黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
未来は閉ざされた(修羅場な俺と乙女禁猟区、俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる3)
さて、面倒な事が始まってしまった黒紗夢です
今更ながらに、研究テーマを決めよう的な事が始まりました
あと2ヶ月もないんだぜ…?

閑話休題

とりあえず、朝から整骨院へ行って来ました
インナーマッスルを痛めたようです
まじふぁっく
筋トレが出来ない=太る
やばいっすね

そして、学校
教授に色々言われました
これやりたい!これやろうぜ!
……なるほど、私は別の研究室用のテーマを題材にしているようなもんですね
しかし、よーく考えてみると、ちょっとしたゲームを作るような内容なんですよ
C#でゲーム作るか!的なノリでいけば…何とか……ならないなー
やりますけどね、やりますともね
しかも、今日は何故か教授が熱心でフィットネスには行けませんでした
なんだか私個人はダメダメで、ロボット班自体は多分大丈夫なんですが、他の班は危ないそうです
どうなることやら…

っていうか、やっとプログラミングの勉強っすね
しにてーっす

そして、タイトルがものすごく長い通りラノベ強化月間的なよく分からないものに入ろうかななんて思っています
最近ずっとラノベを詰んでいる状態で、これは流石にまずい
いくらラノベ厨だと言っても詰んでいるだなんて言語道断だと思いませんか?
まだ読んでいないラノベは約45冊
一日2冊読んだとしても一ヶ月は少なくともかかるという状態
更に言えば、10日には電撃文庫を9冊購入
というか、今月は大体27冊購入予定
つまり、45冊の上に27冊が載るわけですよ
約60冊ということは、12月までかかるわけです
12月のラノベを除いたとしても、です
……今年はずーっと2冊ずつ最低読んで、来年もそのくらい読まないといけないわけです
厳しいなー
ゲームアニメ勢だと思っていたのに、いつのまにやらラノベ勢ですよ
意味が分からない…


ラノベレビュー
修羅場な俺と乙女禁猟区
ファミ通文庫より
著者:田代裕彦 イラスト:笹森トモエ

転校生が1,2人現れるのはよくある事だ。でも、同じ日に5人も同時に転校してくるなんてことを体験した人間はおそらくほとんどいないだろう。しかも、粒揃いのタイプが違う美少女達。極めつけは、その5人全員がこの俺、遠々原節の婚約者候補だった。世界に名を成す大財閥のクソ親爺、十慈郎が選んできた娘達で「この娘たちは、お前のことを殺したいほど憎んでいる」なんてのた打ち回りやがった! ただし、この中には一人だけ俺の事を愛している娘もいるらしく、その子を選べば破滅を逃れられるみたいだが……。彼女たちの求愛は、ところ構わず繰り広げられ理性も日常も保つだけでも精一杯?! 魅惑のデッド・エンド・ハーレム開演!

意外と面白い
結構修羅場とか書かれるとろくでもない内容のものばかりなんですが、これは意外と主人公は理性的な面と、感情的な面の両方を持ち合わせたいい主人公でした
キャラも可愛いというか、笹森トモエの絵が可愛いんじゃないかってこれを見て思いました
ただ、これで完結的な雰囲気が怖いです
ネタには既に詰まりそうですが、続編を書いても面白い気がします
メイドもいいキャラですし、誰が本命なのかが気になります
個人的に一番好きなのは乙音ちゃん
無口で大人しいけど、意外と積極的な子って良いですよね
続いて欲しいなー


一言:虹の虹批判って滑稽だよね
総評 78/100

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる3
GA文庫より
著者:裕時悠示 イラスト:るろお

打って変わってこっちの主人公はなかなかにラノベらしい主人公
鈍感を地でいき、訳のわからない言い訳を羅列して逃げ続けている主人公
そろそろ展開を進めてもいい気がするんですが、まだまだ進みそうにありませんね
というか、告白をされたのにそのままっていうのは一体どういうことなんでしょうかね?
その後何もないというのもありえないような……
ただただハーレムを形成していくだけですね、はい
滅茶苦茶これ推されてますが、ブヒアニメには簡単に出来そうですが、そこまで面白くはないような…
ヒロインはいいんですがね、ヒロインは
ストーリーは主人公のせいで陳腐です
しかも、どうせ親友はどこかのはがないと同じ気がしてなりません
なんだろうな、これ…

一言:幼稚園の時って…
総評 68/100(ヒロインのみ 85/100)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。