FC2ブログ

黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
スノボ旅行最終日
さて、完全に風邪を引いた黒紗夢です
まぁね、そりゃ風邪を引きますよ

なんといっても、石油ストーブしかない上に、防寒がほとんどなされていないロッヂですから、そりゃ…ねぇ…?
という感じです
案の定という感じです

そしてさらに運の悪い事に、朝から大雨でした
雪だったらまだよかったんですが、雨だと結構やる気が失せます
とりあえず、朝飯を食べてから考えようと思ったんですが、朝飯を食べても雨の勢いは全く弱まらなかったので私はやめました
私がレンタルした奴は防水性が皆無のやつで、すぐに下まで浸透してしまうというろくなものじゃない
風邪を引いていなければまだやったかもしれませんが、流石に更に体調を悪化させるのは良くない
ということで、またまた私だけソロプレイ
皆で来たのに一体どういうことなの…

二人は大雨の中スノボをしに行きました
私は、越後湯沢で音泉に入ることに決めました

で、駅に行ったんですよ
上越国際スキー場前駅

( ゚д゚)


(つд⊂)ゴシゴシ


( ゚д゚)


(つд⊂)ゴシゴシ


( ゚д゚)


(つд⊂)ゴシゴシ


( >д<) 熱っ!(摩擦熱)

まず、駅員さんがいない
というか、これどうやってここから乗車したの分かるの?
っていうレベル
何というか、乗る場所しかない
駅の説明書き的なものを見て、乗車証明書?的なものをもらう事が判明
が、しかし
ここで降りた時…
精算できなくね?
箱しかないんですよ
流石田舎やでぇ…

で、半自動の扉の電車に乗って越後湯沢まで行って、よくわからない温泉に入りました
どこがいいとか一切調べていなかったので、とりあえず駅から一番近いところを選びました
しかし…
一回1000円とか高すぎだろjk…
でも、仕方なく入浴

流石にこの時間は誰もいなかったので、のびのびと使ってました
12時から入浴したのに、13時までしか使えないとか言われたんですが、よくよく考えたら1時間も風呂には入らない

でも、ぐだぐだと長風呂していたらちょうど一人入って来ました
ここで選択肢が発生

1,何もせずにそのままスルー
2,さっさと上がる
3,話しかけてみる

私はコミュ障なんでね…
普通に考えれば2なんですが、今は一人旅のようなもんです
一人だけです
相手も一人だけ

話しかけてみるしかないよね!!

ってことで、話してみました
相手も一人旅で、スキーをやりにきたそうです
温泉も好きらしく、よく一人で旅行をするそうです
まぁ、袖振り合うも多生の縁ということで
「一緒に飯でも行きません?」
と誘ったら、案内してくれるという事で二人で行くことに

これが女の人だったら…最高に良かったのに…

まぁ、混浴じゃない限り女の人に話しかける機会はあるわけがないし、雨の街中でとか…流石にねぇ…?
というか、ナンパはしたことないけどね!
でも、一人旅なら女の人に…無理かな…
旅の恥はかき捨てと言いますし、それで面白い人に出会えれば最高ですよね

閑話休題

その人に誘われて行った飯屋はなかなか美味しかった
昼飯に2kも使うのは初めてですが、使って良かったです
まぁ、昼間からビールを頼んだせいで高くなったんですが、温泉の後のビールは最高に美味かった
こういうのはやはりいいものです

で、二人でお土産屋を見て回って、電車の時間が来たので別れる事に

別れた後に気が付いたのは、名前も聞いていなければ歳も聞いてない
というか、何をしている人なのかもさっぱりです
一応神奈川の人だというのは分かりましたが、それ以外の個人情報は一切話してない
…ま、こういうのも悪くはないでしょう
ゲーセンでも、最初は皆ゲームの話ばかりですから、旅行の時も旅行の話だけになってしまいます
聞いても良かったんですが、割と興味がnry

閑話休題

電車に乗ろうとしたら、雪崩の危険があるとの事でバスでの代行運転
まぁ…路線の周りには3,4mもうず高く積み上げられた雪があるわけで、そりゃそうなりますよね

スキー場に戻って、待機所で二人を待ってから東京に帰宅
二人は大分満足していました
知らない人に会ったのは良かったんですが……あれ…?
三人で来た意味なくね…?
と思わなくもなかったですが、気にしたら負け

そして、東京に帰宅
その頃には大分体調が死んでましたが、家ではネトゲを少ししてました
…ネトゲいつまでやるんだろうなぁ
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。