黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
先の予定が被ってる(調停少女サファイア1)
さて、大会申込をしなければ良かったと今物凄く感じてる黒紗夢です
なんといっても予定がかぶりすぎている
大会と部活の練習が被ってる時点でもうね…やばいよね
しかも、更に言うとバイトも研究と被ってるし、今まで予定は未定でその場で過ごしていた人間なので、予定がひたすらかぶりまくってるんですよね
良くないですねー

閑話休題

今日は部活の朝練
俺の振付をしてくれー!って言ったら、土曜日までに考えておくねと丁重に断られた為、手持ち無沙汰
あれ?まじで俺大会やばいんじゃね?
って思いながら、久しぶりに自分の練習をしたり、後輩を教えてたりしてた
早く大会終わらせて、後輩を教えるだけの作業を始めたいでござる
大会で大恥をかくかもしれないけど、どうせ人数少ないしな!
っていうか、まじでなんでみんなあんなにナルシストになれるのか不思議でしょうがない
すごいよね、スケートしてる人って
だって、私をみろー!って叫んでるようなもんじゃん
って思ったけど、アーティストだとか芸能人って全員そうだね
自己主張激しくなり…たくないから、いいや

で、大した練習もせずにα
  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;  αではお金がかからない・・
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙  
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  そんなふうに考えていた時期が
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f     俺にもありました
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!

Blacky:ガチろうぜ!
俺の入れたコイン:20枚以上

小川:ガチろうぜ!
俺の入れたコイン:10枚以上

…あれ…?
多分俺、今日2000円以上使ってるぞ…?
でもまぁ、おかげでやっと強い人と対戦できたという実感がもてましたね
今まではSランクでも、こいつ本当にSか?って思うくらい弱い人としかやってなかったせいで、自分の実力が相当下だという事に気がついた
もっとシステム使わにゃならんね
あ、あとそのせいでVPが2万くらい減りました
おかげでSランクですよ
SSがまた遠くなったでござる…
赤キツそうだなー
でも、赤取らないとダメだよね、うん
青1枚に対して赤が3枚
で、多分俺が行けるのが10店舗
取れるかなー
取れないかなー
でも、最強キャラだから、取りたいよね
今日検証して色々分かったし
カルラ1弱あるって言ってたけど、でも、立ちガード狙うの難しい気がしないでもない
2A>2Bで立つって不可能だろ…
2A>2A>2Bってやられたら終わりだし…
そこをどうするかだな
赤紙が来るのを待つ…まるで戦時中のよう…


ラノベレビュー
調停少女サファイア1
ファンタジア文庫より
著者:瀬尾つかさ イラスト:優木きら

世界の大忘却が起こってから4000年。最後の竜であるエオンと竜の調停者である少女サファイアは祖国を離れ度をしていた。サファイアはドジで方向音痴で一人では決して生活が出来なさそうな少女だが、膨大な本の知識を持っていた。エオンは弟のような存在で、自分はお姉ちゃんだと自負しているが、毎度エオンに助けられてばかりいる。そんな二人と月エルフの従者レミとともにケンタウロスの野営地ですこしばかりの旅の滞在をしていたが……彼は、ある大きな問題を抱えていた――。
彼女らと異種同士と神が点在する、新たなサガを紡ぐファンタジーストーリー。
本当に得たいものの為に、何をしますか――。


なのなの
もう、物凄く狙った主人公ですね
ドジっ娘で、語尾に~なのと毎回付けるという何というあからさまな属性っぷり
でも、設定は面白くて、どちらかと言えばギャップを楽しむラノベなのかな
キャラクターは、他のキャラの情報が大してなくて、そのまま字面で読んでねって感じなんで雰囲気しか掴めませんが、まぁ、普通と言ったところでしょうか
あまりにも主人公の属性が強すぎて他が霞んでしまうっていうのもあるかもしれません
狙いすぎてる、だが、可愛いから許す!とは二次元でしか許されない行為でしょう
こんなのリアルにいたらマッハでぶん殴っている事でしょう
そのくらいのキャラです
文章は3人称だけど、たまに分かりにくい
すんなり読めるかと思えば、たまに、あれっ?おっ?ってなって読み返して誰のどういう状況なのかというのが少し迷う場面があったのが残念
でも、他は普通で簡単な文章
なんか印象に残ったのが主人公だけだったなー…

総評 65/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。