黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
泡沫の幻想(天使の3P!)
さて、無様に負けてきた黒紗夢です
なんというか、完全に処理ゲーでした
多分最速で終わったと思います
まるで予選一回戦の模様を見ているかのような、そんなエリア決勝です

と言うことで、今日はエリア決勝だったんですが、その前に新宿の5onがUstreamで流れるというので、それをずっと眺めていました
ちょうど直斗5があったので、それを応援してました
いやー…直斗5VSクマ5とか本当に絶望的ですよね
そんなの無理に決まってるじゃないですか…
大分健闘をしていて、勝って欲しい気持ちが多かった分、残念でした
私もこれに参加したかったなーという気持ちをいっぱいにして溝の口
結構進んでるかなぁとおもいきや、まだ一回戦すら始まっていなかったので、ちゃんと観戦出来ました
しかし、赤切符を手に入れる為の三つ巴は
クマ、完二、クマ
はい、絶望的です
主に私が、です
完二は元住さんで、かなり健闘をしていて元住さんがんばって!とか超応援してました
自分が楽だからという大分クズな理由ですが、そりゃ…ねぇ…?
あと、その中で唯一の知り合いというのもありましたし、完二ですからね
未だに完二は予選を通過していなかったので、それも期待してました
クマに一回勝っていたので、これはワンチャンあるか?!とか興奮していましたが、残念ながら結果はクマ
何が残念だって、私に一切勝つ見込みがないあたりですね
正直、クマとかPSRがいくつだろうが関係ないんですよ
自分で直斗5には冷静に相手のミスを対処すれば勝てるよ!とか言っていますが、要するに相手のミス待ち
もっと対策をするべきでしたね…

エリア決勝は2分で終わりました
私は何もしていません
しいて言うならば、対戦が終わる前に席をたったことくらいでしょう
いやはや、無理です
完全に相手にとってはボーナスステージだったでしょう
ただただ、分からん殺しされて終わりました
対クマはダメです
直斗5よりも間違いなく私は活躍をしていません


とはいえ、赤切符は持っているので満足です
私よりも闘劇予選に参加しているにも関わらず、赤すら取っていない人が私を雑魚だと叩いていますが、君は取ったの? 俺の紙は赤いけど、君が赤いのは顔だけじゃない?
と言ってあげたいです
まぁ、こんなことは青を取れなかったので、特にそんなことを言う資格はありませんがね、というか、実際私は弱いのでそこは別に構いません
取ってたら、俺の紙は青いけど、君顔真っ青だけど大丈夫?というセリフになるかもしれません
誰とは言いませんけどね、誰とは……私はその人の事は特に嫌いではないんですが、何故か嫌われています、不思議ですね

しかし、あと私は予選に出れて一枚分ですからねー
知り合いにはやはり頑張って欲しいところです
まだ取れてない強い人は沢山いるので、そういう人達にとって欲しい
当たり前ですが、知らない人より知ってる人に取って欲しいに決まってます
あと関東は何枚か忘れましたが、取っていって欲しいものです
私は参加はしますが、もう熱はないかな
彩代君もあんまりやる気ないらしいし、町田勢はあとは最強様しかいないわけですが……
最強様は取れそうなんですけどねー

で、Blackyとサトチーさんとメシ食って帰宅

ガンエクも少しはやったんですが、最近どんどん腕が落ちてる気がします
少佐とは一体なんだったのか…

ラノベレビュー
天使の3P!
電撃文庫より
著者:蒼山ザク イラスト:てぃんくる

過去のトラウマから不登校気味の貫井響は、密かに歌唱ソフトで曲を制作するのが趣味だった。そんな彼にメールしてきたのは、小学5年生の少女たち――!? 泣き虫っ子な五島潤。強気そうな紅葉谷希美。はむはむしている金城そら。子供の頃から姉妹のように一緒に育った三人だが、彼女たちは響と共通する悩みを抱えていた。自分たちが過ごした思い出の場所とお世話になった人への感謝のため、一生懸命奏でるロリ&ポップなシンフォニー、開演です!

また小五ロリです
この人は本当に小五ロリが大好きですね
ストーリーも割と似通っていますが、設定などは大幅に違います
最近の主流というか流行である歌唱ソフトを混ぜてきていて、ヒロインもわかりにくいのが特徴です
ロウきゅーぶ!は明らかに智花が正ヒロインでしが、今回はそういうのにはあまりスポットを当てずに満遍なく当てているので、特に誰がというのはありません
ストーリー展開はベタだけど、意外と主人公は積極的でここまでよく行動出来るなと感心せざるを得ません
引き篭もりがここまで行動するのは、ご都合主義かもしれませんけど、いい進み具合なんじゃないかなと思っています
文章は一人称視点でほとんどロウきゅーぶ!と変わりません
独白が多いですが、主観を混ぜた風景描写がはっきりと描かれているので分かりやすいです
今回はどんな展開をみせてくれるのか、楽しみです

一言:妹が一番可愛い
総評 74/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。