黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
何もしてない(小学生にもデキること! 超誕!Jオオカミ団)
さて、今日は家で久しぶりに絵を描いていた黒紗夢です
描いていたと言っても、本当に少しだけ描いてもう全然かけなくなってるなと絶望しただけなんですけどね!

ということで、今日は大学へは行かずに家に引きこもっていました
あとから聞いた話だと、どうやら今日自分たちのPCを決めていたようで、私のPCも気が付いたら決まっていました
まぁ、今使っている壊れたPCに比べたら結構良いスペックのマシンだそうです
知らない間に決まっていましたが、まぁ、いいでしょう
あとは自分の座席がどこになっているかですが、ロボットの事をやるので多分ちょうど端っこあたりになるのかなぁと予想しています
というか、もう既にロボット用の経路が描かれた線があるので、そこを使うのでしょう
近くにサーバーがあるのが難点ですが、ディスプレイがどこからもちょうど見えないというのはとても良い位置です

そして、とりあえず今日何をしようかと考えて、ふとテーブルの上にはコミケからの封筒が……
中身をみてみると、コミケのサークルチケットが入っているではありませんか!
夢ではなかったんですね……
正直、私も含めて参加する奴のほとんどがもう絵の練習はしておらず、ネタも決まっていない状態です
今までずっと落選続きだったので、もはやただただ落ちるためだけに出すみたいな感じだったんですが、最後の最後に来て合格というのはなかなか難儀なものです
嬉しい半面、時間が取れないという苦しみがあります
どうしたものやら……
まぁ、なんとか形にはしたいと思います
なので、少しずつ私も絵の練習をして少しでも貢献していきたいと思います
あくまでも、私は補助で徹したいんですけどね!

因みに、今週の溝の口大会は未参加です
特に理由もないんですが、普通に遅刻してもういいかーという感じで遅れて溝の口へ行きました
私が行った時間では微妙にまだ開始していなかったので間に合ったようですが、ちょうど人数がぴったりだったので、別にいいかな…なんて思いながらアルカナ3をやっていました
最近、やっとコマンドが出せるようになったというか、原因が分かりました
やはりエクサムのゲームはゆっくりコマンドを入れないとダメなようですね
とは言え、キャンセルなのでゆっくり入れたらキャンセルが遅くなるわけで、先行入力で時間を計りながらやらなければいけないのかななんて感じます
ですが、とりあえずやっとむばたまの夢を1P側でも2P側でも出せるようになりました
2P側は大体80%の確率で出ていたんですが、1P側も50%くらいの確率で出せるようになりました
全然安定していません、はい
しかも、2P側もJC着地むばたまの夢をやると結構ミスります
振り向く前にやらないといけないと思って、結構先行気味にやってしまうと違う技が出て、遅すぎると相手の方向を向いて出してしまうという難点があります
難しいですね……
エクサムゲーは本当にコマンドがシビアで好きではありません
システムはアークより好きなんですが、二つの中間みたいな会社ないんですかね……

LoLをやる時間がない


ラノベレビュー
小学生にもデキること! 超誕!Jオオカミ団
一迅社文庫より
著者:蕪木 統文 イラスト:八重樫 南

父親の「裏の仕事」のパートナーだったというJS、JC、JKの3人の美少女は超能力者で、さらに響多朗は彼女たちの身体のある部分に"接続"することでその能力を引き出す媒体加速者だった!? "四つ葉のクローバー"と呼ばれる"世界を動かす力"をめぐり、響多朗たちは謎の組織との戦いに巻き込まれていく――。

恐ろしくつまらないです
何というか、読んでいて頭に入ってこないくらい文章が下手です
世界観やキャラ設定などはきちんと理解すれば、そこそこ面白いはずなんですが、それらを一応活かしているにも関わらず、文章が淡々としすぎているせいで、よくわからない事になっています
ヒロイン達のキャラ付けもきちんとしているんですが、分かるのは最初だけで、途中から動きはあるけれども、結局よくわからないという感じになっています
主人公も淡々としているキャラなのかと思いきや、全然そんなことはなく途中から思考がぶれていて何をしたいのか、何を目指したいのかが分かりません
一応一貫したものは思っているものの、そんなのは大した意味を持たずに、行動と周りの描写との乖離が激しいです
文章は一人称視点で、非常にわかりづらい
周りの動きを説明しているのに、微妙に不足しているところがあるので途中途中の動きが分からず、場面場面の一シーンを切り取って見ているような状態に陥っています
敵キャラも味方みたいな行動をしているし、そんなあっさり鞍替えしていいのかよみたいな展開で主張が本当に分かりません
はっきり言って、とてもつまらないです
設定はしっかりしている分、勿体無いなと感じました

一言:JSなのに特に可愛くない
総評 32/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。