黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
始まるもの(アンチリテラルの数秘術師)
遂に実力試験が明日に迫っている黒紗夢です
ガウス消去法だけ覚えました
これさえあれば完璧だぜと友人と話し合っていました
絶対に嘘だと核心出来ます
4題中1題解けたとしても、あとの3題どうすんだよ…

閑話休題

今更ですが、Ever17を終わらせました

いやー…
確かにすげー作品だわ
なんというか、最初から伏線だらけだったっていうこのやばい状況
これなら、記憶をなくしてまたやりたいっていうのが分かる
何ていうか、うん、すごいよね、これ
ここまで伏線があるゲームは初めてです
面白かった
色々と考察も出来るし、こんな騙し方があるのか…とすごくびっくりしました
しかし、一度イヤホンをはずしてるのに見えている描写があったのは、あれは一体何だったんでしょうか…
あれだけが謎です

そして、何故かタルタロスを起動させました
懐かしいですね
ギルドにまだいました
と思ったら、ギルメンは全員引退している放置ギルドでした
素晴らしいですね
どうもまどかマギカとのコラボがあるらしく、それに釣られてみようかななんて思ってます
最低ですね

試験勉強は、勉強とは名ばかりのノートを見るだけの作業
しかも、HCIしか参考資料がないという…ね…勉強出来ないじゃん…
HCI→ヒューマンコンピュータインタラクション
長ったらしい名前ですが、要するに機械と人間の混ざった分野です
面白い分野です
でも、どこを勉強すればいいのかがさっぱり分からないので、結局眺めるだけで終わりました
これで俺は本当に院への推薦がもらえるんだろうか…
もらえなかったら就職するしかないんだぜ…?

ラノベレビュー
アンチリテラルの数秘術師
電撃文庫より
著者:兎月 山羊 イラスト:笹森 トモエ

東京内戦が起きてから5年――冴上誠一は買い物の帰り道で、数秘術師(アルケニスト)、羽鷺雪名の自殺現場を目撃してしまう。しかし、現場に駆け寄ってみると、死んでいるはずの雪名は生きており、翌日転校生として現われた。更には、突然妹の愛架が誘拐され、必死で探す誠一の前に都市伝説のはずの赤帽子を目撃する。赤帽子の周りには赤い数字が浮かんでおり……。数を操る異能力アクション!
あなたの幸せは何%ですか――。


電撃大賞銀賞を受賞した作品です。
文章が結構硬い…というか、小難しい回りくどい表現法が多いんですが、なかなか面白いです
一人称だったり二人称だったり三人称だったりするんですが、まぁ、章毎に分かれているので、そこまで混乱はしないと思います。というか、大体最初の文でどの視点っていうのが分かるので、区切れ区切れはしっかりしているので読みやすいです
キャラクターは、あんまり深くはいれていないので、そこまで良いっていうのがないです
というか、キャラは全然分からん
ある程度は分かるんですがね…他のラノベよりはキャラ重視ではない気がします
ただ、堅いこと言ってる割には主人公の思考はたまに凄い軽かったり、よく分からないなーなんてのは思いましたが…
ストーリー重視のラノベですね
こういうジャンルもなかなか面白いんじゃないでしょうかね

総評 65/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。