黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
リア充生活(勇者には勝てない)
さて、今日は色々と忙しかった黒紗夢です
色々な場所に行ったりきたりしてました
まぁ、二箇所だけですがね…

朝12時に目覚める
…あれ…?
今日はリープさんが来るから早めに家を出るつもりだったのに、どういうことなの…
というレベルの起床時間だったので、急いで支度
飯を食う暇も惜しんで行きました
牛乳だけは飲みました

そして、集合場所の秋葉原へ
本当は取っておいた最強の切符を使って時間短縮
よくよく考えたら150円の為にどこまでも使える切符を使う必要はなかったな…

で、皆でしばらく対戦
大阪勢二人とちくわさんが初対戦だったので、結構実になりました
特に、雪子がきつい
全く射撃が機能しません
それどころか、遠距離にいるとディアされて全回復するというかなり終わっている状況
もし、遠距離で戦うならばDを設置しないといけないんですが、それをするなら結局攻めた方がいいんですよね
如何に相手の運命を削るかというよりも、どうやって相手を崩すかがメインになります
攻め手は少なく、手数もないので大分辛いです
今は2kくらいしかダメが取れないのでそれを伸ばすしかないです
画面端だとセットプレイが出来るんですが、そこまでいくのが難しいです
キャラ毎にすべて戦略を変えないといけません
ひたすら守りに徹するのは
千枝、完二、陽介、美鶴、明彦、番長
攻めに転じる必要があるのは
雪子、クマ、直斗、アイギス
かなと思ってます
ただ、クマ戦が本当に厳しいです
攻守交替の見極めがかなり難しい
一気に攻めてもいいんですが、そうする時には運命カウントはなかなか取りにいけません
かといって、守ってばかりいるとクマにアイテム選択とテレビで一気に間合いを詰められます
不利とまでは言いませんが、クマは本当に難しいです
超必選択は多分人によって違うと思います
というか、相手のクマの出方次第かもしれません
甲型と乙型それぞれにメリットがあるので、まだ決めかねてます

相当厳しいと感じましたが、画面端でやっと3k以上のコンボを見つけたので、それを如何に活用するかが肝心になりそうです
条件が本当に厳しいので、狙えるものではありませんが、相手の甘えには一気に持っていけます
普段のコンボでも3k狙いたいですね
もうちょっとコンボ開発をしたいです

ただ、明日も対戦中心になると思うので、対戦中に見つけないといけないのが割と辛い
もうちょっと固めを変えてみて、調整すればもう少しましになる…のかな
まだまだ反確ポイントが多い固めをしてしまっている状態なので、それを変えていきたいです

現状3kを実践で狙えるキャラが
千枝、完二、真田、番長
くらいかな?
今日、アイギスでも2500↑を実践で投入出来る上に固めが一番見えづらいというのが判明したので、アイギスがこれからどんどん強くなりそうです
SB使えば3000いけるのかな?
まだ拾えそうではあったので、そこにアイギスが食い込むと厄介です


千枝はどの攻撃当てても、2400↑を狙えるようになったし、空中カウンターは全部拾えます
現状お手軽最強キャラ
でも、固めがまだアレなので、現状ではまだ暴れられる……という感じです

現状まだ私が分からないのが美鶴
多分、スレにレポ書いてるのは某有名人だと思うので、ちょっと対戦してみたいです
あの顔文字は一人しかいない
現状PSによらない強キャラは間違いなく千枝
PS次第で上がるのが、直斗とアイギス
先日は大分挫折しかけましたが、もうちょっと伸びる要素と固めが見つかったので、もうしばらく使ってみたいと思います

しかし、自分の中で整理している感想なので、多分多くの人が知りたい要素が書かれていない気がします
明日になったらもうちょっと綺麗にまとめてみようかなー
まぁ、P4Uの知りたい人はほとんどこの日記を見てないでしょうから、全く意味ないんですがね!

P4Uだけじゃなく、今日のメインは小学校の旧友達との飲み会
前までは1年に一回だったはずが、半年に一回になりました
そして、回を重ねる毎に人数が増えていきます
増えるワカメ状態です
そんな同窓会にやっと、新たな男が参入しました
割と嬉しい
というか、かなり嬉しいです
今までは男2で女4~6とかだったので、男の肩身が狭かったです
10年ぶりに会えたので、近況とか色々な話に花を咲かせてました
まぁ、昔仲よかった奴とは、今も変わらず楽しくしゃべれますね
これで寂しい思いをせずにすむ…っ!
次はいつかなー

ラノベレビュー
勇者には勝てない
電撃文庫より
第18回電撃小説大賞<銀賞>
著者:来田志郎 イラスト:refeia

魔王につぐ力を持ち、異世界で人々を恐怖のどん底に突き落としていた3人の魔将達。だが、勇者にあっさりと敗れ去り、今は人間として生まれ変わって平凡な高校生活を送っていた。そんな彼らの前に、勇者の証”光の波動”を放つ転校生が現れる。自分たちを始末しにここまで追ってきたのか! と怯える3人組。これは土下座して許してもらうしか無いと覚悟するが……。しかし、彼らは知らなかった。その後に勇者より恐ろしい魔王さま”闇の波動”が迫っていることを!
勝てない宿命を背負う、中ボスたちのファンタジック学園コメディ!(原文)


なかなかにキャラが立っていて非常に面白かったです
全員が全員とも、独特で異世界から記憶を引き継いでいるけれども、思考は現代風という感じなのがとても楽しいです
脇役があまりおらず、一人一人が目立つので、のめり込みやすいです
ストーリーの山場はいまいち盛り上がりには欠けますが、日常パートが非常に面白い
3人とも潔よいところもあるけど、でもプライドが全然ない負け犬根性が染み付いています
肝心な所では、覚醒するのも見所です
文章は一人称視点で、状況説明や過去との照らし合わせが多いです
1つ2つ文章に違和感を感じましたが、特に困るところはなく、心情や行動が手に取るようにわかります
ただ、たまに場面状況などが分かりづらいというよりも、表現が微妙でいまいちピンと来ないようなはっきりしないところもあるのが、少し残念でした
分かりやすく書いてあるはずなんですが、どうも入り込めないという…山場が少し勿体無い感じです
ただそれでも、日常パートの奮闘がかなり面白いです

一言:小さい…?
総評 76/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。