FC2ブログ

黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
自分の力量を考えよう(回る回る運命の輪回る ―僕と新米運命工作員―)
さて、昨日の記事に訂正があることに気がついた黒紗夢です
書いた後に気が付いたんですが、やっぱり女装少年と男の娘では違いますね
これは同列にしてはいけないと思いました
あと、ショタロリも若干語弊があります
言葉って難しいね!

閑話休題

今日も今日とて予選です
2回戦でタイムアウトさんとか終わってるとか思ったけど、その前にたまねぇにブッパされて死んだ
. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: :大会での環強すぎだろ…
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

まじワンチャンキャラ強すぎてやばい
っていうか、俺が弱すぎてやばい
環戦はもっと前に出よう出ようって思っちゃいけないね
なんとか耐えて耐えて相手のジャンプを誘って殺さないとダメみたい
というか全体的にそうだよね
トウカって超強キャラだけど攻守をしっかり切り替えないと一気にもってかれる
俺が擦りすぎだっていうのもあるかもしれないけどさ
擦るのやめないとまじで勝てないなぁ~…
因みに、赤取ったのはタイムアウトさん
予想通りというか、まさか殿様が1回戦敗退だからね
一番トウカにとって辛いのがハクオロだったのに、ハクオロがいないと結構楽になる
モルガンも何故かJC起き攻めをやってこなくて、楽に勝ってた
今日の八王子はどう考えても穴場だったな…
明日はどこに行こうか本当に迷う
情報戦の開始やでぇ…

予選に行った以外他にやったことがないというね。本当ならば部活のHPを更新しようと思っていたんですがなかなか時間が取れません
正直、1,2時間もあれば修正出来るレベルなんですが、ついつい忘れてしまうんですよね
システム化しようかなーって考えてはいるんですが、技術が追いつかない
あとは、交流戦の結果ページのソースがゴミすぎてなんでこれに金を払っているのか分からないレベルの稚拙さなんですよね…
こんなページを生成出来る程度のものが売り物になると考えると、確かにネットシステムはボロい商売なんだなってつくづく思います


ラノベレビュー
回る回る運命の輪回る ―僕と新米運命工作員―
電撃文庫より
著者:波乃歌 イラスト:pun2

お菓子作りが得意な事以外、特にとりえもない主人公、野島浩平。しかし、とある出来事から浩平の日常は一変してしまう。そして、突然現われた謎の少女、ノアは運命を正す人間だと名乗り、浩平を師匠と崇めるようになって家に居ついてしまう。そうして、<イレギュラ>である浩平とソサエティの工作員ノアの歯車が動き出す……。
運命を切り開く、ディスティニーストーリー。
あなたの運命は本当に決まっていますか――。

とりあえず、ノアが可愛かったです
設定は何というかよく分かるような分からないような曖昧な感じで、運命が決まっているはずなのに、そこから外れている主人公がうんたらという運命説と言えばいいんでしょうかね
中身はあるはずなのに、何も読み取れませんでした
きっと私がバカなのでしょう
キャラは、ノアは可愛かった
他は…うん、一応出てきたけど、特に大していなかったので実質ノアと主人公の二人だけです
その分ノアの特徴がよく書かれていて、少しずつノアの性格だとか一般人とのズレというのがまして行って良かったです
文章は、一人称。
特に代わり映えのしない文章で、やや独白が多い感じでしたが、苦痛になるほどのこともない、丁寧な作りでした
ただ、物語全体が何というかぼんやりしていて、結局何を伝えたかったのか、何をしたかったのかというのが全く分かりませんでした
一応ストーリーの方向性としての事件はあったんですが、でも結局なぁなぁに終わってしまった印象があります
でっていう状態
点と点でしか物語が紡がれていなくて、不連続で線になっていませんでした

総評 58/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.