黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
コミケ休息日(四人の魔女とエメラルドのキス)
さて、寝る作業しかしていない黒紗夢です
今日は本当に何もしていません

しいて言うならば、朝の8時くらいまでガンエクをやっていた事でしょうか
そのくらいしかありません
その後、15時くらいに目が覚めてご飯を食べてガンエクをやってから待ち合わせ場所へ…

夕方遅くに国際展示場駅に到着
……国際展示場が近い家って羨ましいですね
半年に一度は思ってしまうかもしれません
ここが近くとかどんだけ良い立地なんだよ…と
日常では遠すぎてここは嫌ですがね!

そして、大学のやつと合流して知人にも合流してからご飯を買ったりする作業
その後はずーっとしゃべってグダグダしてました
やることがないと割と暇になりますよね
一人の時はラノベ読んでいればいいんですが、人数が多いとどうしようかなーと悩んだりします
とか言いながら、トランプして遊んでいましたがね
3人でトランプをするときに、大富豪をやったんですよ
でも、3人だと革命やら階段やらばかりで面白くないじゃないですか
そういう理由で適当に枚数抜いてからやろうぜ!という追加ルールをつけてやってました
これが意外と面白い
毎回抜く枚数は適当なので、何が抜けているのかが分かりません
しかも、何故かジョーカーが2枚になることがないという謎の確率でカードが抜かれていました
ひょっとしたら、元々ジョーカーは1枚だったのかもしれません
が、3人でやる時は少ない枚数で大富豪をやるのがいいですね
結構面白いです
相手がどういう札残り持っているのかというのがあまり予想つかないので、最後まで悩めます
とか言いながら、私は一度も貧民にはならなかったんですがね
周りが勝手に自爆してくれるって最高だね!

そんなこんなで夜明けまでずっと3人で遊んでました
……この日にコミケへ行っていれば、企業に行けたのに私は一体何をやっていたんでしょうか

ラノベレビュー
四人の魔女とエメラルドのキス
MF文庫Jより
著者:石川ユウヤ イラスト:みついまな

見た目だけ美少女、中身は天然と言うかちょっと過激なクラスメイトの火澪沙耶によって監禁されていた緒伏麻琴。「冬姉に近づかないで!」という彼女の剣幕は並々ならぬものであったが、麻琴は誰のことなのかがさっぱり分からない。ここ一月の間ぼーっとしたりして記憶が薄かった麻琴は、最強と謳われる力<リゾーマタ>が自分に授けられている事を知り、更に記憶が徐々に蘇ってくる。そして、「火の棒」を操る魔女・沙耶と共に冬莉先輩の手がかりを探すことになるが……二人の魔女が行く手を塞いできた! 少年と少女が思いを繋ぐ、学園バトルファンタジア開幕!
自分の本当の心はどこですか――。


設定としてはなかなか面白いですし、きっちり登場人物達だけで動かしているので良かったです
分かりやすい展開ではありましたが、丁寧に描かれていていい展開でした
ただ、帯の文章とかあんまり関係ないよねとか思わざるを得ません
関係あるにはあるんですが、中身にさしていらないんじゃないかな…という感じのもの
文章は一人称で、主人公がひたすら状況を説明してくれます
ただ、状況説明が結構断定で何とかだった。何とかいるという感じなのでちょっとあっさりしすぎな気がしました
もうちょっと色々表現を変えてくれたほうが、読み応えがありましたね
そんなただ一つの状況を書かれたからといってそこからは事実しか読み取れないので、面白味に欠けるんですよね
遠回しに書くと言うよりもそこから何を得られるのかがもっと欲しかったです
ヒロインは、ヤンデレツンデレ妹その他色々テンプレート的な記号化されたものが多いんですが、そういう方が分かりやすいですね
とはいっても、性格きっちりしてるけど、そんな終わりと性格のままでいいの?という感じでした
何か物足りない
そんな感じ

一言:好きなキャラがいない
総評 59/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。