黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
走り損(いもうとコンプレックス! -IC-)
さて、今日卒論を提出するはずだった黒紗夢です
あれ…おかしいな…?
提出してないな…

学務が17時に閉まるんですが、私が研究室を出たのが16:58
研究室は5Fにあります
エレベーターが何故か全て他の階で稼働中でなかなか来ない!
仕方がないので、全力疾走で階段を駆け下りました

結果

間に合いませんでした


. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: :折角走ったのに意味がねーじゃん…
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

学務は00秒になった瞬間閉まって完全に受付されないという半端じゃない事務作業
いや…事務だから仕方ないですがね…
提出出来なかったので、卒論の見直しをしました
まぁ、提出しなかったおかげで最後急いで書いた適当な文章を直すことが出来たんですがね
日本語がおかしいところとかもあったので、出さなくて正解でした
また月曜日に出さないといけない面倒はありますが、結果オーライでしょう
走ったのは完全に無駄だったんですがね…
走る前に別の教授に会って

「今から行ってももう無理やで。諦めーや」

とか関西人の人に言われて、更に学務から帰る時にも出会ってしまいました
明らかに、だから無理だって言っただろ的なオーラを出してました
ほんとうにもう…えぇ…
訂正に何時間もかかったのがいけないんですけどね
一度全部見なおしたんですが、しっかりと見ると結構変な所が多く、そのせいで2時間経っても修正が終わらないクソっぷり
私がもっと早くに行っていればよかったのかな…
なにせ私が行った時間は2時なんですが、それまで何も卒論は触れていないという素晴らしい待ちっぷり

結局学校を出たのは8時過ぎですしね
まぁ、私は6時には既にフリーになっていて、一人がプログラム修正していただけなんですけどね!
……あれ?
自分のプログラム完成させてないな…
まぁ、いいか…
いつか教授に見せないといけないのを考えるとやばいですね
クソみたいなプログラムですから、間違いなく何か言われる
卒業出来るかなぁ…


ゲーセンでサウンドボルテックスやってたけど、若干飽きてきた
曲少なすぎ
VOCALOID多すぎ
コンマイもっとやる気出せ

家に帰ってからは、うのとガンエク
勝っても最高+12とかで、負けたら最低-32という素晴らしいライン
アベレージは勝って+5、負けたら-15くらいある気がする
酷過ぎる…
あまりにも理不尽すぎて涙が出ちゃいますね
大尉と対戦したいけれども、なかなか大尉とは当たらない
というか、中尉とすら全然当たらない
ランクマ仕事しろ
まぁ、私の機体もなかなか仕事をしない時はしないんですがね…
もっと安定させたいなー

で、コンの結婚式マダー?(・∀・ )っ/凵 ⌒☆チンチン

ラノベレビュー
いもうとコンプレックス! -IC-
ファンタジア文庫より
第23回ファンタジア大賞<銀賞>
著者:稲葉洋樹 イラスト:代官山ゑびす

この世で一番妹の佳奈美を愛している超シスコン高校生・早川大吾。中学時代では孤独に過ごしていた妹に、楽しい高校生活を送ってもらう為に、副生徒会長として入学式にあるサプライズをすることにした。しかし、それで妹に友達が出来るかどうかは別で……。幼なじみや金髪美少女を怒濤のトラブルに巻き込みながら、妹のとある秘密を解決しようとする大吾。妹の為なら世界を敵に回しても怖くない! 新たなる妹エンターテイメント、出現!

妹大好きな人が楽しめるのかと思ったらそうでもありませんでした
いや、確かに妹萌えで最高なんですが、結構他のキャラにもスポットが当てられているので、金髪だったり幼なじみが好きだったりする人も楽しめます
完全に、ハーレム系のラブコメ要素たっぷりの展開で、ある意味ベタベタです
主人公は超鈍感ですし、周りは勿論主人公の事を…という状態
だからこそ、ストーリーが進むというものですが、そこに妹の症状を加えたり、よく分からないキャラをつけたりとキャラがとても映えています
文章は、三人称視点だったり、一人称視点だったりとよく分からなくなりますが、一応前の文にかかっている事が多いので、それさえ理解出来れば分かりやすいです
主人公がひたすら妹愛に溢れている文章が滲みでてきているので、妹大好きな人にとっては良いラノベでしょう
正直、もうちょっと妹分欲しかったですけどね!
展開の最後は酷いくらいの超展開でしたし…
でも、納得の銀賞

一言:妹挿絵もっと…っていうか神の挿絵は?
総評 70/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。