黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
今日はサボらない(私とあなたの青春革命。)
さて、久しぶりに溝の口大会に参加してきた黒紗夢です
いやはや、最近は全く行っていませんでした
というか、今年になってから一度も行っていません
1月1日から始まっているんですが、BBCPをそこまでやるつもりないなぁ~とか考えていたらずるずると引っ張ってしまいました

ということで、今日は流石にサボらないようにしようということで溝の口へせっせと足を運びました
その前に町田へ行こうかどうしようか悩みましたが、知人が行かないということでやめました
一人で真空で食べても仕方ないですからね…
いや、割と限定は食べたいですが、町田までわざわざご飯だけを食べに行くというのはそれはそれで大変な労力なわけです
町田まで家から最速40分くらいで、溝の口は10分ですからね
流石にありません
なので、町田に行かないのならばという感じでそれまでLoLをやっていました
midChoは本当に強いです
というか、赤ワードが本当に強いです
ランクもこれで荒らしまくれば味方がある程度下手でも勝てるなぁというのが実感出来ます
何せ相手のjungleを速攻で潰すわけですから、相手のジャングラーのレベル上げが遅くなる=gankがしづらいという願ったり叶ったりです
そして、私がmidを殺せばもうgg
まぁ、今日のrankは味方のラムスがめっちゃgank成功させて勝っていたんですけどね!
素晴らしいです
私がfirstpickで一時はどうなることかと思いました
その後は適当に身内5人でやって、遊んでました
因みに、私のmidChoの最初のアイテムは
青エリクサー・赤POT2・ワード2
です
多分これが一番安定します
相手のジャングラーが赤buff狩ってる最中にHPMAXというのは滅多にないというか、Nunuくらいしかありえないです
で、HPが削れてる相手を確実に殺すために青エリクサー飲んでQ→Wから大体死にます
死ななければ一応Igniteを使うという感じ
これで速攻戻ればTOP・MIDの両方から攻撃を受けるということがなくなります
MIDChoで苦手なのはあんまりいませんからねー
しいて言うならRyzeとかそこら辺ですが……
低レート常連Midでは滅多に苦手なチャンピオンは来ません
素晴らしいことです

そして、溝の口大会
初っ端からイザヨイ同キャラ戦というくだらないのをやりましたが、何故か勝ちました
いやー相手は7段なんですけどねー
不思議ですねー
私はまだ4段なんですけどねー
その後のレイチェルも勝てそうだったのに、超必をコンボ〆でスカしてそのまま終わり
無様です
……まぁ、野試合でスープーさんに勝ったからいいですよ…
久しぶりに哲で食べましたが、やっぱりあそこはどうでもいいや
量も微妙だし、味もそこそこだったら他のほうがいいなーというレベル
溝の口開拓したいです


ラノベレビュー
私とあなたの青春革命。
電撃文庫より
著者:広沢サカキ イラスト:CUTEG

天道優馬がこのハルから入学した白桜台学園は、多くの現役人気アイドルたちを輩出した『アイドル学科』が存在する特殊な学校。当然ながらアイドルたちを守るために校則は厳格で、生徒会や風紀の取締もとても厳しい……。しかし、そのアッセイにただ一人立ち向かう少女がいた! 謎の合言葉<青春革命>を掲げ、その神出鬼没さで体制側を翻弄し、抗い続ける彼女は――果たして何者?! そしてどういうわけか彼女に見初められ、声をかけられてしまった優馬の平穏な学園生活は一体どうなってしまうのか?! ――彼女の誘いから、日常が変わる!嵐を呼ぶ学園青春ラブコメディ!

まだ前回のアイドライジングが終わってないのにも関わらず、また新しいアイドルモノかよ!という感じですが、これもなかなかに面白いです
アイドライジングとは違って、戦闘に重きがないのかと思いきや、なかなかに派手で激しいものが色々と飛び交っています
結構アイドライジングと趣向は違いますが、騒ぎ方だったりドタバタは似たようなものがあるかもしれません
アイドルたちの性格も対称的で、なかなかに通ずるものがあります
とは言え、これはあくまでも学園モノの更に言うとラブコメなので、ラブコメ要素がたっぷり入っています
これから2人はどうなっていくのか、その他キャラ達もこれからどう優馬にアタックをしていくのかが楽しみです
文章は一人称視点で、状況描写が多いです
物の配置から相手の格好や表情に至るまで、つぶさに描かれています
結構丁寧に状況説明をしてくれるので、かなり分かりやすいです
主人公の独白は最初結構いらっとするというか、もやっとするものがありますが、成長をしてましになってくれるのでそこら辺も見どころかもしれません
アイドライジングも楽しみですが、これもラブコメが気になります

一言:妹ともっと絡みを!
総評 78/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。