黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
病気は刻々と変化する(僕たちは監視されているch.2)
僕たちは監視されているを読んでいると、もしかしたら近い未来に本当にこういう症状の患者が現れるんじゃないかと思う黒紗夢です
俺はニコ生とかは、イヴの時間やFate以外のを見たことがないので、何ともいえないんですが、某掲示板の某スレでニコ生に凸した報告のスレを見た時に、既に兆候があるのかなぁなんて思いました
まぁ、この小説を読んだことない方の為に説明を致しますと、クローラと呼ばれる患者は、各個人で症状は様々ですが、とある「何か」にものすごい興味をもっており、その「何か」に関するものについて、何でも知りたいと思うようになり、深刻になると自傷他害に陥る可能性もある…というのが簡単な説明です
今のニコ生の状況は、自分の目では見てないので何とも言えませんが、ただただ社会から少し離れた人達が毎日他人と関わる為に放送する…という感じですが、それは放送者にとってであって、視聴者、毎日見る人間は果たしてどうなんでしょうか、ストーカーはこのクローラという患者と少し似てるんじゃないでしょうか
まぁ、もちろんこれはあくまでもフィクションなんで、ここまでのことにはならないとは思いますけど、事実は小説より奇なりと言いますからね
果たして…どうなることやら

閑話休題

テスト勉強をしなくても、何とかなると思ったけど、何とかならなそうだった
今日はサイバネティクスという科目の試験だったんですが、正直さっぱりわからなかったというのが感想
いや、各機関の説明をせよという簡単な設問なんですが、果たして自分が合ってるのかさえわからないというね
問題は4つしかないというのに…
網膜、V1野、V4野、MST野について説明するだけなんですよ
うん、全部1行分しか書いてないんだ
絶対ろくな点数くれないよね…
最後に、この授業に興味の持ったことを書けという救いのある問題もあったけど、授業中は全部ラノベ読んでたし、半分以上出てなかったからしらねーよ状態
来年授業取りたくないなぁ~…

相変わらず、BBCS2
今日は下手したら4kくらい使ったんじゃないかと思う
学校へ行くときは約11kあったのに、帰宅したら4kしかなかった
…うん、これであと10日過ごさないといけないんだ
BBCS2やめないと過ごせないよね
因みに、約3k分はラノベを購入しました
今日購入したもの

・Kaguya 5巻
・彼女(アイドル)はつっこまれるのが好き
・ちみっ娘小学生レストラン ストロベリーフィールドへようこそ!
・アクエルタルハ1 森の少年と火の髪を持つ少女
・アクエルタルハ2 空飛ぶ船と天翔ける白銀の蛇


Kaguyaは最後まで読んだなーって思ってたけど、実はまだ最終巻を読んでなかったという恥ずかしい話
そういえば、まだ事件解決しただけだったなって思った
アイドルは何となく気分で買った衝動買い、多分地雷
ちみっ娘は某ブログで紹介されていたからわざわざ探して買った
正直今までだったら買ってなかった
アクエルタルハは絵師買い
竹岡美穂だからね
でも、ググってみたらもう既刊本という…また発売する意味が分からない…
何か違うのかなと思ったらタイトルも同じだし何だろうね、これ
まぁ、こうやって俺みたいに釣られちゃう人間がいるからありっちゃーありなのか
…今回は全部ハズレっぽそうだからちょっと残念
早く25日になってくれないかなぁ~
25日になれば、MF文庫Jから変態王子と笑わない猫2まよちき!6が発売されますからね
どっちも、一瞬で読み終わるだろうけど、楽しみで仕方がない
あれ…お金…

ラノベあらすじ
僕たちは監視されている ch.2
このライトノベルがすごい!文庫より
著者:里田和登 イラスト:国道12号

壁の話で、より一層仲良くなった祭とユイガだが、まだまだ問題は山積みである。夕菜の病院へと見舞いへ行ったユイガだが、拒絶されてしまう。何とか仲直りをしたいユイガ。夕菜の抱えている自殺未遂の真相と本心とは……!? そして、祭の周りでも一波乱が……? 見えるものはひとつだけじゃない、人の数より想いの数、近未来青春ドラマ第2弾! その瞳の奥に見えるものは一体……。

もはや、何だこの胡散臭い謳い文句はって感じですね
あと、若干ネタバレも入ってますね、でも2巻なんで仕方ないよね

このラノベは結構お勧めです

総評 85/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。