黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
今日を生きる(魔法戦争)
さて、色々初体験だったような黒紗夢です
正直もう一生行かないようなところですがね…

ということで、部活が終わってから新宿へ行ってきました
新人戦で後輩が購入するとあるものを買うというので、ちょっと見てみたいなーという感じで暇だったので付いて行きました
そして辿り着く
大人のおもちゃ屋さん
……なんというか驚きでした
あんな小道具があんなに高いとは思いませんでした
意味が分からん…
そして、チープでネタ的なワイフさんが欲しかったんですが、どうやら最近はチープな出来のものは生産中止らしいです
ギャグとして需要は結構あったらしいんですが、どうもそこまで売れないらしくて生産中止になってしまったようです
マジ残念
そうして、どれが一番チープかを吟味……しゃべってたら30分以上店にいて怒られました
狭い店内でお前ら喋り合ってんじゃねーよというニュアンスでした
まぁね、こんな店でこれネタだろとか煽りながらいたんじゃそりゃ営業妨害ですよね…

そして、悩んだ挙句一番しょぼいのを購入して、購入した後輩が帰宅後他の後輩と合流

その後秋葉で買い物
なんというか後輩と行くのは新鮮でした
まさか後輩とこんなところに行くとは思いもよりませんでした
後輩の目的のフィギュアを探す為に2時間程歩いてました
いやー…基本的に私はグッズ系はアニメイト、秋葉で他の用事があるとすればPCパーツだけなので、色々なお店に回れて楽しかったです
因みに、目的のものはラジ館2Fにありました
最初から1Fだけじゃなく2Fに行っていれば……ま、こういうのも面白いかもしれません
女の子達のウィンドウショッピングのようなものでしょうか
色々な商品が見れると楽しいです
何回も行くと飽きるでしょうがね…
で、プライズで9k使ったのにも関わらず取れなかったものが、お店で0.6k
セットしかなかったんですが、それでも3k
…プライズ景品は確実に欲しいなら、お店で買った方がいいかもしれませんねー

私はアニメイトでラノベ10冊購入してお金が尽きる
…何故手持ち金が全てなくなるのか意味が分からない…

あ、因みに今日の飯は相当偏ってました
朝:メロンパン
昼:鷹虎(麺屋武蔵)
夜:巌虎(麺屋武蔵)

……昼と夜一緒じゃね?
味は全然違うんですが、こってりラーメンラーメンというコンボ
素晴らしいっす
しかし、本当にいい後輩が入ってくれましたね
そいつはラノベマンガアニメ勢なんですが、ラノベ勢が周りにいなかったので結構新鮮です
しかも同じ理系だし、スケート上手いし…
こいつ…っ化け物か…っ!

ラノベレビュー
魔法戦争
MF文庫Jより
著者:スズキヒサシ イラスト:瑠奈璃亜

学校では真面目で友達も多く、剣道部にも通っているが、家では、空気のように過ごしている高校生、七瀬武。そんな彼は、とある事情によって幼馴染、五十島くるみと嘘の恋人関係を築いていた。しかし、ある日武はかすかな声を頼りに進んでいくと校内で見たことのない制服を着た美少女、相羽六が倒れているのを発見してしまった。彼女は、自称魔法使いらしく、普通の一般人であった武も巻き込まれてしまう事になり……魔法使いになってしまう。2つに分かれた世界でいくつもの精神が交差する! 現代・本格ラブアクション開幕!

二日連続で瑠奈璃亜ラノベ
今回は完全にプロローグでした
でも、導入としては今後が結構気になるようないくつもの伏線があったので結構楽しみです
魔法の設定がいまいち曖昧な気がしたんですが、そういうのは一切無視した方がいいのかもしれません
魔法については深く考えずに戦闘を見ていると楽しいかもしれません
ヒロインにそこまで焦点が当てられていない為、そこまで深くは分からないんですがダブルヒロインとしてはなかなかいい展開
私は割と六の方が好きなので、個人的には六とくっついて欲しいんですが、くるみのもう少し心理や心情が描写されたらどうなるか分かりません
まだまだ六の過去にしか触れられていないのでね、次に期待です
文章は一人称視点で、状況説明の方が多い印象です
そのおかげで、戦闘も日常も分かりやすく描かれているので、物語を見やすいです
主人公も嫌いなタイプじゃないのが○
弟がこれからどうなっていくのか、予想通りになるのか、それとも関係ないのか…楽しめそうです

一言:魔法使いは25歳まで
総評 78/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。