黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
理解出来ない事態(カヤクのキセキ1)
今日はよく分かりませんでした
というか、うん、意外とこういうものなのかな?なんていうのも思いました
何のことかはきっといつか分かるでしょう

閑話休題

結局、朝散髪を自分で少しだけしたら、大変なことになったので諦め
俺はこのままでも大丈夫(キリッ
って思いながら、旧友と会うためにたまプラーザへ
本当だったらもっとゆっくりして、混んでいる店でも
「ここで並んでようかー」
なんて気軽に言えたんですが、如何せん午後から用事があるもんだから、空いてる店へ行ってしまった
申し訳ない気持ちでいっぱいになりながら二人で昼飯
もらうもらう詐欺をして幾日経ったことでしょう…
今日やっとポチから資料をもらいました
Web玉手箱やGAB・CAB、SCOAの参考書です
果たして、これがいつ活躍するのかは少し疑問なんですけどね!
俺の行きたい業界にこれあるのかな!かな!
もらえるもんはもらっておく
それが俺クオリティ
もしかしたら使うかもしれないしね
もう企画書の段階だったり、面接の段階だったりしてるけど、これで決まるとは限らないしねー
あと、色々先輩の就活メモ?を見せてもらった
ゼミでそういうのがあるらしい
なるほど、文系はそういうのがあって良いなって思ったけど、文系にはゼミ推薦がないんだってね
あるところは勿論あるだろうけど、理系みたいにどの研究室も推薦のコネを持っているわけじゃないんだね
どっちがいいのやら…
先輩の体験談か、企業への推薦か
まぁ、人によるか
というか、結局就活メインになってしまったなー
もっと雑談をしたかったのぅ…
うん、俺が全部悪いんだけどね…
まぁ、次は3月に多分会うだろうから、その時に色々また近況を報告しましょうや
焼肉食いたいでござる

そういえば、ネシカが新タイトル4つ増やしましたね
スピカ☆アドベンチャーが若干やってみたい
あのやる気のない女の子の声が俺を虜にさせる
今度やってみるかなぁ~
しかし、ネシカはタイトル自分で変えられるところあるけど、KOF勢とBB勢が衝突しないのかな…
旋光の輪舞 Dis-United Orderも配信だし、キャッツアイの配置が物凄く気になる
今度行ってみるかなぁ~

ラノベレビュー
カヤクのキセキ1
ファンタジア文庫より
著者:上総 朋大 イラスト:さらち よみ

千年前、マールと呼ばれた真紅の髪色の魔女がいた。その魔女は世界中の人々に魔法を教えて旅を続けていた。そんなマールの功績を讃えて信仰されるようになった現代。一人の敬虔なる信徒であり、魔法学校を卒業するカナクはある目的の為、マールが残したとされる石碑を巡礼する決意をする。しかし、何故かその旅に学校一の天才魔法使いであり、セレンディア公の娘である美少女のユーリエもついてくると言い出し始めた! 普段学校では見ない態度に押されて、気がついたらユーリエと旅をすることになってしまったカヤク。カヤクの目的とは――そして、ユーリエの旅の同行理由は一体――。 そして、石碑に書かれている真実とは――!
甘く切ない、世界を巻き込む小さくて大きい、不思議な恋の巡礼。
あなたの行動で、世界は変わる――。


良い話でした。とても良い話でした。流石は大賞金賞を取る作品だなと思いました。
ストーリーは過去と現在の2視点からそれぞれ、第一人称で語られます。
正直、ストーリーは結構物足りないというか、ぱっぱと進めすぎていて、もっと掘り下げたり苦難をより細かく描写してもいいんじゃないかなぁと思いました
全体的にあっさりしているんですよね
普通なら多分4,5巻くらいで構成されるであろうストーリーを一巻にまとめていますからね
勿体無い…
ですが、感動するストーリーです
そして、このラノベはある一種の矛盾が存在するんですが、あまりそういうのを気にせずに読み終える事が出来るのでとても良いです
ただ、比較的伏線が分かりやすいというか、そのままだったり、あっさり回収するので物足りないと感じるかもしれません
でも、良いストーリーです

キャラクターは、可愛らしいです
主にこのカヤクとユーリエが中心で描かれているんですが、ユーリエのころころと変わる表情だったり態度だったりが本当に愛らしいです
すごい女の子らしい、というか、恋する女の子だなぁなんて思いました
見ているこっちはとても微笑ましい気持ちになれます
また、脇役のキャラクターもほとんど描写はないんですが、その少ない描写の中でも割としっかりと特徴が描写されているので、とても魅力的な人が多いです


2巻では後日譚があるらしいので、それにも期待したいですね
というか、とある飛空士への追憶のように、また新しく編纂して今度はもっと内容の濃いものを書いてもいいんじゃないかなぁなんて思います
感動出来るけど、ちょっと物足りないラノベですね
でも、俺はこういうジャンルは大好きです
うちの魔女しりませんか?とかなりいい勝負です

総評 87/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。