黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
今朝になって気がつくこと(明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。)
さて、完全にセミナーの事を忘れていた黒紗夢です
昨日の時点では、今日は何もないしES書けばいいなーとか思っていましたが、予定表を見たら4時からセミナーが入ってました
……あれ……?
今日までにES書かないといけないのに、間に合うのか?状態です

ということで、12時くらいに起きていきなりやばい状態だったので、急いでES書きました
本来だったらもうちょっと色々と内容を検討しないといけないんですが、もう時間がないと思って結構適当に書いてしまいました
どうなるかは果たして謎です
まぁ、行きたいところではありますが、多分そこまで私に合ってないような気がするのでESで落ちてもしょうがないかななんて思っています
そして、急いで郵便局に出しに行ってからコミケの登録
いやはや、完全にコミケの事を忘れていましたからね
正直今回は何をするのか全く決まっていませんが、折角だったらラブライブ!やりたいなーなんて思っています
いや、絵の練習を全くしていないのでやばいんですけどね
私が描くかどうかは謎です

その後、Yahooのセミナー行ってきました
本当はエンジニアコースで行こうかとも思っていたんですが、何故かデザイナーコースになりました
で、どうせ知り合いなんていないだろうなーとか思いながら会場をふと見回してみたら

……あれ……?

  _, ._
 ( ゚ Д゚) オズさんがいる?!

不思議な事もあるものです
まさかオズさんに、しかも会社説明会で会うだなんて思いもよりませんでした
いやはや、オズさんもやっている雰囲気を出していたのはたまにスーツ着てるので分かったんですが、ね
そのせいで集中出来ませんでした
いや、嘘です
しあわせスパイラルにそんなことがあるはずありませんよね
しかし、先輩社員との質問タイムでゴミみたいな質問をする奴が多すぎて萎えました
なんでそんなくだらない質問をしつこくするの?という感じです
こんな奴らが多いとかやめて欲しいですね……

で、GDは微妙かなと思います
ちょっと積極性に欠けていたので、多分無理でしょう
まぁ、無理かとは思うので諦めます
オズさんと同じ班になれなかったのは残念でした
いやはや、こんな珍しい事もあるもんですね

終わってからどこにも寄らずに帰宅
行きたかったんですが、六本木ですからね……
微妙な立地です

帰ってからLoL
ランクやったらまた勝てました
6連勝したら100Pいっぺんに貯まるというのは素晴らしいですね
最近は結構運がいいです
味方の引きがいいですが、この後の3戦が勝負です
これで2敗したら終わりですからね……
3戦2勝で昇格
負けるとまた面倒なことになります
早くDivision2にあがりたいです


ラノベレビュー
明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。
電撃文庫より
第19回電撃小説大賞<金賞>
著者:藤まる イラスト:H2SO4

生まれつきの恐い顔のせいで、学校で浮きまくっている坂本秋月。彼はある夜、一人の少女の事故現場に遭遇し、謎の人物から究極の選択を迫られる……。『お前の寿命の半分で、彼女を救うか?』 秋月は寿命と引き換えに少女”夢前光”を救った、はずだったのだが……なぜか秋月の体は一日おきに光の人格に乗っ取られるというおかしな展開に――! 始まってしまった二心同体の交換日記ライフ。イタズラ好きの光の人格は、トンデモな出来事や仲間を次々に引き寄せ、秋月の低空飛行人生を一変させていく! 交換日記の中でしか出会うことのない「ぼっちな俺」と「残念な彼女」による、人格乗っ取られ型青春ストーリー!

最初はどんなものなのかというのがなかなか想像出来ませんでしたが、読んでいくうちに深みにハマりました
設定はシンプルで、それを突き抜けていきます
秋月は光の時の記憶がなく、その時どんな行動をしているのかやどんな事を相手に言ったのかが全く分からないので、その先がどんなのかというドキドキ感にあふれています
しかし、秋月は結構自己犠牲的と言いますか、あまり固執していないのが物語に引っかかります
文章は一人称視点で、状況説明が多いです
光がどんな事をしていたのかという分析も必要ですし、それに伴った描写も丁寧に描かれているので秋月と一緒に考えていくと面白いかもしれません
他のヒロインのこのフラグの顕著さと言ったらもう完全にラブコメです
最後の〆も結構個人的には好きな終わり方なので、良いストーリーでした

一言:妹にワンチャン
総評 83/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。