黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
楽しい月曜日(ちびとも!)
さて、月曜日というのはとても面倒だと感じる黒紗夢です
まだ3限開始だったら良かったんですけどね…
2限だと午前中なので、起きるのが結構面倒臭いです
しかも、自分の担当教授の授業な分遅刻するとやばいんでね…

と言うことで、先週遅刻して怒られたせいで早めに家を出ることにしました
そのおかげか、いつもの電車に乗っていたら100%人身事故で遅刻をしていたので、早めに来て良かったです
まぁ、いつもより15分くらい早めに出ただけなんですけど
というか、乗り継ぎが15分サイクルで一本逃したらもう15分後に出ても同じというクソみたいな乗り換えなので、15分前じゃないと一本前に乗れないんですよ

しかし、案の定というか何というか、電車の遅延のせいでほとんどの奴が遅刻したのにお咎め無し
…あれ…?
何この差
いや、遅延だから仕方ないんですけどね…
なんか私が一番早く来たのに、このモヤっとした気持ちがとても歯がゆいです
で、授業中はガン寝
いやだって、これ去年やった上に説明している奴が全く理解していない&ただ教科書読んでるだけなのでつまらないつまらない
そりゃ、寝ますよね、はい

で、昼飯を食べようとしたら、雨が降っているせいで食堂が滅茶苦茶混んでいる混んでいる
理工学食堂も満員で、切れそうでした
こいつら来年どころか、半年後には半分くらいしかいないだろっていうね
毎年そうです
後期になるとほとんど人がいなくなります
あの現象は一体何なんでしょうね
でもまぁ、混んでいて座るのが少し時間がかかると感じたので帰宅
昼飯を抜かしたご褒美としてラノベ買ってました
お金が一気になくなりました
あれ…予選大丈夫かな…

そして、帰ってからPSO2
あとは火山探索だけなのにも関わらず、絶対にクリア出来ないこの不条理さ
10回以上行ったんですが、全部途中で落とされるんですよ
マジもうふざけんなって感じですよね
いくら早めに行こうとも、次のステージに行く時に落ちる場合が多く、もうどうしようもない状態
なんかもうこのままPSO2はクリアしそうです
こんなに落とされて面白いわけがない

で、ふと思い立って一緒にサークル参加する奴に連絡

俺「そろそろやばいよね」

某人「やばいっすね」

俺「立ち絵くらいやろか」

某人「はい」

と言うことで、依頼して、私も久しぶりにシナリオを書くことに…
マジでこれ間に合うの…?
不安で仕方ありません
ぶっちゃけ1割も出来てない
間に合う気がしない
それに加えて闘劇もあるし授業もあるし…
PSO2とかやってる場合じゃないですね、はい
P4Uやって、プレゼン書いて…いや、うん、やらないと
やりましょう

ラノベレビュー
ちびとも!
電撃文庫より
著者:中村一 イラスト:color

鳩ヶ谷快人、漫研所属&アニメ好き。でも、二次元専門てわけじゃない。気になる女子だってちゃんといる。高校二年4月。そのお相手である河原さよりと晴れて一緒のクラスになれたものの、しかし俺には話しかける度胸はやっぱりなく、接点を作れずにいた。そんなある日、我が家に突如やってきたのは五歳の幼女・柚葉。い、一緒に暮らす? しかも保育園へ送り迎え? だけど、それがきっかけでさよりと仲良くなれるなんて! おまけにクラスの美形不良娘・夏南ともお近づきに。
女子分急上昇、どうなる俺の新生活?! Wヒロイン+1なハートフルラブコメ、開幕!(原文)


私が五歳児に惹かれたのは言わずもがなです
が、特に五歳児は関係あるような関係無いような感じです
勿論、ストーリーの主軸にはいるんですが、どちらかと言えばその柚葉に纏わる事で起きる事件だったり関係だったりが中心です
まぁ、あとこの5歳児には特に萌えません
可愛らしいとは思います、というか、生意気なリアルな幼女だなぁというのが結構多く散見されます
せっかくのWヒロインなのに夏南が途中でほぼ消えてしまうのが少し残念です
もうちょっと途中でも出てきていいんじゃないかなぁと思いました
そういうのは、主人公の行動と気持ちがゴミだという表れかもしれませんけど
文章は一人称視点で、独白が多い上に冗長な部分が多いです
なかなかキモオタっぷりと慣れていない感じが余計に気持ち悪いです
特に好感度が上がるような行動は主人公自体はしていないような気がします
周りがとてもいい娘達で、それによいしょと乗っかって行動をしている感じです
嫌いではないけど、好感度が全く上がる行動をしない主人公です
まぁ、周りの好感度はアレですけどね
絵は全く趣味ではないので、ちょっと残念です

一言:何か足りない
総評 63/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。