黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
いかに楽をするか(雨乞い部っ!1)
さて、どんな時でも楽をしようとする黒紗夢です
今日もバイトだったんですが、今日のバイトは軍手などをして重いものを運んだり解体したりする作業があります
で、そんな大変な作業なんかやりたくないわけで…
まぁ、だったらバイトやるなって話なんですが、お金が無いので背は腹に変えられません
しぶしぶシフトをいれて、一番楽な作業を狙えるかがポイント
そして、見事に一番楽なものをゲット
他の作業グループだと、最初から結構動きまわって、遅いと怒声が飛んだりと結構辛いんですが、私の配属されたところは他の作業の大半が終わるまではほぼほぼ待機なんですよ
あまりにも暇だと、たまにごみひろいなんかをします
でも、それだけ

ムヒョッス最高だぜ!

という感じ
しかも、私の選んだグループだと、同業者の先輩は後輩に対して結構怒ったりするんですが、バイトに対してはそこまでではないんですよ
というか、バイトのすることが少ないせいもあるでしょう
そんなわけで、重い物は特になく、難しい作業も特になし
ただただ楽をしながらちょっとアシストをする程度のところで、楽してました
更にいうと、うちの班だけ休憩が30分くらいありました
他のところは忙しすぎてないっていうのにね…
毎回毎回このバイトは二度と入れたくない二度と入れたくないと言い続けているのに、たまーにいれちゃうのはこういう理由もあったりします
運がよければ、物凄く楽が出来てお金が手に入る
あとは、周りを良く見て自分がどの人に誘われれば楽かというのを考えます
私のやってるバイトは違う場所でも同じような人ばかりなので、優しい人についていけば簡単に出来ます
……こう考えると、いつでもいれてもいい気もしますが、夜だし面倒だし汚れるしでやっぱり嫌です
まぁ、次のバイトは決まったので、もう滅多にこれを入れることはないでしょう


そして、最近家ではアニメを見ながら、研修ビデオを見る作業が続いています
研修ビデオは火曜日までに見なければいけないのに、まだ全部見ていない
しかし、アニメも見たい

       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
    /  `´  \
     ('A`)
     ノヽノヽ アニメ見ながら作業すればいいじゃん
       くく

幸いにも、研修ビデオは音声とかはそこまで傾聴する必要がなく、画面に映る文字をたまに書き写せばいいだけなので、アニメに集中出来ます
まぁ、問題点としては、本命アニメ中は出来ないということでしょうか
Fateとかは絶対無理
ファイブレとか、黒子の時に見てます

あぁ、水曜日までは忙しい…
でも、水曜日までに色々な作業を終わらせないとPSO2のベータテストダッシュが出来ないんですよねー
その為に、無理矢理水曜日までに詰め込んだんですけどね!
何とか終わらせないとなぁ…
PSO2が出来ないでござる

ラノベレビュー
雨乞い部っ!1
講談社ラノベ文庫より
著者:青柳碧人 イラスト:KEI

晴れ男の照島陽太は、雨を降らせて憧れの柚香先輩の下着を透かせたいという邪な気持ちと、クラスメイトの虹町にたきつけられた勢いで、雨乞い部に入部してしまう。部員は柚香先輩を含めた上級生3人と、陽太と虹島を含めた新入部員3人というマイナーっぷり。だが雨乞いは政治や経済をも左右する神聖な競技であり、スポーツとなっていた。厳しい練習、難しい舞、陽太の青春は辛いだけだった。雨乞いを成功させられないまま、陽太は強豪校が揃う関東大会個人戦にエントリーされることになった。だが、その大会中にとんでもない事故が発生! 雨乞いが結ぶ、友情と恋の行方は……!? 汗と涙と雨に濡れる、異色の青春スポーツラブコメディ!

なんでしょう、今ひとつ何かが足りません
というか、正直この部活、意味がわかりません
題材はなかなかに面白いんですが、雨乞いの描写が今ひとつ惹かれません
本当は、これが部活の内容で結構メインなわけなんですが、元々想像が難しい上に更に文章が乏しいので、何がどうというのが他のスポーツに比べてわからないんですよね
それがちょっと勿体なかったです
分からないものの、更に表現がしずらい舞ですから、もっと丁寧に描写が欲しかったです
キャラ相関は、悪くはないんですが、ちょっとなげやり気味かなぁなんて思いました
ラブコメというからには、もうちょっとラブ要素が欲しかったです
というか、ラブコメ要素はむしろ脇役の方が多かったんじゃないかな
そして、何よりも主人公の部活に対する執着が曖昧すぎて、ちょっと微妙かなと感じました
執着した理由というのも、一応述べられてはいるものの、それまでの行動と動機や描かれている心理描写の整合性があまり噛みあっていません
なので、どうしてそんな中途半端にやるのか、それなのに、一生懸命やるのか、というそういう葛藤的な部分はもっと深くやって欲しかったです
ふらーっと言って、ふらーっと続けて、よくわからないまま舞って終わった感じがします
文章は一人称視点で、主人公の視点から状況説明に加えて独白が追加されるような感じです
ヒロイン達も、さほど紹介されておらず、結構外見を強調する感じなので、もっと内面を掘り下げて欲しかったです
全体的に、何か大事な部分が欠けてるように感じました

一言:背景が欲しい
総評 55/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。