黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
もう…嫌すぎる…
なんというかね、うん、まどかマギカね……うん……ね……
これ……どうするよ……
ISが一緒にないと、本当にこれはやばいね
なんというか…うん、ほむほむとか笑ってられねーな…
どうコメントすればいいのかもうわからねーよ…

閑話休題

今日も今日とてブレイ…ブラッツブルーですよ!
一日500円までにしようとか思っていたら、1500円使っていたでござる
まぁ、でもおかげでやっとタオカカ戦が分かりました
ちょうどいいタオカカがいたので、10連コくらいしてた
俺のほうがPSR高いのにね
おかげで、PSRが7くらい交換する事になりました
PSRなんて気にするべきじゃないけど、やっぱり気になるよね!
PSR150を下回りたくないでござる
最近周りが200前後ばっかりだから、ちょっと150だと恥ずかしい
でも、もうタオカカは怖くない…と言えば嘘になるけど、タオカカが分からない!というのはなくなったと思う
裏回りはみえるし、あとは投げをきっちり見えさえすれば完璧
アイテムはタオカカ戦はやっぱりネコが一番強いですね
次にフライパン、バット、爆弾、ミサイル、そして最後にハンマーかなぁ
結構プラチナスレで爆弾が一番いらない子って言ってる人が多いというか、大半もういらない子っていう認識になってるけど、俺からしたらハンマーが一番いらない子
確かに、コンボとしては伸びるけど、だから?という感じ
相手がバーストしたら、一気にハンマーは使える子になるけど、それまではマジゴミ
いくらコンボゲーだからって、立ち回り>コンボは不動だと思うんだよね

しかしまぁ、その後にカルルが来て流石にやる気にはなれなかった
カルルも対策したいけど、あのキャラがきたら素直に捨てゲをしようというのが今の方針
いや、あのキャラ無理だろ
対策とかもうどうでもいいわ


ネタがないですね
ここからは俺のよく分からない思想を垂れ流していこうと思います
前回までは結構自分ではまともな方だと思っているんですが、今回は結構矛盾だらけです
さて、この世、現世、この世界は三次元空間らしいですね
それが本当かどうかは分かりません
どう考えても三次元だろと思っている人は何を根拠に言っているのかよく分かりません
誰かがそう言ったからという、あたかも天動説を信じて疑わないような人たちですよね、きっと
だって、それを証明するものって一体なんですか?
物理学でそう言われているから?
学者がそうだと明言してるから?
ここが四次元世界かもしれないのに?
二次元世界の投影かもしれないのに?
そもそも、この世界が三次元世界だと言うのならば、時間という概念が存在しないはずじゃないの?
時間を操れないから、ここは四次元世界じゃないの?
時間を観測している時点で、四次元世界ではないんでしょうか?
そもそも眼というのは二次元でしか変換されていないはずなのに、何故三次元だと言い切れるのでしょうか?
奥行きがあるから?歩みを進められるから?
二次元世界だって横に移動は出来ます
本当に私たちは「奥」に移動しているのでしょうか?
もし、それが二次元の投影でしかなかったら、どうしますか?
ゲームの世界は二次元だと言います
しかし、レイヤーはいくつもあります
現実世界もそれと同じ作用をしているとは考えられないのでしょうか?

この世は、本当に三次元世界ですか?
物理学を完全に信頼しきっていいのですか?
そもそも、三次元と勝手に決め付けるのがよくありません
瞳が二次元しか観測出来ないのであれば、二次元世界だし、時間が流れている時点で四次元世界でもあります
世界をただ単純に享受するのではなく、何故と疑問を持たなければ学問は存在しません
世界は、初めはイデア界の投影であった
次に、世界は23次元となった
更に、世界は10次元になった
今現在、世界は11次元になりつつある
宇宙は四次元空間(時空)だと言われています
不思議ですね
人間が観測出来ないからってそうやって決めつけてしまうのは
実験誤差を誤差として一蹴して、理論値と実験値の違いをみようともしないのに、統計的に均一な答えになるからと言って証明完了してしまうのが物理屋です
もしかしたら、不定値αがゆらぎを答えてくれるかもしれないのに
まぁ、現在は量子ゆらぎでもう古典では出来ないものもあるというのはあるんですけどね
この世界は一体何なんでしょう?
物理の話ばかりになってしまいましたが、俺はずっとイデア論を信じたいと思います
だって、イデア界は真っ白で超球なんですよ?
そして、現実はそれを投影した世界
宇宙は黒くて、そして丸いです
それって、イデア界を投影した時に黒くなって、でも、超球のままだってことですよね?
超球の中でなら、世界が3次元だろうが、4次元だろうが、描写は可能です
だって、軸がないんだから


ね?最後がおかしいでしょ?
途中までは問いかけなのに、最後はなんなんだと…
いや、ぶっちゃけ途中は本題を書く前に羅列したら長くなりすぎて、結論にぶっ飛んだってだけなんだけどね!
長いと嫌だし、読むの面倒だし、書くのも面倒なんだよね!
だったら書くなって話だけどね!

最近、ラノベ書いてないからそろそろ明日ラノベじゃないけど小説の感想を書こうか
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。