黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
あえて突き進む(ちみっ娘小学生レストラン ストロベリーフィールドへようこそ!)
ある程度は分かっていたんですよ
というか、昨日も地雷だなって思いながらも購入したんですよ
結構、ラノベはあらすじだけでもある程度内容が予測出来るんですが、まぁ、見事にだよね

閑話休題

金がない金がないって言いながら、今日は何を思ったか

そうだ! マコトを練習しよう!

という、謎の発想を持ってゲーセンに行きました
我ながら何故こんな事を思ったのかは未だに不明です
おかげで、またお金が減ってしまいました
プラチナで勝てなくて発狂しそうだったっていうのもあるかもね
たまには息抜きも必要です
でも、結構マコトが難しくて2クレやっても端のコンボが全然安定しなかった
というか、2C>2Dがなかなか難しかった
それしか練習してなかったというのに…まぁ、センスがないんですね
元々コンボのセンスはない人間なんで、マコトは少し辛いかもしれないなぁと思いながらも、多分サブとして使っていきたいなぁなんて漠然と思ってます
プラチナ同士の戦いが分からないっていって、自分より格下に入るあたり自分はなかなか終わってるなぁなんて思ったけど、相手もプラチナ同士をやりたいのか、結構連コしてきてくれて嬉しかった
根本的に立ち回りや起き攻めが全く違うから、自キャラなのに分かりづらかった
やっぱり直ガは絶対必須だなぁと改めて思った
ハザマには勝てなくてすっげーイライラするけど
ハザマは何かとても理不尽なものを感じる
アラクネもだけどさ
また中途半端に強くなったせいで、ブレイブルーイライラ病が始まったからこれをどうにかおさめないとブレイブルーを続けられないでござる
これがブレイブルーをやめた一番の理由だしね…スパⅣに移るっていうのもありだけど、今の時期にパンピーが入っても相当厳しいと思うんだよね…
使うならいぶきだろうなぁ~…

あと、これ読んでないだろうけど、最近メール返すの遅くてごめんなさい
というか、ほとんど返してない気がするんだ
明日には返信しようしようって思って既に何日経っていることやら…
そして、その大半が異性というなかなか終わってるこの状況
いや、男からのメールが返信するまでもない内容しかないからなんだけどさ
メールも電話も面倒だよね
何ていうかもうチャットも面倒だし、しゃべるのも面倒だし、どうしたらいいんだろうね
人類が一人になればいいのにね

でも、きっと明日は秋葉に行ってBBCS2をする程度の積極性はあるんだよね
よく分からない性格だね
そろそろ部活にも顔を出さないとね
もうほんと色んな人にごめんなさいしないとそろそろ自分の首を締め過ぎてる


ラノベレビュー

ちみっ娘小学生レストラン ストロベリーフィールドへようこそ!
GA文庫より
著者:野島けんじ イラスト:赤人

突然、隣の家に住む、小学4年生で三女のぴゅあがレストランを作ろう!と言い出し始めた。無茶苦茶を言うのは昔からだが、今回ばかりは流石に無理がある。そう思って諭そうとする主人公凪太だが、あれよあれよとちみっ娘達のペースに飲まれて……いつの間にやら保健医の美人変態教師までもが協力をし始めて……!?
ちみっ娘達の絆と猪突猛進な破天荒さが無理を通して道理を蹴っ飛ばす、小さいけれども大きな物語。ようこそ、可愛いちみっ娘レストランへ。


初めに言いたいのは、地雷です
何ていうかもう、地雷です
でも、ロリコンは例えそこが地雷原だと分かっていても、邁進闊歩しなければならない時もあるんです
名前が「ぴゅあ」とか「りゅん」とかそういうDQNネームなのは全く関係ないです
プラスにもマイナスにもならない問題です(若干マイナスだけど、特にりゅんって何だよ…)
文章は一人称で、主人公の独白が多いです
キャラクターは、多分魅力的なんでしょう
多分というのは、キャラの設定を全く把握しきれていないからです
勿論、多少なりともありはするんですが、はっきりいって薄いんですよね
言葉口調である程度は類推したり、相手の感情表情の描写で特定は出来るんですが、どうもいまいちパッとしない感じです
一番顕著に出てるのは、主人公です
とてもあやふやなキャラです
熱血とも違うし、かというと冷静でもない、捉えどころのないキャラです
そういう捉えどころのないキャラも味があるといえば味があるんですが、ただ単にこのラノベの場合は設定が安定してないように思えます
主人公の仕草だったり、行動だったりになりゆき上の一貫性は勿論あるんですが、性格の一貫性はどうなんだろうと少しだけ首をかしげてしまいます
あと、キャラ背景が薄い
ぴゅあの気持ちだとか、そういうヒロイン達の感情はある程度把握出来るんですが、じゃあ、主人公は何で?というのが大きいです
優先順位というか、君の感情は先とは違うんじゃ?ってのがちらほら
ストーリーも薄い
カルピスを100倍薄めた感じ
第一、(若干のネタバレを含んでしまいますが)レストランが無理だという現実問題を提示しているのにも関わらず、現実問題としての衛生面だとか法律だとか、そういうのが一切ない
確かに、利益を求めているとはいえ、学校内なら何とか避けることは可能なんでしょうが、それでも、流石にあっさりしすぎなんじゃないの?…と
あと、レストランを始める切っ掛けの出来事は良かったけど、それにまつわるものだとか結末だとかが簡単に終わらせすぎて、え……それでいいの?なんて事も…
それに限らず、主人公とりゅんがアレをするシーンにしても、りゅんは何なの?とか、どうして教頭は突然こうなってしまうの?とかそういうのの背景が一切書かれてない、書かれてても薄い
上辺だけを取り繕って書いただけの描写が多すぎる
多分著者の脳内ではきっちりそういうのがあるとは思うんですが、それが文章にされていなさすぎる
まぁ、一番の問題はやっぱり主人公の立ち位置ですかね
これが、一番ぶれてるから物語にのめり込もうとしてもあれ?あれ?ってなっちゃう
似てるのとかは特にありません
こんな地雷を踏んだのは初めてです

正直、文庫になってるだけで凄いと思ってるから、総評で50以下にはしないようにしようと思っていたんですが、流石に無理です
地雷です
ただ、ロリコンだとか地雷踏みたいとか赤人さんのちょっとした漫画絵を見たいという人は…私は責任を負いませんが…

総評 35/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。