黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
授業とは一体…(アニメアライブ)
さて、後期になってから一度も教授に会っていないことに気が付いた黒紗夢です
おかしいですよね…
毎週ではないですが、火、木、金は大体行くんですが、絶対教授はいません
どういうことなの…

ということで、いつも通り右耳で聞いて、左耳から抜けていく授業です
今日は眠かったので途中で思いっきり寝ましたけどね!
寝ても大した影響がないのが素晴らしいです
そして、終わってからはフィットネス
フィットネスセンターの人に、

「あれ? 黒紗夢君久しぶりだね!」

と爽やかに嫌味を言われました
はい、サボってましたからね…
今年度初頭→週2でフィットネス行こう
中盤→週1で何とかしよう
現在→2週に一回くらい行かないとな…
というどんどん体たらくになっています
週1はしないといけないんですが、どうもやる気がでないです
しかも、再来週の授業が終われば金曜日は学校へ行く用がなくなります
つまり金は行かない…あれ…どうするんだ…
また太りますね、はい
とは言え、最近朝晩2回のご飯だけなので、体重は順調に減っているようです
贅肉はまだちょっと付いていますがね!
腹筋と持久力をつけないといけなさそうです
持久力は本当にないです
体力的にも精神的にも…

そして、町田メイトへ行ってラノベと漫画10冊買い
もう何冊か欲しかったんですが、キャンペーン中で10冊で1つ余ったグッズがもらえるので、我慢しました
次の機会にしよう

しかし、漫画は何というか無駄だなとよく思います
ついついラノベ原作の漫画だけは買うんですが、
ラノベ→650円
漫画→600円
と単純に考えれば安いですが、内容がラノベの方が3倍くらい多い上に、漫画は大分カットされてるんですよね
それを考えると、漫画の方が圧倒的に高いわけです…
漫画なんて20分くらいで読み終えてしまいますし、完全に画集レベルです
漫画なんてそういうものなのかな…

家ではひたすらLoL
上手い人達とやったんですが、やっぱり動きが全然違いますね
自分ももうちょっと確実に相手を殺せるようになりたいです
どうもまだ操作が下手なので、食い残しが多いんですよね
MPと相手をよく見ないとなぁ…


ラノベレビュー
アニメアライブ
電撃文庫より
著者:秋傘水稀 イラスト:わだぺん。

姉に頼まれ、自主制作アニメの企画・脚本を担当することになる大学生・真田慶介。緊張しながら秋葉原にある制作室を訪ねてみると……他の制作メンバーは、作画担当も音楽担当も声優担当も、みんな可愛い女子高生だった……!?
日本のアニメに憧れてドイツから来日したアンネ、引っ込み思案ながら一生懸命の倉持奈菜、そしてプロの声優を目指す強気な観前朱。彼女たちは心から願う。心に残るような素敵なアニメーションを自分たちの力で作りたいっ――! そんな夢にむかって頑張る個性豊かな少女たちが、きらきらと輝くストーリー。


なかなかに面白いストーリーでした
結構似たような展開というか、こういう制作系の物語ではあるようなベタなものが多いですが、意識だったりテンポの良さはすごくいいです
ただ、最後の伏線を使いましたよ的な狙い方はちょっと無理があるというか、なんだそれと思ってしまうようなやり方だったので微妙でした
その後はしっかりと補正がかかって面白かったのでいいんですけどね
文章は、一人称視点で主人公の独白が多いです
主人公の葛藤やら相手への接し方、感じ方というのが丁寧に描かれているのでヒロイン達にもかなりの補正がかかります
しかし、この子達…ちょろすぎる気がしないでもない
もう少し日常パートというか、ヒロイン達とのふれあいも欲しかったですが、制作がメインなので仕方ないでしょう
姉は最初にインパクトを持っていくだけの完全な空気でしたし…
リアルに描いているようでいて、ヒロイン達の能力がチートなので、あまり制作を頑張るというよりも過程とか心情を読み進めていくと楽しいかもしれません

一言:むっつりすけべの奈菜
総評 70/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。