黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
時間は限られている(犬とハサミは使いよう4)
さて、学校へ行くつもりがネットサーフィンをしていた黒紗夢です
1時過ぎに行けばいいかなーと思っていたんですが、気が付いたらめちゃくちゃ時間が経っていました
ほんの少し魔が差しただけなんです……

ということで、今日は朝起きてから昨日のFnaticの試合どうなったのかなーと思って見てました
結局私が見限ったすぐ後に負けていたので、やっぱりなという感じでした
Fnaticは結構強いteamなんですが、普通に何事も起こらずに負けていました
凄く大きなものがあるわけではなく、相手のKennenがかなり上手くて入って速攻Ultを使ってゾーニャスを利用してうまく全員殺していたので、上手かったです
私もそろそろKennenを使おうかななんて思ってます
強いMidChampionあんまりいませんからね……

そして、仕方なく学校へ行って自分たちの研究をとりあえず始めようと色々調べていました
しかし、開始早々判明する様々な謎
世界を1.5mx2.5mに想定されているはずなのに、何故か1.5x1.5でプログラムが想定されていました
謎です
一度別の世界を構築する関数が記述されているのにも関わらず、イニシャライズで変更されている謎
自分でコメントに書いておいて何で間違えているんでしょうか……そのせいでロボットがまともな動きをしないんだろうなぁと思いました
更には、ロボットを動かそうとしたら右足がどうも故障しているらしく、まともに動いてくれません
すぐに倒れてしまうので、修理に出さないといけなさそうです
また修理か……
仕方ないので、実世界でロボットを動かさずにシミュレーションで動かそうとしたら、今度はシミュレーションが接続しない
どうも更新がされているらしく、最新版じゃないとダメらしい
そう思って最新版を取りに行ったら、Webotsになっていて、登録しないといけないらしい
大枚叩いて買ったロボットなのに、何で更にまた新しくシリアルを入手しないといけないんでしょうか……?
元々使えていたシミュレーションが使えなくなった上に新しく別のものを使えというこのふざけた仕様
もう面倒臭いので全部投げました
明日なんとかなるだろうという適当な気持ちのもと、結局ちょっとだけ他論文を見て終わりました

結局、今日一日一体何をしたのか振り返ると、何もしていないなというのがよく分かります

一体何だったのか……

で、町田へ行ってドラマニ
順調にドラマニのポイントが上がっていて、出来る曲も増えてきています
とは言え、レベル8がクリア出来るようになったというだけで、Aとかを取るのは当分先だと思います
そろそろそういうクリア出来る、というだけでなく、AとかSを取れるようになってもっと楽しめるのかななんて思います
ただ、もう3,4クレやっただけで滅茶苦茶疲れるので、ドラマニの為の筋トレが本気で必要になってきました
ちょっとだけ腕立て伏せとかをしなきゃなあーと思っています

帰宅してからは、コミケがやばいというので、とりあえず適当な形にしようと一生懸命アナログで本を描きました
10ページ以下にしたいという事で、なんとか10ページで終わりました
これが多いのか少ないのかはそこまで分かりませんか、そんなものかななんて思っています
間に合うかな……


ラノベレビュー
犬とハサミは使いよう4
ファミ通文庫より
著者:更伊俊介 イラスト:鍋島テツヒロ

今回は霧姫のライバルのような存在キャラとして、秋月マキシという新ヒロインが登場します
霧姫とは全く正反対で、アイドルでナルシストで頭のおかしいキャラという、頭のおかしいキャラという共通点以外はかなり対照的に描かれています
なかなかぶっ飛びすぎた設定なので、読んでいてもその場に居合わせたら相手をするのはつかれるだろうなぁと思ってしまうようなキャラです
とは言え、それでも面白いところはあるので、ストーリー上でも自分の信念があり、本に関するプライドも霧姫とは違うけれども芯が通っているものを持っているのでなかなかにいいキャラです
相変わらず後半のストーリーというかバトルが無茶苦茶な展開ですが、そこはもう気にしたら負けなのかなとこのラノベを読んでいて思います
要するに無理矢理展開を持って行って終わらせよう的な感じを毎回しているので、そういうものだと思っています
ただ、その中にも今回は伏線で次回かなり重要になるであろうイベントもあるので、なかなかに無視出来ません
意外と入り込めばハマるものです

一言:救いはあるのだろうか
総評 74/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。