黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
果たして本当に高いのか(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。3)
さて、久しぶりにメガネを購入した黒紗夢です
最近片方のネジが外れた状態で、いつ壊れてもおかしくて、つい先日全てのネジが取れてしまいました
なんとか普通にドライバーでくっつけられたんですが、もう換え時かなと思って新しいのを買うことにしました

ということで、今日は学校へ行くのをやめてそのまま家でのんびりしてました
適当な時間になってからメガネ屋さんへ
視力は大して変わっていなかったんでうが、少しだけ度数を上げました
あと、何か分かりませんがブルーライトカットレンズにもしました
果たしてこれに何の意味があるのかは分かりませんが、とりあえず物は試しということでやってみることにしました
本当にカットされるのかは謎ですし、違和感があれば戻す的な方針で行こうと思っています
正直こんなの大して意味が無いんじゃないかなぁなんて思っていますが……果たしてどうなることやら
自分が今つけているメガネと似たようなものにしたかったんですが、最近はどうも自分がつけているメガネは少なくなってきていて、またレンズが大きいものが多くなっているようです
意外と今かけているメガネは裏側が明るい色だったので、暗い印象が少なかったんですよね
新しいメガネは裏側も真っ黒で全部真っ黒なので、きつくなるのかな?なんて少し思っています

しかし、メガネは5万も6万もして高いなーなんて思いましたが、冷静に考えるとコンタクトをしてる人なんて月2,3000円なんですよね
2年以上コンタクトを使っていたら、平気でメガネより高くなります
一括払いか分割払いかだけの違いだなっていうのがよく分かりました
メガネは大事にしないといけませんね……

そして、色々回ってから溝の口へ
アルカナをやりに行くためにBLAZBLUEの大会に出るという謎の現象です
まぁ、BLAZBLUEの方は完全にマスコットでした
鬼ぃちゃんとバレルさんが3onのパートナーというね
完全にいる意味が無いレベルです
私は何事も無く終了し、そのままアルカナへ
とは言え、まだまだ全然コンボも立ち回りも分からずに適当にやっていたんですが、たまたまいっちーが来てくれたおかげでかなり上達した気がします
いっちーは結構アルカナをやっていた上にちょうどなずな使いだったおかげで、コンボは滅茶苦茶教えてもらいました
そこからの起き攻めだったり立ち回りだったりも詳しく教えてもらえたので、かなり嬉しかったです
コンボを教えてもらっても、自分のコンボ精度が悪すぎて終わってますけどね!
ダッシュ641236が波動に化けてしまいます
それをどうにかしないといけません
練習あるのみなんですがね
コンボ精度は割と放棄している人間なので果たして向上するのか謎です
長年格ゲーをやってきましたが、如何に妥協して如何に高いコンボをするかを目標にしているのでね
パッツァにしろP4UにしろBBにしろ自分が出来なさそうなコンボを見つけては他人に任せを何度もしているのでね
今回も妥協点を見つけ出さないと辛そうです

でも、アルカナはやります


ラノベレビュー
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。3
ガガガ文庫より
著者:渡航 イラスト:ぽんかん⑧

前回のシリアス展開から、そのまま継続して更に余計な思い違いからどんどん複雑な展開になっていきます
シリアスでもしっかりと主人公の独白で状況やら展開が丁寧に描かれているので、次を読みたいという面白さがあります
展開も、まるでラブコメ展開ですしね
今回はデートだったり、戸塚とイチャイチャしたり、由比ヶ浜がバカ可愛かったりとツボを押さえている感じです
とは言え、後半は結構材木座がメインのストーリーとなっていて腹立たしいことこの上ありません
脱衣ゲームをするというストーリーとしては面白いのですが、材木座がいるとどうも話がつまらなくなります
他の掛け合いや由比ヶ浜や雪ノ下の心理状態はとても見ていて面白く、ストーリーも楽しいのですがやはり材木座だけ引っかかってしまいます
主人公、ヒロインには恵まれているラノベですが、サブキャラ達には恵まれていないように思います
個人的には、ですけどね
材木座も今回は名誉挽回のような展開はあるんですが、それでもまだこの独特な雰囲気には面白味がありません
主人公、雪ノ下、由比ヶ浜、妹、戸塚の5人だけだったら多分もっと評価が高いかもしれません
今回で多分由比ヶ浜編は終わったのかな?なんて少し思うので、次回から雪ノ下編を期待したいと思います

一言:可愛いヒロインたちだけで十分
総評 68/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。