黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
気がつくと消えるもの(パラダイスレジデンス)
さて、寝不足な黒紗夢です
当たり前ですが全部私のせいなので、ただただ眠いというそれだけでした
とか言いながら、既に深夜4時をすぎているんですが、気にしたら負けです

ということで、朝部活
もうどうやって休もうか悩ましいくらいに最悪な状態でした
寝不足で気持ち悪いわ頭痛いわで最悪ですよ
ほんともうこれ休めるんじゃねーかなーとかひたすら葛藤してました
結局行ったんですがね
あと来週で最後だし、休むのってなんだか負けた気がしますしね!
で、テンション0の状態で部活

起床してから3,4時間経てば流石に体調は戻ってくるもので、そのあとはステーキをみんなで食べに行きました
……正直、ステーキ以外を食べるべきでしたがこの時はそんなこと微塵も予想出来ません
晩飯もステーキとか…どんだけ肉盛りだくさんなんだよ…

閑話休題

その後、ミカド行ったら誰もいなかったので、仕方なくRbとガンエクをやりにいこうとしたら、何故かゲーセンにいる部員達
そして一緒に何かをやるという作業
まさかのスト2対戦
波動拳と竜巻旋風脚を打つ作業
近づいてきたら昇龍拳の作業
…初心者に何をやっているんでしょう

そして太達をやったりよく分からない謎の小さい子向けのカートレースに興じて、ガンエクをやりました
ガンエク人INEEEEEEEEEEEE
ほんともう最悪です
あばばばばってレベルです
早く家でやりたい
もうこれしか言えない
でも、錬金術師ではないのでね、我慢するしか方法はないんですよ…

金がないって言いながらラノベは買ってます
今日は10冊買いました
全部電撃文庫が悪いんです
電撃文庫が新刊を沢山出すのがいけないんです
新刊が出たら買うしかないじゃないですか
たとえまだ積んである続刊があったって、買うしかないじゃないですか
それはもうしょうがないいんです
運命です
デスティニー


で、帰宅してからはネトゲしながら他の作業といういつものループ
最近ふと思いました
ネトゲやらなければ、もっと違う作業出来るのではないか…と
ということで、今日は趣向を変えてレア狙いの気ままなダンジョンマッチングに登録して待つだけ…のはずだったんです
今日は休日です
マッチするマッチする
結局5回くらい行って、計3,4時間は潰しました
終わってるー

. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: :アイテムも出ないし、時間無駄にしただけやん…
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

もうね、でもね、これで行きますよ
どうせ後LV4あげたらキャップなんです
そしたら装備のレベルを上げる作業をするしかないわけで、それはもう課金でしか出来ないわけで…
うん、ゆっくりやろう
何だかんだでまだギルド入っていませんしねー

…資料つくろ

ラノベレビュー
パラダイスレジデンス1
講談社ラノベ文庫より
著者:野梨原花南 原作・イラスト:藤島康介

山の上にあり、電波も届かないような橘花学園第一寮。そこの寮生として高校に入学をしてきた三沢寿々花は新たな環境に不安を感じていた。そして、入寮ガイダンスが始まってから堂々と遅刻してきた同じ新入生の小鳥遊初音はなんと寿々花とルームメイトらしく……。女学生達が彩る、新たな門出に期待と不安を胸に抱いて送る、少女達の出会いを描いた学園ストーリー。
胸のうちに何を抱きますか――。


最初表紙を見た時は、どこの90年代のものかと思いました
でも、中身は現代でした
結構衝撃でした
ストーリーも話の展開もどちらかと言えば、90年代っぽい古めかしい感じだったのでこれが現代の話なのかーと思うと少しだけ違和感がありました
でも、結局どの時代も然程女学生には変化がないのかもしれませんね
まったりと一日を描いていくので、時の進みは非常に遅いんですが、それでも濃密です
一日というのはこんなにも多彩なんだなと思わざるを得なくなる、不思議な感覚です
寮なので男は一切出て来ませんし、更に言うとすごい事件らしい事件もないんですが、話に飽きはあまり来ませんでした
ぽんぽん場面転換されながらも、一刻一刻が丁寧に描かれている為とても楽しいです
ただ、たまに文章がこれどっちの気持ちなんだろうと思わず見返してしまう部分もあります
一人称視点ではあるようですが、たまに違う視点になったり、その前の文章で指示された人物の独白がその後に続いたりとちょっと前後をはっきりと読まなと分かりません
それが若干読みづらくて面倒だったんですが、ストーリーは丁寧でした
でも何があるの?って言われると、何も無いね、と答えるしかありません
所謂日常系です

一言:野生の展開が分からん
総評 66/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。