黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
越えられないもの(とある飛空士の夜想曲<下>)
さて、もう今日は延々ととある飛空士について語りたい黒紗夢です
そのくらいに、やばい
本当にやられたわ
ここまで私の心に刻まれるとは思いませんでした
まじでこの話良すぎだろ
私の語彙力ではなかなか伝えられる事が出来ないのですが、間違いなくNo1ラノベ
戦争とロマンと愛が混ざり合った人間の集大成です
戦争は悪です
ですが、戦闘は神話級の素晴らしさだと思います
戦争が科学を発展させる
きっとそうでしょう
でも、戦争時の人間の心はもっと発達するでしょう
もちろん、全員が全員というわけではないはずです
それに、これはあくまでもフィクションでの話なので、本当かどうかは分かりません
がしかし、この小説からはそう感じ取れます
そもそもこの飛空士シリーズの主人公は、エースパイロット、皇子、エースパイロットなわけですが、一人一人が本当にすごい
まず戦いが熱い
熱すぎて興奮します
それに、空戦なんでね、憧れの空と、そして、戦友との……
本当にいい作品です
どのシリーズも恋の成り行きもとても重要で、そして、それぞれの女性がとても強いです
主人公も弱いけれども強くて、女性は本当に強い
もう感嘆の念しか出てきません
ここまで激しい戦いと恋はあるだろうか?

本当に、是非とも飛空士シリーズは皆さんに読んでもらいたいですね
映画は不安なので、見なくてもいいですが、小説は本当に見て欲しい
感情が揺り動かされる


…さて、流石にこれだけしかかかないのはあれなんで、適当に日常
部活やった
朝練やった
お昼を後輩と食べた
色々話聞けた
今の部活の問題児をちゃんとどうにかしろって言った
あとどうなるかしらん

アニメイト行った
気が付いたらラノベ9冊購入してた
MFの新刊は1冊以外全部購入だった
積んであるラノベが43冊になった

溝の口定例大会行った
アクアパッツァ大して面白くないからRbと弐寺やった
TERRAと猫叉とゼクトバッハで満足した

歯医者にも行ったんだった
麻酔は普通心臓が痛まないって初めて知った
ずーっと昔から麻酔すると心臓が苦しくなるから、そういうもんだと思ってた
割と苦しくて心臓の形がはっきり分かるから、気をつけた方がいいのかもしれない
親知らずの歯肉が痛いから行ったのに、虫歯が多いって怒られた
治さないとだね

現実はつまらないね


ラノベ感想
とある飛空士への夜想曲<下>
ガガガ文庫より
著者:犬村小六 イラスト:森沢晴行

上記にも結構書きましたが、本当に素晴らしい作品です
筆舌に尽くしがたい震えを感じます
ありがとう

総評 98/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。