
理由としては単純で、前回のPreS3がとんでもなくクソゲーだったから今回もそういうクソゲーにならないかなーと思っているからです

ということで、今日は夜からのLoLを楽しみにしつつ学校へ行ってきました
研究室に行こうとしたんですが、よくよく考えるとあまり教授に会わない方がいいのかな?ということでぎりぎりの時間になって行きました
そこでは結局会わなかったんですが、そもそも私がTAをする授業自体が教授の科目なので授業中にちょっと……と呼ばれるはめになりました
とは言え授業中だった為にそこまで言われなかったのが安心です
そもそも私は元々学会に出ることが出来ない予定なので大丈夫といえば大丈夫なんですが、それでも無理矢理出されそうになるのを考えるとどうしても腰が引けてしまいます
何だかんだ言って私は一度も学会には出ていませんからね……
私が関わっていた研究は学会発表されたんですが、私が直接行ったわけではないので私個人は関係ないです
なので、院生としてどうなの?と言われるとぐうの音も出ないんですが、まぁ、将来は特にプログラマーとして働くわけではないので関係ないです
仮に転職する時が来てもSE系はやりたくないですね……
最近少しだけですがプログラミングも悪くはないのかな?なんて思ってはいるんですが、自分の想像力と自分のプログラミングスキルの差が激しすぎるせいでどうも現実に落としこむことが出来ません
なので、やはりそういうのはちゃんとスキルを持っている人がやるべきなんでしょうね
簡単な1行にすら一日かけてしまうような私にはとてもとても……
とか言いつつ、多分趣味でちょっとしたサイトは作るつもりなので、それは頑張りたいとは思っていますが……

閑話休題

TAでは相変わらず問題児が最後まで残っていました
普段は温厚で怒らない先生ですら、割とキレ気味だったという衝撃の生徒です
今まで結構先生達を拒否して自分でやります!的な事を言っていたわりには、一切何も理解が出来ていなかったようでかなり丁寧に説明をしても疑問符をあげていました
その温厚な先生は「彼のためにも1年生からやり直したほうがいいよ」とまで言わしめるとは……やばいです
構造体はおろか、変数の取り方も分かっていませんでしたから相当です
まぁ、私も実はあんまりポインタについてはわからないんですけどね!
C#にポインタなんてないんや……
あっても使わないんや……
mallocとかcallocとか、おまじないレベルでしか分かりません
一応どれをどうやって確保すればいいのかという程度には分かりますが、事細かに説明してと言われると無理です
卒業すら怪しい人間に、別言語の細かいところなんて分かる訳ありませんね、はい
ちゃんとその場その場で生徒が導き出せるヒントさえ言えれば問題ないですから、大丈夫でしょう

で、家に帰ってからはアニメを見つつLoL待機
今回のPreS4は大幅にjungleやitemが変わるので、どうなるのか楽しみでした
Wardの仕様も大幅に変更されたせいで、なかなかに難しいなというものが多いです
とは言え、今日だけではどこがどう強くなったのかとかは全然分かりませんでした
しいて言うならば、相変わらずワニが強すぎてキレそうでした
なんで火力積みのRivenよりもTankBuildしかしていないReneの方が火力が高いんでしょうね……
本当に謎です
早くnerfしろ



ラノベレビュー
冴えない彼女の育て方5
ファンタジア文庫より
著者:丸戸史明 イラスト:深崎暮人

遂に倫也が誰かを選ぶ、かと思いきや全くそんなことはありませんでした
やはりハーレムラブコメといいますか、逃げ方がなかなかに上手いです
今回は詩羽先輩のシナリオが完成して、やっとゲームの完成の目処が立つかと思いきやシナリオの最後が初稿と第二稿とどちらが良いかを選ぶことによって、ゲームのひいてはヒロインたちの好感度も変わるような状況に主人公は追い詰められます
とは言え、そこでライバルからの宣告と、そしてある重大な欠点を見つけてしまっててんやわんやするという感じでかなりストーリーが複雑に練りこまれていて読んでいてとても楽しいです
今回の中心人物は詩羽先輩で、過去と現在で詩羽先輩が主人公をどう思っているのかどう思われているのかというのがかなり細かく描かれています
お互いの意識の齟齬や積極性は見ていて面白く、しかも、最近どんどん調子に乗ってきている加藤が割と辛口な言動と行動をかましてくるので、それが更にストーリーの盛り上がりに拍車をかけています
結局はヘタレ主人公っぷりを発揮しますが、それでも良い感じの展開でした
しかも、読者にまで意外と精神攻撃をしてくるというね……
今回完全に空気だったエリリは次回メインになるそうなので、負け犬は果たしてどうなるんでしょうかね

一言:加藤が可愛くなってる
総評 88/100
今更やっと周りに追いついた
さて、やっと劇場版まどマギを見てきた黒紗夢です
見よう見ようと思っていたんですが、何だかんだで見る機会を失ってしまっていたのでいつくらいにいこうかなーなんて思っていましたが、ちょうど良く知り合いが一緒に見に行かない?と誘ってくれたのでほいほい付いて行くことにしました

ということで、今日は劇場版まどか☆マギカを見てきました
ちょうど旧友に貸してたものを返してもらおうかなーと思っていたら、そのついでに映画を見ようという事で渋谷に行ってきました
まぁ、ついでも何もそいつの家は私の家から徒歩15分くらいで着いてしまうのでついでもクソもないんですけどね!

渋谷に着いてからは、映画館に行く前にどうもロフトにマミさんの部屋があるらしいという事で見る前に行ってきました
部屋……?
ただグッズが売ってるだけで、部屋という部屋はありませんでした
どういうことなの……
ただのまどマギのキャンペーンというだけなだけのようで、買いたいものはあまりありませんでした
その後少しエクセルシオールで休憩してから映画

かなり面白かったです
いやはや、今回のはなかなかに暗くて後ろ向きに希望があるというのは結構好きです
ただ一つ残念なのは、やはり新房シャフトの演出はくどいですね
そのせいで物語シリーズを見るのをやめてしまったので、それさえなければ良かったなーと思いました
結構重要なシーンも何度も何度も繰り返されるのは折角の感動シーンが台無しになります
3回くらいでいいのに……という感じです
それでも、ストーリー的にはすごく面白かったです
今回のメインはほむらで、ほむらメインのストーリーである意味狂った新しい世界なのでかなり良かったです
いやはや、確かに二周目をする人が多いですが、二周目してもいいかななんて思います
フィルムも欲しかったなーとちょっとだけ思いました
グッズは元々興味はなかったんですが、折角貰えるなら……という思いが強いです
とは言え、何だかんだ言って手帳は買ってしまったんですけどね……
一緒にいった奴がこれなら可愛いし使えるよ的な事を言って思わず買ってしまったんですが、これ……果たして使えるのか……?
全面にまどマギが出てきて、ところどころにシーンがあるというのに果たして職場でこれを使えるのかは謎です
使える職場……何でしょうかね……?
不安でいっぱいです
でも、折角なので使いたいです

その後は少し買い物に付き合ってから、解散した後アニメイト
やっと給料が入ったので、色々なラノベが買えます
嬉しい限りです
買い込んだところで一日一冊程度しか読まないので積むしかないんですけどね!
どうやって衝動買いした十数冊を処理すればいいんでしょうか……
もっとラノベを読むスピードを上げて一日2冊くらい読むほうがいいんでしょうかね
研究とは一体……

そして、まだ時間があったのでついでに溝の口のロケテに行きました
シャドウ直斗でそろそろ良い感じになったかなーという感じです
アイギスはやっぱり辛いです
正直、アイギスと美鶴さえいなければ直斗は結構戦えると思います
なんでアイギスと美鶴は強化されているのか本気で理解出来ませんね
千枝は起き攻めが出来なくなった代わりに、すごく面白い動きが出来るのでかなり良調整です
番長もコンセプトはさっぱり分かりませんが色々な動きが増えているので多分良いんじゃないでしょうか?
ちょっと番長は未知数ですが……
真田はかなり面白いものが増えているのですごく面白そうで良調整でしょう
かなり強い部類に入るのは間違いないですが……
直斗はノーマルは7kとか普通に出せるそうなので、nerfされすぎな気がしますがいいのかな?
私がシャドウを使っているせいで、弱すぎると思っているのかもしれません
個人的には直斗は弱くなりすぎだとは思いますが……
他のキャラはよく分かりません
というか、案外ロケテに来る人が少ないのでなかなかちゃんとした対戦が出来なかったのが残念です
正式稼働してから、果たしてどうなることやら……
何とか直斗の修正はいいとしても、美鶴・アイギスは修正が入っていて欲しいです
流石にあれはちょっと……
全キャラシャドウも使い道がないそうですが、まぁ、直斗は運命を削って殺せるのでまだ未来があるのかな?なんて思います
稼働してから期待と不安でいっぱいです
対戦……出来る程人がいるのかな……
違う研究の希望を探す(ミス・ファーブルの蟲ノ荒園)
さて、やらないとか言っていた割にP4U2のロケテに参加していた黒紗夢です
お金がないはずなのに、それでもお金が尽きるまでやってました
一応明日が給料日なので全部使っても問題ないんですけどね
これでもしも給料が口座に振り込まれていなかったら死にます
先月はそれで苦しんだので、流石にないと信じたいですね……

ということで、今日はとりあえず朝からTAをやってました
今日は中間テストで、1限中は教えることがなくて暇でした
ラノベ読んだりネットサーフィンしたりしたかったんですが、流石に試験中にやるのもまずいかなーとか思いながら仕方なく生徒を見て回ったりしていました
自分たちでもちょっと解いてみたんですが、一つを除いて簡単そうだなーとか思っていました
資料持ち込み可なので、4題中3題はほぼテキストに乗っている状態です
一つは少し改変しないとかな?なんて思ってしまうものがあったので、それだけがきついだろうなとか思っていました

想像以上でした

生徒の出来なさが

なんというか、やばいです
本当にやばかったです
何がやばいって、まず全問解けてる人が10人もいませんでした
多分5人くらいでしょうかね……
で、次に何がやばいのかというと提出ファイルは.exe
なんですよね
でも提出されているのは、
vshost.exe
はい、全然違います
こんなの提出されたところで採点出来るわけがありません
これを提出したのが数人ならばいいんですが、大体クラスの1/4くらいが出していてアホかと思いました
今まで授業でやってきたものはなんだったんでしょうか
あまりにも多いということで仕方なくその後exeを出させるように指示したんですが、ビルドエラーを起こしてexeが生成されないとか泣きつく始末
もちろん、そんなもの採点出来るわけもなく、最後の手段としてvbファイルを出させるという結果に
この授業の半分くらいは再履修になるとか言われていた理由がわかったような気がします
誰も何も理解していません
やばいです
しかも、配列を使えばかなり簡単に書けるコードをわざわざ全部コピペで出るようにしている人もいて衝撃でした
20x20のマスを階段上に表示させるプログラムがあったんですが、それを全て1つずつコピペで描写していくというなんとも涙ぐましい努力をしている子もいました
いや、確かにそれでも出来るんですが……100行以上コピペして疲れないのかなとか思いました
まぁ、まだパッと見ただけで全員分のを見たわけではないのでアレですが、流石にやばいような気がします
どうやって採点するんでしょうか……謎です

そして大して研究もやらずにフィットネス
自分の着替えを忘れてしまったせいで大した運動は出来ませんでした
そろそろ70kgとかいう大台に乗ってしまったせいで有酸素運動をして痩せたかったんですが、筋トレしかしていません
筋トレだけでは痩せられませんからね……
代えの着替えもないので、汗もかきたくないという完全にやる気の無さがにじみ出ていました

で、真空で限定を食べてから町田タイトーでひたすらP4U2
ベノンザッパーの使い道を知りたいなーという事でかなり使いました
というか、籠城してこれしか使っていないレベルです
ただ、そのおかげでC版のベノンザッパーはかなり使い勝手がいいということが判明しました
上半身無敵が早く、大半の技に勝てるので対空にとても便利です
その代わり、CH時しかその後のコンボにいけないのでそこは微妙かななんて思います
しかも、コンボと言っても5C>2Cだけですからね
おまけでC狙撃が入るくらいです
大体それで1000減るか減らないか状態です
まぁ、シャドウ直斗は特にダメージを狙っているわけではないのでダメージは気にしないんですけどね!
問題は本当に狙撃が5発しか打てないという事
これは何を考えているのか分かりません
アイギスなんて120のままなのに、意味が分かりません
それでかなり辛くなっています
あと、D罠が空中攻撃に消されないと言われていましたが、千枝のJCに消されてしまいました
他の技では消されなかったので、どうも属性によるのかな?なんて思います
千枝のJCは他の奴と違って属性が違いますからね……
それか、本当に判定が小さくなっていて千枝がJCギリギリ地面につく程度までやったから消えたという印象もあります
どちらが正しいのかは検証しないと分かりませんが、それでも少し面倒くさいかななんて思います
特に千枝の場合は機動力がありますからね
折角の罠が台無しになります
個人的には、もうシャドウ直斗は籠城一択かな?なんて思っています
Normalは知りません
明日給料が入るので、もう少し触ってどうするのか決めたいですね



ラノベレビュー
ミス・ファーブルの蟲ノ荒園
電撃文庫より
著者:物草順平 イラスト:藤ちょこ

十八世紀に発生し、瞬く間に世界中へと広がった謎の巨大生物<蟲>。それは、我々の知る虫とは全く異なる生命体。巨大な怪生物たちに寄る甚大な被害と、それと引き替えにもたらされた化石燃料とに寄って、世界は大きく変貌した――。 時は「明治」と呼ばれるはずだった時代の少し前。異国への航路上で蟲を操る男たちに襲われ遭難した少年・秋津慧太郎は、ある海岸に流れ着く。その左目に奇妙な力を得て――そして辿り着いた荒地で慧太郎は、蟲たちを愛し、その研究と対処とを生業とする美少女アンリ・ファーブルと出会った。
もう一つの近代で花開く、蒸気と蟲と恋が彩るファンタジー。ここに開幕!


近代世界での出来事として、しっかりとその時代背景に合わせられた状況や言葉の意味であったりが丁寧に描かれていたのでその世界観を保ったまま読むことが出来てなかなかおもしろかったです
蟲とファーブルという割と有名なテーマを上手く綯い交ぜにして、過去の偉人を萌え化しよう!という感じのラノベですが、主人公の成長記録がかなり激しくて読んでいてかなり感情の起伏が激しくなります
文章は一人称視点での独白が多く、かなり主人公の苦悩をうかがい知れます
主人公が進もうとしている道は間違っているけど、正しく、そしてその正しさをどうやって貫けるのかという懊悩が非常に細かく表現されていて、かなり考えさせられます
正しいことの正しさというのは、誰のどこに向けたものなのか、というのが非常にポイントとして挙げられており、敵側は悪事を悪事として認めてるが、その引き金となった世界背景や世間の隔絶、そして差別というのが複雑でどうしようもない状況というのが事件となっていて面白いです
意外と敵側も悪くはない奴ではある、言ってしまえばご都合主義的なボスですが、上手く主人公の成長と世界情勢の辛さというのが描かれています
結構伏線が多く散りばめられているので、前シリーズよりも長く続いて欲しいですね
前シリーズもかなり好きだったので、今回は続いてくれるといいな……

一言:実は男の娘ものなのが非常に良い
総評 85/100
希望は少しだけある
さて、教授との待ち合わせ時間を大幅に遅れた黒紗夢です
正確な時間は特に言われていなかったんですが、先週に「じゃあ、また来週も同じ時間で見ようか」みたいな感じだったのでやばいなーとか思っていました
特に寝坊をしたわけでもないのに、適当にネットサーフィンをしているとこういうことになるんですよね……

ということで、今日は全く進んでいない研究をまた見せなければいけなかったんですが、何とか乗り切りました
結構行ったり来たりと激しかったんですが、結論としてはこのまま研究を進めればいいんじゃないの?的な事を言われました
色々他にもこういうのがあるよーとかこれこうでいいの?という事を色々言われましたが、多分ちゃんと報告のみの時間は大してありませんでした
まぁ、正直これだけで済まないので全然プログラム自体は完成していません
こういう方針で行く予定ですという事を要するに話したわけで、完成とは程遠いです
つい先日までは4割くらい完成したわーとか思っていましたが、そんなことは全然ありませんでした
このプログラムを定期的に取得して作成出来るようにする為にはまた一気に色々と変えないといけないので面倒くさそうです
というか、ふと気が付いたのは今はファイルから取得しているものを、ファイルではなく生データで取得しないといけない気がするので、そうするとまたプログラムを変えないといけないので、また余計な手間をかけるはめになります
あれ……?
完成するのかな……?
12月のはじめにプロトタイプ完成とか夢のまた夢なのでは……?

そして、なんということでしょう
研究室から戦犯が出てしまいました……
普通に何とか乗り切るつもりではいますが、突然学会に出ようとかいう意味不明な発言をされました
3月にです
そんなもの出るわけありません
某奴が自分が学会に出たいという話をしたら、何故か研究室全員に飛び火したというとんでもない事態です
完全にこれはもう……これはもう!という怒りがありました
例年私達の研究室はM1の誰かが学会に出てそれで終わりなんですよね
なので、特に学会に対する意志や熱意というのは一切なかったんですけど、そいつはとある事情で学会に出たいそうで……
しかも、学会に出ても自分の望むものが手に入るか分からないらしいので下手すると完全なる無駄骨になります
どういうことなの……
まぁ、そいつ以外は一切出るつもりがないので、出ろとか言われても出ることはないでしょう
百害あって一利なしです

帰宅してからは、ひたすらアニメを見てました
最近何だかんだと言って切っているアニメは少ないです
まだ30作品程見てますからね
もう少し切ろうかなーなんて思ってますが、結局惰性で見ているのが多いです
流石にIS2は切ってしまいましたけどね
シリアスさえなければ、IS2は面白いんですが、謎シリアスが入るせいで完全に見る価値がなくなっています
原作を読んでいる奴も、原作の中で一番クソな回がアニメ化されているとか言っているのでもうこれはだめなんじゃないのかなとか思いました
仕方ないですね
今期は上と下の差が激しい気がしますが、良作が多い印象ではあります
結構今までのクールでは見られなかったようなストーリーのものも多少あるので、楽しみです
あとは、果たしてこれのうち何作品が最終話でしっかりと終わらせることが出来るかですね……
某ABのように最後の方グダって終わりみたいなことにならないことを祈っています
整理をしてもすぐ溜まる(楽聖少女4)
さて、部屋の整理をしたら余計に汚くなった黒紗夢です
整理をしたのに汚くなるというのは一体どういう現象なのかは謎ですが、綺麗にしようとしたら、更に次から次へと色々なものが出てきて収拾がつかなくなってしまいました
やはり本格的に一日かけて整理をしないといけなさそうです

ということで、今日は少し部屋の整理をしていました
研究は終わっていないけれども、暇だし何かすることないかなと思った末にそういえば、まだ部屋の本棚の整理が終わっていないことに気が付きました
本当ならば、私の部屋にはもう一つ机が置かれているんですが、ラノベが多すぎるせいで掃除を疎かにして部屋に入れていないんですよね
早く机を入れよう入れようとは思っていてなかなか行動に移せていません
なので少しでもそういう事を目指す為に整理をしていたわけなんですが、意外と綺麗にしようとすると失敗します
結構本棚の中に本以外のものを入れてしまっていてそれをどかそうとすると、それを置くspaceを探さないといけなくなり、結局ひっくり返してしまって意味のないものになってしまいます
しかも、結局本棚には全然ラノベが入りきらずに床に散らばっています
あと200冊くらい床の上にあるのがやばいです
もうどうしようもないんじゃないかというレベルで、折角新しい本棚を買ってももうまた新しい本棚が必要になるというとんでもない自体です
まぁ、確かに月に30も40も買っていたらあっという間に本棚はいっぱいになりますよね……
難しいものです
でも、ラノベはあまり売りたくないので何とか部屋に収まるようにしたいですね

で、研究はやらずに今度はエロゲの体験版をやっていました
桜舞う乙女のロンドを今月買おうかなーとか思っていたので、体験版をやってどんなものか試してみました
元々購入決定でしたが、やはり購入決定で安定です
ensembleはやはり男の娘というか、女装系の学園潜入物だとかなり面白いような気がします
今回のも相変わらずの無茶ぶりでどんな展開だよという導入ですが、そんなのは気にしたら負けです
可愛ければいいんです
しかも、初回特典として、妹ともくっつけるPatchがあるという素晴らしい状況です
いやはや、是非ともやりたいですね
お金も今月はあるので、あまり気にせずにお金を使えます
……卒業旅行の代金は取っておかないといけないんですけどね!

その後はやっと少しだけ研究をしてこれ見せればいいか的なノリで終わらせました
正直もう家で出来ることはなくもないんですが、一度生データを取得しない限り先に進めないんですよね
なので家ではどうしても出来ないんですよ
データをもとにまた色々と調整をしなければいけないので、そろそろ学校でやらないとというプレッシャーがあります
正直、なぜかは分からないんですが、研究室で研究をするよりも土日の方が案外集中出来るんですよねー
研究室の研究時間より休日の研究時間の方が長い気がしてなりません
謎です



ラノベレビュー
楽聖少女4
電撃文庫より
著者:杉井光 イラスト:岸田メル

今回は遂に、主題に関わってくるヴァルプルギスの夜が登場します
この作品では、ゲーテのファウストが重要になっており、ファウストの完成をある意味では目標の一つとされているんですが、その中でもとりわけ悪魔と密接な関わりのあるヴァルプルギスの夜についてのストーリーが構成されています
今回のストーリーはかなり主人公のチート能力が発揮されており、そんな無茶な展開が通るのかよという驚愕と土壇場での力の発露というものがなかなかに衝撃的で面白いです
まさか正直こんな展開になるとは思いもよりませんでした
少しだけヴァチカンでの事件が疑問に思う点が少々ありましたが、ストーリーの強引さと主人公の葛藤や周りの悪魔や人間を巻き込んだ騒動はとてもおもしろかったので良かったです
これも何だかんだでラブコメっぽいところもあるのでそちらも楽しみですね
この主人公がどんどん記憶を失っていくので、そこについても注目かもしれません

一言:意外とデレる悪魔
総評 82/100
引きこもると太る
さて、家に引き篭もって研究をしていた黒紗夢です
何故かわかりませんが、平日よりも休日のほうが研究が出来るような気がしてなりません
というか、家のほうが研究する時間長いんじゃないかっていうくらい研究室でやってる気がしません
普通は研究室でこそ研究をしないと行けないんですけどね……謎です

ということで、今日はLoLを見ながら研究をしていました
研究室ではLoLを見ながら研究することが出来ないのでもしかしたらそれが理由なのかもしれません
YoutubeのStreamingなら視聴することが出来るんですが、Twitchやニコ生は見れないんですよね
何故Youtubeだけいいんでしょうかね……よく分かりません
しかし、研究が進んでいるのかと言われると一進一退というところでしょう
こういう感じでいいのかな?という目標は簡単に立てられるんですがその過程においてどれが最適なのかというのを考えないといけないのが面倒です
最適解がすぐにでも見つかってしまえば楽なんですけどね
あと、やるやる詐欺している環境作りをしないといけないんですが、完全に忘れていましたね……
自然な経路じゃなくていいかという感じなんですが、それで通って質問とかが来なければ大丈夫でしょう……
それに合わせて後は資材を購入して……というところです
月曜日までというわけではないんですが、月曜日にもう一度見せることになっているのでそれまでにはある程度やっておこうかなーなんて思っています

そして、何だかんだで自分でも一試合LoLをやったんですが、SupportAnnieかなり強いですね
今まで全く使ってこなかったんですが、自分で使ってみても強いなぁというのがよく分かります
確定Stunというのは結構強いです
Stun時間も長いし、射程も広いので割と便利かなーなんて感じました
Zyraと違って敵指定なのもミスる心配がなくて楽です
今更ながらに強いと感じました
Tabeをもっと早くに信じていれば……

しかし、先日はかなり直斗についてボロクソに書いてしまいましたが、私以外の直斗使いも結構何すればいいのかわからない―っていう人が多いようです
直斗を元々使えるうまい人は何とかやれそうかな?とか言っているので、多分ネガっている私よりもしっかりと昔の直斗を熟知している人を参考にした方が間違いなく良いでしょう
私はとりあえず誰かが新しい何かを見つけてくれるまでは待機ですかね……
お金がないんで、給料が入る20日にはもう一度ロケテをするとは思いますが、果たしてどうなることやら
多分普通にゆかりの方が楽しかったです
ゆかりは結構成長性が高そうで、コンボもB最大タメの未来が楽しそうです
直斗とは一体……
まぁ、P4U2をやらないわけではないので、何とかこうにかしたいですよねー
問題のアイギスと美鶴をどうにか出来れば……という問題も残っていますが、きっと弱体化してくれるでしょう

余談ですが、ご注文はうさぎですか?がアニメ化らしいですね
滅茶苦茶嬉しいです
いやはや、正直4コマ漫画なんてあずまんが大王以来久しぶりに買ったやつがコレだったので、自分が絵が気に入ってストーリーも結構楽しいものがアニメ化されるというのはやはりこみ上げてくるものがあります
この可愛い絵が動くのか―と思うと今から楽しみで仕方ありません
絵が原作とほとんど一緒なら間違いなくBD直行でしょう
楽しみです
完全にイラ壁状態(失恋探偵ももせ3)
さて、学校をサボってP4U2のロケテに行ってきた黒紗夢です
いやはや、BBCPよりもやはりP4Uの方が私は好きなので色々と開発して正式稼働に備えよう!とテンションMAXでした
もう今月ほとんどお金がないんですけどね……生き残れるんでしょうかね……

ということで、今日は溝の口のP4U2ロケテ行ってきました
昨日は町田だったんですが、溝の口の方が近所なのでやはり近い方がいいですよね
10時に行くとか行っていたんですが目が覚めたのが11時だったのは気のせいです
しかし、ロケテなのに全然人がいなくて嬉しかったですね
これが良いのか悪いのかは分かりませんが、開発したい側からするとすごく楽です
遼さんとあとは人がいたりいなかったり状態でした
直斗どのくらい変わってるのかな―とか思って最初はワクワクしていたんですが、割と絶望しました
変更点は続きから

正直、このゲームに参加出来ていません
そのくらいに弱いです
ある程度戦える相手もいるにはいますが、美鶴にはほぼ絶対勝てません
美鶴の上方修正が強すぎるせいで直斗の技が全て潰されます
相手の2Dが空キャンなのか、硬直0なのかは分かりませんが、見てから攻めようとしたらドロア確定になります
D罠なんて設置しようものなら即確定です
狙撃もリロードなので特に遠距離で戦えないですし、本当に美鶴戦は何も出来ません
一番衝撃だったのは、5Aを出したら相手の後出し2Bに負けた事です
え……?
という感じでした
何が起きたのか分かりませんが、低姿勢なのか、5Aが当たりませんでした
凄いゲームです
直斗に何をさせたいのかが本気で分かりません
多分、運命を削って相手を殺そう!という感じのコンセプトなんでしょうが、それにしては酷すぎます
そんなことをする前に殺されてしまうので、正直意味が分かりません
ベノンザッパーも強いのかと思いきや、色々な技にすぐ潰されてしまうので対空にもならないし牽制にもなりません
多分対空に使えというのがC版なんでしょうが、難しい気がしてなりません
遠距離もダメ、中距離もダメ、近距離もダメ
正直ベノンザッパーなどの意図が分からない限り無理だと思います
私には現段階では無理です
やれなくもない、というのは要するに普通の人にはやれませんからね
クソゲーです
アイギス・美鶴に対して振る技がないキャラがどうやってこのゲームに参加しろって言うんでしょうかね?
調整した人は何がしたいんでしょうかね……
正式稼働では何かしらの修正があることを祈っています

そして、直斗は諦めてゆかりを使っていました
こいつは割と牽制が強くて、面白いです
コンボはまだまだ開発が進んでいないだけで多分色々あるんじゃないのかな?なんて思っています
しゃがみ限定で2Dでエリアルに持っていけるので、そこからJC>JB最大溜めが繋がるみたいです
結局そこまで全部は開発する前に帰宅してしまいましたが、このB系統最大タメを使って色々とコンボは捗りそうで面白そうです
投げは画面端以外は拾えなさそうですが、端もJB最大タメ使えないかな……なんて思っています
直斗よりは全然未来があると思います
コンボ次第というのもありますが、逆ギレは結構優秀ですし対空も悪くないのでしっかり見れる人なら楽しいかと思います
直斗がダメだったら、ゆかりをメインにしようかな?なんて思います
とりあえずは、しばらくロケテはしないと思います
何か直斗でいい物が見つかるか、給料が入ったらくらいしかやるつもりはありません


帰宅してからはLoLの韓国大会を見て楽しんだり、久しぶりに5v5のLoLをやっていました
本当に久しぶり過ぎて動きが完全にBronze5レベルでした
Supportした時もゴミみたいにSkillを当てられず、その時は勝利したんですがその後対面Platinumでボコされました
やはりちゃんとやっていないので、しばらく練習をするか、LoLをやめた方がいいかもしれません
何だかんだで忙しいのでLoLに割いている時間があまりないんですよね
残念です


ラノベレビュー
失恋探偵ももせ3
電撃文庫より
著者:岬鷺宮 イラスト:Nardack

遂に最終巻を迎えてしまいました
前回もですが、今回も主人公と百瀬の2人の関係が大きく動きます
失恋探偵というよりも、どちらかと言うと失恋カップルと言った方が良いような今回のストーリーはまた主人公と百瀬が別れます
それぞれがそれぞれの想いを抱いて別れてしまいます
今回は他人というよりも、良いのか悪いのか、百瀬の姉が主人公の初恋でそこから2人のすれ違いが起きてしまいます
他人の恋愛だけではなく、自分たちの恋愛には疎くあまり深くは関わってこなかった2人がやっとの想いでお互いに深く探ってみようという決意をします
前回までは初々しい2人の恋愛模様でしたが、今回は恋人らしいと言えば恋人らしい展開になっています
主人公の取り巻く環境が急激に変わり、それに対して百瀬も自分なりに動こうという動きがあって読んでいてとてもおもしろいです
2人の関係の良さが非常に表現されていて良い作品でした
次の電撃文庫MAGAZINEにアフターストーリーが少し掲載されるようなので見てみたいですね

一言:百瀬の髪直したい
総評 82/100
遂に待ちに待ったゲームの前哨戦(対魔導学園35試験小隊 3.錬金術師二人)
さて、P4U2のロケテストに大分喜んでいる黒紗夢です
私は結構P4Uから離れてしまっているので、全然もう出来ないような気がするんですが心機一転して新しく2が出るというのはやはり楽しみになりますよね
今までロケテには一度も足を運んでいなかったので、どういうものになっているのかは分かりませんが、まともになっていたら良いなーなんて思います

ということで、今日はP4U2のロケテ!……なんて思いましたが、勿論そんな事は簡単に運びません
木曜日は悲しみのバイトというね……まぁ、お金がかなり大量に入るので絶対に休みませんがかなり心が揺れました
何だかんだでP4U2の情報を集めていたら時間ギリギリになってしまってまともに研究室で研究が出来ませんでした
来週までにまたプログラムを見せないといけないんですが、本当に大丈夫なんでしょうかね……?
謎です
で、仕方なくTA
今日からはプログラムの穴を埋めるだけの簡単なプログラミングの授業なので簡単に終わるかなーなんて思っていましたが、結局遅くまで一人の生徒がいて若干イラっとしていました
何というか、その子は頑ななまでに人に教えてもらおうとしない奴なんですよね
別にそれで自分が時間いっぱいまでやるのはいいんですが、時間を過ぎても全然終わらずにもう少し待ってください的な横柄な態度でいるのが許せません
だったらもっと素直に教えてもらえよと思うんですが、人に聞くのが嫌なんでしょうかね
少し前も終わってから、どうだった?と聞いても全然分からなかったですよ……みたいな事を言うんです
だったらもっと早く言えよと
こっちがどっか分からない事ある?とか聞いても、もう少し考えてみますとか延々と言い続けてそれで終わるのは正直迷惑なんですよね……
何の為にこっちはいると思っているんだ状態です
まぁ、全部が全部流暢に答えられるわけではありませんが、流石に、ね
今回の範囲くらいは大体教えられます
やめていただきたい
女の子とかは、普通にVisual Studio初めて使うので、使い方が分かりませんという子もいましたからね
前期一体何の授業この子は取っていたんだろうか状態です
まぁ、その後はきっちり出来ていたので問題ないんですが、本当にこういう本当に初歩の初歩の質問でも喜んでいくので時間すぎるくらいなら呼べよってキレながら思いました

なので、結局終わったのが授業終了後かなり経ってしまったせいであまり町田にいられませんでした
とりあえずラノベを買うためにアニメイトへ寄って、そのままタイトー
結構久しぶりに会う人が多くて嬉しかったです
いやはや、やはりP4U2のおかげでまた周りとこうやって格ゲーが出来るのを考えると嬉しいです
私は正直ブレイブルーは向かないゲームなので、P4U2で何とかしたいものです
まぁ、今日は本当に2,3クレしか出来ずに大したことは出来なかったので明日からきっちり調べようと思いますけどね
順平がかならいダサくて面白そうでした
こんなにダサいキャラは初めてな気がします
でも、面白そう

帰宅してからは、JCGがやっていたのでふと見てみました
かなり壊れていました
SupportBlizがかなり上手くてほとんどGrabを成功させてDravenをかなり育てさせていたんですが、その間にMidとTopはボロボロの状態
それでも、9:10くらいで、Dravenが10killというとんでもない数値になっていました
Dravenが育ちすぎているせいで、誰も止められずに結局そのままDraven側が勝つという最早ADC一人だけの試合でした
いくらMidとTopが育っていても、育ち過ぎたADCには勝てないということですね……
非常に面白い試合でした
まぁ、私には無理でしょうけどね!

明日は早起きして調べてみようと思います
起きれるのかは分かりませんが



ラノベレビュー
対魔導学園35試験小隊 3.錬金術師二人
ファンタジア文庫より
著者:柳実冬貴 イラスト:切符

今回のメインは斑鳩で、斑鳩の過去にまつわる事件が引き起こされます
斑鳩が過去を清算する為に、異端審問会すらなかなか入ることはないボーダーと呼ばれるスラム街へと赴き、そこで斑鳩は自分の過去に関係する因縁の決着をつけようと躍起になります
なかなかに凄惨な過去を持っていて、少し重いですが、やはり脳天気なのか何なのかは分かりませんがこの落ちこぼれ小隊のメンバーは例え絶望的な状況だとしても、仲間を信じて前向きに行こうという明るい思考を持っている人間が多くてとても読んでいて結束力に感嘆を覚えます
元々つながりがメンバーの中でも濃い主人公とうさぎと斑鳩との距離を感じつつも、それでも小隊の仲間になろうとする他のメンバーや小隊の性質のようなものがどんどん自分を侵食していく彼らを見ているととても良い関係で面白いです
ラストはやはりというか何というか割と残酷な運命を辿ってしまいますし、大人たちの裏での駆け引きがかなり行われているのでそれも目が離せません
意外と広い視野で複雑に絡み合っているストーリーなので先がどうなるのか、まだまだ分からなくて楽しみです

一言:何だかんだで仲良しこよし
総評 73/100
初めて行くショボイところ
さて、寒くて全然トレモが出来なかった黒紗夢です
暖房をつければいいんですが、出かけるのにわざわざ暖房を付けるのも勿体無いなとか思いながかじかむ手でココノエを動かしていました
とは言え、結構したらばでもTwitterでも開発が進んでいるので今更自分で探してもなとか思って結局諦めてしまいました
そういうものです

ということで、今日はトレモを少しやっただけでその後は映画館に行ってきました
学校に行こうかどうか悩んだんですが、結局面倒でやめてそのまま映画館に行きました
ららぽーと横浜というところの映画館で、名前からして横浜中華街並に賑わっているところなのかなーなんて想像していたんですが、そんなレベルじゃありませんでしたね
そこら辺にあるダイエーとかと一緒な気がしてなりません
多分二子玉川のライズと高島屋を合わせたくらいでしょうかね?
タテは3F しかないですし、服屋ばかりなのであんまり見るところがなくて残念でした
もう少し何か楽しめるものがあると思っていたんですけどね……
ナムコランドがありましたが、まぁ、子供しかいかないところでしょう
で、そこの映画館でサカサマのパテマを見てきました
結構良かったです
どんでん返しに次ぐどんでん返しという感じで、ストーリーの意外性がかなりありました
サカサマの理由であったり、パテマとエイジの色々とした関係性など、見ていてかなり面白かったです
ただ、そういう意外性があるというだけで、ストーリーで凄い山場であったりよくある敵との大戦闘というものはなく、サカサマ人と普通の人間の邂逅に始まり、2つの人の違いの秘密であったり敵と会ってもそれをメインにするのではなく、あくまでもパテマとエイジに重きを置いているのでそういう目に見える衝撃であったりは少なめです
それでも、ストーリー全体の深さであったりラストシーンに持ってくる大どんでん返しというのは非常に面白かったです
なかなかいい映画だった気がします
もっと多くの人に見てもらえれば、イヴの時間の制作がもっと進むと思うので是非皆さんも見てみましょう
こういう映画はあんまり多くはないと思うので損はしないと思います
というか、初めてパンフレットを買って得をしたなと思いました
因みに、映画を見る前にはパンフレットを絶対見ない方にした方がいいです
パンフレットにはネタバレ描写があるので、映画を見終わってから見るのをオススメしたいと思います
そうしないと、あまり映画を楽しめないのでね……

そして、帰宅してからはアニメを消化しつつ、LoLの大会を見ていました
今日はGarenaTVのとJCGがあったんですが、なかなかどうしてこんな酷い試合があるのかというびっくり展開でした
多分途中から諦めたんでしょうが、突然負けている方が相手にBotを押されているのにTopを割り始めてそのままあっさりと15分くらいで終わるという酷い有り様でした
20分surrenderしか出来ないから、早々に諦めたんでしょうがこれはないなぁと思わざるを得ませんでした
多分Proの試合ではないでしょうから、特に問題はないのかもしれませんが残念でした
日本のe-sportsの方は実況が舌っ足らず過ぎてなんだかなぁという感じでした
多分色々と解説は上手いのかもしれませんが、聞き取りづらくて実況向きの人じゃないなと感じてしまいました
あそこはもっとまともな実況はいないんでしょうかね……
今まで一度もいいなと思った人がいません
時間が合わないからかもしれませんが、日本語が出来ない人だったり、何言ってるのか分からない人だったりと、まともな人に遭遇していません
どういうことなの……


研究はしていません
遂にこの季節がやってきた(蒼柩のラピスラズリ5)
さて、朝からテンションが上がっていた黒紗夢です
遂に真空の限定で「雪華」が出るというので、友人と一緒に盛り上がっていました
一年ぶりでしょうか?かなり久々です
結構前は冬の間ずっと雪華をやっていたんですが、最近は混んでいるせいか作るのに時間がかかる雪華は全然出なくなったんですよね……
冬にしか作れないラーメンらしいので、これからももっと冬の時期には出て欲しいです

ということで、今日は朝からTAだったんですが、朝に届いた真空からのメールでテンション上がりました
元々今日は眠くない上に、睡眠時間がいつもより短かったせいか背中が痛くなくて健康的な目覚めだったので、相乗効果という感じです
やはり、いつも背中が痛い原因は睡眠時間が長すぎたせいのようです……
睡眠時に8時間以上眠るともうダメになるようです
寝過ぎでこんな弊害があるとは思いませんでしたよ……

で、TA中は最近どんどん代返ではなく、代理ログインが増えてくるというとんでもない状態になっています
まぁ、勿論全員調べて外しますけどね!
いくらしゃべる子だとしてもそんな事は許されませんぜ……
そして、今日は何故か分かりませんが色々と質問を今更するのかよ状態の人が多い印象でした
補足説明として先生も解説していましたが、まだ理解していないなーという子が多かったです
結構私の為にもなる授業なので説明しがいはあるんですが、少し考えればわかるのにな―というものが多いです
プログラミングというよりはどちらかと言えば文章の書き方が分からない人が多いのかな?なんて印象です
まぁ、もう次からは確かWeb構築だった気がするので、もうどうでもいい感じなんですがね……

そして、飯を食ってから昨日言われた事をやろうかなーと色々考えてました
でも、正直ドールハウスといえども良い結果を出すようにするための設計を考えないといけないのでどう作れば精度が良くなるのか分かりません
如何に不自然ではない形の経路を作成して、精度の良い経路を設計するのかを考えないといけないというのはなかなか難しいです
果たしていつ良い経路が思いつくのやら……

で、フィットネスを久々にやったのにも関わらずランニングをしないという、やったのかやってないのかレベルで終わりました
久しぶりにやるからこそランニングをしないといけないんですが、なかなか一歩を踏み出すというのは難しいですよね!

結局柔軟を多めにやってから、町田で真空
雪華はやっぱり美味しかったです
あの独特な味は多分他の店では味わえないでしょう
味噌とんこつベースなんですが、チーズや牛乳、ラー油、山椒と言った何故こんなものを混ぜた状態なんですが、それがうまい具合にマッチしてかなり美味しいものに進化しています
ラーメンを超えたラーメンですね
この雪華というラーメンは本当に2回食べないとハマらないという結構珍しいものなので、是非出た時は2回食べてくみてください
まぁ……どうせ限定の時は100杯なので、一回しか食べられないんですけどね……



ラノベレビュー
蒼柩のラピスラズリ5
MF文庫Jより
著者:あさのハジメ イラスト:菊池政治

今回はかなり熱いバトルが多く繰り広げられる回で、主人公VSというだけではなく、梨央姉とセツナの闘いであったり、今回新登場する白兎との対戦であったりとかなりバトル多めの展開になっています
前半はそれでもなかなかにサービスシーンが多く、他のウィッチクラフトの能力によって主人公が美味しい思いをしたり、美味しいデートをしたりと完全に主人公が得をしているものばかりです
全員から好意をあからさまに伝えられているハーレムというストーリーにも関わらず、そこまでハーレム面に関しては嫌な感じのしない珍しい主人公な上に、遂に今回まともな思考を取り戻せそうな主人公なのでかなり成長を伺える回かもしれません
今回は前半の割とHな挿絵と、後半の戦闘のギャップが激しくて、なかなかに見応えがあります
まだまだ白兎との決着はついていませんが、そろそろ終盤の佳境にいったのかな?なんて思います
勢力図がどんどん変化しますが、やはりかなり簡単な文章で描かれているので読みやすいです

一言:ラピスが一番かわいい
総評 72/100
完全に包囲されている(瞳のさがしもの)
さて、かなり研究室で息苦しい思いをした黒紗夢です
今日は自分の研究をごまかしながら副査の人のところでまた色々教えてもらえばいいだろうなーとか思っていたんですが、全然そんなことにはなりませんでした
しかも、一緒に来るはずの相方は大分後に来たので私一人が晒されるというひどい目に会いました

ということで、今日は元々副査の教授にある程度の進捗を見せないといけない日だったので見せられる形を見せに行ったんですが、なんとVS10を入れていないという素晴らしい具合になってしまった為私のPCでやることにしました
そしたら、何故かうちの教授がこちらの研究室にいて、他のB4を見ているのかと思いきや私のところに来て絶望感を味わいました
ちょうど私の机は誕生日席みたいなポジションにあるので、左右に教授がいて私が挟まれる形になりました
完全に恐怖です
ただでさえ一人の教授と向き合うのにもなかなかの精神力を削がれるのに2人に囲まれるのは相当やばかったです
発表会じゃないんだから……という状態です
まぁ、何とか乗り切りましたけどね!
その間に、お互いの研究室を行き来したり、別の部屋に行ったりとかなりの移動もありました
私の研究がロボットという事もあってロボットのドールハウスのようなものを作る必要があるという事で色々話し合っていました
主に教授同士の意見が飛び交っていましたがね!
私はひたすら左右を見てハイハイ言うbotになっていました
気まずすぎる……

そして、乗りきれた解放感からグダグダしてました
とりあえず取れるものと今すぐ変更出来るものはやるかーという感じで適当にやってました
来週も見せるのに既にゴールしたかのような堕落っぷりです
まぁ、一応形にはなっているのであとはどうやって組み合わせるかが問題です
とか思っていたら、実際に値を増やしたりプログラムを変更したらうまくマッチング出来なくて、あれ?これ本末転倒じゃね?みたいな状態になっていました
またうまくプログラムを変更しないといけないのを考えるとだるいですね……

で、久しぶりに町田タイトーで音ゲー
流石にもうBBCPはゲーセンでやれないというか、ココノエを使っている時点で完全に家庭用勢になってしまっているので音ゲーしかやるものがありません
3Fに行ってみたら新しい音ゲーが入っていました
そういえば、タイトーから出るグルーヴコースターとかいうのが出てました
どう見てもクソゲーにしか見えないんですがとりあえず1クレやりました
やっぱりクソゲーでした
今更こんなショボイのが参戦しても……という感じです
昔のサンボルとDIVAが混ざったようなもので、ボタンは2つに8方向のみという簡単すぎる音ゲーです
特に爽快感もないですし、目が回るだけであんまり楽しいとは言えないかもしれません
これならまだmaimaiの方が断然楽しいです
何故今更こんなものが……
しかも、これの影響でサンボルとギタドラが背中合わせになっているという意味の分からない構図になっていました
折角いい環境だったのに、ゴミのような環境に逆戻りです
完全にただ筐体を置いただけで、音の反響とか聞こえ具合を一切考慮していないという誰も得をしない配置です
毎回思うのは、タイトーには音ゲーコーナーの店員はいないんじゃ?と思ってます
というか、いないんでしょう
まぁ、ギタドラなんてインカム的には雀の涙みたいなものなので迫害されても仕方ないかもしれませんけどね……
残念です



ノベルレビュー
瞳のさがしもの
メディアワークス文庫より
著者:入間人間 イラスト:

「あ?」 僕の乗っているバスが、交通事故に巻き込まれた。隕石が落ちてきたような、とても大きな音がした。それと同時に、僕の隣に偶然座っていた、とてもかわいい女の子と、激しくぶつかり合う。事故にあったことを準じに理解できず、僕の頭の中は真っ白になっていた。唯一記憶しているのは、その衝撃によって、自分の『右目』を失ってしまったこと。そして、隣に座っていたかわいい女の子と、ファーストキスを交わしたこと――。

今回の短編集もなかなかにエグい話が多いです
結構オチというか誰を向いているのかということが分かるようなストーリー展開もありますが、ほとんどのものが退廃的でろくなことが起こりません
全5編のストーリーに置いて全てが「ひとみ」が関係しており、自分の見ている瞳がどういう動きをしていたりや相手の瞳についてだったりと、何かしらの因縁があります
狂気に満ちた主人公が多く、何を覗いているのかどう壊れているのかが克明に描かれており、猟奇的な描写も多くなっています
割と想像するとショッキングでグロテスクなものが多いので読むときには覚悟が必要かもしれません
それでも、この狂った世界でも少しは面白いものがいくつかあるのでそこに希望を見出してみると狂った中の幸せが見つかるかもしれません
それが良いのか悪いのかは別として、最後には希望があるのかもしれません
かなり色々な感情が渦巻く短編集でした

一言:私も瞳が可愛い人が好みです
総評 75/100
想像していたカプ以外は認めない
さて、まさかマギでNTRを見ることになるとは思わなかった黒紗夢です
NTRというか、モルジアナちゃんがハクリュウに……という感じなので、普通と言えば普通なんですが個人的にはずっとアラジンとくっつくと思っていたので非常に残念でした
モルさんは奴隷でも、ああいう初な反応を見せるということはきっと今までも大丈夫だったんでしょう
しかし、まさかハクリュウは今までというか今回のストーリーではかなりのクズっぷりを見せているので何なんでしょうね、奴は

ということで、今日は明日に向けて研究を少し修正しつつアニメを見てました
プログラムはふとコピペばかりしているなということに気が付きました
自分で書いたコードあるのかな?レベルです
まぁ、正直VBで書かれたコードを全てC#に直しているのでそれを考えると結構な手書きではあるんですが、ほとんどがググって出てきたコードを打ち込めばいいや―という状態なのでいまいちといったところです
しかも、フォームなどもそのままなので自分の研究に使おうとすると結構削除しないといけないんですよね
完全に忘れていました
なので、そういうのをしっかりと使えるようにしよう!と思ったら今度はDLLがちゃんと入らないという謎
適当にとりあえず全部ぶち込んで気が付けば2GBになっている研究ですが、気にしたら負けです
去年までは60Mくらいの研究のはずなんですけどね……
これも何もかもOpenCVのDLLが重すぎるせいです
もしかしたらもう少し軽くなるのかもしれませんが、とりあえず全部ぶち込んでしまっている現状では難しいでしょう
それに悩んで見ればBuild設定がx86
……あれ?
新しく入れたDLLはx64
x86でビルドすると確実にエラーになります
折角全部x64にしたのに、去年まで使われていたx86でしかBuild出来ないDLLが残っているせいでAnyCPUに出来ないというこのとばっちり
使われていないプログラムの為にx86に戻さないといけないのは少しだけイラっとしました
全部削除すれば解決するんですが、結構色々なところでそのプログラムは関わっているのでどこを消せばいいのかが分からない面倒さがあるんですよね
なので、だったら自分が入れたDLLをx86にすればいいやとか思ってやりました
それを消したとしても、どうせもう一人とプログラムを統合しないといけないので、今消しても意味が無いという……
なので、とりあえず教授に見せられる程度のプログラムに書き直して出来ればいいやー精神で終わらせました
全然終わっていませんが、誤魔化せる程度には終わったといったところです
ハリボテさえ完成すれば……ハリボテさえ……
理論は何も考えてないけれども……

そして、ここ数日アニメを全く見れてなかったのでひたすら見ていました
昨日は朝から晩までいませんし、先週もココノエを使っていたらいつの間にか時間が経っていましたからね……
時間が一気に吸われました
ちょうど今日は昨日の筋肉痛のせいでほとんど動けなかったのでちょうど良かったんですけどね
やはりアスレチックをやる歳ではもうないですね……
童心に帰る日(ストライク・ザ・ブラッド8 愚者と暴君)
さて、今日はつくし野アスレチックへと行ってきた黒紗夢です
小学生の頃に一度行って以来一度も行ったことのない場所ですが、十数年ぶりに旧友達と行ってきました
いやはや、本当に何でこんなことになったんでしょうかね……

ということで、今日は午後からアスレチックをするために準備をしていたんですが、ココノエ動画を見ていたら遅刻したというのはここだけの話です
10分くらい遅れて行ったらちょうど同じ電車に乗っていた奴もいたのでほっとしました
完全に遅刻常習犯の2人です
女の人の方が結構時間にうるさいような印象を受けるんですが、そいつも私と同じかそれ以上に遅刻をしているのであんまり男女は関係ないのかななんて最近思い始めています
そして、何故か一人革靴で明らかにアスレチックで遊ぶ格好ではない奴もいました
まぁ、そいつはどうも連絡不足のせいでただただすずかけ台駅に集合と言われただけみたいですけどね!
かわいそうに……
全員集合してからは、ひたすらアスレチック
いやはや、本当に楽しかったです
覚えているコースは2,3つだったんですが、やってみると意外とそういえばこういうのもあった気がするな―というものが多かったです
しかし、縄を使って移動するものが多いこと多いこと
軍手を誰も持っていなかったので、かなり手の皮が痛くなりました
8割くらいはロープを使ってやる遊びで結構辛かったです
というか、もう小学生の頃とは違って歳ですからね……
途中で相当疲れました
9つ目のベンチでもう一旦お昼休憩をするという完全におじさんおばさんの集団でした
まぁ、誰も運動していませんからね
仕方ないですね

結局3時間くらいで50コース全てを回り終えました
そして、唯一何故か私だけ濡れていました
なにもかもあのたらいのせいです
タライに試しに乗ってみたら、タライの3/4くらいが沈んで進もうとした瞬間にどんどん浸水してきて最悪でした
おかげで靴が泥水被ってズボンの裾も酷いことになりました
完全に体重オーバーでした
小学生の頃は以下略
あれは大人がやるコースじゃありませんね……
多分、というか間違いなく童心に一番還っていたのは私でしょう
大半のコースを回っていました
後半はもうやらないところもありましたが、それでも一番回って騒いでた気がします
少年少女たちと一緒に駆けまわってました
楽しかったです
服は泥だらけになりました
気にしたら負けです
因みに、タライというのはこんなくらいの大きさです

アスレチック1



どう考えても小さいですね、はい
完全に無茶でした

で、その後は溝の口で飲み会
童心に還ったくせにすぐに飲む大人は本当に最低ですね
16時スタートの22時終了という、どんだけ居座るんだ状態です
そこは、料理はかなり美味しいんですがその分割高で、メインはどうもカクテルだったらしいんですがライジンとかいうのがあまりにも味が強すぎるせいで全部ライジン系はダメでした
クスリの味が強すぎます
やはり、ビールが一番です

いやはや、しかし、順調に小学校の同窓生が増えていくのは嬉しい事ですね
社会人と学生がまだ半々という謎の組み合わせですが、男が増えるのは嬉しいです
今までは男2の女5,6が普通の同窓会だったんですが、やっと今日は男4という素晴らしい数字になりました
ふと、飲みの時は男女3:3で完全個室というどう考えても合コンのノリだったなということに今更ながらに気が付きました
このメンバーで付き合う人とかいるのかな……
謎です
早く誰かの結婚式に呼ばれたい……
昔、近所に住んでいた剣道少女はもう一児の母らしいので、そろそろ知り合いにもそういうのがいていいんじゃないかなと思います
私は……
いつするんでしょうかね……?


ラノベレビュー
ストライク・ザ・ブラッド8 愚者と暴君
電撃文庫より
著者:三雲岳斗 イラスト:マニャ子

今回は過去編の後編、遂に何故古城が第四真祖になったかというのが明らかになります
最初少しだけ時系列に混乱をしましたが、段々とわかってくると面白いです
今までどうやって暮らしていたのか、妹の事や両親の事も色々と出てきて、何故現在もこういう行動をしているのかというのが明白になるので面白いです
結構複雑な過去で、最初からインフレしている世界なんだなと思うとなかなかに楽しく、そして意外と暗いかもしれません
しかし、眷獣同士の戦闘は結構な見ものかもしれません
少しご都合主義な部分もありますが、眷獣の強さと第四真祖の今までに登場してこなかった最強の眷獣達が登場するので、規模が大きく見応えがあります
まだまだ古城が使えない眷獣が多いので、こいつらは今後いつ使われるのかというか使っていいのかというレベルのものばかりですが、そういうのの活躍の場を見ると面白いですね
また、一応少しの救いと伏線があるので、そこから明るい未来が待っていると嬉しいのですが、果たして古城が今後どうやって第四真祖として行動をしてくのかというのがますます気になってきます
過去編で大活躍するアヴローラはかなり可愛くて、今までこのシリーズに登場してきた子とは対照的で好印象な子なのが嬉しいです
やはり舞台が舞台なので、強気な子や勝ち気な子などが多い反面、アヴローラのような子は難しいなと感じていたところにこういう子が出てきて良かったです
今後この伏線がどう回収されるのかが注目でしょう

一言;アヴローラを飼いたい
総評 78/100
開発は他人任せが一番
さて、ひたすらココノエのトレモをしていた黒紗夢です
自分でいいのを見つけられるかなーなんて思っていましたが、相当数の人がココノエをDLしているので多分自分で頑張って探すよりも他人のを待っていた方が早いかななんて思います
それでも、とりあえずは6B始動で4kくらいのを見つけられたらいいなーなんて思っています

ということで、今日は学校へ行く前に少しだけトレモをしていました
6B始動からの良いのがないのかなってずっと思ってました
多分実践では多いんじゃないかななんて欲望にまみれていたわけなんですが、やはり中央からだとなかなか出ませんね
3.7kくらいは出るんですが、ゲージを使わないと4kは難しいのかな……なんて思います
こいつは結構起き攻めが強いので、起き攻めを重視してダメを少し減らしたほうが良いのかもしれません
とりあえず高火力を探して、そこから部分的に抜き出して起き攻めに持っていくのが理想なのかな?なんて思います
まぁ、コンボなんて所詮はパーツの組み合わせなので、他人のを色々と見てパクって最適なものを見つけるのが一番いいんでしょうけどね
なので、多分色々とこれからも増えると思うのでそれを選んでいきたいですね
私は正直コンボ精度がゴミなので、実践で簡単に出来てかつダメージが高いor起き攻めがしやすいというのをどこまで妥協出来るかがポイントでしょう
本当に私は人よりコンボが出来ないので、うまく誤魔化しながら生きてきましたからね……
他の人の対戦動画を見ると例え私よりも段位やPSRが低い人でも高火力を出していると、下手なんだなぁと改めて思ったりしてます
ココノエでは普通になりたいものです

そして、研究室では自分で解決出来なかったことを乞食して聞いて満足しました
しかも、私の記述がほんの少し足りないだけで、一行だけ追加したらあら、解決というなんともやるせない解決方法でした
どういうことなの……
私はこれを知るために一日かかったというのに、一体私は何をやっていたんでしょうね
不思議です
あんまり深く考えすぎるのも良くないということでしょう
いくら自分の苦手なこととは言え、意外と簡単な解決策というのも多くあるのを思い出した方がいいですね

帰宅してからも、ひたすらココノエの練習です
有名人の方達がココノエ配信をしていて、それを見てすげーなーとか思ってました
結構立ち回り面を考慮したコンボの〆と起き攻めや、ガー不への持って行き方、あとは実践での対戦でもきっちりとコンボを決めている精度と稼働二日目にして本当に上手いなーなんて思います
私には決して出来ないことです
ブレイブルーシリーズは全然慣れていないので、普通の段位くらいには持ち上がりたいですが、一体何ヶ月かかることやら……
そもそも、最近研究が忙しすぎてやれていないっていうのが現状なんですけどね!
LoLも全然出来ないし、BBCPも全然出来ない……
アニメを見る時間だけ何故かある不思議
不思議です
相当やばいキャラクター(花屋敷澄花の聖地巡礼②)
さて、かなり久しぶりにゲームに課金した黒紗夢です
今まではTWの月額課金をして以来一度もしていなかったんですが、今回のココノエには課金をしてしまいました
普通のアプリなどのものには絶対に課金しないんですが、格ゲーなら普通に対戦環境が増えるし、イザヨイを使わずにすむのを考えると買って損はないなという感じです
いやはや、本当にココノエを買って良かったです

ということで、今日はココノエがどんなものかなぁと楽しみにしていたんですが、あまりの壊れっぷりに笑いました
中段が多すぎる上に、中段へのガトリングも多いしと次から次へと見つかっています
火力高い、連携強い、ガー不ある、転移がある
もうないものはないんでしょうか……?
というくらいに素晴らしい性能なので、今日は学校を休んですらココノエを使いたいななんて思ってしまいました
まぁ、それでも何とか理性を保って学校には行ってきましたけどね
教授に会いましたが、これからTAがあるんで!って言ったら特に何も言われずに終わりました
しかし、12月の初めに全員のプログラムのプロトタイプを見てどういうものなのかを全員の前で発表するとか言われて大分焦っています
今日は誰も研究室にいなかったんですが、他の人達は大丈夫なんでしょうかね……?
私は、結構早いなとか思っているので正直間に合いそうにありません
12月で結構早いと思っている時点で結構終わっている気がしないでもありませんが、気にしたら負けです
他の研究室の人は中間発表の段階でプログラムは完成されていて、あとは調整という人がちらほらいたので、うちの研究室とは全く質が違うなーなんて思ってます
出来ればええねん!

で、その後はTA
今日からはまた別の先生の授業になったんですが、今日は質問が多い事多い事
どうも前期の復習的な範囲らしいので、質問されても少し答えれば大体わかるような子が多かったので楽だったんですが、それでもひっきりなしに質問が来て大変でした
前回まではずっと立ちっぱでいるか、ガルロワをしていたくらいだったので、今日は色々歩きまわったおかげで時間がすぎるのが早かったです
とは言え、私自身もC++についてはそんなに分かっていません
mallocとかさっぱりです
メモリ確保なんてC#にないですからね……
あるにはありますが、ほとんど使いませんので意識していません
だからと言って全く分からないはまずいので、ある程度答えを見て覚えてますが、来週まではメモリ確保なのでちょっと面倒だななんて思います
もっと私がプログラミング得意だったら良かったんですけどね……
いや、得意だったら普通にSEとか目指してるのかと言われると怪しいですがね

で、帰宅してからはさっさとPS3を起動してBBCP
ココノエの練習としてとりあえずチャレンジモードをやってから大体の動きを覚えてからひたすらトレモしてました
流石に初日から暴れられるような才能は持っていないのでコンボを延々と練習してました
結構簡単にコンボをしても、3k4k簡単に超えるのでそこまで練習する必要はないかなとも思うんですけどね
というか、もう簡単なコンボですらイザヨイのMAXコンボを超えるっていうのは一体どういうことなんでしょうかね……
本当にイザヨイは雑魚キャラでした
調整が来るまでは当分使わないでしょう

ココノエは楽しいです



ラノベレビュー
花屋敷澄花の聖地巡礼②
電撃文庫より
著者:五十嵐雄策 イラスト:三輪フタバ

今回は遂に澄花が積極的に学校に通いだして、そこで通いだしてもまだ馴染めない澄花の為に行人が奔走するストーリーです
相変わらず澄花は可愛らしいツンデレさんですが、今回はやっと夏奈が深くストーリーに関わってきます
学校に通い出したことによって、今まで幼馴染みであった夏奈と澄花の過去や今現在の関係というのが顕著になっていきます
それについて少し暗い過去もあったりして、何故澄花が引きこもりになったのかという原因が明らかになります
そして、行人がてんやわんやしながらも、澄花に学校に慣れてもらう為、夏奈との関係をしっかりするために活躍するのはなかなか素晴らしいです
聖地巡礼の解説がかなり詳しい上に、結構東京神奈川近辺なので聖地に行ってみたいなーと思わせるようになります

一言:澄花ちゃんナデナデしたい
総評 72/100
背中が痛い毎日
さて、朝起きると背中から腰のあたりが痛くなっている黒紗夢です
ベッドの位置は変えたんですが、特にベッド自体を変えたわけでもないのに、何故かしら配置換えをした後からずっと背中が痛くなってしまいます
これは一体どういう現象なんでしょうかね……

ということで、昼まで寝ていたらこんな現象に見舞われているんですが、最近寝すぎているせいで背中が痛くなっているのかななんて感じます
普通に6,7時間くらいの睡眠だったら痛くならなそうだななんて思うんですが、どうなんでしょう
最近8時間とか9時間とか平気で寝てしまうというか、目が覚めないのでやばいです
少し前までなら特に目覚ましをかけなくても7時間くらいで一度目覚めるんですが、最近年を取ったのか目覚ましをかけないと9時間とか平気で寝てしまいます
どういうことなの……

そして、今日は最後の歯医者の検査でした
今日こそはお姉さんになってくれっ!って思っていたら、最後までババアで非常に残念でした
最後の検査は大してすることがなかったので、医者の人がほとんどしていたので、助手の人の上手い下手は確かにあんまりなかったのでいいんですが、結構残念な気持ちでいっぱいでした

家ではひたすらLoLを見てました
研究をしながらLoLを見るという素晴らしい生活です
大して研究には集中出来ませんが、それでも少しずつは書けるのでそれが一番楽かななんて思います
多分研究だけにするのはあまり得意では無い上に、プログラムを統合し続ける作業なのでそこまで集中しなくてもすみます
しかし、最近PhantomL0rdよりもBjergsenの配信を見た方が勉強になるなというのが分かりました
そりゃそうですよね……
最近はTSMの人達が毎日のように配信しているので、見る動画を迷ってしまいます
ずっとMidLanerの配信を見ているんですが、ふと考えてみると私は別にMidメインじゃないんですよね
どちらかと言えば、jungleの方が好きなので、junglerのを見るべきだなと満足してから思いました
Bjergsenのは上手いんですけどね……
Midなんて早々私は行く機会がないので、練習しようにもする機会がありません
まぁ、そもそもLoLをやる時間自体ほとんど今ない状態なのでどのLaneだろうと関係ないんですけどね!

研究が忙しいというか、研究でやっと先に進めるなーとか思ったら初心者的な問題に遭遇して過去研究のものと統合出来ねぇ!みたいな感じになっていました
色々調べてもあまり大して良い検索結果が出てこないせいで、混乱してました
一日探しても見つからないしもうこれは誰かに聞くしか無いなという状態だったので、とりあえず自分の統合出来る範囲のものしかやっていません
そろそろポテンシャル法のものも調べないと行けないんですけどね……
まだまだポテンシャル法については一切触れていないというやばさ
本当に間に合うのでしょうか
間に合わないんでしょうね……
いつものように早い朝(忘却の軍神と装甲戦姫Ⅱ)
さて、今日は珍しくチャリティーコンサートへ行ってきた黒紗夢です
普段はチャリティーとか一切興味のない私ですが、ちょうどはした金を貰ったところだったのでまぁ、行ってもいいかなーという感じになっていました
あまり研究室にいたくなかったというのもありますけどね!

ということで、今日はとりあえず朝早くからTAです
毎週朝早くに起きるのは慣れてきたんですが、やはり起きるのは億劫です
でもとりあえず私は無遅刻でいきたいと思うので何とか頑張っています
結構お金も大きいですしね……
確か今日までがVBの授業で、来週からはウェブ構築だったような気がします
部活の後輩は後半は何も分からない生徒でも出来たと言っていたので、多分大丈夫なのでしょう
とはいっても、今日も特に難しいわけではなく、二次元配列の問題でした
正直帰りたいだけならば、ただの配列で結果だけ表示させるというのも可能なのでね……
本当にexeしか出さないこの授業はやばい気がしてなりません
全部テキスト表示でも間違いかどうか分かりませんからね……
テストの時に困るくらいで、授業中のものは簡単に100点を取れてしまいます
まぁ、結局自分に返ってくるだけなのでそういう子は仕方ないという感じです
しかし、今日の課題は日本語が足りなすぎて私が理解していなかったのがやばかったです
途中からなるほどなーという感じでしたが、もう少し問題は丁寧に書いて欲しいななんて思いました
もうこれで終わりでどうでもいいんですけどね……

で、終わってからは昼飯を食べてからそのままチャリティーコンサートの会場へと行きました
メンバーは意外と多くてM1とかも入れたら5人くらいでチャリティーコンサートに行くことになりました
今回のイベントは北里大のゼプラとかいうボランティア部のところが主催らしいです
色々調べたのにも関わらず、イベントの詳細がどこにも一切書かれておらず謎すぎるものだったので大丈夫かな状態でした
サイトも更新されていないし、Twitterもあるのにかかれてないしで一体あれはなんだったんでしょう……
もっと宣伝すりゃ普通にもっとノルマとかこなせたんじゃないかなとか思っていましたが、まぁ、あずかり知らぬところなのでどうでもいいです
イベントは最初のバンドはちょっと下手かな―とか思っていましたが、プロギャンブラーの話はなかなか面白かったです
というか、それがメインなレベルで、それが唯一得るものがあったなという感じです
最後のバンドとかもかなり盛り上がったので後半はかなり楽しめた気がします
ダンスはすごく良いよ!とか今回の一番の目玉だよ!とかここを誘ってくれた奴や周りの雰囲気から感じ取れたんですが、確かにまぁ、かわいいけど、量産型の大学生だなーという感じでした
悪い意味で個性がないアイドル模倣サークル?でした
踊りは上手かったですけどね
そのくらいです

プロギャンブラーの話は結構ためになりました
勿論同意できない部分も多かったですが、確かにこういう事は重要だなという感じのものが多く大学1,2年生が聞いたら良い大学生活を送れるなと感じました
私達は大分手遅れです
まぁ、私は就職先も結構自分の趣味が入っているので楽しみたいですね

その後は皆で飯を喰って帰宅
正直な話、私はチャリティーとかそういうのには一切興味がなく、ボランティア精神の欠片もありません
でも、話を聞いて確かに何を目指すか分からない人達にはいろいろな人と触れ合えることが出来るボランティアというのは面白いし、やりがいがあるんだろうなと感じました
ボランティアとしてではなく、旅行でフィリピンに行ってみたいですね
……海外に行くお金とやる気ができたらの話ですが



ラノベレビュー
忘却の軍神と装甲戦姫Ⅱ
MF文庫Jより
著者:鏡銀鉢 イラスト:Chocomori メカ:karamiso/Inw

元々唯一の男として最強を示していた主人公ですが、今回は結構やられるのかななんていう期待がありました
とは言え、前回でも相当な無双状態をしていた主人公なので今回はどこまでやるのかなという楽しみもありました
舞台は現実で言う中東あたりでしょうか、そこで嫌疑を果たすために主人公やヒロインたちが覇権されます
相変わらず戦闘の規模が相当大きく、軍事力が万単位のものが一瞬で消え去ります
また軍事甲冑の戦闘は結構細かく描写されており、一つ一つの武装だけでなく主人公たちのそれぞれの視点で心情なども描かれているので戦闘面はかなり丁寧です
日常での主人公の態度と戦闘状態の主人公ではかなり強さのギャップが大きくて驚きますが、うまく主人公の過去描写とマッチングしていて本当にいた世界での出来事がかなり主人公の性格を補完してくれます
個人的には今現在のハーレム状態よりも、過去主人公が本来生きていた世界の話の方が好きだったりします
意外と女の子もグロいくらいにボコスカ死んでいくので、良い戦闘らしい戦闘ストーリーでした

一言:ヒロインたちの存在価値とは…
総評 75/100
誰もいない時に回収する(ゴールデンタイム3 仮面舞踏会)
さて、休日だったにも関わらず学校へと行ってきた黒紗夢です
今日は元々学校が祝日なので行っても誰もいない上にいちいち手続きをしないといけないんですが、少しだけ研究の資料が欲しいかなと思ってしぶしぶ行きました
明日もし教授に何か言われたらある程度出来る形を見せないといけませんからね……

ということで、今日は休日だったのでまったりしていたんですが、ロボットのレーザーの数値が欲しいなーという事で仕方なく学校に行きました
家を出る時にふとメールを見てみたら、ちょうど新横で部活の後輩たちが試合をしていたということに今更ながらに気が付いて、もっと早めに家を出れば良かったなと若干後悔してました
午前中に目が覚めて、メールを見ていれば新横で試合を見たついでに研究室に行けたのに……という感じです
まぁ、いつものように正午近くに起きていたので一切関係ないんですけどね!

なので、そのまま学校へ行きましたが、当たり前のように誰もいません
ですが、誰もいない(警備員除く)大学を散策するのはなかなかに楽しかったです
いつもならば落ち葉を拾う庭師の人達がいるんですが、この連休中は誰も掃除をしていなかった為に結構な落ち葉の量があって雰囲気が出ていました
しかも、少しどんよりとした空模様だったので秋の冬へと移ろいゆく匂いを感じました
で、研究室でこそこそダンボールのしょぼいロボットが移動する部屋を作ってからレーザーで適当に座標を取得
取得しただけで特に研究をいじったわけではなく、その数値を取って満足して帰宅しました
本当に一体何をしにきたんだ状態ですが、一人の研究室で何かやろうかなーと思っても環境が集中出来る環境ではあるんですが、何となく面倒だしいいかな……みたいな感じになりました

そして、最近ゲーセンに行っていなかったので、ドラマニとmaimaiを久しぶりにやっていました
ドラマニは気が付いたらまた新曲解禁になっていて驚きました
いつもなら新曲が来る前にきっちりと解禁していたのに……
しかも、1クレ目はかなりぐちゃぐちゃでした
普通にやればS取れる曲ですら、何故かグレートが出まくったせいで、Aになるという衝撃でした
やはりある程度何日かに一回はやらないと腕が相当落ちますね
ただでさえ最近簡単な曲ばかりをやっていたせいで、いつもクリア出来る曲が出来なくなるというとんでもない事態にもなっているので、そろそろがっつりとやりたいですね
それかもう音ゲー引退か……という感じです
maimaiは久しぶりにやっても腕があんまり変わらないというのに……
しかも、新曲が増えていましたし、本当にこのゲームは久しぶりにやると楽しいです
ずっとやるのは飽きますが、適度にやるには最高のゲームです

で、アニメイトで適当に散策して帰宅しようとしたら、新しいカフェができました~とか言ってチラシを貰いました
結構普通の姿で配ってたので、普通のカフェなのかな?とか思いきや謎の2.5次元カフェなるところでした
値段を見たら1時間3000円の飲み放題とかいう完全なるぼったくり料金だったので、一生行かないと思います
やすければ試しに行こうかななんて思えますが、流石にこれはないかなぁと……
他の食べ物類も居酒屋よりも大体1.5倍くらいあるのでカフェ(笑)という感じです
最近どう考えてもキャバクラだろ的なカフェが多いのでまともなところが出来て欲しいなぁなんて思います
町田にも良いカフェとかないんですかね……
あんまり散策してないというのもありますが、普通のカフェあるのかな?なんて思っちゃいます

因みに、家では研究をしていました
折角手に入れたデータがあるのでそれで適当に自分の出力が出来るかなーとか思いながらひたすらプログラミングをして、やっと完成しました
これで理想的な完成の4割くらいが出来ました
全部つなぎあわせはまだしていませんが、多分大丈夫でしょう……



ラノベレビュー
ゴールデンタイム3 仮面舞踏会
電撃文庫より
著者:竹宮ゆゆこ イラスト:駒都えーじ

まさかの展開でした
今回から遂に香子と付き合い始めましたが、まだまだぎこちないだけでなく、主人公が自分の記憶と向き合っていくんですが、リンダとのことがやっと解決しそうだなというところにきて、一気に急展開を見せます
香子の事や、やなっさんが前回から落ち込んでいるのを慰めて皆で集まってお互いに関係を清算するいい機会で大団円、という状態だったのですが、現在に過去からの主人公の亡霊が襲ってきたという感じでしょうか
元々主人公の幽霊視点は存在していたんですが、結構見守る形を取っていた今までとは違い、今回はかなり幽霊の心が揺れ動きます
そして、ラストにきな臭い出来事が起こるので、次回がかなり期待と不安でいっぱいになります
果たして次はどうなるのか、とても気になります

一言:腹黒千波かわいい
総評 80/100
初めての学祭参加(はたらく魔王さま!8)
さて、初めて大学の学祭に参加してきた黒紗夢です
今まで多分一度だけ学習院の学祭のようなあものに参加した気がするんですが、自分の意志で行ったのは今回が初めてです
いやはや、今まで何で時間がいっぱいあったのに参加してこなかったんでしょうね……
研究室で出展という形で自分の大学で出したことはあるんですが、参加者としてはしたことがありません

ということで、今日は青学の青祭に行ってきました
事前登録とかしていなかったので、参加出来るとは思っていなかったんですが、ゆかなのトークショーに入れたらいいなーとか適当な事を思ってました
が、勿論そんなものに入れるはずもなく、哀しみを背負っていました
一人で学祭に来たのに一体私は何を楽しめばいいというのか……
行った時間が既に3時前だったので、大して時間はないんですけどね!
なので仕方なく色々回っていましたが、案外大学の学祭というのは面白味がないかもしれません
当たり前と言えば当たり前なんですが、各サークルが資金を作るために屋台を出すために、大半が屋台なんですよね
しかも、同じようなものばかりなので数が多くても食べれるものが多くないです
焼きそばとか下手したら10店舗くらいあるんじゃ?状態です
人気NO1の揚げアイスも然程美味しい!というわけではなかったので残念です
しいて言うならば、B級グルメのイタリアン焼きそばが新しくて良かったです
味はB級グルメなのでね……全く美味しくないです
それでも、平凡なものよりはましかななんて思います
学祭の屋台なんてそんなものでしょう
そして、青短もついでに行ったんですが、ほとんどイベントも展示もなかったので見るものがあまり多くなかったです
ただ、ウエディングドレスの試着が出来るところはおぉ……なんて思ってしまいました
恋人がいる人達が結構いました
でも、あくまでも迷信ですが、結婚前にウエディングドレスを着ちゃうと結婚できなくなるみたいな事言いますよね
彼ら彼女らの今後がどうなるのか分かりませんが、まぁ、なかなかに面白い企画をやっていました
華道の展示とかも面白かったですけど、何というか祭りという感じではなかったです
仕方ないですね
そして、適当に展示の方も回っていたんですが、大したものが全く無くてもう終わりかなーとか思っていたら、適当に入った法学部の展示に1時間くらいいました
酒井ゼミの出生前診断というものの研究発表みたいなものだったんですが、そこでゼミ生の子とずっと話していました
私の時はたまたまそこの3年の子が説明をしてくれて、私が色々突っ込みを入れまくったり意見を聞いたりして結構議論をしていました
そのうちに色々とそれ以外の事も話し込んで気が付いたら学祭の終わる時間になっていました
いやはや、なかなかに興味深いものでしたし、その子との会話も面白かったです
正直、途中は誤字やカンマとコロンの使い方も適当すぎる発表用紙を見て期待はしていなかったんですが、その子は結構理解力もあって楽しかったです
まぁ、私が出生前診断のことについて覚えても、結婚相手がいるのかどうかは別問題なんですけどね!
ただ妊娠をしている人だとかそういうことになりそうな人は出生前診断の知識やらそういうのを考えてみると面白いかもしれません

アドレス交換とかすればよかったかなと若干思いつつ、アニメイトに寄ったらのんのんびよりがアニメ化コーナーになくて何だこことか思いつつラノベを補充して帰宅
そしたら、何故か突然ガルロワが起動出来ずに終わりました
一日中ガルロワをやっていた私への報復なのかな?とか思ってました
指が痛くなっていたのでちょうど良かったんですが、ランキング上位を目指している状態で突然エラーとか完全にやる気が無くなりました
なので、もう多分ガルロワは引退します
一応運営にもメールを送ったんですが、出来なかった時間は取り戻せませんからね
無課金でこれだけやって、すぐエラーになるアプリなんてもう終わりです

で、GODSGARDENのP4Uの大会をTwitchで観戦してました
これが多分最後の大会なのでしょうが、かなり白熱していました
優勝はゆめさんで、流石だなとか思っていました
電波さんもかなりコンボ選択が上手かったですし、久しぶりにP4Uを見ましたが堪能出来ました
やはりシングルをやるならこういう風に一発勝負ではなくBO3でやった方が盛り上がりますよね
今まで闘劇でも何でもそうですが最強を決めるといってシングルでも一発勝負だったので、BO3とかBO5でやった方が絶対最強を決めやすいですし、会場も盛り上がると思うんですよねー
今後はこういうのが増えてくれると嬉しいですね



ラノベレビュー
はたらく魔王さま!8
電撃文庫より
著者:和ヶ原聡司 イラスト:029

ここに来てまさかの新キャラ!という感じですが、かなりストーリーのキーパーソンでキャラのクセも強いので面白いです
今回は表紙絵がかなりきになる構図だったので、どうなるのかというのを期待と不安で読んでいましたが、ある意味安心出来たので良かったです
しかし、今回登場する新キャラによってかなりエンテ・イスラにおける情勢というのが明確になってきており、天界・魔界・人間界の関係がかなり複雑化しているようです
結構今まではのほほんと日本での暮らしでてんやわんやしている感じでしたが、遂に今回は恵美がエンテ・イスラに戻ってしまいます
そして、そのまま恵美のいない日本で魔王と、事件が起きます
結構前半から後半になるにつれて緊迫していく状況で、たまに入るギャグは良いガス抜きになっているので面白いです
今回で謎が少し解明されるのかとおもいきやほとんど前後編の前編という感じで、次巻でどうするのか!?という状況なので、早く次が読みたいですね

一言:キャラインパクトが強い
総評 75/100
眠りたいのに眠れない日々(花屋敷澄花の聖地巡礼)
さて、かなり久しぶりにLoLでteamNormalに行った黒紗夢です
最近ではすっかりteamはやっていませんでしたからね
とは言え、正直一人を除いて誰もしらない人な上にVCなしだったのでそれをチーム戦といえるのかは怪しいですけどね!

ということで、今日はLoLを少しと、珍しく研究をやっていました
流石に来週までにある程度は出来ていないと殺されてしまう可能性が高いので実装出来るものからどんどんやっていくことにしました
とは言え、未だに実装し忘れていた環境地図の作成は簡単なようで意外と面倒なことに気が付きました
データを取り込み、データを取り出し、地図を作ってテンプレートマッチングをするとごくごく簡単なはずなんですがね……
Object型で保存しようと思ったんですが、中身が見れないことに気が付いて諦め、CSVでいっかー状態です
今日書いてるのは、何か今1年生にちょうど教えてるVBのところと一緒だな―とか思って、ちょっと楽でした
しかし、何でCSV形式の取り出しには、VBでは簡単に出来てC#では出来ないんでしょうね
まぁ、別にC#でもVBを参照設定すれば可能なんですが、VBは最初から出来るんだったらC#でも入れてくれればいいのに……
と思わざるを得ません
どっちも.NETなわけですし、使えるものは共通で使えたほうがありがたいですよねー
C#だとつらつら書かないといけないものが、VBだと一行で終わってしまうこのもどかしさ
C#の利便性とは一体……

ガルロワは遂にしめじとの親密度がMAXになって私の気持ちもMAX状態です
嬉しいですね
しめじが強すぎる上にカードも結構簡単に手に入るせいですぐに親密度が上がったという感じですが、一番最初に親密度がMAXになったのは良かったです
今回のイベントはリーリン・スーパー1が出すぎるせいで好感度が上がりまくって危なかったです
というか、HRのくせして10回ガチャを3回引くと1枚は出てくるとかどんだけ価値が低いんでしょうかね
おかげでリーリン・スーパー1のカードだけで30枚くらいはあります
もっとちゃんとしたカードが欲しいです……
もうSkill上げるのに使っちゃおうかなとかそういうレベルにまで価値が下がっていますからね
今現在HR、SRは多分手持ちで100枚以上あるので、そろそろこういうのも切り捨てて行かないとカードが溢れてしまいます
インフレしすぎですね、このゲーム……

そして、寝る直前になってたまたまEUのよくわからない試合が配信されていて、SKGamingがやっていました
SKはoceloteが引退という結構ショックな出来事で、今後のスターティングメンバーでS3に残っていたメンバー3人が交代するという結構な事態だったんですが、team自体は物凄く強かったです
というか、完全にMidの新メンバーはoceloteよりも数倍強かったです
流石は17歳といった感じでしょうか
oceloteはやらかしが多いですが、このMidはちゃんと自分のChampionを見極めて相手をきっちり殺していたので相当すごかったです
いやはや、今後のSKは安心出来そうな気がします
やらかすKevinとoceloteがいないSKは寂しい気もしますが、SKは普通に強いteamになりそうです
Candypandaは言わずもがなですしね
でも、個人的にはoceloteのいないSKを一番に応援することはないです
oceloteが好きだったので応援していたので、oceloteが抜けてしまうと、FnaticかGambitのどちらかかなーと思います
メンバー次第です
S4に期待ですね



ラノベレビュー
花屋敷澄花の聖地巡礼
電撃文庫より
著者:五十嵐雄策 イラスト:三輪フタバ

「……あなた、もしかして『聖地巡礼』を知らないの?」 行人がクラスメイトの夏奈からお願いされたのは、花屋敷澄花という女の子のお見舞いだった。だが部屋に入ってみると、そこは東京の町が広がっていて――。澄花の趣味はアニメや漫画などの聖地を巡礼すること。ずっと引きこもり中の彼女は、ネットのストリートビューやAR技術を駆使して聖地を訪れた気になっていた。いつか自分の聖地巡礼サイトをいっぱいにするという野望を持って入るものの、部屋&こたつから全く出てこない澄花。そんな彼女のために、行人は一肌脱ぐことにするのだが――。
彼女の秘密の聖地を巡る旅、開幕!


結構ストーリー自体は面白く、最近のアニメの事であったり現実世界の風景なんかを綺麗に描写しているので分かりやすいです
澄花もかなり可愛らしくて、引きこもりらしからぬActiveさや謎の才能を持っていますが、基本的には非常にいい子で今後もっと普通に話せるようになったらいいなという感じに思います
意外とそこまでラブコメという感じはせず、ひきこもりの澄花と一緒に聖地巡礼を目指して、また澄花の為に主人公が一生懸命に色々とするといったストーリーで、聖地巡礼によって他のアニメなどの要素が混ざってくるのでここで紹介されているアニメも知っているとより面白味がますかもしれません
文章は、一人称視点のような三人称視点のような、正直よく分かりません
行人は―みたいな感じで、三人称視点なのかと思ったら、普通に行人の独白だったりするのであれ?なんて思います
流石に行人が自分の事を「行人」と言っているわけではないので、独白と三人称視点がごちゃまぜになってしまっています
そのせいでそこが非常に読みにくいです
どっちがどっちなのか分かりません
その上、これはどうやら独白だと思っていたものが、実は声に出してた、という感じのやりとりが非常に多くそれをかつ自然にやっているので、独白だと思っていたものがただの会話文だったなんていうことがあまりにも多いです
それが特に問題なく進行しているので、もう少し文章を三人称視点と一人称視点を同時に書いてもいいけれども、きっちりと分けてほしいなと思います
特に独白と会話の違いも明確にして欲しいので、それが残念です
ヒロインは可愛いんですけどね……

一言:澄花を猫みたいにゴロゴロ撫でたい
総評 70/100
少しほっとしてしまう残念さ
さて、コミケは落選してしまった黒紗夢です
嬉しいような残念なような感じですが、正直今回も何も準備をしていなかったのである意味ホッとしました
これで当選していたらどうするんだよ状態ですが、結果論です
ただでさえ今はまだプログラムを完成させておらず、目処も立っていないのにそこで同人誌を作るとなると寝る時間はあるのかな状態です
ここまで研究が進まないと本当にやばいです

ということで、今日は学校が休みだったので一日家でグダグダしていました
ちょうど家にいられるということでガルロワ片手にLoLを観戦していました
いやはや、今回のガルロワのイベントは相当時間がかかりますからね
一周50分をひたすらやらないといけない上に、ポイントもなかなか貯まらないので上位を目指すのが大変です
しかも、100位以内で上位かと思いきや、10位以内と80位以内という結構人数が少ないです
何というか、グリマスとかを見ると上位100人が安定しているんですが、80位以内というのを見ると如何に人口が少ないのかというのが垣間見えますね

LoLは相変わらずRivenの練習です
RivenのBuildと集団戦での立ち回りがまだ分かっていません
結構Lane戦は分かってきたような気がするんですが、集団戦は前に出すぎて死ぬのもダメだし、引きすぎても駄目だしで自分の火力をきっちり見極めないといけません
速攻で相手のADCが溶かせる程度の火力があるならいいんですが、ないと誰かと一緒にいかないと行けませんからね
あまり火力のTopというのはやったことがないので大変です
Jaxを使っている時でも、あいつはTankに結局なってしまうのでね……
Rivenの上手い人の動画を見るとなんで死なないんだよと思うようなことが多いですが、私は普通に死にます
この差をいつか埋めたいですね

研究……
研究かぁ……
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。