黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
そんな歳ではない(おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!2)
さて、色々とグダった黒紗夢です
いやー…本当ならば墓参りとかをしなければならなかったんですが、起きた時間が起きた時間ですからね
1時半に起きて、まったりとしていたらそんな時間はなくなってしまいました

一応出来るには出来たんですが、日の入り時刻だったのでやめました
あれ…
そういえば一回もまだ墓参りしてないぞ…?
他の兄弟は一度だけちゃんとしているというか、四十九日くらいにした気がするんですが、私は車酔いをしたためにやっておりません
新年になってからやった方がいいかなぁとも思ったんですが、色々錯綜して結局取りやめ

そのまま時間を潰す為に渋谷のタイトーでガンエクやってました
やっぱり、アーケードの方がやりやすいと言えばやりやすいんですが…
ボタン配置が分からない!

X1以外は全部家庭用デビューなので、配置が分からないんですよね
アケコンとコントローラーでは全然違うし、私はボタンの配置がどれが何というのは覚えていません
すべて指先で覚えています
でもそろそろチャージを使いたいのでまた変えると思いますがね…
覚えるのが面倒すぎる

閑話休題

やっぱりアーケードの方が強いですね
私は大分地雷と化してました
そこまで地雷ではないんですが、連携が取れない事取れない事
あと、マップをついつい見忘れてしまいます
そのせいで味方と分断されたり、味方の動きが分からなかったりと散々でした
これが家庭用勢の雑魚さか…
というよりも、シャッフルが改めて厳しいなぁというのを痛感しました
連携が全然取れない
まぁ、一人滅茶苦茶強い人がいたっていうのもありますがね
赤枠も強いですよねー
最近の課題は、赤枠・隠者・古本・ギスの4体をどう処理していこうかという事です
隠者は相当下手ではない限り無視してきたんですが、流石にそれではまずいですよねー
でも対処法が全然分からない…

で、6時10分前に錦糸町だったのに、時計を見たら5時半
急いで経路検索をしたら34分にのらないと51分に到着しない…
2分でタイトーから半蔵門線に乗りました
頑張ったと思います
※駆け込み乗車はやめましょう

その後伯母さんと従姉に会って日本料理食って糸冬
日本料理屋なのに、刺身よりもローストビーフのほうが美味しいという謎の店
ホテルの最上階なのになぜ…
そんなことを思いながらお土産もらって満足
ちょうど干支が龍なので、なかなかに格好良いです
干支が龍って良いですよね
私は好きです

家に帰る途中、ハイパー眠いタイムに入ったのでうつらうつらしてました
でも何故か家では朝方までネトゲをやっていました
意味が分からない
眠いって言ってるのにもかかわらず、気がついたら…です
どうしようもないですね
こんなことならうのとガンエクでもやれば良かった…

ラノベレビュー
おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!2
ファンタジア文庫より
著者:村上凛 イラスト:あなぽん

こういう他人に協力をしているうちに好きになるというのは定番中の定番なんですが、面白いです
王道には王道たる所以があるわけですね
キャラも可愛いし、まだまだヒロイン以外そこまで深く関わってきてはいないんですが、徐々に交友が広まって繋がっていくのを見ているととても楽しいです
主人公はどうしようもないセンスのオタですが、ちゃんと常識はあったりするので、それは好印象です
まぁ、それのおかげで周りの子からも印象がいいわけなんですがね…
今回はやっと好きな人とちょっと関わるようになってきて、新キャラも出てくるわ妹もどうせあれなんだろ的だしで、どんどんハーレムが築かれています
怖いですねー
前似たような作品は3,4巻で確か終わったんですがこれはまだまだ終わりそうにありません
あなぽんの絵が可愛いから続いて欲しいですので、そういう意味では嬉しいです
あとは主人公の性格がもっと良くなっていけば最高です
文章は簡単なので、特にありません

一言:ロリはよう
総評 78/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。