黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
よくあることとは良くないことである
いやー…るい智は面白いですねー
ファンディスクだからといって油断は出来ませんでしたが、やっぱり安心しましたねー
面白いですね、えぇ
フォルテシモ()
…いや、フォルテシモも途中までは良かったんだけどね?

閑話休題


5限だけ授業という何とも理不尽な時間だけれども、とりあえず行ってみた


が、行った意味が全くなかった


先週ミニテストをしたから、今週もミニテストをするのかと思えば全くしないし、出席も取らないしで、何のために今日言ったんだろうという感じだった
しかも、授業中はひたすらネットサーフィンしてたせいで、一ミリも授業内容が頭の中に入ってこない
…まぁ、常識的なネットワーク構造についての授業だったんだけどさ
常識的と言ってもIT学科における常識なわけで、ネットワーク層だとかアプリケーション層だとかそう言うのは、一般的な知識じゃないんだろうけどさ
流石にプロトコルのランクとかは知らんかったけど、流石に細かすぎる知識ニダ

結局今日は小説とネットサーフィンをする為だけに学校へ行ったようなもんだな…
あ、因みに今日からはラノベではない小説を読み始めました
純文学…とはいきませんが、推理小説ですね
内田康夫という作家で、母親から勧められました
母親はこの作家が好きらしくて、久しぶりに買ったら前に読んだ奴だったでござるという事で、俺にも読んでみたら?と言ってきたので読むことにしました
まぁ、最早俺の部屋は漫画なんて微々たるもので、あとは全部小説ですからね
タイトルとかは…ご愛嬌ですが…
とは言っても、ラノベでも文学少女とか半月、すべての愛がゆるされる島とかは親に読ませてもいいと思うんですよねー
他はちょっと厳しいかもしれないけど…
というか、他のものは親世代じゃ流石に受け入れてくれないだろう

しかしですね、この推理小説を読み始めて分かるんですが…


別にラノベも普通の小説も大差がない


別に全てが全てというわけではありません
勿論、当たり前ですが、ラノベに関しては小説としてやってはいけない事だとか、ありえないものが平気であります
それがある意味許されるジャンルでしょう
そういうのじゃなくて、ラノベも一般小説も結局同じ活字を用いたものなんですよね
当たり前の事なんですけど、それでも結構ラノベを卑下してこれは小説じゃないっていう人が多いと思うんですよ

…まぁ、小説と呼ぶのには、あまりにもひどすぎる作品もありますけど、表現の仕方とか、人物の視点なんかは一緒ですよね
思考だとか、読みにくさだとかはその作者に委ねられるわけだし、言ってしまえば、ラノベは少年少女がイチャイチャするものが乱雑にあるだけなんですよね
しかも、テンプレートが多い、と
そういう数の暴力があるから、ラノベは卑下されてるんじゃないかなー
あと、敷居が低い
ま、流石に純文学とラノベを一緒にするのはまずいだろうけど、そうラノベも卑下するものじゃないね
いや、腐ってるラノベ多いし、頭空っぽにして読むものばっかりだし、変態ものばっかりだけどさ
でも、一般小説だってゴミクズみたいなのは沢山あるし、結局ラノベも一般小説も良いものはごく一部だよね

なんでこんな当たり前のことに気が付かないんだろうね?
当たり前を当たり前と受け入れる事自体が当たり前なことじゃないからなんだろうね
当たり前を当たり前と受け止めて、当たり前のように考えちゃダメなんだよね
当たり前を当たり前じゃないと考えて、初めて当たり前というものが当たり前になるんだよね

さぁ、当たり前がゲシュタルト崩壊してきたぞー


そして…どうでもいい報告でしょうが、ガンエクでやっと一等兵になりました
100戦してやっとですよ…
というか、10時50分くらいからガンエクを始めて、これ終わらせたら帰るかー考えてたら…

あれ…終電やばくね…?

気がつけば11時20分だった
やばい
でも、まだ勝ってる
いつも連勝とか滅多にしないのになぜこんな時間に…
6連勝とかどういう事なの…
まだこれは続くの…?
終電は11時41分

…9連勝…だと…?!
流石に宮何とか達を待たせるのはまずいと思ってもこういう時だけ何故か勝つんだよね
不思議だね!

まぁ、一等兵に昇格したからいいやーって流れ作業
大体黒本のコツが掴めてきたんじゃないかな
立ち回り方が少しずつよくなってきたと思うんだ
まだまだ弱いけどさ…
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。