黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
結局何だったのだろう…(彼女はつっこまれるのが好き!6)
さて、追いコンに参加して謎のイベントを迎えた黒紗夢です
あれは一体なんだったんでしょう…
不思議な出来事でした…

ということで、昼くらいに起きてから家でうだうだしてました
追いコンが5時45分集合で、P4U大会参加したら間に合わないなーとか思ってました
でも、よくよく考えたらP4Uの大会は3時から
……余裕じゃね?
なんで私は無理だと思ったんでしょうか
結構知り合いが多く参加していたみたいなので、行けばよかったなぁと大分後悔をしています
最近自分の腕がどんどん弱くなっているというより、周りの成長速度が早すぎて完全に置いてけぼりにされています
そりゃ、やってなければその分成長しませんからね
当たり前の事です
このままじゃ切符が大分遠のくなぁ~…

で、正直外に出たくなかったけど、追いコン
まぁ、勿論自分の行きたい席に座りますよね
大人数の席とか無理ですやん
普通に気兼ねなく話せる人間で固めて、少人数でわいわいやってました
ろくな部員ではなかったので、監督と話しても気まずいだけなんでね…
同期はそこらへんに全て固まっていたので、私だけ完全に隔離席に逃げました

そんなこんなで昔話に花を咲かせつつも、楽しい一次会は終わりました
一次会は楽しかったですね、えぇ
二次会は一切行くつもりがなかったのに、何故か強制参加
えっ
カラオケとか無理ですやん
絶対嫌だったのに、無理矢理行かされるというのは何故なんでしょう
俺いてもいなくても同じやん…って言ってるのに、何か色々言われました
結局行ってみていらない子でした
そりゃ、そうだよね…
まぁ、一応一次会の続きで挨拶ですとか、プレゼントとかはもらいましたけどね
同期だけど、先に卒業した二人からもプレゼントがあったそうですが、私は受け取っていません
某人が参加するのを知らなかったらしく、数が足りずに私は貰わない形に
いや、いらないからいいんですけどね…
何ていうか、あれは一体何だったんでしょうね
唯一良かったのは、色紙をもらって、割と一年生がぶっちゃけているのが面白い
当たり障りのない事かと思えば、斜め上の事を書かれまくってました

しかも、どうやら私は後輩に片思いをしていたらしいです
振られてましたが

……あれ?
何もしてないのに、振られ…た…?
おかしいな、何もしてないんだけどな…
本人に聞こうにも既に遅いし…

他の人はスケート以外が強調されてます
スケート部なのに、スケート以外の事が私のメインだったようです
まぁ、私スケートやってないので、当たり前と言えば当たり前でしょう
こわっ
私の扱いの低さこわっ
自分からなったピエロだけど、まさかここまで弄ばれるだなんて…

スケート部にいて良かった…のかなぁ
正直ほかの部活に入っていたらだとか、たられば話をしても仕方がないので、いいも悪いも判断が難しいんですが、悪くはなかったです
4年のうちこの部活にかけた時間というのがあまりにも少ないですが、女集団の良い面も悪い面…特に悪い面が多く体験出来たのは一番の経験でしょう
こういうのは、本当に経験しないと分からない事が多いので、一番の収穫かもしれません
残念なのが、出会いがなかった事
出会いと言っても、女の人ではなく男
大学で他学部の横のつながりとかがちょっとだけ欲しかったんですが、一切ないですからね
他大は、コミュ障の私では繋がれませんでしたし
周りは女の人だらけなので、ある意味ハーレムですが、私は何もなかったですからね
あるにはあったんですが、すべてへし折ってしまったので、結果何もない
某先輩に「フラグ折り過ぎだろ、一回だけでもキープじゃないけど付きあえばよかったのに」とか言われましたが……付き合っても変われたかどうか……
まぁ、現実なんてこんなもんです

ゲームの仲間はどんどん出来るんですが、自分の興味のない分野で広げるのは難しいですね
あと、スケート界は黒いので、良くないです
他の道は…あったのかなぁ~…

ま、本当に4年間ずっと辞めたい辞めたいと言っていながらも何とか耐えてこれた…というよりも、何とか耐えさせられたので、途中で挫折しなかったというのは糧になるでしょう
辞めていたら私自身だけでなく、この部活もどうなっていたか分かりません
今の状態より酷くなっていたのは間違いないと思います
私はスケート以外の事は何とか部活の為にやってきた…はずです
そのせいでフラストレーション溜まりましたがね

部活の中にガンは多いです
私もそのうちガンになるので、あんまり今後関わりたくないです
ガンは自覚がないですから、早めに切らないと…ね

でも、泣けないのは、一生懸命じゃなかったことの裏返しですかね


ラノベレビュー
彼女はつっこまれるのが好き!6
電撃文庫より
著者:サイトーマサト イラスト:

最初の頃は、主人公のボケツッコミが寒すぎて見るに耐えないものだったんですが、いつの間にか慣れていた上に面白いと感じるようになりました
特にこの巻は、新キャラが登場してなかなかにいい子なので更に良かったです
主人公の頑張ってる姿や、その子と音無の関係だとか生い立ち、状況心情がとても分かりやすく丁寧に描かれているので、今までで一番良かった巻です
大分無理矢理あわせただろ的な展開だったり、そんな風に持って行っちゃうのかとか、主人公のヘタレさが如実に現れてダメだろこいつ…なんて思ったりもしましたが、結果オーライでしょう
次巻へのある意味伏線という形で、どうでもよさげにして捨てているようなものです
明らかに繋げる為だよねというのが見え見えですが、よくよく考えたらただのイチャラブコメだったので伏線とかそういうのは割とどうでもいいかもしれません
次巻はちょっと楽しみです

一言:左の妹の裸の方が気になった
総評 66/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。