黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
見ている側は楽しい(勇者リンの伝説 LV1.この夏休みの宿題が終わったら、俺も、勇者になるんだ。)
さて、久々に学校へ行ってきた黒紗夢です
今日は待ちに待った卒論発表会で、私達のような修士1年は司会とかタイムキーパーをやることになっています
なので、4年生が作ったもののプレゼンを何の気負いもなく見れるという事になります

ということで、今日は昼過ぎから自分の研究室の後輩のTKをするために学校へ
研究室に入った途端に、先輩時間短くしてください!とかどんな感じになるんですかね?!みたいな質問攻めにあいましたが、何のことはない何だかんだで発表会は時間が短いですからね
そんなに気負う必要どころか、下手したら時間が足りない……なんてこともままあります

しかし、結構面白い研究がありました
来年これやってもいいかなーというのが2つほど
前からやってみたいと思ったものは、研究成果を聞いて、これはもう諦めたほうがいいんじゃないかな…とか思いました
全然研究が進んでいない上に面白くなさそうというね……
覚えるのが大変そうです
最近は全然プログラミングの勉強もしていないので、かなり大変そうです

その後は説明会
OBの話というか、同じ研究室の奴がOBとして訪問してきたので色々聞けました
残業がなかったりと、実は結構いいのかなーなんて思ってしまいました
推薦でも悪くない……のかな
あまりそこではやりたいことはないんですけどね
ただ、どこにも入れなかった場合は推薦しか道がないわけで、そういうのも視野にいれないといけないんですよね
難しいとこです

で、町田で対戦して7段に昇格
順調に段位は上がっていますが、キャラ対は全く出来ていません
あと200戦で10段とか言っていましたが、全然無理だと思いました
あと25戦で10段とか……まぁ、8段になれば満足です
明日同段位が多いといいんですけどねぇ……どうなるんでしょうかね

ラノベレビュー
勇者リンの伝説 LV1.この夏休みの宿題が終わったら、俺も、勇者になるんだ。
ファンタジア文庫より
第24回ファンタジア大賞<金賞>
著者:琴平稜 イラスト:karory

ユースタシア学園――そこは大陸を跋扈するモンスターを駆逐するために設立された”冒険者育成機関”である。夏休み。勇者過程の落ちこぼれのリンと、勇者になりたい伝記士課程の少年・カイに出された宿題は、5つのクエストへの挑戦とその伝奇の提出だった。しかし、仲間を集めようで揃ったのは、マッチョなニート戦士とドSな巨乳召喚士の2人で……?! これは、新進気鋭な魅力あふれる勇者パーティーが繰り広げる冒険の日々をまとめた<愉快な>伝説の記録である。

RPGの世界でただのラブコメギャグラノベかなと思っていましたが、読み進めていくうちに段々と面白くなって来ました
展開としては勧善懲悪というのではなく、魔物と人間が憎しみ合うのはどうしてだろう?というので始まります
終わり方が少し雑というか、目玉のシーンが肩透かしを喰らった感じです
途中までの個性豊かなキャラや掛け合いなどは面白いですが、シリアスはあんまりこのストーリーには合わないのかもしれません
文章は三人称視点で、情景描写が多いです
人物の仕草から表情まで多感にわたってキャラを見ることが出来ます
場所や状況も丁寧なので、ありありと伝わってきて楽しいです
もう少し最後の展開で何かあればいいのかなーと思ったんですが、これから主人公やリンがどうなっていくのかというのとラブコメ展開があるのかどうかを期待したいですね

一言:リンは可愛いけど悩ましい
総評 75/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。