黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
自慢の娘15歳
さぁ、果たしてこのタイトルを理解出来る人がどのくらいいるんでしょうかね
ゴキブリを可愛いとか言っちゃう娘です、可愛いですね

閑話休題

昨日一昨日と全く外出していなかったので、流石にやばいと感じて外出しました
とは言っても、ゲーセンに行く気はないし、お金を使わずに楽しめるところはないだろうか…理想を言えば、ラノベが読めれば更に良い
しかし、そんな場所は存在しない
と、いうことで

等々力不動尊へ行ってきました

はい、地元です
一度等々力渓谷から入るので、結構かかると言えばかかるんですが、まぁ、徒歩約20分程度でつきます
因みに、家を出発した時刻は5時過ぎ
既に逢魔が刻ですよ
夕闇の中、一番星の光を頼りに…というのは、嘘ですが、一人で散歩というのは良いですね
特に、朽ち果てた道を進むのは素晴らしいです
色々探検していたんですが、とても楽しかったです
カメラを何故持ってこなかったのかと悔やみましたね
ひとつ、大木が朽ちて道が塞がっている獣道があったんですよ
これはなにかある…ゴクリッ…と…先に進んでみると…

目の前に…

道路かよ…orz

ちょっとショックでした
その時は本当に陽が沈みかけていて、ほとんど物体の陰しか見えない状態で、わくわくどきどきしながらいったのに、結局よく分からない捨てられた人家に出ただけでした
もうちょっと何かあってもよかったんじゃないかなー
でも、木と竹がぶつかり合う音が何か大きな動物でも木の上にいるんじゃないかと錯覚するくらい不気味な音でした
ガサガサッという音よりも、ガッゴリッっていう感じの音が多かったんですよねー
いやー、でもいい体験をしました
周りは誰もいない林に囲まれて一人探検ですからね
面白いですよー
それに、等々力渓谷は何だか肩がすごく軽くなるんですよね
空気が澄んでいるのか分かりませんが、地上に出た瞬間肩が重くなって、渓谷に戻ると軽くなるんですよね
不思議でしたねー
不思議な体験出来るかなーと、模索して、ちょうど立ち入り禁止のはずの場所が何故かあいていたんで、行ってみましたが、大した事はありませんでした
残念です
次は横穴を見に行くかな
小学生の頃に見たときとは、見え方も変わってるだろうし…

そうそう、ついでに野毛大塚古墳にも行ったんですよ
小学生の頃よく野毛公園で遊んだものです
小学生の時に古墳から見た景色は広かったけど、今はどうなんだろうと期待して行きました

殺風景になってました

何ていうか、驚いたね
いや、驚いたっていうか、その時は何も考えられなかったね
え…?あれ…?
って感じ
俺の記憶もかなり曖昧にはなっていますが、少なくてもジャングルジムっぽいのとブランコはあったはず
それがなくなっていました
正確には工事中だったんですが、あれは、老朽化による交換なのか、果たして…
それと、社宅側は何もなかったんですが…あれは元々何もない場所だったかな?
何かもう古墳から見た景色が土色の地面しかなくて

あれ?こんなに広かったっけ?

なんて錯覚してしまいました
普通成長したら公園なんて小さく見えるものなのにね
不思議だよね
大きくなったら、広く見えるなんて…ちょっとだけ寂しかったです
ここで、俺らはふざけあってたんだよなぁ~…と
埴輪で高鬼したり、ブッ壊れたものを投げて遊んだり…
プールにもよく行って…懐かしいですね
野毛公園は夏の匂いです
夏に行けば、もっと感傷に浸れるのかな

因みに、元一番使っていた公園は少し変わっていただけでした
砂場には猫よけ?の柵がしかれ、老朽化した滑り台はブルーシートが被せられていました
まぁ、大好きな通学路の時計草はなくなっていたんですけどね
俺の一番好きな花の時計草は、もう完全に想い出の中だけの花になりました
あれがあれば、どこかに行けるんじゃないかなって思ってました
今日は思い出巡りな一日ですね

まぁ、散歩時間は2時間もないんですけどね!
意外と長文になってしまった
もっと色々書きたいんですけどね
大抵が感傷に浸ることなんでね
寂しいことです
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。