黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
運の手に入れ方(烙印の紋章Ⅸ 征野に竜の慟哭吹きすさぶ)
さて、今日のネタではないネタが豊富な黒紗夢です
いやー…今日は一日中バイトでしたからね
あんまりネタはないんです

ということで、今日は一日バイト
あえて多くのコメントはしませんが、今日の現場は今までで一番最悪だったような気がします
どれほど移動させられた事か…
暑いわ、面倒だわでもう…
しかしまぁ、慣れている作業もあったのでそれはそれで良かったです

閑話休題

家に届いたハガキは大抵気にしないんですが、今回届いたハガキは驚きました

サイン会の抽選に当選されました。

な…んだと…!?
最近、電撃文庫の定期購読を始めたんですが、たまたま見たメールに電撃文庫秋の祭典2011の事が書かれていて、試しに応募したんですよね
3通ほど
…まさか当たっているとは…
因みに、入間人間×ブリキ×左
のサイン会です
いやー…嬉しいですね
他のサイン会にも応募をしていたんですが、他は全て落選でした
因みに、落選通知のメール2つは確認したんですが、当選したメールアドレスが分からないというね
多分私の本アドレスだとは思うんですが…
もし本アドレスなら、登録しているアドレスの方が当たりやすいのかなと邪推しました
ま、既に本アドレスは全てメール削除してるんで、分かりませんが…
個人的には著者は杉井光の方が嬉しかったんですが、こちらは絵師が素晴らしいんでね
いや、あっちも岸田メルだけど…
要するに、どっちも私にとっては嬉しい事なので当たれば儲けもんなわけです
さて…この日はついでに他のものも買おうかな…

で、部活の話
私…多分、威厳あるよ…ね…?
という自信のない話ではあるんですが、一応尊敬している子もいるみたいなので、きっと大丈夫だと信じてます
あ、あと黒紗夢と呼ばれているのが嘘だと思っている人が多いかもしれませんが、真実です
部色紙



お分かりいただけただろうか?
大半の文は消しました
流石に、ね
ですが、まぁ、ちゃんと黒紗夢です
そのせいで、この日記の事がバレているんですけどね!!11
私は基本的に有形の物はあまり好まないんですが、やはりこういう物をもらって嬉しくないはずはありません
言葉は有形であり無形でもありますし、有相無相のものとして捉えるとなかなかに素晴らしいものへと昇華します
あと、因みに隠れていない文は、誰か分かりませんが金紗夢日記とかかれてあり、私のナルシスト的な事が書いてありました
どういうことなの…
私は、どうやらナルシストらしいです
こんな容姿なのにおかしいな…
むしろ、ナルシストだったらもっとスケートを最初から真面目にやっているんじゃないかな…
それとも、この日記を書いている事自体がナルシストなのかな…
思えばこの日記を書き続けて既に5年です
どんだけ無駄な事が書いてあるのでしょう
ろくな事が書いてありません
出だしからゴミですからね
何かと色々なものに挑戦して失敗している気がします
アクセス数を伸ばすつもりはありませんが、それでも近況報告を含めて書いているつもりです
近況報告で思い出しましたが、まだ旧友にメールしてませんでした…
ごめんね…後でメールするわ…
合格したのにすっかり忘れてた…

何の話でしたっけ
部活?
まぁ、うん、ぼっちだけどそれなりにやってます
正直今でも、今の幹部の処遇については納得をしていませんが、早めに手を打ってくれるのならば我慢するしかないのでしょう
因みに、私はこの部活にいながらにして、第三者だったりします
いるんだけど、いないみたいな、存在が薄いようでいて、実は濃いとかそんな感じの量子的な存在かもしれません

…結局何を書こうとしたのか思い出せず終いですが、まぁ、どうでもいいか!
私は愚者です


ラノベ感想
烙印の紋章Ⅸ 征野に竜の慟哭吹きすさぶ
電撃文庫より
著者:杉原智則 イラスト:

いやー…相変わらず面白い
今回は更に分岐点が増えていよいよ佳境に迫ってきたという感じです
このラノベは少々複雑に書かれているんですが、しっかり丁寧に読んでいくと、これほど面白いものはないと感じさせられます
登場人物は多いし、伏線やら国の名前もたくさん出てきて覚えていないとこれなんだっけ?という感じになりますが、一旦のめり込むと熱い展開が多くて本当に面白いです
相変わらずヒロインが空気すぎて悲しいんですが、もうちょっとヒロイン出して欲しいかな
そろそろ次巻では何か行動起こして欲しいかな
今回の戦いは今までとは全く異なる戦いであり、それでもやはり実力以上の運否天賦を持ち合わせた戦闘を繰り広げられていて非常に読んでいて先の読めない展開でした
そして、ラスト…
まじでやばい
これは本気でやばいと思いました
結構ショックです
が、ある意味仕方のない事でしょう

まじでこれゲームかアニメ化してくれないかな
絶対面白いと思う
間違いない

一言:何すれぞ信じるものはありきかな
総評 92/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。