黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
嫌われてもきっと…(魔弾の王と戦姫2)
さて、教授に言われて午前中から必死にプログラムだった黒紗夢です
とはいっても、午前中はひたすら機械に嫌われて全く作業は進みませんでしたがね!

やはり、経験不足が顕著でした
やり方が若干ながら間違っていて、それのせいでひたすらエラーが吐き出されてさぁ困った
そうして現実逃避の為、もとい昨日の失態を拭い去るために後輩と昼飯
決して研究室にいたもう一人と一緒に御飯が食べたくなかったわけではありません
いやー…残念でしたね、ハッハッハッ…
はい、私は苦手です
嫌いではないんですが、空気のよめなさがLV.MAXなので会話が出来ない
EKさんと違って、うざい自慢話だとかクソみたいな話をしないので、嫌いではないんですが、謎の発言を多々してくるので苦手です
どう拾えばいいのか、つい突っ込みを入れてもまるで自分が滑ったかのような空気になるというこのやばさ
扱いが難しすぎる…

閑話休題

10代の若さを吸収しながら食事
こんな大人数で食べたことない気がするなー
私の同期も一年の頃集まっていたのかもしれませんが、まぁ、私は知りません
みんなキャピキャピしてるなーと老人じみた事を考えてました
そして、研究室に戻り
大分進んだんですが、気が付いたら大分時間が経過している
とりあえず、動作する…というところまではかこつけたものの、あまりにもずさんすぎる
まず手動制御が多すぎる
それを、全て自動制御にして、自分で編集しやすいようにしなければならない
加えて、文章が消えないことに今更ながらに気がついてそれを直さなければならない
それを明日までにやらなければいけない
…無理じゃね?
何というか、普通のC#ならすぐ出来るんですよ
というか、一瞬なんですよ
でも、その使っているDLLの中にそういう機能の関数がないんです
まだ私が見つけていないという可能性が一番高いので何も言えないんですが、それを見つけなければならない
っていうか絶対あるだろレベルのものなんですがね
きっと大丈夫…だろう

で、まどか買って、適当にゲーセンであばばして、最後のアクアパッツァの大会サボって帰宅
すっかり忘れてたよ…
家帰ってからも、ひたすらプログラミング…
と言いつつ、若干サーフィンしたけど、致し方ない
ネトゲはクエを10分だけやって終了
本当は5分で終わらせたかったけど、相手が上手すぎたし、自分の戦略ミスだったからしょうがない

因みに、家でも研究は出来るんですが、何故か研究室にひたすら行くように指令が出ました
謎である
みんながサボりすぎてるからだね!どう考えても!
それで今週の私はキツキツなんですけどね!
とんだとばっちりです!
え?とばっちりじゃない?…うん、そうか…


ラノベ感想
魔弾の王と戦姫2
MF文庫Jより
著者:川口士 イラスト:よし☆ヲ

何故かはよく分からないんですが、このラノベには何か惹かれるものがあります
設定やら状況やらというのが、色々なラノベが合わさった感じなんですが、面白い
というか、私の好きな烙印の付く二つのラノベの設定を混ぜあわせた感じの設定だからかもしれません
違うといえば違うんですが、なんとなく雰囲気が…という事です
戦争をしているんだか、ラブコメをしているんだか、よく分かりませんが、きっとラブコメ主体でしょう
どう見てもラブコメ主体ですね
戦争とかラブコメへの前座
でも、きっとこいつ偉くなるんだろ…
意外と楽しめます

一言:おっぱい小さい子マダー?
総評 72/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。