黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
名前だけ先行する(双子と幼なじみの四人殺し2)
さて、明日が待ち遠しい黒紗夢です
ついに明日はマテリアルブレイブの発売日ですよ!

宣伝しておきます

マテリアルブレイブ

戯画の最新作で、バルドヘッドチームです
そりゃもう楽しみですよ
体験版では、相手をハメゲー出来てしまうという……
あれっ…?
デジャヴ…?
という感じでしたが、多分面白くなるだろうと信じています
一応ライターは恋騎士の人なんで大丈夫……だよね…?
恋騎士とは全然雰囲気が違う展開だと嬉しいんですけどねー
ノリとしては、バルドとかデュアルセイバーっぽいのだと信じてます
はぁ…早くやりたい

閑話休題

理不尽な帰宅を強いられたバイトの給料をもらうために、新宿へ行ってからの大久保α
今日はどうやらぶるれぼの通過者達が既に集結しているらしく、BBメインでした
その陰で、コソコソとP4Uをやっていました
3クレほどラビリスに触ったんですが、無理
こいつは使いません
何というか相当に面倒臭いキャラです
覚える事が多すぎる
ワイヤーも黄色以上またはしゃがみ限定で繋がるだとか、追加Aの距離次第で相手の位置が入れ替わるとかそういうのを考慮しなきゃいけません
しかも、遅い
このキャラを使いこなせる気がしないので、こいつは他の人に任せようと思います
ただ、火力自体は高いですし立ち回りも中段がくさそうなので、そこそこ強くなるんじゃないかなぁ…
しかも、斧ゲージが引き継ぎなので勝ったら勝ちっぱなしになる可能性が高い
アクアパッツァのシステムが更にひどくなった感じですね
開幕から赤斧とか怖すぎる…

で、凄く強い真田使いの人がいたのでその人にずっと連コしてました
いやー…やっと真田と戦えたという感じです
ある程度はやったことあるんですが、真田のコンボがあんなにも重いとは思いませんでした
覚醒せずに死ぬことがしばしば
これ死なないだろーと高をくくってバーストをしなかったら、死んでいるのが何回かありました
気を付けないといけません
画面端のセットプレイも相当強くて、これをうまく逃げ出さない限り真田戦は勝てないでしょう
一度こちらが攻め継続出来れば勝てるんですが、やっぱり自分の思い描く勝利とは程遠い感じがしました
勝ってもしっくり来ない
結構やったんですが、それでもまだ分からない
ちょうど周りに真田使いはいたんですが、だからと言って直斗側がどうすればいいのかという明確なものはなく、読み合いは真田有利
端さえ抜けられれば、勝ちパターンが読めるんですが、そこに行き着くまでが遠そうです

まぁ、でもしたらばではこんな事かかれちゃってますからね

217 :NO NAME:2012/03/20(火) 05:03:52 ID:6OGHtYDw0
黒紗夢一味は秋葉原とかでもやってるみたいだしそれで700越えてるってのはさすがだと思う
一方町田専で初心者狩りしてる完二が600越えてるのを見るとなんとも言えない気持ちになるが


……なんで、町田スレの住民はいちいち名言を残していくのでしょう
ある意味凄いと思います
これが亜空間の力か…っ!

閑話休題

ビューリックスが全部BBになったので、帰宅
強い真田使いの人は、本戦出場者らしいんですが、大丈夫なんでしょうかね…

家に帰ってぼーっとして、ガンエク
ドラゴンに最近はまってます
結構難しい
どう立ち回ればいいのかがまだ全然分かりません
でも使っていて面白いとは思います
X2が最近一番面白いですがね
殺しきれないのが相当辛いです
ゲロビ当てても毎回相手がどっと残るって素晴らしい機体ですよね
この2つの機体は使いこなしたいですねー
……まぁ、明日からはマテリアルブレイブ勢なんで身内ガンエクやりませんが

早くやりたい

ラノベレビュー
双子と幼なじみの四人殺し2
GA文庫より
著者:森田陽一 イラスト:saitom

今回もなかなかに不思議な話です
結局何がやりたかったのか、何をしたかったのかというのを真面目に考えると結構面倒臭いですが、何も考えないとそれはそれで内容が何もわからないストーリーになっています
なので、中途半端に理解して納得するというのが一番解釈しやすいとは思うんですが、それにしても登場人物の人格形成がまともじゃありません
双子は割とというか、本気でどうでもいいです
今回のメインは殺人鬼が中心であり、そして、語り部として胡桃沢がいます
どういう理念で、どういう思いをのせてことに至ったのか、そういう小さい部分一つ一つを汲み取るんですが、何言ってんだこいつというのも多いです
ある意味でいえば、千差万別の受け取り方も出来るし、語り手は一つしか言っていない場合もあるという、言葉のトリックが多いです
何というか、みーまーに似たものを感じます

一言:最初の挿絵は一体何の関係が……?
総評 68/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。