黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
間違えていた(僕の学校の暗殺部)
さて、昨日日付を間違えていた黒紗夢です
毎回確認して投稿しているのに、昨日は投稿した後確認忘れてましたからね…
まぁ、そんな日もあります

ということで、今日は部屋の整理をしよう!と思って、部屋の整理をし始めました
暑かったですが、夏の間のいつかは部屋を綺麗にしないとまずい…という感じがしていたので、何とか少しでもやろうという事でやりました
とりあえず、明日はリサイクルの日なので、紙だけを整理しようとこそこそやっていたら、かなり部屋が散らかりました
…あれ…?
整理しようとして、汚くなっている…?
しかも、ホコリが滅茶苦茶舞ったせいで、その日は鼻水が止まりませんでした
ハウスダストアレルギーなので、ホコリが多いとアレルギー性鼻炎が出てしまいます
まぁ、相当ホコリがあったので、アレルギーじゃない人も出そうな勢いでしたが…
PCの下にもかなり沢山のゴミが溜まっていて、多分ホコリが1cmくらいは積もってました
それが主な原因でしょう…
で、紙を回収しているだけでほとんどが終わりました
元々ほとんど物はないんですよね

大量にラノベがあるだけで

もう本棚に入りきらないラノベがひたすら積んであるだけです
多分本棚に入っていない本が300冊くらいあるんじゃないかってレベルであります
数えるのも面倒です
しかも、全部透明なカバーをつけていないので、それのつける作業を始めると途方も無い時間になるので諦めました
でも、このラノベを整理しない限り、部屋は綺麗になりません…
辛いです

結局整理を途中で挫折して、うのとガンエク
順調にポイントは下がっているんですが、やっと今日良い感じのコンビになってきました
ケル升で、前までそんなに撃ち抜けなかったり、升にだけあたったりとあったんですが、何とか結構打ち抜けるようになりました
ここから少しずつポイントを上げて、ケル升で大尉になりたいなぁ…
でも、結構辛い機体というか気がついたら辛い機体ばかりしかないというね
隠者とか古黒とかどうするんだってレベルで辛いです
まぁ、3000機は全部辛いといえば辛い
狙い撃つぜ!
を上手くやって気持ちよくなりたい
覚醒中のチャージも気をつけないとですねー
それが出来るだけで大分違う気がします

ラノベレビュー
僕の学校の暗殺部
ファミ通文庫より
著者:深見真 イラスト:ふゆの春秋

身長157センチ。同年代女子の平均より一センチも背が低いことは、深作零士にとって切実な問題だった。そんな彼にもう一つ切実な問題が起こる。同じ高校に通う美少女、未但馬裕佳梨が、人を殺す場面を目撃してしまったのだ。人間社会に徒なすとある存在を密かに抹殺する「暗殺部」。彼女はその部員だった。そして零士は、そんな彼女に恋をしてしまった……。暗殺部に入部し、銃を持って殺しあう世界に足を踏み入れた零士の、恋と闘争、思春期の物語!

かなり無味乾燥とした文章でした
世界観は悪くなかったと思うんですが、如何せん文章に魅力がない
全然この世界に惹き込まれないし、淡々とした文章で進みすぎているせいで、全然面白みが感じられません
主人公とかが冷淡だったり淡白だったりという事だけならいいんですが、これは文章が「~だった。」「~した。」みたいなものを淡々と並べるだけなので、全然楽しくないです
ラストのストーリーや途中は悪くない展開だったんですけどね
文章が受け付けられませんでした
文章は、一人称視点だったり三人称視点だったりと定まりません
それが余計に拍車をかけているのかもしれません
ヒロイン達の魅力もいまいち引き出されていないし、流石にこれは無理があるというのもちらほらあったので勿体無い感じでした
完全に絵師に釣られた感じです

一言:何をしたかったの?
総評 50/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。