黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
久々の美味(魔よりも黒くワガママに魔法少女は夢をみる)
久しぶりに町田へ行ってきた黒紗夢です
とはいっても、そう何週間も空いているわけではないんですが、ラーメン屋には一ヶ月ぶりくらいに行きました
いやー…毎週通っていたラーメン屋さんですからね
何週間も食べていないと、食べたい!ってすごく思うんですよ
ある種の禁断症状
麺屋真空という、辛麺のお店です
結構辛いんですが、慣れてしまうと辛いのが良い!って感じです
まぁ、辛さは調節出来るので苦手な人は控えめに出来ますしね
限定のメニュー「雪華」という全く辛くないどころか、むしろ滅茶苦茶甘いラーメンがあるんですが、それ以外は全部辛いです
一応、海というあさりのラーメンはさっぱりしていて、然程辛くないんですけどね
町田に来た時は是非…
まぁ、他のラーメン屋をほとんど知らないというのもあります
大勝軒に行こう行こうっていってまだ行ってないし…
真空がやってないと、何故かぎょうてん屋ラーメンだしね!
町田家はすげー腹減ってる時以外行っても仕方ない
他2,3件回ったけど特に思い入れはない
細麺は嫌いです

閑話休題

俺妹BDを買おうと思っていたんですが、延期みたいですね
なんで俺妹まで延期してるんだよ…
まどかだけじゃなく、俺妹もとか、どういう事なの…
そして、ラノベは我慢して5冊にしました
家にまだいっぱい溜まってんだよ!

・緋弾のアリアⅨ
・社会的に死んでも君を!2
・小説家の作り方
・百合×薔薇
・埋まったままDE宇宙戦争!


今回はハズレがなさそうです
というか、俺とファミ通文庫は物凄く相性がわるいのかもしれません
ファミ通文庫はちょいちょい買っているんですが、特に気に入ったものと言えば文学少女シリーズくらいなもので、他に面白いものがないんですよねー…
バカテスとかは買ってませんしね
シリーズ物は多分文学少女シリーズのみで、あとは全部新刊なんですが、どうも相性が悪い
全くつまらないというわけではないんですが、お気に入りになるものがないのも確か
今日読み終わったやつは…ね、うん、うん

やっぱりMF文庫Jが一番ですね
あそこはほんといいのが多い
新刊も面白いのが豊富で、俺が駄目だったのは「喰」くらいじゃないかな
ISもアニメは
シャルぶひいいいいいいいい
戦闘ゴミっすね^^;
って感じだけど、原作はまぁまぁ面白いんじゃないのかな?
2巻までしか読んでないけどね!
アニメイトはアニメ放送してから一斉になくなりましたからねぇ…

閑話休題

町田のBBCS2の対戦会であるはずのタイトーへ行ったらほとんど人がいなかったでござる
毎週金曜日対戦会って言ってるけど、やっぱり人集まらんよなぁ~…
カルルと対戦しまくってた
お互い同じくらいの強さでちょうどいいキャラ同士だったから結構楽しかった
途中からガー不がうざくなりすぎて諦めたけどね!
バクステもガードも出来ないからむかつく
ガードを何とかやろうとしても俺ごときには出来ないわけで…
投げれないのかなーと思ったけど、ジャンプもバクステも出来ないのに投げなんて出来るわけないね、うん
どうにかしないとあれはやばい
まじ作業ゲー
あと、カード持ってるくせにカード入れたり入れなかったりする奴は何なの?
よー分からん


そして、遂にペンタブのペン先を手に入れることに成功した
予備があと4本もあるから、osu!をやり放題だね!
やったねたえちゃん!

ラノベレビュー
魔よりも黒くワガママに魔法少女は夢をみる
ファミ通文庫より
著者;根木健太 イラスト:kino

あたしは望月瑠奈。魔法少女のアニメを観てる以外は普通の女の子。憧れの先輩もいたりして、それはもう完全完璧に普通の女子高生!だったはず……。「ボクと一緒に戦ってください」そう宣う馬(魔族)に会うまでは。「瑠奈さん、今日から『慟哭屍叫(デススクリーム)セレンディアナです!!』」こんな魔法少女かわいくねー!神魔の諍いなんてかんけーないっ。あたしの日常を返せ~~。
第12回えんため大賞特別賞のチョイ邪悪系マジカル・デス・コメディ!!
(裏表紙あらすじより――)


例によって、またあらすじを書くのが面倒だったために抽出しました。
何というか、書物というものはすべからく作者の自慰行為には違いないのですが、このラノベはドヤッ!っていう感じがプンプン臭って嫌なんですよね
普通の魔法少女とは違うんやで!ドヤッ!
って感じ
そういうのが、物凄く前面に押し出されているラノベです
ストーリーは主人公の少女が魔族側と契約をして魔法少女になる、逆の立場からの物語です
設定などはそこそこいいんじゃないのかなーとは思ったんですが、色々な作者の好きなモノをふんだんに無理矢理使った感が否めません
キャラクターも、どう見ても携帯小説に出てくるような典型的な主人公
最近女主人公の物語が多いし、面白いなーなんて思っていたんですが、これはちょっと雰囲気が携帯小説っぽいです
文章は一人称のはずなんですが、三人称なんだか一人称だかよく分からない描写があるので、これが携帯小説臭を漂わせる諸悪の根源
これがなければ…いや、ストーリーも結構厨二病と魔法少女と悪役メインとかなりゴチャマゼになってて、うまく融合しそうにみえて全くしてない感じ
設定は良かったと思いますが、詰め込んだなーという感じで後半はおいおいこんなんでいいのかよっていうレベル
うーん…もったいない

総評 41/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。