黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
応援してるだけ(強くないままニューゲーム Stage1 -怪獣物語-)
さて、なんとかアークレボ前日予選に参加出来た黒紗夢です
とは言え、予選前だろうがなんだろうがアルカナやってました
P4Uは完全に記念参加です
相手も記念参加だから一回戦くらいはいけるかななんて思ってましたが、幻想でしたね

ということで、なんとか朝秋葉に行くことは出来たんですが、初戦敗退でした
相手の名前が記念参加だったので、そこまで強い人じゃないんだろうなーとか思ってましたが、実際に会ってみたら
「回転王」

……あれ?
王様……?

という感じで、普通に終わりました
正直、ちゃんと真空波動が出ていれば1ラウンドくらいは取れた可能性が出ていたんですが、まぁ、そんなのは今更です
とりあえず参加出来たので良かったです
その後誰が切符をとるのかを眺めてから、池袋GIGOへ行って5on観戦
直斗5に入ろうかなって結構前に思っていたんですが、このゲームもう今年に入ってやったか記憶にないレベルだし、とある人にはリムられてるしで敷居が高かったのでやめました
でも、斡旋で出ればよかったなーなんて思いましたね
私が行った時間はギリギリ間に合うような時間だったようで、失敗しましたね
やはり出ればよかった……という感じです
それでも、楽しめたから良かったんですけどね
ただ会う人会う人にもう完全にLoL勢だと思われています
確かにもうLoL勢なんですけどね…
今はそこまでやっていないので、アルカナ勢になれるようにアルカナやりたいと思います
しかし、5onの準決勝からは本当に面白かったです
ほとんど切符持ちで熱い展開が繰り広げられていて興奮しました
いやー…
やはりこういうのは見ていて面白いです
知識があって、自分がある程度分かって、それで自分よりもうまい人達の読み合いを見るというのは本当に面白いです
見ていれば分かるものも、実際にやると全くわからないというのが多いのでそういうのも理解して見ているとどれだけ凄いかっていうのがよくわかります
ミタフ先生が普通に強かったので驚きました
去年は結構強いけど、ネタ的要素が強い感じだったんですが、普通に強いアイギスでびっくりしました
まさか5タテするなんて……
明日は応援したいですね

そして、適当にいる人と話してからちょっとだけ池袋でドラマニやってました
100円2クレという素晴らしい設定だったんですが、隣のダンレボがうるさすぎて音が全く聞こえないというゴミ環境でした
50円1クレでもあの環境は辛いです
まぁ、もうほとんど来ないのでいいです

帰宅してからは溜まっていたアニメをひたすら見る作業


明日のアークレボ楽しみですねー


ラノベレビュー
強くないままニューゲーム Stage1 -怪獣物語-
電撃文庫より
著者:入間人間 イラスト:植田亮

昼休み前の平和な教室を、突然巨大怪獣が襲った。俺は、踏みつぶされて死んだ。――直後。謎のカウントダウン表示と、コンテニュー選択の画面が視界に現れた。「Yes」の表示を選ぶ。すると、昼休み前の、『死ぬ直前』の教室に戻った。
つまり、生き返った。そして、俺と敷島さんの2人だけが気づく。この世界が『ゲーム』だということに。再びあの巨大怪獣が襲ってくるということに。謎のカウントダウンの数字がゼロになるまで。俺達は、強くないままニューゲームを繰り返す。


今回の入間人間もなかなかに謎でした
登場人物のクセが強くて、もう一人のヒロインなのか何なのかよくわからない山崎は相当にぶっ飛んでいます
結構ここまでぶっ飛ぶキャラは入間人間の作品だと多いんですが、ある意味では楽にストーリーを運んでくれるキャラなのでキャラ付けは大変だけど、ストーリーの運びは楽なのかななんて思います
この怪獣を倒すという目的と、更には実行するものが馬鹿げているので見ていて面白いです
主人公達にとってはまさに生死をかけているので、まじめに考えているんでしょうが、想像しやすい発想だけれども、実行に移すのは面白いなぁなんて思います
色々と死にながらも試行錯誤をして、アイデアを出していき、非道なものとまっとうなものとが混ざり合っていくので、今までの作品を混ぜあわせたような環境になっています
今後も多分その2つがよく見れていくと思うので楽しみにしたいと思います
文章は一人称視点で、状況説明が多いです
やはり特殊な環境なので様子がわからないと何も分からないので、そういう困難な状況でもわかりやすく場面や状況が動いていくので結構すんなり読めます
馬鹿馬鹿しいはずなのに、結構痛かったりきつかったりするのもあるので、読んでいてコロコロ変わる感情が楽しいです

一言:山崎さんは危な可愛い
総評 77/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。